« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

頭の中に…

ブログのサブタイトルに「社会人失格」と書かねばならないかも。

実のところ、今日も1日頭の中でバイクが走り回ってました。

全く集中力に欠け、ミスも多かった。

好きなんだから仕方ないんです、という言い訳は通じません。

ST4s、本当に異音が出ているのかな?自分で判断できないのが悲しい。

5万kmを超えれば多かれ少なかれ出るのかもしれませんが、OHしてまでという気はありません。

自分の目からすれば調子よく動いているんです。10年近く乗っていて、こんなに調子良かった事なんて無かったなぁっと思う位。ハンドルに伝わる振動も減って、手が痺れることがずいぶん少なくなりました。ようやくツーリングバイクとして育ってきた感じ。エンジンもセル1発始動。

それなのに、異音?


去年車検を受けた時と、今とでは考えが少し変わりました。

楽しい事は先にやろう!

次期のバイクとしてデュアルパーパスを考えている。あっちこっち行ってみたい。いろんな風景を見たい。山奥も行くよ。で、試乗してみると車格が大きくて持て余すんじゃないかと心配になる。

乗ってる分にはいいんですが、止まっている時、押し歩く時に持て余すかもしれない、と。車種によっては引き起こしも重かった。

信号待ちで止まっている時にフラついて、隣の車めがけて立ちゴケ…、なんて事になったらエライ目に遭う。

チャレンジしたい気持ちもあるし、もし“失敗”したらと不安になる。

お目当てのバイクに関しては車高を少し下げる事が出来そうだと連絡が来ている。なんとかなるか?

その一方で試乗したR1200Rも結構気に入ってしまった。気楽に乗れてこそ楽しめるってもんよ、バイクが語りかけてくるように感じた。オンからオンというもの芸が無いから避けたいのだけど、いざ乗ってみると、そんなにこだわらなくてもとも思える。クラッチは軽いし、エンジン熱は感じないし、ブレーキは強力でロックしない。それでいて走りは熱い。フレームマウントのハーフカウルがあれば最高よ。“R1200RS”なんてあればいいね。

大型車ともなると金額がかなりになる。バイクの選択に失敗してしまうと目も当てられない。どうしようかな。

ST4s、もうそろそろ10年です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wショック

ST4sの下取り金額を取り敢えず聞いてみたのだけど…。

心の準備は出来ているつもりだったんだけど、いざ聞いてみるとショック。

バラして売ったほうがかえって高いかも。

でも1度だけですが04モデルの中古車で57000km走っているST4sが保証付きで販売されていたのを見たことがあります。保証が6ヶ月6000kmだったと思いますが、とにかく売っていたのを見たことがありました。値段は47万円位だったかな。

「EVER RED」というのをご存知でしょうか?DUCATI認定中古車。今ではトンと聞きませんが、まだあるのかな?DUCATI純正部品、もしくはDUCATI PEFORMANCEのみのパーツを取り付けている車両で、なおかつ1年もしくは1万kmごとの点検を受けている新車登録から8年未満、走行6万km未満の中古車。その中古車を基準にそって整備し、認定中古車として1年間走行距離無制限の保証、レッカーサービス付きで販売するというものです。ディーラーに行けばあるのでしょうか?今でもあるのかもしれませんし、もしかしたらもうやってないのかもしれません。ここで注目するのは6万km未満ということ。この程度の走行距離であれば十分な性能を発揮できる事を意味しているのだと思うんです。

それともう1つ。

査定は試乗中に行っていたのですが、エンジンから音がしているとかで、ヘッドを開けた方がよいというような事を言われました。査定したお店はBMWのディーラーですが。車検から1500km程度、オイル交換から1200km程度しか走ってません。その時バイク屋から何の指摘もありませんでした。車検後、調子が良くなって喜んでいるですが。その時はその時だとしても、55555kmで音がと言われても、ねぇ。ヨーロッパじゃ新車から11年経ったバイクなんてこの程度は走っているのも多いだろうし。

音はわかりづらいです。経験を積んだ人でなければ判断出来ません。普段乗り回している人間には相当ひどくならないと、かえって異音に気付かないものです。GPZ900Rに乗っていた時(走行距離2万kmに近い時でした)、

エンジン音を聞いて、

「このバイク、どこか壊れているんじゃないの?」

と、言われたものですが、

「このバイクはこれで普通なんです」

と、言い返していたものでした。

その後オイル交換の際に異音を指摘されまして、カムシャフト、ロッカーアーム交換となりました。知らぬは本人ばかりなりで、交換後は音がガラリと変わりました。でもなんだかなぁっと、それから1万km走って、車検切れと同時に手放してしまいました。

さて、我がST4s。音が…なんて言われても、はいそうですかと素直になれない。エアクリーナーの入口からマフラーの出口までノーマル。ノーマルの状態で5万km以上走った。

オイル交換はちゃんとやってきた、つもり。1回だけモチュール300Vを入れたことがあるけれど、後はずーっとシェルのウルトラ4。交換サイクルは6ヶ月、または4000km、またはシフトフィーリングが悪くなった時。ここ2年は走行距離が極端に少なかったので年1回。

エンジンはリミッターを作動させたことなんて1度も無く、最高でも8000回転しか回した事がありません。それ以上はスピードが出過ぎてしまいます。

タペットクリアランスの調整はした事がありません。これは点検をサボっているからではなくて、点検の結果、規定値以内。よって、調整の要なしということで。前回点検してから1万km以上は走っているけど。車検の時は大丈夫でしょうということで点検もしなかった。

それでもって音が…と言われても、防ぎようが無いじゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も試乗


昨日試乗したバイクです。結構レアなバイクです。

試乗したバイク屋さんから他のメーカーのバイクの試乗を勧められました。他のメーカーのバイクにも乗ってみて、比べた方が良いとの事。

言われてみればそれもそうだなぁっと。そこで今日、他のメーカーのバイクも試乗しました。

BMWの販売店に行ってみて、中古展示してある2010年型R1200GSに跨ってみました。シート高はローの位置でしたが、足付き性は厳しい。だけどフラットツインは低重心なので引き起こしは楽。昨日のバイクと車両重量は大差ないのですが、より軽かった。

フラットツインには久しく乗ってないので店の人の勧めもあって試乗することにしました。

試乗車は↓

R1200Rです。フラットツインのフィーリングを見るだけだから、いっかぁ。中古展示してあるR1200GSはOHCエンジンですが、こちらは現行車なのでDOHCエンジンです。

ポジションは楽。足付き性はロードモデルだから不安はありません。高速道路を走らせると縦置きエンジン車特有の直進性が感じられました。ブレーキはよく効いて、強力な制動力が簡単に引き出せます。それでいてABSがありますから鬼に金棒です。GSを見ていた時にサーボ付きブレーキ云々と言ってましたから、このことかなぁっと思ったんです。試乗後に聞いてみるとR1200Rにはその設定がなく、前後連動ブレーキという事でした。

お目当てのバイクではありませんが、案外とこのバイクもいいなぁっと思いました。アップライトの気軽に楽しめるバイクです。

取り敢えずST4sの下取りを聞いて、R1200GSの見積もりを貰って来ました。


帰り道にトライアンフのお店にも寄りました。店内に展示してあるTIGER EXPLORER XCを見て、跨って、お店の試乗車に乗ってみました。


シートはもちろんローの位置で試乗しました。跨ってみるとシート幅が狭く、更に1Gでのサスペンションの沈みが大きいのでシート高837ミリであっても足付き性は良好です。昨日のバイクにしろR1200GSにしろ引き起こす時はどうしても右足がステップから離れてしまいました。だけどEXPLORERは離れる事が無く、しかも軽く引き起こせる事が出来ました。信号待ちでも不安がありません。R1200Rを除く3車中、1番足付き性がよかった。

引き起こしも軽く、装備重量259kgを感じません。

初めはやはりおっかなびっくり走らせてましたが、すぐに慣れました。3気筒エンジンのフィーリングもなかなかです。

優劣付け難いのですが、3車中1番低速走行がし易いかなと思います。

試乗といっても乗り回すばかりではありません。取り回し性もチェック。バイクから下りて車体を押したり引いたりすると、ハンドル位置が高いせいか意外と力が入らないのです。慣れてないせいもかるかと思いますが力が入れにくいのです。だから重く感じてしまうのです。跨っていれば、走っていればO.Kなのですが、バイクから下りて車体を取り回すとなると辛いことも多いかな。

エンジン、というよりラジエターからの熱風は感じました。今の時期ならばまだ許容範囲かもしれませんが、夏はどうでしょうか?熱さを感じて辛く思えるかもしれません。その点、R1200Rは熱さを感じることがありませんでした。

クルーズコントロールもあるし、オプションもいっぱいある。アクセルも軽い。押し歩きを除けば良いバイクなのですが、中古車といえども値段が高いのがネック。長く乗るつもりであればいいかもしれません。

今後の事も踏まえてじっくりと考えたいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5が並ぶ

昨日の試乗からの帰り道、ST4sのオドメーターが55555kmを示しました。

Dsc06092a
西武池袋線練馬高野台駅付近の路上にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイク試乗

今日は先日から問い合せていたバイクを試乗した。

今度のバイクは違うジャンルのバイクにする、これだけは決めている。

このテのバイク、実際に実車に跨ってみないとわからないのです。

そこで今回、運良くチャンスに恵まれた。

個人所有の車両で買い手を探している。今まで何人か見に来ていたけど、大きさ、重さ故に試乗さえしなかったとか。なんと自分が初めてだとか。

まぁ、試乗は自己責任が伴いますから、慣れないバイクの試乗はものすごく緊張するものです。
緊張する故に重くも感じるものです。

またがってみる。足?付きません。全く付かないわけじゃありませんが、厳しいです。

が、その反面、視点が高いので視界が広い。新鮮さがありました。

引き起こしは、重いなぁ。車重的にはST4sと大差ないのに、ズシリと重く感じる。GPZ1100位はありそうな感じ。

シート高をローにして試乗しました。

試乗コースを4周しちゃいました。

走っている分には重さは感じません。

ダッシュも良く、ポジションも楽。

シフトフィーリングもいい感じで、ニュートラルもスンナリと入る。

だけど止まると足付き性が…。

引き起こしが意外と重いのには予想外でした。

車両を返却して、いろいろ質問して、お話を聞いて、今回の試乗を終えました。

後にメールが来て、車体側を調整することであと1~2センチは下げられそうとの事。

またまた不眠症の日々が続きますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新車の香り

せっかくネタ用に写真撮ったのに、オクラ入りとはもったいないのでアップ。

P1270567a

ハーレーショップの前で。新車の香りがプアンプアンと。

新車って、いいですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

虹遊び

全然乗らない父親の車を洗車しました。埃だらけで悲惨な状態だったのです。

車はやはり動かさないと調子悪くなってしまいます。昨日の事ですが、講習会に参加するために動かしたのでした。

あっ、でも、全然動かさない訳じゃないんですよ。年2回、車検整備に行って、戻ってくる、その2回。というのは冗談ですが、そう思えるぐらい動かさないです。


洗車していたら虹が出来ました。

講習会は寝不足が祟ってか、眠気との闘いでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネギ・ミツライブ

アップが遅れてしまいましたが、26日に誘われていたライブに行ってきました。

当日は仕事を段取りして時間に間に合うように予定を組んだのです。が、“想定外”が発生いたしまして、他の仕事の応援に行く羽目に。仕事が終わってから出発したものの、時間に間に合わなくなってしまいました。

会場に着いた時は既に2部がスタートしておりまして、結局のところ3、4曲ぐらいしか聴けなかったのでした。

初めて聴くものでしたから、何とも残念。感想はといっても、沖縄らしいとしかいいようがなく、周囲が盛り上がってもポツネンとしてしまうのでした。一寸先は暗闇過ぎて、運の悪さを嘆くのでした。

ちなみにその“想定外”とやらは、ちょっと気を利かせれば全然クリアできるもので、本人を前にして口にこそ出しませんでしが、もうちょっと考えろっと文句の1つも言いたくなるものでした。

 

ライブ終了後は飲み会です。初対面の方ばかりでしたが、楽しく飲みました。翌朝の仕事もあるので午前1時半に切り上げました。仕事がなければせっかくなので最後まで付き合うのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

午後から

昨夜は夜間の仕事。

天井裏潜ってたくさんの配線、配管、吊りボルトの中を埃だらけになって身をよじらせ四苦八苦。

写真をと思ったけど、そんな余裕はないし、不用意に写真を撮るのも問題になる可能性も無きにしも非ず、やめ。

こりゃ手こずるなと思っていたけど、意外と早く終わった。

もちろん、休憩は無しだけど。

夜間の仕事は準備が大変。不足を生じてはいけなので、何かと用意をする。

仕事が終わっても警備の都合上、撤収がこれまた大変。

何度も往復する羽目になった。

深夜ラーメン食べて帰宅。

帰宅しても、そんなに眠れません。

午後から出ますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハードな3日間

この3日間はなかなかハードな日々を過ごした。

それも今日で何とか終わらすことが出来た。

ご指名に授かって1人暮らしのおばあちゃん家に行っていた。

このお家、1階が無くて玄関入るとすぐ階段。

朝、ピンポ~ンして玄関に入って階段を上がる。

普通、こんな事をするなんてとんでもない事だけど、足腰の弱っているおばあちゃんに階段を下ろさせる訳にはいかんのです。

「おはようございます。じゃあ今日も続きをやりますね」と仕事に取り掛かる。

昨日はデイサービスのヘルパーさんがやって来て、「そんなことするんですか?」的な事を言われてしまった。

素人目には不要な事の様に思うかもしれない。疑うことを知らないお年寄りを騙して暴利を貪る悪徳業者だと思ったのかな?

仕事だから利潤を追求するのは当然ですが、人間として騙すような事はしません。

詳しくは書けませんが、こうこうこうしないとこうなって不具合が出ると、即座に説明。キャパシティが少な過ぎて余裕が無く、形状に無理がある。だから不安なのです。個人的に頼まれれば「出来ません」と断ってしまう仕事なのです。

人を介してだからそれが出来なくて、不安を感じながらやってたんです。

それも今日で終わり、やれやれ。後は結果待ち。

今日で終わって明日は来ないと何度も説明したけど、わかってくれたかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悩む

前回、あのような記事を書いておきながら何ですが…。

ブログの方針の1つにウソは書かないというものがあります。勘違い、思い違いはあるはずですが、けっして意図的には書いたりしません。

例えば…

DUCATI ST4sはアイドリングからスムーズで乗りやすく、女性にモテます。

この様な事は書きません。騙される人もいないでしょうが、明らかにウソだとわかりますね。


最近、気になるバイクが出現しています。

時間がある時にちょこちょこっと見に行ってます。

「夢に出てくるんじゃないですか?」

お店の人からこの様に言われましたが、夢には出ません。

眠れないので。

男はいつまで経っても子供。気になるモノがあると眠れなくなってしまうのです。

このバイク、今では新車販売されていません。新車販売されていた時もお世辞にも人気車とはいえませんでしたし、実際に僅かしか販売されなかったのです。

だから中古車が出てくるなんて極めて稀で、滅多にないのです。

その滅多にない中古車を見つけ、更に他のお店でも偶然にも見つけてしまった。

そんなに悪いバイクではありません。スタイルが「日本人の好みに合わなかった」とお店の人が言ってましたが、このテのモデルはどのメーカーも、言っちゃあ何ですが奇抜なスタイルをしています。けっして美しいとは言えません。

その良さがわかり、人から人へと広がっていくとそのスタイルもよく見えるようになり、支持を得ていくのでしょう。

支持を得る前に、販売をやめちゃった。

ある特定メーカーのバイクにしか興味がないわけではなく、様々なメーカーのバイクに乗ってみたいという思いは常にあります。このメーカーも乗ってみたいと思うバイクです。

車検であれだけの整備をして、今や絶好調。最近ではバッテリーも交換した。ポピュラーなものなら玉数も多くて悩みも少ないのですが、マイナーなものは機会を逃すと“次”がいつになるのかわかりません。大いに悩むところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新記録達成!

今日は寒かった。

それなのにツーリング。しかも、夕方5時から。

行き先は茨城県は大洗。

Dsc06086a
フェリーをバックにパチリ。

Dsc06090a
せっかくここまで来たんだから魚を食べたいということで、カレイの煮付け。海の香りがプワ~ンと。寒いからすぐ冷めちゃったけど、美味しかったよ。

行きも帰りも高速道路で。

その帰りの事。大洗I.C近くのスタンドで給油して、外環道大泉I.Cから1番近いと思うスタンドで給油した。

その間の走行距離131.2km。給油量5.07ℓ。燃費約25.8km/ℓ。

道中、特に燃費を気にする事もなく走っていた。外環道新倉P.AIから大泉I.Cまでは6000~7000となるべく高い回転数を維持。時には回さないとね、調子悪くなっちゃうかもしれないし。

車検の時にチェーンとスプロケットを交換して、それまでよりも若干ローギアードにした。だから燃費は若干落ちていると思っていたんだけどこの燃費にビックリ。それまではどうしても24km/ℓに僅かに届かなかったから、23km/ℓを僅かに超えるか超えないかと思っていたんだけど。

2km/ℓも燃費が伸びて、むしろ驚いている。ST4s、恐るべし。本日の走行距離291.0km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012G・W紀伊半島 その6

151a
オニヒトデ。

155a
パイプウニ。

157a
ポットベリーシーホース。

163a
オオサンショウウオ。

167a
マンボウ。

175a
ホシエイ。

179a
マダコ。足の数に注目!

180a
サケガシラ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012G・W紀伊半島 その5

114a
志摩マリンランドに行ってみました。

115a
ペンギン。

126a
トビハゼ。

130a
ポリプテルス。

135a
ウミガメ。

140a
イトヒキアジ。

147a
オニオコゼとコブセミエビ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012G・W紀伊半島 その4

071a
県道128号線から、麻生の浦大橋。

076a
鳥羽展望台から。

085a
安乗埼灯台。四角い灯台です。

093a
安乗埼灯台からの眺めです。

112a
近鉄志摩線賢島駅。

113a
賢島駅のホーム。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少しずつ塗装

ずーっと“じっくり作っている”ハイラックス。その塗装をやり直し。

なかなかボディカラーが決まらなくて、シルバー系にしたけれどイマイチ。

街中を走る車を見て、これなら良さそうだろうと決めたボディカラーはオレンジ系。

近所に模型店は無いし、それならばとカー用品店に行ってみたけど、意外なことにオレンジ系の補修スプレーが売ってない。そこで超大型ホームセンターに行ってみたら、ようやく売っていた。

パブリカオレンジM。日産車(!)に使われているオレンジです。ハイラックスはトヨタですが…。86で使われているオレンジが欲しかったんですけど、自動車修理工場に補修スプレーを頼めば入手可能かもしれませんが、手っ取り早くホームセンター。

Dsc06083

夜、暗い所で塗装するので、あまりそのスプレー具合を確認できません。朝になって見ると、ムラがあったり、垂れてたり。

それと、ドライバー人形の制作も始めました。長らく“じっくり作っている”せいか、ニッパーが見つからないぞ。とりあえず、接着剤で部品を合わせて、洗濯バサミで乾くまで固定。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012G・W紀伊半島 その3

043a
伊勢神宮(内宮)に行ってみました。

044a
五十鈴川。

048a


050a


052a
参拝しました。

055a
第62回式年遷宮御敷地。今頃は完成していると思います。

057a
荒祭宮。

067a
おかげ横丁。

065a
赤福。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012G・W紀伊半島 その2

003a
旅する時の必需品。タンクバックの中に自作したサイドスタンドプレートを入れてます。不整地や傾斜のある所に止める時に便利です。厚みは12ミリ。舗装の柔らかい北海道でも活躍しました。

015a
県道32号線を走行していると「おうむ岩」がありましたので行ってみることに。

バイクを置いて下って登って。案内も特にないのでイマイチよくわかりませんでした。写真はそこにあったもの。何かを祀っているんでしょうね。

016a
展望台からの眺望です。

020a
更に県道32号線を走行すると「天の岩戸」というものがありました。

022a
奥へと進みます。

032a
岩穴から水が湧き出てました。

040a
こちらは風欠でしょうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

そんな姿にキュン

ホームセンターで品物を台車に入れて清算して、車に積み込みます。

その後、台車を元の置き場に戻すのですが、これは意外とかったるいものです。

ズバリ言えば、面倒臭い。

さて今日は、品物を車に積み込み終わると店員さんがやって来て、台車を引き上げてくれた。

“台車を戻すの面倒臭いオーラ”が出ていたのかもしれません。

それを察してススーっとやって来て、台車を戻してくれる。

なかなか出来ることではありません。

それとなくやる姿にキュンとなるのでした。

若い女性店員だったし、オレ、何書いてんだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やるべき時にやるべき事をきちんとやる大切さ

平日はどうしても仕事のウェイトが大きいので、必然的にこの話題になってしまいがちです。

昨日から今日にかけて取り掛かっている仕事ですが、結局のところ“大人の事情”もあるようで対処療法となりました。

言いたい事は書面にして送ったし、そういう選択だからという事で、それなりの事しか出来ません。

社会人になってしばらくして学校時代を振り返り、あの時もっと○○しておけば今頃は…、なんて思いませんか?こんな事書く自分自身もその1人でございます。

確かに金銭的に大きいのですが、それなりの見返りはちゃんとあって、10年先、15年先に生きてくるものです。

でも金銭を優先させるとなるとそれなりの事しか出来ず、長い目で見ると無駄になってしまうのです。

その“長い目”というのはもしかしたら明日かもしれないし、2年先かもしれません。神のみぞ知る事であります。

人の振り見て我が身を直せではありませんが、やるべき事をやるべき時にきちんとやるのは大事な事だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気が抜けた?

昨夜の書き込みは、ちょいっと気が抜けてたかな。

昨日の「鶴瓶の家族に乾杯」は沖縄・古宇利島、今帰仁が舞台でした。

帰宅して新聞見たら、「あっ、沖縄だ」

普段はあまりテレビは見ないのに、ついつい見入ってしまった。

他でもたまに書いているサイトに「2009沖縄ツーリング」の写真をアップ。

ちょっとだけのつもりが67枚に及んでしまった。

適当に書いているようでも、結構パワーを使います。

ぐったりしてしまったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休み明け

休み明けの月曜日は、ちょっとダルイ?

久しぶりに一気に走りましたからね。

充実感で一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ST4s 55000km

今日はお昼過ぎからツーリング。

高速あり、一般道あり、“険道”あり。

Dsc06047a

Dsc06052a

走行距離401.0km

午後からの割には走ったな。

今日のツーリングでST4sのオドメーターが55000kmを超えました。

Dsc06062a
国道254号線、長野県佐久市苦水付近にて。

本日の燃費21.6km/ℓ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かなえちゃんライブ

昨日は月一で行く沖縄料理店でライブ。

「石垣島出身の子なんだけど…」

事前の情報はこれだけ。

せっかく誘われたんだから、行ってみよう。


かなえちゃんライブ。

楽しい時間を過ごしました。“濃い”お店なんです。

FM放送で番組も月2回あるとか。検索すれば出てくるかな。


目の前に、何やら凄いものがありました。

初めて見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日のニュースで

昨日の朝のニュースで安倍内閣が消費税アップを前に「消費税還元セール」の表示を禁止する法案を成立させようというのがありました。

それに対して流通大手の偉い人が先進国なのにとか、企業努力でとか、何やらブツブツとブツっていると報じてました。

この法案、ズバリ“下請け企業いじめ防止法案”と言ったほうがわかりやすいかと。

企業努力と言ってもその実態が下請け企業に納入価格の引き下げを迫るのであれば、何を言わんやです。

納入価格を下げろ、お前の代わりなんていくらでもいるんだぞ。

大手の“企業努力”なんてこれが実態ではないかと。

消費税アップで儲ける企業、泣く企業があってはならないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッテリー交換 その2

せっかくカウルを外したのだから各部を点検しました。

Dsc06018
まずはオイルの量を点検。ローレベルギリギリです。オイルはローレベルあれば十分で、それ以上あっても抵抗となってエンジンの回りが重くなる、と雑誌かHPかで読んだ記憶があるような気がします。

言われてみれば確かにそうだと思うのですが、使い方によって一概に言えないと思うのです。ツーリング中にフロントタイヤが小石をはね上げてオイルクーラーにヒット。少しずつオイルが漏れているのに気が付かず、気付いた時はエンジンに深刻なダメージが…なんて事もあるかもしれません。そんな時に“余命”を伸ばすにはオイル量を多く入れるのもテかと。それに、そんなにちょくちょくオイル量のチェックをしているわけではないので、量を多くすれば間違いも無かろうと。それにエンジンの回りが重くなるといっても、自分の感性じゃまず気が付かない。

Dsc06026
手持ちのオイルを補充しました。アッパーレベルまでは達してませんが、手持ちのオイルが無くなってしまいました。これで良しとしましょう。

Dsc06027
冷却水は車検の時に交換して、適切な量が入っています。が…。

Dsc06028
万が一にもラジエターに小石が…、という事も考えられなくもないので、アッパーレベルまで補充しました。

Dsc06023
冷却水漏れもチェック。Dsc06025
写真がブレてしまいました。ホース断面から滲んだ跡がありますが、全体的には漏れはなさそうです。

Dsc06024
見ていておやっと思ったのですが、ホースを留めてあるバンドが新しくなっているのかなっと。以前はもっと錆びていたような…。ブログの過去写真を見ると交換はされてない様子ですが、きれいに磨かれている感じです。整備はショップ任せですが、細かく見てくれているのだなぁっと思いました。

この後、カウルを組み立て、時計を合わせてバッテリー交換を終えました。時計の合わせ方は簡単で、ボタンを押すだけです。押し続けていると進みますので、現在時刻に合わせるのです。自分のST4sはやや時計表示が進む傾向がありますが、それでも5分進ませて設定しました。

バラシに40分、組立に1時間掛かりました。ST4s購入当初のバラシ&組立に5時間掛かったのと比べると、我ながら“進歩”に驚きました。カウルの脱着には知恵の輪的な要素があります。この日の脱着でインナーカウルというですかね?メーター脇の部品の爪を折ってしまいました。実用上、特に差支えは無いのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッテリー交換 その1

昨日の事になってしまいましたが、ST4sのバッテリーを交換しました。

前回、交換してから距離的にはそれほど走ってないのですが、時間的には26ヶ月経ってます。今までの経験上、そろそろバッテリーが弱ってきていてもおかしくない。それでも内心、まだ早いかなと思ったりしました。前回乗った時に液晶の照明を見てあれっと思ったものの、エンジン始動の度に時計がリセットされてしまうまでは至ってません。

ST4sはツーリングで使うバイクです。ツーリングで一番嫌な事は出先でバイクが動かなくなる事。いきなり動かなくなる事は無いとは思いますが、どうも最近のバッテリーはある程度までは性能を維持するものの、ある程度を過ぎると急激に性能が低下してしまうような感じもします。決断は早い方がいい。いつもの優柔不断はどこへやら、、移動途中の道すがら用品屋に行ってバッテリーを購入したのでした。

お店に行くと同じサイズながら3メーカーのバッテリーが販売されてました。製造国を確認して、反日的な国で作られたバッテリーなんか安くても買うもんかとボイコット。ボッシュの、台湾で作られたバッテリーを選んだのでした。

Dsc06015
ST4sのバッテリーアクセスの悪さは天下一品。バッテリーまでアクセスするのにこれだけのカウル類を外すんです。

Dsc06016
ボルトもこんなに外します。

Dsc06017
そして、ようやくバッテリーにたどり着くんです。お店の人からは裏技的方法を教わっているのですが、それを実践するには新しく工具も必要になる上、カウルを壊しそうで出来そうにありません。

Dsc06020
古いバッテリーを外します。ボルトが固く締め付けられてました。緩むことが無いようにしっかりと整備してくれているんだなぁっと。

Dsc06021
新しいバッテリーを装着しました。製造されてから10年以上経ち、バッテリーの重さでケースが少し垂れ下がってます。

Dsc06022
ついでだからとカウルを全部外しました。STの場合、時にはこの様にカウルを外してボルトとナットの固着を防ぐのも有効なメンテナンスかと思います。ボルトとナットが固着して共回りしますと、取り外すのに何時間もかかり悲惨でしかありません。取り外したボルトはCRCを吹き付けて、テッシュでキュッキュッと磨きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

給油しました

今日は仕事も早く終わり、少し余裕が出来た。

ST4sを引っ張り出してガソリンを給油。

何せこの間は急いでいたので、ガソリンを入れる余裕も無かったんです。

燃料警告灯が煌々と輝いても後にしようって。

なるべく燃料満タン状態を維持しているのです。

タンクのサビを出来るだけ抑えたいですからね。

プラグを交換する、エアクリーナーを交換する時はタンクをリフトアップするからある程度は空にしておきますが、そうでない時は満タンを基本としています。

本日の給油量16.23ℓ

給油の後は燃料計の目盛がいっぱいに。

この液晶、表示が大きいので走行中にチラッと見るだけで十分確認できます。

右折待ちで青信号になるのを待っていたんです。青信号の間隔が短く、3台目程度で赤になってしまいました。

結構長時間待つ羽目になってしまいました。水温計は少しずつ上昇していきます。水温が108度を示し、ファンが回ると、タコメーターが0を示してしまいました。タコメーターに行く電気が無くなってしまうんでしょうね。

と同時に、それまで輝いていた液晶がいつも以上に暗くなってしまいました。ファンが回ると液晶の照明がやや暗くなるのですが、その“暗い度”が高くなっているのです。エンジンを空ぶかしすると明るくなりますが、アイドリングではいつも以上に暗くなってしまいます。

前回交換してから26ヶ月。そろそろバッテリーやばいかも、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車酔い

今日は運転を交代してもらって、助手席でノート広げてあれやらこれやら書き込み。

ダメですね、すぐにギブアップ。気持ち悪くなって。

自分で運転するのであれば酔う事はありませんが、他人の運転だと下を向くとてきめんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモ購入

今週になってからプライベートな時間があまり取れません。

仕事と私事のバランスを取りたいのですが、前者のウェイトが大きく、後者のウェイトが小さくなってます。

仕事に追われ、忙しい忙しいを連発するようになると労働者というよりも“労奴者”と言ったほうがいいような。忙しいを連発して仕事に振り回されるのはイヤです。その反面、仕事がパタッと切れて、今日は何をやろうかなと朝に呟くのも辛いものがあります。

昨日はPCを立ち上げてブログアップしようとしたのですが、眠気には勝てず、寝てしまいました。

昨日の帰り道、資材を調達しに行きました。高速道路を使えば時間的に早いのですが、高速料金を払うのが惜しくて一般道へ。金額的に1000円位なのですが塵も積もればナントヤラ。少し位いいじゃんと考えて実行してしまうと、結果として莫大なものになってしまいます。往路なら時間的に早い方を選びますが、復路だと金銭優先。

一般道を車を走らせていると、「プラモデル」の看板が目に付きました。“じっくり作っている”ハイラックスの制作ピッチを上げたいので、その為には塗料や接着剤がいる。そこで、ちょっと行ってみることに。

電気店の2階の1角にプラモコーナーがあって、一通り見てみました。最近でもありませんが、気が付くと近所に模型店が無いのです。子供の頃にはそこかしこにあって、プラモデルは文房具店でも売ってました。それが今ではプラモデルを目にすることが無くなってしまいました。模型店って、どこにあるっけ?そんな感じです。

店内を見ていると子供時分と同様になんだかワクワク。キットを手にしてみると封がしてあって開けられないようになってました。あれも作ってみたい、これも作ってみたい。でも、キットの価格の高さには驚きます。えっ、こんなにするの?子供のお小遣いじゃ、手が出ないですね。今やプラモデルは大人のホビーになったようです。いやいや、デフレでお小遣いが減ったお父さんにも“高値の花”かもしれません。それと比べると、ラジコンは相対的に価格が安くなった。自分で組み立てて、実際に動かすのは楽しいものです。

それでも久しぶりにキットを購入。お値段、驚くなかれ、売値さんぜんななひゃくはちじゅうえん也!制作はハイラックスが終わってから、あるいは並行?


ドイツのフィーゼラーFi156Cシュトルヒ。そのスイス空軍輸出仕様。

タミヤのプラモデルは組立説明書に実機、実車の解説が充実してます。それによるとスイス空軍に5機納入され、4機目は1945年5月に、5機目は1948年フランス・モランソルニエ社でライセンス生産された機体を購入したとか。1945年5月といえばドイツ敗戦間近か敗戦後。1948年に購入した機体などドイツの飛行機といえどもフランス製。敵国の飛行機を戦後にライセンス生産した神経、これ如何に?ちゃんとライセンス料は払ったんだろうな。

スイスって中立国じゃ…、なぜドイツの飛行機が…?こんな疑問も浮かびます。当時の国関係の結びつきとか、興味深いものがありますね。

スイスに納入されたこの飛行機は1962年に全機退役。割と長く使われたんだなぁ。博物館に展示されているかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅番組

あまりテレビは見ないのですが、新聞記事で真っ先に目を通すのはテレビ欄です。

すべての番組をくだらないと言う気は毛頭ないのですが、10代の頃に見ていたテレビと比べてしまうと、あまり面白くありません。マンネリに感じているのかもしれません。こんな事でなぜ笑っているのだろう?ゲストがギャアギャア喚いているのを見て、見ている方がしらけてしまう、そんな時もあります。

日常の話題でテレビ番組やCMを話題とされてしまうとチンプンカンプンな有様です。

そんな中でも旅番組はやはり好きで、「ぶっつけ本番です」と言っても信じないのですが、努めて見るようにしてます。

さて土曜日の番組で、何だったかな、限界集落を題材とした番組がありました。限界集落、行政上の言葉だと思うのですが、あまり好きでない言い方です。そのような所を訪れて人々と触れ合う、そんな番組でした。

そんな番組を見ていると、自分には見てない風景がいっぱいあって、知らない事が多過ぎる、そんな事に気付かされました。

車にしろバイクにしろ、その為の手段ですから、たっぷりと活用したいです。

来週の予告として、北海道から沖縄までフェリーを乗り継ぐ、と。

これはもう必見ですね。フェリー最盛期と比べると今は寂しい限り。そんなご時世で船旅を取り上げるなんて、なかなかやるな。

旅がしたいと思う、今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんでかねぇ

昨日の事になってしまいましたが…。

朝起きたらいい天気。

風さえ無ければ絶好のバイク日和。

大荒れになると思っていたんだけどねぇ、東京は晴れてました。

イベントが多数中止になってしまったけど、結果的には中止にしなくても…。

あの予報を見れば中止もやむ得ないかなっと。

さて、午後になって風も幾分収まった。

それならばと久しぶりにツーリング。東武動物公園まで。

ところが、岩槻I.Cに近づくと雨が…。

それではと16号線を走って川越I.Cに。

喉が渇いたので寄居P.Aでお茶して、何げにケータイを見ると着信が。

しかも、メッセージ付き!

相手は仕事関係。

こんなの明日明日、と思うも気になるのでTEL。

曰く、「早く来て」。

えぇ、えぇ、戻りましたよ、高速かっ飛ばして。

出発が5時30分
到着が7時30分
終了が9時30分
帰宅が11時

原因は排水口の詰まり。

長年に渡って堆積した土埃などが排水口を塞いでしまったわけ。

みなさーん、排水口はマメに掃除しなきゃダメですよ~。

何年も放っておくと、こうなるかもしれません。

滝のように水漏れしたそうな。

早かれ遅かれこうなるんだけど、タイミング悪過ぎ。

エンジンオイルの役割に清浄作用があります。バイクや車に例えるなら、長年オイル交換をしてなくて、エンジン内部にスラッジが溜まって不調をきたしたようなもの。せっかくボディはオールペイントした、サスペンションもオーバーホールした、タイヤも交換したのに、これじゃぁ…。かと言って、オーナーさんに気を付けてもらう以外、防ぎようがありません。

でも、なんで、こーなんだかねぇ?

一寸先は闇だけど、暗闇過ぎて、ため息が…。

全く予想もできない展開で、これが定めですか?

どんでん返しで写真も撮れなかった。

走行距離185km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

産みの苦しみ

この頃は記事を書いていても、なかなか思うような文章が書けない。

書きたい事を書いているだけなのだが文章として書こうとすると、思うように書けない。

説明下手、文章力の無さを痛感する日々。


仕事上の事で詳しくは書けないのだが、不具合が発生している事があって、それにどのように対処しようかと頭を悩ませている。

悩んだ末、思いついた事は今までのやり方じゃダメだという事。もっと根本的にやり方を変えないと直らない。

この仕様はその昔流行ったそうだが、不具合続出で廃れてしまったもの。しかし、まだまだ“愛好家”?がいたりする。同業他社さんはどのように対処しているのかとブログ、HPをひたすら検索。なかなかノウハウというのは出てこないのだが、どの業者さんも対応には苦労しているようで、みんな悩んでるんだなぁっと。うがった見方をすればブログ、HPに載せるのは上手くいった例だけ。上手くいかなかった例をもってどのようにノウハウを蓄積していったのかを知りたい。

自分の中ではやり方を変えるべしと結論は出ているのだが、それをどのように伝えるか、目下悩んでいる。費用もより多く発生してしまいますからね、自分の手に負えないし。何かいい文章が書けて、上手く説明できないかと。

ワードで書いて、あーでもない、こーでもないと。書いちゃ消し、書いちゃ追加し…。

ブログでさえなかなか書けないのに、“公用文”となると尚更。

相手がどのように反応するかと思うと更に尚更。

“産みの苦しみ”を味わってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコチョコ乗ってます

仕事で使う部材の下見の為、ホームセンターへ。

このテの部材は専門外なので、実際に見なければわからないのです。

となると、大型のホームセンターもショールームとしての活用も出来ちゃったりします。

ま、この話はこのへんで。

最近はチョコチョコっと夜間にST4sに乗るようになりました。暖かくなってきましたからね。

距離にしては1回あたり20km程度だったりしますが、それでもチョコチョコと乗っていると結構な距離になります。

昨日は60km乗りました。

車検を取った後のST4sの調子はなかなか良く、絶好調といっていい位です。

乗るのが楽しくてたまりません。

けっして安い費用ではありませんでしたが、費用なりの効果はあったと思います。

と書きつつも…、気になるバイクが現実に出現してしまった今、迷うところもあったりします。

バイクはいつまで経っても楽しいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心を明るくする

新政権になって100日が過ぎた。

アベノミックスやら日銀の資金投入やら、新政権の経済政策がうまくいけばいいんだけどという思いでいた。

今朝のテレビのニュースでおやっと思うことがあった。

ニュースでは人の心について語っていた。

心を明るする。

デフレでは、今買ってもしばらくすれば安くなるから買うののはやめよう、となる。その結果、物価が下がってもお金が回らなり、給料も下がるから心が暗くなる。

新経済政策では、物価が上がるから今買わないと損だからと買うようになる。その結果、物価が上がってもお金が回るようになって給料も上がり、心が明るくなる。

今朝のニュースを家を出る時にチラッと聞いただけだから正確とは言い難い。だけど、経済に関するニュースで心の明るさをニュースにしたのは聞く限り初めて。

以前の日銀総裁だった人物が世を去ったから、このような政策が取れるようになったと感じるのは勘ぐり過ぎだろうか。

1億総中流と言われ、格差など感じなかったかつての時代は、今になってみるとものすごく幸せな時代だったと思う。よくぞこんな社会を実現したものだと、今にして思う。ところがバブル崩壊から20年。そんな時代は遠い遠い古き良き時代のおとぎ話になってしまった。この20年で心が萎縮するだけですっかり内向き思考。

心を明るくする政策が取られれば、経済効果が出るかもしれないし、将来に希望が見え、結婚する人も増えるかもしれない。心を明るくするのも経済政策の1つだなと思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012G・W紀伊半島 その1

そろそろ1年になろうとして、ようやくアップ。

これも記録ですから。なかなかのおさぼりブログです。


001a
5月3日、雨の中を出発しました。

002a_2
東名高速、東京i.C。

006a
東海北陸道、一宮西I.C。幸いにも、高速道路を走行中に雨は止みました。

009a
名鉄・玉ノ井駅。終着駅巡りをしました。

007a
電車が入線してます。

012a
伊勢湾岸道路、木曽川にて。

014a
伊勢道139.7km地点にて。オドメーター52000km。オドメーターに0が3つ並ぶと写真を撮って場所を記録してます。

017a
志摩スペイン村から上がる花火。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

都営地下鉄西高島平駅

Dsc05997a

都営地下鉄西高島平駅に行ってきた。

ただ行っただけで、本当にそれだけ。

これも終着駅巡りの一環。案外と近くはすぐ行けるという思いがあるせいか、なかなか行こうとしない。

今日はそれを断ち切った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第40回東京モーターサイクルショー その7

191a
CB1300P

白バイに跨ってご満悦?いつも追いかけられてばかりいるんです、というのは冗談で。750ccモデルにこれっというのがなくなった今、白バイも大型化しました。

190a
メーターをじっくり見ちゃいましょう。

グリップヒーターが装着されてますね。必須のアイテムなんでしょう。

195a
旅行会社「道祖神」のブースにて。賀曽利隆さんと。

209a
MOTO GUZZI V7RACER LIMITED EDITION

206a
こちらはV7RACERです。新型750ccエンジンを搭載してます。見た目のみで言えば、旧型エンジンの方がらしくていいです。ただし、40ps。

208a
V7SPECIAL。バイクはエンジンを楽しむという要素が大きい。MOTO GUZZIも次期バイクの候補。各メーカー、各車種でいろんなエンジン型式を楽しめるのもバイクの楽しさです。特に外国車はメーカーによる違いがはっきりしているので、候補としては有力となります。

042a
左右2本出しマフラーは見た目のバランスに優れていて、こうでなくっちゃと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第40回東京モーターサイクルショー その6

153a
DUCATI MULTISTRADA1200S

旅装備満載です。

155a
このメーターを見ると、ST4sは一昔前のバイクになったと思わずにはいられません。最新のバイクは凄いです。

166a
パニアケースが大型化されてます。ただし、ミラーの幅よりも出てしまいました。

168a
こちらは普通の?MULTISTRADAです。パニアケースがミラーの幅より出てないようです。“STの思想”が受け継がれていると思うのです。

“STの思想”とは?

勝手に名付けただけです。STはパニアケースを装着しても、ミラーの幅よりは出ないのです。これ、意外と大事だと思うんです。仮にすり抜けしていても、ミラーさえ通ればパニアケースが接触しないと判断が出来るのです。運転のしやすさがまるで違うと思うのです。

172a
DUCATI 1199R

こんなバイクを、本国仕様で乗りたいですよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第40回東京モーターサイクルショー その5

130a
ROYAL ENFIELDのブース。

131a
ROYAL ENFIELD CLASSIC CHROME 500 EFI

外見はクラシカルながら、インジェクションを採用して現在の排ガス規制をクリアー。エンジン始動はセル・キック併用です。YAMAHA Sr400もセルモーターを装備していればいいのにと思わずにはいられません。ライバル関係だなっと思いました。

140a
HONDA GOLDWING F6B

142a
HONDA NC700X

バリエーションが豊かなバイクですね。こんな足長バイクが次のバイクの候補です。

148a
HONDA CROSS CUB

旅バイクとしていいかもしれません。街中を走るのもおしゃれかも。

150a
HONDA GROM

これもなかなか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

第40回モーターサイクルショー その4

121a
HAREY-DAVIDSON Model 9-E

ハーレーの創立から10年後、今から100年前のバイクを展示してました。このバイク、今ではハーレー本社に展示してあるのと、ここで展示してある2台しか現存してないそうです。生産台数6732台。最高出力8馬力、最高速度109km/h。排気量1000cc。とても1000ccも排気量があるバイクとは見えません。古いバイクを展示してあると、現在のバイクがどれだけ進化しているのか見て取れます。

122a
当時も今も変わらないVツイン。

125a
よくよく見るとペダル駆動でもあります。昔HONDAから発売されていた「people」みたいなバイクですね。

126a
有限会社ロイヤルテクノ R.A.B.O.事業部 RB-35

このバイクを見た時一瞬、HONDA Monkey?と思ってしまいましたが、Monkeyよりも小さい。公道走行も可能だということでした。よく見るとなかなか凝った作りです。お値段30万円台かなと思ったのですが、とんでもありません。なんと300万円オーバー。思わず「えっ!」って。貰ったカタログによると368万円(税抜)。受注してから制作に入るので納車まで2ヶ月かは掛かるそうです。

カタログには、装飾品である事と、事故等には責任を負いかねると各ページに書かれてます。

127a
結晶塗装されたエンジンも展示されてました。排気量35.8cc。最高出力1馬力。

128a
燃料タンクは蒔絵。走らすのがもったいなくなるバイク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

病気再発

私、病気を持っています。

不治の病に犯されていまして、治癒する見込みはありません。

悪くなりはすれど、良くなる兆しはありません。

どんなに医学が進んでも、治療は無理のようです。

現代医学も寄せ付けないその病名は?

北海道病。

沖縄病。

それ以外にも四国病とか…。

こんな病気じゃ治療なんて無理無理無理。

健康保険の適用外ですから(^O^)

冬に北海道に行き、夏に沖縄をツーリングする、末期的症状ですな。

更に今朝、もう1つの病気の発病を自覚しました。

病名は、優柔不断?

昨日、気になるバイクに跨ったら、欲しくなっている自分に気が付いた。

そのバイクは、去年乗り換えようかなぁっと迷ったバイク。

去年はかろうじて鎮めたけれど、実車に跨ってしまっては再発してしまうのも無理はない。

そのバイクがポピュラーなもので玉数が豊富なら、むしろ迷わない。

でも玉数が極めて少なく、中古車なんて滅多に出ない。

去年は写真だけだったからねぇ、原付バイクではあるまいし。

写真だけでは決められないのよ。

今回は実車に跨った。

ん?いい感じ。これならばと思わせる。

すっかりと病気が出てしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »