« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

甲子園、出場校決まる

高校野球、甲子園の出場校が決まりました。

この夏も熱いドラマが展開されるでしょう。


 す
  が、

それは選手の無理な負担によるものでなければと願うばかりです。

| | コメント (0)

“朝掃”ノススメ

私、匿名のブログだからこそ書けますが、整理整頓が苦手です、下手です。

それに、ピシッとキレイに片付けられているよりも、少しぐらい煩雑の方が人間的で温かみがあるじゃないですか(←サイテー)。

本棚に収容しきれない本が溢れています。

処分しようにも、それは出来ません。

以前、かなり処分したのですが、今となっては大後悔。

それに手元にあるということは意外と便利で、つい、そこら辺に置きっ放しになってしまいます。

ブログを書き終わった後で読もうと手にするのですが、1ページも読まないうちに夢の世界へ。

さて、最近の習慣として、朝、家を出る時に掃除するようになりました。

廊下に掃除機をかけたり、雑巾がけしたりするようになったのです。

時間的に大して出来ないのですが、これをほぼ毎日繰り返すようになりました。

前回はここ、今回はここ、その次は・・・、てな具合。

ちょっとずつですが、これを繰り返していると意外と片付いていくのに気が付きました。

それでは写真をアップしましょう、なんて事はしませんが。

これを休日にまとめてうやろうとするとどうでしょうか?

本、雑誌を読み更けてしまい、全く進まないのです。

それが平日の朝ならば、読もうという気が起きない、時間的に読めないので意外とはかどるのです。

知らず知らずの内にホコリが溜まっていきます。気が付くと、えっ、こんなに!

それをきれいにして家を出る。

ホンの僅かなんですよ、時間的に5分だけ掃除する。

結構、気持ちいいですね。

願わくば“無音掃除機”なんてものがあればいいなぁ。音楽を聴きながら1曲分だけ掃除する。

朝の掃除、“朝掃”。

みなさんもお試しあれ。

| | コメント (0)

ST4sのカウルをバラしました

今日は仕事が終わった後、ST4sを引っ張り出して、カウルをバラしました。

Dsc00077
これからカウルをバラします。

Dsc00078
カウルをバラしました。

Dsc00087
バラしたカウル類。

Dsc00084
取り外したボルトの数々。34本!

Dsc00080
各部を目視点検します。冷却水は漏れてない?

Dsc00083
あっ、ゴムが破損している。

Dsc00085
ナイロンバンドで、ま、いいかぁ。

Dsc00082
冷却水の量は適切ですが、

Dsc00092
アッパーレベルまで補充します。

Dsc00086
オイル量も適切ですが、

Dsc00091
これもアッパーレベルまで補充します。

Dsc00088
カウルをバラした一番の目的はバッテリーの点検のためです。ターミナルが緩んでないか、点検したかったのです。2年前に高速走行中にエンジンストップしたことがありました。その事をブログに書き込み、ありがたくもコメントを頂きました。アースがおかしいのではというコメントでしたが、ST4sのアースがどこにあるのかわからない。そこでバッテリーから辿ればわかるのではないかと考え、カウルを外し、バッテリーを露出させたのです。すると、どうでしょう。ターミナルが緩んでいるではありませんか。確実にターミナルを増し締めしてその後の経緯を見ると、エンジンストップはありませんでした。距離の経過、時間の経過から判断してエンジンストップの原因はターミナルの緩みにあると判断しました。

高速走行中のエンジンストップ。それは恐怖としか言いようがありません。ST4sはデスモドロミックエンジンを搭載しているので、まだ良かったのだと思います。普通の4ストロークエンジンであれば、エンジンストップと共に前方に投げ出されていたかもしれません。

そんな恐怖は真っ平御免というわけで、時間のある今日、カウルをバラして点検してみました。

うん、大丈夫。しっかりと固定されている。

ST4sは自分で出来そうなメンテナンスは意外ととやり易いのですが、バッテリーの点検、交換は最低でも右側のカウルを外さないといけないので面倒臭い。バイク屋さんから裏技的な方法を教わっているのですが、それなりの工具が必要な事とカウルを破損させそうなのでやはりカウルを外しています。

取り外したボルトにCRCを吹き付けてからネジ山の汚れを取りました。今度はカウルを取り付けます。

アッパーカウルの取り付けが面倒です。知恵の輪的要素を必要とします。ウィンカーソケットの取り付けも慎重を要します。爪が折れやすいので無理は禁物、要注意です。

完成後の写真を撮るのを忘れました。

取り外しに30分、取り付けに1時間。脱着にトータル5時間かかっていた初期と比べ、我ながら良く上達したものです。

カウルの取り付けにウェルナットを多用しているST4s。たまにはカウルを外してボルトとウェルナットの固着を防ぐのもST4sでは意外と大切なメンテナンス。これが固着して供回りしてしまうと外すだけで何時間もかかったりして、泣きたくなります。

| | コメント (0)

原風景

今日は迷い込んだ街角にこんな風景に出会いました。

P1290469

小さい時の記憶にある風景、そのままなのです。

こんな風景が残っていたとは意外でした。

砂利道は舗装路に、かつての肝試しコースが普通の道になった現在、当時の面影はほとんど残ってません。

今日は意外なスポットを発見したのでした。

| | コメント (0)

2008新宿エイサーまつり その9

216a
トリを務めるのは沖縄からやって来た那覇太鼓です。

220a
那覇太鼓、渾身の演舞。

224a

225a

232a

236a

238a

240a

245a
とにかく動きが激しくて、フラッシュ無しではまともな写真は撮れません。

247a
演舞もよかったけど、笑顔もよかった。

249a
カチャーシー大会の始まり~。

250a
観客も笑顔、(´∀`*) (´∀`)

こうして「2008新宿エイサーまつり」は終わったのですが、その後どうしても沖縄に行きたくなりました。本場の雰囲気を味わいたい。そしてとうとう、「夏祭り in 那覇」を見に行ってしまったのです。

| | コメント (0)

2008新宿エイサーまつり その8

192a
ここで再び旗頭の演舞です。時間短縮の為か、去年の新宿エイサーまつりから旗頭の演舞が無くなってしまい、残念でなりません。

195a
町田 琉の地謠。

198a
町田 琉の演舞。

200a
観客も見入ってます。

201a
昨日の事でさえ覚えてなかったりするのに、こうしてアップしているだけでもこの時の記憶が蘇ってきます。

202a
創作エイサー隊炎舞太鼓。

204a
創作エイサー隊炎舞太鼓の炎舞。

215a
カチャーシー大会。

まだまだ、新宿エイサーまつりは続きます!

| | コメント (0)

2008新宿エイサーまつり その7

147a

148a
旗頭のメンバーが琉球空手を披露しました。

154a
新風エイサー。

158a
新風エイサーの地謠。

161a
こうしてアップしているだけでも当時の熱気が蘇ってきます。

163a

164a
今度は旗頭のメンバーが棒術を披露しました。

165a
温故知新。

172a
琉球國祭り太鼓の登場です。

176a
獅子も登場します。

179a
琉球國祭り太鼓の演舞。

182a
これは「ミルクムナリ」だったかな。

184a
これは何だったけなぁ。ちなみにフラッシュは使いません。演舞している方への配慮です。その為に暗くなるとどうしてもブレた写真になってしまいます。

| | コメント (0)

2008新宿エイサーまつり その6

120a
場所をシネシティ前に移動して、沖縄からやって来た糸満市米須青年会。

124a
糸満市米須青年会の地謠。

121a
糸満市米須青年会の演舞。

122a
糸満市米須青年会。翌2009年に沖縄本島をツーリングした時に糸満市米須に行きました。地下ダムのある所です。ここの青年会が新宿に来たのだと感慨深く思ったものです。

129a
旗頭の演舞。この日、初めて見るものでした。旗頭を腰に結んだ帯に乗せて上下に動かすのです。かなりきわどく下げる人もいて驚きました。

134a
美ら星エイサー。

135a
美ら星エイサーの地謠。

138a
美ら星エイサーの演舞。

139a
美ら星エイサーのちょんだらー。


| | コメント (0)

2008新宿エイサーまつり その5

094a
エイサーかりゆし会。

096a
エイサーかりゆし会の演舞。

101a
江戸川琉心。

102a
メイク、ばっちりです。

104a
こちらも決まってますねぇ、カッコイイ。

106a
この子もばっちりです。

108a
江戸川琉心の演舞。

109a
妖精のように漂い?ながら盛り上げて行きます。


| | コメント (0)

2008新宿エイサーまつり その4

050a
とんとんみ~。

054a
真剣な演舞。

062a
とんとんみ~のちょんだらー。

064a
琉球國祭り太鼓。

創作エイサーの団体なのですが、この時まで創作エイサーなど全く知りませんでした。
沖縄から団体が来て演舞しているのかなと思っていたのですが、東京にある団体が演舞しているとは!
東京にエイサーを演舞する団体があることすら知らなかったのですから、創作エイサーがあるとは思いもしませんでした。インパクトは大きく、写真をパチパチ撮ってました。

066a
「イーヤッ」の掛け声から演舞が始まりました。

070a
琉球國祭り太鼓の演舞。演舞曲は確か「かりゆしの夜」。

077a
これは「ミルクムナリ」だったかなぁ。多分、演舞の型からしてそうだと思います。

079a
なんと獅子が登場!

082a
なんと子供をパクリ!食べられた?子供は大喜び。

085a

091a
ずっと演舞に見入ってました。

| | コメント (0)

2008新宿エイサーまつり その3

021a
イーストビル前にて、横田西多摩エイサー太鼓。

023a
横田西多摩エイサー太鼓の演舞。

024a
横田西多摩エイサー太鼓の地謠。

027a
ちょんだらーの見事な演舞。

019a
オチビちゃんも演舞していて、それはそれは微笑ましいものでした。観客も微笑んでますね。

028a
イーストビル前にて、上石神井琉球エイサー会。

033a
なんと地謠が8人います。

040a
この子は暑さで参ちゃったようでした。

039a
こんなかわいいオチビちゃんもいました。この時の最年少?

049a
年齢が幅広い団体です。

047a
上石神井琉球エイサー会「唐船どーい」。

| | コメント (0)

2008新宿エイサーまつり その2

新宿に着いたのは3時前でした。オープニングには間に合わなかった。
太鼓の音がドンドン鳴り響いていて、それは久しく忘れていた音でした。

002a
アルタ前にて、てぃだエイサー。

004a
てぃだエイサーの旗。外気温32度。

005a
新宿高野前、心~くくる~。

009a
旗頭です。初めて見るものでした。チンクの独特のリズムが、また文化を感じさせたものです。時間短縮の為か、この旗頭は去年の新宿エイサーまつりから見られなくなってしまいました。

012a
新宿高野前、用賀小学校。
6年が経っていますから、当時の6年生は今は高校3年生になってます。

016a
伊勢丹前、再び心~くくる~。

017a
沖縄に行きたい!そんな思いをくすぐられる広告でした。

| | コメント (0)

7月29日の朝を迎えました

昨日の仕事はとてもややこしくて、出来ることならやりたくなかった。

ヤダなぁ、やりたくない

こんな事をずーっと思っていた。

直前になってもアイデアは思い浮かばず…。

部材が不足してしまうとどうしようもない。

もしかしたら…という物はアレもコレもとかき集めていた。

滅多に使わないものでも無いと困る。

少しでも必要と思われるものは準備していた。

休憩も返上して悪戦苦闘の連続。

終わった時は「ホッ」の一言。

片っ端からかき集めた部材は、結局は1つも使わず…。

昨夜はバタンQで寝入ってしまった。

P1290467
悪戦苦闘の証。

今朝はなんと清々しい事か!

| | コメント (0)

2008新宿エイサーまつり その1

このブログは2008年5月25日に開設しました。

ところが過去記事を遡ってみると「2008新宿エイサーまつり」の記事が無いのです。

いや、よく見るとあるのですが、カテゴリーは「日記・コラム・つぶやき」。2008年7月の過去記事の中に埋もれております。

残り容量が少なくなり、更新が終了する“Xデー”もそろそろ。

そこで改めて当時の記憶を元に書いてみようと思いました。

初めてエイサーを見たのは1999年の夏。名護市青年エイサー祭りでした。

その頃は「日本1周」を目指し、GW、夏休みをフルに使って全国を駆け巡っていたのでした。それもようやく終盤になり、残す所は沖縄本島と柏崎~新潟。そこで1999年の夏、鹿児島からGPZ1100共々琉球海運「ぷりんせすおきなわ」に乗って沖縄本島を1周すべく、沖縄に渡ったのです。

そこである宿に3連泊したのですが、そこの宿泊者にエイサーの研究をしている方がいたのです。その人はしきりにエイサーはいいよ、いいよと薦めるのです。ところがその頃は走る事、それだけに夢中で伝統芸能などほとんど興味ありませんでした。もちろん、エイサーなんて何の事だかさっぱり。その方は研究しているだけに練習から見に行っている程熱心で、とにかくしきりに薦めるのです。熱意に動かされて、それほどまでに薦めるのならと予定を変更して名護で1泊する事にして見に行ったのが「第10回名護市青年エイサー祭り」でした。

438
第10回名護市青年エイサー祭り。

439_2
アルバムの写真を撮ったのでこのように写ってしまいましたが、古我知青年会の演舞。

「2000年沖縄サミット開催」とあります。時代を感じるようになりました。

440

442

443

441

もう、見てビックリです。こうだったとは!会場で(名護市21世紀の森)その方と会ったのですが、よかったですねぇっと。以来、また見てみたいと思うようになりました。

ところがこのインパクトが強烈過ぎてエイサーとは沖縄のその時にならないと見られないものと思い込んでしまったのです。

2002年の夏、今度は沖縄の島「全島制覇(定期航路のある島だけです)」を目指して再びGPZ1100共々沖縄に来たのですが日時が合わず、練習を見ただけでした。

6_627
安和青年会の練習風景。

(今にして思えばこの年から新宿でエイサーまつりが開催されるようになったのですが、知りませんでした。)

そして月日は流れ2008年7月26日。その日の朝、たまたま検索していたら新宿でエイサーまつりが開催されるのを知ったのです!東京でエイサーだなんて、ビックリです!誰がやるの?

その日は土曜日で、うちらの業界では当たり前に仕事downどうしても見たい!そこで午後から無理に休んで新宿まで見に行ったのでした。

001a

新宿に沖縄がやって来た!


| | コメント (0)

2014新宿エイサーまつり その10

N-5会場、旧コマ劇場前広場での最後の演舞は新風エイサーです。

不思議なもので新宿エイサーまつりでは特定の団体の演舞を何度も見る事が多いのです。

もちろん、何度見てもいい。今回は新風エイサーでした。

Dsc00029a
新風エイサー、最後の演舞の始まりです。

Dsc00031a
若い団体だけあってか、とにかくヘーシに張りがあって耳にキンキンに響きます。

Dsc00037a
切れ味も抜群!

Dsc00039a
手踊りの動きもしなやかで綺麗なんです。

Dsc00041a
「WAになっておどろう」、そのものですね。

Dsc00044a
最後の演舞「唐船どーい」。この日、何度聴いた事か。何度聴いてもいいです。
唐船どーいよ永遠なれ、と聴き入ってました。終わってしまうのが寂しい!

しかし、まだまだ終わりません!最後はやっぱりカチャーシー大会。

Dsc00055a
笑顔。

Dsc00057a
ヽ(*´∀`)ノ

Dsc00058a
(´∀`*)

Dsc00060a
笑顔のカチャーシー大会でした。そして…

Dsc00062a
歌舞伎町の組合長さん(だったかな?)の挨拶で「2014新宿エイサーまつり」は終了したのでした。

終わってしまうとあっという間に片付けられてしまうんですね、余韻も残らない程。エイサーまつり?そんなのあったんですか、てな具合。
ストリートを通り抜ける風に秋を感じ、ポカ~ンとなるのでした。

夏風や
 まつり終われば
  秋の風

| | コメント (0)

2014新宿エイサーまつり その9

コマ劇場前広場って、どこだっけ?

地図見ても、あぁ、わかんねぇ。

歌舞伎町に来たなんて久し振り。1年振りよ。

っていう事は去年の新宿エイサーまつり以来。

耳を澄ませて、とにかく太鼓のする方へと歩いて行きました。

Dsc00020a
方南エイサーむるち組の演舞は終了してしまって、なんくるエイサーの演舞からです。

Dsc00026a
四の五の書きません。

Dsc00009a
とにかく笑顔。

Dsc00022a
笑顔、笑顔なのでした。

| | コメント (0)

2014新宿エイサーまつり その8

Dsc09973a
昇龍祭太鼓。

Dsc09976a
新宿エイサーまつり、最後の演舞になるので更にヒートアップ!

Dsc09982a
跳ぶ。
 
Dsc09987a
跳ぶ。
腰痛、膝痛に悩まされている身には見るだけで痛くなりそうです。足袋履いて、硬いアスファルトやコンクリートの上で飛び跳ねるなんて、とても怖いのです。

それにしてもダイナミックな演舞を披露します。

Dsc09996a
熱さがビンビンに伝わってきます。

Dsc00004a
最後はやっぱりカチャーシー大会。もう、スマホで動画なんて撮ってられません!もちろん参加しました。

N-3会場、モア4番街での演舞はこれで終了してしまいましたが、新宿エイサーまつりはまだ続いています。最後の演舞場N-5会場、旧コマ劇場前広場へ急げ!


| | コメント (0)

2014新宿エイサーまつり その7

Dsc09926a
5番目は方南エイサーむるち組みの登場です。

Dsc09927a
初めて見る団体ですが、

Dsc09926a_2
この団体も動きが激しかった。
特に足の動きに注目してますが、相当な体力が無いとついていけません。

Dsc09944a
どの団体もそうですが、笑顔が最高なのです。日頃、つい笑顔を忘れがちになりますが、エイサーまつりで思い出すのです。笑顔は伝染しますね。

Dsc09949a
観客も一緒にヽ(*´∀`)ノ

N-3会場、モア4番街でトリを務めるのは昇龍祭太鼓。
Dsc09954a
獅子が隠れてます。ハテ、何が起こるのか?

Dsc09958a
にゃんと獅子(獅子ってネコ?イヌ?それともイノシシ?)の口から炎が、じゃなくてガスがシューっと出てくるではありませんか。

Dsc09961a
これには見ている観客もびっくりで、(≧∇≦)/

Dsc09964a
観客を驚かせてご満悦の獅子ちゃん。

Dsc09968a
オコチャマをガブリ。

| | コメント (0)

2014新宿エイサーまつり その6

Dsc09865a
3番目は横田西多摩エイサー太鼓の登場です。

Dsc09875a
日が落ちつつあって涼しくはなりますが、エイサーは更にヒートアップ!

Dsc09878a
ちょんだらーも活躍します。

Dsc09882a
夢中で見入ってました。

Dsc09887a
観客も交えてカチャーシー大会。この時スマホで動画撮っていて、手が離せなかったのです。

Dsc09892a
4番目は創作エイサー隊炎舞太鼓です。

Dsc09895a
創作エイサー隊炎舞太鼓。

Dsc09898a
動きが、

Dsc09900a
激しくて、

Dsc09904a
飛んだり、


Dsc09912a
跳ねたり、

Dsc09906a
とにかく、

Dsc09916a
演舞、いや炎舞でしたね、が、

Dsc09919a
ダイナミックなのでした。

| | コメント (0)

2014新宿エイサーまつり その5

夜の部はN-3会場、モア4番街で演舞を見てました。

Dsc09814a
第1番目は心~くくる~です。

Dsc09817a

Dsc09823a
イーヤッ

ヘーシが聞こえてくるかのよう。

Dsc09830a
夜の部になると一層熱を帯びてきます。

Dsc09839a
上石神井琉球エイサー会の地謠。

Dsc09840a
上石神井琉球エイサー会。

Dsc09849a
上石神井琉球エイサー会。

Dsc09854a
上石神井琉球エイサー会。

Dsc09857a
唐船どーい さんてーまん いっさんはーえー

なんて聴こえてくるかのよう。

Dsc09860a
上石神井琉球エイサー会のちょんだらー。ハレの舞台。

| | コメント (0)

2014新宿エイサーまつり その4

Dsc09736a_2
新風エイサー。

Dsc09741a
新風エイサー。

プログラムによりますと大学生を中心に幅広い年齢のメンバーが…とあります。ここで見る限りは若い人がほとんどでヘーシ(掛け声)にも張りがあって、耳にキンキンに響くのでした。

Dsc09747a
切れ味も抜群!

Dsc09752a
心~くくる~。エイサーに心を奪われた女性だけの団体です。

Dsc09761a
女性でも勇ましい。

Dsc09765a
「かりゆしの夜」演舞中。

Dsc09776a
横田西多摩エイサー太鼓。

Dsc09780a
横田西多摩エイサー太鼓のちょんだらー。初めて新宿エイサーまつりを見た2008年(2009年を除く)からずーっと見ています。

Dsc09792a
こうして静止画を見ているだけでも太鼓の音が耳に響いてきます。不親切なブログではありますが…。

この横田西多摩エイサー太鼓の演舞をもってD-4会場、伊勢丹前での演舞は終了しました。

しかし、他の会場ではまだドンドン太鼓が鳴り響き、演舞が続いています。急げ!

Dsc09796a
D-2会場、新宿高野前にて。町田遊星。

Dsc09797a
人だかりの中、必死で背伸びして見ていました。

こうして昼の部の演舞は終了し、交通規制も解除されました。沖縄料理店で腹ごしらえをして夜の部に備えます。

Dsc09803a
お店に展示してあった琉装のキューピーちゃん。

| | コメント (0)

2014新宿エイサーまつり その3

Dsc09694a
成田エイサー美ら海会の地謠。大世帯です。

Dsc09699a
成田エイサー美ら海会の獅子。

Dsc09700a
子供をパクリ!

Dsc09706a
成田エイサー美ら海会のちょんだらー。

Dsc09709a
仕草が飼い主に甘えるネコみたい。

Dsc09710a
成田エイサー美ら海会の旗。

Dsc09715a
一般の人も飛び込みで参加!そういう雰囲気があるのです。

Dsc09717a
最後の演舞曲「唐船どーい」。回りながらジャンプしているのです。エイサーは動きが激しい。

Dsc09722a
園田エイサー・美ら桐朋。

Dsc09728a
園田エイサー・美ら桐朋。

| | コメント (0)

2014新宿エイサーまつり その2

Dsc09656a
ようがエイサー。

Dsc09661a
用賀小学校のチームです。一生懸命に演舞しています。

演舞曲は「ミルクムナリ」。

「夏祭り in 那覇」では「にわかエイサー踊り隊」というのがあって、観光客でも国際通りを舞台に踊れるのです。その円舞曲が「ミルクムナリ」。琉球國祭り太鼓さんからの指導を受けるのですが、「にわか」といえどもすぐには覚えられませんでした。指導された方を見ながら演舞?していたものです。

Dsc09670a
D-4会場、伊勢丹前に場所を移動しました。以来、ここでの演舞が終了するまでずーっと見ていたのです。

写真はエイサーかりゆし会。

Dsc09673a
この写真を撮った時は確か「唐船どーい」だったと思います。例外はありますが、唐船どーいが最後の演舞曲になる団体が多いです。何度も聴くことになりますが、全く飽きません。

Dsc09676a
昇龍祭太鼓。

Dsc09681a
獅子が登場しました。

Dsc09685a
昇龍祭太鼓。暑さをもろともしない演舞。

Dsc09687a
昇龍祭太鼓。表情もいいですねぇ。

| | コメント (0)

2014新宿エイサーまつり その1

今年で13回目を迎えた「新宿エイサーまつり」。という事は2002年から始まったんですね。

2008年になるまで全然知りませんでした。それ以降、毎年、2009年はほぼ終了近く、何とか行くようにしています。

Dsc09623a

さて今年も、何とか行きました。だけど仕事の都合でオープニングには間に合いませんでした。後ろめたい事も確かにあるのですが、こうでもしないと行く事が出来ません。急いで新宿に向かったものの、13時半を過ぎてしまいました。

Dsc09630a
“熱気計”は36度を示しています。もっともっと上がりそうな予感。

Dsc09625a
アルタ前のD-1会場にて。新風(あらかじ)エイサーの演舞。

Dsc09628a
この日は新風エイサーの演舞を見る事が多かった。夜の部のの旧コマ劇場前広場、N-5会場でのラスト演舞も新風エイサーでした。

Dsc09632a
新風エイサーの地謠。
団体によっては地謠を擁しているのも多く、独特の声色を披露してくれます。

Dsc09641a
なんくるエイサー。

Dsc09643a
なんくるエイサーの演舞。

Dsc09646a
なんくるエイサーは沖縄の那覇太鼓から指導を受けて2010年に設立した団体。

Dsc09653a
だから演舞が似てるんですね。2008年に初めて新宿エイサーまつりに来て(この時まで東京でエイサー祭りがあるとは知りませんでした)、夜のコマ劇場前広場で那覇太鼓の演舞を見ていたのですが、よかったなぁ、特に笑顔がよかった。今でも印象に残っています。

Eisa81
2008年7月26日、コマ劇場前広場にて、那覇太鼓。

Eisa78
那覇太鼓の演舞。なんくるエイサーに遺伝してますね。

| | コメント (0)

バイク屋さんに電話する

昨日、バイク屋さんに電話してステルビオの修理状況を聞いてみた。

が、原因が掴められないらしい。

お店のお客さんで他にオーナーさんがいるようで、そのステルビオと比べるという表現はチト変だけど、そのステルビオを参照して原因を追求しているみたい。

まだまだ時間がかかりそうだ。

| | コメント (0)

2014第43回神楽坂祭 その2

Dsc09578a
天狗連。

Dsc09579a
天狗連。

Dsc09582a
志留波阿連。

Dsc09597a
創作舞踊集団 寳船。

Dsc09598a
この団体の演舞を見るのが楽しみでした。

Dsc09606a
とにかく動きが激しい。

Dsc09612a
この演舞では立ち位置が悪く、後ろ向きに見たのですが。それでもよかったなぁ。

Dsc09618a
創作舞踊集団 寳船。今年で創立20年。

Dsc09620a
20周年記念公演がこの秋にあるので楽しみです。

| | コメント (0)

2014第43回神楽坂祭り その1

この時期、頭ン中は

     祭
    祭祭
   祭祭祭
  祭祭祭祭
 祭祭祭祭祭
 祭祭祭祭祭祭
  祭祭祭祭祭
   祭祭祭祭
    祭祭祭
     祭祭
      祭

形は歪ながらもこーなっています。

さて、昨夜は神楽坂祭り。

お祭り自体は23、24日のほうづき市から始まり、25、26日と阿波踊りが続くのです。

そこで昨夜は神楽坂まで行って阿波踊りを見に行ったのでした。

昨夜の神楽坂や熱い夜でした。

Dsc09510a
いろは連。

Dsc09512a
ひょっとこ連。

Dsc09526a
菊水連。

Dsc09530a
郵便局連。

このように職場有志で参加している連もありました。かなり、羨ましい。

Dsc09536a
第一勧信連のハッピ。銀行らしく、招き猫です。しかもゴールド。

Dsc09545a
飛鳥連。

Dsc09557a
つつじ連。

新宿区役所の連。仕事が終わってから練習しているんだろうなぁ。自分の仕事環境ではありえないだけに、この様なものは羨ましいです。

Dsc09562a
かぐら連。

Dsc09568a
かぐら連。

| | コメント (0)

たくましさ

Dsc09480
昨日、仕事中に気が付いて撮った写真です。

こんなところにと、生命のたくましさを感じました。

| | コメント (0)

第8回よさこい祭り in 光が丘公園 その3

Dsc09392a
遊人。

Dsc09397a
遊人。

Dsc09402a
粋。

Dsc09403a
粋。

Dsc09411a
音鳴會。

Dsc09415a
音鳴會。

Dsc09425a
最終日、ラスト演舞。高知県知事賞を取った「ぞっこん町田’98」の演舞です。

Dsc09426a
ぞっこん町田’98。

Dsc09433a
ぞっこん町田’98。

Dsc09435a
ぞっこん町田’98。

Dsc09443a
よさこい総踊り。なんと観客もステージに上がって踊るのです。エイサー祭りで言えば「カチャーシー大会」みたいなもの。まさか、よさこい祭りでこのようなものがあるとは思いもしませんでした。

Dsc09446a
写真は撮れなかったのですが、隣同士が手を繋いで輪になって、それが幾つも出来る様子はまるで長野オリンピックの「WAになっておどろう」でした。ここは東京、隣の人は何する人ぞ、そんな感じも常にあるのですが、このような場面に出会うとは全く予想もしてませんでした。一瞬、小学校の時の「マイムマイム」を思い浮かべました。いくつもの輪が出来るのを見ると、もう感動。想像もしてませんでしたから。ここしばらくは頭の中で「WAになっておどろう」が鳴り響いています。

| | コメント (0)

第8回よさこい祭り in 光が丘公園 その2

Dsc09331a
おどりんちゅ。


Dsc09342a
夜さ来い夏舞輝~乱~。

Dsc09348a
東京よさこい なな丸隊

Dsc09357a
風来坊。

ここからは賞を取った団体の演舞です。

Dsc09364a
響。

Dsc09366a
響。

Dsc09370a
おどりんちゅ。

Dsc09374a
おどりんちゅ。

Dsc09379a
百物語。

Dsc09385a
百物語。

| | コメント (0)

第8回よさこい祭り in 光が丘公園 その1

東京は練馬区・光が丘公園で19日から21まで「よさこい祭り」が開催されてました。
そこで最終日の21日に見に行ったのです。

Dsc09289a

じつのところ、よさこい祭りはあまり見た事がありません。「原宿スーパーよさこい」、「ふるさと祭り東京」で見ただけなのです。「原宿スーパーよさこい」は8月の下旬に行われるもので、8月下旬といえども東京は暑い。暑さ故にすぐに帰ってしまったのでした。「ふるさと祭り東京」ではお祭り会場で見ていました。どちらかというと書きにくいのですが、パフォーマンスショーという感じも無きにしも非ず。だからといって興味を持たないのは損。せっかく開催されてるんだし、時間もなんとかなる(この日は仕事だった)。そこで見に行ったのです。

Dsc09286a
朝霞鳴子一族め組。

Dsc09293a
朝霞翔舞。

Dsc09291a
朝霞翔舞。

Dsc09295a
風来坊。

Dsc09296a
鳴子光が丘。

Dsc09300a
響。

Dsc09303a
EDEN。

Dsc09311a
Summer Zipper。

Dsc09318a
踊乱會。

Dsc09322a
Azuki。

いやはや、各団体で趣向が全然違うのは驚きました。

| | コメント (0)

2014中野チャンプルーフェスタ その9

しかし、「中野チャンプルーフェスタ」はまだまだ続いております。

今度はサンプラザメインステージに移動したのでした。

Dsc09265a
寿。

Dsc09267a
1回目から連続して出場しているそうです。

Dsc09272a
10回出場してまだ2回しか歌ってない曲、なんだったけなぁ?坂本九さんの「上を向いて歩こう」をより自然体にした歌詞で歌ったのでした。

涙が こぼれても いいじゃない
歩いて 歩いて 一人ぼっちじゃない夜

Dsc09275a
閉会式。雨が本降りとなってしまいました。

今年の「中野チャンプルーフェスタ」は内容が濃過ぎて、体が1つだけでは全然足りませんでした。大満足感を抱いて中野を後にしたのでした。

| | コメント (0)

2014中野チャンプルーフェスタ その8

Dsc09215a_2
中野コラボ。

Dsc09220a
中野打越太鼓とエイサーの団体が合同で演舞するのです。

Dsc09222a
雨が降り出したので太鼓にビニールを被せたりと準備がありましたが演舞が始まりました。

Dsc09226a
中野打越太鼓。

Dsc09229a
太鼓という共通のものがあるからでしょうか、絶妙にマッチしていてよかったです。

Dsc09234a
「東京音頭」もあって、あっ、そうだ、一昨年もあったっけと思い出しました。

Dsc09235a
こんな写真を見るだけでも太鼓の音がドンドン聴こえてくるようです。

Dsc09245a
ビートパークのラストはやっぱり大カチャーシー大会。

Dsc09248a
この日、何度「唐船どーい」を聴いたことか?

Dsc09250a
良いものは何度聴いても良い!「唐船どーい」よ、永遠なれ、そんな感じになりました。
ビートパークでの演舞はこれにて終了です。

Dsc09257a_2
最後にビートパークで記念撮影。手を振っているのがカメラマン。来年のパンフレットに載るのかな?

| | コメント (0)

2014中野チャンプルーフェスタ その7

Dsc09162a
サンプラザメインステージにてMatios。

どちらかというとこの日はビートーパークで見ていました。

Dsc09171a
沖縄市久保田青年会の演舞の前に、東京にエイサーを伝えた新城氏の演舞。これが実にコミカルな動きで見ているだけでも楽しかったです。

Dsc09172a
この才能の僅かでもいいから欲しいです。新城氏と一緒に踊っている方は久保田青年会の会長。

Dsc09185a
沖縄市久保田青年会の演舞。新城氏も一緒に演舞。

Dsc09189a
熱がこもっていて、いいですねぇ。

Dsc09191a
中野区エイサー連合会。

Dsc09194a
中野区にある5つほどの団体が合同で演舞しているそうです。

Dsc09203a
中野区エイサー連合会。

Dsc09209a
中野区エイサー連合会。

Dsc09213a
中野区エイサー連合会。

| | コメント (0)

久しぶりに

昨日の事になってしまいましたが、久しぶりにとあるお店に行きました。

ここはとても“濃い”お店なのです。

今年、初めてですね。誘われていたけど、時間が合わなかったのです。

久しぶりに行ったら電車、乗り過ごしちゃった。

楽しい時間を過ごしました。

Dsc09458a

Dsc09452a

Dsc09470a

ここでも「WAになっておどろう」になりました。

汗、たっぷり。

| | コメント (2)

旅立ち

幼虫はどうなった?

昨日の事になってしまいましたが、朝の連絡やら準備やらでゴタゴタしていた時に前の日の事を思い出しました。

花壇を探す事、しばし。

P1290452a
無事、羽化して旅立ったようです。

長い間、地中で暮らしてようやく地表に出て来たセミ。今頃は青春全開で鳴いていることでしょう。

| | コメント (0)

2014中野チャンプルーフェスタ その6

Dsc09107a
再び町田 琉の演舞です。

Dsc09110a
同じ団体の演舞を2回見る事になりました。2回も見ても…という感じもありますが、どちらかというと2回目の演舞の方がより一層熱がこもっていると感じることが多いのです。フォーメーションが1回目と異なっている事もありますし。おそらくは、最後の演舞 という思いがそうさせるのだと思うのです。だったら2回目の演舞を見ればいいじゃんとなりますが、1回目の演舞を見るからこそ2回目の演舞が更によく感じるものです。

Dsc09113a
町田 琉、渾身の演舞。

Dsc09125a
横田西多摩エイサー太鼓。

Dsc09126a
横田西多摩エイサー太鼓の地謠。

Dsc09129a
横田西多摩エイサー太鼓の演舞。

Dsc09133a
横田西多摩エイサー太鼓のちょんだら~。

Dsc09136a
琉球舞団 昇龍祭太鼓。

Dsc09142a
琉球舞団 昇龍祭太鼓。

Dsc09152a
琉球舞団 昇龍祭太鼓。

Dsc09159a
激しい演舞です。

| | コメント (0)

おや!?

今日、仕事が終わってやれやれと思っていたら、蠢くものを見つけました。

P1290451a
一瞬、ゴキ?(だって色も似ているし…)と思いましたが、よく見ると、なんとセミの幼虫でした。

長い間地中にいて、ようやく出てきたら迷い込んでしまったようです。

蠢くセミの幼虫は初めて見ました。

このままではいけませんので、花壇に移しました。

明日には羽化して、「ミーンミンミンミンミーン」と奏でるのでしょうか。

梅雨もようやく明けました。

これからは暑い日が続きます。

| | コメント (0)

2014中野チャンプルーフェスタ その5

サンプラザメインステージに移動したものの、太鼓がドンドンするとやはり…、ビートパークへと行ってしまうのでした。

Dsc09082a
桜風エイサー琉球風車。

Dsc09085a
桜風エイサー琉球風車の演舞。かなりの大所帯です。

Dsc09086a
地謠も4名。

Dsc09087a
演舞も圧巻です。

Dsc09092a
こちらは異色?の団体、高円寺びっくり連。沖縄系のイベントですが、阿波踊りもまたいいものです。

Dsc09094a
阿波踊りもまたいいものです、前日も見たけれど。

Dsc09096a
高円寺びっくり連の演舞。

Dsc09103a
高円寺びっくり連。

| | コメント (0)

2014中野チャンプルーフェスタ その4

Dsc09056a
東京世田谷和光青年会。

Dsc09058a
和光青年会の演舞。

Dsc09061a
様々にフォーメーションが変化していきます。

Dsc09060a
暑いので水分補給は欠かせません。

Dsc09068a
和光青年会「唐船どーい」。

Dsc09069a
ソトラマアンサンブル。

Dsc09077a
西アフリカの打楽器「ジェンベ」を用いた演奏です(プログラムより)。

Dsc09080a
スタローズ。

| | コメント (0)

2014中野チャンプルーフェスタ その3

Dsc09016a
いわき市郷土芸能じゃんがら念仏踊り。

Dsc09018a
エイサーの起源とされているみたいです。
これを知ったのは帰宅してからでしたが、確かに似ているものがあると感じます。

しかし、道路を挟んだビートパーク会場からは太鼓がドンドン聴こえてくるといてもたってもいられず、そちらに行ってしまいました。あぁ、体が2つ欲しい!

Dsc09019a
無弦鼓。

Dsc09021a
無弦鼓の地謠。

Dsc09022a
無弦鼓の演舞。

Dsc09028a
なんと赤ちゃんをおぶって演舞している人もいて、これにはビックリ!

オチビちゃんがお母さんの側を離れなくて、裾に捕まりながら一緒に演舞?するのは「夏祭り in 那覇」でも時に見かけます。がしかし、赤ちゃんをおぶって演舞しているのは初めて見ました。「夏祭り in 那覇」でさえも未だに見た事がありません。
この赤ちゃん、ぐずるわけでもなく泣き喚くわけでもなく、お母さんに揺られて気持ちよさそう。今まではオチビちゃんからお年寄りまでと言ってましたが、これからは赤ちゃんからお年寄りまでと表現しましょう。このように幅広い年代で楽しめるのが沖縄系イベントの良さです。ライブでは大抵は「未就学児のご入場はご遠慮下さい」と注意がありますが、沖縄系のイベントではむしろ楽しくなる要素です。

Dsc09034a
沖縄からやって来た沖縄市久保田青年会です。

Dsc09040a
沖縄市久保田青年会の地謠。

Dsc09037a
沖縄市久保田青年会の演舞。

Dsc09051a
沖縄市久保田青年会「唐船どーい」。

| | コメント (0)

第8回よさこい祭り in 光が丘公園~アップの前に~

夏祭り3連発

19日は新座阿波踊り(徳島)。
20日は中野チャンプルーフェスタ(沖縄)。
21日はよさこい祭り(高知)。

Dsc09289a

今日は東京は練馬区・光が丘公園で19日から開催されていた「よさこい祭り in 光が丘公園」に行ってきました。

Dsc09348a

じつのところ、よさこいはあまり見た事がありません。「ふるさと祭り東京」とか、「原宿スーパーよさこい」(この時は暑くてすぐ帰ってしまった…)で見た程度なのです。本格的に見たのは今日が初めてなのでした。

Dsc09286a

各団体で趣向が全然違っていて、エイサーに例えるなら「創作エイサー」と感じました。高知県知事賞を取った「ぞっこん町田'98」の演舞は圧巻でした。

Dsc09306a

このよさこい祭り、見るだけかと思ったら違ってました。ラストの「よさこい総踊り」では観客もステージに上がって踊るんです。このテのセンスは、もう泣きたくなるほど無くて、全ては“ワイパー”になってしまいます。ま、いいっかぁっとステージへ。見よう見まねで手足を動かすのでした。

Dsc09318a

知らない者同士が手を繋いで輪になって、それが幾つも出来る様子は長野オリンピックの「WAになっておどろう」みたいでした。

Dsc09328a

東京でこんな事があるなんて、感動しました。

Dsc09443a

この3日間で徳島、沖縄、高知と駆け巡りました。

| | コメント (0)

2014中野チャンプルーフェスタ その2

Dsc08949a
サンプラザメインステージに移動しまして、こちらはHalau Le'ale'a O Mana'olana(なんて読むんだ?)のフラダンスです。

Dsc08959a
上地流空手道宗家直系東京修武館の空手演舞。
武道っていうのは不思議です。小さい子でもキリリっと引き締まった顔をするのです。

Dsc08965a
迫力があって、

Dsc08979a
勇ましく、

Dsc08974a
切れ味抜群!

Dsc08993a
これは何て言うのかな、十手みたいなもの。中国の…というアナウンスでした。

Dsc08996a
組手?組み技?

Dsc09000a
空手は相手を倒すことではなく、相手の戦意を喪失させるのが真髄との事。

Dsc09003a
櫂。

Dsc09004a
鎌。

Dsc09008a
長年の修練の結果、こんなことも。

Dsc09010a
切れ味抜群の技を披露してくれました。

Dsc09011a
空手で熱くなった体をハイビスカスビアで冷やし?ます。

| | コメント (0)

2014中野チャンプルーフェスタ その1

昨日は「中野チャンプルーフェスタ」に行ってきました。これは19日、20日と2日間開催されていたイベント。沖縄好きには欠かせないものです。そこで20日の昨日、見に行ったのです。そういえば、去年は見に行ってません。過去ログを見て思い出したのですが、確か去年は「琉球フェスティバル」と重なってしまったので、「中野チャンプルーフェスタ」には行かれなかったのでした。

Dsc08918a
JR中野駅から。早くも気分をそそられます。

Dsc08919a
プログラムをもらいました。今年で10回目なんですね。2005年の第1回目は知らなかったのです。う~ん、もったいない。

Dsc09122a
プログラムを開いてびっくり!スケジュールがびっしりです。しかも今年はサンプラザメインステージとビートパークの2会場で同時に開催され、これをどう見ろと?
2つの会場で同時に見る事など不可能で、常日頃、体が2つ欲しいと思っている私ですが(1つは遊び用、もう1つは仕事用、仕事用はクローンで365日24時間年中無休の労働用。すり減ったら新しいのに交換)、昨日ほど体が2つ欲しいと強く思った事はありません。
両方見たいが体は1つ。どうしようかなと悩むのでした。

Dsc08921a
エイサー好きな私、太鼓がドンドンするとたまりません。そこでビートパークで主に見ることにして、その合間にサンプラザメインステージで見ることにしたのです。

Dsc08923a
エイサー団体「町田 琉」の演舞からビートパークでのスケジュールは始まりました。

Dsc08926a
町田 琉の演舞。

Dsc08931a
これは最後の演舞曲、「唐船どーい」を演舞しているところです。

Dsc08932a
太鼓の勇壮さと、手踊りのしなやかさが合わさっていい感じになります。

Dsc08936a
上石神井琉球エイサー会。

Dsc08938a
上石神井琉球エイサー会の地謠。1~4名ほど地謠がいる団体があって、見事な声色を奏でます。

Dsc08944a
上石神井琉球エイサー会。

Dsc08946a
後方で一緒に踊っている人もいますね。その気持ち、わかります。

| | コメント (2)

2014 第32回新座阿波踊り大会 その3

それでもお囃子が聞こえるので、その方向へと歩きます。

Dsc08906a
ファイナルに向けて盛り上がってます。

よく見るとこぶし連、久米川連、新座志木中央病院連と3つほどの連が合同で演舞していました。

Dsc08909a
芸達者な観客も混じって演舞。そうなってしまう雰囲気があるのです。高円寺阿波踊りでは警官に止められてましたが。

Dsc08911a
新座志木中央総合病院連。

Dsc08913a
久米川連。

Dsc08914a
新座志木中央総合病院連のお囃子。ファイナルに向かってGO!

Dsc08916a
9時ちょうど、第32回新座阿波踊り大会が終了しました。

今年はあいにくの雨。その為か帰ってしまった連もあったみたいでストリートは間が空き、観客も少なめ。だけどその分、阿波踊りが間近に見ることが出来ました。

これからは各地で開催されますね。

| | コメント (0)

2014 第32回新座阿波踊り大会 その2

Dsc08871a
堀ノ内病院連。

Dsc08875a
こぶし連。

Dsc08880a
新座志木中央総合病院連。

Dsc08883a
女華夢連。

雨の中、ちびっ子も一生懸命演舞しています。

Dsc08886a
女華夢連。

8時を過ぎると雨は止みましたが、フト気付くと演舞している連が見えなくて、お囃子も聞こえない。もしかしたら中止?

それじゃ帰ろうかなと思い始めた頃、演舞する連が現れました。

Dsc08895a
亀甲連。

人数が少なくなってしまって、オチビちゃんは帰ってしまったのでしょう。雨の中では風邪をひきそうだし。
見ている人も去年と比べると少ないのですが、その分よく見る事が出来ました。

Dsc08897a
亀甲連。

Dsc08903a
ヤットサー、の掛け声で亀甲連の演舞が終了しました。

| | コメント (0)

2014 第32回新座阿波踊り大会 その1

昨日の事です。

さて、今年も行ってきました新座阿波踊り大会。

阿波踊り。

夏の風物詩ですね。

阿波踊りを見て、日頃の鬱憤を晴らそう!

この頃最近は、気の滅入ることばかりで参っているんです。
あんな事や、こんな事。何考えているかさえわからなくなりそう。

ま、こんな事はあっちに置いといて、とにかく行ってみよう!

Dsc08847
東武東上線志木駅南口を下りると雨でした。

お囃子も聞こえない。もしかしたら中止?

それでも実際に見て確かめるべく、南口の通りを歩くのでした。

Dsc08851
大丈夫、やってました。

Dsc08852
むさし葵連の粋な演舞。

Dsc08856
北浦和阿呆連。

Dsc08859
かかし連。

Dsc08863a
亀甲連。

Dsc08864a
立教大学野球部連。

| | コメント (0)

沖縄から案内がやって来た

今日、帰宅すると郵便物がありました。

Dsc08846a

金武鍾乳洞をご存知でしょうか。

沖縄本島は金武町、金武観音寺の中にある鍾乳洞です。

そこにMy泡盛様heartが長期熟成中でありまして。

その蔵出しの日が近づいたという案内なのです。

蔵出しもO.K。費用を払えば更に長期熟成も可能です。

目下、考え中。

どうしようかな?

初めて沖縄をツーリングしてから10年、10年前とほぼ同じコースを辿ったツーリングでした。2009年の夏です。

224a
2009年夏、沖縄ツーリング中の1コマ。

向こうに見えるのは浜比嘉大橋です。

138a
金武鍾乳洞の入口です。

139a
では、入ってみましょう。

140a
恵比寿様がお出迎え。

141a
照明があっても、中は暗いのです。

146a
鍾乳洞ですから鍾乳石があります。

150a
こちらも鍾乳石。

151a
各人の思いを込めて、長期熟成中の泡盛様。

155a
鍾乳洞内は泡盛の香りに満たされているのです。

157a
こちらはドーンと熟成中です。

161a
長期熟成される泡盛様はこれかどうかはわかりませんが(パンプレットを見ればわかるが、引っ張り出すのが大変なのです)、伝統の技法で作られている泡盛ですね。

※2009年当時は営業時間中であれば金武鍾乳洞に入れました。現在は11時、14時、15時30分の3回のみ。尚、10名以上であれば随時入場可能との事。現在の入場料はわかりませんが、2009年当時は大人1人400円位だったと思います。

| | コメント (2)

今夜のライブ~空色のメロディ~

今夜は川口キャバリーノでライブ。

Dsc08841a

Dsc08842a

きっかけは先日の日曜日、東京は池袋で洸美さんのストリートライブを聴いたから。

その澄んだ歌声につい立ち止まってしまった。

その時は風邪をひいていてイマイチ体調が宜しくなく、しかも耳がよく聞こえない時。それでも、あっ、これは、と思うものがあった。この時聴いた曲は「夜来香(イエライシャン)」。

チラシをもらったので今夜のライブを知ったのです。

ちょっと、行ってみようかな。ストリートライブは時間がある時に聴いているが、間が空いてしまうと忘却の彼方へと行ってしまう。これはもったいない。

幸いにも、今日も比較的早く帰宅できそうだった。楽しい事は先にやろう!昨夜の内に予約しておいた。

今夜のライブはワンマンライブではなくて、4人のアーティストによるもの。愛羅、武村麻実、、洸美、伊藤さくら(敬称略)。いずれも女性で、観客は男性ばかり。ものすごいバランス!まぁ、性別や年齢は関係ありません。

芸能などにものすごく疎い私、何れのアーティストも初めての方ばかりなのでした。

風邪からかなりまで回復して、それに伴って昨日、今日と耳が“開通”した感じで聴力がかなり回復した。歌声を聞くと耳がキィーンとなるのでした。

愛羅さんは長野県出身、武村麻実さんは徳島県出身、伊藤さくらさんは…、ちょっとわからない。洸美さんは台湾出身。洸美さんが台湾にいた頃の情景を思い浮かべた歌がなかなか。トークもファンタスティック。ミュージカル俳優の発声に近いものがあるように思えた。

今までライブといえば沖縄系が圧倒的、実際に楽しいし。これからはジャンルを増やしていきたい。


| | コメント (0)

朝霞駐屯地納涼祭

今日は陸上自衛隊朝霞駐屯地納涼祭。

比較的早く帰宅できたので2年振りに行くことができた。

Dsc08804a
隊門です。今日は夕方から一般開放です。

Dsc08805a
駐屯地に入るには持ち物チェックとボディチェックがありました。写真はチェックの後。

Dsc08808a
りっくんランドの野外展示車両。

Dsc08810a
これはオコチャマに人気でした。大人でも楽しそうです。

Dsc08811a
微光暗視装置体験コーナー。

体験しようと早速、並んだのです。

が…、

待てども待てどもなかなか進まないのです。そのうち太鼓の音がドンドン響いてきて、いてもたってもいられなくなり、とうとう諦めました。

駐屯地内は人、人、人でした。ビールこそ何とか買うことが出来ましたが、焼きそば、いか焼きなど盆踊りならでは?のものは、長時間並ばざるを得ないので買えませんでした。納涼祭は8時半までです。

Dsc08813a
太鼓がドンドン。

Dsc08815a
和光音頭っス。これがあると、夏だなぁって。

Dsc08826a
納涼祭のフィナーレは花火です。演習地から打ち上げているようでした。

| | コメント (2)

諸刃の剣

今日はテレビで、ちょこっと見たんだけどね、スマホ云々って放送していた。

小学生や中学生がスマホを持って、まぁそれにハマって、長時間使うことによって寝不足やら、あるいは仲間内から疎外されてしまうとか、使い方を考えましょうというような番組。

今はスマホ、ちょっと前はケータイ、かなり前はバイク、これも時代の流れですかねぇ。

スマホの悪癖が…というのであれば、スマホを買わない、持たない、使わせない。簡単なことじゃないか、“スマホ三ない運動”を全国のPTAで展開すれば万事解決!

ま、こんな事やると進歩というものを知りませんと口外しているようなもの。

便利なものは便利な分だけ使い方を誤るととんでもない事になる。

不思議なのはどうしてこういう手間を惜しむのだろう。それで何かあるとすぐ禁止。

それならば中高年の登山を禁止しましょう。

中高年は(山に)行かせない、(山を)見せない、(山で)歩かせない。

こうなれば中高年の登山事故は0になりますね。

こんな低レベルな論調はさておいて。

カメラはグッと身近になりました。もはや、体の一部。

メディアも大容量になって、感覚的には枚数無制限。

ちょっと何かあるとすぐにカシャカシャ。

そんな光景は普通になって、普通になり過ぎて少しも驚かない。

そんなカメラももしかしたら賞が取れるかも知れない。その反面、刑務所行きになるかも知れない。

これとて、使い方なのです。

便利なものは便利なもので、スマホ、拡大解釈すればケータイがこれだけ普及したのは便利だから。ましてや家族割だとか、大人たちが子供に使わせようとしているじゃないか、かなり矛盾。

便利だけど使い方次第ではこうなりますよと教えないと、よしと思えた時点で与える。便利なものは諸刃の剣、なんでもそうかもしれません。

| | コメント (0)

沖縄物産市

今日は関越道は上り線、三芳P.Aで「サマーフェスタ沖縄物産市」が開催されていた。

たまたま、三芳P.Aに立ち寄ったのだけど、しっかりと沖縄気分を味わってきた。

ネーネーズの「平和の琉歌」を聴いたら気分は「夏まつり in 那覇」、国際通りへと吹っ飛んでしまった。

これからの季節、沖縄が熱くなります。

| | コメント (0)

両車合わせて

ブログといえでも一種の記録です、少なくてもこのブログは。

さて今日は、過去記事を見てみた。

ステルビオとST4s、両車合わせてこの1年で6000km、チョット欠ける距離を走っている。

少、少、少ないなぁ。

もっといっぱい走って、いろんな風景を見たいもんだ。

| | コメント (0)

積極的休養

風邪が治らないのは体が疲れているせいかもしれない。

暑さとハードワークでグロッキーなもの事実。

こういう時は家でゴロゴロしているのが1番と思われるが、積極的に出かけたほうがかえって疲れがとれるかも。

そこで、昨日はチョットお出かけ。

Dsc08791a
“ネコふれあいセンター”に行ってきました。

Dsc08794a
こうしてシッポを持ち上げるとピクッピクッと動かすんです。

Dsc08796a
肉球プニュプニュ。

Dsc08801a
ちょうどおやつタイムの時間に当たりましたので、おやつをあげます。

Dsc08802a
おいしかったようで満足そうなニャンちゃん。

もう、癒されまくりです。


でも昨日はどこに行っても、バスに乗っても電車に乗ってもお店に入ってもエアコンが効き過ぎている感じで寒かった。以前のようにガンガンエアコンをかける事はさすがに無くなりましたが、長時間エアコンに当たってしまうと寒くてたまりません。風邪、未だに治らず。

| | コメント (0)

風邪、治らず

風邪が治りません。

喉の痛みはかなりなくなりましたが、声は相変わらず変です。

耳もよく聞こえない。

咳が出ると止まりませんな。

今日はとうとう腰に来た。

痛~ン

咳、くしゃみという奴は結構侮れないのです。

派手にやってしまうと腰にビシッ!となるかもしれません。

現になったことがある。

びろうな話だが鼻水も止まらない。テッシュはある分だけ使い切ってしまった。

こんなコンディションでも仕事は厳しい。

天気に左右される仕事。

予定が立たない。

ゲリラ的に推し進めているが、あらかじめ予定を教えて欲しいと要望されても、それに答えられない。

「天気がずっと晴れだと仮定するならば」

「この時期は予定が立てられません」

などと言っている。

「台風、どこに行っちゃったんだろうね」

今朝、子供連れで通りかかったお母さんおセリフ。

週間天気予報では今日は風雨が強く、荒れる予定だったんだけど、見事にハズレ。

天気予報もアテにならないなぁ。不思議に思うのは気象予報士が出演しているのだからオリジナルの予報を出してもいいのでは?気象庁では雨の予報ですが、私は快晴です。見事に当てたらスーパー予報士、外れたらインチキ予想士。詐欺で刑務所行きになったりして。

冗談はさておいて、梅雨のこの時期はホトホト困ってしまいます。

困っている事といえば、例のアレかなぁ。私、今となってはそんな気は全然無いのです。ようやくにしてやりたい事がちょっぴりと出来るようになったのだから、それを邁進していきたい。

| | コメント (2)

話が違う

天気に左右される仕事なので梅雨の時期はまるで予定が立たない。

ましてや台風が接近中の今日、終始ヒヤヒヤ。

風に煽られた上、いつ降り出すかわからない雨に不安がいっぱい。

僅かな風でもばかにならないのです。過去にはアウディに直撃…、しそうになった。心臓止まったよ。

しかも今日は!メルセデス・おベンツ様のすぐ近く!

ひぇー!

話が違う!

おベンツ様は移動してるって言ってたじゃない!

おベンツ様の上に部材をぶちまけたらどうしよう?

見るからに高そうなおベンツ様。

こんなおベンツ様、見たことないし…。

私、“車難の相”があるのです。

やれホコリが被っただの、傷付いただの、車に関しては何かとトラブルが多い。

修理代を負担したこともあった。ボディ、凸凹のトラックなのに。

車に関してはどの人も容赦なく攻撃してくる。外国みたいに車は足というわけにはいかないのだろう。

だから車にはかなり神経質になるのです。

しかも、この時期。雨だからと順延してしまうと滞ってしまう。

風邪が一向に治らないのも全身ずぶ濡れになっている為。

理想は安静、現実は…。

現実を直視して涙せよ、といったところか。

風邪が治らずフラフラ状態の中、おベンツ様を傷付けませんようにと祈るような気分でした。


| | コメント (0)

7月9日を迎えて その4

8月に大同窓会が開催されて、その時の色紙、写真を持って先生宅に訪れたのが9月下旬。

女子もいると賑やかなもので「何だか面影が蘇ってきたぞ」。

更には「写真でも撮ろうではないか」と持って来たカメラでパチリ。

その写真をカメラ屋さんでプリントアウト。何とそこのご主人、先生をご存知だった。

「最近来られていないからどうしているかなあっと思ってました」

「先生は今、病気で。週3回透析しています」

「そうですか。それで、ですか」

そこのご主人、最近同窓会が泊まりであり、当時の先生も94歳とご高齢ながら参加された。

その時の写真を見せてもらいながら、

「この先生はね、レッドバージで生徒の身代わりになって辞めさせられて、その後は…」と語るのでした。

写真を持って再び訪問。先生が望むのなら口下手ながらお話し相手になろうと思っていたのですが、「追い出すようで悪いのだけど具合が悪くなるといけないから」と奥さんに促されて1時間ほどで辞去。

「まぁ、いいではないか」と引き止めようとされたのですが、水物の接収を控えさせる様子も伺えたのでそのまま辞去したのです。私とて、具合を悪くされるのは本意ではありません。その際に「こっちに来たらまた来ますね」と楽しみを持ってもらおうと言ったのですが、これがお会いした最後となりました。

翌年の5月にお電話したものの、繋がらず。不審に思って訪問したものの留守。近所の奥さんに聞いてみると特に変わった様子はない。更にその奥さんの旦那さんが先生の生徒だったと聞かされてビックリ。最初に勤務した高校の生徒さんということでした。その奥さんに言付けを頼み、透析日を挟んだ翌日に電話して、「元気にしております」。たまたま留守の時に電話したようです。しかし、結果的にこれがお声を聞いた最後となりました。

9月に訪問しようと電話したものの、会わせられる状態ではない事。そんなに具合が悪いのなら検査しましょうと医者が勧めても拒んでいる。とただならぬ様子。

翌年の3月(去年の3月)に電話すると、頭はしっかりしている。頑張ってバスに乗って病院に通っている。春になって暖かくなれば体調も良くなるのではないかと奥さんは涙声。

梅雨が明けてそろそろお電話をと思っていた矢先、とうとう訃報が伝えられた。それは先生宅を訪れた7月9日、その日なのでした。奇しくも、としか言いようがありません。今はただ、先生のご冥福を祈るのです。

| | コメント (0)

7月9日を迎えて その3

在学中はどうしようもない生徒でしたから知る由も無かった事も、この時の訪問で知りました。

お父さんも先生で、勤務した学校は1校のみ。ヒラの教師から校長まで上り詰めた。今は1つの学校に勤務できるのは10年までだが、その昔はこのような事も出来たそうです。

お兄さんが陸軍少尉で台湾から沖縄に向かている途中、輸送船が撃沈されて戦死している事。

そういえばこんな事がありました。入学して間もない頃、保健体育の先生が教室に入ってきたものの「起立、気をつけ、礼」をやらないので不審に思い、ルーム長(級長)になぜこのクラスはやらないんだと問いた事がありました。「(担任の)先生が軍隊みたいで嫌だと言うから」。あぁ、こういう事があったんだ。

お兄さんが戦死したことで家を継ぐ人がいなくなり、呼び戻された。お父さんの退職と同時にその学校に赴任したのが教師生活の第1歩。それから○○○○高校、○○高校と勤務して最後の勤務校が○○○高校。

○○○高校では学級担任は持たなかったが教師生活も晩年になり最後に担任を持ったのが我々のクラス。

話の途中で奥さんも加わり、「他の高校の生徒さんで訪れてくる人はいるけれど、○○○高校の生徒さんはさっぱり。お父さんの教え方が悪かったのかしらねぇ」

と言われしまって、これには言葉が出ませんでした。もしかしたら自分達が先生宅を訪れた第1号でしょうか?

2時間のつもりがお昼ご飯まで頂いて3時間になりました。

かつての生徒が訪ねてきたのが嬉しかったのか、時折涙ぐんでいるのかなという目をされていたのがきになりました。

結局、同窓会にお誘いする事は出来ませんでした。先生宅を辞する時、「○○○高校在学中はお世話になりました。ありがとうございました」と言うのが精一杯でした。

| | コメント (0)

7月9日を迎えて その2

この時一緒に行った同級生は在学中に1番仲がよかった。それでも10年振りの再会なのだから、どのような高校時代だったか想像に難くない。

今日は時計をチラチラ見て、この時間は先生宅に向かっていた時間だった、場所がわからず聞き込みしてたっけ、「あそこの赤いトタン屋根の家」と指差して教えてもらったけど、「赤いトタン屋根の家」がたくさんあってイマイチよくわからない。尋ねる事4回目にしてようやくわかったのがこの時間だった。なんて思いながら時計を見てました。

玄関先でピンポ~ンして先生と対面(卒業後2回目だった)。

長らくのご無沙汰を詫びると共に「先生が同窓会に来られないと聞いて残念に思い、やって来ました」

電話では私の事はあまり覚えておられませんでしたが対面すると「君は、少し大きくなったのではないか」と言われ、少しは記憶に残っていたようです。

卒業アルバムを広げて受け持ちだったかつての生徒の写真を見ても「さぁ、わからねぇなぁ」。記憶に残っている生徒は4名ほどだったでしょうか。

でも、ショックを受けたりはしません。逆の立場だったらやはりそうだと思うのです。

「退職して23年が経ってしまって、どうしても記憶が薄くなってしまって。うんと叱ったとか、そういう生徒なら覚えているのだが」と言ってましたね。そういうものだと思います。良男クン良子チャンよりも悪男クン悪子チャンの方が記憶に残るもの。

先生宅を訪れたもう1つの目的は同窓会に参加して頂こうというもの。でもこれは断念しました。健康上の理由で他校のそれにも失礼していると聞かされては口に出せなかったのです。今にして思えばお体は参加できなくても声は参加出来たはず。ボイスレコーダーを持っていけば同窓会の会場で披露できたのに。思いの至らなさに悔やみます。

| | コメント (0)

7月9日を迎えて その1

3年前の今日、7月9日は高校時代の先生宅を訪れた日でした。

その年の8月に同窓会があって、しかも全クラスが合同で行う大規模なもの。しかも当時の担任の先生も来られる。ところがうちのクラスだけ先生が来られないのでした。

病気で体調がすぐれないので来られないと知ったのです。

同窓会に参加するに当たっては随分と悩みました。というのも当時よく言われた言葉、三無主義とも五無主義とも地で行くような生徒だったからです。懐かしい話に花が咲くよりも、会話が続かず針の筵になる確率の方が高い。今更の感が強かったのです。幹事さん(他クラスの人だった)のプッシュでついに参加を表明。その際にそれを知ったのです。

透析している事、ガンで前年に胃を半分切除した事を知って驚いたのでした。

同窓会の開催をクラス幹事も連絡した。

もしかしたらこれが最後のチャンスかもしれない…。

そのような事も脳裏に浮かび、会いに行こうと思い立ったのでした。

前日に電話したものの私の事はあまり記憶に無い様子。言われてみればそのような生徒もいたような。

「覚えておられますでしょうか?」

「さぁ、○○さんはたくさんおられますし、どの○○さんだが…」

この時点では元生徒を名乗る得体の知れない人物(私の苗字はその地域では珍しくない)。

「急で申し訳ないのですが、明日お伺いしてもよろしいでしょうか」

「あ、いいですよ。何時頃来られますか」

と応諾して頂いたのも耳に新しい。

そして翌日、3年前の今日、かつての同級生を誘って先生宅にお伺いしたのでした。

| | コメント (0)

時間は財産

このブログはある意味、“裏サイト”であります。

その証拠として友人、知人にはほとんど教えてません。

開設して2年位は年賀状にURLを入れてましたが、今では入れてません。

アクセスした形跡も無さそうでした。それでもたまにもしかしたらあの人かなと思われるアクセスもありましたが、今年の2月からココログのアクセス解析が変更になってしまい、それもわからなくなりました。集客率アップを狙うブログであれば今のアクセス解析がいいと思うのですが、それを望めない、望まない個人の楽しみとしてモチベーション維持の為ならかつてのアクセス解析の方がよかったです。

いつもの時間にいつもの人がアクセスしてくれている。ブックマークが増えた。この人は前にコメントをくれた人だ、コメントは無くてもアクセスしてくれているんだな。書き続けているうちに移り変わりはありますが、そのような事が「生ログ」を遡るとわかったのです。変更になってしまった今となってはアクセス解析もあまりやらなくなりました。

友人、知人に教えないのも、書きたい事が書けなくなる恐れがあるから。仕事サボって皇居を見学してましたなんて事も書きますからとても教えられません。それがバレた暁には…、あや恐ろしや。
それに、やはり本音というものが出てしまうものです。偽ってはそうは書けません。それこそネタがすぐに枯渇します。聖人君子には程遠く、八方美人的にも書けません。ふ~ん、そんな風に思ってるんだァ、なんてあらぬ誤解も招き兼ねません。愚痴も書けばボヤキも書く。普段は言えない事も書きますからやっぱり、ネ。書くネタが無くなる事よりも、書きたい事が書けなくなるのを恐れます。

自分のやっている事なんて、大した事ないです。誰にも簡単に苦もなく出来る事ばかり。1泊2日で沖縄に行ったとか、札幌まで日帰りした(今年の「札幌雪まつり」がそうでした)とか、むしろ口外するのが恥ずかしくなる事ばかり、あまりにも時間無さ過ぎで。口外したらしたで、「そんな事やらない」でチョン。だよね、行くのなら最低でも2泊3日。ブログを書き始めて7年。その間、2泊3日で行動した記録はほとんど無い。これほどバイク・車が好きで、あっちこっち行くのが好きなのに。あるライブ(今年の3月)で、行って帰って来るまで6時間半、往復500km。喉元まで出かかりましたが、飲み込みました。非合法手段を用いたからこそ可能な事。とてもじゃないが、話せませんでした。書いてて情けなくなります、もっと何とかならんのかと。昭和30年代ならまだしも、今や平成も26年。進歩というものを知らんのかと。

さてさて前置きが長くおかしな方向に行ってしまいました。今チョット困った事が起きてます。匿名のブログといえどもそれは何かは書けませんが。もちろん、興味が無いという訳では無いのです。ただ、今まで自分から時間を奪ってきた本人から言われてもハイそうですか、それではと受け入れられないのです。この期に及んでそんな事言うなんて、何を言わんや。承諾もなしに強引に話を進められてもお前はダメ人間と人格を否定されているみたいで、気分も宜しくない。

若い内は時間も大切だ、将来もある。せめてカレンダー通りの時間は必要だと時間を奪う事をしないでいたのにかかわらず今日を迎えてしまったというのなら話もわかるのです。ところが若いんだからとカレンダー通りの時間なんて夢で見る夢。散々時間を奪った挙句、この期に及んでそんな事言うとはとてもではありませんが受け入れられないのです。私、月月火水木金金と仕事するための動物ではありません。そういう事は、まずは足元を固めてから発展するもの。周囲は遥か先に行ってしまって地平線の彼方に見えなくなってしまった。今頃になってようやくスタートラインに立てた感じ。遅ればせながらようやくスタートラインに立った今、そんな事言われても受け入れられんのです。物事には順序があるぞ、と。

| | コメント (0)

風邪を引きました

なぁ~んか今日は喉が痛くて声がガラガラ。

喉の痛みが耳まで達している感じ。節々も痛い。

今日は電話で「○○さんだよね?」と言われてしまった。

声がおかしい。

この時期の風邪っちゅう奴は厄介です。

冬なら暖かくして安静にですが、今の時期は熱い(暑い?)か寒いかのどちらかで中間がない。

具合の悪い時は安静にして養生をといきたいのだけど、現実にはそうもいかない。

風邪引いただと?仕事して治せというのが現実なのよ。

昨日、休日返上したおかげで今日は残業も無く楽が出来ているのだが、風邪引く予定で休日返上したわけでもなく、まさに想定外。

もっともブログなんか更新してどうよだけど、習慣になってしまっているものはどうしようもない。ブログの敵、眠気も感じないし。もっとも、今まで寝ていたのだけど。

Dsc08716
熱は下がったからまぁまぁかなぁ。

喉にルゴール付けているけど涙目になって苦しい。嚥下反応っていう奴か。

| | コメント (2)

ST4s 62000km

今日、仕事の後(休日返上しました)、ST4sを乗り回した。

そしてついに、オドメーターが62000kmに達しました。

P1290396

最近感じる事は、ST4sの水温計に狂いが生じているのではないかという事。

マニュアルによれば106度で電動ファンが回るとある。自分のST4sは108度でファンが回り始めたが、2度位ならと気にしないでした。

ところが最近は111度に達しないとファンが回らない。

どうも水温の設定に狂いが出来きた感じ。

だからといって気にするほどの事もないだろうが、精神上よろしくありません。

只今の走行距離62004km

| | コメント (2)

サンバーが戻って来た

先週金曜日の夕方、サンバーが戻って来た。

P1290370
リアのパネルが交換となりました。

電柱にぶつけたという自損なら我慢するところだけど、事故だからねぇ。

それにしても修理が早かった。まだまだ部品は大丈夫。

これから段々枯渇していくんだろうなぁ。

| | コメント (2)

痛車がやって来た

昨日、事故で修理するサンバーの代車がやって来た。

やっぱりなと思ってやって来た代車は、
P1290344
こーゆー車だった。

P1290345a
前から見ると

P1290346a
後ろから見れば

昭和の香りプンプンするフレーズにセンスにファッション。

運転していると、ジロジロ見られます。

| | コメント (2)

署防消輪高

昨日、東京は高輪に行ったんです(仕事で)。

何と
P1290342a
クラシック消防車を発見!

その奥で現役の消防隊員が訓練していました。

P1290341a
右から左へと読む古い読み方。

現役の消防署として今尚使われている建物です。

P1290340a
案内には昭和8年に竣工して…、とありました。80年以上使われている建物です。

P1290343a
てっぺんにある望楼は昭和46年まで使われていたとの事。周りに高層ビルが立ち並ぶようになって見通しが効かなくなり、役目を終えたのだと思います。竣工当時の風景を思い浮かべるのでした。

| | コメント (0)

連絡が来る

昨日はバイク屋さんから7時近くに連絡が来た。

連絡が来た時はまだ仕事中でバタバタしていた時(事故って遅れた分、取り戻さないと)。

申し訳ないのですが、「明日にして下さい」と言ってしまった。

しかし、翌日と翌々日はお休みとの事。

ステルビオはハーネスの1部と、サービスキャンペーンでセンタースタンドが交換になるという事だった。

部品が入荷するまで2週間掛かるらしい。

バタバタしていた時で、どこを交換するのか、今までのセンタースタンドにどんな不具合があってどこが改良されたのかは聞き及んでない。

それはさておいて、帰宅後に「ステルビオ センタースタンド」で検索すると、“どこかのブログ”がヒットした。う~ん、これはちょっと役に立たないなぁ。もっと調べようとしたけど眠くてダメ。やめた。表に出てこない情報なのでしょうか?

| | コメント (2)

事故

昨日はサンバーを運転していたら、

ドン!

後ろから追突されてしまった。(>_<)

「前、見てました?」

幸いにもサンバーのダメージは少なくて、むしろ追突した相手の車のダメージが大きかった。

P1290309a
パット見、どこが凹んでいるのかわかりません。

P1290310a
しゃがんで横から片目を瞑って見ると、エンジンカバーというか、エンジンゲートというか、まぁそういうものが歪んでいました。灯火類には破損がありません。荷台から飛び出して物を積んでいたので、それが“クラッシャルゾーン”の役目を果たしたようです。

相手の車は軽バンで、むしろ凹み具合が大きかった。

この位だし、打ち合わせに間に合わないし…。

別に、いっかぁ、そんな考えも浮かんだ。

でも…、

「事故は事故ですから、警察呼んで下さい」

ほどなく警官がやって来て、事故処理。

結局、打ち合わせは延期になり、事故処理が終わった後、引き返した。

わざわざ追突されるために行ったようなものになってしまった。


サンバーはとてもいい車ですが、構造的な弱点もあります。

エンジンをリアに搭載しているので、追突に弱い。

軽トラですから追突されると結構な衝撃があります。

そして、強く追突されるとエンジンが逝ってしまいます。

Dsc_0358a
某月某日、追突されたかわいそうなサンバー。

この時はあと2センチでエンジンに達していたとの事でした。


| | コメント (2)

ホッとする時

P1290307

昨日は仕事の後、ST4sを引っ張り出して少し乗る。

ツインのビートを奏でながら走らせる。そんなに飛ばさなくても速いと感じさせるスピード感がある。

バイクに乗っている時がホッとする時。急かせられる事もない、電話も来ない。来ても気付かないけど。

いつの予定?いつ終わる?天気に左右されるので何とも言えない。これから取り掛かるのにいつ終わるなんて問われても、わからない、としか答えようがない。早く終わればそれに越したことはないけれど、予想外に手間取ってしまう事も少なくない。

ホンの短い距離だけど、バイクに乗っている時はそんな事を忘れて至福の時。こういう時間は大切、だと思う。

現在の走行距離61992km

| | コメント (2)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »