« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

バイク屋さんに電話しました

電話しますねと一昨日、昨日と電話が来なかったので、今日はバイク屋さんに電話しました。

「タイヤの件はどうですか」と。

とりあえずは直ったようでホッとした。

というのも、再修理は出来なかったり、裏側からの修理後の修理はできなかったりすると万事休す。これ以上は自分ではどうにもならない。修理してくれるバイク屋さんを探す時間の余裕は無いのです。

幸いにも前オーナーさんから引き継いだパーツにリアタイヤがある。もちろん新品で、新品でも1年以上経つと「新品」と言えないかも、やっぱりそうだけど置く場所に困っている。置いといても劣化するだけだから使っちゃえと。

今日だったら何とか閉店ギリギリにお店に行けるので電話してみたのです。

「タイヤはどう保管するんですか」と納車前に聞いた。

涼しい所に置いとくとの事だが、夏も涼しい所なんて無く、結局はなるべく暑くならない所に置いとくしか方法が無い。この新品タイヤも劣化する一方。

それとグリップヒーターは想像よりも値段が安くてホッとした。25000円位するかと思っていたのです。

だけど入荷となると未知数で、3ヶ月か 4ヶ月先になるかもしれない。

「純正パーツの供給はこんなもんです」と申し訳なさそうにいうバイク屋さん。

取り立てて急ぐものでもないので、そのままお願いすることに。

どっちにしろこのブログの更新が終了してから来ることになるだろう。

| | コメント (2)

早すぎ

飲む方も飲むほうだが…

Dsc03212
いくらなんでも

  早

   ぎ

北海道はもう冬ですか?

| | コメント (0)

ゆりかもめの車窓から

東京は新橋から豊洲までを結ぶ「ゆりかもめ」に乗りました。しかも、幸運にも何と先頭席に座ることが出来たのです!今回はこの時の写真をアップします。

以前にもこのタイトルで書いたのですが、今回もやはりこのタイトルで書きます。

どんな事を書いたのか気になる方はこれこれこれこれを読んで頂ければ幸いです。

スリランカフェスティバルに行くために新橋から「ゆりかもめ」に乗って国際展示場駅まで行きました。「ゆりかもめ」にはまだ数える程しか乗っていないのですが、乗る時はその多くは先頭車両の先頭に乗ります。

「ゆりかもめ」の先頭席は競争率が高くてなかなか座ることが出来ません。今回も最初の内は“占領”されていたのですが、何と“開放”されたのです。早速、空いた先頭席に座ったのは言うまでもありません。

Dsc03126a
「ゆりかもめ」には運転士が乗っておらず、全て自動運転です。まるで遊園地の乗り物のようですね。今、改めて写真を見ると、まるで「プラレール」のようです。実物大の「プラレール」といっても過言ではないでしょう。「ゆりかもめ」を設計した人は「プラレール」を参考にしたとさえ思えます。

Dsc03127a
向こうに見える橋がレインボウブリッジです。クルーズ船「シンフォニー」が出港しました。

Dsc03128a
う~ん、まさに「プラレール」。

Dsc03130a
レインボーブリッジの手前で「ゆりかもめ」は1周します。

Dsc03131a
レインボーブリッジを通過中。

Dsc03134a
レインボーブリッジからお台場海浜公園。

Dsc03139a
船の科学館が見えました。以前はここに二式大型飛行艇と言って、大戦中の飛行艇が展示されてました。現在のPS-1と形がよく似ている飛行機です。今は鹿屋航空資料館に展示されてますが、一体どうやって運んだのしょうか。飛行機だから飛ばして運んだというのならロマンがあるのですが。

099a
鹿屋航空資料館に展示している二式大型飛行艇。

Dsc03141a
奥が帆船で、手前が南極観測船宗谷です。この宗谷も紆余曲折した歴史のある船です。

Dsc03142a
かつてはここに青函連絡船羊蹄丸が係留されてました。中に入って見学すると青函連絡船最後の出港シーンが上映されてました。見送る方も見送られる方も万感の思いを込めて最後の青函連絡船を送り出す。思わず涙腺が緩んでしまうような映像でした。その羊蹄丸もいつの間にか無くなってしまい、今はいずこ?スクリューだけがポツンと展示されてます。

096a
在りし日の羊蹄丸。

070a
青函連絡船、最後の出港。

Dsc03144a
テレコムセンタービル。

Dsc03150a
有明埠頭。ここから沖縄行きのフェリーが発着します。

沖縄行きのフェリーは月に6~7便しかなくて、しかも50時間かかる。利用しづらいフェリーですが、沖縄好きを称するなら1度は利用しては?船旅のロマンを最も感じるのがこのフェリー。「フェリーありあけ」に2回、「クルーズフェリー飛龍21」に1回乗ってます。

フェリーに長時間乗るなんて退屈でたまらないと思われるでしょうが、大海原を見ているだけでも全く飽きることはありません。トビウオが飛んでいくのが見えたり、運がいいとイルカを見ることさえあります。沖縄まで1750km、意外にもどこかしらに陸地が見えていて、360度の水平線を見ることは意外と少ない。乗船してから50時間後に沖縄に着きますが、これだけ長時間乗るとどことなく愛着を感じるようになり、下船が寂しくなりました。2回目に「フェリーありあけ」に乗った時がそうでしたね。そんな「フェリーありあけ」も2009年11月、航行中に高波を受けて積荷が崩れて大傾斜。必要最低限の人数だけ残して航行を続け、熊野沖で挫傷転覆。廃船となってしまいました。

6_8
在りし日のフェリーありあけ。

その後、かつて有村産業の「クルーズフェリー飛龍21」でもって航路復活。今日に至ってます。この有村産業のフェリーは名古屋を出港して大阪、那覇、石垣、そして何と台湾は基隆まで行くフェリーでした。1度は乗ってみたかったフェリーで、有村産業が倒産してしまって諦めていたのです。そのフェリーが復活して、ようやくこの夏に乗船しました。でも、気分は複雑。願わくば有村時代に乗ってみたかった。

Dsc03154a
国際展示場。ここで降りました。

こんなふうに書くつもりでは無かったのですが、つい書いてしまった。この「ゆりかもめ」は眺めもいいので乗っていて楽しい。東京の別の一面を見せてくれます。

| | コメント (0)

簡単なようでもノウハウが

車検も近いし、なかなか行ってられない。というわけで時期を見計らっていたのですが、タイヤのエアー漏れが発覚したので今日はステルビオを車検に出しました。

タイヤを除けば不調箇所は特に感じられないのですが、ステルビオの周りをグルーっと回って、チェック。

フロントブレーキパッドが減っているのが発覚。

パッドがペラペラですぐに交換が必要とまではいかないが、

「長距離を走る予定はありますか?」

「もしかしたら…、あるかもしれない」

というわけで、交換。

タペットクリアランスはどうします?

う~ん、わからん。大抵どのくらいで調節するんですか?

新しいエンジンなので難しいところだけど1万kmらしい。

歴代オーナーさんの履歴が残っているので、それを見ると7000kmほど走っている。

後でも出来るけどエンジンを冷やさないと出来ない。そうすると2時間くらいは待つようになる。

そんなにしょっちゅうバイク屋さんにも行けないのでお願いした。6万kmを超えているST4sは1度も調節してないのだが…(点検の結果、規定値以内。よって、調節の要無しというわけで)。これは今後の資料になるかも。自分の使い方ではこの位までなら大丈夫という目安になる第一歩。

グリップヒーターを付けたい、これは返答待ち。

後はクラッチ。もう少し軽くできないか、と相談。最近はどうも道路が混むようになってきた。今までならスイスイ走れた所もそうでは無くなった。いつもの“スカイツリーコース”も混むようになってきたのです。

そうなると気になってくるのがクラッチの重さ。ステルビオのクラッチはノーマルのST4sよりも軽いのだけど、クラッチを軽くしたST4sよりも重い。都内の渋滞では重いと感じてしまう。そこで聞いてみたのです。

「構造的に無理です」

「クラッチナントカ(失念)を交換すれば軽くなるのですが、キレが悪くなる。ドカティ用は発売されてますが、モトグッチ用は発売されてません」

マイナーな車種はつらい。確かにST4sのクラッチは軽いけど、キレは悪い。

パンクに関しては1度修理したところの再修理は出来ないとの事。裏側からの修理もタイヤメーカーは認めてない。パンクしたら交換が基本らしい。この辺は今風かなぁ。修理して何かあったら大変だ。迂闊な事をいえばメーカーの責任問題になる。メーカーとしてはこのように修理して下さいとは今の時代言えなくなったのだろう。

バイク屋さんとしても釘が刺さった状態であればいいのかもしれないけど、1度直したが上手くいかなかった場合は引き受け兼ねるのかもしれない。

「釘が刺さった方向に刺しましたか」と聞かれ、ハテどうだったっけ。

多分そうだと思うけど、自信を持ってそうですとは言えなかった。そこまでは明白に意識してなかったのです。

あっ、パンクしている。早くしないと原宿スーパーよさこいに間に合わない、その次は高円寺阿波踊り…、と。

  祭
 祭祭
祭祭祭
 祭祭
  祭

で、頭の中はいっぱいだった。

パンク修理は簡単なようでも、そこにもノウハウがあるのだなと思いました。


| | コメント (2)

2014スリランカフェスティバル その2

お次はステージショーです。

Dsc03174a

Dsc03175a
名前はわからないのですが、バンド。
日本語の歌も歌いました。

涙のキッス もう一度

誰よりも 愛してる

と、サザンの歌を。

Dsc03176a
盛り上がっているのですが、まだまだ序の口。

Dsc03189a

Dsc03190a

Dsc03201a
向こうの言葉で、何言っているのかわかりませんが、お構いなし。いつの間にかステージ前方まで来てしまいました。

Dsc03194a
めちゃくちゃ盛り上がりました。日本人だったら必ずシラフというか“冷静に”ふ~んこんなもんかなんて感じの人が1人か2人はいるのですが、スリランカ人はそんな人は誰もいない。ノリがいい。ノリが良すぎて柵を超えてしまい警備員に連れ戻される人も。アンコールもあって、それがまるで永遠に終わらないかのようでした。もちろん、何歌っているのかわからないのですが、とにかく楽しかった。

Dsc03199a
よさこいでいえば“フラフ”が舞ってます。

Dsc03204a
予定では19時に終わるはずなのですが、そこはおおらかに。30分オーバーで終了したのでした。

| | コメント (0)

2014スリランカフェスティバル その1

バイク屋さんにステルビオを預けて帰宅。そして再出撃。

向かった先は国際展示場近くの広場なのです。

Dsc03158a

昨日、今日と「スリランカフェスティバル」が開催されていたのでした。

以前にも見に行ったことがありますが、それはブログを開設する前。久しぶりのスリランカフェスティバルです。

ただ、会場に着いたのは夕方5時、いや17時を過ぎてしまいました。

まずはフードから、今日はお昼ご飯はまだ食べてません。

Dsc03159a
紅茶カクテル ヤシの実のお酒 という説明。

ン、なかなか。

Dsc03162a
スリランカカレーとライオンスタウトとパンケーキ。

お味はgood

これが今日のお昼ご飯。

カクテル飲んでビール飲んで


   き
 あ
    がっ
  て
しまいました。

今度は夕食です。
Dsc03166a
ホームスタイルカレーセット。

何でもござれのカレーですね。美味しかったです。

Dsc03168a
キリテー。ミルクティという感じです。


| | コメント (0)

珍客来訪

窓ガラスに目をやると、見慣れぬ生物がいます。

Dsc03124

沖縄に行くとヤモリが窓ガラスに、天井にいたりしますが、東京で見たのは初めてです。

昨日は板橋エイサー祭り。

見に行かれなかったのです。だからバイクに…。

慰めにやって来てくれたのかな。

爬虫類は苦手ですが、こうして見るとどことなくユーモラスです。

チョッピリ、沖縄気分。

| | コメント (0)

一難去ってまた一難

暖かくなりつつある時期はズボラですが、寒くなりつつある時期はマメにするようにしているつもりのエアーチェック。

一昨日、ステルビオに乗る前にチェックしたのですが、リアのエアーが低いのに気付いたのです。

補充して走行し、昨日チェックしたのですが、明確に減っているのを確認しました。

もしかしたら…。

P1290569
エアーが漏れているガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

自分でやったパンク修理。下手だなと思ったのですが、下手でした。

言い訳すればパンク修理は過去に1回しかやった事がないのです。

パンクそのものも、あまり経験がありません。

1回目がGPZ900Rに乗っていた1994年の3月に東名で。パンクに気が付いてS.Aのスタンドに行ったのですが、何と断られた!タイヤを見たところサイドが裂けていて、こりゃ無理だと思ったのですが断られるとは!このタイヤは修理できませんなら納得ですが(事実、修理不可能でしたが)、バイクというだけで断られてしまったのです!そこでやむなく路肩を走行してI.Cで降りてバイク屋探し。ようやく見つけたバイク屋でタイヤ交換となったのですが、GPZ900Rのリアタイヤ(150/70-18)など無くて、装着可能な別サイズのタイヤに。この時以来、バイクを替える時はタイヤサイズにも目が行くようになりました。

2回目がGPZ1100に乗っていた1999年の夏、オイル交換でバイク屋さんまで行った時にパンクが発覚。その場で修理。

3回目もGPZ1100に乗っていた時で、北海道は奥尻島・稲穂岬で。修理道具を持っていたので初めて自分でやりました、説明書を見ながら。2000年8月の事でした。

以来、1度もパンクの経験がりません。こうして思い出せるのですから、いかに経験が少ないかわかろうというもの。経験が少ないのだからノウハウも無く、説明書を見て「えーっと」と呟きながらの修理。大丈夫かなと不安でしたが的中してしまいました。

ちなみに車ではST165セリカ、ST205セリカ、共に異物が刺さってのパンクは1度も無し。仕事車は何度もありますが、全ての修理はスタンドか自動車修理工場。

これじゃ、経験が積めませんな。

話を元に戻して…。

修理した直後に点検した時は漏れてなかったのですが、今はしっかりとエアー漏れ。

このままではイカン。果たして1度パンク修理?した箇所に再修理か可能なのか。危なくない?

溝的にはまだ十分使えるタイヤ。車検も近い。どうするどうする?

| | コメント (2)

変な報道

今朝、某国営放送のニュースを見てました。

神戸で事件があって、その犯人が逮捕されたと。

神戸の事件は痛ましいもので具体的にはもちろん、抽象的にもそれがどんな事件なのかは書きません。

が、

その犯人の報道にはかなり?が付くものでした。

47歳の男、ここまではよいとして、犯人は元自衛隊員…。

しかも、高校を卒業して二十歳までの2年間…。

元自衛官であっても退職して27年も経っていれば、ほとんど無関係。なぜ元自衛官を強調して報道しているのか、何か別の意図があるのか、おかしな報道に思えました。こんな事に時間を費やすなら無職になる前の会社名を報道するのが筋というもの。あるいは出生した病院名や卒園した幼稚園名とか。「犯人47歳が逮捕されました。犯人は○○病院で出生し、□□幼稚園を卒園、直近の仕事は△△会社に勤務…」。出生した病院が、卒園した幼稚園が、勤めていた会社が悪いから犯行に及んだように聞こえるではないか。会社にしろ病院にしろ幼稚園にしろ名誉毀損で訴えるに値しそう。

人間、オギャーっと生まれて15年もすればひん曲がっちゃったのも珍しくない。報道しているのだからよくわかるだろう。現役の隊員が起こした事件を報道しているならまだしも、退職して27年も経った人間が起こした事件に元自衛隊員とは?

現役の自衛隊員にすれば怒髪天を突く思い。それでいて手に負えなくなると災害派遣に呼び出されるのだからやりきれない。過酷な環境で作業させられて、それを報じる方は快適な環境で編集作業。やってられねーや、テキトーに地べた突っついてれいばいいやとやる気を削ぐ報道ではないか。

国営放送ならむしろ「番組を中断してお知らせします。たった今、小松基地から戦闘機がスクランブル発進しました。目下、国籍不明機を追跡中です。入り次第、続報をお伝えします」と緊急速報あってよさそうなもの。ところがそんなニュースなと聞いた事がない。たまに今年のスクランブル回数は○○○回ですと、どこか遠い世界の出来事のように聞くのが関の山。

国営放送ならその立場を存分に利用してスクランブル中の戦闘機から実況生中継とか(複座のF-15ならできるでしょ?)、尖閣諸島を哨戒中のP3Cから実況生中継とか、民放が出来そうにもない報道が出来そうなもの。つまんないダジャレなど聞きたくない。

今朝のニュースは変な報道だなと思ったのでした。

| | コメント (0)

fuji

今日は空気が澄んでいて、

P1290566
富士山が見えました。

反対方向に転ずると
P1290567
新宿のビル群です。

やはり今日も仕事の後は“beer”です。

こちらの
Dsc03118
beer”に乗りました。ここを見ると、いつも連想しますfuji。日本を意識したのでしょうか/^o^\フッジッサーン?でも、24台しか…。

Dsc03120
今日のスカイツリーは鮮やかでした。ピントが合わなくて、ま、いいか。

| | コメント (0)

本日はST4s

今日はST4sの番。

Dsc03114

最近は仕事の後にバイクに乗るのが習慣になりつつあります。

3000回転チョイを保って、ツインのビートを奏でながら走るのが楽しい。

アクセルワークをソフトに操作すれば淑やかに、ラフに操作すればじゃじゃ馬バイクに変身するのがこのバイクの面白さ。

6万kmを超えた今は熟成?が進んで、軽やかなデスモドロミックエンジンを楽しんでいます。

Dsc03115
今日はスカイツリーが微かに見えました。今日のスカイツリーは「天空の城ラピュタ」みたいです。

| | コメント (0)

最近の出来事

現在、記事数3772件、写真をアップする事13019枚\(◎o◎)/!(下書き保存したまま埋もれた記事も含めて、多分) 1つ前の投稿で使用容量93.99%になりました。

97%に達した時点で更新終了になりますが(3%は過去記事の手直し、管理に必要ではないかと考えてます)、備忘録も兼ねているので最近の出来事を書いてみます。


先日(今月の初めなのですが)、メールが来たのです。

アドレスを変更しました!登録をお願いします

と。

どこの誰さんなのかわからないのです。

○○です、と書いてくれれば助かるのですが。

文面からしても短すぎて推測できません。

どなたさんですかと返信しようとしましたが躊躇してしまいました。

このあたりの事は神経質です。

そうではないと思っても、もしかしたら…。

再びメールが来るのではないかと連絡待ち。


「あんたの画数は、…だからよくない。そこで印鑑を…」

と言われて面喰らう(;゚Д゚)!

「そーゆーのはさぁ、血液型占いと同じで、根拠がない。話題としては面白いけど…」

punch

その後、「(印鑑は)断っといた」とタカビーな発言。

そもそも、頼んでないんですけど。というか、人の名前を勝手に使うな、と言いたい。

だけど易学となるとあながちデタラメともいえないと思えなくもない。統計学の一種ともいえるらしい。あたりハズレでいえばハズレでも、そういう傾向があるという点ではあながちハズレとは言えないのではないかと。旧日本海軍ではパイロットの採用、機種選定に易者の意見も取り入れていたぐらいだから。科学の先端を行く飛行機に易者とは…。戦記物を読むと出て来たりします。

ST4sを購入する時は高島暦も見てたっけ。今度のバイクは大丈夫かと。壊れるんじゃないかとか、メンテナンスが大変じゃないかとか、耐久性が低いんじゃないかとか、不安で不安で。でも、ドカに乗りたいし…。そこで高島暦。運勢を見て購入に踏み切ったのは今から11年以上も前。


今日の事。

近所の人がやって来た。近所といっても面識が無くて恐縮なのですが。言付けを頼まれたようで、

「栗の葉が飛んで、ご迷惑をおかけしてますから」と。

「いえいえ、迷惑だなんて。考えたこと、無いです」

とは言っても断るのも何だか悪い。栗を頂く事に。

Dsc03108
大きな栗です。

| | コメント (2)

時計

午後から打ち合わせだったのですが、急にキャンセルになってしまいました。その為に、時間が出来ました。仕事の後のバイクはホッとする一時。

Dsc03096
今日はステルビオの番。いつものコースを走行します。苦手な左折坂道発進は上半身がフリーズ┐(´д`)┌

Dsc03097
今日はスカイツリーがよく見えませんでした。

Dsc03098
途中で雨に降られました。ステルビオに乗ると雨に降られるのはどうして?納車の日も降られました。


今日はステルビオの時計について紹介しましょう。

Dsc03099
液晶に時計が表示されてます。

終わり…

では呆気ないのでもう少し詳しく。

Dsc03100
モードボタンを操作してメニューを出します。どうやって出すかというと、よくわからんのですよ。テキトーに操作して操作して…。まだ文章として書けるほど体得してません。それにレスポンスが鈍いのも厄介ですね。つい、変だなぁっと思ってしまうし。

Dsc03101
メニューから「SETTINGS」を選択します。

Dsc03102
更に「12H/24H」を選択します。

Dsc03103

Dsc03104
なんとステルビオの時計は12時間表記と24時間表記が選択できるのです!

私、こう見えても元鉄道少年、時刻表だけの。その名残でスマホの時計もPCの時計もデジタル物は全て24時間表記(選択できるものに限ります)。例えば午後2時から打ち合わせだとすると予定表に「打ち合わせ14:00~」と書きます。もっとも口に出すときは「2時から」と言う根性なしですが。もちろん、バイクの時計も言うまでもありません。ところが、バイクの時計で24時間表記は少ないのですよ(多分)。トホホホホ…。GPZ1100もST4sも12時間表記です。

Dsc03107
ST4sの時計。12時間表記のみです。GPZ1100の画像を探したのですが見つかりません。写真そのものは押入れの中…。

だからこの機能、時刻表だけの元鉄道少年としてはうれしい機能なのです(*≧∀≦*)嬉しさのあまり目頭に熱いものが…、ウソですが。オーナーの好みによって選択できるのですから、かゆい所に手が届く、まさにそんなバイクですね。

ちなみに12時間表記すると
Dsc03105
このようになります。

もちろんすぐに、
Dsc03106
“元通り”にしました。


| | コメント (0)

練馬児童劇団 第33回発表会

4時半までに戻って向かった先は東京は練馬区にある練馬文化センター。

今日は、

第33回発表会
 練馬児童劇団
  わが町
   OUR TOWN

の日なのでした。

Dsc03095a_2

きっかけは町中の掲示板をたまたま見たから。

エイサー祭りで、よさこいで、阿波踊りでオチビちゃんが大人達に混じって1テンポも2テンポも遅れながら一生懸命に演舞している姿を見ていると微笑ましく思えるのでした。周囲からも「かわいい」と歓声が上がります。そんな姿をこの夏はたっぷりと見ていたので、この児童劇団はどんなものか興味を持ったのです。

それに…。“大人劇団”は費用がかかりますが、この児童劇団は往復はがき代のみ。幅も広がる(と思う)し、節約にもなる。いい機会だと思ったのです。

原作など読んでいるはずもなく、原作を読んでいないとイマイチ理解できない面もあると感じました。児童劇団という事もあってか途中休憩無しの短い公演時間(1時間15分)。浅学の身、内容はイマイチ理解できないまま終了してしまいました。観る方にもある程度の知識、想像力を要求するのかもしれません。

だけど演技そのものはミュージカルの要素をたっぷりと取り入れたものでした。構成員は小学校低学年位から中学生位までと見受けましたが、児童とは名ばかりのしっかりとした演技に驚きです。

ホールは満員御礼に近く、お子さん連れも多いがそうでないのも多い。結構な人気があるようです。

この児童劇団、33回の歴史があります。全然知りませんでした。これは何年か続けて観る必要がありそうです。

| | コメント (0)

プチツーリング

今日はお昼からツーリング。

だが、どうしても4時半までに戻りたい。

結局、1枚の写真も撮らず突っ走ってしまった。

今日のツーリングの相棒はST4s。

常磐道を谷和原I.Cで降りて国道296号線を走って筑波山へ。

筑波山へはやや渋滞していたので、このままでは4時半までには戻れない。筑波山行きは諦めて常磐道を土浦I.Cから走って戻りました。

走行距離196.0km

走行中、やはりフロントから唸り音が聞こえて来ました。時には高周波の振動も。

それと気が付いたのはブレーキレバーの引きしろというか、ブレーキが効き始めるポイントというか、上手く説明できませんがレバーにブレーキの感触を感じる位置がが手前になる時もあると感じました。もし急ブレーキでレバーを強く引く事があればグリップに接触してしまいそうな。クラッチレバーのようにと表現すればわかりやすいでしょうか。

キャリパーはOHした。となると次に怪しいのはマスターシリンダーとなる。長年の使用によって劣化してしまったのかもしれない。正常な位置に戻らなくなってその結果、ブレーキの引きずりを起こしているのかもしれない。クラッチ側であればクラッチのスプリングによって押し戻されるが、ブレーキはキャリパーのゴムの反力のみ。憶測だがマスターシリンダーの劣化に敏感だとも言えなくもない。もうすぐ車検、車検だからというわけではないがこの際徹底的に原因を追究したい。

| | コメント (0)

フェスタまちだ2014 その8

Dsc03020a
町田エイサー青海波。

Dsc03019a
町田エイサー青海波の地謠。

Dsc03029a

Dsc03031a

Dsc03028a

Dsc03032a
ラストの円舞曲「唐船どーい」。

Dsc03036a
フェスタまちだ2014町田エイサー祭りもいよいよラストを迎え(6時間以上立ちっ放し!)、いよいよ最後の団体になりました。浄運寺会場でトリを務めるのは沖縄からやって来た沖縄市越来青年会です。

Dsc03037a


Dsc03040a
沖縄市越来青年会の地謠。

Dsc03045a
渾身の撥さばき。

Dsc03049a


Dsc03052a

Dsc03053a
ラストの円舞曲「唐船どーい」が終わった直後。

Dsc03058a
最後はやっぱりカチャーシー大会。

Dsc03059a
各団体総集合。

Dsc03060a
東急会場でも盛り上がっていて、時間差をおいて終了しました。

Dsc03063a
名残惜しくも会場を後にして2014年「フェスタまちだ2014町田エイサー祭り」は終りを告げたのでした。

Dsc03067a
帰りは小田急に乗って新宿に行って、こーゆーお店に“捕まって”しまうのでした。

| | コメント (0)

フェスタまちだ2014 その7

Dsc02964a
天願区青年会東京支部小平ゆいま~るエイサー。

Dsc02960a
天願区青年会東京支部小平ゆいま~るエイサー。オチビちゃんも頑張ってます。

Dsc02958a
天願区青年会東京支部小平ゆいま~るエイサーの地謠。

Dsc02966a
天願区青年会東京支部小平ゆいま~るエイサーの演舞。

Dsc02973a
演舞が終了しました。

Dsc02975a
なんくるエイサー“出陣式”。

Dsc02977a
なんくるエイサー。

Dsc02989a
なんくるエイサー、「唐船どーい」のクライマックス。

Dsc02991a
桜風エイサー琉球風車、演舞前の“儀式”。

Dsc02993a
桜風エイサー琉球風車、演舞前の緊張。

Dsc02994a
桜風エイサー琉球風車の演舞が始まりました。

Dsc02992a
桜風エイサー琉球風車の地謠。

Dsc02996a


Dsc03004a


Dsc03013a


Dsc03015a
最後の円舞曲「唐船どーい」。

Dsc03016a
どの団体も演舞が終わってしまうと一抹の寂しさを感じます。

| | コメント (0)

フェスタまちだ2014 その6

Dsc02911a
うりずんエイサー。

Dsc02915a
うりずんエイサーの地謠。

Dsc02919a
うりずんエイサー、「唐船どーい」。

Dsc02917a
なんと観客と次に控えている団体も“演舞”しています。どうしても体が動いてしまうんでしょうね。

Dsc02925a
再び浄運寺会場に移動しててぃだエイサー隊。

Dsc02922a
てぃだエイサー隊の地謠。

Dsc02927a
てぃだエイサー隊、「唐船どーい」。この夏、何十回と聞いてます。全然、飽きません。

Dsc02930a
江戸川琉心。

Dsc02931a
江戸川琉心のちょんだら~。メイク、バッチリです。

Dsc02935a
お姉さんちょんだら~もバッチリです。

Dsc02939a
獅子が登場しました。

Dsc02947a
江戸川琉心の演舞。

Dsc02948a
観客も飛び入り参加。後で係員から、更にアナウンスで注意されてしまいましたがその気持ち、よくわかります。見ている自分とて、体を動かしてます。後ろの人はさぞ迷惑だった事でしょう(^_^;)

| | コメント (0)

ABSの必要性

この頃、毎日バイクに乗ってます。

仕事の後のバイクは、例えるなら風呂上がりに飲むビールbeerのようなもの。

ホッとする一時です。


慣熟走行中の1コマ。

走行中にパプニング!

ニャンコちゃんが飛び出したcat

咄嗟に急ブレーキ!

よかったぁ。

ここでフト思う。

日本向けのステルビオはなぜABSを省いてしまったのか?

車体にはブレーキホースが遊んでたりして。

車体価格には使われないパーツ代も含まれている事になる…。

Dsc07580
遊んでいると思われるブレーキホース。

これを見ると、ステルビオはABS仕様が標準であって、それをわざわざ取り外して日本に輸出したとしか思えない。ABSランプは点灯するのにABSが無いなんて、悲しいぞ。

当時の輸入元はBMWディーラーも兼ねている。販売台数はBMWの方が多いのではなかろうか?BMWのバイクにABSが無かったら今程売れるとは考えなかったのだろうか。今からでも遅くない、ステルビオに“ABSを取り付けようサービスキャンペーン”なんてやらまいか。


慣熟走行中に雨が降ってきました。きらきら星の世界です。

| | コメント (7)

フェスタまちだ2014 その5

Dsc02873a
エイサー美ら風。

Dsc02878a
エイサー美ら風。

Dsc02882a
エイサー美ら風。

Dsc02884a
園田エイサー・美ら桐朋。

Dsc02887a
東京中野真南風エイサー。

Dsc02891a
東京中野真南風エイサー。

Dsc02896a
東京中野真南風エイサー。

Dsc02899a
東急会場に移動しました。上石神井琉球エイサー会。

Dsc02900a
上石神井琉球エイサー会の地謠。

Dsc02904a
上石神井琉球エイサー会。

| | コメント (0)

フェスタまちだ2014 その4

Dsc02843a
鶴見エイサー潮風(うすかじ)。

Dsc02854a
鶴見エイサー潮風。

Dsc02851a
琉装美人の演舞。

Dsc02849a
オチビちゃんも頑張ってます(*´∀`*)

Dsc02853a
鶴見エイサーの“エージェント地謠”。映画「マトリックス」のエージェント・スミスを思わせる演出です。

Dsc02857a
何かのゆるキャラです。ブームですねぇ。

Dsc02858a
群馬エイサー舞人。

Dsc02861a
群馬エイサー舞人。

Dsc02864a
東京中野区新風(あらかじ)エイサー。新宿エイサーまつりでは旧コマ劇場前広場でトリを務めた団体です。

Dsc02866a
東京中野区新風エイサー。学生だけに元気一杯。

Dsc02869a
東京中野区新風エイサーの地謠。

| | コメント (0)

2つの意味?

Dsc03091

近頃の目標はST4sのイモビライザーランプを点滅しっぱなしにする事のようになった感じ。

イモビライザーランプはスイッチをオフにしても48時間点滅する。

ST4sにはステルビオと交互に乗るようにしたのだから、乗る機会は半分。

この目標、ややハードルが高いかもしれません。

イモビライザーランプはストロボ発光です。これが夜は目立つのです。

このバイクを盗んでもエンジンを掛ける事は出来ません、お引き取り下さいという意味か。

バイクここにあり、いたずら頼むと存在感を示しているのか。

目立つのもちょっとなぁっと思う時があります。

Dsc03092
昨夜も慣熟走行です。

Dsc03093
荒川から東京スカイツリー。


| | コメント (0)

コメントにかえて

Dsc03085
ここです。

左側のカウルの内側にECUがあります。ここにゴムカバーが取り付けられました。

Dsc08570
キャンペーン前はECUがむき出しでした。

開発の段階で様々なテストを行っているはずですからカバーが無くても差し支えないということだったのでしょうが、市販後、水の浸入によるトラブルを起こす車両があったのかもしれません。

保証期間が終了して2年以上経つ車両にもサービスキャンペーンとしてゴムカバーが取り付けられ、センタースタンドも変更になったのですからメーカーの良心を感じます。

| | コメント (2)

フェスタまちだ2014 その3

Dsc02823a
和光鶴川小学校。

Dsc02825a
和光鶴川小学校の地謠。

Dsc02829a
和光鶴川小学校。

Dsc02830a
和光鶴川小学校。

Dsc02832a
和光鶴川小学校の演舞が終了しました。

Dsc02775a
見て下さい、この青空。

真夏のうだるような暑さは無かったのですが、それがむしろ沖縄にいるかのような“錯覚”を起こしました。ストリートを駆け抜ける風は爽やかで、沖縄そのものです。

Dsc02833a
ビールはやっぱりオリオンビール!夏の沖縄にはオリオンビールが良く似合います。
ビールを飲んで“燃料補給”でごじゃりまする。

会場を浄運寺会場から東急会場へ移動します。
Dsc02835a
結船。

Dsc02837a
結船の地謠。

Dsc02838a
結船。


| | コメント (2)

フェスタまちだ2014 その2

Dsc02789a
宇座エイサー神奈川倶楽部。演舞前の独特な儀式。

Dsc02792a
宇座エイサー神奈川倶楽部。

Dsc02793a
宇座エイサー神奈川倶楽部。

Dsc02796a
棒術を披露してくれました。

Dsc02800a
宇座エイサー神奈川倶楽部。

Dsc02805a
町田遊星 with 町田の丘学園。

Dsc02804a
町田遊星 with 町田の丘学園。

Dsc02808a
横田西多摩エイサー太鼓。

Dsc02809a
横田西多摩エイサー太鼓の地謠。このように地謠を立ててる団体も多く、それぞれに見事な声色を披露してくれたのでした。

Dsc02814a
横田西多摩エイサー太鼓。

Dsc02818a
横谷市多摩エイサー太鼓。

Dsc02821a
横田西多摩エイサー太鼓のちょんだら~。

| | コメント (0)

フェスタまちだ2014 その1

町田に行って沖縄を感じよう!

Dsc02768a
第28回フェスタまちだ2014 町田エイサー祭り

6年ぶりに行くフェスタまちだ2014。今年は9月13日、14日に開催され、14日に見に行きました。

新宿から小田急線に乗って町田駅に行きます。町田で降りるとどこでやっているのだろうという感じでした。日付を間違えたかな?耳を澄ますと微かに太鼓の音も聞こえる感じ。とにかくその方向に歩いてみるとやってました!

Dsc02766a
なかなかの人出です。

Dsc02767a
沖縄らしくゴーヤバーガーの幟。

Dsc02856a
ゴーヤバーガー。

Dsc02769a
早速、各団体の演舞を見ていきましょう。

Dsc02770a
琉球創作太鼓 零。

Dsc02772a
琉球創作太鼓 零のちょんだら。

Dsc02776a
オチビちゃんも頑張って演舞しています。

Dsc02782a
力強い太鼓の響き。

Dsc02787a
演舞が決まってますねぇ。


| | コメント (0)

2013北海道ツーリング その17

Dsc09491a
アクアマリンふくしまの前でビッグバンドフェスティバルが開催されてました。

Dsc09496a
特設ステージで演奏するバンド。

ところがこのステージ、よく見ると瓦礫を敷き詰められてその上に作られたものでした。

Dsc09490a_2
会場外の瓦礫の山。アクアマリンふくしまも営業が再開されていたのですが、一部施設は閉まったままだったのです。今回、わざわざ遠回りしてアクアマリンふくしまに行ったのは、再開されたアクアマリンふくしまを見てみたかったからなのでした。


その後は再び常磐道を走り大洗へ。
Dsc09581a
大洗マリンタワー。

Dsc09582a
大洗マリンタワーから大洗港。

写真のフェリーは前日に苫小牧港で見たフェリーなのでした。

その後、再び常磐道を走り東京へ帰着したのでした。

8月14日 東京~新潟西港 308.2km
8月15日 苫小牧~札幌 69.7km
8月16日 札幌~増毛209.5km
8月17日 増毛~苫小牧387.4km
8月18日 八戸~東京765.1km

道内666.6km
総走行距離1739.9km

北海道よりも、往復の走行距離が長くなったツーリングでした。

| | コメント (0)

またやった!

今朝、洗濯機の底から出来た物、それはステルビオのキー。

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

またやってしまった!

ステルビオのキーを洗濯してしまった!

Dsc03077
洗って綺麗になったステルビオのキー、そんなわけないか。

ステルビオのキーは知る人ぞ知るイモビキー。

中にあるICチップがダメになるとエンジンが掛からなくなってしまう。

そこで今朝、恐る恐るエンジン始動を試みた。

Dsc03079
第1段階はクリヤー。ま、ここまではICチップがダメになっても問題ない。

第2段階は、
Dsc03080
エンジンが掛かりました!

よかった。ふー。

でも、まだ油断は出来ません。

仕事が終わった後、テスト&慣熟走行です。
Dsc03081
慣熟走行中の1コマ。

このキーを洗濯したのは2回目。2回も洗濯してしまってエンジン始動が出来るのだから、案外と高い信頼性?があるのかもしれません。イモビキーを2回も洗濯してしまった人はそれほど?多くないはず。

これからしばらくは経過観察しますが、取り敢えずエンジンが掛かってホッ。

Dsc03082
荒川から東京スカイツリー。

| | コメント (1)

慣熟走行中に


慣熟走行中の1コマ。う~ん、画質が…。夜はこんなもんかも知れない。

昨日は仕事が終わった後、ST4sを引っ張り出して慣熟走行。ステルビオと交互に乗らないと、ね。ステルビオに乗るとST4sのポジションが窮屈に、ST4sに乗るとステルビオが大柄に感じてしまう。ST4sに10年以上も乗っているのにこの有様。どれだけ不器用なんだ、オレ。

自分のクセなのか、発進時と停車時にフラついてしまう事が多い。ステルビオに乗るとそれが顕著で、どうかならんのかといつも思う。これを直すには慣熟走行あるのみ。1回の走行距離は短くてもちょくちょく乗っていればいずれ…。

走行距離は20kmですが、昨日はその20kmで2回も事故現場を見た。

1つはバイクと車の接触事故。車のバンパーが脱落してライダーはと見ると、ドライバーと話し合っている最中。意外と軽傷だったのかもしれない。

もう1つは車と車の接触事故。ガラスが飛び散っていた。

事故の瞬間を目撃したわけではないので全くの憶測なのですが、バイク事故に関しては帰宅を急いでいたように思えた。

すり抜けして、それに気がつかないドライバーが飛び出してしまったような感じ。

帰宅を急ぐ理由はわかるのですが、すり抜けをしまくるというのはどうかと思うんです。あんな狭い所を走らなくていいのに、と思う事も少なくない。怖くないのかなぁっとも思う。バランス感覚がいいのか、度胸があるのか、運がいいのか、不思議です。車と接触して転倒すると、高い確率で車に踏んづけられるのに。タイヤの大きい大型車であれば尚の事。踏んづけられたら痛いぞ。

年間を通せばバイクを運転しているよりも車を運転している距離の方がはるかに長いのですが、車を運転していて右から左からすり抜けするバイクの全てを把握するなんて無理。そんな事すれば自らが前方不注意になってしまう。把握していないバイクの1台に自分があるかもしれないので躊躇してしまいます。

すり抜けを全くしないわけではありませんが、条件があります。

赤信号の内に確実に先頭に進める。
道幅が広い。
車が止まっている。

こんな条件が揃わないと無理です。動いている車の脇をすり抜けるなんて、とてもとても恐ろしくて…。こんなんだからマスツーリングだとついて行かれない。バイクは100%遊びだから急ぐ理由は全く無い。

親戚の中でバイクに乗っているのは自分1人だけです。興味のある人はいるかもしれませんが、乗っているのは1人だけ。という事は絶えず“四面楚歌”の状態で乗っているわけで、一度事故を起こせばそれ見たことか、バイクなんかやめろと大シュプレヒコールが起きるのは必至。事故で仕事が出来なくなると実質的にクビ、仕事を失うわけで路頭に迷う羽目になる。病気でも同じですが、病気だと同情してもらえるが事故は蔑視、冷たい目で見られてしまう。バイクでは1度もありませんが、車では過去に4回事故に遭っている。いずれも物損ですが、物損と人身なんて紙一重。4回事故に遭っても車なんかやめろとは言われませんが、この差はなんでしょう。

Dsc_0358a
某年某月某日、追突されたかわいそうなサンバー。この程度でも結構な衝撃があります。

| | コメント (0)

2013北海道ツーリング その16

Dsc09557a
キンカチョウ。

Dsc09559a
でっかい“G”。マダカスカル“G”。
Dsc09569a
これは野外のナントカカントカ。遊び場という感じですね。

Dsc09571a
タマカイ。

Dsc09573a
マウソニア・ラボカティ。シーラカンスの化石です。体長、推定3.8m。これまで発見された世界最大の化石だそうです。

Dsc09575a

Dsc09576a

Dsc09577a
シーラカンス。

Dsc09578a
ロボットシーラカンス。

| | コメント (0)

2013北海道ツーリング その15

Dsc09489a
いわき・ラ・ラ・ミュウから見える潜水艦のようなものは?

Dsc09497a
アクアマリンふくしまなのでした。

Dsc09508a
ウグイ。

Dsc09511a
イワシの大群。

Dsc09514a
カレイ。

Dsc09520a
エトピリカ。

Dsc09529a
珊瑚礁の生き物。

Dsc09536a
マングローブの生き物たち。

Dsc09542a
クマガイウオ。

Dsc09549a
カツオの群れ。

Dsc09551a
迫力の水槽展示。

Dsc09552a
水族館には珍しいサンマの展示、っていうかここしか見た事がありません。サンマの飼育は意外と難しいようです。

Dsc09556a
タッチプールはオコチャマに大人気。

| | コメント (0)

2013北海道ツーリング その14

Dsc09470a
明朝5時11分、八戸港に到着です。なぜ八戸かというと、このフェリーしか予約が取れなかったからです。

Dsc09471a
5時32分、八戸道八戸I.C。高速道路を走って東京に帰ります。

Dsc09472a
岩手山I.Cから岩手山。

Dsc09479a
八戸道、東北道、常磐道と走って13時47分、いわき・ら・ら・ミュウに到着です。

Dsc09478a
市場は活気があっていいですね。

Dsc09481a
メヒカリの唐揚げ。アツアツのメヒカリは美味い。

Dsc09482a
やまろく丼。海産物も美味しい。

Dsc09483a
いわき・ラ・ラ・ミュウでやっていたパフォーマンス。

Dsc09485a

Dsc09487a
東日本大震災の写真も展示されてました。


| | コメント (0)

ブログの更新が遅れる訳

去年の出来事を1年余を経てアップ。

全く、更新が遅れてます。

個人的な事など誰が読むの?とツッコミは後でゆっくり考えることにして。まぁ、これも記録。

今日、気付きました、ブログの更新が遅れる訳を。

ブログを書いているほとんどの時は飲んでる時。シラフの時は意外と少ない。

車でいうならば酒気帯び運転しているようなもの。

“酒気帯び更新”しているわけ。

車だったら免停、もしくは取り消し。もちろん、多額の罰金。

ブログだったら、酒気帯び更新によりPC没収、てな事にならない。支離滅裂な文章を残すだけ。

酔っ払っているからPCを立ち上げると眠くなるわけだ。

眠くなってどうにもならず、明日でいいやとなる。

この1年、こんな事の繰り返し。

| | コメント (0)

車検の通知が来た

帰宅するとバイク屋から車検の案内がきていた。

2年に1度来る頭の痛い車検。

あれから2年が経つのね。

時間が経つのは早い…、そんな事ないです。

よく考えると、よく考えなくても、この2年の間で修理で乗れない期間が7ヶ月もあったんだから、その分だけ車検期間を延長してもいいじゃない?もちろん、任意保険も。乗れない期間だけ無駄にしちゃったんだし。ブレーキ修理でこんなに時間がかかるとは思わなかったわ!(他のバイク屋に修理に出したのですが)

記事としてはアップしてなくても、ST4sにもステルビオと交互で乗っています。1回の走行距離は4~30km。

しかし乗ってみると、ブレーキの引きずりが完全に直っているわけではない感じです。確かに「うぉぉぉぉぉん」という音は小さくなりましたが時々、高周波の音、振動がフロントから伝わってきます。キャリパーはOHした、ホンダの部品を使って。ブレーキホースも、なんとワンオフで製作。ノーマルでは長さが足りないらしい。残るはマスター、もしくはディスクローター。

この状態で、安心してロングツーリングに行けるかといえば、No。

ブレーキが焼きついてロック、なんて事になったら怖いもんね。

Dsc03071
ST4sのディスクローターに触ってみました。凸凹があって、パッドに触れない部分とは明らかに段差があります。ノギスで計ろうとしたのですが、ノギスが見つかりません。指で触れた感じは摩耗限度近く磨り減っているのではないかと感じます。

Dsc03074
ぶれてしまってわかりませんが、摩耗限度は4.5ミリ。

Dsc03072
ステルビオのディスクローター。ST4sと比べると明らかに摩耗が少ない。走行距離もST4sと比べて少ないから当然です。

Dsc03073
こちらも摩耗限度は4.5ミリ。

ブレーキだしなぁ。この際、徹底的に修理したい、気もある。

ところで車検の案内に気になることが…、
Dsc03075
重量税が登録から13年経った車両は4400円に、18年経った車両は5000円になるっていうこと。ST4sは2002年式だからまだ対象ではありませんが。2002年式だからって、古さは感じないのですよ。

これってやりすぎじゃない?むしろ、長期間使っているんだから安くなって当然ではないかと。どうしてこうもメーカーに与する制度ばかりかと訝しく思う。使い捨てを推し進める制度はおかしい。これが景気刺激策?車検なんて、4年に1回でいいんじゃないかと。

| | コメント (2)

スマホと軽自動車

Dsc03070
とある軽自動車のカタログ。

最近のはもちろん過去のものもそうだけどスマホのカタログ、実物を見ていると軽自動車と同じだなぁっと。

ちっちゃなボディにあれもこれもと詰め込んで、こんなのもあります、こんな事もできます、便利ですよと盛んにPR。使うかは別として。

スマホのカタログを見ていると、まるで軽自動車のカタログを見ているかのよう。

極めて日本的?

スマホと軽自動車、相通じるものがあると感じました。


| | コメント (0)

保留

この頃悩んでいるスマホにカメラ。

そこで昨日も家電量販店まで行って見に行った。

う~ん、決められない。

全ての機種のいいどこ取りがあればそれに決定なのだが。ボタンのレイアウトなど見て、実際の使い方を想定して…。

これだ、というのがなかなか見つからない。

次にカメラを見てみると、スマホに画像送信できる機種がいくつかあるのを知った。その中で防滴防塵はFinePixだけなので新しくするのならやはりこれかな、と思う。

しかし…、と考える。

新しいスマホもカメラも本当に必要なのか?

一時的な“熱病”に罹っているだけではないか?

“熱”が覚めたら買うこともなかったなぁっとなったりして。

そこで、少し時間を置くことにした。

楽しいことは先にやれ
美味しいものは先に食べろ

そんな考えを持つ私。決心?がいつまで続くかわからないが、もうちょっと見極めようと思う。

| | コメント (0)

こっちの方が…

今日はフェスタに行ってきた。そして、帰りに家電量販店を2軒回った。

機種変更しようかと悩んでいるスマホだが、機種が絞れるどころか却って広がってしまった。

ついには今販売されている機種が全て対象に…。

行き着くことこまで行ってしまった。

「お客様に合いそうなのは○○です」

「□□がいいかと思われます」

2人の店員から異なる機種を薦められて混迷の度をますます深めるハメに。

「よく考えます」と“逃げて”、店内をブラブラ。ついでだからとカメラを見た。

すると、こんな機種が目に付いた。

Dsc03068
FUJIFILM FINEPIX S1

このカメラのどこに注目したかというと、

①光学50倍
②防滴防塵
③スマホに画像送信可能

なぜかというと、

①いまのカメラよりもよりズームアップできる。仕事にもより使える。被写体に近寄れないことも無いわけでは無いので高性能はズームはありがたい。
②防滴防塵ならば外で使うものだけに安心感がアップ。もちろん、仕事にも対応できる。
③スマホに画像送信できるのであれば、わざわざスマホのカメラで撮る必要は無くなる。今日もそうだけどデジカメで撮って、更にブログに、またはFBにアップする写真をスマホのカメラで撮っていた。このカメラであればブログ、FBにアップする画像だけをスマホに送信すればよい。わざわざ“2度手間”して撮影しなくても済むから時間の節約、バッテリーの節約になる。

スマホのカメラの画像が悪いのはスマホだからではなくて、表面の傷が主な原因。という事は新しいスマホにしてもいずれ傷だらけになって画像が悪くなってしまう。

しかし、スマホのカメラはメインのカメラの予備としての機能がある。かつてフィルムカメラを使っていた頃はメインのカメラとなるべく性能が近いカメラを予備として持ち歩いてた。となると、スマホのカメラとて、いいものが欲しくなる。ネット接続だって、サクサクする方がいいのか、言うまでもなくもちろんいい。

とは言っても、まずはデジカメが先のように思えてきた。


| | コメント (2)

モノ選びの難しさ

平日はもちろん、休日でボーッとしている時でも様々な判断を下しています。

ブログを書いている今でも今日は何を書こうかなとか。

車やバイクに乗るとそれはそれは相当な数の判断を下さなければなりません。

さて、最近睡眠不足に陥ってるスマホ選び、店頭に行って最新機種をいじってみるとその速さにビックリ。これを体験してしまうとそろそろ新しいものをと思ってしまう。それに今使っているのは不便さが目立ってきた。

そこで悩むようになってしまったのだが…。

それなりの期間を使う、決して安くないのでポンポンと変えることはできない。

カタログを見てスペック、機能を比較してあーだ、こーだと堂々巡り。

機種が絞れるどころか増えてしまった。

大して変わりがないと思っても、やっぱりなぁっとコ
                               ダ
                                ワ
                                 リ。

相変わらずの決断力の無さにヤになる。

かと言って、即断で決めて他の機種がよかったとなってしまうと後悔。

モノ選びは難しい。

| | コメント (0)

悩むスマホ選び


スマホのカメラで撮った写真。

Dsc02756
デジカメで撮った写真。

2つの写真を比べてみましょう。

これだけの差があるのです。スマホでブログをアップすると画質が悪いので気になってきた。

スマホの使い方は結構荒い。ま外観を見て「どう使ったらそうなるんですか?」と聞かれたことも過去にはあったっけ。

丁寧に使いたいのだけど、なかなかそうもいかず、どうしても荒くなってしまう。スマートフォンというよりも“ハードフォン”と言ったほうがふさわしい。

003a
こんな環境下でも使いますから、丁寧に使えるはずもなく…。
具体的に書きませんがこんな所でも連絡取り合うには便利なのですよ。

Dsc02758
蓋を開けると埃だらけ。それでも昨日、できるだけ拭いたのですが。

Dsc02759
ストラップはもちろん、落下防止のカラナビ付き…。

Dsc02760
あっ!切れかかっている!あぶねぇ。

とまぁ、悲惨な使い方をしているわけでして。

その為にカメラのレンズ(というか、、カバー)にも細かい傷がついてしまい、写真の画質がどうしても悪くなる。許容範囲を超えるたびにコンパウンドで磨いてきたが、そうそうキレイに磨けるはずもなく表面が凸凹になってしまった。

それに、操作性。近頃はバス、鉄道といった公共交通機関を使うことが多くなった。以前のように何ヶ月振りという事もなくなった。泡の出る何かを飲むから車では出かけられなくなったのです。
車内で文庫本を読んだり、つり革広告を見たり、人間ウォッチングしたりと結構新鮮なのです。ケータイをいじっている人も多くて、目にも止まらぬ速さ?でメール打っている人もいる。その速さには驚きだが、もう1つ驚くのはそれに対応する端末機。オレのじゃ無理だァ、ネット接続も時間がかかる。フリーズする事も少なくない。スマホのナビで運転していたら電源が落ちちゃって、ここはどこ?はいつもの事。イライラする事も多いし、周囲の環境に対応できなくなっている感もヒシヒシ。いまのスマホを使い始めて3年が経った。

そこで最近、スマホを新しくしたいなぁっと思うようになって家電量販店に行ってみた。

実物を手にして、どれがいいかなぁっと。

防水である事。カメラの性能がいい事を重視するかな。

店員さんは説明してくれるのだけど、これがいいというのがなかなか、ねぇ。

それでも2,3候補に挙げた。

更に料金プランも説明してくれた。

えっ!そうなってるの?

データ定額2G、3G…なんて言っても、降水量50ミリと言っているのと同じで実感が無い。

「実は調べる方法があるのですよ」と言ってくれたが、聞かなかった。

帰宅して機種名を入力して検索してみる。

う~ん。

更に「クチコミ」を見てみると、これがマニアチックでさっぱり…。

今日、周囲に聞いてみた。

「iphoneとスマホって、どう違うの?」と初歩から。

「iphoneはアップルから出ている端末機で…、操作性が…」

わかるような、わからないような。

「防水なの?」と聞くと、そうでないとの事。この時点で却下。雨で2台も壊しているので防水は外せません。

悩むスマホ選び。さて、どうするか。

| | コメント (0)

2013北海道ツーリング その13

Dsc09425a
上富良野町。道道298号線、町営バス「北21号」バス停から。

この辺にあるメロン販売所の前を通ると、メロンの甘い香りが漂ってました。

Dsc09431a
国道237号線から空知川。

Dsc09435a
国道237号線、占冠村に入ります。

Dsc09437a
日高町。

Dsc09438a
道南バス「下可負」バス停にて。

本州と比べると北海道ではバイク同士がすれ違うとピースサインを送る事が多いのです。ですが、日が傾き、暗くなるにつれ、それが無くなっていく。ピースする度に、このピースが最後かなと思うのでした。

Dsc09440a
国道235号線、厚真町。完全に日が暮れてしまうとバイク同士がすれ違ってもピースは無くなってしまいました。

Dsc09443a
苫小牧まで21km。

Dsc09444a
苫小牧フェリーターミナルの入口。

Dsc09446a
苫小牧フェリーターミナル。

Dsc09447a
シルバーフェリー、シルバークィーン。

Dsc09453a
シルバークィーン車両甲板。

Dsc09455a
乗船し、出港を待ちます。

Dsc09459a
苫小牧港を出港し、北海道ともお別れです。

| | コメント (2)

2013北海道ツーリング その12

Dsc09377a
国道232号線。
稚内まで163km。北海道に来て宗谷岬に行かないなんて…。この時は宗谷岬まで足を延ばせず、ここで引換しました。

Dsc09382a
未練がましくまた標識を撮りました。

Dsc09383a
国道233号線、美葉牛峠。

あいにくと雨が本降りになってしまいました。

Dsc09385a
沿岸バス、洞北バス「美葉牛中央」バス停から。一面のそば畑。

Dsc09389a
北竜町ひまわりの里。

15年ぶりにひまわりの里に訪れました。

Dsc09392a
広大なひまわり畑。

Dsc09398a
なぜかダチョウが。

Dsc09411a
イルムケップ山(多分)。空知中央バス「4号線」バス停から。

Dsc09416a
国道237号線、美瑛町に入ります。

Dsc09417a
亜斗夢の丘。

Dsc09422a
ぜるぶの丘。

| | コメント (0)

2013北海道ツーリング その11

Dsc09274a
国道232号線を更に北上します。

Dsc09281a
三船遭難慰霊之碑。

昭和20年8月22日、樺太よりの引き上げ船がソ連の潜水艦による砲雷撃で撃沈され、1708名の犠牲が出ました。北海道といえでも戦争とは無縁ではありません。一般に8月15日で戦争が終わったと学校で教えられますが、ポツダム宣言の受託を発表し、自発的な戦闘行動を停止したのが8月15日であって、防御的な戦闘は満州で、樺太で続いていたのです。海軍戦闘機パイロットであった坂井三郎さんも8月17日に邀撃のため出撃したと手記に残しています。

Dsc09283a
旧花田家鰊番屋。

Dsc09286a
中は漁具類や鰊漁に関する物が展示されてます。

Dsc09292a
これを見ると当時の興隆振りがわかるような感じがします。

Dsc09300a

Dsc09302a
当時の写真も展示され、鰊漁の繁栄振りがわかります。

Dsc09344a
金庫の間。
襖に金唐和紙が貼られてます。金唐和紙、上野にある岩崎邸にも同様の金唐和紙が貼られてました。これだけ見ても当時の花田家がどのようなものだったか想像できるというもの。かなりの財力があったはず。

Dsc09356a
当時の電話。1人1台というぐらいに携帯電話が普及した現在では想像もつきませんが、当時、電話があったというだけでも凄いことだったと思います。

Dsc09367a
旧花田家の内部。

Dsc09370a
上を見上げると。

Dsc09371a
起し船。

| | コメント (0)

2013北海道ツーリング その10

前回の更新から1ヶ月…。

ある意味、おさぼりブログでございます。

画像変換してた事さえすっかり忘れていて、2度手間で変換していたとさ、今日。

翌8月17日、2013年の、スタートは増毛からです。

Dsc09232a
増毛にある旧商家丸一本間家。

まだ開館時間では無かったので見学は出来ませんでした。

Dsc09234a
JR増毛駅。

Dsc09235a
この時はまだ列車は入線してませんでした。

Dsc09242a
国道231号線を走って、留萌市に入りました。

Dsc09244a
旧留萌佐賀家母屋。
国道231号線を走っていた時に見かけました。かつての鰊番屋の1つ。このようにふとしたものを見つけても止まれるのがバイクの良さ。

Dsc09246a
鰊漁で栄えた当時を今に伝えてます。

Dsc09257a
黄金岬。

Dsc09260a
カラカン石玄武岩柱状節理。

Dsc09263a
黄金岬の一帯はこの様な岩石がありました。日本海側は変わった形の岩石をかなり見ます。

Dsc09269a
JR留萌駅。

Dsc09270a
駅前市場。早速入ってみましょう。

Dsc09271a
中はこんな感じで、前日の三角市場と比べるとこじんまりとした市場です。

Dsc09272a
これは安い!醤油とわさびが欲しいところです。安くていいのですが、量が多過ぎてこれまた買うことが出来ません。三角市場にしろ和商市場にしろどちらかというと観光客向けの感があるのですが、留萌の駅前市場は地元密着と見受けました。

| | コメント (0)

高麗神社と聖天院 その3

Dsc02729a
高句麗若光王像。

Dsc02735a
在日漢民族無縁之霊慰霊塔。

Dsc02737a
八角亭。

Dsc02732a
在日白衣民族の聖地。在日白衣民族って何だ?という事は置いといて、1300年前に若光一行が風水学上、最高の地と定めたと案内にありました。

Dsc02741a
これは?

Dsc02739a
この先も歩いてみたかったのですが、仕事中?である身、後ろめたさもあってやめてしまいました。

Dsc02745a
高麗王廟。

Dsc02748a
羊石像。

Dsc02750a
聖天院を見上げる。

行ってみると意外と奥が深く、じっくり見るには時間が必要でした。短時間しか見る事が出来ないので、どうしても薄っぺらな事しか書けません。

| | コメント (0)

高麗神社と聖天院 その2

次は聖天院に行ってみました。

Dsc02708a
聖天院入口。

Dsc02714a
山門。

Dsc02721a
階段を上がります。仁王尊が立っていて、なぜか「北斗の拳」を思い浮かべました。

階段を上がった先は拝観料、300円が必要になります。

Dsc02725a
ハローキティ尊?

ここは既に有料エリアです。

Dsc02726a
聖天院。

Dsc02727a

Dsc02728a
聖天院から日高市。

| | コメント (0)

高麗神社と聖天院 その1

今日の仕事先は埼玉県は日高市。地図を見ると高麗神社が目に付いた。そこで、終了後にちょっと行ってみた。

Dsc02676a
高麗神社の鳥居です。浩宮親王殿下の植林があっておやっと。

地図で見た時は高麗と書いて「こうれい」と読むんだのですが、「こま」といいます。

Dsc02677a
更に参道を進みます。

Dsc02682a
鳩山一郎氏や、

Dsc02686a
三笠宮崇仁親王殿下や、かつての政治家や在日韓国人の献木がたくさんあって驚きました。

皇族方や政治家の献木があるこの神社は一体?案内を要約すると、

高麗神社は高句麗国の王族高麗王若光を祀る社で、高句麗が唐と新羅の攻撃で滅亡した際に日本に逃れた僧侶や貴族が東国に住んだ。その内、1799人が武蔵国に移され、新しく高麗郡が設置された。
高麗王は郡司に任命され、故国の土を踏むこと無く没した。没後高麗明神として崇められ、現在に至るまで高麗王若光の直系によって社が守られている。

とありました。

Dsc02692a
高麗神社。

創建から1300年を数える関東有数の神社で著名な政治家が訪れ、その後総理大臣になった事から出世開運の神として進行されるようになった神社だそうです。

地図にあったから来たのですが、行ってみると凄い神社ですね。

Dsc02707a
2016年には高麗郡1300年祭が行われます。

Dsc02698a

Dsc02699a

Dsc02703a
高麗家住宅。

| | コメント (0)

ということは?

ステルビオを引っ張り出して慣熟走行。

燃料警告灯が点灯しているのを発見。

後で入れればいいやと気にしないでいた。

ハタと思い出した。

「メーターは非分解式です」。

Dsc02672
ということは、メーター内のランプが切れたらメーターそのものを換えなければダメなわけ?

メーターって、安くないのよ。納期もかかるし…。

交換した旧メーターの裏を見ると…
Dsc02675
ガーン(;゚Д゚)!

高い耐久性を持たせてある?と思いたいが。せめて電球の交換ができるようにしとこうよ。これが“今風”っていうやつか?GSとか、タイガーエクスプローラーとか、他のメーカーも同じ?

| | コメント (0)

築地を歩く その2

Dsc02653a
今度は築地市場の中に入ってみましょう。

Dsc02654a
市場関係者ではなくても入れる区域があるのです。
築地といえば水産物のイメージがありますが、意外といっては何ですが青果物も取り扱うのです。

Dsc02655a
外国語による注意書き。外国人も非常に多い。魅力的ですからね。

Dsc02656a
おっと、これは意外。路線バスも走っているではないか。

ただ、歩くにあたっては自己責任が強く求められる所でもあります。車、バイク、ターレ、チャリンコ(あえてこう呼びたい)がひっきりなしに通り交う所です。前後左右に十分注意して歩かなければなりません。

Dsc02659a
入った時は11時に近かったから商いは終わっていて、お片付けの時間でした。

Dsc02661a

Dsc02664a
それでも雰囲気だけは感じる事が出来ました。

Dsc02662a
ど~んと氷を積んだトラックも築地ならではのものです。

Dsc02666a
市場の中にも飲食店が並んでます。大勢の人が並んでました。

意外な事に飲食店の片隅に本屋もあって、魚関係の本がズラリ。思わず写真を撮ったら「写真はダメ」と注意されてしまいました。だからアップはしません。魚関係の本を探すなら意外と穴場かも。

こうして短時間ながらも築地を歩いたのでした。

| | コメント (0)

築地を歩く その1

今日は築地方面に行ったので、築地をちょっと歩いてみた。

何食べる訳でもなく、何買う訳でもなく、せっかくだからちょっと寄ってみようと言い訳(書き訳?)。

築地、特に場外市場の雰囲気は独特で、治外法権地帯の体を呈している。

車を立体駐車場に入れたのですが、その為には一部分、場外市場を通らなければならない。

そこのけそこのけオレ様が通る、路上検定でこんなことやったらまず受からない。行き交う人、バイク、ターレ、トラックの状況を見計らって予測し、やや強引に車を進めなければ通れる所ではなかった。

Dsc02634a

Dsc02637a
平日の午前中がピークですので、人通りが多いです。

Dsc02641a
公道上のはずなんですけど、庇を思いっきり出して商品を並べてるのは築地場外市場ならでは。松茸が並んでます。

Dsc02648a
歩道の一部、道路の左側車線は物置、駐車場と化してます。これも場外市場ならです。駐車監視員も近寄ってきません。

Dsc02649a
とにかく平日の午前は人が多い。

Dsc02651a
飲食店が立ち並んでいる所なのですが、中には一坪に満たない敷地で営業している店舗も。商魂の逞しさを感じます。治外法権的な雰囲気があるのもうなずけます。

Dsc02652a
場外市場は飲食店や食材を売るお店だけではありません。それらを構成する食器、刃物、あるいは「営業中」と書いてある立札?を売るお店もあるのです。写真のバイク屋さんも、販売よりも修理がほとんどのお店のように感じますが、バイクとて場外市場を構成する重要なアイテムなのです。

Dsc02642a
築地本願寺。インドのタージマハールみたいなお寺です。何か関係があるのかな?

Dsc02644a
意外な事に内部は「Picture O.K」だったのです。ただし、読経中は「ご遠慮下さい」との事でした。

| | コメント (0)

琉球の彩

Dsc02631a

昨日は埼玉県は大宮ソニックシティで「琉球の彩」があった。

これは大宮にある沖縄料理うさぎやが10周年を迎えたのでそれを記念するライブ。

今まで何回かうさぎやのライブに誘われた事があって、時間の無い時は車で、ある時は電車で行っていた。今回、ありがたいことに記念ライブに誘われた。

Dsc02629a

出演アーティストは

 下地勇
 松田しのぶ
 よなは徹
 サンサナー
 しゃかり
 新良幸人
 SAKISHIMA MEETING(下地勇×新良幸人)

バックグランドとして

 仲曽根“サンデー”哲
 長嶺良明

それぞれのアーティストの持ち味を披露するライブで、途中休憩なし。

休憩なしでも時間の経過を感じさせないライブだった。

これだけ集まるのも、琉球フェスティバルを除けばまず無いのではないか。

とにかく出演者が豪勢だった。

アンコールは2曲あって、2曲目は「豊年音頭」。

沖縄のアーティスト、あるいは一般の人でも共通するものがあって、その中の1つが「豊年音頭」。

ラストは「豊年音頭」でカチャーシー(ワイパー?)になるのでした。

| | コメント (0)

2014三鷹阿波踊り その3

Dsc02571a
りずむ連。

Dsc02572a
りずむ連。

Dsc02576a
新のんき連。

Dsc02578a
新のんき連。

Dsc02578a_2
新のんき連。

Dsc02581a
阿波踊り乱舞。

Dsc02590a
阿波踊り乱舞。

1週間前の高円寺阿波踊りほどの人ごみは無かったので、その分間近に見る事が出来ました。演舞も高円寺とは違った趣があるように感じました。

| | コメント (0)

2014三鷹阿波踊り その2

Dsc02550a
井之頭連。

Dsc02552a
南粋連。

Dsc02554a
南粋連。

Dsc02556a
むつみ連。

Dsc02560a
花道。

Dsc02565a
花道。

Dsc02568a
道志連。

| | コメント (0)

2014三鷹阿波踊り その1

よさこい in 府中は終わっても、まだ祭りは終わりません。

府中から三鷹に移動しました。

Dsc02504a
三鷹シルバー連。

Dsc02511a
飛粋連。

「ヤーッ」

Dsc02514a
飛粋連。

Dsc02515a
三鷹郵便局連。

Dsc02520a
おどりっこ連。

Dsc02526a
おどりっこ連。

Dsc02531a
富道連。

Dsc02535a
富道連。

Dsc02536a
銀座連。

Dsc02540a
銀座連。

Dsc02545a
銀座連。

| | コメント (0)

2014けやきフェスタ その7

Dsc02482a

Dsc02484a
優秀賞を受賞した國府よさこいの演舞。

Dsc02486a
ラストのよさこい総踊りです。

Dsc02488a
「WAになっておどろう」!

Dsc02490a
さぁ、踊ろう!

Dsc02495a

こうして「けやきフェスタ2014よさこい in 府中」は終を告げました。なんか、この祭り、地域性も感じられて楽しいなぁ。来年もまた楽しみです!

| | コメント (0)

2014けやきフェスタ その6

Dsc02457a
フラフの共演。

Dsc02455a
大國魂神社です。

Dsc02456a
奉納されている東京の地酒。

Dsc02459a

Dsc02462a
けやき並木通り会場では演舞が続いていました。

Dsc02465a
あんず飴。結構好きっすよ。

Dsc02466a
表彰式。

Dsc02467a
その瞬間を待つ踊り子たち。

Dsc02468a
受賞するとキャーΣ(゚∀゚ノ)ノキャー(≧∇≦*)


| | コメント (0)

2014けやきフェスタ その5

翌31日。この日、午前中はツーリング。午後からけやきフェスタに行きました。

だって、ビールが飲みたかったんだもん。スーパードライや一番搾りはいつでも飲めますが、地ビールはそうはいきません。また後で、と遠慮?したら未来永劫飲めなくなるかも。

ビール飲みたさにけやきフェスタに行ったのでした。

Dsc02407a
まずはお目当てのビール屋さんへ。

Dsc02410a
4種飲み比べっす!交互に飲むのでした。

Dsc02428a
更に「栗エール」っていう限定発売のビールも。

ほろ酔いになったところで大國魂神社ステージでの演舞を見てました。

Dsc02414a
上總童組。

Dsc02418a
お姉さんからインタビューを受けるオチビちゃん。チーム最年少で3歳か4歳。

Dsc02421a
花風舞喜セピア。

Dsc02424a
チーム龍舞隊稲城(TRI)。

Dsc02430a
國府よさこい。

Dsc02433a
上總組。

Dsc02437a
溝沼連合町内会「朝霞溝連」。

Dsc02439a
夢屋本舗。

Dsc02443a
トリを務めたRIKIOH。

Dsc02449a

Dsc02452a

| | コメント (0)

2014けやきフェスタ その4

Dsc02293a
夢屋本舗。

Dsc02299a
満天。

Dsc02304a
府中高校チーム隼。

府中高校からは3チーム出場していて、全員2年生がとの事。何人生徒がいるんだ?

Dsc02322a
酔夜叉。

Dsc02324a
魁星。

Dsc02340a
新選組REVO。

Dsc02351a
☆流星。

Dsc02392a
フラフの共演。

Dsc02402a
授賞式。

| | コメント (0)

2014けやきフェスタ その3

ここからは大國魂神社ステージでの演舞です。

Dsc02239a
チーム龍舞隊稲城(TRI).。

Dsc02246a
府中高校チーム破天荒。

Dsc02251a
若松小学校よさこい同好会。

Dsc02260a
世田谷笑in若林。

Dsc02263a
府中の森公園体操会。

Dsc02266a
府中高校えーじゃないか。

司会のお姉さんにインタビューを受ける生徒。お姉さんの勢いにちょっと戸惑い?この時にインタビューを受けるのは小学校チーム、高校生チーム、オチビちゃんが主でした。“大人の事情”があったようで、進行を急いでいたみたいでした。

Dsc02269a
RIKIOH。

Dsc02280a
少数ながら男性もいて、鮮やかながらダンティなファッションです。

小学校チームや高校生チームは男女比が半々位ですが、年齢が上がると圧倒的に女性が多くなります。楽しい事に関しては女性の方が圧倒的に貪欲なのでしょうか。

Dsc02284a
なるたか。

Dsc02287a
よさこい美ふじ。


| | コメント (4)

車体カバー更新

ST4sの車体カバーを更新しました。

従来のカバーは
P1290540
布製のカバー(暗くて分かり辛いですが)。

それ以前に使っていたカバーが水を通すようになり、更に風の強い日はバタバタと煽られるので塗装に宜しくない。そこで塗装に優しい布製のカバーにしたのです。

が、

布製だけあって結構なホコリを含んでしまうのです。

もう、カバーをかけるだけでホコリだらけになってしまうほど。

エアーでシュパシュパ吹いても、ゴシゴシ洗ってもやらないよりはマシ、といった程度。

ついに車体カバーを更新したのでした。

今までは庇の下に置いていたけど保管場所が変わり、屋内保管となった。

雨の心配は無くなった。風に煽られる事も無くなった。

そこでペラペラな安物でいいから車体カバーを新しいものに交換した。

P1290541
本当にペラペラで、イモビライザーランプが透けて見える。

ST4sは意外とミラーの幅が大きくて90センチ程ある。車体カバーを選ぶ時は車体サイズよりもワンサイズ大きいものを選ぶ必要がある。でないと使い物にならないかも。実際にGPZ1100に使っていたカバーをST4sにかけたらミラーがパンパン。結局は新しいカバーを購入した。今回、「4L」というサイズを選んだ。

2台持ちになった今、ST4sに乗る機会は半分。しかも最近は興味の幅が広がって、イベントやお祭りを見に行くようになった。バイクに乗るのはどうしても少なくなってしまいました。それでもST4sに乗ると、ドカティが自分の為に作ってくれたバイクのように思えるのです。

只今の走行距離62100km

| | コメント (0)

頂き物

近所の沖縄出身の方から「食べ切れないから」と頂きました。

P1290539
ゴーヤはポピュラーに売られるようになりましたが、ナーベラは珍しい。銀座・わしたショップにでも行かない限り滅多に見かけません。

| | コメント (0)

発見! その3

パーキングに入れたら、
P1290542
こんな表示がありました。

入れる前に教えてくれなくっちゃ。後から知っても嬉しくありません。

セリカのドアが開かず、場所を移動するハメに…。

| | コメント (0)

発見! その2

最近、気が付いたのですけど、

P1290534
工事の境界を示すコレ、いろんなバージョンがあるのに気が付きました。

沖縄ではエイサーバージョンがあったりで、写真を撮ってくればよかった。

| | コメント (0)

発見! その1

P1290536
通りすがりにおビール様heart発見\(^o^)/

P1290537
地ビールに目のない私、早速買い込んだ。

冷蔵庫にビールが唸っているなんて、

 し

    わ
  せ

| | コメント (0)

仕事帰りのプチ旅行 その4

柴又から移動しまして

Dsc02627a
JR亀有駅。

という事は?

Dsc02623a

Dsc02624a

Dsc02628a
両津勘吉巡査長像。

亀有駅に行ったのは初めてなんです。3体もあるとは知りませんでした。

Dsc02626a
亀有駅南口派出所。敢えて「派出所」と書きます。

| | コメント (2)

仕事帰りのプチ旅行 その3

Dsc02617a
鯉のあらいと鯉こく。

Dsc02616a
今月13日に「柴又宵祭り」があるよ。行けるかな?

Dsc02618a

Dsc02620a
夜の帝釈天参道。

| | コメント (0)

仕事帰りのプチ旅行 その2

Dsc02599a
お馴染みのセリフですね。

Dsc02602a
寅さんの似顔絵。

Dsc02600a
ほとんどのお店が閉まり、ガラ~ンとした帝釈天参道。

Dsc02601a
とらや。

Dsc02613a
ここはまだ営業中。

Dsc02609a
寅さんの名言集。

Dsc02603a
柴又帝釈天。

Dsc02604a
題経寺。

Dsc02605a
題経寺の登楼。

Dsc02607a
このおみくじがからくり人形みたいに獅子が動くのです。
左にある寅さんおみくじは「私、生まれも育ちも…」とお馴染みのナレーションが流れてました。

| | コメント (0)

仕事帰りのプチ旅行 その1

今日の仕事先は江戸川区。

熱き思いを胸に、密かに期するものがあった。

それは…

Dsc02591a
柴又に行こうっていう事。

何か?

仕事が終わった後に久し振りに行ってみたかったのです。役得っていうやつです(^_^;)

早めに終わった事をいい事に。ま、神様だけは許してくれる、よね?

Dsc02592a
永遠のスーパーヒーロー、車寅次郎先生像。

寅さんに憧れる人は多いはず。永遠の旅人ですね。今はどこを旅しているのでしょうか?

Dsc02595a
帝釈天参道。早いといっても5時半頃でしたのでほとんどのお店は閉まってました゚(゚´Д`゚)゚。

Dsc02596a
ハイカラ横丁。店内は昭和の香りプンプン漂う駄菓子屋さん。

Dsc02597a
こんなゲームをしたり、

Dsc02598a
テーブルゲームっすよぉ。ゼビウスしたり。腕が落ちたなぁ。

Dsc02614a
綿菓子。これはよくやったなぁ。

Dsc02615a
ガチャガチャもあったよ。

| | コメント (0)

小さな発見

昨日、仕事での通りすがりに見つけたものです。

P1290532
東京は国分寺市内にて。

東京といっても広く、様々な風景があります。しかし、まだまだ住宅密集地と言えるような国分寺市内で「ほたるのすむ川」があるとは意外でした。

P1290531
暗くて画像がよくわからないのですが、その分ホタルが見える、はず。ちょっと時期外れだったのか、キョロキョロ探してみてもホタルは見えませんでした。

茹だるような暑い日にホタルが舞っているのかもしれません。

| | コメント (2)

2014けやきフェスタ その2

Dsc02211a
まだまだトラックは続きます。

Dsc02213a
RIKIOH。衣装というかコスチュームというか、振り付け、円舞曲とも他の団体と一線を画し、妖艶な艶やかさを醸し出していました。よさこいを数多く見ているわけではありませんが、エイサーで言えば創作エイサーのような感じ。趣の違う演舞に懐かしさと新鮮さを感じました。

Dsc02220a
鮮やかな衣装を見ているだけでも楽しくなります。腰痛治療していた頃、黄色のセリカを見た先生が「そのような物は気分が違ってくる」というような事を言っていましたが、それを思い出しました。

Dsc02229a

Dsc02231a
なるたか。

Dsc02235a
けやき並木会場から大國魂神社ステージへと向かいます。

Dsc02243a
おぉ!ビールが売っているではありませんか。墨田区生まれ、女神のビール?という事は地ビール!飲みたい!でも、車。地団駄踏んで悔しくなりました。一旦帰宅して、再び電車で来るのならビールが飲めますが、そうするとかなり遅くなってしまう。車って(バイクもそうですが)、便利ですが不便もあります。ビールを見て痛感しました。

| | コメント (0)

2014けやきフェスタ その1

Dsc02210a

24日に原宿スーパーよさこいがあったのですが、会場に着いた時はほとんど終わりに近かった。

パンク修理という想定外のアクシデントに思わぬ時間を取られてしまった。

はっきり言おう、不完全燃焼です。

かくなる上は…。

探してみると30日、31日の2日間、府中でよさこいがあるではないか。そうだ、これを見に行こう。

ところが前日の29日は夜間の仕事。

帰宅して寝たのが5時近く。

実際はですねぇ、そんなに眠れないのですよ。

やっぱり連絡やら何やらで、普通だったのです。

しかも、遠い仕事先まで事前の下見。

その帰り道。神様だけは許してくれるさ。ということで府中に立ち寄ったのでした。

コインパーキングに車を止めてしばしzzz…

時間になると起き出してよさこいを見に行ったのでした。

けやき並木会場にて。
Dsc02196a
なぜトラックが?

Dsc02199a
なんと歌い手さんがいるではありませんか!

Dsc02198a
トラックに続いて踊り子たちが舞います。世田谷笑in若林の演舞。

Dsc02204a
府中の森公園体操会。

Dsc02207a
府中高校えーじゃないか。

| | コメント (0)

マイペース

30日と31日のけやきフェスタ、31日の三鷹阿波踊りの画像変換がようやく終わった。

画像を追っていくとその時の熱気が蘇ってくる。

ところがこの画像変換、去年の分から今年にかけてたんまり残っている。

いつでも出来ると思うといつまでもやらないものだと痛感。

“足跡”を残す事を目的としているブログだから、こちらも着々と進めていきたい。

全容量のうち90%を超えた今、あとどれくらい更新できるか。

3%程度の余裕を残して更新終了となるが、その“Xデー”に向けてマイペースながらも更新していきたい。

| | コメント (0)

初めて見た

今日、ST4sを引っ張り出して慣熟走行。

信号待ちで隣のバイクをフト見ると、なんと沖縄ナンバー。

車でたま~に見るけれど、バイクでは初めて。

ツーリング中では無かったので、転勤か何かで沖縄から持って来たのだろう。

| | コメント (0)

プチツーリング

8月31日の日曜日のことです。

ST4sと交互に乗るつもりですが、ステルビオを引っ張り出してプチツーリング。

しかし、不安もありました。

何せ14年ぶりのパンク修理。

果たして大丈夫か?

走行中に「ポン」したら、大事故になりかねない。

Dsc02405a
千葉県の流山道路にて。

雰囲気がなんとなく北海道に似ているのです。

北海道でよく見かける「HOMAC」のホームセンターもあったし。

なんちゃって北海道ツーリング。

フル装備で走った方がよかった?

タイヤは大丈夫みたいですね、今のところ

| | コメント (0)

一雨ごとに

今日から9月。そして雨。

今朝、天気予報を見ていると、なんと9月は6月よりも雨が多いとか。

言われてみればそうだと思うのですが、意外ですねぇ。

そして一雨ごとに涼しくなっていき、秋が深まります。

あぁ、夏が遠ざかっていく。

冬が来る前に もう一度あの人に 巡り会いたい

夏の思い出は出来ましたか?

| | コメント (2)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »