« よこすかカレーフェスティバル2013 その1 | トップページ | よこすかカレーフェスティバル2013 その2 »

鳶に油揚をさらわれる、かも

今度の日曜日は天気が悪そうなので例のバイクに試乗できるか心配している。

ところが!

今日はバイク屋から連絡が来て、他に試乗希望の人が現れたそうな。

現オーナーとしては先に決めた方に譲る考えとの事。

お店としては煽る気は全く無いそうだけど、委託販売だし。こんな展開になっては“焦り”を感じてしまうもの。

オーナーさんの考えに異議を申し立てる気はあるのですが、実際にそれを連絡するかは…、しない。

自分だったら初めに話を貰った人に優先権を与え、購入の意志を放棄した場合、期日を設けて期日を過ぎても連絡が無い場合は購入の意志が無いものとして(もちろん事前にそれを連絡して確かめる)次の人に話を持っていくようにするのですけど。

ま、人それぞれですからね。

もう少し値段を下げてという交渉がやりにくくなりました。

2回目の試乗で印象がどのように変わるか、それによっては決めてもいいかなって。

このような展開になるのなら、オーナーさんの負担になるだけですし、自分の負担になるわけではないので、前日が雨でもバイクを持ってきてもらえば良かったと。当日は快晴だったし。人に物を売るのは大変なんですよ、と”勉強”になりますしね。変に気遣いしたのが裏目に出てしまったかな。

仲介するバイク屋さんも大変ですね、こんな優柔不断な私を相手にするのですから。


それに今回はサスペンションのセッティングを最弱にしてみようっと。先の試乗では思い付かなかった事です。

というのも、仮にA店として、A店でトライアンフ・タイガーエクスプローラーに試乗したのですが、車体を引き起こすとサスペンションが沈み、足付き性が良くなって信号待ちでも不安が無く、フレンドリーに感じました。

ところが、仮にB店として、B店でトライアンフ・タイガーエクスプローラーに跨って車体を引き起こすと、アレレレレ?サスペンションがあまり沈まないでバレリーナ状態。

同じバイクに跨ってこの差は何なのか?考えられるのはA店のタイガーエクスプローラーはサスペンションが最弱にしてあったのではないかと。それに引き換えB店のタイガーエクスプローラーは“普通”ではないかと。その差が出てしまったのではないかと想像するのです。

だとするならば、サスペンションを最弱にして跨ってみればフレンドリーさが増すかもしれないっと。それを確かめるには実際に試乗しないとわからないのです。

こんな悲劇があります。

最近話した人なのですが、バイクが好きで、バイクの話になると熱くなるのです。

ただ、体格にハンディがありまして、言わずもがな、身長が低いのです。

大型免許を取ったのでZRXを購入したのですが、足付きに厳しく、4回倒してしまった。こりゃダメだと、そのままバイク屋に行って下取りに出してしまった。その下取り価格で買えるバイクに乗り換えたのですが、パワーが無くて高速道路では辛い(排気量が4分の1以下のバイクに乗り換えた)、やっぱり足付きが悪いので新車から2300kmで売ってしまったのです。そして今はバイクに乗ってません。

2300kmなんて、GWで走った距離の1割増。たったあれだけなんですよ。

たまに会う人なのですが、会うとこの話を聞かされて、その度に残念に思うのです。

そのZRXを売ったバイク屋は体格に合うモデルを薦めなかったのか、ZRXを購入しても体格に合うように“作って”くれなかったのかと。フロントフォークの突き出しを増やす、リアサスをいじる等である程度は下げられたかもしれません。それが可能であれば今でも乗っているかもしれないのです。もちろん、それに伴うデメリットもあるのですが、優先順位というものがあります。足付き性を良くして、慣れたところで元に戻す、近づけるというのも出来るのです。結果的にはバイクを諦めて大金を無為に使ってしまっただけとなってしまいました。

自分も人様の事は言えません。僅かな距離で手放してしまった事があるからです。これがよかろうと選んだけど、初めてのツーリングで何これというネガティブな部分があり、許容範囲を超えていた。その後、僅かな距離を走っただけで乗り換えたのですが(消費税が上がる直前だった)、、結果は新車よりも高い中古車を購入したことになりました。“授業料”だとしても、あまりにも高価過ぎる“授業料”でした。以来、雑誌インプレッションだけで無く試乗が欠かせないものになりました。

さて、仲介するバイク屋からこのような連絡が来ています。「セッティングの変更は経験がありません。足回りを弱めれば車高は落ちていくと思うのですが、それによってどの程度ハンドリングに影響が出るのかが分からないのです。足付き性が少し良くなっても、ハンドリングが大きく悪化してしまっては意味が無いと思いますので・・・」。

私が確かめてみたいのはサスペンションの最弱状態であって、フロントフォークの突き出しを増やしてみたらとか、リアサスのリンクをいじってみたらという事ではありません。自分の物ではないので出来ない事でもあります。メーカーとてテストを繰り返して世に送り出すのですから、調整の範囲内でしたら問題が出ることは無いはず。

それまでに売れてしまったら、どうにもなりませんね。こんな展開になるのも自分らしいやと、11日土曜日の雨が恨めしく思います。

|

« よこすかカレーフェスティバル2013 その1 | トップページ | よこすかカレーフェスティバル2013 その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515758/57398556

この記事へのトラックバック一覧です: 鳶に油揚をさらわれる、かも:

« よこすかカレーフェスティバル2013 その1 | トップページ | よこすかカレーフェスティバル2013 その2 »