« 震災から1年 | トップページ | やろうと思って出来ないでいるもの »

自転車との共存

今日は車を運転中、自転車を巻き込みそうに、ならなかった。

状況は左折しようとしていたところ。目の前の信号が青から黄色へ、そして赤になる状況。もちろん歩行者用信号は赤。

左側に高校生の自転車が来ているのは確認していた。自転車の高校生は止まるだろうと思ったけど、止まらないかもしれない。案の定、そのまま直進して、交差点を突っ切った。

自転車の高校生に気がつかなかったらボカンとやっていた。気付いても、止まるはずだと判断してしまったらボカンとやっていた。自転車に乗る人は信号無視するもの、と認識していたので、ボカンとやらないで済んだ。

もし、ボカンとやってしまったら、過失割合はどうなるのだろうか?まずは自転車に乗る高校生の守るべき信号は歩行者用?それとも車用?それによって変わってくるかもしれない。自転車の守るべき信号は案外と知っているようで、知らない。

それによって過失割合がグ~ンと違ってくるはず。でも、明らかに自転車側の非が明白なのに、弱者保護の下、車側の過失が多くなるなんて、何だか腑に落ちない。保険金目当てか?

自転車は車道を走れという訳で、この頃最近は車道を走る自転車が多くなった。それはそれでいいのだけど、ヒヤヒヤする事も多くなったのも事実。性能差が大き過ぎるのを同一路線で走るのは無理がある。互いに危なっかしくてね。それに細身だからミラーで見ても気付きにくいし、音もなくスーッと脇を通り抜けるから、おっとっとと、そこにいたのかと驚くここも少なくない。時には、3車線道路の右折車線で信号待ちしている自転車の人もいたりするから、何かの見間違えかと驚いた事もある。

自転車は車道を走れといわれても、そうするには道幅が狭過ぎて、互いに危なっかしい。大型トラックと自転車が並行して走って、互いに恐怖も不安も感じないで走れるような、そんな広い道幅が欲しい。自転車が車道を走るには、あまりにも道幅が狭過ぎると誰も指摘しないほのはどういう訳か?

道幅を広げるためには、道路沿線の家に立ち除いて貰って、道幅を広げるしかない。これが、言うに優しく、行うに物凄く難しいもの。初めから広けりゃ、こんな事は無いんだけどね。

|

« 震災から1年 | トップページ | やろうと思って出来ないでいるもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515758/54216221

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車との共存:

« 震災から1年 | トップページ | やろうと思って出来ないでいるもの »