« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

悪戦苦闘中

P1270698
結局のところ必要な分だけ削ろうというわけで、コンクリートを削ってます。1.3m四方のコンクリートを5cm削りたいのです。お隣さんから苦情が来てしまったので電動コンクリートハンマーは使えなくなりました。そこでグラインダーで切れ目を入れ、せっかく買ったんだからと電動コンクリートハンマーを当て単発で使用してみようとチャレンジ。しかし当てた瞬間どうしても音と振動が発生してしまいます。ダメですねぇ。

仕方ないのでハンマーとたがねでコンコンと削ってます。グラインダーで切れ目を入れてもせいぜい2cm程度しかありません。このやり方では不可能ではないというだけで気の遠くなるような作業です。作業の精神的負担を軽減するためにL型に削り進めましたがかなり根気のいる作業。1回分だけでギブアップ。どうしたらよいものか?なんとかブロック単位で割る事ができないものか?

P1270699
いわつきの電動コンクリートハンマー。滅多に使う事は無いだろうけど、あれば便利な時もあるといわけで値段的に1番安いものを購入したのです。お隣さんから苦情が来てしまって使えなくなるのなら、むしろより高性能なものをレンタルしてきて短時間に作業し、苦情が来た頃には作業終了と“逃げ切った”方がよかったなと今になって思ったりします。あと4時間作業できれば、もう音と振動が発生することは無いのですが…。勝手な言い分ですけど。

昔の工具ならいざ知らず、現在の工具では音と振動は発生することはないだろうと思っていたのですが…。あるいは安物工具の宿命?けっして安いわけではなかった。この点はBoschやHILTIといった外国メーカーが1日の長があるかもしれません、試してみないとわからないけど。

ある意味悲しいことですが自宅から離れているここの地域では近所付き合いというものが超希薄で、隣同士でも挨拶しないのが当たり前という感じなのです。むしろ子供、幼稚園ぐらいの子がよく挨拶するぐらいなのです。だけどその子も小学生、中学生、高校生となると親に似てしまって挨拶しなくなっていくのです。どんな人間に育とうともよその子にとやかくいうことはしませんが、せめて自分の子を持ったとしてもはあんな人間に育てたくないなぁ。

P1270700
使用しているグラインダー。

P1270701
グライダーを使用しますと大量に埃が発生してしまいますので集塵機を使用しています。ここまでくると個人で揃えるのは費用がかかりすぎて“元”が取れません。業者に頼んだほうがいいかもしれません。ある程度の工具があるからこそ自分でやってみようとチャレンジしているのです。“挫折”してしまいましたけど。

P1270702
なんとかいい方法がないものか?ST4sに乗って向かった先は超大型ホームセンター。工具類を前にして目に付いたのがこれ。より深く切れそうです。本日の走行距離63.3km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あちゃ~

写真は暗くなりかけている時に撮ったもので不鮮明です。

先日からバイク置き場を作っております。

今まではここはコンクリートが10センチほど出っ張っておりまして、その上に品物が乗っかってました。

最近、その大部分が捌けたのでコンクリートの出っ張りを削って平にしようと奮闘しています。

バイクを置く置かないにかかわらず、ずいぶん前からやろうとしていた事です。

電動コンクリートハンマーを買ってきてコンクリートを削っているのです。水平方向に必要なだけ削ればそれで十分なのですが、意外な事に水平方向に削るのは結構難しいのです。で結局のところ、垂直方向に削って、コンクリートを割っているのです。

今日も帰ってから削っているのですが、お隣さんから苦情が来てしまいましたbearing

この電動コンクリートハンマー、結構な音が発生する上、振動も発生してしまうのです。

ここでしか使わないから値段が1番安い物を買ったのですが…。滅多に使わなくても、あれば必要な時もあるかと…。

実際に使ってみて、結構な音と振動が発生してしまうのは意外でした。このテの工具はBoschやHILTIといった外国メーカーのものが音も静かで振動もなく優秀かもしれません。でも高いのは買えないわけでありまして、安く売ってた国内メーカーの物にしたのです。買う前に確かめることができればいいのですが、この点はバイクと同じですね。

隣から苦情が出てしまっては万事休す。この出っ張りをどうやったら平にする事が出来るか、いいアイデアが思い浮かびません。サンダーで切れ目を細かく入れてたがねで叩く、気の遠くなりそうな作業です。

でかいバールで無理やりこじればコンクリートが浮くようになりましたので、水平方向に移動させて、土を掘って穴を深くし、そこに埋め込むというやり方を思いつきました。しかしこのコンクリート、重量が何100kgもありそうです。応援は頼めないし、1人でやるしかありません。コンクリートの厚みの3分の2まで切れ込みを入れる事ができれば、バールでこじって自重で割ると思うんですけど。

確かにコンクリートが出っ張ってても不便はあまりないのですが、便利では無いのも事実。せっかくなので便利に使いたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それはちょっと…

あくまで伝聞なのですが、最近まで歯医者に行ってたのですが同じ歯医者に行っている人がいるらしく、予約時間から15分遅れてしまったらしい。そしたら、診てくれなかったとか。

で、「あんなとこ、2度と行かねぇ」と憤慨しているらしい。

「オレ!? 別に。時間に遅れた事など1度もないし、行けなくなったら電話してた」

実のところ、日付を間違えて結果的にスっぽかした事が1度ある。

「予約は昨日だったんです」

「えーっ!」

「先生に聞いてみますから…」

「いや、また改めて」と予約を取り直した。

歯医者じゃねぇ。歯科衛生士さんは若い女性だし、診療時間が延びてデートする時間が無くなってしまうのもかわいそうなわけさ。仕事仕事仕事で時間が持てない辛さはよくわかる。

「それは無理だろう、次の患者さんもいるんだし。予約している方が優先になるよ、いなけりゃ診てくれるだろうけど」

でも、何か割り切れない様子。大学病院では1時間待ちは当たり前だとか。

歯医者によってマチマチだろうけど、1人あたりの診療時間は20分とみた。だから15分も遅れてしまうと、また次回、となるのも致し方なかろう。

なぜ歯医者はちょこっとやちゃあ終わり、ちょこっとやっちゃあ終わりを繰り返すのだろう。

患者の確保のため?それもあるかもしれない。

でも想像なのだけど、一気に進めてしまうとショックを起こす場合もあるかもしれない。あるいは、血栓が出来て脳に行ってしまったりとか。

親知らずを初めて抜いた時は翌1日中悶絶していたっけ。プライヤーみたいなもので抜くのかなと思っていたらとんでもない。ノミと金槌、これをイメージしてもらえれば当たらずとも遠からず。木槌でコンッ、コンッと。抜き方はいろいろあるにしても、あんな抜き方するとは夢にも思わなかった。

「痛そう」

これ、この時に立ち会った歯科衛生士さんの言葉。

親知らず、上の歯も生えるらしい。オレはもうヤダよ。

で話は元に戻って、15分遅れるなら電話でもすればいいのに。

この場合、9時の新幹線を予約していたのに、9時15分に駅に行って、「15分ぐらい待ってくんねぇのかよぉ」っとイチャモンつけているように“歯科”、聞こえないのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

慣熟走行


今夜はチョイっと慣熟走行。走行距離21.8km

向こうにスカイツリーがチョコっと写っているのがわかるでしょうか。

なんだか最近、手放すのがもったいなくなってきた。
買取金額が安くて、これじゃぁっと思うわけさ。
車体として売るよりも部品として売った方が余程…。
新品の部品は高いからねぇ。
カウルいくら、タンクいくら、フロントフォークいくら…、結構な金額になるんじゃないか、と不謹慎な事が浮かぶのさ。

いやいや、自らの手で“殺す”事は出来ません。バラけていく姿なんて、見たくもありません。

10年の歳月を経て2台持とうっていうのも、神様だけは許してくれるかもしれない。

結構熱いバイクなので夏は乗れないけど、あと1年ぐらいは所有していたいと思う今日この頃。

本日は“バンク角計”を取り外しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

置き場所の確保

出っ張っているコンクリを削ってます。

傍から見ていると簡単に出来そうに思うのですが、いざやってみると、なかなかどうして。汗だくになりました。腰が痛い。

出っ張っている分だけ削ればいいのですが、思うようにいきません。道具に振り回されています。

この後、コンクリートを打って、均せば終わりです。

バイクの置き場所を作ってます。2台持てるといいんですけど。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうしたら…

仕事関係の旅行に行ってきた。

行き先は千葉!

あまりにも近すぎて、自分としては物足りない。

だって、日帰りツーリングの行動範囲だもん。

おかげさまで昨日は余裕のよっちゃんで帰宅できたんだけどね。

宿泊先のホテルで、なんと、その社長さんと同室!

イビキがうるさくて眠れなかった、のは内緒にしておきましょう。

ガマガエル10匹分のイビキには、さすがに参りました。

この社長さんもバイク好きでW650に乗っておられる。

購入から3年で、6000km走行したとか。

今年になって5000km走っているから、その点は勝ちですな。

先日のツーリングの話をしたら驚いてた。

こんなもん、誰にだって出来るって。

カラオケ要員にされたけど、レパートリーなんて、全然無いのよ。

結局、3曲だけ。

その昔から機会があればよかったんだけどね、全然無くて、全く持てなくて。

今になって取り戻そうともがいているけど五里霧中。

公私のバランス、仕事と私事のバランスの取れている人の方が“伸び”があるなぁっと痛感。

“知らない事が多過ぎる”のも、改めて思い知らされた。お世辞一つ、うまく言えん。

どうしたらよいのやら。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

眺望

眺望
仕事関係の旅行ですが、ホテルの窓から

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ST4sの記録 その2

2008年

44000km 記録不明

2009年

45000km 5月4日 高知県室戸市三津にて国道55号線

46000km 5月7日 名神高速下り線487.9km地点
47000km 8月18日 沖縄県今帰仁村呉我山にて県道72号線
48000km 8月23日 東名高速下り線遠州豊田P.A

2010年

49000km 記録不明
50000km 11月28日 上信越道下り31.5km地点

2011年

51000km 11月13日 関越道下り線37.5km地点

2012年

52000km 5月3日 伊勢道139.7km地点
53000km 6月20日 東京都練馬区土支田オリンピック道路にて
54000km 9月10日 東京都練馬区光が丘公園にて

2013年

55000km 4月14日 長野県佐久市内山付近にて国道254号線
56000km 5月3日 伊勢道湾岸弥富I.C
57000km 5月5日 高松道下り線150.0km地点
58000km 5月12日 東京都内環状8号線外回り甲州街道の上
59000km 6月16日 新潟県村上市神林にて国道345号線
60000km 7月5日 埼玉県秩父市大野原にて国道140号線

こうして記録をまとめてみると2008年以降の走行距離が少なくなっているのがわかります。高速道路の料金が休日一律1000円になって歪に混むようになった事と、他の事に時間を費やしたからです。この“他の事”とはある地域のお祭りで、その準備が長期間に及び、ツーリングに行かれなくなりました。そのお祭りが終わったのは2010年の秋。それ以降でも距離が伸びてません。2011年は最高に少ない距離です。2012年からようやく距離が伸び始めて、今年は既に4000km以上。例年に無い伸び方で、このまま順調に進むのなら、今年の走行距離は10000kmに達しそうです。

記録をまとめるにあたってツーリングノートを1枚1枚めくってみると感慨深いものがあります。普段でも字はあまり上手ではないのですが、書き殴っている字を見ると時間に余裕のない様子がわかりますし、かすれている文字を見ると雨に降られていた事を思い出します。書き写したのはホンの1部ですが、あの風景、この風景、話しかけられた何気ない会話が蘇ってきます。

もうそろそろ新しいバイクがやって来るのですが、この期に及んでも優柔不断な私、ST4sをどうするのか今なお決め兼ねております。心情としては手元に置いておきたくても、保険、税金、置き場所、乗る頻度を考えてしまうと10のうち6は手放す方に傾いています。もしかしたらST4sに乗るのもあと幾ばくもないかもしれません。それでも最後の日まで大切にしようと思います。

Dsc07080
2013年6月15日新日本海フェりーしらかば車両甲板。この日からちょうど10年前、ST4sが納車になったのでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ST4sの記録 その1

はじめに

ブログを開設してから今日までST4sの納車時の走行距離を1327kmと記憶していました。ところが、ツーリングノートを見てみると、どうも記憶違いのようです。納車時の走行距離は「1357km」の記載がありました。ノートには乗り始めてから10000kmの記載もありまして、そこには「11357km」と記されてました。ブログを開設して以来、納車時の走行距離は1327kmと書いてきましたが記憶違いのようです。過去記事の手直しはあえてやりませんが、この記事からは納車時の走行距離を1357kmとします。なお、契約書には1200kmと記載されているのですが、納車時は1357kmでした。推測に過ぎませんが下取りに入った時点で1200kmだったものが、試乗やその他で伸びたのでしょう。車両管理の都合から下取りに入った時点の走行距離を入力していた為、契約書に1200kmと記載されてしまったのかもしれません。

さて、ツーリングや旅行に行く時は簡単な、本当に簡単な記録を付けています。その中にオドメーターの下3桁に0が3つ並んだ時に、いつ、どこでと記録を付けているのです。これはGPZ900Rに乗っていた時から記録するようになりました。1994年の5月、四国1周ツーリングの帰りに京都で“途中下車”。1日半かけて懐かしさいっぱいで京都市内を駆け巡りました。そして名神高速を京都東I.Cから上がろうとして東山トンネルを走行中にちょうどオドメーターが10000kmに達したのです。何か感じるものがあり、それ以来、オドメーターの下3桁が0になると記録を付けるようになりました。GPZ900R、ST4sは1000kmごと、GPZ1100は1000mileごとに記録しているのです。バイクは変わっても、19年以上続けています。

全く個人的な記録ですが、ST4sでの記録をまとめる意味もありますので書いてみます。

2003年

1357km 6月15日 納車
2000km 8月18日 関越道下り線43.9km地点
3000km 9月15日 群馬県片品村国道120号線
4000km 10月16日 関越道下り線53.0km地点
5000km 10月19日 北陸道下り線266.9km地点
6000km 11月9日 栃木県佐野市田沼国道293号線
7000km 12月14日 埼玉県名栗村県道70号線

2004年

8000km 1月2日 中央道上り線30.2km地点
9000km 3月14日 常磐道下り線40.0km地点
10000km 3月28日 静岡県静岡市笠張峠付近県道60号線
11000km 4月18日 長野県佐久市県道93号線
12000km 5月30日 常磐道下り線27.3km地点
13000km 6月13日 長野県佐久市国道254号線
14000km 7月18日 東名高速下り足柄S.A
15000km 8月14日 群馬県渋川市「道の駅おのこ」
16000km 9月20日 東北道下り線125.2km地点
17000km 9月28日 関越道下り線28.0km地点
18000km 10月17日 外環道川口中央I.C

2005年

19000km 4月14日 外環道和光I.C
20000km 4月17日 関越道下り線川越I.C
21000km 5月8日 中央道上り線69.6km地点
22000km 7月10日 外環道18.3km地点
23000km 7月23日 北陸道上越I.C
24000km 8月13日 東名高速下り線22.8km地点
25000km 8月15日 長崎県諫早市国道207号線
26000km 8月17日 大分県豊後高田市国道213号線
27000km 9月18日 青森県十和田市三本木県道10号線
28000km 10月23日 常磐道下り線61.0km地点

2006年

29000km 4月10日 中央道下り線9.9km地点
30000km 4月30日 東北道下り線176.6km地点
31000km 7月16日 東名高速下り線85.7km地点
32000km 7月19日 名神高速下り線402.9km地点
33000km 9月18日 長野県立科町国道142号線
34000km 10月22日 静岡県焼津市県道30号線

2007年

35000km 4月22日 外環道22.5km地点
36000km 5月7日 宮崎県五ヶ瀬町上大平付近国道265号線
37000km 5月9日 東九州道津久見付近
38000km 5月20日 関越道上り線108.7km地点
39000km 8月16日 北海道初山別村国道232号線
40000km 8月21日 北海道浜中町奔幌戸道道142号線
41000km 8月24日 岩手県久慈国道45号線
42000km 9月23日 東名高速下り線159.9km地点
43000km 記録不明


07_909_a
2007年夏、北海道ツーリングにて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012G・W紀伊半島 その14

205a
ウミガメプールにて。

209a


213a
ウミガメの赤ちゃん、おててを休めております。

228a
海中展望塔。

238a
魚の群れ。

241a
海底のサンゴ。

243a
潮だまり。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012G・W紀伊半島 その13

184a
クエ。

188a
コモンヤドカリ。

190a
オニイソメ。

195a
ベニヒモイソギンチャクとソメンヤドカリ。

198a
タッチプールは子供たちに人気です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012G・W紀伊半島 その12

153a
串本海中公園に立ち寄りました。

156a
「串本のサンゴの海を再現した当館自慢の水槽です」の説明。

157a
ツノサンゴ類。

169a
ホラガイ。生きているホラガイなんて、初めて見ました。

175a
エイ。

181a
ウツボ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“バンク角計”を取り付ける

今日はST4sに“バンク角計”を取り付けた。

センサーを取り付けてそこからの電気信号を表す事ができれば…と複雑に考えてしまうと、そんなのできねぇよぉっとなる。何もバンク角を計測しようというわけではなくて、平衡感覚を失わないようにしようというものだから単純なものでいい。で、考えたのはこれ↓

Dsc07251
アクセサリーを取り付けたのでした。男所帯は気ままなものよでは無いけれど、アクセサリーなんて持ってなくて、引き出しをゴソゴソして見つけたのがこれでした。

河童が下にあれば、あるのを確認できれば平衡感覚を保てるのではないかと。

早速、夜の高速道路をテスト走行。

う~ん、どうだろうか。路面からの突き上げで結構踊ってしまう。でも極限状態?では意外と頼りになるかもしれない。単純な“バンク角計”だから故障の心配もないし。外れる心配はあるけれど。

大きさといい、位置といい、“バンク角計”そのものといい、再考の余地は大いにあるけれど、動物園や水族館、観光地のお土産店で適当な物が売っているかもしれない。今度言ったら覗いてみようというわけで、取り敢えず今回のテストは終了。

でも、夜の高速道路は暗いなぁ。インターチェンジのカーブとか、以前のように煌々と照明を灯して欲しい。

という訳で、NEXCOに要望よ。

Dsc07252

ブログを5年以上書いているのに上手く文章が書けなかったんだけどさ、主旨がわかればいいやって。

6月15日の夜間に関越道を練馬から新潟までバイクで走った事。

途中で雨に降られた事。

暗くて平衡感覚を失いかけた事。

怖かった事。

照明が点いてなかった事。

夜間の降雨時は全ての照明を点灯して欲しい事。

一律の節電は再考して欲しい事。

を、書いた。

言わなきゃわかんないしね、下手な文章の主旨を理解して実行してくれればいいなぁって。

帰宅後は生体実験。

両手を水平方向に広げて片足で立つ。平衡は保てる。

次に目を瞑ってみる。

するとどうだろうか。平衡が保てなくて、グラグラするではないか。

今度は右レンズを外したメガネをかけて近所を歩いてみる。

Dsc07253

夜なので昼間より視覚情報が無くて、フラフラする感じは希薄だけど、こんな状態でバイクに乗りたくないなぁっと思う。

調べてみると平衡感覚を得るには三半規管の働きにもよるけれど、視覚情報で平衡感覚を補うらしい。となればあの時平衡感覚を失ったのは盲目走行のようになってしまったからだと思う。けっして“脳の病気”ではないと自己診断した。

今日の走行でオドメーターが59456kmになった。こうなると欲が出てくる。買取金額が下がっても60000kmの大台に乗せたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の高速道路の走行

今回の様はツーリング、土曜の夕方に帰宅してから新潟に行ってフェリーに乗る。秋田で下船してその日の内に東京に戻る。これは少ない時間を有効に使うためにGPZ1100に乗っていた時からたまにやっていて、ブログを解説する前にST4sでもたまにやっていた。今回はブログ開設後初めて。もしかしたら、多分そうかもしれないけど、ST4sでの最後のフェリー乗船になるかもしれないから。

出発前の天気予報を見ると、関越道で途中雨に降られるけど新潟に着く頃には晴れる。翌日は雨は降らないだろうと判断し、決行した。事実、その通りになった。

だけど、行きの雨の関越道は怖かった。

雨で視界が悪い上、意外な事に高速道路が暗い。高速道路ってこんなに暗かったっけ?走行中よく見てみると照明設備があるのに照明が灯されてない、そんな箇所が少なくなかった。灯されていても1本おきだったりして、暗さは否めない。地震以降、節電という事で意図的に照明が落とされている。

雨で視界が悪く、道路は暗い。もちろんヘッドライトは点灯しているのだけど、雨に光が吸い込まれるようで、明るく感じない。ハイビームを点灯しても、大して変わりがない。煌々と輝いているのはメーター照明だけ。そんな中を走行していると、暗闇に吸い込まれる錯覚に襲われ、平衡感覚に自信が持てなくなるのでした。

平衡感覚が希薄にでは無く、失くなってしまいどうしようもない恐怖感が沸き起こりパニックに陥りそうでした。なるべく視点を遠くにしようとしても水滴がシールドに付くせいか、どうしても近くになってしまう。全く視界がないわけではなくて白線は見えるので仮の水平線を想定しても、平衡感覚に自信のない恐怖感で自分の状態がわからない。バンクしているのか、垂直を保っているのか、それがわからない。高速道路は意外と直線部分が少なく、緩やかなカーブがほとんど。高速道路では単調になりがちなので意図的にカーブを設けてあるのはご存知の通り。この場合それが逆効果となって中央分離帯に向かって走っているのか、路肩に向かって走っているのか、恐怖に襲われると判断が出来なくなってしまうのでした。

トンネルの中は照明が灯されているので平衡感覚が復活しても、トンネルを抜けるとまた…。

脳梗塞?脳の病気かな?手足の痺れはないぞ。路肩にバイクを止めて歩いてみても、普通に歩ける。

日本版「TOP GUN」みたいな映画、織田裕二出演の「BEST GUY」ではF4ファントムに乗るパイロットが2人同時にバーティゴ、空間識失調に陥るシーンがあったと記憶しているが、この場合もそうかもしれない。パイロットがバーティゴになったら自分の感覚を捨て、計器を信じるようにしているとか。でもバイクには“バンク角計”なんて備えてない。

戦記物の本を読んでいた時、こんな記述があった。パイロットが南方戦線で悪天候に遭った。翼の日の丸も見えない悪天候で、部下もいる。そこで部下を1直線ににさせ、自分の尾翼が見える位置に付かせ、「針、玉、速力」と呪文のように唱えながら悪天候を切り抜けた。針…進路を示す計器、玉…飛行機の状態を示す計器、速力…速度を示す計器。悪天候の中、進路を失わず、飛行機を安定させ、失速にならないように不安に襲われながらも計器操縦して帰還したと。

バイクに乗っていて平衡感覚が無くなってしまうとそれがどんなに恐ろしい事か、バイクに乗らない人でもホンの少し想像力があれば理解できよう。「トンネル 平衡感覚」で検索してみると自転車でツーリングしている人のブログで、トンネル内は平衡感覚が無くなって怖いという記事が少なくない。中には壁に激突してしまった記事もあった。暗闇の中で視覚情報が無くなってしまうと平衡感覚が失われてしまうのは少なくないみたい。今までバイクに乗ってきて17万km弱、それでも雨の夜間に高速道路を走行した事は片手で数えても指が余ってしまうぐらいしかない。ST4sでは、10年乗ってきていても今回が初めて。節電も理解できるのだけど、雨が降っている時は全ての照明を煌々と灯してもらいたいものだ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

帰着

帰着
1日目 324.2km
2日目 693.7km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関越道黒崎P.Aにて

関越道黒崎P.Aにて
ゆっくり帰りましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕日

夕日
胎内川から

日本海に落ちる夕日

何年か振りで見ます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ST4s 59000km

ST4s  59000km
国道345号線、新潟県村上市神林にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

村上市板貝から

村上市板貝から

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧青山本邸

旧青山本邸
旧青山本邸
旧青山本邸を見学

北海道は小樽には別邸があるそうです。

秋に公開される映画「おしん」のロケ地。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お腹いっぱい

お腹いっぱい
農家レストラン八福神にて

「浜焼き元気盛り」頼んだらジャジャ〜ン


全部のせてくれたので、忙しく食べた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

獅子ヶ鼻湿原

獅子ヶ鼻湿原
獅子ヶ鼻湿原
獅子ヶ鼻湿原
獅子ヶ鼻湿原
ブナの奇木やブルーがかったきれいな水に感動。

ここから内部へといこうと
したけど、今日は乗れてない。
無理は禁物。海沿いを走ることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥海ブルーラインにて

鳥海ブルーラインにて
残雪あり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十六羅漢岩

十六羅漢

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先へと急ぐ旅

先へと急ぐ旅
白瀬南極探検隊記念館

まだ開いてない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツーリングの楽しみ

ツーリングの楽しみ
ツーリングの楽しみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本ロケット発祥の地

日本ロケット発祥の地
日本ロケット発祥の地

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋田港にて

秋田港にて
下船

どこに行こうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ST4s ファイナルフェリー?

ST4s ファイナルフェリー?
新日本海フェリーしらかば乗船。

これが最後のフェリー?

関越で雨にやられ、ちょっと怖い思い。

照明が暗くて、暗闇の中に吸い込まれそうな感覚に陥った。かなりペースダウン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに

久しぶりに
久しぶりに
エンジン始動
水温上昇中

ブログ開設以来、久しぶりにやります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

簡単なMy ST4s history

2003年

4月29日 見積もり

5月18日 契約 2002年式中古ST4s 走行距離1327km

6月15日 納車 グリップヒーター取り付け Muzzyのクーリングファンに交換

10月5日 ノーマルマフラーに戻す(購入時はドカティパフォーマンスのマフラー) 3479km

10月26日 エンジンオイル(ウルトラ4)・エレメント交換 5435km

11月2日 ハンドル交換 5856km

2004年

1月14日 12ヶ月点検 8490km バッテリー クレーム交換

3月14日 エンジンオイル(ウルトラ4)交換9099km

4月19日 前後タイヤ交換 ブリヂストンBT-020 11272km

5月頃 ST3の改良されたシートに交換 伝票紛失 走行距離不明

6月13日 エンジンオイル(モチュール300V)・エレメント交換 走行距離記載無し

8月11日 車検 14831km エンジンオイル(ウルトラ4)、ブレーキオイル、クーラント、タイミングベルト、スパークプラグ、燃料フィルター交換

11月14日 エンジンオイル(ウルトラ4)、エレメント交換 18668km

2005年

3月28日 クラッチレバー(調整できるものに)、チェーン、フロントスプロケット(15T)、リアスプロケット(40T)交換 18982km

5月27日 エンジンオイル(ウルトラ4)交換 21883km

7月3日 スクリーン(MRAツーリングタイプ)交換 走行距離記載無し

9月16日 エンジンオイル(ウルトラ4)、エレメント交換 26315km

11月?日 前後タイヤ交換 ピレリーディアブロストラーダ 28202km

2006年

7月28日 車検 32591km タイミングベルト、ブレーキオイル、燃料フィルター、クーラント交換。エンジンオイル不明。タペットクリアランス点検→規定の範囲→調整無し 伝票の文字が薄くなってしまいかなりの部分が読めず

※この年の伝票は車検時以外は見つかりませんでした。

2007年

5月頃 クラッチレバー側のプッシュロッド摩耗(23.45ミリ)によりクラッチの切れが悪くなってシフトが渋くなる。プッシュロッド単品で部品が出ず、パーツを自作して対応 37744km

8月5日 エンジンオイル(ウルトラ4)、エレメント交換 38174km

10月 クラッチ交換 約43000km 伝票紛失

※この年の伝票が1枚しか見つかりませんでした。

2008年

2月17日 グリップヒーター交換 走行距離記載無し

5月18日 エンジンオイル(ウルトラ4)、エレメント交換 44040km

9月18日 車検 44124km タイミングベルト、ブレーキオイル、クーラント、リアブレーキパッド、ウェルナット(傷んでいるもののみ)交換。タペットクリアランス点検→規定の範囲→調整無し お盆の時期に車検では何かと慌ただしいので、時期をずらす

2009年

3月16日 エンジンオイル(ウルトラ4)交換 44196km

5月25日 前後タイヤ交換 メッツラーZ6インタラクト。リアホイールベアリング、左リアウィンカー交換 46559km

8月26日 エンジンオイル(ウルトラ4)、エレメント交換 48258km

2010年

5月11日 スピードメーターケーブル交換 走行距離不明

9月11日 車検 48756km エンジンオイル(ウルトラ4)、エレメント、ブレーキオイル、フロントブレーキパッド交換 前回からの走行距離が少ないので、金銭を優先して最低限の整備のみ

2011年

2月19日 マグネットスイッチ交換 50254km

5月23日 エンジンオイル(ウルトラ4)、エレメント交換 50345km 

7月26日 ステムベアリング交換 50728km

2012年

3月27日 エンジンオイル(ウルトラ4)、エレメント交換 51379km

10月14日 車検 54164km ブレーキオイル、タイミングベルト、燃料フィルター、クーラント、左リアウィンカー、チェーン、フロントスプロケット(14T)、リアスプロケット(38T)交換。リアサスペンションOH。エンジン音を聞いて貰って「大丈夫でしょう」という事でタペットクリアランスは点検せず。

2013年

2月24日 エンジンオイル(ウルトラ4)交換 54323km

5月6日 ロービーム切れ ヘッドライトバルブ交換  約57500km前後

5月23日 エンジンオイル(ウルトラ4)、エレメント交換 58020km

その他

バッテリ- 約2年ごと

スパークプラグ 約5千kmごと

エアークリーナー 約1万kmごとに交換しております。

エンジンOHは行っておりません。

私の行っているお店では車検時の整備料金の中にタイミングベルト交換工賃も含まれてます。走行距離にもよりますがタイミングベルトのみの交換だとフルカウル、しかも脱着に手間がかかるという事で工賃が高くついてしまうので、タイミングベルトにつきましては車検時に交換する、しないの判断をしています。

タペットクリアランスの点検も車検時割引ということで通常の半額でやってくれるので、2006年、2008年の車検の時に点検をお願いしました。

走行2千kmまで5速と6速の間でギア抜けしたことが2回ありましたが、それ以降はどのギアでもギア抜けしたことはありません。もちろん1速~2速でシフトチェンジする際にニュートラルに入ってしまったことはありますが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初めの一歩

今日はフェリーの予約をした。

最初はケータイからかけたけど、繋がらない。

そこで一般電話からフリーダイヤルでかけたら、すぐに繋がった。

予約が取れてホッとしているけど、思うように休めるのかなぁ?

いつでもどんな時でも、その日その時にならないと分からないっていつも言ってるしなぁ。

神のみぞ知るって奴です。

取り敢えず、北海道行きのフェリーは押さえたぞっと。

前のバイク、GPZ1100の時は毎年のように夏はロングツーリングに行ってったっけ。

ST4sになってからは思うように出来なくなってしまった。

GPZ1100

1997年 北海道
1998年 北海道
1999年 沖縄
2000年 北海道
2001年 無し
2002年 沖縄

ST4s

2003年 無し
2004年 無し
2005年 九州
2006年 無し
2007年 北海道
2008年 無し
2009年 沖縄
2010年 無し
2011年 無し
2012年 無し

所有年数としてはST4sの方が長いのに、ツーリングの回数としては全然少ない。改めて書いてみると愕然としてしまった。2006年、2008年、2010年、夏は何やってたっけ?よく思い出せない。2011年は高校同窓会があったし、去年の夏は夏バテバテバテで鹿島神宮まで日帰りで行ったのみ。

今度のバイクではもっと思い出を作りたい。そういえば例の自動車整備士からは任意保険について何の連絡も無い。お金にならない事は不熱心と見た。こういう連絡こそチャキチャキとやってくれればグーンと株が上がるんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012G・W紀伊半島 その12

121a
再び潮岬へ。

122a
潮岬灯台。

123a
潮岬灯台からの眺め。

140a
灯台に使用されているレンズ。ガラスの芸術ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012G・W紀伊半島 その11

091a
樫野埼灯台近くの売店。トルコの民芸品が売ってました。

093a
のび~るアイスクリーム。

099a
のび~るネコ。

102a
ネコがくつろいでいます。

110a
紀伊大島から再びくしもと大橋を渡って潮岬へと向かいます。途中にある潮岬タワー。

116a
潮岬タワーからの眺め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポップ吉村のバイク・スピリッツ

天気に左右される仕事の為か、図らずとも時間が出来た。

なかなか疲労感が抜けないので休養に専念することと、普段出来そうでなかなか出来ないでいる事、本を読む事に専念した。

眠くなっちゃ寝、を繰り返しながら…。

Dsc07077_2

この本はバイクに興味を持ち始めた高校時代に購入したものです。その頃はバイク関係の本を訳もわからないまま手当たり次第購入していたものでした。

もちろんバイクレースの事など何も知らなかったし、ましてや吉村秀雄さんの名前も知る由もありませんでした。この本で初めて知ったのです。

しかしながら内容は壮絶で、何度も読んだものでした。特に171頁の、自分に忠実な選択をしたことによって、“正解”の道を歩くことになったのだと思う、は当時はもちろんながら今に至っても大きく影響している言葉です。

今、読んでみると、当時は感じなかった事を感じたり、改めて“ハート”の熱さを感じました。自堕落に陥っている自分に喝を入れられたようにさえ感じます。何か困難があると逃げることばかり考えていることに気付きました。

あとがきを見ると1983年6月。何と今から30年前(購入したのは1986年3月です)。30年前の本ですが、人生のバイブルとしても手元に置くべき本ですね。

吉村秀雄さんは1995年に亡くなってますが、もしご存命だったら御年91歳。ヘビースモーカーだったようですが、タバコに手を出さなければもっと長く活躍できたのではと思うのです。反面教師として今なおタバコに手を出さない理由はここにもあります。

先ほどYou Tubeで「プロジェクトX 不屈の町工場 走れ魂のバイク」を見たら感動しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012G・W紀伊半島 その10

055a
日本赤十字社「平時国際活動発祥の地」。

059a
トルコ記念館。朝が早過ぎたので見ることは出来ませんでした。

061a
トルコ軍艦遭難慰霊碑。

075a
ムスタファ・ケマル・アタテュルク騎馬像。

078a
樫野崎灯台。

082a
明治3年から運用が開始された灯台です。

083a
樫野崎灯台からの眺め。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012G・W紀伊半島 その9

011a
潮御崎神社。翌朝は潮岬に真っ先に行ったのですが、朝が早すぎてまだ灯台は解放されてませんでした。

024a
くしもと大橋。

026a
串本漁港。

028a
くしもと大橋を渡って紀伊大島に行きます。前回来たのは1995年。当時はまだくしもと大橋はありませんでした。

036a
日米修交記念館。朝が早くて、まだオープンしていませんでした。

039a
海金剛。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の朝刊で

新聞記事を写真に撮ってアップするのはどうかと思ったりするのですが…。

Dsc07076

昨日の朝刊に文科省の有識者会議で桑田真澄さんの意見が載ってまして、見入ってました。

ご自身も小学生の時、エラーの度に殴られたとか。

グーでパンチか、パーでパンかはわかりませんが、暗い気分にさせられます。

大阪のある高校の部員が自殺してしまったことや、女子柔道での暴力行為などを受けて設置された会議との事ですが、遅きに失った感も無きにしも非ず。ですが、スポーツの現場での直接の暴力や言葉による暴力は無くなって欲しいと思います。こういう時こそ暴力を振るう指導者に対して”モンスターペアレント”に大活躍してもらいたいのですが…。

また、小学生、中学生、高校生は成長期に当たるので、度を過ぎたトレーニングは百害あって一利無し。無理なトレーニングを続けてしまうと肩が、肘が、腰が、膝が痛いとなってしまいます。自分の場合は膝が痛くなってどうにも我慢できなくなってしまいました。中学卒業と同時にそのスポーツはやめました。高校では更にハードになりますから、とても続けられないと思ったのです。1年休めばかなり回復したのではないかとかなり後になって思ったりしましたが、「1日休めば2日戻る」と言われていた当時の事、そんな発想は出来ないのでした。仮に2年生から始めたとしても、どうだったでしょうか?1年生も入ってきますし、1年生から始めた人もいます。1年生以上2年生未満、厳しい上下関係の中でかなり辛い思いをしたのではとも思うのです。膝の痛みは二十歳頃まで続いていて、最近になってまた復活してきています。

小学4年生から6年の1学期までサッカーをやってました、レギュラーにはなれませんでしたけど。そこでは引っぱたいたりとか、蹴っ飛ばしたりとか、はたまた言葉による暴力、そんな光景は見たことがありません。後に体験する上下関係の厳しさもそこにはありませんでした。ある時、少人数での”ミニサッカー”の試合で連戦連敗。それでも1勝だけした事がありました。その1勝を全員の前で褒めてくれたのです。その先生は立派な指導をしてくれたと今でも思っています。当時の背番号は「13」。レギュラー選手の中には「20」や「24」の背番号をつけた選手もいましたから、ただ単に割り振ったでけでしょう。この背番号「13」、今でもメアドの1部として使っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012G・W紀伊半島 その8

239a
美浜町阿田和。

242a
和歌山県に入ります。ヒョイっと止められて写真が撮れるのがバイクのいいところ。

243a
熊野川。

248a
ラクダ島。

268a
橋杭岩。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012G・W紀伊半島 その7

ここしばらくは頭の中が何かに支配されてしたのでかなり間が空いてしまいました。

ま、マイペース、マイペース。

191a
賢島大橋。

201a
県道17号線志摩市浜島町迫子付近。

210a
南伊勢町贄浦。

228a
国道42号線矢の浦トンネル手前。

233a
七里御浜の鯉のぼり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実際に聞いてみる その2

今日は実際に出向いてST4sの買取金額を聞いてみた。

1つ目は買取専門店。

外装的には5段階評価で「4」を頂いた。走行距離1万kmとしても通用するって。

でもエンジンは6万km近いので「3」の評定。

クラッチを握った時と放した時の違いが大きいと指摘された。

「(バイク屋から)エンジン音について何か言われませんでしたか?」

「いや、何も」

でもST4sのクラッチが乾式だとは知らなかったようで、電話で本部に問い合わせしている最中に「乾式です」と教える羽目になった。

このまま乗り続けるのならいいのかもしれないけれど、買い取って中古車として販売するならば6万kmという走行距離を考えるとエンジンを開けなければならない。BMWでも6万kmでは値が落ちてしまう。ましてやドカティではここまで走っている車両はあまりない。よって買取金額は・・・。今すぐ買い取るなら本部と掛け合ってもう少しアップできるかもしれないけど、今月下旬だと“3本”ダウン。

という結果だった。

2つ目は某全国チェーンのお店。こう書くとどこだかわかると思いますが。

工場に入れて懐中電灯片手に細かくチェック。更に専用計測機器でアライメント、パワー、ブレーキを測定。なかなか見る事が出来ないので、ずーっと見てしまった。

タイミングベルトはいつ交換しましたかと“試験”もあった。外装的には綺麗だと褒められた。エンジンも距離的な事は別として問題ない、パワーも充分という事だった。ブレーキもアライメントも問題なし。でも金額は買取専門店と変わりありませんでした。買取専門店で査定してもらったと話すとプラス“3本”のアップ。仮に買取金額が同じだとしても売却するならここだなと思った。ドカティだから、6万km近いからという理由では無く、バイクそのものを見てくれたと思った。

あるBMWディーラーは「ヘッドから音がしています」。買取専門業者は「このまま乗るのであればいいのですが、中古車として販売する為にはエンジンを・・・」。全国チェーンのお店は「エンジンに問題ない」。3社3様の結果となった。金額は変わらないんだけどね。どれを信じていいのか迷うばかりです。

でも共通して思うのは、売るだけ損だなぁっと。これだったら売らないで、手元に置いといたほうがいい。

問題は任意保険。ネットで調べてみると、月ごとに入れ替える、というのは出来そうにない感じ。具体的にいうと、ST4sから新しいバイクに入れ替えるのは可能だけど、新しいバイクからST4sに入れ直すのは無理っぽい。それをやるなら新しいバイクを廃車にしてからでないと入れ直しが出来ない感じ。等級が11等級以上であればセカンドカー割引というのがあって、7等級から始められるとか。それでも今の保険内容そのままだと結構な金額になってしまうのです。

増車するにあたって任意保険をその都度入れ替えればいいじゃんと考える人は大勢いて、ごく自然な考えだと思う。ところが保険約款ではそれは出来ませんと定められているとか。詳しくは例の自動車整備士が調べてくれるだろうと思う。その代わり「車買って下さいよぉ」と言うだろうな。どう考えても同一人物が2台のバイクに同時に乗るなんて不可能なのに。正直なところ、あまり期待出来そうにない。

それから新しなバイク(中古車なので変な表現)を仲介するお店に行く。道すがら、いろいろ考える。やはり、バイクにこれ以上は使えないなぁっと思う。となると、このバイクしか無かろう。無理してバイクを買うのはどうか?今後の使い方を思うと、どうしても長距離に強いバイクが欲しい。いろんなバイクにも乗ってみたい。なぜバイクに興味を持ってしまったのだろう?そうでなければこんなに“苦しむ”事も無いのに。あの日、あの時、地平線が見たいと思ったのが運の尽きか。

ST4sは調子よく動いているし、10年経とうとしている今も、いいなぁっと思う。1つだけネガティブな事を書くならば、それは熱さ。外気温でも今日の気温が限界で、これ以上気温が高くなってしまうと、とても熱くて乗ってられない。教育関係者の好きな言葉「耐える力」が低下している昨今、熱さ的に夏は耐えられそうにない。これを書いている今だって、体が火照っているのです。

バイク屋で今後の打合せ。なんと、何度メールしても戻ってきてしまうとか。知らない内に受信拒否になっていた。設定を解除しようとするけれど、どうやっていいのかわからなかった。

基本、現状販売なのだけど、オイルの滲みを直して欲しい、バッテリーは未だ交換した事が無いのがわかったので交換を依頼。このバイク、新車時からの整備記録が残っているので助かる。納車の日にちを決めてお店を後にした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実際に聞いてみる

昨日、例の自動車整備士に会ったので、任意保険について聞いてみた。

月ごとに入れ替えが出来るかどうか。

この様にしている例は無いようで、「出来るんじゃないかなぁ。今の時代、出来そうな気がする」というのが取り敢えずの答えだった。

しかし1例を上げると、

友達同士で車を交換する事にした。その為の準備として任意保険を入れ替えた。ところがその後、車の交換をやめる事にした。そこで任意保険を元に戻そうとしたのだけどすぐには出来なかった。そんな事があったっけなぁっと、記憶も朧気。

「手続き、大変だなぁ」

「それはお宅の仕事。こっちは電話1本で済む」

と、オレは客だぞと、高ビーな態度を決め込む。

「もう1つ保険に入って下さいよ」

「2台同時に乗れないでしょ。それって、無駄じゃない?」

複数の人が乗るというのであれば1台ごとに入るのも理解できる。しかしこの場合、複数の人が乗るということは考えられない。だから、極端に言えば乗る度に入れ替えればいいとも思い付く。

「聞いてみる」となったけど、どうなんだろうね?聞いたところで営業の成績が上がるわけではないし。

最後は案の定、「車買って下さい」と来た。

「そろそろ部品も出なくなりますよ」

「世界のトヨタだから大丈夫だよ」

ついでにST4sのエンジン音を聞いてもらおうと思った。営業の仕事とはいえ、普段から車に接しているのだからエンジンの異音を聞き分ける能力があるだろう。それにドカティだからという先入観も無いはず。しかし、そこまでは出来なかった。これから仕事に向かおうとしている身、自分1人だけではないのでそこまでの時間は取れなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとぼやき

土曜の朝、周囲はシーンとしています。

土曜日は休日、と実感するのがシーンと静まり返った朝なのです。

木曜日に夜間の仕事がありまして、首都高を5号、6号、7号、京葉道を走って千葉まで行った。

今回は前段階で下見のみでしたが、23時に来て欲しいとの要望でしたので、下見して帰宅したのが2時頃。

午前中は必要な部材があるのか、不足している、不足しそうな部材を調べて発注。これ、意外と時間が掛かるのです。そんな事やってらんねぇよぉと大雑把にしてしまうと長期在庫してしまうのが大量に発生してしまい、在庫の山となってしまいます。その内、使い物にならなくなって廃棄、とバカバカしい結果となってしまうのです。

かつては上の人が「いつか使う」と言っていたので真に受けてそうなんだなと思ってました。しかしながら、一向に減らない在庫を見て、実際に廃棄して気付きました。「いつか使う」=いつまでも使わない、と。

午後からは普通に仕事して、帰宅後バタンQ。本を読みたい、音楽を聞きたい、あれこれ考えたいと思っていても、出来ないでいる有様なのでした。生活のリズムを戻すのは容易ではありません。

今日は土曜日。仕事があるのはありがたいと思うのですが、仕事の在り方など、周囲に合わせる意味でも変化があってもいいと思う今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悩む必要は無い?

昨日起きた時にフト思いついたのだけど、ST4sをどうするかなんて悩む必要は無いんじゃないかと。

下取りに出したところで二束三文、雀の涙。売るだけ損、な感じ。新しいバイクの購入資金になり得ても、そのパーセンテージは低い。

それに当面、維持する上で費用が発生するポイントも無い。

あえて言えばフロントフォークかなぁ。GPZでは3万km台でオイル漏れしたからST4sも同様かと思っていた。修理のついでにオイル交換すれば、それでいいかなっと。しかし58000km過ぎた現在、未だに漏れ出してこない。さすがチタンコートというべきか。

いやいや、クラッチも、もしかしたらヤバいかも。発進の度に音が発生するようになった。今のところ滑りは無いけれど、滑り始めたらあっという間。

BMWディーラーで査定した時、確かに「ヘッドから音が出てます」とは言われた。自分の耳には異音を聞き分ける能力はない。その後ヘッドにレンチを当てて、 そこに伝わって来る音を聞いてみた。GW前と後では音に変化があるようには思えなかった。異音が発生しているのであれば、伝わってくる音に変化があるはず。それが変化無しのように聞こえたのだから、このエンジン特有の音を「ヘッドから音が出てます」となったのかもしれない。いつもお世話になっているバイク屋さんからは、あえて「ヘッドから音がしている」と言われたのですがと言わなかったけど、何の指摘も無かった。54000kmの時に実際に音を聞いてもらったけど、特に別にという事だったし。

10年前のST4s購入時はGPZの査定が意外とよかった。まぁ、これにはカラクリがあって、GPZはアメリカ仕様。アメリカ仕様を日本で乗る場合はやや不便がある。メーターがマイル表示だったんです。でも、そのまま乗ってました。km表示もありましたけど(夜間走行では見えなくなる)、大体わかればいいって。そのメーターを見て、勘違いしちゃったんですねぇ、もう時効なので白状しちゃいますと。

10年前と今とでは仕事のあり方などちーっとも変化無しで、10年1日が如くという有様。でも置き場所に関してはやや変化がある。

「ここによぉ、オレの“個人的な物”置くからよぉ、夜露死苦」

こんな押し出しの強さがあれば場所の確保も出来ないわけでもなかろう。“個人的な物”を置いても神様だけは許してくれるはず。

自動車税だって、4月1日に登録してあるものにかかってくる。まだ時間的猶予もあるわけで、慌てることもないかなぁ。任意保険を2ヶ月、1ヶ月で入れ替えれば新たな保険料が発生することも無かろう。 

こんな変則的な運用もありかと思い付いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

状況を改善したい

昨日の朝、目が覚めた時、

休みてぇなぁあ

と思った。

2連休あれば、やりたいことが倍出来る。

“1連休”では、半分がせいぜい。

テレビはあんまり見ないのに、旅番組は見るようにしている。

ぶっつけ本番だとか言っても信じないし、あんな事ありえねぇよぉおっと毒づいているけど、画面に映る風景に見入っている。

自分には見てない風景がいっぱいあって、知らない事が多過ぎる。

それを解決するには仕事のあり方など、あらゆることを改善しなければならない。

「祭日は休むんですか?」

今年の1月、こんな事を聞かれたんです。札幌雪祭りに行ってましたなんて言えなかったけど。

こんな状況から変えていかないといけませんし、行けません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

増車の厚い壁

バイクを増車するにあたって1番の壁は任意保険ではないだろうか。

等級が進み年齢条件も加わって保険料が安くなって喜んでいた。けれども、行き着くところまで行った現在、その喜びも忘れてしまっていた。意外と本来の金額は知らないもの。

いつまでもグジュグジュ考えても仕方ないので、電話して聞いてみた。

「バイクの保険なんだけど、今の内容で新規に入るといくらになる?」

実際の車名がわからないと正確な金額は出ないらしく、ST4sを前提だとすると…、結構な金額になってびっくりした。

「えーっ、そんなにぃ?126cc以上なら同じでしょ?」

車名を言うべきなのだがやめにした。この人、本来は自動車整備士なのだけど、あー言えばこー言う、こー言えばナントやらの口達者。その性格故か、整備業務ではなく営業に回されている。車名を挙げるとネットで価格を調べ、

「車、買いませんかぁあ?“S社”の“レが付く車”がいいって言ってたじゃないですかぁあ?車の方が夏は涼しいし、冬は暖かいですよぉお。タイヤも4つあるし。車買って下さいよぉお」

と言うのは必至。

「見てもらえばわかるけど、セリカ、まだ新しいから。その“レが付く車”、3.0R Spec.B 6MT 2006年式なんて、モノが無いでしょ?」

「今の時代はATですよぉお」

「ATなんてヤダ」

「そろそろ、タービン、逝きますよぉお」

「お宅の整備でしょ?新車同然じゃないですかぁあ」

とまぁ、こんな具合。


これはさて置いて、保険料が結構な金額なのでため息が出てしまった。

今月のモーターサイクリスト誌で「楽しい“2台目”」とあるけど、どこを読んでも保険の事が書いてない。大型車と中型車、2台持つのはいいとして保険が書いてないのは片手落ち。任意保険、入ってないの?

ちなみにこの雑誌、先月号は「乗り換えで変わる!」とあって、ついつい読み入ちゃった。

ついでに1つの保険で複数台入れるかを聞いてみたけど、入れないとの事。考えるまでもなく2台同時に乗れないんだから全く0でなくても、同一人物が運転する場合に限って入れそうなもの。そんな会社、ないのかなぁあ?

月ごとに入れ替える?


| | コメント (4) | トラックバック (0)

チェーン清掃

今日はST4sのチェーン清掃。

チェーンドライブ車の宿命、走るとチェーンが汚れてしまうのです。

汚れを放置してしまうと、汚れが研磨剤の役目をして摩耗を早めてしまう。

チェーンを掃除すると手が油だらけになるから前後しか写真が撮れませんでした。

Dsc07072
この写真は清掃前。汚れがこびりついてしまって、見るからに×××でした。

Dsc07073
この写真は清掃後。綺麗になった感じがわかるでしょうか。

チェーン清掃は手短にやるとそれなりですし、徹底的にやろうとすると時間がかかってしまいます。手元にあるのはチェーンクリーナーとボロ切れだけ。完璧には程遠いのですが、出来るだけ清掃してこれでよかろうと。

その後、苦手なチェーン調整して、タイヤのエアチェックして今日の整備を終えました。

走ってみると、綺麗なチェーンは気持ちいい。走りながらチェーンの汚れを感じ取るなんて出来ないのですが、チェーンをきれいにした後は気持ちがいいものです。

だけどこれがST4sでの最後のチェーン清掃になるかもしれません。新しくバイクを迎えるにあたって、ST4sをどうするかはまだ決めてないのです。売却するかもしれませんし、手元に残すかもしれません。出来れば手元に残しておきたいのですが、置き場所、保険、税金等がかかってしまいます。決めるのに時間を要する私、まだ決め兼ねているのです。それでも最後まで愛着を持って接していたいのです。ST4sはドカティが自分のために作ってくれたバイクですから。


Dsc07074
リアタイヤに釘らしきものが刺さっているのを発見。ST4sに乗ってから初めてのパンクかと思いました。最後にパンクを経験したのが2000年8月。北海道は奥尻島、稲穂崎でした。あれから13年近く、パンクは体験していないのです。

Dsc07075
ラジオペンチで抜いてみると、ちっちゃな金属片が刺さっているだけで、パンクには至っていませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

それを言っちゃぁ…

このお店は常連さんが多くて、行くといつもの人がいたりします。一昨日は

「いつも1人だねぇ、友達、いないんだ?」

だなんて、言われてしまって、ドキン。そんなに多くはないけどさ、思った事が口に出ただけで気にすることも無いんだけど、ズバリ言われてしまうとグサリとくる。

一旦帰宅して身なりをさっぱりさせてからでないと、特に飲食を伴う所には出掛けられません。どうしても落ちない手の汚れ、腕の汚れを見て察して欲しいなぁ。

仕事帰りに寄るのと帰宅してから出かけるのでは大違い。前者だとスーっと出かけられるけど、後者ではホッとしてしまって意外と億劫。時間の制約も厳しい。お酒を飲む所なのに、時間的に早く行けて帰れるということで車で行って、飲めなかったのはついこの間。

行けるか行けないか、当日のその時にならないとわからないのです。今日は“用事”があるから早く帰る。こんな事、本来は出来ないのです。自分1人だけではありませんし、その分、仕事が遅れてしまう事もある。だから約束が出来ません。守れない約束は出来ないので、Yes or NoではいつもNo。これじゃ、書かずもがな。それでもこの頃は出歩くようにしてますが、“ズル”しなければならない事も少なくありません。たまにはよかろうと“許して”いますが、心苦しいんです。

「忙しい」という言葉があります。業務多忙でという意味であると解釈してましたが、最近になって“そのような事に興味はありません”、“あなたの為に時間は確保できません”というような別の意味もあるのかなと思うようになりました。
かつては今以上に仕事が忙しかったので「忙しい」と言ってましたが、別の意味で解釈されてしまっていたのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かなえちゃんライブ


かなえちゃん、「涙そうそう」熱唱中。

石垣島の子、事前の情報はこれだけで、今度はどんな人かなぁっと。この間と同じだった。あっ、でも、期待外れという意味じゃ無いですよ。2回目だと今度は何を歌うのかなぁっとか、どんなトークかなぁっと楽しみがあります。

この様に夜に出歩くには一旦帰宅して車を置いて、身なりをさっぱりさせないと出歩けない私、時間に間に合わないから行くのやめようかなと思ったが、せっかく誘われたので遅れてでも行ったのです。

沖縄系のライブ、チョイっとヘンな言い回しですが、ひょいひょいっと出かけるのはその雰囲気に浸りたいのと、いちゃりばちょーで、誰とでもすぐに仲良くなれるそんな感じが好きだからです。

かなえちゃんは兄妹が多くて、末っ子と一緒に歩くと親子に間違われるとか。子供が多い。土地柄だなぁ、子供を大切にする、子供好きが多い、そんな土地柄が出ているんだと思うのです。

バイクに乗せて!

と、せがまれたのも沖縄でした。

情報としては出てこないライブですが、こんなローカルなライブも楽しいものです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »