2012冬・北海道part1

2012冬・北海道 その10

さて、今度はタクシーに乗って、どこに行ったかというと…。

162a
温泉です。寒さで冷えた体には温泉が必要です。

「“たにじとう”温泉に行って下さい」
「“たにじどう”?やちがしら温泉ですね」と運転手さんとのやり取り。

知らなかったんです、谷地頭を「やちがしら」と読むことを。

地名の呼び方は難しい。ルビを付けて欲しいといつも思います。
またひとつ、勉強になりました。

170a
温泉の後は路面電車に乗って十字街で降りました。

172a
マンホール。

174a
青函連絡船摩周丸。

176a
まだ夕飯を食べてなくて、北海道の海の幸を舌鼓。

177a
ホッケ。これがうまいんだなぁ。

函館の街を歩いていると、なんだか横浜に似ているなぁっと思いました。共通点が多いのです。開国の歴史とか、元町という名称があるとか、レンガ街があるとか。船も係留されてますね。横浜は氷川丸、函館は摩周丸。ただ通りすぎるだけじゃもったいなく感じるのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012冬・北海道 その9

ホテルにチェックイン、都市部で宿泊するときはビジネスホテルを利用します、の後、すぐに外出。

118a
まずはバスに乗って、行き着くところは。

119a
函館山ロープウェイ。ロープウェイに乗ります。

132a
見て下さい、函館の夜景を。これを見るために函館にやって来たのです。冬の空気は澄んでいて、夜景がものすごく綺麗なのです。来た甲斐があろうというものです。

函館の夜景を堪能したあとはプラプラ歩きました。

140a
函館聖ヨハネ教会。

147a
函館ハリスト正教会。

153a_2
カトリック元町教会。

156a
歴史を感じる古い消火栓。

160a
十間坂。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012冬・北海道 その8

093a
北海道らしい標識。

097a
道道635号線から恵山。

098a
道道635号線の行き止まり。以前は椴法華村でしたが、市町村合併で函館市になりました。

道道635号線はここで行き止まりです。いつの日にか道道231号線と結ばれる日が来るのでしょうか。
私はこの様に行き止まりまで行ってみるというのも案外と好きです。

101a
御崎海浜温泉。地元の方によって作られた温泉です。
1997年の北海道1週ツーリングで入りました。1人温泉に浸かっているとと地元の方がワイワイガヤガヤと入ってきたのです、男女問わず!年配の方でしたが、目が・になりました。
見てはいけない。見てしまうと、目に焼き付いてしまう。温泉に入らないで外の海を必死で見ていると、「お兄ちゃん、入りなよ」と肩をペシペシ叩かれるのでした。
今回は誰も入ってきませんでした。

104a
国道278号線、函館市原木付近から。

106a
汐首岬灯台。写真では暗いのですが、実際にはもう少し明るかったです。

109a
国道278号線、函館市古川付近から函館。

116a
トラピスチヌ修道院の駐車場ですが、時間が時間なので、ここまで行ったというだけ。見学は、もちろん出来ませんでした。

117a
JR函館駅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012冬・北海道 その7

057a
国道278号線を走行して、鹿部町に入ります。

061a
しかべ間歇泉公園。年末年始でお休み中でした。

065a
黒羽尻崎付近の氷柱。地中から滲み出た水がこの様に。

069a
函館市大船付近。

072a
大船遺跡。バイクや車を運転して各地を回ると、このような所にも寄り道ができます。

086a
国道278号線から道道231号線を走り、水無海浜温泉へ。潮位の状態で入れたり、入れなかたりします。今の時期は寒くて入れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012冬・北海道 その6

029a_2
国道5号線、函館バス「ロコツ」バス停から。

036a_2
森町に入ります。吹雪いている時もあれば晴れている時もある。天候は目まぐるしく変わるのでした。

038a
森町石倉付近から駒ヶ岳。

042a
「道の駅「YOU・遊・もり」のいか飯。

043a
道の駅「YOU・遊・もり」から駒ヶ岳。

048a
JR函館本線、スーパー北斗10号。チョトだけ“鉄”しました。

055a
森町砂原東5丁目。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012冬・北海道 その5

001a
ホテルの窓から東室蘭駅。

006a
白鳥大橋。

007a
虻田漁港。「道の駅あぷた」から。

014a
洞爺湖にて。

016a
なんと遊覧船が営業中でした。お客さん、いるんですねぇ。

020a
国道37号線、礼文華峠付近にて。吹雪で視界不良の中を走りました。写真は走行中に撮ったものではありません。
北海道は路肩を示す矢印「↓」標識があるので、ポールが立っているだけの本州と比べると走りやすさはあるのですが、それも視認できた時のみ。悪天候でそれが見えないと、白一色でどこを走っているのかわからなくなってしまうのでした。崖に向かって走っているんじゃないかとか、対向車線を走っているんじゃないかとか。悪天候では対向車も目の前に来ないとわからないのです。列の先頭になった時は生きた心地がしませんでした。正直、怖いと思いました。

021a
JR長万部駅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012冬・北海道 その4

067a
旧室蘭駅。今は観光案内所というか、そんな感じで使われてます。まだ駅として使われていた1992年、1994年、1997年にに来たことがあります。2000年にも来たのですが、もう駅として使われてなかったように思います。

070a
JR室蘭駅。

072a
地球岬灯台。

077a
地球岬にて。

071a
地球岬の公衆電話。地球をモチーフしているのです。

079a
地球岬のお土産店。もちろん、冬期は閉まってます。

081a
測量山。

1994年のツーリングはGPZ900Rを駆って、北海道狭しと縦横無尽に走りまくりました。当時は室蘭~大洗のフェリーが就航していました。遠ざかる北海道、フェリーからこの測量山をずーっと見続けていたのでした。

085a
夜は東室蘭をプラプラと。何せヒョイっと来てしまったので、三脚がない、メガネクリーナーがない等、準備がまるでなってませんでした。食事も兼ねて、それらを買い求めたのでした。外気温-7度。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012冬・北海道 その3

029a
角度的にわかりにくいのですが、JR苫小牧駅。

030a
この標識を見ると、あぁ北海道だなぁっと。

031a
国道36号線から樽前山。

033a
白老町。市町村の境にはこの様な看板?標識?があり、夏場のバイクツーリングでは必ずといっていいほど写真を撮ります。後でいい記念になります。今回は冬ということもあり、境での写真は退避スペースがある所のみとなりました。というのも、退避スペースがなく路肩に駐車するような感じて車を止めてしまいますと、後続車に無用な車線変更を強いることになり、事故の誘引になるおそれがあるからです。同様の事は風景写真にもいえます。“いい風景センサー”がピッピーと反応しても、車を止める場所のないところでは目に焼き付けるだけで素通りしてしまいました。

036a
白老町カニ御殿。1992年に初めて北海道ツーリングしたのですが、当時もありました。北海道らしく感じたものです。

040a
国道36号線から鷲別岬。

こうして写真をアップしていると、写真に撮ってない風景も思い出します。

045a
むろらん水族館。冬期休館中。ここで写真を撮って、高校時代の先生に渡そうと思っていたのですけど。生物の先生でしたから、このような写真には興味があるはず。楽しみが出来るなと思ったのでした。

047a
道の駅みたら室蘭から白鳥大橋。

052a

大澤浩之ペーパーシップ。道の駅みたら室蘭にて。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012冬・北海道 その2

005a_2
「さんふらわあ さっぽろ」は北海道・苫小牧を目指します。フェリーの左に下北半島が見えます。

009a
船内の案内。

014a
川崎近海汽船「べにりあ」とすれ違いました。苫小牧~八戸を結ぶフェリーです。

015a
下北半島の先端、尻屋崎。

020a
もうすぐ苫小牧港到着です。樽前山が見えます。

023a
苫小牧港入港中。

026a
下船間近。

027a
北海道上陸。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012冬・北海道 その1

ようやく写真整理も終わり、アップ出来そうな写真を選んで変換しつつあります。

このブログの目的に自分の記録を書いてみたいというのがあります。自己満足に過ぎませんが、ブログの使い方は千差満別。ま、個人的な記録を書いてもいいではないかと、日頃、周囲に話せない事を書いてみたいのです。

001a
2012年1月3日。茨城県は大洗フェリーターミナル。前日まで北海道に行こうだなんてチッとも思ってなかったのに、この日になって行ってみようかなと思いついたのです。しかもフェリーは当日予約。北海道に行くにあたって何の準備もしてなくて、急いで荷物をまとめたのでした。過去2回冬の北海道に行っています。1回目の時は見るもの聞くものこれが最後かなぁっと悲壮感がありました。2回目は数ヶ月前から少しずつ準備してました。そして3回目の今回は至って気楽に出発したのでした。ちょっと、行ってくるねって感じで。

002a
乗船待ち。意外と言っては何ですが、この時期の北海道に車で行く人が多いのは驚きます。

でも、けっして冬の北海道ドライブ旅行を勧めているのではありません。

004a
商船三井フェリー「さんふらわあ さっぽろ」。

005a
「さんふらわあ さっぽろ」車両甲板。

007a
大洗港出港です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

1995沖縄 Part1 | 1995沖縄 Part2 | 1995沖縄 Part3 | 2002沖縄 Part1 | 2002沖縄 Part2 | 2002沖縄 Part3 | 2008沖縄 | 2009入間航空祭 | 2009北海道 Part1 | 2009北海道 Part2 | 2009北海道 現地から | 2009四国 Part1 | 2009四国 Part2 | 2009東京モーターショー | 2009沖縄 | 2009沖縄ツーリング Part1 | 2009沖縄ツーリング Part2 | 2009沖縄ツーリング Part3 | 2009沖縄ツーリング Part4 | 2009沖縄ツーリング 現地から | 2010入間航空祭 | 2010夏・沖縄 Part1 | 2010夏・沖縄 Part2 | 2010沖縄 Part1 | 2010沖縄 Part2 | 2011入間航空祭 | 2011夏・沖縄 Part1 | 2011夏・沖縄 Part2 | 2011東京モーターショー | 2011秋・沖縄 Part1 | 2011秋・沖縄 Part2 | 2011秋・沖縄 現地からpart1 | 2011秋・沖縄 現地からpart2 | 2011秋・関西急行記 | 2011秋・関西急行記 現地からpart1 | 2011秋・関西急行記 現地からpart2 | 2012G・W紀伊半島 Part1 | 2012G・W紀伊半島 Part2 | 2012G・W紀伊半島 Part3 | 2012G・W紀伊半島 現地からpart1 | 2012G・W紀伊半島 現地からpart2 | 2012 10月沖縄 Part1 | 2012 10月沖縄 Part2 | 2012 9月沖縄 Part1 | 2012 9月沖縄 Part2 | 2012 9月沖縄 Part3 | 2012入間航空祭 | 2012冬・北海道part1 | 2012冬・北海道part2 | 2012冬・北海道part3 | 2012冬・北海道part4 | 2012冬・北海道 現地からpart1 | 2012冬・北海道 現地からpart10 | 2012冬・北海道 現地からpart2 | 2012冬・北海道 現地からpart3 | 2012冬・北海道 現地からpart4 | 2012冬・北海道 現地からpart5 | 2012冬・北海道 現地からpart6 | 2012冬・北海道 現地からpart7 | 2012冬・北海道 現地からpart8 | 2012冬・北海道 現地からpart9 | 2012百里航空祭 | 2012関西急行記 | 2013入間航空祭 | 2013冬・北海道 Part1 | 2013冬・北海道 Part2 | 2013冬・北海道 Part3 | 2013冬・北海道 Part4 | 2013冬祭り・北海道 Part1 | 2013冬祭り・北海道 Part2 | 2013冬祭り・北海道 Part3 | 2013年・10月の沖縄 Part1 | 2013年・10月の沖縄 Part2 | 2013年・8月の沖縄 Par2 | 2013年・8月の沖縄 Part1 | 2013年・9月の沖縄 Part1 | 2013年・9月の沖縄 Part2 | 2013年夏・北海道Part1 | 2013年夏・北海道Part2 | 2013東京モーターショー | 2013GW Part3 | 2013GW Part1 | 2013GW Part2 | 2014入間航空祭 | DUCATI ST4s | MOTO GUZZI STELVIO | イベント | タミヤ・ハイラックス その1 | タミヤ・ハイラックス その2 | トップページの写真 Part1 | トップページの写真 Part2 | バイク | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ