タミヤ・ハイラックス その1

塗装を少しずつ

001
室内の照明の関係からイマイチ不鮮明になってしまいます。

各パーツも、少しずつですが塗装が進んでます。

塗料の隠蔽力が弱いので、重ね塗りをしないと下地の色が見えてしまいます。

3回くらい塗らないと、隠れない感じです。

ハイラックス製作の作業時間は1日30分位です。

帰宅して、風呂入って、夕飯食べて、製作して、ブログ更新して、本読んで。

順番は前後しますが、こんな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボディ塗装

今日はボディの塗装。もちろん、他のパーツも塗装に入ってます。

このハイラックスにメタリックカラーはちょっと似合わない感じ。

でも、これもまたおもしろいかも。

009


| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう一度

今朝、ボディにサーフェイサーを吹き付けたのですが、改めてよく見ると、まだムラがありました。もう一度、吹き付ける事にしました。

006a
今日はバンパーとラジエターグリルの塗装をしました。タミヤアクリルカラーを使いました。水溶性の塗料なので、刷毛の手入れが楽です。ただし、刷毛塗りですから、どうしてもムラが出来てしまいます。これしきの事でカラースプレーは買えません。近所に模型店がありません。

プラカラーはこうなのでしょうか?隠蔽力が弱くて、1回ぽっきりじゃ、下地色が見えてしまいます。何度か塗る必要がありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塗装の前に

サーフェイサーが乾きました。

表面の細かいザラザラを取る為、目の細かい耐水ペーパーで水を漬けながら磨きました。

満遍なくサーフェイサーを吹き付けたつもりですが、いくつかの部品は吹き付けにムラがあるのに気付きました。

更に、磨き過ぎてプラスチックの地が出てしまった部品もあります。加減が難しいです。

サーフェイサー、やり直します。

014a
洗浄して、取り敢えずは乾燥させます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塗装準備

001a
昨日ブログをアップしてからボディーにサーフェイサーを吹き付け始めた。どこでやったかというと、外。臭いがするねぇ。塗料も結構飛び散ってしまう。いや、飛び散るというか漂うといった感じ。半分くらいは無駄にしているんじゃないかと思う。

今日はちょこちょことやる機会があったので、一気にここまで進んだ。でも臭いが。模型作りが趣味な方は多いと思いますが、どのように塗装しているのでしょうか?

002a
使用しているサーフェイサー。10年くらい前に凝っておりまして、その時分の未使用品です。購入10年目して使いました。現在販売しているサーフェイサーはどうなんでしょうか?同様に臭うのかな?

003a
今日はタイヤを組み立てました。ゴムの匂いがします。1個目はやや難儀して、タイヤチェンジャーが欲しいと思いましたが、2個目以降はスンナリと組む事が出来ました。進行方向に注意して組みます。説明書ではただ組み込むだけですが、あとでエアー漏れしないようにタイヤとホィールを接着したいと思います。

005a_2
ホィールを見て気が付きました。4つ共、同じなんです。実車に例えるとホィールハブがあるので4つ共、フロントホィールになります。後輪にはやっぱり後輪用のホィールが欲しい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボディの製作 塗装前

まず初めはボディの塗装から。

001a
台所洗剤で脱脂、洗浄後、塗装したい部品を並べてみました。まだ乾燥過程で、塗装はしません。
ホィールは塗装しません。脱脂して、乾かしている最中です。

002a
ホィールのタミヤのロゴ。1992年。20年前です。

004a
ボンネットの裏。

乾かしている最中に模型店まで塗料を買いに行きました。ぐぁ、近所の模型店となると、どこにあるのかわからないんです。インターネットで見れば出てくるんですが、脳内ネットには1軒も…。ラーメン屋の所在ならわかるんですけど。昔は文房具店でもプラモデルが売っていたんですけどねぇ。

それでも調べてST4sに乗って買いに行ったら、閉まってた。そこで仕方なく自動車用品店へ。
005a
色はこれ、これに決めた。ハイラックスって書いてあるし~。当時のハイラックスにこんな色あったっけ?なんて突っ込みは無し。

実車でもカラーリングは悩みますよね、悩んでみたい、新車を買って(←願望)。どれにしようかなぁっと眠れない日々を過ごすのは模型も一緒?です。

ところが、大問題が。

どこで塗装しよう。昔、玄関で塗装して、怒られたのを思い出す。スプレーは色が飛び散るし、実車と同じ塗料なら臭いも…。日本の住宅事情は我が家にも!塗料が飛び散っても大丈夫、臭いがあっても大丈夫、これがハードルが高い。

どうしようかなぁっと、早くもつまずいてしまうのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱開けの儀

002_2
ジャジャ~ン。タミヤ・ハイラックスの箱を開けてみました。

説明書を読んでみますと、とても作りがいのあるキットです。

ボディの製作からいきますか。何色にしようかなぁ?

目下、考え中。

沖縄の海をイメージ。SUBARU BRZのカタログも参照。

じっくりと作りませう。

004
プロポも開けてみました。

往年のフタバデザイン。マイティ・フロッグのプロポ、フタバです。似てるなぁ。受信機も小さい、アンプも小さい。技術の進歩を感じました。

4chプロポ、憧れです。空物にもチャレンジしたくなっちゃうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝物をもう少し

押し入れをゴソゴソとしていたら、こんなのが出てきました。

018
1984年の京商のカタログです。保管状態としてはアレですが、今から28年前。中を見ると時代を感じさせました。

1983年、1984年のタミヤ総合カタログ、RCカタログ、その頃のタミヤニュースも持っているはずなんですけど、出てきません。散々探しても見つからないので、どうも無さそうな感じです。

今日もまた、宝物を紹介しましょう。

019
日本陸軍二式複座戦闘機屠龍。確かニチモだったと思います。
当時、プラモデルも作っていて、零式艦上戦闘機二一型、三二型、五ニ丙型、雷電、二式水上戦闘機、疾風、M4シャーマン、一式自走砲、九七式中戦車、20mm機関砲、ミニクーパーラリー、YAMAHA SRX・6を作った記憶があります。今でも現存しているのは屠龍だけになってしまいました。

まぁ、兵器が多いのですが、この年頃はそういうものに興味を持ったりします。

その後ろにある時計は、高校を卒業する時、送別会で部活の後輩が贈ってくれたものです。見本となるような先輩ではありませんでした。高校時代を振り返れば後悔が多いです。後輩が贈ってくれた時計を今でも持っています。私はこういう物を大切にしたいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝物

ハイラックスの製作に入る前に、ラジコンについて書いてみましょう。

結構、小さいときから模型、ラジコンは好きでした。当時、といっても当時なんですけど、時々テレビでラジコンを取り上げた番組を放映してまして、見てましたね。自分で操作できるラジコンがとても魅力的に思いました。

初めて買って貰ったラジコンはおもちゃのラジコンで、ランチア・ストラトスでした。高・低の走行用スイッチがあって、ステアリング操作だけが出来るというものでした。

その次がランボルギーニ・カウンタックLP500S。1/10スケールでした。その大きさに驚いたのを今でも覚えています。ステアリング操作はもちろん、前進とバックが出ました。だけど遅くてね。見た目はよかったのですけど。確か高校生の頃まで箱に入って持っていたと記憶しています。

その次が組み立て式のラジコンで、タミヤのF2カー、マルティーニ・ルノーでした。380モーターを6Vバッテリーで動かすものでした。ねだって、ねだって、ねだりまくって買ってもらったのです。初心者向けのものでしたが立派なもので、キット、プロポ、バッテリー、充電器を買わなければならず、高価なものでした。組み立ての楽しさもありましたし、デフギアというものを知り、それがどんな働きをするのかを知ったのもこのキットでした。それまでのラジコンと比べると、とてつもなく速いもので、電柱に正面衝突したりして、よくぶつけたものでした。初めて組んだものですから右と左では回転半径が全然違ったりと、直すのにあれこれと大変だった記憶があります。

それからオフロード車に興味が出て、やはりねだって買ってもらったのがフォード・レインジャー。完全防水というのが特徴で、実際には少し水が入った、当時雪国にいたので、雪降りの中を走らせたり、雪解けでビチャビチャ状態のグランドで走らせました。

その次がマイティー・フロッグ。フォード・レインジャーの比べると格段に軽く、よくジャンプさせました。ジャンプの度にひっくり返ってましたね。日曜日、部活の朝錬に持って行き、練習が終わると友達とよく走らせてました。

保管状態としてはホコリだらけでよくないんですけど、久し振りに棚から下ろしてみました。

001
フォード・レインジャーです。バンパーの色あせ具合が歳月を感じさせます。オリジナルはデフギアが無いのですが、サードパーティのデフギアを組み込んでます。オリジナルのギアはどこかいってありません。

今では考えられない位にオイルダンパーがチャチで、ストロークする度にオイルが漏れるという、シール性など無いに等しいものでした。サスペンション、特にリアサスペンションが硬くて、それをもっと柔らかくしようとしたのですけど、今でも硬いままです。

10年ほど前にレストアしました。オリジナルの2速変速スイッチは取り外して(もちろん、今でも持ってます)、アンプを組み込んで現在風にしています。その時モーターも取り替えたのですが、当時のモーターと今の(10年前の事です)モーターでは同じマブチRS540モーターでも外径が僅かに大きくなっていまして、ケースに入りませんでした。そこでモーター表面をサンダーでガリガリ削って、ようやく組み込んだのでした。その際、鉄粉が内部に入ってしまいましたが…。

今はワーゲンオフローダー、バギー・チャンプが再版されてます。

002
マイティー・フロッグ。光の加減でブルーに見えますが、紫色に塗装しています。ホィールの色褪せ加減が歳月を感じさせます。

これも同じく10年位前にレストアしました。レストアといっても、一度バラして再び組み込んだだけです。随分色褪せが進んで、錆も出てしまいましたし、タイヤがひび割れしてました。

003
ブラックモーターエンジュランス。当時、ブラックモーターにはスプリントとエンジュランスがありました。マイティ・フロッグは当時のままで保管しております。

マイティ・フロッグも今では再販されてますが、それはそれ、これはこれ。2台とも私の宝物。当時の思い出と共に動かせる状態のまま、当時出来なかったフルベアにして保管しております。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

タミヤの快挙!

つい先日、田宮模型、今でいうタミヤのHPを見てみたら…。

ハイラックスが再販されているではないか!

011

昔、これ、欲しかったんだよなぁ。

まさか再販されるなんて、夢にも思わなかった。

013a
このミッション。

014a
この車体構成。

たまりません!

016a
プロポはもちろん、憧れの4ch。

少年の日に叶わなかった夢が、時空を超えて実現するなんて。

目頭がつい・・・ weep

ST4sのスプロケット&チェーン

リアサス修理

次期バイク購入資金

セリカのボディ修理

液晶テレビ

沖縄旅行

を、さしおいて。

大大大大大奮発して買ってしまった!

高額商品を購入するいつもの言い訳、

「オレ タバコ 吸わないから」

を適用して。

夜間の仕事、頑張ったし…。

ゆっくりと、たっぷり時間をかけて作りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

1995沖縄 Part1 | 1995沖縄 Part2 | 1995沖縄 Part3 | 2002沖縄 Part1 | 2002沖縄 Part2 | 2002沖縄 Part3 | 2008沖縄 | 2009入間航空祭 | 2009北海道 Part1 | 2009北海道 Part2 | 2009北海道 現地から | 2009四国 Part1 | 2009四国 Part2 | 2009東京モーターショー | 2009沖縄 | 2009沖縄ツーリング Part1 | 2009沖縄ツーリング Part2 | 2009沖縄ツーリング Part3 | 2009沖縄ツーリング Part4 | 2009沖縄ツーリング 現地から | 2010入間航空祭 | 2010夏・沖縄 Part1 | 2010夏・沖縄 Part2 | 2010沖縄 Part1 | 2010沖縄 Part2 | 2011入間航空祭 | 2011夏・沖縄 Part1 | 2011夏・沖縄 Part2 | 2011東京モーターショー | 2011秋・沖縄 Part1 | 2011秋・沖縄 Part2 | 2011秋・沖縄 現地からpart1 | 2011秋・沖縄 現地からpart2 | 2011秋・関西急行記 | 2011秋・関西急行記 現地からpart1 | 2011秋・関西急行記 現地からpart2 | 2012G・W紀伊半島 Part1 | 2012G・W紀伊半島 Part2 | 2012G・W紀伊半島 Part3 | 2012G・W紀伊半島 現地からpart1 | 2012G・W紀伊半島 現地からpart2 | 2012 10月沖縄 Part1 | 2012 10月沖縄 Part2 | 2012 9月沖縄 Part1 | 2012 9月沖縄 Part2 | 2012 9月沖縄 Part3 | 2012入間航空祭 | 2012冬・北海道part1 | 2012冬・北海道part2 | 2012冬・北海道part3 | 2012冬・北海道part4 | 2012冬・北海道 現地からpart1 | 2012冬・北海道 現地からpart10 | 2012冬・北海道 現地からpart2 | 2012冬・北海道 現地からpart3 | 2012冬・北海道 現地からpart4 | 2012冬・北海道 現地からpart5 | 2012冬・北海道 現地からpart6 | 2012冬・北海道 現地からpart7 | 2012冬・北海道 現地からpart8 | 2012冬・北海道 現地からpart9 | 2012百里航空祭 | 2012関西急行記 | 2013入間航空祭 | 2013冬・北海道 Part1 | 2013冬・北海道 Part2 | 2013冬・北海道 Part3 | 2013冬・北海道 Part4 | 2013冬祭り・北海道 Part1 | 2013冬祭り・北海道 Part2 | 2013冬祭り・北海道 Part3 | 2013年・10月の沖縄 Part1 | 2013年・10月の沖縄 Part2 | 2013年・8月の沖縄 Par2 | 2013年・8月の沖縄 Part1 | 2013年・9月の沖縄 Part1 | 2013年・9月の沖縄 Part2 | 2013年夏・北海道Part1 | 2013年夏・北海道Part2 | 2013東京モーターショー | 2013GW Part3 | 2013GW Part1 | 2013GW Part2 | 2014入間航空祭 | DUCATI ST4s | MOTO GUZZI STELVIO | イベント | タミヤ・ハイラックス その1 | タミヤ・ハイラックス その2 | トップページの写真 Part1 | トップページの写真 Part2 | バイク | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ