« 実際に聞いてみる | トップページ | 2012G・W紀伊半島 その7 »

実際に聞いてみる その2

今日は実際に出向いてST4sの買取金額を聞いてみた。

1つ目は買取専門店。

外装的には5段階評価で「4」を頂いた。走行距離1万kmとしても通用するって。

でもエンジンは6万km近いので「3」の評定。

クラッチを握った時と放した時の違いが大きいと指摘された。

「(バイク屋から)エンジン音について何か言われませんでしたか?」

「いや、何も」

でもST4sのクラッチが乾式だとは知らなかったようで、電話で本部に問い合わせしている最中に「乾式です」と教える羽目になった。

このまま乗り続けるのならいいのかもしれないけれど、買い取って中古車として販売するならば6万kmという走行距離を考えるとエンジンを開けなければならない。BMWでも6万kmでは値が落ちてしまう。ましてやドカティではここまで走っている車両はあまりない。よって買取金額は・・・。今すぐ買い取るなら本部と掛け合ってもう少しアップできるかもしれないけど、今月下旬だと“3本”ダウン。

という結果だった。

2つ目は某全国チェーンのお店。こう書くとどこだかわかると思いますが。

工場に入れて懐中電灯片手に細かくチェック。更に専用計測機器でアライメント、パワー、ブレーキを測定。なかなか見る事が出来ないので、ずーっと見てしまった。

タイミングベルトはいつ交換しましたかと“試験”もあった。外装的には綺麗だと褒められた。エンジンも距離的な事は別として問題ない、パワーも充分という事だった。ブレーキもアライメントも問題なし。でも金額は買取専門店と変わりありませんでした。買取専門店で査定してもらったと話すとプラス“3本”のアップ。仮に買取金額が同じだとしても売却するならここだなと思った。ドカティだから、6万km近いからという理由では無く、バイクそのものを見てくれたと思った。

あるBMWディーラーは「ヘッドから音がしています」。買取専門業者は「このまま乗るのであればいいのですが、中古車として販売する為にはエンジンを・・・」。全国チェーンのお店は「エンジンに問題ない」。3社3様の結果となった。金額は変わらないんだけどね。どれを信じていいのか迷うばかりです。

でも共通して思うのは、売るだけ損だなぁっと。これだったら売らないで、手元に置いといたほうがいい。

問題は任意保険。ネットで調べてみると、月ごとに入れ替える、というのは出来そうにない感じ。具体的にいうと、ST4sから新しいバイクに入れ替えるのは可能だけど、新しいバイクからST4sに入れ直すのは無理っぽい。それをやるなら新しいバイクを廃車にしてからでないと入れ直しが出来ない感じ。等級が11等級以上であればセカンドカー割引というのがあって、7等級から始められるとか。それでも今の保険内容そのままだと結構な金額になってしまうのです。

増車するにあたって任意保険をその都度入れ替えればいいじゃんと考える人は大勢いて、ごく自然な考えだと思う。ところが保険約款ではそれは出来ませんと定められているとか。詳しくは例の自動車整備士が調べてくれるだろうと思う。その代わり「車買って下さいよぉ」と言うだろうな。どう考えても同一人物が2台のバイクに同時に乗るなんて不可能なのに。正直なところ、あまり期待出来そうにない。

それから新しなバイク(中古車なので変な表現)を仲介するお店に行く。道すがら、いろいろ考える。やはり、バイクにこれ以上は使えないなぁっと思う。となると、このバイクしか無かろう。無理してバイクを買うのはどうか?今後の使い方を思うと、どうしても長距離に強いバイクが欲しい。いろんなバイクにも乗ってみたい。なぜバイクに興味を持ってしまったのだろう?そうでなければこんなに“苦しむ”事も無いのに。あの日、あの時、地平線が見たいと思ったのが運の尽きか。

ST4sは調子よく動いているし、10年経とうとしている今も、いいなぁっと思う。1つだけネガティブな事を書くならば、それは熱さ。外気温でも今日の気温が限界で、これ以上気温が高くなってしまうと、とても熱くて乗ってられない。教育関係者の好きな言葉「耐える力」が低下している昨今、熱さ的に夏は耐えられそうにない。これを書いている今だって、体が火照っているのです。

バイク屋で今後の打合せ。なんと、何度メールしても戻ってきてしまうとか。知らない内に受信拒否になっていた。設定を解除しようとするけれど、どうやっていいのかわからなかった。

基本、現状販売なのだけど、オイルの滲みを直して欲しい、バッテリーは未だ交換した事が無いのがわかったので交換を依頼。このバイク、新車時からの整備記録が残っているので助かる。納車の日にちを決めてお店を後にした。

|

« 実際に聞いてみる | トップページ | 2012G・W紀伊半島 その7 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515758/57558965

この記事へのトラックバック一覧です: 実際に聞いてみる その2:

« 実際に聞いてみる | トップページ | 2012G・W紀伊半島 その7 »