« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年11月

着陸 ~更新終了~

269a
那覇空港に着陸した日本航空B747。ブログを開設した時は日本の航空会社で飛行していたB747も、今では退役してしまいました。これも時の流れ。

2014年11月24日、ブログを開設してちょうど6年6ヶ月。

2008年5月25日に開設したブログ。旧タイトルは「日々の出来事とツーリング」、ブログURLに名残があります。そして現在は「シン’風景」。区切りがいいという事で、本日の書き込みをもちまして更新を終了します。

Dscf2874a

Dscf2875a

Dscf2873a

ブログを開設して6年と6ヶ月。使用容量97.38%、記事数3896、アップした写真13441枚。日常の事や旅の事、バイクの事、その他にも思いつくままに書いてきたブログもこれが最後の更新。愚痴もボヤキも少なくありませんでした。

情報としては役に立たない、独りよがりなブログではありますが、何かお役に立つ事がありましたでしょうか?もしあるのなら望外の喜び、嬉しい事です。

この様な、自己満足を目的としたブログであってもコメントを頂けた事は嬉しい事でした。ありがとうございました。また「ココログ広場」から「いいね」をして下さる方もいて、これも嬉しいことでした。何のリアクションも起こしておらず申し訳ありません。それでも管理画面を開く時は必ずチェックしていました。ありがとうございました。

容量に若干の余裕を残して終了するのはわけがあります。

過去記事の手直しに必要になるのではないか。
ブログを開設する以前、某SNSで書いていた記事を移したい。

だから更新が全く無くなるわけではありません。ですが、仮に更新する事があっても過去記事の手直し、あるいは某SNSで書いていたものを移しているか、または管理的な更新のみとなります。


さて私自身、あっちこっち行くのが好きで、ブログにてその足跡を残しています。まだまだ道の途中。終わり無き旅の足跡を残すブログは継続が大事。そこで新しいブログを開設しました。新しいブログは「シンのブログ」です。

取り敢えずタイトルを決めました、取り敢えずテンプレートを設定しました、取り敢えず…、と設定もこれからです。どのようなスタンスで書こうか、どんな運営しようか、取り敢えず考える事がいっぱいあります。よろしければ引き続きご覧になって下さい。

| | コメント (0)

旧車天国

昨日は東京はお台場で「旧車天国」が開催された。

去年に引き続き2回目の開催です。2回目の今年は会場面積が増えました。

写真はもうアップ出来ないのですけど、80年以上前の車から新しい車では見た限りでは1996年式まで展示されてました(痛車は除くよ)。ピカピカの車もあれば、年式なりの車もある。どの車もオーナーさんのポリシーの元、大切にされている車。

あるオーナーさんは、会社勤めの傍ら新聞配達したり、鉄工所でアルバイトしてようやく購入にこぎ着けた車。それから27年間乗り続けて手放すことは出来ない、と話していました。

わかるなぁ、その気持ち。故障してもその都度直して…、愛着もひとしお。体の一部になっているんですね。

こうして展示車を見ていくと車、バイクというのは手段なんだなぁっと思うのでした。目的じゃない。移動の為の手段であると共に思い出を作るための手段、道具。夫婦の共通の思い出として車があったりして、素敵じゃないですか。

新しい車ももちろんいいのですが、古い車も捨て難い。展示されていた車はオーナーさんの思い入れが詰まったもの。昨日はそんなオーナーさんの思い入れにノックアウトされた1日でした。

※カテゴリー「イベント」はこれにて終了します。

| | コメント (0)

「SABORY」の後ろめたさ

写真アップはできないのでこの事は書かないのですが、昨日はライブに行ってました。

そして今日、今日も最近見つけたユニットのライブだったのです。

自分の耳には音楽的なことはチンプンカンプンです。このユニット、音楽的な面は「耳」を持った人からするとイマイチかもしれませんが、そのスタイルに「おやっ」というのがありまして。

行って見たかったのだけど…。

今日のライブは5時、いやいや17時から。17時に間に合うようにするには15時には帰宅していなければならない。

15時に帰宅するには…。

「時間を作る」と言えば何だかカッコイイようだけど、その実態は「サボリ」。「SABORY」と書けばカッコイイか。

昨日のライブは19時30分スタートでしたが、それでも「SABORY」な面はありまして。

ましてや17時からだと、完全に「SABORY」。さすがに後ろめたい気持ちがあって、行くのをやめてしまいました。

昨日のライブでは「3連休の前の夜に…」とMCでありましたが、全く縁がありません。

| | コメント (0)

風邪が流行ってる

今日は寒かった。日中いっぱいは天気は持つと思っていたが、午後からは雨。

天気に左右される仕事をしているのでヤキモキしてしまった。

実は最近、バイクに乗ってません。仕事の後のバイクは風呂上がりに飲むビールのようなものなのに。

ちょっとこの頃は風邪気味で、夕方になると声がガラガラ。

熱が出る一歩手前の状態がずーっと続いてしまって、バイクに乗るのをためらっています。

周りでも風邪引きさんが多い。

| | コメント (2)

今日の夕焼けはきれいでした

ラスト2枚を残して、既に写真のアップも終了しているこのブログ。

今日の夕日はとても綺麗でした。雲1つなく、きれいだなぁって。運転しながら振り返り、振り返り…。

写真、撮ればよかったなぁ。

カメラはいつも持ち歩いているんです。ブログ用というわけではないのですが、写真提出を突然求められる事もあるので、その為にカメラを持ち歩いているのです。スマホのカメラではレンズが傷だらけで、たまには研磨してますが、画質がイマイチなのです。

最近、仕事用カメラを更新しました。今まで使っていたPanasonic FZ-28は引退させて、新たにSONY DSC-HX200Vに更新。遊び用カメラを仕事用に転用したのですけど。引き続きネオ一眼レフ。仕事用カメラとしてはオーバーなカメラなのですが、高倍率が必要になることが少なくないのです。資料として撮るのですが、高倍率が活躍します。

話を元に戻して。

空にグラデーションがかかって、夕焼けに山の稜線がくっきりとしてました。何だか郷愁感を誘うような、あの向こうに行ってみたいような、そんな夕焼けでしたね。

寒くなったこの時期は空気が澄んでいて、遥か彼方が見渡せるんです。東を見れば筑波山が、西を見れば富士山が見えます。こんな時は関東平野の広さを実感します。北海道よりも広い、とさえ感じる関東平野。何だ、筑波山って、富士山って、意外と近いじゃん。北海道と違うのは真っ直ぐ行けないんですけど。

日付を見れば、明日は20日ですよ。つい最近、入間航空祭があったばかりなのに。時間が経つのは早い、なんて決して決して決して決して口にしませんが、11月も下旬に突入。

秋でもなく、冬でもなく、秋と冬の一瞬の境目、晩秋。山では紅葉も散り、雪を待つばかり。ツーンとした緊張感さえ漂うこの時季。目に映る殺伐とした風景も、案外と好きだったりします。

| | コメント (2)

ブログの書き方

昨夜はPCを立ち上げたものの、眠くなってしまい、アップを断念。

朝の4時半に起きて、7時に合流して仕事先に向かって打ち合わせ。東奔西走して帰宅したのが22時。風呂入って飯食えば23時を過ぎた。こりゃ、眠くなるのもしょうがない。

「書き方」と書くとやや意味が異なるですが、要するに書く方法ですね。

基本的にPCから書いてます。特に写真をアップする時はPCに保存していますので、やはりPCからになります。

もちろん、携帯端末からもアップしますが、その場合は行動中なので長文など文章が書けるはずもありません。電報かそれ以下で、甚だしき時は写真だけになります。

これはしょうがないんです。近頃はもちろん、それ以前でも時間的余裕が非常に少ない!いや、無いといっていい。なにせ“寝ながら移動”するほどですから。となれば文章はホンの短いものにならざるを得ません。

日帰りで札幌に行った、那覇に行った、恐る恐る人に話すと「そんなことやらない」。そりゃそうだろうねぇ。こんな慌ただしい旅しているのだから。安心して?話せる(書ける)のはブログだけです。

PCで書くメリットとしては、もちろん自宅にいるので落ち着いて書けること。デメリットはPC画面を見ていると眠くなること((笑))。

携帯端末で書くメリットは出先でも書けること。デメリットは出先であるが故に慌ただしいこと。ま、これは時間的余裕の無さの現れですけど。

その時その時で便利な方を選べがいいかもです。

| | コメント (0)

どっちが先?

ブログを書く時、タイトルを決めてから本文を書くか。

本文を書いてからタイトルを決めるか。

カテゴリーにもよりますが、「日記・コラム・つぶやき」に関しては圧倒的に後者。

本文を書いてから、その中の言葉にタイトルになりそうなものをピックアップしています。

タイトルに縛られてしまうと、書けなくなる、かもしれない。

だったら、取り敢えず書いて、そこからタイトルを考える事が多くなった。

あっと思ったらブログネタ、そんなスタンスで書いてきたブログもあと僅かで終了。

只今、延命中。

| | コメント (2)

何のために?

Dsc03213
手元に1冊の本があります。

久米信行著「ブログ道」。

ブログを開設する前に購入し、今でも時たま読んでます。

ブログの指針になるもので、迷いが出ると読んでいるかな。

何のためにブログを書くか?

情報発信?記録?

自分の場合はそのいずれも。大した情報は持ってないです。ですが、書き続けることで1つの記録になり、情報になるのではないかと。

書きたい事を書きたいように全て書いているわけではありません。自分なりの指針があります。それでも行間からあの時はこんな事に悩んでいた、こんな事があったと思い出せる要素になる。知識が乏しくても書き続ける事によって、ある事に関しては情報を発信していることになるかもしれない。

この本の中にブログの最大の読者は自分自身という記述があります。そうだと思います。あまりアクセスの多くないブログですけど、訪問者のかなりを自分が占めるのではないか。

先日、上野で開催中の「国宝展」の帰り、池袋のジュンク堂に立ち寄ったのです。なんとこの本、まだ売られていました。棚に2冊ありました。初年度出版は2004年。PCも移り変わりが激しいですが、本も毎日新刊が発売されると同時に、かなりの本が廃刊になっています。その中で10年前に書かれた本が今でも売られているのは極めて希ではないでしょうか。

| | コメント (2)

人は石垣 人は城

5日位前のニュースで、牛丼チェーンを展開するある会社が創立以来の赤字になったとありました。

人員削減も極まれり。

この牛チェーン店はワンオペといって注文取り、調理、配膳、会計、片付け、食器洗いを1人でやらなければならず、従業員の過重労働が明らかになりました。その為かアルバイトの確保もままらなず深夜営業は多くの店で停止、その為に赤字になったというようなニュースでした。

でも、思ったのです。果たして深夜営業の停止だけが赤字の原因か、と。昼間の来客も減ってしまったのではないか、と。

料理の味というものは料理のみで決まる物ではありません。その場の雰囲気も大事な要素。

もし、こんな場面に遭ったらどうでしょう?

レストランで食事中、「テメー、コノヤロー、何度言ったらわかるんだ!このボケナスっ」と厨房から怒声が聞こえてきたら…。おいしい料理もたちまち味気ないものに変わるのではないでしょうか。

牛丼チェーン店とて同様、もちろんラーメン屋、たこ焼き屋も同様です。

従業員の過重労働が明らかになった。従業員がかわいそう。従業員の待遇を良くしてあげたい。その為には…、利用しないことだ。己自身も日々ノルマに追われ、朝から晩までヒーヒー喘いで青色吐息。労働環境のカイゼンを強く思っている。従業員と己の姿がダブってしまい、とても食べる気がしなくなった。そんな人も多いのではないか。

早い、安い、うまいと3拍子揃った庶民の味方の牛丼店。ところが従業員の過重労働によって成り立っているのではちょっとなぁっと。第3者委員会を設置して調査し、公表したことは評価できますが、自分自身、それ以来食べに行ってません。従業員の待遇がカイゼンし、笑顔が戻ったら食べに行こうと思います。

| | コメント (0)

創作舞踊集団寳船 結成20周年記念公演

Dscf2524a

ブログ「シン’風景」、カテゴリー「文化・芸術」のトリは創作舞踊集団寳船 結成20周年記念公演です。

今日は、7月の「神楽坂祭り」で圧倒的パフォーマンスを披露してくれた団体の記念公演の日でした。場所は東京は調布市・せんがわ劇場。

今日はバス&電車で行って、帰りに何かを飲もうと目論んでいたのです。が、人生?うまくいきません。午後になって配達物が生じ、車で行くことになってしまいました。というのも一旦帰宅してからだと公演に間に合わないのです。配達物は大した物ではなかったのでセリカで行きました。19時からの公演に間に合うように向かったものの、道路は渋滞。時間ギリギリになってしまいました。

さてさて、国内唯一、プロの阿波踊り集団の公演は如何に?

阿波踊りのオンパレードと思いきや、これが阿波踊りはもちろんの事、阿波踊りの域に留まらないものでした。

エンターティメントというか、芸術系というか、芸能というか、そういうのには疎いのでどうしても上手く書けませんが(しかも最近はブログスランプ、更新してない日が多くなってしまったのはその為)、いろいろな趣向があって楽しいものでした。

タップダンスみたいな演出もありました。実際に“タタタタターン”とはしなかったのですが、阿波踊りとタップダンスの足使いは通じるものがあるように見ていて思いました。

劇作風の演出もあって見ていて面白かったです。

また、創作舞踊集団 寳船のヒストリーを綴った落語もありました。1994年に米澤ファミリーで立ち上げ、当初、子供たちは小学生。同級生を誘って活動を始めたものの進学と同時にメンバーが離れてしまい、その度に新しいメンバーを誘った事。それでも1999年の1年間は活動を停止した事など。

Dscf2531a
最後の演目は写真撮影もO.Kになりました。

見ていると本場、徳島まで行って“見たく”なります。

Dscf2536a
明日の東京公演の千秋楽はチケット完売。大阪公演はまだ余裕があるそうです。

| | コメント (0)

2014池田卓ライブ

Dscf2521a

今宵は青山の「MANDALA」で池田卓ライブ。今年は2回目ですね。

一旦は帰宅したのだけど(帰宅してからでないと外に出られません)時間に間に合わない!セリカで行っちゃえと、青山に向かった。奇跡的にスイスイ走れて、ライブにギリギリ間に合った。しかも、結構いい席に座れた(ラッキー!)。


今回は、2月のライブも歌ったかもしれませんが、初めて聴く歌が多かった。やっぱりいつもの熱い歌です。会場は満員御礼に近く、女性が多いのも納得、か。

毎年楽しみにしているのだけど、今回は特にトーク炸裂。

メールが見れるという当たり前の幸せ。

パソコンがあるとか、電気が来るとか、字が読めるとか、当たり前の事の幸せ。

音を楽しむと書いて音楽という。

野球チームの人手が足りないから他のチームから6人借りてきた。どんなチームなんだ?とか。

などなど…。

動画でも撮っていれば(撮れないけど)今夜のライブは動画でも見たい。

歌う&しゃべるでWアンコールまであって、今夜のライブはよかったよ~。

| | コメント (2)

2013第43回那覇大綱挽きまつり参戦記 その13

Dsc00887a
末吉公園、栄町市場と歩いた後は体をさっぱりさせます。国際通り、三越裏にある温泉です。今年も那覇大綱引きまつりに参戦したのですが、何と三越が閉店していました。これも、時代の流れでしょうか。また国際通りが変わっていきます。

Dsc00903a

Dsc00920a
りっかりっか湯で体をさっぱりさせた後は奥武山公園に出撃です。

う~ん、楽しそう!

Dsc00918a

Dsc00916a
屋台もしっかりと覗いちゃいます。
車海老の串焼きとは沖縄らしい。

Dsc00913a
おきなわのホームソング合唱会。

子供たちの合唱を聴きました。子供を大切にする沖縄らしいイベント。

Dsc00930a
ORIONN BEER PARADISEの会場でライブを聴いてました。もう、ビールを飲めませんのでジュースで我慢です。

Dsc00934a
最後のパーシャクラブまでいたかったのですが、残念ながら時間切れ。後ろ髪引かれまくる思いで奥武山公園をあとにしました。

Dsc00940a
スカイマーク520、東京行き最終便に搭乗して沖縄を離れたのでした。

| | コメント (2)

リアルな夢も困りもの

最近は仕事の夢ばかり見る。

それが超リアルで、夢なのか現実なのか区別できなほど。

目覚めてから悩むことしばし。

あっ、やっぱり夢なんだと安心するやら、落胆するやら。

| | コメント (0)

富岡製糸場

群馬県は藤岡市まで来たのだから、少し足を伸ばして世界遺産に登録された富岡製糸場に行ってきました。

Dscf2519a

着いた時は6時半を過ぎてしまい、もちろん見学は出来ませんでした。

Dscf2520a

周辺には有料、無料の駐車場が整備され、これは「世界遺産」の効果かなぁっと思いました。
今度来るときはじっくりと見学したいですね。

※カテゴリー「旅行・地域」はこれにて終了します。

| | コメント (0)

全国太鼓フェスティバル第13回太鼓エモーション

Dscf2513a

今日は群馬県は藤岡市・みかぼみらい館で開催された「全国太鼓フェスティバル第13回太鼓エモーション」に行ってきました。

Dscf2516a

今回の参加団体は
Dscf2518a_2
藤岡中央高校 ひびき(群馬県)
相洋高校 和太鼓部(神奈川県)
絆太鼓(群馬県)
岩代國郡山うねめ太鼓保存会 小若組(福島県)
乾武神流川太鼓(埼玉県)
日本航空高校太鼓部(山梨県)
三宅島芸能同志会(東京都)
上杉管領太鼓(群馬県)
打打打団天鼓(大阪府)

でした。

太鼓は楽器?撥のリズム、強弱、テンポによってこれほど音色が変わるものはないのではないか。

もうドンドン響いて、スマホのマナーモードの如く体に響くのでした。
でも不思議なことに体に、特に頭に響くとついウトウト。
睡眠と覚醒を繰り返した3時間半でした。

演奏中、ST4sやステルビオに例えて、これは加速中、これは減速中、これは高回転キープ、と想像してました。

今回、特に印象に残ったのは高校生の団体です。若いだけあってヘーシ、じゃなかった掛け声に張りがあってビンビンに響くのでした。この年代に何か打ち込めるものを見つけ、それが実現できる環境があるのは素晴らしい。自分の高校時代は打ち込めるものを見つけたものの、それを実現できる環境ではなかった…。羨ましくさえ感じてしまいました。

トリを務めたのは打打打団天鼓。
無声映画を思わせる演出には面白みたっぷりでした。

| | コメント (0)

きっかけ

今日の書き込みは、なぜブログを書き始めたのか、そのきっかけです。

ズバリそれは、発表する場が欲しい、から。

あっちこっち行くのが好きで、方々回っているわけですが、実のところ普段はこのテの話をあまりしません。求められたらチョッピリと話すだけ。というのも自分の環境ではこのテの話はしにくい。遊んでばかりいやがって、となってしまう。今ではそんな事を言う人はかなり減ったと思うのですが、過去に受けた衝撃は大きく、今尚このテの話は封印してしまいます。旅行の話などは聞くだけに留めています。

が。

やっぱり、このテの話は好きなのです。でも、出来ない。

そこでPC環境が整うとHPを作り始めました。ところが悲劇が起こりました。PCの調子が悪くなってしまい、ついに再設定。作りかけのHPはものの見事にパー。再び作り始めたものの、なかなか思うように作れずにとうとう断念してしまいました。


その後、某SNSで日記を書き始めました。これが意外と筆(?)が進んだのです。元々書くのは嫌いではありません。むしろ好きな方。ほぼ毎日、半年以上書いていました。書き続けていたのですが、段々と機能に不満を感じるようになりました。それに知っている人が読むだけに書きにくさも感じるように…。

見る範囲は限られてしまうし、どうも書きにくい。そこでブログに目を向けました。

そもそもブログってなぁ~に?新聞か何かで読んだのですが、日記形式の簡易HP。そうか、HPの1種なのか。過去に断念したHP。しかも、「簡易」という言葉に大いに魅せられたのです。

ブログなら匿名だし、書きたい事も書けるのではないか。

こうしてブログを始めたのでした。

※匿名だからといって何もかも書くという事はしません。ここまでは書く、これ以上は書かない、この様な事は書かない、自分なりの基準があります。やりきれない事があってつい書き過ぎてしまい公開をためらう時はタイトルに「非公開」と書いて、下書き保存のまま過去記事に埋もれています。

| | コメント (0)

ブログのメリット、デメリット

もうすぐ更新が終了するこのブログ。

いや、自分で決めた97%を超えてしまった今、終了宣言したら終了です。

今日はブログのメリット、デメリットをちょっぴりだけ考えてみました。

メリットとしては何があるかな?

書きたいことがある程度は書ける事かな。

匿名のブログだからといってあれもこれもと書く事はしません。

時には愚痴ったりもしましたが。

ここまでは書ける、これ以上は書かない。こういう事は書かないと、自分なりの決め事はあります。

だけど普段は言えないような事でもブログでは書けたりして、まるでナントカの遠吠えですが。

でもブログというのは何もかも書けるわけではないにしても、書きたいように書いてもいいと思うのです。

ブログとは?と問われて10人の人がいれば10通りの答えがあって、AさんとBさんではまるで正反対でも、それぞれに正解だと思うのです。

形が無い。

メリットとはいえないかもですがブログの良さだと思うのです。

デメリットとしては?

書くのにものすごく時間がかかる時が多い。2時間以上かかることも珍しくない。なにせPCを立ち上げると眠くなってしまう。それで読むのは10秒以下。でもそれはしょうがないなぁ。プロの書き手ではあるまいし、う~ん、う~ん唸りながら拙い文章力を少しでも向上させようと書いているのだから。

とはいっても、これはデメリットにはならないと考えています。ブログを書いている目的の1つに文章力を上げるというのがある。文章力を上げるにはどうすればいいか?書くしかないのです。とにかく書く。更新の為の更新となっても書く。添削してくれる人がいるわけではありませんがから、どうしても自己流。思うように上達しなくてもとにかく書かなければ上達しません。

あ、でも、これはデメリットと思う事があります。

字がヘタになる。

実際にペンを手にして書いているわけではないので、ただでさえヘタな字が更にヘタになっている。

もう1つは漢字。確かにその字は知っているんです、読めるんです。ところがいざ書こうとすると、書けなくなっている。あれっ、何て書いたっけ?と。漢字を忘れてしまっている。知っている、読めるからといって、書けるとは全く別です。ソフトに頼りすぎちゃって、漢字が書けない。これはデメリット。

今日はそんなことをチョッピリと考えていました。

| | コメント (4)

ハロウィンからクリスマスへ

今日いつものホームセンターに行ってみると、なんとクリスマスグッズが売っていた!

早いね、ハロウィンが終わったかと思ったら、もうクリスマスだって。

そのうち海開きしたりして、そこまで早くないっか。

日本では云々とお堅いことは無しで、楽しいことはドンドン取り入れる。

いいんじゃないっすか。

先日、都バスの深夜営業が業績不振で廃止になったけど、なんとその最終日に最高乗客数を出したという皮肉な結果が新聞の記事にあった。

ハロウィンからの帰りで利用されたらしい。

| | コメント (0)

2013第43回那覇大綱挽きまつり参戦記 その12

さて、ゆいレールを安里駅で降りて、今度は前から行ってみたかった、
Dsc00867a
栄町市場へと行ってみました。

Dsc00869a

Dsc00872a
市場内の様子です。牧志公設市場の周辺と比べるとこじんまりとした市場です。

Dsc00875a
でも、やっぱり沖縄しています。

Dsc00870a
ひめゆり同窓会事務所も栄町市場内にありました。

Dsc00873a

Dsc00877a
身内に沖縄在住者、出身者がいないのにこの様な言葉を使ってよいのかわかりませんが、元気なおばぁがいるようです。

Dsc00874a
栄町市場の案内図。

Dsc00880a
むじ汁専門店万富。専門店とはいっても、いろいろありました。

Dsc00879a
むじ汁。

かつては出産祝いなどで出されたとか。田芋の茎?を使った料理で年配者には懐かしく、若者には新鮮なメニューらしいです。ただ、手間がかかるようで、しかも田芋自体、田んぼで副産物的に栽培されるものらしく、今となっては入手しにくくなったそうです。

| | コメント (0)

ST4sを引取りに行きました

カテゴリー「DUCATI ST4s」、前回の書き込みで終了でしたが、今回の書き込みで終了することしました。

今日は暗くなってからの打ち合わせが無くなったので時間が出来た。そこでST4sを取りに行くことにした。

バイク屋さんに電話して、「閉店ギリギリか、もしかしたら…」。

今回の車検はただ通すだけでなくて、しっかりと整備するというもの。その為か、乗り出した瞬間からエンジンがスムーズになって乗りやすくなっているのに気が付いた。

また、別途費用が掛かってしまったがフロントブレーキのマスターシリンダーを交換した。キャリパーOH、ホース交換、そして今回のマスターシリンダー交換。帰宅するまで今まで聞こえていた「うぉぉぉぉぉぉん」の唸っている音や、時折感じていたフロントからの高周波の振動が無くなった。

帰宅後、強引にフロントを上げてタイヤを回してみると、残念だけどステルビオのそれには及んでいない事が判明。それでも、車検に出す前よりは軽く回る。去年と比べると雲泥の差。

後は、やっぱりディスクか。交換すればよくなるかもしれない。が、規定よりも歪んでいる、摩耗しているのなら交換だけど、まだそこまで至ってないようであれば、継続使用。規定の範囲の歪み、摩耗であればおいそれとは替えられません。

追記です。

このブログは備忘録も兼ねているので主な整備内容を明細からピックアップします。

走行距離62552km

タイミングベルト調整
スロットルボディバランス調整、清掃
エアークリーナーエレメント清掃
スパークプラグ交換
ブレーキオイル交換
その他12ヶ月点検

新しいブログにて引き続き書いております。こちらもどうぞよろしくm(_ _)m

| | コメント (2)

ウソつきました(゜ロ゜)

昨日、仕事関係の電話があって、事務所に来れる?というものだった。

で、思わず口から出た言葉は「今、出先なので…」。

実際のところ、出先でも何でも無かったのだけど、休日に呼び出されるのもなぁっと。

だって、休んだ気がしないじゃん。対応してしまうと、休日でも来るんだなとクセになるというか。

それに、セリカの洗車もしたかったし、国宝展にも行きたかった…。

それで、こんな言葉が出てしまったわけ。

この話、まだ続きがあって、じゃあ明日はとなったわけだけど、明日、即ち今日は入間航空祭の日。朝から打ち合わせてしまうと航空祭に行けなくなってしまうではないか。だって、去年はあまりにも人が多過ぎて入場制限したんだから。それで、暗くなってから行けますけど…。本当は、行きたくない。祭日だし、帰りにビールが飲めなくなるじゃん。でも、しょうがないか。下僕は辛い。

渋々6時過ぎに電話すると、「まだ戻ってないんだよ」。

「じゃあ、明日にしましょう」としてしまった。

働くのはヤダ、仕事は嫌いというわけではありません。時には休日を返上しなければならない時もあることはよく理解しています。しかし、その“時には”がいつもとなってしまうと、ちょっと待てとなります。

このウソはウソもなんとやらの類ですが、こんなウソつかなくてもいいような環境が欲しいです。

| | コメント (0)

2014入間航空祭

11月3日は文化の日ですが、と同時に入間航空祭の日。

この日は何が何でも入間に行く!

86時代にブルーインパルスのアクロバットを見て大喜びした程ですから筋金入り。

大人になった(?)今でも入間に行くのです!

飛行機はいいねぇ。見るのも好きだけど乗るのも好き。“運転”できたら最高なんだけどなぁ。

お目当てはやっぱりブルーインパルス。

もう、最高っす!

毎年見に行っても、全く見飽きません。

今年は風がやや強くて、楽しみだった空挺降下は取り止めになってしまいました。

またF-15の飛行も取り止めに…。

う~ん、残念。

今回も写真をいっぱい撮ったのですけど、容量が既に終了予定の97%を超えてしまった今、いつものように写真をアップすることはもう出来ません、残念だけど。

今年の演舞(あえてこう書きます)には、なんと“五輪マーク”がありました。

もう、感激です。

おそらく、東京オリンピックが開催される時に披露されるでしょう。

Dscf2435a

さて、この入間航空祭、意外と言っては何ですが、警備犬の訓練展示も面白い。

ブルーインパルスが終わったあと、展示会場へと行ってみた。

ところが入間基地にはなんと西武線の踏切がある!

大勢の人で身動きが取れないのに、更に踏切で通せんぼ。

航空機基地の広さを実感させられると共に、ようやく着いた頃には既に終わってしまった。


| | コメント (0)

日本国宝展

今日は東京は上野・国立博物館・の平成館で開催中の「日本国宝展」に行ってきた。

というのも、明日の3日まで正倉院からの特別出品があるからです。

正倉院からは11点出品されていて、これで先週見に行った正倉院展の空きスペースを埋めた?事になる。

特に目を引いたのは紅牙撥鏤撥(こうがばちるのばち)。正倉院展では1度出品されると10年間は再出品されないそうです。出品されていた紅牙撥鏤撥は確か一昨年あたりの正倉院展に出品されていたもの。それを上野で見ることが出来たのは驚きました。ザーッと見ただけで、ほとんどは忘却の彼方へ吹っ飛んでいるのですが、チョッピリと積もっていたものがあったようです(奈良公園の鹿に突っつかれたとか、噛まれたとか、そっちの方が印象が強い。鹿せんべいや恐ろしや)。

正倉院展暦4年ではまだまだペーペーで、かつて見たものを再び見るなんてまず無いだけに驚きました。

正倉院からの出品を除けば展示してあるお宝はALL国宝。ザーッと見ただけではとても覚えきれませんが(正倉院からの出品も含めると130点ほど)、これだけ展示してあると圧巻です。日本書紀も目の当たりにして、教科書だけでしかなかったものが実在していると実感(歴史は嫌いだった)。ザーッと見たに過ぎませんがよかったワ。

| | コメント (0)

2013第43回那覇大綱挽きまつり参戦記 その11

Dsc00811a
子ぬ方入口。

って、何?

Dsc00813a
黄金軸。

Dsc00814a
宇天火ぬ神。

Dsc00817a
宇天軸。

Dsc00820a
宇天軸底神弥勒御水。

子ぬ方入口、黄金軸、宇天火ぬ神、宇天軸、宇天軸底神弥勒御水。詳しい人でない限り何のことなのかわかりません。案内があればわかるのですが。

Dsc00825a
この様な道を歩いたのです。

Dsc00829a
全くではありませんけど、現在としては珍しいと思うほど整備が進んでいない理由の1つはこれでないかと。

Dsc00832a
何の花かな?

Dsc00837a
オオゴマダラ。

Dsc00840a
末吉宮。

Dsc00844a
1部の区画では整備がなされてますが、大部分のところではあまり整備が進んでいない末吉公園。詳しい説明があればなぁっと思いました。掃除のおじさんに訊いてはみましたが、詳しいことはわかず終いでした。

Dsc00841a
那覇市に残された唯一の自然林、なのだそうです。

| | コメント (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »