« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

継続

所有すれば維持費が掛かる。

売却しても安い。

このジレンマに悩んだ1ヶ月半。

よく言えば熟考。

悪く言えば優柔不断。

正直なところ、日中はバイクの事なんて考えてらんないだが。

保険契約しても支払いをしていなかった1ヶ月半(以上)。

期日まで支払わないと契約日にさかのぼって解約となります。

そんな期日が迫ってしまった今日、ようやくコンビニに行って支払いを済ませた。

自賠責のみのバイクでは公道は走りたくない。

「いざという時は、その位(任意保険代)すぐに吹き飛んでしまいますよ」

早速、ブレーキを直さないと。

バイク屋の見解と自分のそれとは違いがある。まず直すべきはキャリパー、それでダメならローターの交換、というのが手順ではないかと。新車登録から11年以上も経てば、キャリパーの機能も落ちるだろう。口下手な私、どうやって説明しようか。

より長距離に強いステルビオがある今、ST4sは近距離専門となる。10年も乗ったバイクを手放すのはなかなか出来ない。あと1年位は手元に置いときたい。

もちろんステルビオもETCを直さないといけない。リアフェンダーも欲しいし、グリップヒーターも装着したい。

両車とも費用のかかることばかりだけど、見返りはあるよね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バイザー

まだまだ夏ですが、それでも過ぎつつあるのを実感します。

日が短くなりました。

帰路、車を運転しているのですが、進行方向によっては西日が射して、とても眩しいのです。

目を開けていられない位で、運転に支障をきたします。

そこで、今日はバイザーを下ろして運転していました。

ところが!

寸でのところで赤信号を見落とすところでした。

危なかったよぉ。

この時、痛烈に思ったのですが、遮光するバイザーではなくて減光するバイザーが欲しいと。

視界を遮ってしまうと何となく運転しにくいです。しかも視野が狭くなって、今回のような事もありうる。

そんなバイザーがあればいいなと思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やってしもうた

今日はステルビオ…。

と書くと、ついにやったか、と思うでしょ。

何かが短いのにこんなバイクを買っちゃって。とうとうやっちゃったなって。

でも残念?ながら違います。

立ちゴケなんぞしておりません。

じゃあ、何?

今朝、洗濯機の中から洗濯物を取り出すと、あっ!

やっちゃった。底からステルビオのキーが出てきてしまった。

キーを洗っちゃったよモヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

ステルビオにはイモビライザーがあって、キーにはICチップが組み込まれている。

ダメにしちゃったかなぁ?と不安を持った。

ステルビオにはメインとスペアの2本しかキーがありません。ドカティのように「赤いキー」はありません。

ステルビオは基本的には個人売買で、セールストークだけはバイクショップ。

で、購入前にキーの複製について聞いていたのだけど、結局のところ、イマイチ要領を得なかった。

数多く売れるメーカーではないし、その中からキーを複製しようだなんていう人はほとんどいないのだろう。

「キーを複製した事はありません」だった。

イモビキーを複製するにはどうしたらよいか、知らないようでホントに知りません。

ちょっと調べてみたけど、自動車に強い鍵屋さんで対応出来るらしい。ただし、お値段1本11500円w(゚o゚)w

キーは3本欲しいです。メインが1本、スペアとして持ち歩くのが1本、そして自宅に保管するのが1本。

その昔、バイク雑誌を読んでいて読者投稿欄でこんな記事があった。

北海道ツーリングしていてキーを紛失してしまった。スペアキーは持ってない。

で、どうしたか?

家まで取りに行ったそうな。

さて、恐る恐るキーが使えるか試してみた。

P1270923
洗ってしまったキーです。

全自動洗濯機でそれはもう、モミクチャにされました。

P1270924
キーを差し込んでひねってみると、第一段階クリア。

P1270925
セルボタンを押すと、エンジンが始動しました。第二段階もクリアです。

だけど、心配なのはこの後の影響です。今のところ大丈夫でも、いずれ中の基盤がサビでトラブルを起こしてしまうのではないか、と。

取説には洗濯機でキーを洗ってしまうとどうなるか、そんな事は書いておりません。

バイクのキーですからある程度は防水になっていると思うのですが、今日までキーの防水だなんて、考えた事はありませんでした。

P1270927
ステルビオのキーです。中にICチップが組み込まれているのですが、どのような製造過程を経て出荷されるのかはわかりません。チップを組み込まれた状態で成型しているように思えますし、チップを組み込んで、パチっとはめ込んでいるようにも思えます。いずれにしても、バラせるような作りではありません。ハンマーで叩いて壊さないと真相追求は出来ないですね。もちろん、そんな気はありません。

P1270928
こちらはST4sのキーです。この作りでは洗濯をしてしまうと内部に水が入りますね。それでチップがダメになるかはわからないけど。取っ手にカチッとはめ込むような作りです。ステルビオと同様にバラせる作りではありません。

P1270929
セリカのキーです。イモビライザーはありませんのでキーにICチップは組み込まれいません。が、ドアロック、解除のリモコンキーです。この様に表面にボタンがありますと、そこから水が侵入してしまい、洗濯をするとダメになる確率が高そうです。中に電池が入っていて、リモコンが効かなくなると交換しています。

今のところ普通にエンジンがかかりますから大丈夫ですが、経過観察が必要になりました。

みなさんも、キーの洗濯にはご注意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

校舎の落書き

校内見学時に見つけた落書き↓

P8240120a
こんな落書きにも20年以上、いや30年近くの積み重ねがあります。

古い校舎は取り壊してしまうので、これも無くなってしまいます。

同級会に行くとかつての同級生の今の姿を見るのですが、如何に自分が自堕落な生活を送っているか思い知らされます。

その反面、次回は良い報告が出来るように頑張ろうとも思うのです。

同級生の中にはもう同級会には行かない、呼ばなくていいと言う人もいます。頑なに拒んでいる人もいるかもしれません。だからといってとやかく思ったり、言う事はしません。人それぞれですからね。10人の人がいれば10通りの答えがあって、例えそれが正反対でも正解です。テストのように答えがあるわけではありません。

ただ、かつての同級生の姿を見ることで発奮する動機にはなると思うのです。

もしかしたら、もう2度と会う事の無い人もいるかもしれません。

今回の同級会は担任の先生が亡くなってしまったのがきっかけとなって開催されたようです。同級会やりたいねぇって。

2年前に、まだまだお元気な内に先生にお会い出来て本当によかった。直接、「在学中はお世話になりました。ありがとうございました」と言えたのですから、変な言い方ですが悔いるところはありません。

もし、あの時行かないでいたら、きっと行けばよかったといつまでも後悔しているはずです。

でも全く悔いるところが無いかと言えば嘘になります。

自分らが訪問したことによって、あいつが行ったのだからとオレも行ってみようという動機付けにはなれませんでした。おそらく色紙を持ってお伺いしたのを最後にかつての生徒が訪問する事は無かったのでは?

車の運転をやめてご自宅と病院を往復するだけとなって、楽しみがグッと少なくなったと思うのです。それならば自分が訪問する事によって楽しみになって貰おうと思ったのですが、行動がほとんど伴いませんでした。色紙には細かい事は書かないでで、デカデカと「また遊びに行きますね」と書いたのですけど…。

あるいはアマリリスの球根を持って行って花が咲くまでを楽しんで頂こうとも考えていたのですが、季節的な事もありましたし、一番は行動が伴いませんでした。季節的に丁度良いと思って沖縄で買ったハイビスカスの苗木を昨年6月に人に頼んでお渡ししたのですが、どうだったでしょうか?お兄さんが沖縄戦で戦死しているので辛い過去を思い出させるのではないかと思わないでもありませんでしたが、花の咲く様子を楽しんで頂ければと。今となっては確かめる事も出来ません。

酷な言い方かもしれませんが、いつの日にかこんな日が来るとは思っていたのです。予想よりも早かった。この生徒たちを受け持ってよかったなと思って頂けたら、これほど嬉しい事はないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒業


こんなのを見ると、センチになっちゃうのよね。

3年前は同級会の誘いがあっても行かないと決めていたのだが…。

2年前に各クラス合同の同級会があって、行くか行かないか散々迷って、大幹事さんの熱心な誘いもあって恐る恐る出席した。

そして今から48時間前は同級会の真っ最中。

懐かしい面々に会えてよかったよ~。

なぜか不思議ですが、肝心な事は忘れているのに何でもない事をよく覚えている。

例えば…。

車。

1組の先生はレオーネ→カリブ。

うちの組の先生はトレディア。

3組の先生はシャレード・リッターディーゼル。

4組の先生はシビック。

5組の先生はパルサーEXA。

ある体育の先生はラングレーにレオーネ。

ある社会の先生はサニー・ディーゼルにカローラ。

部活の顧問は転勤で2人いて、マークⅡ→トレディアにサニー。

ある英語の先生はスターレット・ソレイユ。

…てな具合。

肝心な事を覚えていたら人生変わってると思う。

何でこんな事ばかり覚えているのだろう?

高校時代は割り切れないものがあって、在学中も卒業後もそれをずーっと引き摺っていて、同級会なんか出ないと心に決めていたのに。当時の高校生ならば誰しもが割り切れないわだかまりを感じていたんじゃないかな。多少はあっても、自分は多い方だった。なんだかそのわだかまりも、今となっては懐かしい思い出という感じ。

ようやく高校を卒業できました。同級会が素直に行けるようになりました。

黄色いセリカを見て、

「…って、こういう人だったの?」

こういう人になったんです!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

高円寺阿波踊り

昨日は高円寺阿波踊りだった。

いつもなら時間目一杯滞在してあっちこっち駆け巡って、それからUTKちゃん、MMRちゃんと遊んで、夜通し運転して朝方に到着するパターン。でも、今回はごめんね。次回はいっぱい遊ぼうネ。

東京に帰ったのが5時過ぎで、それから同級会の写真をPCに取り込んだのだけど、これがスムーズに行かなくて、時間がかかってしまった。

高円寺に着いた時は7時を過ぎてしまった。でも大丈夫、9時までやっているからと思っていたら、8時で終わりなのね。

Dsc09609a

Dsc09616a

Dsc09619a

Dsc09627a

Dsc09631a

Dsc09633a

Dsc09644a

Dsc09656a

ラストの踊り狂いは圧巻です。熱意に釣られて飛び込み参加の人もいたりして。8時00分00秒00で終わったのでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

地獄谷温泉野猿公苑にて

地獄谷温泉野猿公苑にて
地獄谷温泉野猿公苑にて
地獄谷温泉野猿公苑にて
地獄谷温泉野猿公苑にて
地獄谷温泉野猿公苑にて

温泉に入るサルで有名なところです。サルも暑いと見えてなかなか温泉にはいりません。間近で見る事が出来て、カワイイですね。でも野生のサルなのでナデナデするような事は厳禁です。駐車場から往復3.2km歩きました。入場料500円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

むかしに戻って

楽しい同級会も、あっという間もなく終わってしまいました。オジサン、オバサン(おっと失言)になってもお酒が進むにつれ、かつての面影が鮮明になって高校生同士が酒を酌み交わしているようでした。

この時間よ永遠になれ、と思わずにいられません。

再び各々の方向に歩き始めましたが、また会えるといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同級会

P8240122a

こんな時間まで飲んでました。

古い人で卒業以来、新しい人で先月。

誰が来るのかわからなかったのですが、面影があります。

やはり、飲めばみんなかつての顔に戻っていきました。

地元にいる人が中心なのですが、人との繋がりというのでしょうか、千葉県からも来ている人がいました。

地元にいれば何かの機会で、あるいは偶然に会う事もあると思うのですが、遠方にいるとこの様な時でないと会うことはまず無いですからね。

担任の先生は亡くなってしまいましたが、校長をしているかつての先生が出席してくれました。

新しい担任の先生?

当時、他のクラス担任だったのですが、去年から校長として赴任されてます。

何と校長先生の案内で校内を回ったのです。

同級会の席にも出席してくれて、新しい担任ですね。

写真にないのが残念ですが。

かつての担任も安心して任せられると喜んでいるかもしれません。

でもなぁ、あと1年はもって欲しかった。

話を聞くと、具合が悪くなるまで普段通りだったらしい。

もう少し話を聞きたかった。

※8月26日5時50分、追記。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドキドキ

明日は、ぬわんと高校時代の同級会。

先月に担任だった先生が亡くなってしまい、その追憶という意味が大きいかと。

誰が来るのか、わからない。

2年前の全クラス合同の大同級会ほどではないけれど、ドキドキしてきた。

でも、大丈夫。同級生の名前は今でも忘れてない。全員の名前を言える。

あっ、もっとも、今ではどんなふうに“変化”しているのかはわからないけど。

面影はあるはず。お酒を飲めば高校時代の姿に戻るだろう、多分。

卒業アルバムを開いて“復習”しますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ETC作動せず

P1270913
写真では全く見辛いのですが、ステルビオのETCランプが点かないのです。

ということは、ETCが作動してないわけで、これは困ってしまった。

北海道にいた時は少なくても小樽から銭函までの区間では正常に作動していた。

その後、ランプた点いたり消えたりして、普通ではなかった。

そして本州に戻るとランプが消えて作動しなくなって、ゲートで通せんぼ。

それでも作動する時もあったのだけど、調子が悪くて使い物にならない状態だった。

今となっては作動する気配さえない。

P1270915
中の配線の微妙なところですかねぇ。イマイチどころか、全然わからんぞ。コネクターの通電不良かもしれないという事で、ETCから伸びる配線のコネクターを外して、CRCをシュッシュしてみると…、

P1270914
ETCランプが点きました。

ところが…、

改めてエンジン始動すると、ランプが消えてしまいました。

う~ん、困ったなぁ。

この後、いつものように取り回しの練習をして、車体に跨って交互に足をつく。

今日はステルビオが大きく見えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も練習

さて、今日もステルビオを引っ張り出して練習。

何を練習しているのかというと、取り回しの練習。
  
         と

実際に跨って片足ずつ交互に足付いて立ちゴケしないための練習。

全くの基本練習です。

押し歩くにしても車体の進み具合と歩幅が合わないこともある。

下手すりゃコケっとやってしまいますからね。

今日はステルビオが小さく見えたぞ。

そして…、

もう少し欲を出して練習したいことがある。

それは…、引き起きし。

でもその為には実際にバイクを倒さなければならない。

でもそんな事出来るはずもなく、どうしたら良いものかと。

ステルビオの引き起こしは重い、のかなぁ。

限定解除の練習していた時は、さんざん倒した。

でも、大型バイクに乗るようになってからは倒したのは1回だけ。

それもGPZ900Rに乗っていた時で、バイクから下りてフト振り返るとゆっくり倒れていった。

サイドスタンドの出し方が不十分だったのが原因。

あれ以来、バイクを倒していない。

厳密に言えばGPZ1100に乗っていた時、左足がズルっとして倒しそうになったことがある。

その時はガードレールに寄りかかって、倒れるまでには至らなかった。

ST4sではまだ倒したことが無いのです。コケっとやりそうになったことはあるけれど、持ち堪えた。

さて今度のステルビオはST4sより足付き性が悪い。コケッとやる確率は高いわけで、起こせるかどうか…。

こんな状態なのに北海道に行っただなんて、冒険ですね。

2013年・夏が再びやって来るのなら、北海道には行かなかった。

浮いた費用はST4sの修理代に回します。

でも2013年・夏は2度とはやって来ない。だったら行くしかないでしょ。

さてさて、ステルビオを倒すこと無く帰宅しました。

3速発進しようとしてエンスト、コケっとやりそうになったのが1番危なかった場面。

どんな時でも落ち着いて操作する必要があります。

それと今日はST4sの任意保険の契約が明日で切れてしまうというわけで、保険証券を確認した。

あれ?どこにいったっけ?と探す羽目になった。よく見たらちゃんとファイルに入れてあった。

契約は7月のステルビオの納車の日に行ったのだけど、肝心なものはまだ払っていない。

期日までに払わないと契約した日に遡って解約となりますと書いてある。

契約したその日にST4sのブレーキ不具合がはっきりして、それが簡単には直らなくて、ちゃんと直すにはかなりの金額が必要で、その金額に見合った見返りがあるのかと考えるところが大きくて、続投か売却かと迷ってしまうのです。

さて契約書を改めて見てみると、期日はもう少し先だということがわかった。勘違いしていたわけね。もう少し考える時間があるので、もうちょっとだけ考えてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑さの中にも

暑い暑いと連日猛暑が続きますが、東京に戻ってみると暑さの中にもチョッピリと涼を感じます。

コンビニに行って、ビールのコーナーを見てみると“秋味”なんていうのが置いてあって、季節の変化を感じます。

北海道も暑かった。数えてみれば夏の北海道は今回で8回目。前回「2007夏・北海道」も暑かったのですが、今回はもっと暑かった。道北に行けば涼しかったかもしれませんが、道央は暑かった。

そういえば、「2007夏・北海道」もとうの昔に写真準備は出来ているのに、未だにアップしてないです。

このブログ、情報提供というよりも自分の記録をまとめる意味合いが強いのですが、すっかりと更新が滞っています。溜まるネタ、滞る更新に陥って久しい。

昨日はは夏休みはどこに行ったのかと話題になったのですが、言えませんでした。北海道に行きました、その前に沖縄に行きましたなんて、口が裂けても言えない。どうしてかというと、う~ん。このテの話をすると中には「遊んでばかり・・・」と批判めいた事を言われることがあるのです。今となってはこんな事言う人も随分少なくなったと思うのですが、その以前は少なくなく、「遊んでばかりいやがって…」とか、「今の若いのは…」と言われてしまう事が多かった。その内このテの話は避けるようになって、今でも反射的に避けてしまう。これを発表?するのはブログのみ。とかきつつも、ブログ書いてます、読んで下さいなんて言わない。それでも一時期はちょっとだけPRしていたけど、今はやめてしまった。“悪の数々”なんて教えられない。

さてとボチボチと記憶が鮮明なうちに写真整理をしましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステルビオあれこれ

今回のツーリングでステルビオについて感じた事、わかった事をダラダラと書いてみましょう。

燃費

18km/ℓ位です、高速で。燃費はこの程度と聞いてきたので驚く事はないのですが、もう少し伸びてくれなかなぁっと思うのが正直なところです。しかもタンクは18ℓでリザーブが約4ℓ。という事は単純に計算して252kmしか航続距離がありません。しかも燃費は絶えず変化していきますから、実質、200km走ったら給油となりました。

しかも、給油口が狭いのでノズルを入れるとほとんど見えません。ガソリンをこぼさないで満タンにするには技術が必要です。セルフでないスタンドでは年配のスタンドマンは微妙に満タンに入れるのに対して、若年のスタンドマンは満タン給油が出来ないという技術の差を見せつけられました。

ステルビオが発表された2007年か2008年当時であれば排気量からしてまぁまぁの燃費かと思うのです。しかしながら省燃費化が進んだ今となっては確実に一世代前の感がします。せめて高速道路で22km/ℓまで伸びてくれないかなと思います。

取り回し

これは練習の甲斐あってか、整備された平坦地であればそんなに苦ではなくなりました。今回はサイドケースを取り付け、もちろん荷物の入れてましたのでその分重量が増えているのですが、整備された平坦地であれば問題無し。もちろん傾斜があったり、砂利など未整備な所では取り回しは苦労すると思います。そのような所にはバイクを止めない、出る事を考えてバイクを止めるのがコツですね。

疲労

驚く程少ない。もちろん全く無いわけではありませんが、想像していたよりも遥かに少ないのです。バイクに乗っててこんなに楽していいのかなぁっと思う位。八戸から東京まで765.1kmも走って、帰宅後にまとめて洗濯をした余力があるくらいですからね。長距離を走ったあとは胸をえぐられるような何とも例えようのないイヤな疲労感がありますが、それが無いのです。翌日は疲労感が抜けなくてしんどい1日を過ごす事になるのですが、全く疲労を感じないで過ごしました。

また長距離を走るという事は長時間運転する事であって、必然的に長時間エンジン音を聞く事になります。GPZ1100など4気筒エンジン搭載車に乗っていた時は帰宅しても耳にエンジン音がこだまして、夜に眠れなかった事がありました。が、ステルビオにはそれが無かったのです。

手のしびれ

V型2気筒で理論的には振動が無いと言われても、現実には気筒間の差はありますし、どんなに加工技術、部品精度が良くなっても90度に近づくというだけで、真に90度V型エンジンになるのは永遠の課題だと思います。

さて、ステルビオにも振動があって、ミラーがブレて振動がハンドルに伝わってくるのですが、それで手がしびれるかというと、しびれないのです。不思議なことですが、手がしびれてブレーキ操作が出来ないという事がありませんでした。

これは長距離を走るにおいて大変重要な事だと思ってます。雑誌インプレッションを読んでもハンドルに伝わる振動で手がしびれないかが書いてないのは不思議なことです。

熱さ

これは感じます。エンジンレイアウト上、足の甲から脛、膝にかけて熱さを感じます。外気温30℃を超えると、一般道、市街地ではかなり熱い思いをします。シリンダーの位置関係上、左足の方がシリンダーが近いので左が熱い。それに対して右側はそれほど熱くない。コンロッドの厚みの差なのですが、大きな違いを感じます。

ただ、ST4sのように股が熱くなるような事はありません。

バイクですから仕方ないのですが、それも程度もの。特に排気量のあるモデルは新車はもちろん中古車でも購入前に必ず確認しておきたいポイント。

ポジション

大柄なポジションです。しかし視点が高くて眺めがよい。周囲の交通状態がよくわかるのです。もちろん安全運転に寄与するところ大で安心感があります。大柄なポジションに違和感を感じたのですが、最終日にはむしろしっくりとする感じを受ける時もありました。

帰宅後にST4sに乗ってみると、前傾はきつい、ステップは高いでそのポジションがものすごく窮屈に感じました。

お尻の痛さ

痛くなりました。シート形状、シート表皮の材質に不満は無いのですが、内部のウレタンがやや固くて沈み込みが少ないのです。狭い範囲に体重がかかってくるのでそれで痛みを感じるのかなっと。

慣れてくれば痛みを感じる事が無くなるかもしれません。もっと距離を乗って見極めたいと思います。

サスペンション

見た目こそオフロードスタイルですが、中身はロードバイクだと思いました。足付き性をよくするために最弱にして乗っています。この場合だとサスペンションをフルに作動させるものだと思いますが、ショックを受けると少ないストロークで吸収するサスペンションなのです。実感としてはオフ車のサスペンションというよりもオン車のサスペンションという印象を受けました。だからオフ車の形をしたオン車だと。

セルモーター

セルボタンを押すとセルモーターが回ってエンジンが始動します。今回のツーリングで初めて気が付いたのですが、ボタンを押すとエンジンが始動するまで自動的にセルモーターが回り続けます。始動性自体は悪くないので気付きにくいのですが、アレレレレ~という感じが気が付いたのでした。

時間もなくなりましたのでこの辺で。乗り込んでいく内に印象も変わるのですが、北海道ツーリングでこの様な印象を受けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰着

22時30分に帰着。

総走行距離1739.9km
道内666.6km

北海道よりも行き帰りの距離が長いという結果になりました。

事故なし
 怪我なし
  切符なし

ついでに

 立ちゴケもなし

ステルビオは疲れないなぁ。

お尻が痛くなったけど、慣れの問題かもしれない。

帰宅後は大洗濯大会。

普段の服はもとより、ジャケット、ヘルメット、ライディングシューズまで洗った。

後でやろうとすると面倒臭くなってしまうからね。

帰宅してでもまだこんな事やるほど元気。

さてと、これから自分の洗濯をしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未練たっぷり

未練たっぷり
大洗港のマリンタワーから、さんふらわあの接岸を見ています。

乗船手続きして、また北海道に戻りたい気分。

夏の北海道でこの苫小牧→大洗のフェリーに乗ったのは13年も前。

まだ、走りたりないなぁ。かつて泊まった宿にまた泊まってみたい。

夢中になって走っていた時と同じように走ってみたい。燃料を入れたホクレン。お金を下ろした郵便局…。

記憶の奥にあるものが鮮明に浮かんで来るのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクアマリンふくしま

アクアマリンふくしま
アクアマリンふくしま
アクアマリンふくしま
アクアマリンふくしま
アクアマリンふくしま

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いわき・らら・ミュウで

いわき・らら・ミュウで
いわき・らら・ミュウで
いわき・らら・ミュウで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いわき・らら・ミュウにて

いわき・らら・ミュウにて
揚げたてのメヒカリを食べる。

アチッチッチッチィとホクホクのメヒカリを食べるのが美味いんだなぁ。

本物のビールが飲みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長者原S.Aに

長者原S.Aに
休憩中

眠くなった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八戸道

八戸道
東京までファイナル!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下船

下船
八戸港

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着

到着
到着
到着
到着
苫小牧港に到着してしまいました。

おニューなバイクでの北海道ツーリングが終わってしまいました。

正直なところ、日数が短くて不完全燃焼です。このリベンジは必ず…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富良野にて

富良野にて
道道298号線の直線

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上富良野

上富良野
かんのファーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美瑛

美瑛
ぜるぶの丘

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひまわりの里

ひまわりの里
ひまわりの里
ひまわりの里
北竜町のひまわりの里です。

15年振りに来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪あがき

悪あがき
悪あがき
悪あがき
悪あがき
悪あがき
小平町の花田家ニシン番屋まで来てしまいました。

海沿いを走るのが好きなんです。

でもこれからは戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

留萌・黄金崎

留萌・黄金崎
留萌・黄金崎
まぁ、欲をいえばこのまま北上して宗谷岬を目指したいのですが、今回はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雄冬岬にて

雄冬岬にて
雄冬岬にて
雄冬岬にて
雄冬岬にて
白銀の滝。夏と冬の風景を比べてみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石狩川を渡る

石狩川を渡る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽の定番

小樽の定番
これですね。

今から真面目に走ります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三角市場

三角市場
三角市場
三角市場
三角市場
三角市場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

…なのに

…なのに
…なのに
ツーリングなのに鉄道利用。

PASMOが使えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

願望

願望
ビールが飲みたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犬も歩けば

犬も歩けば
犬も歩けば
犬も歩けば
小樽港に日本丸が寄港していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽にて

小樽にて
小樽にて
ニシン御殿のあとは北海道の味覚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開拓記念塔

開拓記念塔
開拓記念塔
19年振りにやって来ました。

もちろん、まだ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道開拓の村

北海道開拓の村
北海道開拓の村
まだオープンしていません。

「2014冬・北海道」でリベンジ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌にて

札幌にて
札幌にて
札幌にて
札幌にて
札幌にて
時計台に行ったり。

盆踊りに参加したり。

テレビ塔に上ったり。

ジンギスカンを食べたり。

夏の北海道を満喫中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道上陸

北海道上陸
16時55分、北海道上陸!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北のカナリアたち

北のカナリアたち
北のカナリアたち
船内のシアターで「北のカナリアたち」が上映していました。

正月に稚内駅の映画館で上映されていたのを船内で見るなんて、不思議。

感動しました。腕をつねって、耐えたりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋田港に到着

秋田港に到着
秋田港に到着
今回はここでは下りません。

終点まで乗船します。

突然思い付いたので、北海道で何しようという予定も無いのですが、苫小牧に着くまで地図とにらめっこです。

滞在期間が短くて、道内2泊しか出来ません。短い時間でも北海道の広さを味わいたいと思います。

仕事柄というわけでも無いと思いますが、過去の積み重ねが無いのでいつから休みなのか、いつまで休みなのか、直前まで確定しないのが辛いところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅立ち

旅立ち
旅立ち
旅立ち
運よく予約が取れたので、旅に出ます。

行って帰って来るだけですが…。

何の因果か、こういうのが好きなのです。

だけど年々やりにくくなっています。

周りはずーっと先に進んでいるのに、自分は立ち止まったままです。

そんな事いつまでもできねーぞなんて言われますが、日々生きていて、思い出がないのは寂しいと思うのです。

ただ、行って帰って来るだけですよ。

今回はステルビオで。とんでもないバイクを買っちゃったかなと思わないでもないですが、これもチャレンジです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第30回成増阿波踊り大会

Dsc08083a

8月1日に東京は板橋区・成増で阿波踊りがあったので、

Dsc08085a

見に行ってきました。

Dsc08118a

体調は…、

Dsc08132a

よくありませんでしたが、

Dsc08143a

阿波踊りを見ればよくなるかと。

Dsc08151a
Dsc08155a

各地で開催されてますからね。

Dsc08185a

地元の阿波踊りを見るのもよし、

Dsc08218a

ちょっと遠方の阿波踊りを見に行くのもよし。

Dsc08224a

ちょっとした街角探検にもなりました。

Dsc08234a


Dsc08145a
おチビちゃんも夢中。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013新宿エイサー祭り その11

さてさて、今度はN-5会場歌舞伎町旧コマ劇場前広場に移動しました。

Dsc08030a
園田エイサー・美ら桐朋。

Dsc08031a
園田エイサー・美ら桐朋。

Dsc08035a
なんくるエイサー。

Dsc08040a
なんくるエイサー。

Dsc08043a
なんくるエイサー。獅子が登場しました。

この頃になると冷たい風がピュ~っと吹いて、天気が怪しくなりました。ポツポツ雨が降りだしたのものこの頃です。何とか天気が持ちますようにと祈るような思いでした。

Dsc08054a
昇龍祭太鼓。

もうちょい、もうちょいとポツポツ降ってきた雨を見ながら演舞も見ていたのです。

Dsc08055a
昇龍祭太鼓。

Dsc08057a
昇龍祭太鼓。

この後、あっという間に激しい雨が降ってしまいました。おそらく昇龍祭太鼓の演舞も途中で中止してしまったと思います。

Dsc08059a
激しい雨は止む気配もなく、あと1団体を残すのみで第12回新宿エイサーまつりはあっけなく終了してしまいました。この日、隅田川花火大会が開始後30分で中止になったのと比べると、新宿はまだまだ天気がもった方。あと15分、天気が持ってくれればなぁっと思いながら新宿を後にしたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013新宿エイサー祭り その10

Dsc08002a
和光青年会の地謡。

本隊がなかなか到着しないので、沖縄民謡で間を繋いでいました。

Dsc08003a
和光青年会の到着です。

Dsc08006a
和光青年会。

Dsc08028a
琉球創作太鼓零。

Dsc08012a
琉球創作太鼓零。

Dsc08020a
琉球創作太鼓零。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013新宿エイサー祭り その9

伊勢丹前での演舞が終わった後、Nー3会場モア4番街に行きました。

Dsc07971a
心~くくる~。

Dsc07975a
心~くくる~。

エイサーに心を奪われた女性だけの団体です。

Dsc07981a
園田エイサー・美ら桐朋。

Dsc07982a
園田エイサー・美ら桐朋。

Dsc07984a
なんくるエイサー。

Dsc07997a
なんくるエイサー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慣熟走行

体調も大分良くなったのでステルビオを引っ張り出して慣熟走行。

だいぶ慣れてきたような感じがするが、シート高の高いモデルは気を遣う。

スムーズに停止してスーっと足を出す、これでないとコケっとやりそうになる。

エンジン熱は感じます。GPZ900Rを思い出します。

セルフスタンドで給油した。給油口が小さいのでノズルを入れると見えなくなる。

もうちょい、もうちょいと“頑張って”しまって、ガソリンを溢れさせてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013新宿エイサー祭り その8

Dsc07949a
上石神井琉球エイサー会。

Dsc07955a
上石神井琉球エイサー会。

Dsc07957a
上石神井琉球エイサー会のちょんだらー。手を振って愛嬌を振りまいていました。

Dsc07965a
園田エイサー・美ら桐朋。

Dsc07966a
園田エイサー・美ら桐朋。

これにおいて伊勢丹前の演舞は全部終了しました。

時折風が吹いて、その気持ちいいこと。まるで沖縄にいて、国際通りで「夏祭り in 那覇」を見ているような錯覚にとらわれるのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やや回復

7月31日の午後から体調が急降下して、未だに回復していない。

ここんとこ更新が無いのもネタがないのではなくて、更新できない状態が続いていたから。

成増阿波踊りを見に行っても、沖縄に行っても、体調は回復しなかった。

体調が悪いのに沖縄?

そう、悪いのは体調だけだから行ったのです。行けば良くなるかなって。それに夏の沖縄を体験したい。

民謡居酒屋の新規開拓を目論んでいたのですが、エアコンの効いている店内では咳が止まらない。

残念だけど今回はやめてしまった。

短い時間だったけど、沖縄の夏を味わってきた。真夏の青空を見上げてキレイだなっと思う。日差しは強くても木陰の涼しさは格別。海もキレイだった。

沖縄から帰ってきた次の日、ではなくてその日は夜間の仕事。その時も咳が止まらなくて難儀した。

「ルル」を飲んでも、咳止めのスプレーを喉にシュッシュしてもよくならない。この喉にシュッシュ。養命酒に通じる美味しさがあって病みつきになってしまった。

そしてとうとう、昨日は病院行き。午前中は空いてたからね。1時間以上待って、2分で診察が終わってしまった。

その中で、2歳ぐらいの男の子。待合室で元気に遊んでいた。名前を呼ばれると出入口目指してスタタタタと逃亡を計った。

お母さんに身柄を拘束されて診察室に入ってしばらくすると…。

あ~ん
 あ~ん
  あ~ん

こうなることがわかっていたわけね。何かの予防接種かな。

今日は幾分調子がマァマァ。

夏の風邪っていうやつは、冬のそれよりもタチが悪い。

冬は暖かくして安静にというところでも、夏は暖かくしてとは拷問そのもの。それに熱があっても、それを感じることが無くて、ハンパに元気だったりする。夏風邪が長引く原因はこれかもしれない。

エアコンを入れれば寒いし咳が出る。消すと暑い。それならば扇風機はどうかというと、エアコンよりはマシという感じ。それでも咳が出る。咳の出方は今までに経験が無いレベルで、発作という感じ。腰に響いて痛い。

病は気からというが、あの日、本屋に入った。店内はエアコンが利いていて涼しいのだけど、この中で1日を過ごすなんてたまんねぇなぁっと思った。ら、体調が急降下してしまった。ネガティブに考えたのかもしれない。

この時期、室内でも熱中症に注意しましょうと呼びかけている。お年寄りなど、エアコンがあるのに使わないで熱中症になってしまったというニュースが流れる。

だけど…・なぜエアコンを使わなかったのかを考えた事はあるだろうか。

自分の感覚で言えば、エアコンは涼しいのではなくて冷たい。お年寄りにとっては体が冷えてしまって腰が痛いとか、膝が痛いとか、節々が痛いとか、そういうのを敏感に感じてしまうのではないか。

温度を27度に設定しても、なぜか体が冷えてしまう。外気温が27度でも体は冷えない。この差は何なのか?

今現在新車販売されている車にはエアコンが標準装備。実際にエアコン無しで運転すると、熱さで注意散漫になって危険この上ない。

が、このエアコン。自分には効きが強過ぎて寒い。かつての車は「AC」ボタンの横に「ECO」ボタンがあって、エアコンの効きが調節できて便利だった。セリカには「ECO」があって、「AC」よりも利用頻度が高い。熱すぎず、寒すぎず、冷た過ぎず、かなり重宝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄の風景

沖縄の風景
沖縄の風景
沖縄の風景
沖縄の風景
沖縄の風景

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牧志公設市場

牧志公設市場
牧志公設市場
牧志公設市場
牧志公設市場
牧志公設市場
見て回ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏祭り in  那覇

夏祭り in  那覇
夏祭り in  那覇
夏祭り in  那覇
夏祭り in  那覇
夏祭り in  那覇
国際通りでエイサーを見てました。

本場の雰囲気はいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろ

そろそろ
始まるよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牧志公設市場付近にて

牧志公設市場付近にて
牧志公設市場付近にて
牧志公設市場付近にて
牧志公設市場付近にて
アーケードを歩きます。

迷路みたいで面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛びます!

飛びます!
飛びます!
溜まるネタ、滞る更新ってヤツに陥りますが、飛びます!

「夏の沖縄」を体験したくて…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっちこっちで


 
高架線を電車が走ると、まるで阿波踊りのお囃子に聞こえるのでした。

重症だな、こりゃ。

今日はあっちこっちで盆踊りや夏祭りが開催されてますね。

体が複数あれば見に行くのですけれど、1つしかない身、どこにも行かれないのでした。

帰宅が遅かった。

ブログの方もあまり更新できてません。ネタは溜まる一方なのに、更新、いや写真整理が追いついていないのです。「2012G・W 紀伊半島」も途中で止まっている。「第30回成増阿波踊り」も見に行ったのに、写真整理が全然…。

こんな事書く時間があったら真面目にやれっていうところですが、写真整理っていうやつは結構大変なのです。これは何、これは何処。

あっそうだ、今年のGWの写真整理もやってないや。あっ思い出した。札幌雪祭りも画像変換が途中まで。いやはや、何とも。

書きたい事は山ほどあるのに、、更新が全然追いついていないのです。どちらかというとこのブログは自己満足の要素が多いのですが、書いてアップして、過去ログ、カテゴリー別で見ると、なかなかいい記録になります。情報提供としてはあまり役立つものではないと思いますが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013新宿エイサー祭り その7

Dsc07945a
上石神井琉球エイサー会。

Dsc07949a
上石神井琉球エイサー会。

Dsc07957a
上石神井琉球エイサー会。手を振って愛嬌を振りまいてました。

Dsc07965a
園田エイサー・美ら桐朋。

Dsc07966a
園田エイサー・美ら桐朋。

これでD-4会場、伊勢丹前での演舞は終了しました。幸いにも雨に降られる事もありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013新宿エイサー祭り その6

Dsc07901a
町田琉、演舞前の気合い入れ。

Dsc07906a
町田琉。

Dsc07907a
町田琉。

Dsc07909a
町田琉。

Dsc07926a
創作エイサー隊炎舞太鼓。

Dsc07929a
創作エイサー隊炎舞太鼓。

Dsc07941a
創作エイサー隊炎舞太鼓。

時折、風が通り抜けると凄く爽やかでした。

沖縄にいるような錯覚をするのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013新宿エイサー祭り その5

Dsc07849a
桜風エイサー琉球風車。

Dsc07851a
桜風エイサー琉球風車。

Dsc07871a
琉球國祭り太鼓。

Dsc07879a
琉球國祭り太鼓。

Dsc07895a
横田西多摩エイサー太鼓。

Dsc07897a
横田西多摩エイサー太鼓。

Dsc07899a
横田西多摩エイサー太鼓。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013新宿エイサー祭り その4

Dsc07813a
エイサーかりゆし会。

Dsc07809a
エイサーかりゆし会。

Dsc07817a
美ら星エイサー。

Dsc07825a
美ら星エイサー。

Dsc07828a
美ら星エイサー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野沢香苗ライブ

Dsc08081a

7月31日は東京・中目黒にある楽家で野沢香苗さんのライブだった。

二胡の奏者でどんなものかと楽しみにしていて、1ヶ月以上前から予約していた。

ところがこの日はお昼過ぎから体調が急降下。

ライブ行くの、やめようかなぁっと思うような体調だった。

とは言ってもダルいだけで熱は無いようだし、せっかくだからと行ってみた。


二胡の音色は哀調があって、どうしようもない郷愁感が込み上げてくる。

二胡にはそんなイメージがあるし、二胡の演奏でイチャリバーズの「生まり島や」を聴くと“あの日に帰りたい”ようなどうしようもない郷愁感に襲われる。

ところが野沢香苗さんの二胡の音色はバラエティがあった。

メロディによては郷愁感も感じるけれど、言葉としてうまく説明できないが雰囲気が違うんだな。

二胡のイメージがちょっと変わるかな。

お店もライブハウスにしては珍しく?料理にも力を入れていて、タイ料理とかベトナム料理とかのエスニック系のもの。タイのシンハービールもあった。やや刺激があって咳が出てしまったけど、美味しかった。

ライブよし
 酒よし
  料理よしのライブでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »