« 2012G・W紀伊半島 その10 | トップページ | 2012G・W紀伊半島 その11 »

ポップ吉村のバイク・スピリッツ

天気に左右される仕事の為か、図らずとも時間が出来た。

なかなか疲労感が抜けないので休養に専念することと、普段出来そうでなかなか出来ないでいる事、本を読む事に専念した。

眠くなっちゃ寝、を繰り返しながら…。

Dsc07077_2

この本はバイクに興味を持ち始めた高校時代に購入したものです。その頃はバイク関係の本を訳もわからないまま手当たり次第購入していたものでした。

もちろんバイクレースの事など何も知らなかったし、ましてや吉村秀雄さんの名前も知る由もありませんでした。この本で初めて知ったのです。

しかしながら内容は壮絶で、何度も読んだものでした。特に171頁の、自分に忠実な選択をしたことによって、“正解”の道を歩くことになったのだと思う、は当時はもちろんながら今に至っても大きく影響している言葉です。

今、読んでみると、当時は感じなかった事を感じたり、改めて“ハート”の熱さを感じました。自堕落に陥っている自分に喝を入れられたようにさえ感じます。何か困難があると逃げることばかり考えていることに気付きました。

あとがきを見ると1983年6月。何と今から30年前(購入したのは1986年3月です)。30年前の本ですが、人生のバイブルとしても手元に置くべき本ですね。

吉村秀雄さんは1995年に亡くなってますが、もしご存命だったら御年91歳。ヘビースモーカーだったようですが、タバコに手を出さなければもっと長く活躍できたのではと思うのです。反面教師として今なおタバコに手を出さない理由はここにもあります。

先ほどYou Tubeで「プロジェクトX 不屈の町工場 走れ魂のバイク」を見たら感動しました。

|

« 2012G・W紀伊半島 その10 | トップページ | 2012G・W紀伊半島 その11 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515758/57587285

この記事へのトラックバック一覧です: ポップ吉村のバイク・スピリッツ:

« 2012G・W紀伊半島 その10 | トップページ | 2012G・W紀伊半島 その11 »