« 深夜の仕事 | トップページ | 土曜日の仕事は辛い »

難易度特A級

今日の仕事は雨漏れしているから見て欲しいとの依頼。

このテの仕事は難易度特A級の仕事。

今までの経験。
技術。
知識。
ノウハウ。
見解。
その日のコンディション。
口技。

が、厳しく問われる。

まずはお部屋に上がらせてもらって、漏水個所を確認。

次に家の人から漏水状況を確認。

それから屋根に上がって、大体その位置の状況を確認。

ハハ~ン、ここだという箇所を発見。

001

雨仕舞いが悪いなぁ。これじゃ水がスレート板の下に入ってしまう。

泥が詰まって水の流れが悪くなり、漏水したものだと判定。

家の人に、こーこーこーゆー状況で雨漏れが発生しているのでしょうと説明。

これを直すには?

お手上げ。

正直なところ、根本的に直さないと直らない。

その為には壁をいじり、スレート板を外してと大工事。

しかも、このスレート板、既に廃盤になって久しい。

よって、入手不可。

その面の、全面的な葺き替えが必要。

でも、あんまり費用もかけたくないとの事。

う~ん。根本的に直すにはこーしなければなりませんが、と前置き。

以前は漏ってなかったという事なので、実際にやってみなければわからないのですが、こうすればよくなるかもしれません。それでもまだ漏るようであれば他の方法を考えましょう。

他の方法?正直なところ、思い付かないです。

取り敢えずの対処は?

004

①壁に食い込んでいるスレート板を、壁から2センチ程度のところで切断。その際にスレート板の下にある板金ステーを絶対に傷つけないようにする事。

②壁とスレート板に出来たすき間でもって、ステーに詰まっている泥を徹底的に除去。水の流れを確保する。

③切断したスレート板の上にL型板金ステーを被せ、壁に固定。更にステーの上部をシール止めして、少しでも水を少なくする。

④これで様子を見て下さい。で、終わり。

実際にはもっといろんな事をやるが、大体こんな感じでの対処。

それにしてもこの屋根屋さん。よくこんな“勇気”ある方法で納めたものだ。板金にフワフワした感じはないし、これはこれで立派。でも敢えて言うならば、技術はあってもノウハウの無い典型。この場合は三角形に流れる水をスレート板の上に出すようにするか、さもなくばステーの幅を広くして水路を確保するかで対応するべきもの。そうしなかった為に雨漏れを引き起こしてしまった。

水の流れを考えろ

こう教わったものだけど、教わらなかったのだろうか?

もっと根本的には、こんな屋根形状はよくありません。

“大人の事情”もあるんだろうけど。


|

« 深夜の仕事 | トップページ | 土曜日の仕事は辛い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515758/55135477

この記事へのトラックバック一覧です: 難易度特A級:

« 深夜の仕事 | トップページ | 土曜日の仕事は辛い »