« 慣熟走行 | トップページ | あちゃ~ »

それはちょっと…

あくまで伝聞なのですが、最近まで歯医者に行ってたのですが同じ歯医者に行っている人がいるらしく、予約時間から15分遅れてしまったらしい。そしたら、診てくれなかったとか。

で、「あんなとこ、2度と行かねぇ」と憤慨しているらしい。

「オレ!? 別に。時間に遅れた事など1度もないし、行けなくなったら電話してた」

実のところ、日付を間違えて結果的にスっぽかした事が1度ある。

「予約は昨日だったんです」

「えーっ!」

「先生に聞いてみますから…」

「いや、また改めて」と予約を取り直した。

歯医者じゃねぇ。歯科衛生士さんは若い女性だし、診療時間が延びてデートする時間が無くなってしまうのもかわいそうなわけさ。仕事仕事仕事で時間が持てない辛さはよくわかる。

「それは無理だろう、次の患者さんもいるんだし。予約している方が優先になるよ、いなけりゃ診てくれるだろうけど」

でも、何か割り切れない様子。大学病院では1時間待ちは当たり前だとか。

歯医者によってマチマチだろうけど、1人あたりの診療時間は20分とみた。だから15分も遅れてしまうと、また次回、となるのも致し方なかろう。

なぜ歯医者はちょこっとやちゃあ終わり、ちょこっとやっちゃあ終わりを繰り返すのだろう。

患者の確保のため?それもあるかもしれない。

でも想像なのだけど、一気に進めてしまうとショックを起こす場合もあるかもしれない。あるいは、血栓が出来て脳に行ってしまったりとか。

親知らずを初めて抜いた時は翌1日中悶絶していたっけ。プライヤーみたいなもので抜くのかなと思っていたらとんでもない。ノミと金槌、これをイメージしてもらえれば当たらずとも遠からず。木槌でコンッ、コンッと。抜き方はいろいろあるにしても、あんな抜き方するとは夢にも思わなかった。

「痛そう」

これ、この時に立ち会った歯科衛生士さんの言葉。

親知らず、上の歯も生えるらしい。オレはもうヤダよ。

で話は元に戻って、15分遅れるなら電話でもすればいいのに。

この場合、9時の新幹線を予約していたのに、9時15分に駅に行って、「15分ぐらい待ってくんねぇのかよぉ」っとイチャモンつけているように“歯科”、聞こえないのでした。

|

« 慣熟走行 | トップページ | あちゃ~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

親知らず・・・私も4本既抜歯済です。

幸い悶絶したのは1本だけでしたが、それでもかなり苦しみました。

でも、以降はスッキリです。

苦しみの果てには喜びがくる?・・・車の維持もそうありたいです(^^;)

投稿: ST205 | 2013年6月28日 (金) 06時30分

私はまだ、2本しか抜いていないのです。

2本目は1本目と比べると比較的楽に抜けたのですが、1本目の時は強烈でした。歯を砕いている感じがしました。

先生が歯を“グイっと”やって、歯科衛生士さんが木槌でコンッコンッと。金槌だったら失神してますね、きっと。

もちろん麻酔はしているのですが、あれは強烈で、もうイヤです。

年数が経てば車は故障しがち。それで修理しますと、当面は大丈夫と安心感があります。


投稿: シン | 2013年6月28日 (金) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515758/57679207

この記事へのトラックバック一覧です: それはちょっと…:

« 慣熟走行 | トップページ | あちゃ~ »