« 風邪との戦い | トップページ | 童心に戻って »

不思議な夢

どこからか舞い降りて、塀の上に降り立った。

塀から降りて建物の中に入るとマスゲームみたいなものをやっている。

トントン、トントンと叩かれるので何だろうなと思っていると、誘われているみたい。

マスゲームに参加して、その打ち上げ会場。

器を手にしてお玉で餅を入れている。

貰いに行っていいものかと遠慮していると、

うちのクラスに行かなくっちゃ。

行ってみると部屋から続々と出ているところだった。

「どこ行くの?」

食事に行くらしく、夕食券を貰った。

すると先生が出てきた。

「あっ、先生」と言うと、

先生は笑顔で自分の手を握り、

「ありがとう」、と。

先生がクラスメイトと話しているのを傍から聞いている内に目が覚めた。

時計を見ると午前3時32分。もしかしたら36分だったかもしれない


スピリチュアルなものを信じているわけではないが、何とも不思議な夢だった。

朝方に亡くなったというので、もしかしたらこの辺りの時間に亡くなったのかもしれない。

先生が亡くなった日を0日とすれば、今日でちょうど2ヶ月が経つ。

先生宅を訪れた2年後のその日にお亡くなりになり、亡くなってからちょうど2ヶ月が経つ今日、この様な夢を見るとは何とも不思議だった。

故人が夢の中に出てきて笑顔で手を握り「ありがとう」と言う。スピリチュアルなものを信じているわけではありませんが、その意味するものは?もしかしたら…、お礼を言いに来たのかもしれません。あらためてご冥福を祈るのです。

|

« 風邪との戦い | トップページ | 童心に戻って »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515758/58168348

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な夢:

« 風邪との戦い | トップページ | 童心に戻って »