« 今日はお雪ちゃん | トップページ | そのような話をされても… »

スバル・サンバー生産終了

昨日の新聞に記事が出てましたね。とうとう、この日がやって来てしまいました。

004

スバルの軽自動車、サンバーの生産が終わってしまいました。

スバルが軽自動車からの撤退を決めてから最後まで残った車。スバルがサンバーをやめるのは、ホンダがカブをやめるようなもので、サンバーはスバルの財産とさえ思っていたんですけどね。そのサンバーが2月28日でもって生産を終了してしまいました。

実は私、サンバーに乗っているのです。仕事に使っている車で、もちろん自分の車では無いのですが、大方自分専用車として1年余乗っています。もちろん、これからも乗り続けます。

事の発端は社長の乗っていたダイハツ・ハイゼットバンが酷使の末、老朽化し、乗り換えた事にあります。ダイハツは嫌だという事で、スズキ、スバルといったメーカーのカタログを取り寄せて検討してみると、スズキ・エブリィバンの商品力が高いように思えました。ところがスバルのカタログを見ると、足元が広いくて運転姿勢に無理がないとの記述が…。むしろスバルの方がいいんじゃなかと提案。
でも、この提案は却下。ハイルーフしか無くて荷物を積む時に不便という理由から。ルーフに荷物を積むのはそんなにないからハイルーフの方が便利ではないかといったけど、聞く耳持たず。で、エブリィバンになったわけです。が案の定、足元が狭くて…、ペダル配置が偏っていて…。慣れればどうっていう事はないとも思えなくもないのですが、運転しにくいです。アクセルとブレーキの間隔が狭くて、両方いっぺんに踏んじゃいそうです。

017
エブリィの足元。狭くて足がムズムズします。長距離は難行苦行。

それからしばらくして、今度は軽トラが老朽化。ヒーターが効かなくなって修理に出したけど部品がない。エアコンも装備されて無くて夏の暑さにはもう耐えられない。そこで乗り換えしようとなって、サンバーを一押し。車屋さんの薦めもあってサンバーとなりました。その時は4気筒エンジンをリアに搭載していますといっても、ふ~ん位しか思いませんでした。

016
サンバーの足元。広くて左足も伸ばしても、“向こう”に届きません。ペダル配置も自然で、運転が楽です。

乗り始めてから1年チョイ経った感想は…。この車、いい、これに尽きます。まず何と言っても足元が広いのがいいです。左足を思いっきり伸ばせます!エブリィバンでは出来ません。足元が広いからムズムズする事がありません。軽トラであればハイゼットでもエブリィでもフルキャブオーバーはあるので、足元は広いと思います。

それに4気筒エンジンのスムーズさ。3気筒のエブリィも十分にスムーズなのですが、4気筒のそれには敵いません。シフト操作をサボって4速20km/hからでもスムーズに加速し、また、シフトをサボって低いギアのままエンジンを回しても高回転までシュィ~ンとスムーズに回ります。しかも運転席から遠い位置に搭載しているので、エンジン音も静か。同じ距離を走るにしてもサンバーの方が疲労が少ないような気がするのは気のせいでしょうか?距離を走る時はサンバーの独断場になっております。赤帽がサンバーを使う理由がわかるような気がします。

しかもこのエンジン、音がいいんですよ。今の寒い時期、高めの回転数でアイドリングしますが、オイルが温まってきてスムーズさを増してきた時の音がなんとも言えないいい音を奏でるのです。MVアグスタに通じるような音を奏でると、自分の耳には聞こえます。4気筒エンジンの良さが出ているので、4気筒エンジンを搭載したバイクはますます選びにくくなってしまいました。

積載も優れています。去年の震災以降、しばらくは仕事で使う資材の入手が非常に困難になってしまいました。開店休業状態を避けるために、あっちこっちと駆けずり回ったものです。ある時、入手困難な資材を大量に見つけました。でも、車はサンバー。これを逃したら開店休業になってしまう。堂々と書ける事ではないのですが、そこはアクセスの少ないブログの利点?ナントカ法違反ですが、非常事態であると判断して積み込んでしまいました。でもそんな状態にもかかわらず、らしく見えないのはさすがに鍛えられている車だと思いました。よい子の皆さんは真似してはいけません。

気になるのは燃料の減りが早いように感じる事がまず第1点。燃料計の動きが正確なのか、過敏なのか、燃費がイマイチなのか。自分の車では無いから燃費計算なんぞやった事も…ありません。それと足元が広いのはいいのですが、シートを目一杯前にしてもハンドルが遠い。あと3センチ前に出るだけでもかなり違うと思います。追突されると、弱いですね。これは実感しました。

Dsc_0358a
追突されたかわいそうなサンバー。

追突されると、衝撃がもろに響きます。トラックの宿命かもしれませんが、衝撃を吸収するところがどこにもありません。軽い追突でももろに響いてしまいます。更にリアにエンジンがあるので、追突されるとエンジンを破損してしまう恐れが十分にあります。先日の事故ではあと2センチでエンジンに達していたとの事。エンジンに破損がないか、入念に点検したとの事でした。ちなみに相手の車は凹みませんでした。軽い事故なのですが、これだけのダメージを受けてしまいます。

この車の最大の欠点?はというと…、運転が楽しい事。こまめにシフトチェンジしてチョコマカ走るのがなぜか楽しのです。理由は、わからないですけどね。凄く楽しく感じるのです。車の運転は楽しいものだと思わずにはいられません。その楽しさゆえに仕事先が遠いのは大歓迎ですし、運転が楽しいので仕事をサボってドライブに行きたくなる衝動にかられます。意志薄弱なるがゆえにどこまでその衝動に耐えられるか、自信がありません。ある意味、罪作りな車です。

この車に乗っていると、いつも思うんですよね、旅がしたいと。助手席に愛する伴侶を乗せて、時間を気にしないで旅してみたいと、そんな夢を見るのです。となると…、サンバーのバン、いや、ワゴンの方がいいな。となると…、ディアスになる。次の車は

2006 スバル レガシィ 3.0R SPEC B 6速マニュアル

と決めてますが、その一方で

スバル ディアス 4WD 5速 スーパーチャージャー

で検索したりもするのです。

レガシィもディアスも愛する伴侶と共に、おいそれとは見つかりません!

|

« 今日はお雪ちゃん | トップページ | そのような話をされても… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515758/54110430

この記事へのトラックバック一覧です: スバル・サンバー生産終了:

« 今日はお雪ちゃん | トップページ | そのような話をされても… »