« 呼び出し喰らいました | トップページ | 梅雨入り前の慣熟走行 その1 »

こんな事を考えていました

呼び出し喰らってもぐっすり眠れるわけがなく、昨夜はほとんど眠れず、食欲もない。

どんな話をされるのか、頭の中で検証してシュミレーション。

このまま続けるのか、手を引くかの選択を迫られるはず。

このまま続けても厳しい条件を飲まされたり、ペナルティを課せられたりしないだろうか。

後ろめたい気持ちを持ち続けたりしないだろうか。

信用は1度失うと終わり。信用を失った状態で続けても面白いか?

言われた事だけをやりましたと、教条的な仕事になりはしないか。

言われた事(指示された事)+αをモットーとしている。もちろん、場合によってはその限りではなくて、これでいいやと簡単に妥協することもある。

「+α」とは次に継るんじゃないかという下心と感謝の気持ち。

そんな意識が持てるだろうか?

仕事とは?人生とは?「忙しい」を連発するだけの人生でよいのか?

バイクが好きだからバイクに例えると仕事は後輪、プライベート、平たく言えば遊びは前輪。前輪と後輪のバランスが取れてこそまともに走る。どちらかが大き過ぎたり小さ過ぎたりしたらバイクはまともに走らない。

「そうですか。わかりました。やめさせて頂きます」なんて言ったら気持ちいいかも。

いやいや、自分であって自分でない。好き嫌いは言えない。腰が痛い、膝が痛い、遊びに行きたいは無視。

住宅ローンを組みました、子供が3人います、やめてしまってそんなのを養っていけるのか?

かといって今でも手一杯なのに、ここも担当できるか?

だけど朝になってやることが無いのも辛い。

月月火水木金金と仕事しても自分の為にはならない。腰が更に痛くなるだけ。

|

« 呼び出し喰らいました | トップページ | 梅雨入り前の慣熟走行 その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515758/59755481

この記事へのトラックバック一覧です: こんな事を考えていました:

« 呼び出し喰らいました | トップページ | 梅雨入り前の慣熟走行 その1 »