2013入間航空祭

2013入間航空祭 その10

かつて大空を駆け巡っていたエアプレーンの数々。

入間基地で展示している退役した飛行機です。

Dsc01140a
C-46

Dsc01139a
T‐33

1999年秋に入間基地のT-33が入間川河畔に墜落するという事故がありました。飛行中にトラブルが発生し、帰投を試みたけれど力尽きて…。

報道では入間川に墜落「した」とありましたが、これは墜落「した」のではなく墜落「させた」と思うのです。基地に帰投不能と知るや否や入間川に墜落させようと判断し、実行したのではないかと。その際に送電線を切断してしまった為に停電した事が大きく報道されてました。ちょうどその時、浦所街道を車で走行中だったので、信号が消えたのを覚えています。

確実に入間川に墜落させる為にギリギリまで操縦を続けたのだと思うのです。パイロット自身は脱出したものの高度が取れず、ついに殉職されてしまいました。ここに責任感を見る思いがしたものでした。

Dsc01141a
F-86F

小さい時に見たブルーインパルスの使用機がこのF-86Fセイバーでした。ゴーッと物凄いエンジン音を響かせながらのアクロバットを夢中で見たいたのです。

Dsc01144a
F-104J

スピードを出すために究極の形をしていると思います。そのスピードたるやマッハ2。原型機の初飛行は1954年。第2次世界大戦が終わってから10年もしない内にこの様な飛行機が出現するとは、この当時の飛行機の進歩に驚きます。

最後まで使用していたのはイタリア空軍で、2004年まで現役でした。

Dsc01147a
F-104J

エンジン部分だけ色が違います。もしかしたらチタン?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013入間航空祭 その9

予定時間より早くブルーインパルスの飛行が終わってしまいましたので、それならばと今度は警備犬の訓練展示を見に行きました。去年初めて見て、意外と面白いものだと知ったのです。

しかし、入間基地の展示場は滑走路の遥か彼方、線路を挟んだ遠隔地にあるのです。

案の定…
Dsc01117a
人、人、人…で身動きが取れず、しかも開かずの踏切で、渡るだけでもやたらと時間がかかるのです。駅が近くて便利でも、それが裏目に出てしまってゆっくりとしか電車が走りません。相互乗り入れで意外と本数が多く、しかも西武線の特急「レッドアロー」まで停車するのです。

踏切を渡るだけでも相当な時間がかかってしまいました。
渡ってからも歩いて歩いて。
警備犬の訓練展示は終わりの方しか見る事が出来ませんでした。

Dsc01121a
不審物を発見する訓練。

Dsc01123a
襲撃訓練。

Dsc01125a
悪を取り押さえたワンちゃん。

Dsc01133a
一連の展示が終わり、警備犬のお披露目。

Dsc01135a
敬礼する隊員。

Dsc01137a
撤収する時の晴れ舞台。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013入間航空祭 その8

ブルーインパルスの華麗なる演舞の数々。

Dsc01086a

Dsc01095a

Dsc01098a
当日は生憎と曇り空で、機体がスモークが大空に溶け込んでしまいました。

それでも演舞が披露される度に地上からは歓声が上がっていたのです。

Dsc01099a

Dsc01102a

Dsc01094a
あっ、いいところを…。

Dsc01104a

Dsc01105a
「キューピット」の開始直後。

Dsc01107a
雲に溶け込んでしまい、イマイチよくわかりません。かつてのようにカラースモークを復活して欲しいです。

Dsc01108a
華麗なる演舞はまだまだ続きます。
その度に地上からは歓声が上がり、見る人を魅了させていたのです。

Dsc01111a
ところが、この写真を撮った直後、ブルーインパルスが上空から姿を消してしまったのです。
一向に姿を現わせないので、どうしたのかな?

しばらくすると民間機が空域に侵入してしまった為、一時演技を中断しますとアナウンスがありました。

民間機が侵入?民間機といえどもやたらと飛べないだろう。今日、この空域でブルーインパルスの飛行があるという事はわかっているはず。誤って入ってしまったのか、あるいは中止させようとして入ったのか。いずれにしてもパイロットとしては失格で、パイロット資格剥奪だといぶかしく思ったのです。後にこの民間機はドクターヘリだと知ったのですが、そうとは知らないこの時はこの様に思いました。

演舞が再開されないまま、時間だけが過ぎて行きます。ナレーションも場を持たせるために必死で、機体の紹介や何やらをアナウンスしていました。

これらの飛行をするには技術はもちろん、集中力も相当なものが要求されるはず。一端中断してしまうと集中力を回復させるのは容易ではない。飛行時間、燃料の関係もある。十中八九、今日の飛行は中止だと思っても、もしかしたら再開されるかもしれない。一縷の望みを抱きつつ、上空を見上げていました。

しかしながら「まことに残念ですが…」とアナウンスがあり、その時地上ではどよめきが上がりました。ついに再開されることは無く、展示飛行が終わってしまいました。去年はバードストライクで中止になったのは不運だとしても、今年は民間機の“不法侵入で”中止になってしまったのはとても残念思いを抱いたものです。何日かしてその“不法侵入”した民間機はドクターヘリだと知りました。緊急搬送していたそうです。

Dsc01113a
展示飛行が中止になり、着陸態勢に入ったブルーインパルス。

降下中の機体も何だか残念そうです。

Dsc01114a
残念な思いでいっぱいになりながら滑走路を後にしました。展示飛行が中止になってしまった観客の気持ちを思ってか、飛行要員と思われる隊員さんが“ファンサービス”をしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013入間航空祭 その7

ようやくお待ち兼ねのブルーインパルスです。私の所からはウォークダウンは見えないので、まだかまだかと機体が動き出すのを待っていました。

Dsc01073a
1番機が地上滑走を始めました。その後ろには2番機が続きます。

Dsc01074a
パイロットが手を振ってます。

Dsc01075a
後続のパイロットも手を振ってます。

Dsc01077a
機体の最終点検を終え、離陸滑走直前!

Dsc01080a
3機編隊で離陸し、滑走路に進入した時の写真。

Dsc01084a
3機編隊の雄姿。この間に後続の2機も離陸しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013入間航空祭 その6

さて、入間航空祭は飛行機以外にもいろんな催し物があります。

人、人、人…で移動がままならならず、やはり飛行機が飛んでいるとどうしても上空を見上げてしまう。
全てを見ることは出来ませんでしたが、その内の幾つかを紹介しましょう。

Dsc01066a
催物会場での航空中央音楽隊による演奏。

この演奏の前は入間基地軽音楽部演奏会による演奏もあったのです。

また滑走路手前、ブルーインパルスのT‐4の前では硫黄島基地隊「硫琉」によるエイサー演舞、佐渡分頓地「鬼太鼓」の演舞がありました。さすがにT‐4の前は人だかりで行くだけでも一苦労。音だけ聞いたのでした。

Dsc01116a
美術展もあります。自衛隊と美術?ミスマッチのように思えますが、何も仕事ばかりじゃねぇ。

仕事が趣味と言ってはばからず、それ以外に趣味を持つと遊んでばかりいやがってと白い目で見られたりしますが、いい事だと思うのです。今はそんな事言う人はグッと少なくなりましたが、まだまだいない訳ではありません。趣味を持つ事は幅が広がっていいと思うのです。

Dsc01062a
推しメン総選挙。婚活?

Dsc01115a
隊員さんの人気投票ですね。

女性隊員もいるが、圧倒的に男社会。出会いの機会も少ないのかもしれません。平常勤務であれば勤務時間、勤務日はきちっとしているだろうから予定も立て易い。なんともうらやましい勤務環境なのですが。それでも難しい、といったところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013入間航空祭 その5

Dsc01043a
空挺部隊の落下傘降下。

産卵しているように見えるのでした。

Dsc01044a
降下中の空挺部隊。

Dsc01046a
降下中の隊員。微妙に落下傘を操作しています。

Dsc01057a
一連の展示を終え、C‐1が着陸してきました。

入間基地に到着した時はYS‐11が飛行展示中だったのですが、写真は撮れませんでした。YS‐11は既に国内民間航空では退役してしまい、国内では航空自衛隊だけでしか運用されてません。国産旅客機が運行するその日まで飛んでもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013入間航空祭 その4

Dsc01012a
C‐1が離陸しました。

Dsc01013a
続いてU-4が離陸しました。

離陸したのはC-1が5機、U-4が1機です。
これらの飛行機は一端、入間上空から離れました。
その間、ヘリコプターの飛行展示でした。

その時はトイレに行ったり、そばを食べて腹ごしらえをしていたのです。
今年の入間航空祭は来場者が物凄く、後で知ったのですが何と32万人。
露店の中で回転率がよさそうなのはそばやうどんを売っているお店だと思います。
腹ごしらえをするには最適かと。

ヘリコプターは百里航空隊の救難ヘリが飛来していて、救助の様子を飛行展示していました。
もちろんその間は並びまくり、食べまくりで見ておりません。
粋なナレーションを聞きながらそばを食べていたのでした。

Dsc01015a
C‐1による飛行展示が始まりました。

大型機には小型機にはない迫力があります。
写真を見るだけでゴーッとエンジン音が聞こえてくるかのようです。

Dsc01019a
C‐1の編隊飛行。

Dsc01028a
ギアダウンして着陸灯を点灯させて飛行場上空を侵入してきました。

Dsc01029a
飛行場上空を通過。

Dsc01026a

Dsc01036a

Dsc01049a
C‐1の空中機動。大型機ながら軽快な機動を見せてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013入間航空祭 その3

それでは空を飛んでいる飛行機を見てみましょう。

Dsc00985a
離陸直後のT‐4。

Dsc00991a
ダイヤモンド編隊がバッチリ決まってます。

Dsc01001a
アローといって、非常に精神力が要求される編隊だそうです。

Dsc01003a

Dsc00997a
T‐4の機動。

航空総隊司令部の飛行機で、F‐15、F‐4に乗っていたベテランばかりの平均年齢50歳パイロットが操縦しているというアナウンスでした。50歳といえば戦闘機パイロットとしては既に第一線を退いているのですが、技量のほどは維持されているのかもしれません。

Dsc01007a
こちらも決まってます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013入間航空祭 その2

それでは地上展示の飛行機を見てみましょう。

Dsc00966a
T-7

Dsc00968a
T-4

Dsc00971a
U-4

Dsc00974a
YS-11

Dsc00977a
YS-11の機種。新幹線の0系に似てますね。

Dsc01005a
C-130

Dsc01006a
C-1

Dsc01071a
F-2

Dsc01072a
F-15

私、人生経験が浅い為か、まだヘリコプターに興味があまりありません。ゴメンナサイね、写真、1枚も無いのです。

※続きはまた今度!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013入間航空祭 その1

今や国民的人気があるといって過言では無いブルーインパルス。

今日は年に1度の入間航空祭。入間基地で飛行展示がある。

毎年の事ながらブルーインパルスを見に、早速出かけたのでした。


西武線に乗った時からもみくちゃにされました。
Dsc00963a
とにかく人、人、人…。
西武線稲荷山公園駅で降りると、それはそれはもう…。

Dsc00964a
入間基地に入る前に簡単なボディチェック、手荷物検査を受けます。
それにしても人、人、人…。

Dsc00965a
駅から降りて、踏切渡って滑走路に向かうのですが、入間基地は西武線が貫いているのです!

踏切を渡るのにすごく時間がかかります。人、人、人…で身動きがままならないのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

1995沖縄 Part1 | 1995沖縄 Part2 | 1995沖縄 Part3 | 2002沖縄 Part1 | 2002沖縄 Part2 | 2002沖縄 Part3 | 2008沖縄 | 2009入間航空祭 | 2009北海道 Part1 | 2009北海道 Part2 | 2009北海道 現地から | 2009四国 Part1 | 2009四国 Part2 | 2009東京モーターショー | 2009沖縄 | 2009沖縄ツーリング Part1 | 2009沖縄ツーリング Part2 | 2009沖縄ツーリング Part3 | 2009沖縄ツーリング Part4 | 2009沖縄ツーリング 現地から | 2010入間航空祭 | 2010夏・沖縄 Part1 | 2010夏・沖縄 Part2 | 2010沖縄 Part1 | 2010沖縄 Part2 | 2011入間航空祭 | 2011夏・沖縄 Part1 | 2011夏・沖縄 Part2 | 2011東京モーターショー | 2011秋・沖縄 Part1 | 2011秋・沖縄 Part2 | 2011秋・沖縄 現地からpart1 | 2011秋・沖縄 現地からpart2 | 2011秋・関西急行記 | 2011秋・関西急行記 現地からpart1 | 2011秋・関西急行記 現地からpart2 | 2012G・W紀伊半島 Part1 | 2012G・W紀伊半島 Part2 | 2012G・W紀伊半島 Part3 | 2012G・W紀伊半島 現地からpart1 | 2012G・W紀伊半島 現地からpart2 | 2012 10月沖縄 Part1 | 2012 10月沖縄 Part2 | 2012 9月沖縄 Part1 | 2012 9月沖縄 Part2 | 2012 9月沖縄 Part3 | 2012入間航空祭 | 2012冬・北海道part1 | 2012冬・北海道part2 | 2012冬・北海道part3 | 2012冬・北海道part4 | 2012冬・北海道 現地からpart1 | 2012冬・北海道 現地からpart10 | 2012冬・北海道 現地からpart2 | 2012冬・北海道 現地からpart3 | 2012冬・北海道 現地からpart4 | 2012冬・北海道 現地からpart5 | 2012冬・北海道 現地からpart6 | 2012冬・北海道 現地からpart7 | 2012冬・北海道 現地からpart8 | 2012冬・北海道 現地からpart9 | 2012百里航空祭 | 2012関西急行記 | 2013入間航空祭 | 2013冬・北海道 Part1 | 2013冬・北海道 Part2 | 2013冬・北海道 Part3 | 2013冬・北海道 Part4 | 2013冬祭り・北海道 Part1 | 2013冬祭り・北海道 Part2 | 2013冬祭り・北海道 Part3 | 2013年・10月の沖縄 Part1 | 2013年・10月の沖縄 Part2 | 2013年・8月の沖縄 Par2 | 2013年・8月の沖縄 Part1 | 2013年・9月の沖縄 Part1 | 2013年・9月の沖縄 Part2 | 2013年夏・北海道Part1 | 2013年夏・北海道Part2 | 2013東京モーターショー | 2013GW Part3 | 2013GW Part1 | 2013GW Part2 | 2014入間航空祭 | DUCATI ST4s | MOTO GUZZI STELVIO | イベント | タミヤ・ハイラックス その1 | タミヤ・ハイラックス その2 | トップページの写真 Part1 | トップページの写真 Part2 | バイク | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ