« 帰着 | トップページ | “バンク角計”を取り付ける »

雨の高速道路の走行

今回の様はツーリング、土曜の夕方に帰宅してから新潟に行ってフェリーに乗る。秋田で下船してその日の内に東京に戻る。これは少ない時間を有効に使うためにGPZ1100に乗っていた時からたまにやっていて、ブログを解説する前にST4sでもたまにやっていた。今回はブログ開設後初めて。もしかしたら、多分そうかもしれないけど、ST4sでの最後のフェリー乗船になるかもしれないから。

出発前の天気予報を見ると、関越道で途中雨に降られるけど新潟に着く頃には晴れる。翌日は雨は降らないだろうと判断し、決行した。事実、その通りになった。

だけど、行きの雨の関越道は怖かった。

雨で視界が悪い上、意外な事に高速道路が暗い。高速道路ってこんなに暗かったっけ?走行中よく見てみると照明設備があるのに照明が灯されてない、そんな箇所が少なくなかった。灯されていても1本おきだったりして、暗さは否めない。地震以降、節電という事で意図的に照明が落とされている。

雨で視界が悪く、道路は暗い。もちろんヘッドライトは点灯しているのだけど、雨に光が吸い込まれるようで、明るく感じない。ハイビームを点灯しても、大して変わりがない。煌々と輝いているのはメーター照明だけ。そんな中を走行していると、暗闇に吸い込まれる錯覚に襲われ、平衡感覚に自信が持てなくなるのでした。

平衡感覚が希薄にでは無く、失くなってしまいどうしようもない恐怖感が沸き起こりパニックに陥りそうでした。なるべく視点を遠くにしようとしても水滴がシールドに付くせいか、どうしても近くになってしまう。全く視界がないわけではなくて白線は見えるので仮の水平線を想定しても、平衡感覚に自信のない恐怖感で自分の状態がわからない。バンクしているのか、垂直を保っているのか、それがわからない。高速道路は意外と直線部分が少なく、緩やかなカーブがほとんど。高速道路では単調になりがちなので意図的にカーブを設けてあるのはご存知の通り。この場合それが逆効果となって中央分離帯に向かって走っているのか、路肩に向かって走っているのか、恐怖に襲われると判断が出来なくなってしまうのでした。

トンネルの中は照明が灯されているので平衡感覚が復活しても、トンネルを抜けるとまた…。

脳梗塞?脳の病気かな?手足の痺れはないぞ。路肩にバイクを止めて歩いてみても、普通に歩ける。

日本版「TOP GUN」みたいな映画、織田裕二出演の「BEST GUY」ではF4ファントムに乗るパイロットが2人同時にバーティゴ、空間識失調に陥るシーンがあったと記憶しているが、この場合もそうかもしれない。パイロットがバーティゴになったら自分の感覚を捨て、計器を信じるようにしているとか。でもバイクには“バンク角計”なんて備えてない。

戦記物の本を読んでいた時、こんな記述があった。パイロットが南方戦線で悪天候に遭った。翼の日の丸も見えない悪天候で、部下もいる。そこで部下を1直線ににさせ、自分の尾翼が見える位置に付かせ、「針、玉、速力」と呪文のように唱えながら悪天候を切り抜けた。針…進路を示す計器、玉…飛行機の状態を示す計器、速力…速度を示す計器。悪天候の中、進路を失わず、飛行機を安定させ、失速にならないように不安に襲われながらも計器操縦して帰還したと。

バイクに乗っていて平衡感覚が無くなってしまうとそれがどんなに恐ろしい事か、バイクに乗らない人でもホンの少し想像力があれば理解できよう。「トンネル 平衡感覚」で検索してみると自転車でツーリングしている人のブログで、トンネル内は平衡感覚が無くなって怖いという記事が少なくない。中には壁に激突してしまった記事もあった。暗闇の中で視覚情報が無くなってしまうと平衡感覚が失われてしまうのは少なくないみたい。今までバイクに乗ってきて17万km弱、それでも雨の夜間に高速道路を走行した事は片手で数えても指が余ってしまうぐらいしかない。ST4sでは、10年乗ってきていても今回が初めて。節電も理解できるのだけど、雨が降っている時は全ての照明を煌々と灯してもらいたいものだ。

|

« 帰着 | トップページ | “バンク角計”を取り付ける »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
私も若かりし頃はバイク三昧の時期があり、シンさんの感覚はよく理解できます。オイタな年齢の時期ですから、夜のツーリングも多かったので、なおさらです(注:ぼーそーぞくではないですよ(笑))

先の5月にセリカのヘッドライトをHID化、サスをKYBのNEW SRに…ETCもつけました。快適です(^^)

投稿: hshin | 2013年6月18日 (火) 06時33分

hshinさん、コメントありがとうございます。
去年の11月23日にコメントを頂いた「ST205」さんと同一でしたら、お久しぶりです。

好みのパーツを取り付けたりして少しずつ“自分仕様”になっていくのは楽しいですね。特にHID化は必須だと感じます。ただ明るい分だけ雨や雪では乱反射してかえって見辛いのではないかと思ったりします。この点はどうでしょうか?

セリカはまだまだ乗りますよ。あと1ヶ月で購入から14年になります。年数の割に距離的には少ないのですが…。購入当初はこんなに乗るとは思いもしませんでした。

投稿: シン | 2013年6月19日 (水) 00時04分

すいません(^^;)

うっかり別のハンドルネームで書き込んでしまいました。
お察しのとおりST205でございます。

先日は晴れた夜の走行でしたが、気持ちよく明るかったです。

雨や雪は未経験ですが、他に所有している車での経験則では
車検に通る光温度なら問題ないように思います。

投稿: ST205 | 2013年6月20日 (木) 21時06分

夜間の雨の高速で、HIDがあればなあぁっと思いながら走ってました。トンネルに入るとホッとして、むしろトンネルでない所が長~いトンネルのようにさえ思えました。

そうですか、車検に通る分であれば問題ないのなら、もう少し明るくしてもいいかな。

投稿: シン | 2013年6月21日 (金) 22時23分

なにより、19年落ちの車に、

また格別の愛着が湧くようになりました。

こうやって泥沼に沈んでゆくのかもしれませんが・・・(^^;)

投稿: ST205 | 2013年6月23日 (日) 19時00分

購入時は現行車だったんです、かろうじて(^-^;

自動車税が高くなっても、ボディにサビが出ても、下廻りはとっくに錆びてますが・・・。

まだまだ現役です。

当社製品を長くご愛護いただきありがとうございます。更に長くお使いになる為に…、な~んて案内は来ないけど。

投稿: シン | 2013年6月25日 (火) 21時46分

ST202(FF)につい最近まで乗ってた知人…
今日会ったら、86に乗り換えたとの言。

いろいろイカレてきて、
最後はディーラーに余命2年を宣告(脅し?)され(^^;)
とうとうあきらめたそうです。

なかなか厳しい現実です・・・

投稿: ST205 | 2013年6月27日 (木) 17時55分

サーモスタット、タイミングベルト、ラジエター、クラッチ、フロントショックアブソーバー、コントロールアーム(だったっけな?)、ブレーキマスターシリンダー、ブレーキキャリパーOH、ブレーキディスク研磨、ブレーキホース、今まで交換したり修理した数々。去年ははワイパーモーターを、今年はファンベルトを交換。

14年近く所有して、さすがのトヨタといえどもトラブルが無いわけではありません。右ドアミラーは収納しませんし、アンテナは伸びない縮まない、で、中途半端。

出先でトラブってしまうのがイヤです。もしかしたらそろそろかなと思うのがパワーウィンド。北海道に行って、ゆっくりとした動きを見せられてしまうと心細くなります。お願い!止まらないでって。

投稿: シン | 2013年6月28日 (金) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515758/57613071

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の高速道路の走行:

« 帰着 | トップページ | “バンク角計”を取り付ける »