« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

無情の雨

P1280964

今日は1日中雨で午後あたりから降ったり止んだりを繰り返した。

ようやく退院したST4s。雨が上がったのを見計らって慣熟走行。

と思ったら、

無常にも再び雨が降り出してしまった。

せっかく外に出したのに、雨に濡らしただけになってしまった。

P1280966

10年以上も所有して6ヶ月以上も乗れなかったなんて今まで無かった。

ステルビオとの2台体勢になったからって、バイクに乗る時間が増えたわけではない。

かと言って、10年も所有したバイクを手放すなんて出来なくて、しかもST4sは購入に至るまでがいろいろあったから尚の事。

で、思い付いた。乗る時間は増えないがバイクは増えた。幸いにしてステルビオとST4sは同じ場所に保管してある。慣熟走行としてステルビオに乗った時はST4sにまたがる、ST4sに乗った時はステルビオにまたがる。こうすることで感覚を染み込ませようっと。

ステルビオに慣れるとST4sのポジションが窮屈になる。ST4sに慣れるとステルビオのポジションが大柄になる。両車を交互に乗る事によって適応能力(脳力?)の幅を広げていきたい。

P1280967a
今日の新聞で中高年のリターンライダーの記事があった。仕事や結婚を期に辞めた人が再バイクに乗り出している記事。

リターンすることなくずっと乗っていきたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ライトの比較

長期の入院からようやくST4sが退院してきましたのでライトを比較してみました。

P1280947
ST4sのロービーム。

P1280956
ステルビオのロービーム。

こうして比較してみるとステルビオはレンズカットが甘いのがわかります。ST4sはくっきりとしています。照射範囲は光軸の調整やらサスペンションのそれによって変化するから何とも言えません。ST4sは尻下がり?

P1280948
ST4sのハイビーム。

P1280957
ステルビオのハイビーム。

まぁ、こんな感じ。ステルビオはロービームもハイビームも大して変わらないように思えても、こうして見るとステルビオのハイビームはST4sのそれとまぁまぁ同じではないかと。

次は正面からの写真です。

ところが、
P1280954
真正面から撮ってみると、ST4sでさえこんな写真になってしまうのです。

そこで“上から目線”で撮りました。

P1280955
ST4sのロービーム。

P1280961
ステルビオのロービーム。

P1280953
ST4sのハイビーム。

P1280962
ステルビオのハイビーム。

肉眼ではこのようには見えません。もう少し暗く見える感じでしょうか。
ただステルビオはデュアルライトだけあって被視認性がよく、それが夜間走行時の安心感になっています。
プロジェクターライトは見た目は良いのですが被視認性となると普通のライトより劣るように思います。現に夜間走行時に存在を確認されてないかのように割り込まれる事もあったりします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブレーキチェック?

照明が不十分なので見辛いのですが、昨夜は退院したST4sのブレーキをチェックしました。
P1280945
手元にジャッキが無かったので強引にフロントを持ち上げました。

腰に来る~

こんなやり方では詳しくはチェックは出来なのですがタイヤを回してみると、まぁまぁかなぁ。
クルクル回るステルビオのそれと比べるとイマイチですが、前と比べるとましな感じ。

これ以上こだわると更に時間が掛かってしまう。まさか半年以上も入院するとは想定外。

1例をもってそうだと言うには乱暴過ぎるけど、ハンドルを交換する時はホースの交換不要と謳っていても本当に?と疑ったほうがいいかもしれない。ブレーキホースの長さでフロントフォークの動きを制限する事はあってはいけないと思うのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

琉球國祭り太鼓奈良支部結成10周年記念公演「想い~受け継がれる心~」を見に行った記 その6

Dsc07198a
さて、時間も9時を過ぎましたので今度は大和八木駅に行きます。

ここから歩いて
Dsc07200a
橿原文化会館へ。

当日券の有無を聞いてみるとありました!

よかった~

もし無かったら…。ここは奈良ですから見所にはいっぱいあります。別のプランも考えてました。でも、今回は公演が優先です。

チケットを入手して
Dsc07201a
整理券を手に入れまして。

HPによると来場者が1000名を超えるので整理券を配布するという事です。改めて人気の高さを知りました。整理券を入手する為に30分は並んだかな。急ぎ旅の身には30分といえども時間が惜しかったのですが。

整理券も入手してから近鉄に乗り、
Dsc07203a
八木西駅で降りたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

琉球國祭り太鼓奈良支部結成10周年記念公演「想い~受け継がれる心~」を見に行った記 その5

Dsc07179a
橿原神宮第一鳥居。

Dsc07181a
第二鳥居。手前が神橋。

Dsc07182a
深田池。時折水面がバシャバシャしていたので鯉が産卵していたのかもしれません。春ですねぇ。

Dsc07186a
外拝殿。

Dsc07187a
内拝殿。

Dsc07189a
ここでガラでもなく「恋みくじ」をひいてみました!

Dsc07190a
開封前。ドキドキです。

Dsc07191a
何と大吉です!

キャー、キャー、キャー。

まぁ、それだけの事ですが、気分としては嬉しくなりました。

おみくじで大吉を引いたなんて、初めてではないか。こういうのは結び付けないで手元に持つようにしています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

琉球國祭り太鼓奈良支部結成10周年記念公演「想い~受け継がれる心~」を見に行った記 その4

Dsc07162a
近鉄奈良駅から電車に乗ります。

Dsc07166a
車窓から。
平城京大極殿。

Dsc07168a
大和西大寺駅で乗り換えます。

Dsc07171a
見て下さい、この線路。“鉄ちゃん”ならずとも感動するのでは?

Dsc07178a
降りた先は橿原神宮前駅。

今まで通り過ぎるだけだった橿原神宮に行って見る事にしたのです。

※写真が多いのですが、理由があります。何せ急ぎ旅なのでメモする時間さえ惜しい。そこで写真を撮る事でメモ替わりにしました。デジカメは時間も記録されるのでメモとしてもある程度は使えるのです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

琉球國祭り太鼓奈良支部結成10周年記念公演「想い~受け継がれる心~」を見に行った記 その3

Dsc07153a
奈良公園の鹿。

まだ朝が早いので売店が開いておらず、鹿せんべいは売ってませんでした。

過去の経験からして言えば、鹿せんべいを持っているとそれはそれは鹿が寄ってきます。恐怖を感じて逃げると追いかけてくる。あげないでいると突っついてくる。これが結構痛い。そして鹿せんべいが無くなると、あなたには用はありませんとおすまし顔。何とも現金な奴らです。

もちろん、手元には鹿せんべいはありませんので、知らんぷり。寄っても来ませんでした。

Dsc07157a
木の芽を啄む雀。

雀も、こうしてアップで撮ると、結構カワイイ小鳥ですね。

Dsc07160a
しかまろくん。

あれ!?イメージキャラクターは「せんとクン」じゃ無かったっけ?

こうして近鉄に乗り込んだのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

琉球國祭り太鼓奈良支部結成10周年記念公演「想い~受け継がれる心~」を見に行った記 その2

5年前と同じスタンスで書いてます。

カテゴリー的には「旅行・地域」に相当する内容ですが、敢えて5年前と同じ「文化・芸術」にしています。

夜行バスに乗り慣れているのならよく眠れるでしょうが、年に1回程度しか乗らないのでよく眠れませんでした。

Dsc07126a
翌朝7時に近鉄奈良駅に到着しました。

しばし、ブラブラ歩きます。

Dsc07129a
興福寺北参道。

実は私、まだ興福寺には行った事が無かったのです。それで今回、行ってみることにしました。

Dsc07142a
興福寺のメイン?である中金堂は工事中でした。

Dsc07133a
東金塔と五重塔。

Dsc07141a
正面から五重塔。

Dsc07146a
五重塔の架蘭をアップ。

Dsc07143a
南円堂。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

琉球國祭り太鼓奈良支部結成10周年記念公演「想い~受け継がれる心~」を見に行った記 その1

万葉マレビト伝」から5年。

昨年の10月、琉球國祭り太鼓奈良支部が結成から10年を迎えるので記念公演の開催を知らせる葉書が来ていた。

Dsc07425

忘れていたわけではないけれど3月にHPにアクセスして見ると、チケットはSOLD OUT!

祭り太鼓は人気だもんなぁっと、出遅れた事を悔やむと共に諦めた。

ところが、3日前にたまたまHPを見てみると、何とチケットを再販しているではないか。

どうする?

出費が重なって財政的に厳しいが手書きで案内が来ている、GWに本当に休めるのかその時でないとわからない、記念公演は滅多に開催されるものではない、上から目線だけど5年間の成長を見てみたい。そこで当日券をゲットできるかは行ってみなけりゃわからないけど、とにかく行ってみようと26日夜、奈良へと向かうため夜行バスに乗り込んだのでした。

Dsc07122a

※ちなみに当時のブログタイトルは「日々の出来事とツーリング」、ハンドルネームは「パタパタバード」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと祭り東京2014 ファイナル その9

Dsc06100a
全てのステージプログラムが終わり、ラストスパートの感が漂い始めた各ブース。

食する方もラストスパートです。

Dsc06084a
広島・牡蠣。

Dsc06087a
長野・志賀高原ビール山伏 壱。

Dsc06092a
北海道羅臼・舟木水産つぶ貝。

Dsc06105a
和歌山・きのパン’sわかたまバーガー.
こちらはお持ち帰りしました。

Dsc06107a
いい雰囲気で盛り上がってます。

この時の雰囲気は何だか卒業式のそれに似ているんです。卒業証書を貰って教室に戻り、取り留めのないおしゃべりに花咲くあの雰囲気。久しく忘れていたそれを思い出しながらドームをぐるぐる歩いていました。

Dsc06110a
「蛍の光」も流れ終え、ドームの階段を上りつつ、後ろを振り返り振り返り…。こうして10日間に及ぶ「ふるさと祭り東京2014」は終りを告げたのでした。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふるさと祭り東京2014 ファイナル その8

お祭広場では最後のプログラム、「秩父夜祭」があったのですが、竿燈まつりの後はブースを見て回ったのです。

沖縄のブースで上映されていた短編映画です。
Dsc06071a
短編映画「税金サイボーグ イトマン」。

巨額の税金を費やして制作されたサイボーグ「イトマン」。しかし、平和な糸満に巨悪事件など起こらない。活躍の場が見いだせず、いつしか“税金泥棒”と言われるようになり、子供たちから空き缶を投げつけられるようになってしまった。

ところが平和な糸満に美人ばかりが失踪する事件が発生。

Dsc06072a
容疑者と思しき男を取り調べ中。その取り調べ方法は?×××。

Dsc06077a
やがて事件が解決して、メデタシメデタシ。そして自転車をこぐイトマン。

沖縄色豊かで面白かったわ~。

Dsc06067a

Dsc06080a
よしもとお笑いステージ。

Dsc06081a
全国ご当地どんぶり選手権。

これが大人気でかなり並ぶのです。これに参加?してしまうとお祭りを見る事があまり出来なくなるので初めから“棄権”してしまいました。

Dsc06098a
ダルビッシュ発見!

そっくりさんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ST4s退院

今日はようやくST4sを引き取ってきた。

半年振りに乗るST4s、ちょっと緊張。

えっ、こんなに前傾姿勢だったっけ?膝の曲がりがきつい。ポジションが窮屈。

すっかりご無沙汰していたので乗り方を忘れているか心配だった。

でも10年も乗っていると体で覚えているものです。

エンストしないで帰ってこれた。

P1280943
ガソリンスタンドにて。

P1280944
新しくなったブレーキホース。

心なしか「ウォォォォン」が聞こえなくもない感じ。

以前と比べるとかなり音がしなくなった。

フロントタイヤを浮かしてのチェックはまた今度。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コメントにかえて

藤は、実はお隣のものなのです。

毎朝見てまして、ここ2,3日で一気に咲きました。

それが見事なので写真に納めたのです。

1枚目の花は、コンクリートの隙間から咲いているを見つけ、「あっ」と思って撮りました。

名前は、わかりません。

俗に言うペンペン草とか雑草と言われるようなものですが、こんな所で咲いてるんだと発見したのです。

今日帰宅して見てみると、
P1280942
誰かに踏まれてしまったのか、茎が折れ、花びらは散ってしまいました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

P1280931

P1280932


| | コメント (1) | トラックバック (0)

ふるさと祭り東京2014 ファイナル その7

Dsc06023a
秋田・竿燈まつり。ドームの照明を落としての演舞です。

Dsc06028a

Dsc06037a

Dsc06043a

Dsc06048a
技の数々。

Dsc06032a
竿燈が入り組んでいます。

Dsc06057a
秋田・竿燈まつりもこれにて終了してしまいました。

Dsc06063a
熊本・阿蘇高原マンゴージュース。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふるさと祭り東京2014 ファイナル その6

Dsc05962a
高円寺阿波踊り。やはり園田青年会同様、2回目となると力の入れようが半端ではありません。
くどくど説明は不要というものです。

Dsc05963a

Dsc05965a

Dsc05966a

Dsc05967a

Dsc05972a

Dsc05977a
芸能人の誰某(こーゆーのは疎いのです)も躍ているのです。

Dsc05994a

Dsc06000a

Dsc06009a

Dsc06013a
終始、踊り狂いの高円寺阿波踊りでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと祭り東京2014 ファイナル その5

Dsc05923a
この日2回目、沖縄・園田青年会の登場です。

同じものを2回も…、と言うなかれ。2回目、しかも最終日となると更に演舞に力が入るのです。

Dsc05924a
1回目とは全く異なるフォーメーション。

Dsc05925a
見事な声色を披露する園田青年会の地謠。

Dsc05927a
手の動きがしなやかでした。

Dsc05930a
園田青年会の旗。

Dsc05942a
大太鼓に締太鼓、女手踊りに男手踊り。

Dsc05948a
最後の円舞曲「唐船どーい」。

Dsc05952a
全ての演舞が終わって、記念撮影をしています。
いい記念になるだろうなぁ。

このような経験はほとんど無いので羨ましくなります。

Dsc05958a
北海道紋別市・しーまーと本間水産、かに甲羅盛り。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと祭り東京2014 ファイナル その4

Dsc05884a
ふるさとステージにて、青森ねぷた囃子。

Dsc05886a
完熟マンゴーソフトクリーム。

Dsc05888a
秩父夜祭。

Dsc05903a
中近笠鉾がやって来ました。屋台は大き過ぎた?

Dsc05894a

Dsc05895a
笠鉾の引き回し。

Dsc05914a
秋田・角館ビール、枝垂れ桜。

Dsc05919a
鹿児島県観光PR。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふるさと祭り東京2014 ファイナル その3

Dsc05819a
沖縄ミュージックステージ・kozueライブ。

Dsc05823a
琉球舞踊もあって、沖縄らしい。

Dsc05830a
最後はやっぱりカチャーシー。

Dsc05832a
お祭りひろばでは高円寺阿波踊りが始まろうとしています。

Dsc05836a
ついに始まりました。

Dsc05837a
ヤットサー ヤットサーのお囃子が響きます。

Dsc05839a
いちかけ にーかけ さんかけて…。

Dsc05847a
やーっ!

Dsc05853a
やーっ!

Dsc05867a
踊る阿呆に見る阿呆~

Dsc05870a
同じ阿呆なら

Dsc05878a
踊らにゃ損損っ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと祭り東京2014 ファイナル その2

Dsc05770a
東京都吉祥寺・エスプリ ドゥ パリ、究極のモンブラン。

お祭り広場とふるさとステージの行き来にこのように食するのでしした。

Dsc05774a
ふるさとステージにて、アギダス。

Dsc05776a
再びお祭り広場に戻って、今度は秋田・竿燈祭りです。

Dsc05780a
竿燈が揃ってます。

Dsc05782a
竿燈の技を披露していました。

Dsc05783a
額です。額に竿燈を当ててバランスを取っているのです。なんだが痛そう。

Dsc05784a
肩。これも痛そう。

Dsc05785a
腰。バランスを取るのはどれも難しいはずですが、特にこれは難しそうです。熟練の技が光ります。

Dsc05796a
竿燈がグニャ~っと曲がって今にも倒れそうです。

Dsc05801a
と思ったら、本当に倒れてしまった!

Dsc05806a
傘さして、扇子も扇いで余裕しゃくしゃく?

Dsc05809a
演舞が進んでいく様子は圧巻です。

Dsc05811a
数々の技を披露して、この日、1回目の演舞が終了しました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと祭り東京2014 ファイナル その1

Dsc05960a

1月10日から東京ドームで開催された「ふるさと祭り東京2014」も、19日でもって最終日を迎えてしまいました。

もちろん、最終日も出撃です。そう、最後の出撃。

最終日にしてようやく、朝から東京ドームに向かったのです。

Dsc05746a
青森県五所川原市・十三湖しじみラーメン。

Dsc05747a
これはどこのゆるキャラかなぁ?オコチャマたちに人気です。

Dsc05750a
秋田・田沢湖地ビール「ぶなの森」。朝からビール、“朝ビ”します。

Dsc05753a
石川県・輪島海美味工房のイカ焼き。

Dsc05758a

Dsc05763a

Dsc05768a
お祭り広場での演舞が始まりました。沖縄・園田青年会のエイサーです。
静止画では何も聞こえないのですが、この写真を見ると私の耳には

に~せ~た~や~

とか

唐船どーい さんてーまん・・・

と聴こえてくるのです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイク屋から連絡が来る

本日、ようやくST4sを修理に出しているバイク屋から連絡が来た。

思わず、「バッテリーは“満タン”ですか?」と聞いてしまった。

これでブレーキの引き摺りが無くなってタイヤがクルクル回るか、あるいはかなり妥協しなければならないのかはわからない。

修理に出して6ヶ月、いや、7ヶ月近く。よく辛抱したものだ。

Dsc06408a_2
2013年5月、宮島口にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タンクバッグ

中古車のメリットとして、前オーナーさんによっていろんなパーツが取り付けられてたりします。

私のステルビオはエンジンガード、ハンドルガード、サイドケース、ETC、ナビゲーション、NTX用リアホイール、そしてタンクバッグが取り付けてありました。

ナビを除けばどれも新品に近い物で喜んでいます。

ではタンクバッグを紹介しましょう。

タンクバッグは
P1280929
MOTO FIZZから発売されていた「バインドタンクバッグ2」です。

そして、アタッチメントは
P1280930
「YAMAHA/DUCATI用」です。

P1280912
右側からの写真。

P1280913
後ろからの写真。

P1280914
アタッチメント。

P1280915
給油口を開けてみました。

P1280919
横から見るとタンクがポコッと盛り上がっていて、タンクバッグが取り付けにくい形状です。
しかし、アタッチメントを介したこのタンクバッグなら無理なく取り付けることができるのです。
だけど、今となってはこのタンクバッグ、販売されてません。

さて、タンクバッグに何を入れているかというと、

ツーリングマップル
カメラ
ノート
ボールペン
予備のメガネ
メガネ用精密ドライバー
レンズクリーナー
ティッシュ
サイドスタンドプレート
ヘルメットホルダー

を入れてます。でもこのタンクバッグは小型なので、こんなに入れてしまうとパンパンになってしまいます。
しかし、そこはステルビオ!このように
P1280920
小物入れがあるのです!こんなの付ける位ならタンク容量増やせというところですが、あればあったで便利です。ただしエンジン熱の影響を受けるので、入れるものは熱の影響を受けても差し支えない物に限ります。
サイドスタンドプレーと、ヘルメットホルダーを入れてます。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

セリカ退院

今日はなんと!セリカが退院して納車の運びとなった。

早いね。今週いっぱいかかると思ってた。

P1280926
こうして見ても、どこがどうだかパッと見にはわかりません。
でも、パワステのホースが新しくなっています。
まだ、当分乗れますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふるさと祭り東京2014 スペシャルフライデーナイト その5

Dsc05714a
黒豚と飛魚ラーメン。

Dsc05718a
ソーセージ。

Dsc05719a
宇都宮・餃子浪漫。

Dsc05720a
猪苗代地ビールソフトクリーム。
アルコールは入ってませんでした。

こうして金曜の夜も「ふるさと祭り東京」を楽しんだのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと祭り東京2014 スペシャルフライデーナイト その4

Dsc05672a

Dsc05675a

Dsc05682a

Dsc05687a

Dsc05689a

Dsc05690a

Dsc05696a

Dsc05699a
沖縄・園田青年会の演舞。

Dsc05708a

Dsc05710a
ラストはなんと!会場に下りてカチャーシー大会です。
見るとやるとでは全然違って、これがまた出来ないのです。つい“ワイパー”になってしまうのでした。
でも、こうして“一般参加”できるのも沖縄らしいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと祭り東京2014 スペシャルフライデーナイト その3

Dsc05649a

Dsc05650a

Dsc05652a

Dsc05653a
熊本・ハイヤ祭り。

Dsc05662a
ラストは沖縄です。

Dsc05661a
「琉神マブヤー」に出てくる「皇神カナミー」と思ったら違ってました。「ハルサーエイカー」だったかな?
ちなみに私、まだテレビでは「琉神マブヤー」を見た事がありません。沖縄でオコチャマが「マブヤー!」と叫んで遊んでいるのは見た事があります。

琉神 琉神 マブヤー
 正義の力だ マブヤー
  琉神 マブヤー

とたまに行く沖縄料理店で今この時間は盛り上がっていると思うのですが。

Dsc05668a
沖縄・園田青年会の登場です。

Dsc05669a
園田青年会の地謠。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと祭り東京2014 スペシャルフライデーナイト その2

二日酔いからの復活です。

Dsc05603a

Dsc05616a

Dsc05617a

Dsc05619a

Dsc05622a
秋田・竿燈祭り。ドームの照明を落としての演舞です。
いい感じ。

Dsc05633a

Dsc05638a

Dsc05642a
鳥取・しゃんしゃん祭り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと祭り東京2014 スペシャルフライデーナイト その1

17日金曜日は「スペシャルフライデーナイト」。開催時間が夜9時まで延長されるのです。

幸いなことに早く帰宅できたので当然のごとく出撃しました。

Dsc05571a
ドームに向かう東京の夕暮れ。

Dsc05572a
ドームに入ります。

Dsc05573a
やはりドームは人人人。仕事帰りに直行で来ている人も多かった。

Dsc05577a
でわ、早速泡の出る飲み物を。
北海道・礼文ビール。

Dsc05591a
更に、うにご飯。

Dsc05586a
秩父夜祭。中近笠鉾の引き回しです。さすがに屋台は大き過ぎてドームに運べなかったのかな。

Dsc05596a
方向転換しているところです。秩父夜祭では屋台の方向転換も見所の1つ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

もぐら叩き

セリカを修理に出している車屋さんから電話があった。

何と、パワステポンプからオイルが漏れているとの事。

で、どうしますかというわけだが、電話では如何ともし難い。

そこで、実際に確認することにした。

P1280902a

車体をリフトアップして覗いてみると、オイルがポタポタ垂れている。

この状態では車検に通らないらしい。

オイルを補充しながら走らせることも可能だそうだが、いちいちそんな事もしてられない。

車検云々よりも、これではパワステが利かなくなってしまう。

パワステが利かなくなるとハンドルがロックされてしまう。

もちろんパワステが利かなくてもハンドル操作は出来るだろうが、それには相当な腕力が必要。

現実的ではない。

      弱
       っ
      た
      な
       ぁ
      bearing

しかも!ヘッドカバーからもオイルが滲んでいて、「もう限度」のおまけまで。

あっちを直せがこっちが、
 こっちを直せばそっちが、
  そっちを直せば向こうが、
   向こうを直せば…

と、もぐら叩きの感を呈してしまった。

修理箇所が増えてしまって頭が痛い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

石嶺聡子ワンマンライブ


Dsc07121a
今日は渋谷のライブハウス「gee-ge」で石嶺聡子ワンマンライブ。

前日に予約したけど行けるかどうか、今日のその時にならないとわからなかった。
仕事の段取り付けてと書けばカッコいいのだけど、内実はサボってと言ったほうが正解に近い。こうしないと時間が作れないのは心苦しい限りだけど、チャンスをフイにしたくない。今までできないでいた事をようやく今頃になってやっているに過ぎない。回りはずーっと先に進んでしまった。

オープンは18時30分で、スタートは19時。

「渋谷に6時半なんだけど、来れる?」とかなり前に誘われたっけ。

「どうしても9時過ぎになる」と、すれ違い。

それに「(今まで)呼ばないでいた」なんて言われてしまって、内心かなりのショック。オレは部外者なんだなと思い知らされると同時に、なんとか行こうという気も失せた。

結局、この会には1度も行かず、それぞれの人生の方向に向かうと共に無くなってしまった。

今では渋谷までのアクセスがグーンと良くなって、当時とは隔世の感がある。ライブにはオープンは遅れてしまったけど、スタートは間に合った。

石嶺聡子さんといえば、やはり映画「ひめゆりの塔」の主題歌「花」の印象が自分には強い。映画「ひめゆりの塔」を見て、エンディングで「花」が流れて、感動したのです。ライブでは沖縄色はほとんどなく、「花」と話し方に沖縄を感じるだけだった。

川は流れてどこどこ行くの…
 
 いつの日か いつの日か花を咲かそうよ

「花」を聞いていると当時の事が浮かんできた。「日本1周」という目標があって、それに全力投球。「日本1周」といっても一気にやるものではなくて、分割でやるもの。去年は北海道、今年は九州という具合。

どうしても時間が欲しいから休日も仕事して、その分G・Wや夏休みをやや長めに取るスタイル。この年は初めて沖縄に行った年。あと4日という時間が取れたのなら沖縄本島も回りたかったのだけど取れなかった。そこで沖縄本島はカットして石垣島を拠点として最南端の波照間、最西端の与那国、話題の多い西表を回った。

013
波照間島にて。

064
与那国島にて。

121
西表島サキシマスオウノキ。

当時はGPZ900Rに乗っていて、夏はツーリング。東京からフェリーで高知に渡り、四国、九州、山陰と駆け回った。総走行距離4000kmに及んだ大ツーリング。

スピッツの「ロビンソン」を聴くと九州の“熱さ”が蘇ってきますが、「花」を聴くと淡々とした走りに終始した山陰路が浮かんでくるのです。

Dsc02354
四国・国道439号線京柱峠にて。

Dsc02512
九州・JR西大山駅にて。

Dsc02675
鳥取・湖山池にて。

ライブでは洋楽のカバー曲、オリジナル曲を歌っていたのですが、「花」を聴くとその頃の事がつい最近の出来事のように思えるのでした。

Dsc07120a
渋谷駅前のハチ公像。
待ち合わせ場所の定番ですね。
多分ここで待ち合わせしていたんだろうな。行かれなくても声は掛けて欲しかったと今でも思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふるさと祭り東京2014 13日編 その7

Dsc05534a

Dsc05536a

Dsc05540a

Dsc05543a

Dsc05549a
再び八戸三社大祭です。“超特等席”で見た後に観客席で見てみると、何だか感慨深いものがありました。

Dsc05557a
とっとり丼本舗・カニ丼。

Dsc05559a
さつまブラック。

これ以上は飲めません。ビンで購入し、後日飲んだのです。

Dsc05562a
礼文島・島の人礼文本店、焼き島うに。

Dsc05563a
同じく焼きホタテ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふるさと祭り東京2014 13日編 その6

Dsc05501a
日本全国地酒バーにて、飛騨のどぶろく。

Dsc05507a
ミュージックステージ、ヤナキクライブ。

Dsc05512a
これはどこのゆるキャラだったかなぁ?残念ながら記録なし。

Dsc05514a

Dsc05518a

Dsc05519a
埼玉県秩父市・秩父音頭。

Dsc05526a
秋田のビール・秋田美人エール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確実に

今日の仕事は楽なはずだった。

他の人がある程度やっていて、今日はその続きをするだけ・・・、のはずだった。

ところが、

どうも不適切な部材を使用しているのがわかった。

別にいいかぁ、オレがやったんじゃ無いんだから。

しかし、これではクレームが出ることは必至。

後から手直しをすると莫大な手間が掛かってしまう。

結局は自分が手直しすることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと祭り東京2014 13日編 その5

石川県加賀市・山代田楽の再登場です。

Dsc05471a

Dsc05473a

Dsc05477a

Dsc05481a

Dsc05483a

Dsc05488a

Dsc05489a

Dsc05494a

Dsc05498a

大勢が見る中、見事なパフォーマンスを見せてくれました。
大方、好評なのですが周りを見ると渋い声も聞きました。
伝統芸能にパフォーマンスなど、まるでエンターテイメントじゃないか、というのが理由だと思うのです。
「夏祭り in 那覇」を沖縄で見た時、昔と比べれば派手になったという声も聞いた事があります。

しかし、演じる方の年代を見ると総じて若い。ここはこうしよう、あーしようというのがどうしても出て来ると思うんですね。そうなるとどうしても振り付けは派手になる、衣装も派手になるのは自然な事だと思うのです。フト気がつくと「昔より派手になった」となるのも当たり前。年輩者だってかつては若者と呼ばれた時代があるはず。固定観念に凝り固まってないで、変化を楽しむ余裕が欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと祭り東京2014 13日編 その4

Dsc05429a

Dsc05431a
ふるさとステージにて、DRUM TAO

Dsc05435a
和歌山県・有田川町観光協会みかんジュース。

みかんがたっぷり!

Dsc05437a

Dsc05440a

Dsc05444a

Dsc05447a

Dsc05450a

Dsc05458a

Dsc05462a
仙台すずめ踊り。

この日のラスト演舞だと思うと写真にも力が入ります。

Dsc05468a
ふるさとステージにて、クイズ de get!! 宮城米。

お米に関するクイズを出していて、正解者の中からジャンケンで宮城米が当たるというものでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと祭り東京2014 13日編 その3

Dsc05391a

Dsc05392a

Dsc05395a
埼玉県秩父市・秩父音頭。

Dsc05399a
ふるさとステージにて、青森県・津軽三味線ライブ。

Dsc05405a
静岡県・富士桜高原麦酒ラオホ。

Dsc05409a
青森県物産振興協会・イカホタテミックス。

Dsc05412a
高知・よさこい「ほにや」。

Dsc05425a
よさこい総踊り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと祭り東京2014 13日編 その2

Dsc05366a

Dsc05369a

Dsc05373a
石川県加賀市・山代大田楽。

Dsc05375a

Dsc05376a

Dsc05379a
なんと!アクロバティックな技を披露したのです!
その運動神経の良さにビックリ!

Dsc05386a
パチパチパチ~と、拍手をもって退場を見送ったのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春の息吹

暖かくなりました。

P1280898a
アリたちも活動開始です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと祭り東京2014 13日編 その1

Dsc05390a

さて、よく13日も東京ドームに出撃です。この日はドームに着いたのが12時ちょっと前なのでした。

Dsc05324a
ふるさとステージにて、ミュージック・ステージ。はちきんガールズ。

Dsc05331a
実はこの日、ドームに着いた時に「八戸三社大祭」の山車の引手を一般募集していたので、応募したのです。
間近に見る山車は迫力がありました。

Dsc05333a

Dsc05338a

Dsc05345a
山車の引き方が始まるまで演舞を見ていました。“超特等席”で見る演舞は演じる方の真剣さがビシバシ伝わって来るのでした。

Dsc05354a
山車を引っ張ります!
山車にはギミックが隠されてあって、全てを出すと、オッオーと唸るのです。

Dsc05358a
和歌山県・幻の和歌山中華そば。

Dsc05360a
静岡県・アイスコルネット。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと祭り東京2014 12日編 その6

Dsc05263a

Dsc05267a

Dsc05274a

Dsc05284a
八戸三社大祭。

スケジュールによっては1日2回演舞する団体もあります。朝一番でドームに入ったわけではありませんが、12日は「佐原の大祭」、「高知・よさこい」、「仙台・すずめ踊り」、「八戸三社大祭」が2回演舞してました。同じ祭りを2回見たものもありますが、団体によっては1回目と2回目では内容に変化がある場合があります。だから、さっき見たからといって見ないのはちょっともったいない。人が多くて移動もままならないのですが、お祭り広場とふるさとステージを行ったり来たりしていたのでした。

Dsc05293a
和歌山のゆるキャラ、きいちゃん。

Dsc05304a
どこの県なのかはわかりませんが、まめたろう。

Dsc05301a
かにいくらたらこ。多分、北海道のブースだったと思います。北海道のブースは大人気。北海道には、ならではの美味しさがあるのです。北海道は食べ物が美味しい。海産物、農産物、畜産物どれをとっても美味しいのです。

まぁもっとも、実際に北海道に行くと朝から晩まで走りっぱなしで、食べてる時間がない、食べると眠くなるという理由から1食抜いたりするのですが。去年は1日2食でした。

Dsc05305a
宮崎県・パッションジュース。

Dsc05309a
熊本県・馬刺串焼。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと祭り東京2014 12日編 その5

Dsc05189a
高知・よさこい「ほにや」。

Dsc05200a
高知・よさこい総踊り。

よさこいの団体が集まって踊っていたのでした。円舞曲は「大地へ」。「夏祭りin 那覇」で聴いた曲と相通じるものがあると思いました。だけど、それが何かはわからないのでした。

Dsc05213a
ミュージックステージAeLL。

Dsc05219a

Dsc05223a

Dsc05239a

Dsc05243a
仙台・すずめ踊り。スズメだと思うとスズメのように見えるのでした。

Dsc05250a
網走・流氷ドラフト。青いビールです。

Dsc05251a
網走。ホタテ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

桜の次は?

今日、車を運転していたら、

「あっ」

桜の次は?

桜の次は?

梨の花が満開なのでした。

ここは季節になるとたまに買うのですが、梨の花を見るのは初めてなのでした。

桜の次は梨ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと祭り東京2014 12日編 その4

Dsc05129a
高知県・満天の星大福。

Dsc05134a
能登産サザエの壷焼き。

Dsc05138a
栃木県・那須塩原市牛乳飲み比べ。

Dsc05146a
山口県・村田蒲鉾店ふぐつみれ汁。

Dsc05147a
秋田県・三梨牛炭火串焼。

Dsc05160a
沖縄県・紅芋梅酒。

Dsc05168a
島根県・しじみ汁。

Dsc05171a
北海道・函館タナベ商店。

Dsc05180a
福岡県・博多あまおう、あまおうミルク。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふるさと祭り東京2014 12日編 その3

Dsc05074a
青森・アップルジュース。

Dsc05078a
北海道・塩ジンギスカン。

Dsc05093a

Dsc05097a
ふるさとステージにて、無限。

Dsc05106a

Dsc05111a

Dsc05118a
お祭りひろばにて、佐原の大祭。

Dsc05122a
岩手県・南部鉄器幸工芸。

Dsc05123a
埼玉県・ビーズ工房友莉商店。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイヤを交換すると

今日は早く帰る事が出来たので、セリカのタイヤをスタッドレスタイヤからノーマルタイヤに交換した。

タイヤ交換はやるとなると結構な重労働です。

しかもタイヤ交換と同時に下廻りのチェックもします。すると…、

Dsc07117a
何とダストブーツが破けているのを発見!

場所は右フロントなのです。しかも、ステアリングの影響を受けるタイヤ側ではなくて、よりによってエンジン側のダストブーツ。

何でこっちが破けるのかねぇ?フロントのダストブーツはクラッチを交換した時にエンジンを下ろしたので、その際に交換したと思われる(報告を受けてないが、ダストブーツが新品になっていたのを確認)。まだ4年と4ヶ月しか経ってないので、全く破れない事は無いにしても時期的に早過ぎの感もないではない。

早速、例の自動車整備士にTEL。

「セリカなんですけどぉ」と前置きしてダストブーツが破けているので交換を依頼。

Dsc07119a
こちらはリアのダストブーツです。おそらくは新車時から交換をしていないと思うので、こちらのほうがむしろ心配なのです。

オイル交換で車をリフトアップする時はいつも「これ、大丈夫ですか?」と聞いているのです。ゴムも固くなっているのでいつ破けてもおかしくないなと。

ダストブーツが破けていると車検に通らないそうですが、通る通らないよりもこのままではシャフトがダメになってしまう。いつ破けたのか。暮れにタイヤを交換した時は異常は無かった。もしかしたら北海道で?あるいはつい最近?

ダストブーツの破損にはいつも気を付けているつもり。タイヤハウス内にグリスが飛び散っていないかはよくチェックする。ここが先に破けるなんて、まさに想定外。

破けたものはしょうがない。修理が終わるまでセリカは乗れない。

タイヤを外したついでに下廻りをシャーシブラックでスプレー。汚れも落とさず、サビも落とさずシューシュー。これでは手抜きもいいところ。なんちゃって防錆。

外したスタッドレスタイヤの溝を見ると、スタッドレスタイヤとしてはあと1シーズン位しかもたない感じ。結局、今シーズンは北海道でしか雪道は走らなかった。東京で雪が降った時はむしろ乗るのをやめた。ある意味、北海道よりも怖い。

スタッドレスタイヤにはまり込んでいる小石をできるだけほじくり出す。アイスバーンでは小石がはまり込んでいた方がむしろグリップが良くなるのではと思っても、何となく気分が宜しくない。その後はタイヤを包んで保管。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふるさと祭り東京2014 12日編 その2

Dsc05024a
ふるさとステージにて。

和歌山県観光PRとまぐろ解体ショーです。

和歌山県からは何と知事さんまでも来られてPRに熱が入ってました。

Dsc05030a

Dsc05034a
ただPRに熱が入り過ぎたのか、解体ショーはあっという間。時間切れの感がありました。

Dsc05035a
久米島・クルマエビ素揚げ。

Dsc05042a
高知・よさこい祭り。

Dsc05043a
牛タン塩串。

Dsc05045a

Dsc05047a
お祭りひろばにて、秋田・西馬音内盆踊り。

Dsc05049a

Dsc05054a
八戸三社大祭。

Dsc05055a
八戸三社大祭の法霊神楽。

Dsc05056a
お祓い中。

Dsc05064a
山車の曳行もありました。

Dsc05073a
山車をアップ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと祭り東京2014 12日編 その1

Dsc04978a

1月10日から19日まで東京ドームで開催された「ふるさと祭り東京2014」。今年は期間中、4回出撃しました。
マイペースな我がブログ、ようやくながらアップ開始です。

Dsc04975a
ドームの中は人人人で凄かった。

Dsc04976a
東京中野区・新風エイサー。

ドームに入った時、ふるさとステージでエイサーが披露されてました。だが、あまりにも人が多すぎて移動するのも一苦労。ふるさとステージにたどり着く前に終わってしまいました。やむ得ず、オーロラビジョンを撮りました。

Dsc04981a
盛岡・さんさ踊り。

Dsc04982a
弾き手のみなさんです。

Dsc04996a
屋久島・ポンカンジュース。

Dsc05002a
高崎伝統芸能・虎舞士&梅しょう会。

Dsc05004a
ドームの混雑ぶり。

お祭り広場とふるさとステージを行ったり来たりしていたのですが、ご覧の通りの混雑ぶりで移動がままなりませんでした。

Dsc05007a
大沼ビール・ケルシュ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都会の狭間で

一昨日の事なのですが、狭い所で仕事してました。

本当に狭くて、体をしならせ、くねらせ、潜らせ、ようやくで入り込みました。

品物を取り付けてた時、

パリーン

\(◎o◎)/!

隣の家のガラス、割っちゃった!

改めて、事故報告。

「すいません、隣の家のガラス、割ってしまいました」

隣の家の人は留守。取り敢えず応急処置はしておいた。

「狭いから、仕方ないですね」

とは言ってくれたものの、自分の過失で人に頭を下げさせるのは何ともバツが悪い。

口の中がパサパサしてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガス欠

今月になってガソリン価格がグーンと跳ね上がりました。

給油が“恐油”。ガソリンを入れてても、料金表示に目がいってしまいます。

高ぇーなー。

ガソリンは満タンになっても財布は空っぽ。EMPTYでござりまする。

ガソリンを入れるのがついつい億劫になる。

往路では、(給油は)帰りにしようと思い、

帰りは帰りで、明日にしようと思う。

そして昨日はとうとうガス欠。数100m分のガソリンしか残ってなかった!

P1280872a
燃料が無くなり、動けなくなったサンバー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014東京モーターサイクルショー その4

Dsc06605a
ヨシムラのブースにて、GSX-R

Dsc06608a
GROM

ヨシムラパーツが満載です。見ていて楽しい。
このバイクを見ていると、なんと吉村不二雄さんから話しかけられたのです!
パワーグラフを見せてくれて、ノーマルと比べて3馬力上がったと喜んでました。
パワーが上がる事は楽しいんでしょうね。

Dsc06613a
ヨシムラCB750KO
デイトナ出場車。

Dsc06614a
ヨシムラGS1000R
第3回鈴鹿8時間耐久レース優勝車。

Dsc06607a
ヨシムラのブースにはかつての貴重な画像が順次流れていました。

「板付飛行場 ドラッグレース」と書いてありましたから、ヨシムラの原点といえる写真だと思うのです。

Dsc06610a
POP吉村著。レースの第1戦から退いた直後に書いたものだと説明があったような気がします。このようなここ度が前でレースを戦っていたのだと感じました。


ヨシムラのブースはちょっとした“歴史館”にもなっていました。

Dsc06615a
手作業で研磨したカムシャフト。

Dsc06616a
吉村不二雄さんがアメリカで使い始めたコンピュータ。

Dsc06617a
軽量化されたスプロケット。気迫が伝わってきませんか。

Dsc06668a
集合管。

Dsc06618a
モーターサイクル殿堂入りの受賞メダル。日本人では吉村秀雄氏と本田宗一郎氏のみ。

Dsc06670a
自宅にて、今でも持っている「ポップ吉村のバイクスピリッツ」。左は森脇南海子さんの「ポップ吉村のバトル・ライフ」。

「ポップ吉村のバイクスピリッツ」の初年度出版は1983年ですから30年以上前の本という事になります。
バイクに興味を持ち始めた頃の買った本なのです。その頃はバイクの本は結構買っていました。この本もその中の1冊。当時はヨシムラはもちろん、バイクレースの事さえ全く知りませんでした。勝て勝てと言われ続けた中学時代。その反動で競争というものに目を背けていた、いや嫌っていた頃でした。だからレースには全く興味を持てませんでした。

でもこの本はポップ吉村こと、吉村秀雄さんの生い立ちから今日、初年度出版までが書かれてて、当時は夢中で読み、今でもたまに読むのです。「ポップ吉村のバトルライフ」と合わせて読むとなんというのかな、より立体的になる感じです。171頁の「自分に忠実な選択をしたことによって、“正解”の道を歩くことになったのだと思う」の綴りは当時はもちろん今でも印象深いというとややニュアンスが違うのですが、“印象深い”のです。

NHKの「プロジェクトX」では戦後の荒れた時代から描かれてますが、この本は生い立ちから戦前、戦中、戦後、オートバイレースとの出会いも書かれてます。

細かい内容は省きますが、拠点を日本からアメリカに移したものの、共同経営者の裏切りにあった時の心境は如何ばかりか。自分自身、具体的には書けませんが何でこんな目に遭わなくちゃいけないんだという事もあったりするので、何度も読み返してしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014東京モーターサイクルショー その3

Dsc06646a
MOTO GUZZI CALIFORNIA1400

Dsc06652a
MOTO GUZZI V7 RACER

Dsc06651a
ペラペラになってしまったMOTO GUZZIの2014年カタログ。V7シリーズは充実してますが、日本向けのクワトロバルボーレエンジン搭載車は何と1200SPORTだけになってしまいましたヽ(´Д`;)ノ

サビシー。

本国ではラインアップが充実してますが、日本向けは…。

売れないから売らないのか、売らないから売れないのか?

鶏が先か、卵が先かになっている感があるMOTO GUZZI。

自分の乗っているメーカーが衰退?しているのは寂しいところ。日本向けにもラインアップを充実して下さい!

Dsc06654a
警視庁からは白バイの展示です。

FJRがお披露目されてました。

さて、どうやって逃げようか?(考えるところはそこか!)

VFR750、FZ750は見なくなりました。

Dsc06656a
バイクの税金を上げるな、駐車場を増やせ、といった署名活動です。もちろん、署名しました。
4輪と比べれば虐げられている感が2輪にはあります。改善の一助となればと。

Dsc06659a

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014東京モーターサイクルショー その2

Dsc06622a
BMW R1200GS Adventure

Dsc06624a
TRIUMPH TIGER EXPOROLER

Dsc06643a
YAMAHA SUPER TENERE

Dsc06603a
SUZIKI V-STROM1000ABS

Dsc06629a
KTM 1190 ADVENTURE

ここ何年かのバイクの進歩はすごいなぁっとSBは勿論、このテのバイクでも思います。ABS、トラクッションコントロール、モード切替、電子制御サスペンションは当たり前の装備になった感があります。レーサーレプリカが流行していた時代よりも進歩が激しいと感じるのです。

これらのバイク、クラッチレバーを握ってみたけど、ステルビオよりも軽い。ここでも進歩を感じます。

Dsc06627a
写真写りは悪いですが、KTM 1190 ADVENTUREのホイール。チューブレスタイヤと聞いたのでよく見るとステルビオと同じでした。

Dsc06623a
TOURATECH Japanのブース。ステルビオにもパーツが欲しいところですが、対象にはなってないだろうなぁ。歴代オーナーさんがいろいろ揃えてくれたので不足はありませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014東京モーターサイクルショー その1

Dsc06658a

3月28日から30日まで開催されていた「東京モーターサイクルショー」に行ってきました。

行った日は30日でビッグサイトに到着したのは3時近く。あまり時間が無く、ザーッと見て回ったのです。

Dsc06598a
VICTORY HAMMER S
アメリカブランドのバイクです。

Dsc06600a
DUCATI MONSTER1200S

これを見て、ドカティも変わったなぁっと思いました。ST4sが旧車に見える。トラストフレームの占める割合が少なくなりました。フレームにエンジンを載せているのではなくて、エンジンにフレームを載せている割合が増えました。電子装備などは意外と先端を行くメーカーだと思います。


Dsc06631a
MV AGUSTA F4R

カッコイイ~。

Dsc06638a
BIMOTA Tesi CR

1度は乗ってみたいなぁ。ツーリング仕様のTesiなんか、出ないよね。出ても高くて…。でも、夢は持てます!

Dsc06663a
BOSS HOSS LS445 GANGSTA

アメリカンドリ~ムって、こういうバイク、トライクだけど、を言うんでしょうね。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

お父さんは?

今日はあっちこっちの中学校、高校で入学式があったようです。

新入学生と一緒にスーツを着たそのお母さんが一緒に歩いているのをよく見かけました。

お父さんは?

僅か2,3見かけただけでした。

子供の節目にはお父さんも一緒に出たいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皇居 乾通り その5

乾門から日比谷公園に戻るのですが、北桔門橋から大手門まで皇居東御苑を通り抜けました。

Dsc07079a
北桔門橋から乾濠。

Dsc07092a
天守台。

Dsc07090a
天守台から日本武道館。

Dsc07086a
天守台から皇居東御苑。

Dsc07093a
皇居東御苑の桜。

Dsc07097a
百人番所。

Dsc07105a
済寧館。柔道や剣道の道場があるそうです。

Dsc07107a
大手門。

Dsc07111a
外堀の白鳥。

Dsc07113a
リニューアルした東京駅。東京駅も見学したいところですが、お忍びの身。さすがにここまでは良心?が痛む。次回にする事にしました。

Dsc07115a
日比谷公園のニャンコちゃん。真っ直ぐ見つめる目はどこを見ているのか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

皇居 乾通り その4

Dsc07025a
桜、さくら、サクラ。

Dsc07040a
道灌濠。

Dsc07052a
ここで皇宮警察の方が話していたのですが、皇居に蛍が舞うそうです。昔と比べると数は少なくなったようですが、皇居に蛍、蛍がいるんだぁっと意外な感がしました。毎年必ずではないそうですが、一般公開する時もあるそうです。

Dsc07054a
乾濠。

Dsc07061a
乾門が見えてきました。

Dsc07065a
皇宮警察の消防車が待機してました。珍しい車両ですね、ステルビオよりも希少かも。

Dsc07066a
乾門。

Dsc07070a
乾門を通り、皇居・乾通りの見学は終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皇居 乾通り その3

Dsc07004a

Dsc07009a
皇居の風景。見るもの見るもの珍しさで写真パチパチ。

Dsc07010a
桜がきれいだね。

Dsc07013a
乾通りには水飲み場が設けられてました。これはそこの“水飲み門”の鬼瓦。天皇家の菊の御紋章なのです。よく見ると、なかなか凝った作りです。

Dsc07018a
これは物置だそうです。聞いた瞬間、正倉院を思い浮かべました。「何入ってるんですか?」と尋ねてみると、掃除道具などが入っているそうです。

Dsc07023a
桜の見所は動きが鈍いです。とにかく人人人。

ここでの注意案内が面白かった。

散り頃を忘れて枯れないで咲いている桜ですが、みなさんの安全を誘導する係員の声は枯れ果ててます、というような注意案内でした。その風流な言い方、花が枯れると声が枯れるを掛けている落ちどころ、周囲も自分も思わず声を出して笑ってしまいました。2回も聞いてしまった。お堅いイメージの宮内庁ですが、くだけた一面もあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皇居 乾通り その2

Dsc06974a
警官に誘導されて入場するのですが、とにかく人が多くて大変です。

Dsc06976a
持ち物検査を受けて。

Dsc06977a
ボディチェックも受けて。

Dsc06978a
ようやく坂上門へ。人が多くて、なかなか動けませんでした。

Dsc06983a
坂上門。ここまで来ると一般の警官が警備するのではなく皇宮警察や宮内庁職員が警備しているのに気がつきました。

Dsc06987a
坂上門を通ると人、人、人。

Dsc06996a
宮内庁。

Dsc06999a
銅板の飾りが凝ってます。

Dsc07003a
口頭での説明でしたので漢字が合っているかわかりませんが、これは湊川ナントカカントカという集会所で天皇陛下が庭園の手入れをするボランティアの方々と拝謁するところだそうです。皇宮警察の方はツンツンしているわけではなくて、尋ねれば親切に教えてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皇居 乾通り その1

天皇陛下の80歳の傘寿を祝して期間限定で一般公開された皇居、乾通り。

見にい行こう!

と思い立ったものの、時間がない。

半分諦めていた。

しかし、昨日は打ち合わせで港区まで。その帰りに立ち寄る事が出来なくもない。仕事中にこんな事するのはズバリ言って「サボリ」なのだけど、また次回となると今の皇太子殿下が天皇になり、80歳を迎えるまで待たなければならないかもしれない。そんな事したら自分の寿命が尽きてしまう恐れもある。皇居なんて、滅多に入れるものではない。いつ行くの?今でしょ。というわけで倫理に反して?行ってみる事にした。前日は休日返上したのだから返却してもらおう。

仕事での移動は全て車。ここ皇居周辺は意外と駐車場が見つからず、日比谷公園の駐車場に止めざるを得なかった。

Dsc06959a
日比谷公園の噴水。

Dsc06960a
心字池。

上から見ると「心」の形に池が造成されているそうです。沖縄の識名園でもそうでした。

昔、学校時代。外国と日本の公園面積を比較して1人あたりの公園面積が外国と比べると日本のそれは非常に狭いと習った記憶があります。でもそれ以前に、公園を楽しむ時間的余裕がないと意味ありません。

Dsc06961a
伊達政宗終焉の地。そうなのか。ここなのか。知らなかった。行動することでちょっとでも「知らない」が減れば。

Dsc06973a
まずは並びます。二重橋前の交差点から並び、ここでしばらく足止め。

Dsc06972a
二重橋。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休日返上

昨日は休日対応。

休日を返上して仕事しないと間に合わない。

要所要所を締めて他は後日、ということも出来なくはないけれど、どうせやるなら楽な方が良い。

他の業者さんとかち合ってしまうと互いにやりにくい。

で、休日対応して“逃げる”事にした。

この仕事、全く段取りが目茶苦茶。本来ならば 

1→2→3→4→5→6→7→8→9→10

と進ませなければならないのに、

1→4→2→3→7→9・5→6→10

と、順番が滅茶苦茶。しかも「9・5」と同時進行もあり。

しかも、どんな部材を使えばいいのか明確な指示が無い。

自分の目から見れば“グレーゾーン”で、白か黒かはっきりしないと取り掛かれない。

後日トラブルになってしまうと即ち、それは金銭問題になってしまう。

そうなったら泥沼だ、それは避けたい。

金曜日の夕方ににいきなり話があって、ビックリ。

「何も聞いてないよ」と血の気も熱くワンワンキャンキャン“語り合って”しまった。

「今からの発注だど月曜日の発注になる」

「問屋まで取りに行こうよ」

「問屋は土日は休み」

増税前の駆け込みでメーカーの生産が追いつかなくて品物がなかなか入って来なかった。まだ影響が残っているのです。それに白か黒かはっきりしてもらえない事には取り掛かれません。熱く“語り合って”、最後には、

「何でもいいからやってくれよぅ」

とお言葉を頂いたので、責任の所在が明確になり取り掛かることになった。

他の業者さんの事をとやかく言うつもりはないけれど、心がこもってないと感じる。

心がこもってない、要するに雑で、きめ細やかさが無い。ここに隙間がある、ここまでやっとくものだけど、省いている。その原因を思えばさもありなん。後でクレームにならなければいいけれど。

せめて自分のところだけはしっかりやろう。と思うものの、熱く“語り合った”余韻はしっかりと残っていて、心が乱れる。いいや、別に。と、妥協してしまった。

休日を返上するスタイルはやりたくない。しかも、それを前提とするならば下の下のやり方。時には休日を返上しなければならない時があるのは理解できる。けれど、休日返上はデメリットも少なくない。平日の能率は落ちる、返上した休日を取り戻そうとサボリ癖が付く、私事が疎かになる、その他多数。

過去に散々やったから一生分やった感もある。休日返上なんてものはやりたくないものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

努力する方向が違うのでは?

Dsc06955
先月28日の記事です。

建設業界の人手不足が深刻なので外国人を「技能実習生」として労働力に取り組んで補おうというもの。

何とも場当たり的ですね。今まで公共事業を減らして建設では食えなくして、人手を減らしたのは誰ですか?

震災復興やオリンピックで人手が必要になったから外国人をって、これではあんまりです。
2020年までの処置ですからね。それを過ぎるとポイ捨てされるわけ?

建設業にはたくさんの職種がありますが、総じて言えることは技能を身に付けるまでに相当の時間がかかるという事です。頭数を揃えればいいというもんではありません。スケートのできない人にアイスホッケーをやらせるようなもの。

人手不足を解消するには当の日本人にとって魅力的な業種にするのが先決では?

果たして今の建設業界は魅力に思えるか?

大きな建物の工事現場では週間予定表があります。それを見ると、土曜日が休みというのがほとんどありません。これだけでもブブー、婚活でいえばNGというやつですよ。ついでに祝祭日が休みというもの少ない。2002年から学校が完全週休2日制になっていますから、週に2日休む事を教育されて社会に出ている事を意味します。それなのに週1しか休みがないようではとても魅力的には思えません。

よしんば、それでも建設業界に身を置いたとしても周りの友達は週休2日。今度の土日は、3連休はと楽しそうに話しているのを聞いてしまうと何とも後ろめたい。石の上にも3年、3年もすれば忍耐の限度に達してとらばーゆ。ようやく使えるようになってきた頃に転職されては苦労して育ててきたのが水の泡。まず待遇面から改善していかないと。土曜日や祝祭日もトントンカンカンしているのを見てしまうと魅力的とは思えないですね。それに肉体的にハードな業種でもありますから7時間労働でもいいと思うのです。

今は建ち始めるとあっという間に出来上がってしまう感じです。その“あっという間”を労働者に還元する事は出来ないものか。工期を少し伸ばしてその分休日を増やす。今や週休2日制が当たり前。バイク屋だって土日の休みは無いにしても、完全週休2日制で無いにしても月に1回、もしくは2回、連続した休日がある時代。それなのにたった週1では時代錯誤もいいところ。待遇面を向上させることが優先ではと思うのです。

天候に左右される業種でもありますが、天候に左右されない週も少なくありません。週休2日制となると露骨に言って遊びか金かの選択を迫られるのですが、働く目的は豊かな人生を送る為。そのためには時間はかけがえのない財産のはず。

建設労働者を増やすには待遇よし、給料よし、異性にモテモテ、社会のステータスになるような魅力的な業種にする努力が本来の方向だと思うのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

投球制限

こんな事しちゃって(新聞記事を撮ってアップする事)いいのかなと思いますが、お堅いことは無し。

Dsc06957
今日の新聞です。

中学生投手の投球に制限が設けられるという記事です。1日7回、2日で10回までと来年度から完全適用されるらしいです。

そりゃ当然ですよ。あまりにも歪な使い方ですからね。まだまだ回数が多いと感じますが、ようやくここまで来たかの感があります。40年は遅れてる。

中学生の年代は成長期に入りますから、この時期にオーバートレーニングを重ねてしまうと後々の影響が大きい。自分自身の体験でもあります。野球はしてなかったのですが(野球部はありませんでした)、膝痛に悩まされて、高校進学と同時にそのスポーツをやめました。

大体スポーツをしていてスポーツ障害なんてあってはならんのです、プロでもあるまいし。いやいや、プロであれば尚更ですね。

痛みの辛さは結局、体験者でなければわかってもらえません。非体験者にとっては他人事です。これは痛感しました。膝も痛いが心も痛い。中学2年の6月頃から膝に痛みが出始めました。それから膝痛に悩まされることになったのです。もしと考えて、膝痛がなかったのならバリバリの根性論者になっていたと思います。何?痛いだと?根性が無い証拠だ!と。

去年、長野県の中学校で朝練が廃止になると新聞記事で知りました。学力が全国平均よりも下だとか、運動部の加入率が全国平均よりも下だとか、高校に進学して運動部に入る率が全国平均よりも下だとか。今や働くお母さんが多いから朝練は家事負担が大きくて対応出来ないというものあるのではないか。高校の同級生で専業主婦している人は1人いるかいないかだった。

大した成績は望めないかもしれませんが、障害を負ってまでよい成績を納めるのもどうかと思います。中学生投手の投球制限が無理なトレーニングによるスポーツ障害の根絶になればいいなと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

伊香保温泉 その2

Dsc06948a
目指すは露天風呂。450円。

時間ギリギリで間に合った。

Dsc06949a
誰もいなくなったところでパチリ。

Dsc06951a
風呂上がりの一杯。コクがあって美味しいのですが、なかなか見かけません。

Dsc06952a
日が暮れると風情が。

Dsc06953a
地ビールは欠かせません。ヨーグルトのお酒があって買いました。昨夜飲んだのですけど、美味しかったです。

Dsc06954a
行きは1段飛ばしで空きっ腹でフラフラ。帰りはあっという間です。
1時間12分の“伊香保温泉行”でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

伊香保温泉 その1

せっかく「おもちゃと人形自動車博物館」まで来たのだからと、伊香保温泉に行くことにしました。実は私、伊香保温泉には行った事が無いのです、通り過ぎた事はあるのですが。

Dsc06933a
有名な石段を上がって行きます。その段数365段。

Dsc06937a
途中には温泉施設もありましたが、更に上がって行きます。

Dsc06938a
射的屋も。

Dsc06939a
上へ上へと上がって行きます。情緒が感じられます。

Dsc06941a
後ろを振り返ると向こうに山が。

Dsc06942a
伊香保神社の鳥居。

Dsc06944a
伊香保神社。

Dsc06946a
更に奥へと歩きます。

Dsc06947a
橋本ホテルの脇を通ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもちゃと人形自動車博物館 その10

Dsc06923a
何だかロボコップみたいな。お酒が動力源?アルコール入りだし、度数が高いほどパワフルだったりして。ノンアルコールビールを入れたらふてくされそう。

Dsc06925a
世界のビールもありました。販売中!

Dsc06926a
ラジオステーションもあってびっくり!10年前には無かったぞ。

Dsc06929a
キューピーちゃんの製造工場。金型も展示してあります。

Dsc06932a
入館してから閉館時間まで1時間15分だけでした。全然、時間が足りません。オコチャマから大人まで楽しめる博物館です。10年前よりもパワーアップしてました。もっと時間が欲しい!

おしまい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもちゃと人形自動車博物館 その9

Dsc06911a
フェラーリのワインじゃないですか。

Dsc06913a
記念ビール。巨人優勝を記念したビールや美空ひばりビール。
Dsc06915a
バーも併設?

Dsc06919a
フェラーリF40。10年前もあったなぁ。

Dsc06920a
リス園。室外飼育のリスちゃんは冬眠中ですが、室内飼育のリスちゃんは冬眠しません。
遊び疲れたのか、姿が見えませんでした。
10年前には無かったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもちゃと人形自動車博物館 その8

Dsc06884a
地域の民芸品もあります。

Dsc06886a
江戸時代の人形も。

Dsc06887a
アラレちゃんのガチャガチャ。

Dsc06893a
野外には映画「ALWAYS 3丁目の夕日」に使われた鈴木オートのセットまで。わ~ぉ。
10年前には、もちろんありませんでした。だって、放映されてないんだし。

Dsc06898a
映画のポスターも。

Dsc06901a
ロイヤルエンフィールドじゃないですか。現行車は形はそのままでインジェクションになっています。

Dsc06905a
外国の、その時代の人形かな。

Dsc06910a
世界各地の人形も展示されているんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもちゃと人形自動車博物館 その7

Dsc06861a
三菱ギャランGTO。

Dsc06863a
日産フェアレディ2000。

Dsc06865a
ダイハツコンパーノスパイダー。

Dsc06867a
トヨタスポーツ800。

Dsc06875a
ダットサンフェアレディ。

Dsc06879a
日産スカイラインGT-R。

Dsc06881a
日産フェアレディ240ZG。

やっぱり、車には夢がなくっちゃ。夢のある車は楽しい。夢を無くすと魅力が無くなってしまう。今の車、国産車は実用車ばかりで。現実にはいいんだろうけど24時間車にいるわけじゃないし、こんな車に乗りたい!というのが僅かしかありません。車好きにはたまらない空間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもちゃと人形自動車博物館 その6

Dsc06848a
日野コンテッサ。こんな車が今販売されているなら買っちゃうかも。

Dsc06851a
トヨタパブリカ。

Dsc06853a
またまた2000GTです。かっこいいなぁ。木型まであるじゃないですか。今、気が付いたぞ。

Dsc06855a
ホンダFJ360。こんな車でレースしていたのか。なんか夢があるなぁ。

Dsc06856a
ヨシムラホンダN360。N360ですよね?ライフじゃ無い。ライフは4ドアだし。

この車、どういう経緯でここで展示しているのか詳しい説明が欲しいです。

実際にレースで使われていたのか?「ヨシムラ」と書いてあるからヨシムラがS800やS600でレースをやっていた頃にチューニングされた車でしょうか?ヨシムラチューンの車だとしたらものすごく貴重な車です。2000GT以上かも。館内で展示している車の中で最も貴重な車はこれだと思いました。

Dsc06858a
マツダコスモスポーツ。ロータリーには、1度は乗ってみたい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもちゃと人形自動車博物館 その5

さぁ、バンバン行くよ!

Dsc06829a
スバル360。

Dsc06831a
マツダキャロル。高校時代、高校近くの床屋にこの車があったんです。キュートな車。今見るとオサレ。当時は軽自動車の排気量が550ccになって久しかったのですが360ccもちょびっとは走ってたかな。ジムニー360も見ましたからね。550はパンパンパンと聞こえるのに、360はポンポンポンと聞こえました。

Dsc06836a
フォードモデルT。

Dsc06841a
これはなんだっけなぁ。車を撮る時は車体を撮ってから車名も撮るのですが、撮り忘れました。ルノーだったようなきもするし、キドニーグリルみたいだからBMW?

Dsc06842a
トヨタ2000GT。整備風景を展示しているのかなと思っていたのですが、ここから車を搬入するようです。館内は手一杯でこれ以上の展示が出来そうにもありません。そこで昇降用リフトにまで展示しているのかな。

Dsc06844a
日野ルノー。

Dsc06847a
「頭文字D」のファンが見れば泣いて喜ぶ展示。この漫画、未だに見てないのですが。「あいつとララバイ」のイメージが強くて車かぁって。“かしらもじディ”と読んでしまったのはヒ・ミ・ツheart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもちゃと人形自動車博物館 その4

Dsc06811a
野球盤です。昔、遊んだっけ。友達が持っていたんです。

マジンガーZも。人が乗るところは飛行機になっているのですが超合金でありましてね、今でもこのおもちゃを持っています。

Dsc06816a
小さい時、これに乗ったなぁ。

まだまだ春休み、家族連れも多くはないですが訪れてました。オコチャマが飛び乗ってました。

Dsc06818a
思い込んだら 試練の道を
行くが 男の ど根性

スポ根の原点?

Dsc06819a
アイドルのブロマイドもた~くさん展示してありました。このテの事は全然詳しくないのですが、それでも懐かしい顔がたくさん。

Dsc06820a
キューピー人形。入館する時に小さいのを貰えるのです。最後の方に色を塗るコーナーがあるのです。時間が無いのでそこまでは出来ませんでしたが。
Dsc06823a
古いプラモも。ランボルギーニ カウンタックLP400だなんて通。

Dsc06828a
薬局にこういうのがありましたな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもちゃと人形自動車博物館 その3

Dsc06794a
おっと赤提灯。いい雰囲気を醸し出しています。

Dsc06795a
スマートボール。

ここまでは古くはありませんが、デパートの屋上でむか~し昔、やった事があるなぁ。

Dsc06800a
むか~し、せんべいはこんなふうに売っていたなぁ。おぼろげな記憶しかないですが。オバケのQ太郎にドロボー風呂敷。テレビは「鉄腕アトム」。

Dsc06802a
メグロS3。

Dsc06803a
ヤマグチ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもちゃと人形自動車博物館 その2

Dsc06783a
入口です。こうだったけなぁ?何せ10年振りなので、細かいところの記憶がありません。
テディベアがたくさん展示してある事、古い車が展示してある事、自販機のココアが美味しかった事が記憶にあります。

元“女の子”にテディベアがたくさん展示してあってファミリーで楽しめると教えた事があります。行ってくれたかな?

Dsc06788a
入場料1080円を払って入館すると、それはそれはファンタジーワールド!
ワクワクしちゃいますね。

写真はたくさん撮りましたが、アップできるのは僅かです。

Dsc06790a
展示もモダンで、ワクワクワールドでござりまする。

Dsc06791a
これだけじゃないんです!テディベアがたくさん。好きな人にはたまりませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもちゃと人形自動車博物館 その1

昨日2日、先週に引き続き仕事先が遠隔地だった。

今回は群馬県は高崎市まで。東京から片道100km。

先月にこの話があったのだが、ついにその日になった。

遠隔地の仕事は何かと用意が大変。万が一にも不足が生じてしまいますと、そのフォローが容易ではありません。そのために少しでも必要と思えるものはごっそりと持ち込む事にしているのです。

前日までに揃えて車に積み込みます。そして当日の朝、最終チェックをして早くに出発するのです。

不思議な事で準備万端でいるとその必要がほとんど無くて取り越し苦労に終わってしまう。その反面、何も大袈裟な、そんな事までしなくてもという気持ちが発生して実行してしまうと、あれこれと必要が生じて右往左往してしまう。

で、今回も例外無くあれもこれもと用意した。予想外の事が発生したが手持ちの物で対応できた。しかも、持って来て良かった物もあって、準備の良さを自分で褒めてやりたい。

多少手こずったところもあったが、昼飯抜き、休憩無しで早めに終わらす事が出来た。

遠隔地まで来て、最短距離、最短時間で変えるほど人間が真面目ではありません。

出来た時間は“有効に”使おう!

というわけで“悪い病気”が出てしまい、向かった先は伊香保にある「おもちゃと人形自動車博物館」なのでした。

Dsc06781a
「おもちゃと人形自動車博物館」に行くのは10年振り。ツーリングで来て、見つけたのです。

県道15号線を渋川から伊香保へ走ると左手にあるのです。

あれ?右手じゃなかったっけ?反対側に移転したのかな?これだけの博物館がそう簡単に移転できるわけが無く、どうも記憶違いのようでした。10年の歳月はこうも記憶違いを起こすものなのか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光と影

甲子園で高校野球が開催されてます。

プレイする選手を「球児」と称したり、ニュースでも頻繁に取り上げられてます。

サッカーとか、バスケとか、テニスとか、ボール競技する選手は全て“球児”のはずなんですが…。

爽やか、清々しい、溌剌、といったイメージがつきまとう高校野球ですが、
1回戦から進んで2回戦、準々決勝、準決勝と進んでいくとピッチャーは連投なんですよね。

若い体を酷使して、しかも偏った体の使い方。あまりのも酷使に目を背けたくなる時もあります。大会期間は伸びても、休養日を設けてやれないものか。

○○回を投げ切ったとなると感動的なところもあるし、感動もします。

でもそれは

散る桜
 残る桜も
  散る桜

…的な悲壮美があるような感じで、別の面から見ると残酷な感じがします。

ピッチャーを2人制にするなど、酷使しない配慮が必要だと思うのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

勝手に名所

近所というわけでは無いのですが、名所があります。勝手に名所しているわけですが。

一気に春めいきました。

Dsc06700a
“桜トンネル”と勝手に名付けています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昨日の悲劇

昨日の内にアップしたかったのですが、今日になりました。

悲劇が起きたのです。そこで一首。

自販機に

 コイン入れたら

  故障した

電話して管理者呼ぶ時間がある訳もなく、返却レバーを引いても反応無し。

結局、そのままっスよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

B747退役

既に昨日のことになってしまいましたが、全日空からB747が退役しました。

これで日本の航空会社から姿を消してしまいました。

小さい時から飛行機といえばB747。

数ある飛行機の中でも機体デザインがきれいな飛行機。

搭乗機がB747だと喜んだものでした。

大量輸送時代から“ちょくちょく輸送時代”になりました。

これも時代の流れでしょうか。

Dsc06175a
2014年2月11日、新千歳空港にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »