2012冬・北海道part2

2012冬・北海道 その20

170a
オショロコマ。

176a
キタサンショウウオ。

178a
ホテイウオ。

195a
オオカミウオ。

200a
ケムシカジカ。

204a
毛ガニ。

この時はお昼ご飯を抜いたので、見るもの見るもの美味しそうに見えたものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012冬・北海道 その19

133a
国道229号線沿いになる鰊番屋。

136a
余市のニッカウィスキー工場。
1997年の北海道1周ツーリングで見学したのですが、今回は時期が時期なだけに見学は出来ないのかぁっと思っていたのです。せめて門の写真だけと思い撮っていたら、守衛さんの好意で中に入ることができました。

140a
敷地の中。

146a
おたる水族館。入館料1000円。ここの水族館は営業中でした。ここでの写真を高校時代の先生にお渡し出来ればと立ち寄ったのです。もちろん、自分も水族館が好きです。生物の先生でしたから、楽しみになるだろうと思いました。売店でおたる水族館の本が売ってましたので、それを購入。6月に訪問した際は留守で直接は渡せませんでしたが近所の方に頼んで渡してもらったのです。

152a
ゴマアザラシ。

158a
シノノメサカタザメ。

165a
ネズミイルカ。

168a
イトウ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012冬・北海道 その18

085a
窓岩といったかな。川白岬を越えた所にあります。1994年のツーリングではまだ積丹半島を回る道路は開通しておらず、工事中でした。向こうにこの岩が見えたので写真を撮りたいと思ったのか、現場監督さんと思われる人は撮りに行ってもいいと許可してくれたのですが、工事の人から「あんたに許すとほかの人にも許す事になるから」そんな意味のような事を言われて断念したのです。
後に1997年になって積丹半島を回る道路が開通。その夏に、北海道1周ツーリングで訪れたのでした。1992年と1994年でほぼ1周していたのですが、積丹半島、未走行区間であった室蘭~伊達の約70kmのために、北海道1周3000kmを走ったのでした。

088a
これは積丹トンネルのちょっと手前。思わず撮ってしまいました。

090a
積丹トンネル。

096a
沼前岬から神威岬。

098a
神威岬にて。行けるところまで行ってみようと歩きました。ここから先は閉鎖中。

101a
神威岬。

106a
別の角度から神威岬。

108a
神威岬から。
1994年のツーリングではこの下の海沿いを歩いて神威岬に行きました。下から見上げると今にも石が落ちてきそうな感じ。事実、歩行禁止だったのです。それを知ったのは、通り過ぎた後。

110a
神威岬からその駐車場方向。除雪している人と自分以外は誰もいませんでした。夏の賑わいが嘘のよう。雪をかき分けて、行ける所まで行ってみたのです。

121a_2
国道229号線、余別漁港付近から神威岬。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012冬・北海道 その17

037a
寿都湾。朝霧がモヤモヤっと立ち上がってました。

044a
寿都湾の風力発電。

048a
鰊御殿。時折、この様な立派な家を見かけます。かつて鰊漁で栄えた名残を今に伝えてます。

054a
道の駅「シェルプラザ・港」にて。ホィールハウスに溜まった雪をかき落としました。

056a
雷電トンネル。

061a
岩内港を挟んだ向こうから雷電岬。既に積丹半島に差し掛かってます。

082a
柵内ぬくもり温泉。時間外で入れませんでした。

083a
国道229号線、川白トンネル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012冬・北海道 その16

005a
早朝の瀬棚町。

006a
奥尻島行きフェリー乗り場。2000年のツーリングではここから奥尻島に渡りました。

009a
三本杉岩。

016a
蝦夷親不知。

018a
窓岩。

022a
島牧村に入ります。

024a
兜岩トンネル。

025a
白糸トンネル。

033a
弁慶岬。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012冬・北海道 その15

122a
国道229号線に向かいます。

125a
舘の岬。地層がくっきりと。

126a
トンネルを抜けても地層がくっきりと。

128a
能登の水。どんなものかと行ってみて、ペットボトルに汲みました。ヒョイっと寄り道できるのがバイクや車の良さなのです。

他の交通機関を使うと点から点の移動になってしまいます、まさか、風景写真を撮りたいから止まって下さい、なんて言えません。が、バイクや車だと条件にもよりますが、止まることが出来、風景写真もO.K、寄り道もO.Kとなるのです。点から点だけでなく、その過程である線も楽しめるのです。もちろん運転しなければなりませんが、バイクや車の運転は好きなのですから苦になりません。

130a
八雲町に入ります。

134a
親子熊石。国道229号線をせたな町に入ってちょっとした所にあります。小熊が親熊にじゃれているように見えることからこの名称が付けられたとか。

137a
国道229号線、太櫓越峠を越えた所。下り坂の雪道は慎重に運転し、この日の宿に向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012冬・北海道 その14

108a
開陽丸。こちらも冬期は休業中で、見学は出来ませんでした。

109a
鴎島。ここから先には進みませんでした。今の時期は観光客もほとんどないだろうし、人気も無い。車がスタックしたら大変なので、無理は禁物と進まなかったのです。

111a
そこにある岩ですが、何という名称なのでしょうか。微妙なバランスで成り立ってます。

112a
江差ターミナル。奥尻島に行くフェリーが発着しています。

113a
この日のフェリーは運行しておりました。“冬の北海道・島巡りの旅”なんていうのも良いかもしれません。ただ、ものすごくハードルが高そうです。

114a
江差漁港。

115a
横山家。

116a
江差の街並み。

118a
旧中村家。

120a
旧関川家別荘。

江差の街も通り過ぎるだけではもったいない。じっくりと見て回りたいなと思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012冬・北海道 その13

064a
松前城。こちらも見学できず、外から見ただけになりました。

068a
松前城の鯱。

076a
松前の街並み。城下町を彷彿させる街並みです。

080a
国道228号線、小尽内橋付近。吹雪いたり晴れ間が見えたりと、天候は目まぐるしく変わるのでした。

092a
上ノ国町小安佐付近。

098a
道の駅「上ノ国もんじゅ」から。

102a
旧笹浪家住宅。

103a
江差町に入ります。

107a
JR江差駅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012冬・北海道 その12

031a
福島町に入ります。除雪されていても雪道は道幅が狭くなり、路肩に寄せて車を止めると後続車に車線変更を強いることになります。このことは事故を誘発しかねないので、退避スペースがある、後続車が当分来そうにない時だけ市町村堺の写真を撮るだけにしました。
北海道には1992年、1994年、1997年、1998年、2000年、2007年とバイクツーリングで訪れています。1994年のツーリングの途中から境での写真を撮るようになりました。1997年の1周ツーリングでは1ヶ所だけを除いて全部撮ったものです。その1ヶ所というものは標識が見当たらなかったのです。

035a
青函トンネル記念館。冬期休業中でした。道南エリアは、言いにくいのですが、道北、道東、道央と比べるとイマイチマイナーな地域。今回のコースを辿ると函館、小樽を除けば観光で訪れる人もほとんどいません。その為か、せっかく訪れたものの見学できず、冬期休業中というのもやむ得ないのかな。

037a
せめて、野外の展示物をパチリ。

039a
国道228号線、谷戸トンネル。日本海側に入ると、険しい海岸が散見するようになりました。

043a
松前町に入ります。

050a
北海道最南端、白神岬。

052a
白神岬から。天気が良ければ対岸の津軽半島・龍飛岬が見えるのですけど、今回は見ることが出来ませんでした。

053a
白神岬灯台。神威岬、宗谷岬、納沙布岬、襟裳岬と比べてしまうと、最南端といってもお土産屋さんもなく、ちょっと寂しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012冬・北海道 その11

001a
朝は市場の廻りをブラブラしました。函館に来たのは12年ぶり。函館駅は新しくなっているし、この市場の周りも懐かしくもあり、新しくもありました。

007a
あぁ、こういうのが出来てたんだァっと中に入りました。

009a
五色丼です。朝からこれは贅沢!バイクでも車でもこういうことをやっていると、1日2食になることが多いのです。食べてる時間がない、食べると眠くなる、そんな理由からです。最も夢中で回っているので、空腹感をあまり感じないということもあります。午後も3時を過ぎますと、空腹感が無くなります。

011a
函館の朝市。

016a
朝の路面電車。車から撮りました。

022a
大鼻岬。国道228号線から、函館湾を挟んで。

027a
知内町。

029a
除雪ターミナル。さすが北海道の除雪車はスケールがデカイ。除雪中の写真は撮れませんでしたが、その様子は除雪車とトラックが1組になって、除雪車がかいた雪を併走するトラックに積み込むという、本州では見られない(多分)除雪のやり方でした。

574
こんな感じで除雪していました。
写真は南大東島のサトウキビ収穫風景。ハーベスターがサトウキビを刈り取って併走するトラックに積み込むという大規模なもの。南大東島の風景は北海道のそれと似ています。サトウキビ畑も大規模なものでした。

北海道での除雪も全てがこの様にとは限らないのですが、スタイルが同じなのです。

※2000年1月4日、南大東島にて撮影。4回目の沖縄にて。沖縄島巡りの写真をアップしようと既にスタンバイしているのです。

030a
青函トンネルの北海道側の入口。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

1995沖縄 Part1 | 1995沖縄 Part2 | 1995沖縄 Part3 | 2002沖縄 Part1 | 2002沖縄 Part2 | 2002沖縄 Part3 | 2008沖縄 | 2009入間航空祭 | 2009北海道 Part1 | 2009北海道 Part2 | 2009北海道 現地から | 2009四国 Part1 | 2009四国 Part2 | 2009東京モーターショー | 2009沖縄 | 2009沖縄ツーリング Part1 | 2009沖縄ツーリング Part2 | 2009沖縄ツーリング Part3 | 2009沖縄ツーリング Part4 | 2009沖縄ツーリング 現地から | 2010入間航空祭 | 2010夏・沖縄 Part1 | 2010夏・沖縄 Part2 | 2010沖縄 Part1 | 2010沖縄 Part2 | 2011入間航空祭 | 2011夏・沖縄 Part1 | 2011夏・沖縄 Part2 | 2011東京モーターショー | 2011秋・沖縄 Part1 | 2011秋・沖縄 Part2 | 2011秋・沖縄 現地からpart1 | 2011秋・沖縄 現地からpart2 | 2011秋・関西急行記 | 2011秋・関西急行記 現地からpart1 | 2011秋・関西急行記 現地からpart2 | 2012G・W紀伊半島 Part1 | 2012G・W紀伊半島 Part2 | 2012G・W紀伊半島 Part3 | 2012G・W紀伊半島 現地からpart1 | 2012G・W紀伊半島 現地からpart2 | 2012 10月沖縄 Part1 | 2012 10月沖縄 Part2 | 2012 9月沖縄 Part1 | 2012 9月沖縄 Part2 | 2012 9月沖縄 Part3 | 2012入間航空祭 | 2012冬・北海道part1 | 2012冬・北海道part2 | 2012冬・北海道part3 | 2012冬・北海道part4 | 2012冬・北海道 現地からpart1 | 2012冬・北海道 現地からpart10 | 2012冬・北海道 現地からpart2 | 2012冬・北海道 現地からpart3 | 2012冬・北海道 現地からpart4 | 2012冬・北海道 現地からpart5 | 2012冬・北海道 現地からpart6 | 2012冬・北海道 現地からpart7 | 2012冬・北海道 現地からpart8 | 2012冬・北海道 現地からpart9 | 2012百里航空祭 | 2012関西急行記 | 2013入間航空祭 | 2013冬・北海道 Part1 | 2013冬・北海道 Part2 | 2013冬・北海道 Part3 | 2013冬・北海道 Part4 | 2013冬祭り・北海道 Part1 | 2013冬祭り・北海道 Part2 | 2013冬祭り・北海道 Part3 | 2013年・10月の沖縄 Part1 | 2013年・10月の沖縄 Part2 | 2013年・8月の沖縄 Par2 | 2013年・8月の沖縄 Part1 | 2013年・9月の沖縄 Part1 | 2013年・9月の沖縄 Part2 | 2013年夏・北海道Part1 | 2013年夏・北海道Part2 | 2013東京モーターショー | 2013GW Part3 | 2013GW Part1 | 2013GW Part2 | 2014入間航空祭 | DUCATI ST4s | MOTO GUZZI STELVIO | イベント | タミヤ・ハイラックス その1 | タミヤ・ハイラックス その2 | トップページの写真 Part1 | トップページの写真 Part2 | バイク | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ