« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

「ゆりかもめ」の車窓から その3

東京モーターサイクルショーの後、「ゆりかもめ」に乗って、今度は豊洲まで行ってみる事にしました。

ただただ、写真を撮っていただけなので、詳しい説明は出来ませんので省きます。

163a


164a


165a
終着駅・豊洲駅です。この日もまた、終着駅をゲット。

166a
将来の延長を見込んでいるんでしょうね。

豊洲駅から再び「ゆりかもめ」に乗って、新橋に向かいました。車窓からの風景をご覧ください。

167a

168a


169a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地獄の日々始まる

地獄の日々始まる
今日の仕事はこれにて終い。

まだ終わってないんだけどね。

今、ラーメン屋。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ST4s オイル交換

今日はST4sのオイルを交換。

前回交換したのが去年の5月23日、走行50345km。

今回、51379km。

走ってねぇなぁ。

今回はエレメントも交換。

1750円だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深夜のラーメン

深夜のラーメン
ラストオーダー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の出来事

本来なら写真整理を済ませ、順番としては最後にアップのですが、いつになるかわかりません。
順番を入れ替えてアップします。

今日は東京モーターサイクルショーに行ったのですけど。

そこでSUZUKIのブースでV-STROM650に跨ったんです。

そしたら…。

「写真を撮ってあげましょう」と声を掛けられました。

155a
その時の写真です。


写真を撮ってくれた人の顔を見ると、どこかで見たような…。

「賀曽利さんではありませんか?」と訊いてみると、やはりそうでした。

何と、ありがたくも賀曽利さんから写真を撮って頂いたのです。

156a
賀曽利さんとのツーショット。

ご存知の方も多いと思いますが、賀曽利さんは世界中を旅されている方です。

この日はトークショーがあったそうです。

久し振りに行くモーターサイクルショー。


 す
  れ
 て

しかも4日前は東北2800kmを走られたそうです。

以前に何回か、賀曽利さんのお話を聞きに行っていた事がありました。

初めて聞きに行ったのが1999年11月13日、法政大学で開催された日本1周報告会。

3回目の日本1周を成し遂げ、そのお話を聞きに行ったのです。

その年の10月12日をもって私自身も分割でしたがこれでいいかなっと思えるところまで日本1周をしたので(9年と19日かかりました)、感慨深くお話を聞いてました。

日本1周をしてみたいと思ったのは
194
この本を読んだからです。以来、日本1周が目標となりました。私の場合は一気に1周するというものではありませんでした。仕事をやめて1周とは出来なかったので、分割となったのです。

日本1周している、日本1周した、という事は当時はほとんど口にしませんでした。今も口にする事もありませんし、これからも口にすることはほとんどないでしょう。このブログでのみ、ちょこっと書く位です。口にしないのは周囲から遊んでばかりと批判めいた事を言われてしまう事もありますし、私に出来る事ならば誰にでも出来る事だと思うからです。

分割ですから日本1周したといっても、普段のツーリングと変わりはありませんでした。それでも、最後の写真をアルバムに納めた時はジィ~ンとなりましたね。

この時の報告会で9年19日かかって分割で日本1周したと言うと、何度も「おめでとう」といってくれ、何度も握手をして頂き、感激しました。

195
賀曽利さんが書いてくれたサイン。この本は私の宝物。

197
1999年11月13日。日本1周報告会にて。

最近では現実に押しこくられ、夢見る事をすっかりと忘れてます。行ってみたい、見てみたい、知ってみたい。そんな気持ちが萎えてきたのか?今日は偶然にも賀曽利さんにお会い出来、忘れようとしていた夢を思い出しました。いつの日のお話だったか、「我が黄金の四十代」とおっしゃっていました。私も同じ事を言ってみたいのです。

001
1999年10月12日、0時35分。分割・日本1周達成!
9年19日間のフィナーレ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ゆりかもめ」の車窓から その2

007a
ズームにて撮影。スカイツリー。

008a
フジテレビが見えますね。

009a
イベントをやってました。

010a
海!

011a
シャッターチャンスを逃してしまったのでわかりにくいのですが、沖縄行きフェリーの発着所です。

012a
海洋練習船だと思います。帆船が停泊中。

013a
路線をパチリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ゆりかもめ」の車窓から その1

今日は東京モーターサイクルショーを見に行きました。

新橋から国際展示場まで「ゆりかもめ」に乗ったのですけど、その風景にビックリ!

眠気も吹っ飛んでしまう風景でした。

いい風景というと風光明美な自然豊かな風景を思い浮かべると思いますが、私自身、人工物に囲まれた、一見無機質に思える風景も嫌いではありません。

こんな風景が見れるのかと驚きました。

シャッターチャンスを逃してしまった風景もありますが、“いい風景センサー”に反応した写真を急遽アップします。

今日は新橋から国際展示場までをアップ。

001a

002a
向こうに見えるのがレインボーブリッジ。


003a
東京港トンネル。

004a
船の科学館。
以前は二式飛行艇が展示されてました。今は鹿屋航空基地資料館で展示されてます。
どうやって運んだのでしょうか?


005a
悲しい事に青函連絡船羊蹄丸は無くなってしまいました。解体処分?なんですかね。
歴史が1つ消えてしまったように思います。
見学した時に見たのですが、青函連絡船の最後の出港シーンが放映されてまして、何度見てもジィ~ンとなったものです。

006a
これはコンテナふ頭だったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011那覇大綱挽きまつり その5

103a
旭橋駅。

102a
旭橋駅から那覇バスターミナル。かつての軽便鉄道の駅跡なんだそうです。

104a
早くも疲れてきたので、黒酢でシャキンとさせます。

113a
牧志駅。旭橋駅と牧志駅の間には県庁前駅があるのですけど、いつもここで下りて宿に向かうので、今回は通過しました。

108a
だけど牧志駅から見下ろすと、旗頭で待機している人がたくさんおりまして…。これを見てしまったら、のんきに?駅巡りをしている場合じゃない!駅巡りはこれにて終了にし、次回の“宿題”にしました。でも、その前に…。

114a
牧志公設市場に行きました。

115a
1Fで食材を購入して、2Fの食堂で調理してもらいます。これも沖縄旅行の楽しみ!
写真は夜光貝とシャコ貝と何かの刺身。真ん中にオリオンビールと島ラッキョウ。12時前なので、ビールはギリギリO.K?

116a
グルクンと何かの揚げ物。この揚げ加減が絶妙で、身はボソボソにならず、それでいて骨はパリパリ。その揚げ加減に感心しながら食べてました。グルクンを骨まで食べたのは、この時が初めてでした。

118a
お店はここ。新しく入ったお店のような感じです。

119a
牧志公設市場2Fの食堂。喧騒の中でアジア的。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011那覇大綱挽きまつり その4

084a
今度は壺川駅で下ります。国場川に架かる北明治橋を渡ると…。

087a
RBC市民フェスティバルが開催されてました。まだまだ人影はまばらでしたが、チョット覗いてみました。

088a

089a
チョットしたミニ遊園地。こじんまりとしたものですが、子供心には楽しいだろうなぁ。

092a
ホンダの車とバイクが展示されてました。

095a
ごーこくほうじょ~…。パーシャクラブのリハーサルをチョットだけ聴きました。
096a
これも子供心に楽しそうです。

098a

101a
この様な案内を撮影します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰宅

深夜の仕事から帰って来ました。

今回も、悪戦苦闘。

深夜の仕事で、スンナリいく事はほとんどないです。

警備の都合から、入庫した車が出庫出来るのは0時50分、3時、5時30分。

0時50分に出庫出来るように、最後はバタバタでした。

他の業者さんもいるので、責任重大?

出来る限りの事はやりました、と。これで不都合がでるのなら、それは不可抗力です。


帰りは慌てずに、節約の意味も含めて一般道で。

この時間でも、道路工事しているんですよね。

土曜の夜から日曜の朝にかけて。

深夜作業は疲れます。日中にやればいいのに。

交通量の少ない時間帯を狙っているのでしょうけど、身体的負担を思えば、チョットねぇ。

不便は発生するけど、それはみんなで分かち合う事。

これから風呂入って、酒飲んで、寝ます。

今日は東京モーターサイクルショーに行けそうです。

だけど、電車で行きます。バイクでは…。

バイクでもやるんです、居眠りを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思うようにならない

今日は仕事なんだけど、雨で順延になった。

午後は、時間が空く。

そこで、東京モーターサイクルショーに行ってみよう!

ついでに、先日行く事が出来なかったライブが東京である。

よし、帰りに行ってみよう!と思い付いた。

そこに、1本の電話。

内容は、先日の深夜の仕事で追加が発生したとの事。

「今日の今日は、無理だよねぇ」

他の業者さんとの絡みもある。

「わかりました。行きます」

モーターサイクルショーもライブもパーになりました。

何で、いつもこーなんかねぇ。

愚痴はここだけにして、今は静かに時間を待つ。

あと1時間で出発。

帰りは何時になるのやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011那覇大綱挽きまつり その3

さて、沖縄に着いたものの、大綱挽きまつりまでは、まだ時間がある。だからといって、レンタカーを借りるほどの時間はない。そこで、モノレールの駅巡りをしてみよう!と思い付いた。

060a
1日乗車券をもって、駅巡りです。

059a
前の記事とダブってしまいますが、まぁいいや。最西端の駅、那覇空港駅にて。

068a
最南端の駅、赤嶺駅。

072a
小禄駅。
073a
奥武山公園駅。

074a
少し、プラプラ歩きます。 

楽しそうなイベントです。

076a_2
沖縄に行くとこの様なものを時々見かけます。沖縄以外では見た事はありません。繋がりの強さを感じます。

080a
奥武山公園駅から。向こうに見えるのが沖縄セルラースタジアム。

081a
チョット“鉄ちゃん”?しちゃいます。

082a
モノレールの運転席。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボーっとした1日

昨日は、夜間の仕事から帰って来たのが6時だった。

それからしばらくは眠れなくて、8時半ごろ寝た。

それからでも電話はかかってくるし、その度に起こされて、ウッツラウッツラ。

2時頃に目が覚めた。

東京モーターサイクルショーに行こうかなっと思った。

電車の乗り継ぎを見ると、3本乗らなければならない。

今からじゃなぁ。車だと1本だけど、居眠り運転しそうで、怖い。

カップラーメンを食べたら、また眠くなって、ウッツラウッツラ。

結局、どこにも行かず、行けず、1日中ウトウトしていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2駅訪れました

今日は、じゃなくて昨日は東京、神奈川、埼玉と駆けずり回った。

その過程で

001


003

東急のこどもの国駅と小田急の唐木田駅に行ってみた。

仕事中、何やってんだ!というお堅い事は無し。休日も返上しているのだから、神様だけは許してくれるさ。

終着駅に行って、写真を撮るだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妄想

今日は春分の日。

今月の初め頃にライブのお誘いがあった。

このライブ。毎年この時期にやっていて、大体毎年行っていた。去年は中止になっちゃったけど、代わりに11月に開催された。

けど…。今日は仕事で、行く事が出来なかった、祝日なのに。

今日は祝日だから仕事は休み。日中に高校時代の先生宅にお伺いして積もる話をし、それからライブに行く。そんな事を思っていたのだけど、仕事で全てがパー。妄想で終わってしまった。

それでも仕事が早く終わって、ふっ飛んでいく。いつものパターンも使えなかった。明日から3日間、深夜の仕事。さすがに身体的にきつい。深夜の仕事が無かったら、せめてライブだけは行ってた。

今日、行かれない。そんな連絡をするのが辛い。奥さん宛にもメールで連絡。更に、UTKちゃん、MMRちゃんにも事付け。

UTKちゃんへ

ほいくえん そつぎょう おめでとう。
しょうがっこうにいったら おべんきょうに うんどうに
いっぱいがんばってね。
また あそべるひを たのしみにしているよ。

MMRちゃんへ

おおきくなったかな。また いっぱい あそぼうね。
えほんも いっぱい よんであげるから たのしみに まっててね。
MMRちゃんとあそべるひをたのしみにしているよ。

と書いたら、何だか今生の別れのように思え、悲しくなった。

この子たちの成長を見るのが楽しみだった。MMRちゃんはまだ恥ずかしがって懐くほどではないけれど、UTKちゃんは懐いてくれるようになった。大好きなプリキュア、その絵本を持ってきて、膝元にちょこんとお座りして「読んで」。うわぁ、重くなったなぁっと、この時が成長を実感する時。

風船に糸電話。また、遊んであげたいやね。遊んだ事、覚えているかな。

165
2010年11月23日、プリキュアグッズで遊ぶUTKちゃん。当時4歳。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011那覇大綱挽きまつり その2

028a
何と虹が見えました。上空から見る虹は丸いんですね。初めて見ました。


031a
しかも、飛行機のシルエットが映りました。この様なものを見ると何だかいい事ありそうと思ってしまいます。

037a
那覇空港に到着しました。

039a
何と京急とモノレールの券売機がありました。これまた初めて見ます。

040a
う~ん、沖縄。毎回、この写真を撮りますね。

041a
ロビーからスカイマーク511。

043a
世界ウチナ―ンチュ大会の前でしたから、空港は歓迎ムードで一色でした。

045a
空港内にある琉風のもずくそば。朝食です。

057a
まだまだこういうのが出るみたいです。

058a
モノレール乗り場にて。ここでも歓迎ムードです。

059a
日本最西端の駅、那覇空港駅。

060a
モノレールの1日乗車券。この日、これが大活躍したのでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011那覇大綱挽きまつり その1

去年の事になりますが、アップし始めましょう。

去年の10月9日、那覇大綱挽きまつりを見に行来ました。初めは2泊のつもりだったので、レンタカーでドライブとか、久高島に行ってみようとか考えていたのです。が、が、が。時間が取れなくなってしまい、1泊減り、更に1泊減ってしまいました。本来なら中止するという選択を取るのですが、見に行ってみたいと思ってから4年目。今年もダメでしたではいくらなんでも…。とうとう日帰りで行く事にしました。

001a
スカイマーク511便に搭乗しました。朝一の飛行機に乗る。もう、いつものパターンです。

002a
海上自衛隊の飛行艇が羽田空港に着陸してました。離島からの患者を輸送してきたのでしょうか?初めて見ました。

005a
離陸してチョットした時。

011a
上空から富士山。

012a
大井川河口付近。

014a
南アルプス。

016a
中部国際空港。

017a
知多半島。

023a
奄美大島。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝見た夢

北海道に行った夢を見た。

修学旅行か何かで。車内は「ひろ~い、ひろ~い」の連発。道道106号線が好きなんだよなぁっと思ったから、同級会の旅行かもしれない。バスの進行方向右側、通路寄りの席で景色を見ていた。

更に別の夢があって、やはり北海道

ある宿で、時計を見ると午前4時30分。外はチョット明るいけど、まだ暗い。雪がチラチラ降っている。

前日の事を書いていたら、「11時です」と客室清掃係が2人入ってきて、ビックリ仰天。

慌てて荷物をまとめて出ようとする、と…。

「(どこそこの)宿に泊まってませんでしかか?」と清掃係。

「いやぁ、泊まってませんねぇ」

似たような人が泊まったらしい。

でも実際に、思わぬところで再会があるのも北海道の魅力。

07_190_a
道道106号線を走行中、2007北海道ツーリングより。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまには乗りたいよ

昨日は休日を返上して仕事で、それでも早く終わって帰れるかなっと思っていたけど、目一杯かかってしまった。

しかも帰宅してからST4sに乗ろうとしたのだけど、雨がパシャパシャ降ってしまい、とうとう乗れなかった。

だから、エンジンをかけただけ。

001

サイドスタンドの状態でエンジンをかけようとすると

ドドッ、ドドッ、となるだけで、エンジンがかからない。

次にサイドスタンドを出した状態で、車体を垂直にしてエンジンをかけようとすると

ドドッ、ドドッ、となるだけで、エンジンがかからない。

今度はサイドスタンドを収納して、車体を垂直にしてエンジンをかけようとすると

スンナリとエンジンがかかる。

更にサイドスタンドを収納して、車体を傾けてエンジンをかけようとすると

スンナリとエンジンがかかる。

いずれの場合も、ギアはニュートラル。

となると、考えられる原因は、サイドスタンドスイッチにあるように思えた。

ちなみにエンジンをかけた状態でサイドスタンドを出しても、エンジンは止まらない。

1年前からエンジン始動に手こずるようになって、ようやく原因を突き止めた、かな?

今まで乗ったバイクの中で、この様な事は経験が無い。GPZ900Rに乗っていた時、サイドスタンドスイッチの作動不良で発進できなかった事がある位。その度にCRCを吹き付けていた。今回もCRCを吹き付けて様子見。距離的にはGPZ1100にやや及ばないけど、年数的には前のバイクよりも2年以上長く所有しているST4s。自分には“未知の領域”に入っているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気分はブルー

昨夜はアクセスまではしたものの、どうしようもなく眠くなってしまって寝てしまった。

昨日は1日中雨。その雨の中、カッパを着て仕事。いつもならばこの様な天気は順延するのだけど、スケジュールに余裕が無く、雨の中やる羽目になった。

いつまでたっても仕様が決まらずモタモタしておいて、いざ決まったとなると期日に余裕が無くなってしまう。

カッパを着ていても袖口から、襟元から雨水が侵入してくるので、上半身はびっしょりになってしまった。

普段の倍は疲れる。

それでもって、今日も引き続き仕事。休日返上。時には仕方ない場合もあるのは理解できても、その一方ではえーっヤダなぁという気持ちもある。このご時世、仕事があるだけありがたいと思いつつも、ヘナヘナヘナ~っと萎えてしまう。

人間、楽しみがあってこそ頑張れるものだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノウハウを得た

昨日は不具合を見に行って、今日はその対処。

今度は仮にであっても、もう少ししっかりやりましょう。

小言をチクリと言われてしまった。

手順の関係から、どうしても仮にとなってしまう。

こればかしは、どうしようもない。

またこうして、1つのノウハウを得た。

こうでもしないと、得られないのが辛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間抜け

2010年9月7日に起きた尖閣沖巡視船衝突事件で衝突した中国人船長が逮捕されたものの、起訴猶予で釈放されたのはまだ記憶に新しいもの。誰しもが釈放された事に首を傾げたものだ。

その中国人船長が今になって強制起訴された。起訴されたからといって、ハイそうですかと応じるわけ無いという事も誰もが思うだろう。

これを間抜けと言わずにして、何と言えばよいのか。

衝突された巡視船の修理代は払ってくれたのか?


原発事故で菅前総理が東電に怒鳴りこんだ画像があるんだそうな。You Tubeに流して貰いたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になる

今日の夕方、あっ、昨日ね、継続中の仕事で不具合が発生したとの連絡を受けた。

時間的に遅く、見に行ったところで、どうする事も出来ない。

見に行くだけ無駄とも思うのだけど、不具合が発生したとなれば、どうしても気になってしまう。

自分のした仕事で、不具合は発生してはいけない。でも、神様でもあるまいし、なかなかそうもいかない。

いや、神様だって失敗しているではないか。人間という動物を作った事。欠陥だらけで、あんなもの作るんじゃなかった、痛恨の失敗作。人生やり直したいと思っているに違いない。

それでも、やはり気になるので、見るだけでも行ってみる事にした。

片道、1時間半弱。行って見ると、手順の関係から仮の状態にしておいたのが今日の強風で取れてしまったというものだった。話では大規模な不具合というものだったので、見て一安心。仮のものだからどうしても強度が弱くてね。

状況がわかったので、今夜はよく眠れそう。明日の事などわからないので、どんでん返しがあるかもしれないけど。

でも、往復の時間に自分の時間が取られてしまったので、今日も自分の時間がほとんど持てない。こんな時間に更新。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やろうと思って出来ないでいるもの

今日も信号無視した高校生の乗る自転車とぶつかりそうに、ならなかった。

気付いていたので、信号無視するだろうっと。そしたら、案の定、無視。


普段、やろう、やろうと思ってはいても、実行に移せないものがある。

まぁ、いろいろあるんだけど。今日は本を読みたいと思っていたら、こんな時間になってしまった。

久し振りに高校時代の先生に電話でもしようといていても、日々にかまけてしまって出来ないでいる。

体調がよいと思う日に電話をしてみようと思うのだけど、それがなかなか出来ない。

また久し振りのお会いしていろいろとお話を…、と思っているのだけど、その機会が持てそうもない。

20日あたりに時間が出来て行けそうかなっと思っていたけど、無理っぽくなった。

守れない約束はしたくない

この様に考えると、何も約束できない。ごめ~ん、行けなくなっちゃいました、なんて言えないではないか。

7月に体調がチョット…、と知らされて会いに行ったののは、けっしてスタンドプレーではない。だけどその後は9月に訪問したきりで、以来ご無沙汰なのだから、これではまるでスタンドプレーではないか。チョコチョコと訪ねてやって欲しいと、その時に一緒に行った同級生にリクエストしておいたのだけど、その後どうしているのだろう。神様、私に時間をください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車との共存

今日は車を運転中、自転車を巻き込みそうに、ならなかった。

状況は左折しようとしていたところ。目の前の信号が青から黄色へ、そして赤になる状況。もちろん歩行者用信号は赤。

左側に高校生の自転車が来ているのは確認していた。自転車の高校生は止まるだろうと思ったけど、止まらないかもしれない。案の定、そのまま直進して、交差点を突っ切った。

自転車の高校生に気がつかなかったらボカンとやっていた。気付いても、止まるはずだと判断してしまったらボカンとやっていた。自転車に乗る人は信号無視するもの、と認識していたので、ボカンとやらないで済んだ。

もし、ボカンとやってしまったら、過失割合はどうなるのだろうか?まずは自転車に乗る高校生の守るべき信号は歩行者用?それとも車用?それによって変わってくるかもしれない。自転車の守るべき信号は案外と知っているようで、知らない。

それによって過失割合がグ~ンと違ってくるはず。でも、明らかに自転車側の非が明白なのに、弱者保護の下、車側の過失が多くなるなんて、何だか腑に落ちない。保険金目当てか?

自転車は車道を走れという訳で、この頃最近は車道を走る自転車が多くなった。それはそれでいいのだけど、ヒヤヒヤする事も多くなったのも事実。性能差が大き過ぎるのを同一路線で走るのは無理がある。互いに危なっかしくてね。それに細身だからミラーで見ても気付きにくいし、音もなくスーッと脇を通り抜けるから、おっとっとと、そこにいたのかと驚くここも少なくない。時には、3車線道路の右折車線で信号待ちしている自転車の人もいたりするから、何かの見間違えかと驚いた事もある。

自転車は車道を走れといわれても、そうするには道幅が狭過ぎて、互いに危なっかしい。大型トラックと自転車が並行して走って、互いに恐怖も不安も感じないで走れるような、そんな広い道幅が欲しい。自転車が車道を走るには、あまりにも道幅が狭過ぎると誰も指摘しないほのはどういう訳か?

道幅を広げるためには、道路沿線の家に立ち除いて貰って、道幅を広げるしかない。これが、言うに優しく、行うに物凄く難しいもの。初めから広けりゃ、こんな事は無いんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

震災から1年

 震災から1年が過ぎました。去年の3月11日、午後2時46分、地震がありました。その時、私は具体的には書きませんが、“よく揺れるところ”にいました。その“よく揺れるところ”がうまい具合に地震の揺れを吸収したので、揺れそのものはあまり感じなかったのです。なんか変だなぁ、地震?という具合にしか。だから地震が来て真っ先に思ったのは正直に書きますとバイク、ST4sが倒れてないかが一番の心配でした。

Dsc_0102a

 その後は携帯電話が通じなくなってしまい、全く連絡を取る事が出来なくなりました。それでもあまり深くは考えないで、震源地は関東かその近辺。震度4または5強位だろうって。

Dsc_0106a

 帰りの車は渋滞で、帰宅するまで相当時間がかかりました。道中、ラジオを聞いて、携帯をワンセグにして画像を見ると、ビックリ。まさか、これほどの被害だとは思いもしませんでした。

Dsc_0109a

 その後はテレビに釘付けでした。毎晩、帰宅すると、普段はあまりテレビを見ないのに、ズーッとテレビを付けっ放し。津波が街を飲みこんでいく様子にいたたまれない思い。

Dsc_0110a

 更に原子力発電所が大きな被害を被り、建屋が爆破する様子はなんとも言えませんでした。空から、地上から原子力発電所を鎮めようとしている様子は自己犠牲の極致。これで鎮まってくれればと祈るような気持ちで見てました。

Dsc_0113a

 朝刊には毎日亡くなった方のお名前が地域と共に記載されていて、地域、苗字が同じ。年齢が近い、あるいは20数年から30数年離れている。それを見ると、兄弟かな?親子かな?っと想像出来てしまうんですよね。

Dsc_0114a

 この震災で世界各国から手を述べてくれたましたが、何とお礼を申し上げればよいのか、言葉も見つからないほど嬉しい事でした。そこに人類愛を感じたのは私だけでは無いはず。台湾は200億円も義援金を送ってくれて・・・。それなのにこの国の政府は何たる有様!今日の夕刊を見て知ったのですが、昨日の式典で不祥事発覚。手落ちのようですが、どこかの国に遠慮して意図的に手落ちしたのではないか?そういえば感謝広告も台湾の新聞には出さなかったとか。金額云々という訳ではありませんが、お礼はきちっとしないと。

Dsc_0120a

 最近、凄い事が判明しまたね。何と議事録が残ってない。これは言うまでもなく、当時の内閣の失態です。多くの方が犠牲になったのに、いくらなんでもあんまりです。貴重な教訓、今後の課題の宝庫なのに、これじゃやり切れないですよ。当時の総理大臣は今、何をやっているのか?八十八ヶ所を周っているのでしょうか?最近は全然聞こえてきません。

Dsc_0122a

 また、今回の震災は1人1人にお前ならどうするかを問うものだと思うのです。私とて他人をとやかく言えません。全然、何もしてないです。それでいて、まとまった休みがあると遊んでたりしてます。口先だけ(手先か?)と言われても反論できません。

Dsc_0126a

 亡くなられた方のご冥福と、被災地の1日も早い復興を願ってやみません。

 画像は昨年の11月に仕事関係の旅行で南三陸町に行った際に撮影したものです。前日はカラオケで声がカラカラになるほど歌いまくり、翌日は被災地を短時間ながらも見るという、物凄い落差のある旅行でした。それだからとやかくいう資格もないのですが、被災地の様子はご覧の通りで、心が暗くなり、言葉も出ませんでした。それでも仮設ながらコンビニやガソリンスタンドが営業しているのを見、鮭が遡上しているのを見ると、未来への希望も感じました。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別れは突然に

今日はまた、セカンドバイクとして持っている、Kawasaki KSR110を手放した。欲しいという人が見つかったので、その人に譲る事になった。

KSRでは都内巡りというような事をしたかった。東京に住んでいても、東京の事をよく知っているかといえば、答えはNo。これが意外と知らない。KSRなら車体も小さい、置く場所にも困らない。で、都内巡りには最適だと思えた。

だけど、この様な使い方はほとんど出来なかった。銀座に行った事、東京モーターサイクルショーに行った事が、僅かに記憶にあるのみ。

それに駐車規制が厳しくなって、いとも簡単に切符を切られるようになった。こうなると都内巡りという使い方は封殺されるようになった。KSRではこうしたいなという事が封じ込められてしまった。確かに迷惑な位置に停めるのもいいわけはないけれど、駐車場の整備は全然なのに、規制だけは厳しくなるというのも、納得できない。でも現実には切られるわけで、都内巡りという使い方をしたら、えらく高いものについてしまう。となるとあまり乗らなくなってしまい、朝晩の通勤で使うのみとなった。それも、この頃は使わないようになってしまった。

バッテリーは死んでいて、ブレーキオイル、エンジンオイルの交換もしない。チェーンは伸び放題で、たまに外れることもあっても、気にしない。タイヤも擦り減ってしまった。最近、エンジン始動を試みたけど、かからないので諦めた。

で、欲しい人が現れたのだけど、軽トラの代替でついでに持って行く事になった。電話が来た時は躊躇したけど、「いいや、いいや。持ってっていいよ」と持って行ってもらう事にした。最後の写真が撮れなかった事が、チョット残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル・サンバー納車

今日はスバル・サンバーが納車された。これはもう1台ある軽トラの代替によるもの。

004
ジャジャ~ン。新車でっせ、新車。

話が出た時、もちろんサンバーを一押し。だって、1年間のってみて、いい車なんだもん。サンバーに乗っちゃうと、他の軽トラは、チョットねぇ。で、サンバーにしようっと、提案した訳。

「生産中止になるんでしょ。最後の1台、こっちに回してくんない?」
と、難題を吹っ掛けた。

最後の1台かどうかは知らないけど、ようやく納車。

001
新車の香りがプンプンしまっせ。

さて、これから慣らしです。

今日、ちょこっと乗ってみて、気が付いた。シートが前後に調節できるのだけど。その調整幅が少し大きくなっている。改良されたのか?ハンドルが遠い感じがしない。

まあね、仕事で使う車だし、自分の車じゃないし。1番下のグレードで、エアコンとパワステが付いていりゃ、これでよし。

15年、15万キロ以上は乗って、元を取らなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

準備に邁進中

今日は、昨日は、この頃邁進している?写真の整理。ブログにアップする為の写真を準備しているのだけど、随分はかどった。

1回目~5回目の沖縄

7回目の沖縄

2011秋の沖縄

2011秋の関西

ふるさと祭り東京2012

これらは準備O.K

すっかり忘れていたけど、

2007北海道も準備O.Kになっている。

2012冬の北海道はまだ手つかず。

1回目~5回目の沖縄は既に10年前以上の写真。だけどそれを見るとあの時はあーだった、こーだったと思い出しつつも旅している時の雰囲気が蘇り、何だかつい最近のように思える。これが旅のマジック!

旅行に行くといつも思うのだけど、随分使ちゃッたなぁっと。時には自己嫌悪になるくらい。でも最近は考えを改めた。思い出として残るのなら、限度はあるけれど、多少はいいかなっと思うようになった。思い出に残らないのであれば、辞めるけど。

いつまでも色褪せない思い出として残って、自分の中で少しずつ堆積していく。それをある程度、大した文章力もないけれど、ブログにアップする。自分自身の記録として残す事が出来るし、チョットは自慢?になるかなぁ。普段は旅行の話はしないので、ブログは絶好のツール。小さい子が「ねぇ、ねぇ」とたわいもない事を話しかけてくる、そんな気持ち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

更に…

今日の夕刊、正確に書くと昨日のだけど、更に国家公務員の新規採用を抑制するという記事が出ていた。

ここまでくると民間にも波及する事は必至で、学校は出たけれど…、が更に一層現実味を帯びてしまう。

若い人の新規採用を抑制する前に、全体の数を減らすべきでは?先を見据えて物事を決めているのかと疑問に感じる。

日本の人口が減ってきているのだから、議員の数を減らすのも当然だと思うが、如何なものか?

若い人に負担を強いるのはいくらなんでもあまりにもひどい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若い人を大事に

昨日のニュースだったかなぁ。国家公務員の新規採用を抑制するって。

公務員には身分保障があるので、今現在、公務員である人を減らすのは難しいから、新規採用を抑制するんだって。

今、公務員である人にはホッとする言葉だけど、これから公務員になろうっという人には残酷な言葉。

若い人がかわいそう。

年配者を早期退職させて、それ以上に若い人を採用すればいいのに。

年齢だから云々っていうのは好きじゃないけど、年配者1人の給与で若い人何人かの給与のなるかもしれない。

将来に不安もなく、努力が確実に報われれば喜々として仕事出来る。デフレでは将来が不安で、努力した分だけ虚しい結果になったりする。誰しもが一抹の不安を抱いているのではないか。

それでいて、若い人が結婚しないだの、子供を設けないだなど、勝手な事を言ってくれる。あたりまえじゃないか。将来が不安では結婚など出来るわけないだろう。

デフレ政策を進めた人はよっぽど頭がいいんだろうなぁ。頭がよ過ぎて人の心がわからないのだろう。若い人をもっと大事にしてやんなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンジン始動

今日は暖かな日になりました。

雨が上がってお昼頃になると急に気温が上昇。

午前はコテコテに服を着ていたのに、午後は薄着になりました。

帰宅後、ST4sのエンジンを始動。

ここ1年近く、エンジン始動に手こずっている我がST4s。

カテゴリー「DUCATI ST4s」の過去記事を読み返して、ある事に気が付いた。

エンジンをかけてみようかな、という時はスンナリとかかる。

乗ってみようかな、という時は手こずる。

いつもはセンタースタンドで止めていて、エンジンをかけてみようという時はこの状態でかけている。

乗ってみようかなという時は、サイドスタンドの状態。

この差がエンジン始動に影響しているのかもしれない。

で今日は、初めはサイドスタンドの状態でエンジン始動を試みた。

ドドッ、ドドッと爆発はするんだけど、それが続かない。

次に車体を起こして、サイドスタンドを収納した状態でエンジンをかけてみた。

すると、スンナリとエンジン始動。

ちなみにエンジンがかかった状態でサイドスタンドを使用してみても、エンジンは止まらない。

なぜサイドスタンドを使用している状態ではエンジンがかかりにくく、

車体を起こした状態ではスンナリとエンジンがかかるのか?

ここまでくると何だか“神の領域”みたいで、原因なんて、わかりません。

サイドスタンドスイッチがいたずらしているのかなぁっと想像するのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイトな予定の弊害

昨日は雨。

雨だからといってのんびりするわけじゃないんだけど、のんびりしていた。

そしたら、急な仕事が舞い込んできた。

早速、下見に行く事に。。

う~ん、どうやろう???

相当、頭を悩ませた。

ヘタな仕事やるとクレームになってしまう。

この頃は…。

仕事とは挑戦と思ってはいても、クレームになって後々もめてしまって、二進も三進もいかなくなる事がある。だったら一層のこと、初めから断った方がいい、だなんて思ってしまう。

僅かなミステークでも許せない、という人が多くなったように感じる。

些細な瑕疵でも許せなくて、行き付くところ、金銭的問題となってしまう。

だったら、初めから断った方がいい。

もちろん、鵜の目鷹の目で見るその訳もわからないでもない。


一昨日の仕事先では滅多やたらと手直し個所があって、その業者さんが気の毒になってしまった。幸いにして、うちが手をかけたところは手直しが無くて、ホッとした。もっとも、おいそれと見られる所じゃないけれど。じっくり見られるとクレームだらけになってしまう。

一方的にタイトな予定を組まされてクレームだらけではたまらない。もう少し余裕を持てばこの様にならないはず。バイクに例えればオイルが無い状態。“オイル”が無いから、この様に焼き付いてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消化不良?

今日は仕事だった。それも朝起きから昨日の記事をアップして、そしたら仕事だって!

本当は日曜に仕事なんてイヤでやりたくない、かつては散々やったからもう嫌だという気持ちが強い、のだけど、出るハメになった。

仕事自体は大したこと無くて午前中に終わった。

ところが…。

昨日の仕事先に忘れ物をした事が判明した。で、どうしたかというと…。取りに行った!

往復のガソリン代、所要時間を思うと買った方が安いの結論に至る。だけど、「忘れた」というのがなんとも悔しくて、悔しくて、悔しさを忘れないようにするために取りに行く事にした。

この頃、忘れる事が多くて。この間は財布を忘れたし、ブログには書かなかったけど、先週も忘れ物をしてしまい、わざわざ届けてくれた。

ボケるのは、まだまだ早過ぎる!


そんなかんなで、結局、今日は思うように過ごせなかった。


過去写真整理

1回目、2回目、3回目の沖縄はスタンバイO.K

4回目は画像変換は終わっているけど、整理がまだ。

5回目は画像変換も終わってないし、整理もまだ。

6回目は既にアップしているし、7回目もスタンバイO.K

去年の10月の沖縄はスタンバイO.K

11月の関西はまだまだ…。

入間航空祭はスタンバイO.K

1月の北海道はまだ、全然。

ふるさと祭り東京2012もまだ、全然。

最近の記事で書きかけのまま“文章を暖めている”のがあって、それもせっかくだから書いておきたいな。

しっかりと“消化不良”しているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少しずつ

昨夜は帰宅が遅くなってしまい、PCを起動したけれど、眠くてどうにもならず、寝てしまった。

過去写真の整理が覚束ないけど、毎日少しずつ進ませよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そのような話をされても…

一昨日の話になるのだけど、仕事先でこんな話を聞いた。

バブル期、もしくはそのチョット前の話で、遊び関係の話。

今となっては古き良き時代の話しのように感じてしまった。

時間的余裕のある人の話で、何ともうらやましく思った。

ほとんど、聞くだけだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル・サンバー生産終了

昨日の新聞に記事が出てましたね。とうとう、この日がやって来てしまいました。

004

スバルの軽自動車、サンバーの生産が終わってしまいました。

スバルが軽自動車からの撤退を決めてから最後まで残った車。スバルがサンバーをやめるのは、ホンダがカブをやめるようなもので、サンバーはスバルの財産とさえ思っていたんですけどね。そのサンバーが2月28日でもって生産を終了してしまいました。

実は私、サンバーに乗っているのです。仕事に使っている車で、もちろん自分の車では無いのですが、大方自分専用車として1年余乗っています。もちろん、これからも乗り続けます。

事の発端は社長の乗っていたダイハツ・ハイゼットバンが酷使の末、老朽化し、乗り換えた事にあります。ダイハツは嫌だという事で、スズキ、スバルといったメーカーのカタログを取り寄せて検討してみると、スズキ・エブリィバンの商品力が高いように思えました。ところがスバルのカタログを見ると、足元が広いくて運転姿勢に無理がないとの記述が…。むしろスバルの方がいいんじゃなかと提案。
でも、この提案は却下。ハイルーフしか無くて荷物を積む時に不便という理由から。ルーフに荷物を積むのはそんなにないからハイルーフの方が便利ではないかといったけど、聞く耳持たず。で、エブリィバンになったわけです。が案の定、足元が狭くて…、ペダル配置が偏っていて…。慣れればどうっていう事はないとも思えなくもないのですが、運転しにくいです。アクセルとブレーキの間隔が狭くて、両方いっぺんに踏んじゃいそうです。

017
エブリィの足元。狭くて足がムズムズします。長距離は難行苦行。

それからしばらくして、今度は軽トラが老朽化。ヒーターが効かなくなって修理に出したけど部品がない。エアコンも装備されて無くて夏の暑さにはもう耐えられない。そこで乗り換えしようとなって、サンバーを一押し。車屋さんの薦めもあってサンバーとなりました。その時は4気筒エンジンをリアに搭載していますといっても、ふ~ん位しか思いませんでした。

016
サンバーの足元。広くて左足も伸ばしても、“向こう”に届きません。ペダル配置も自然で、運転が楽です。

乗り始めてから1年チョイ経った感想は…。この車、いい、これに尽きます。まず何と言っても足元が広いのがいいです。左足を思いっきり伸ばせます!エブリィバンでは出来ません。足元が広いからムズムズする事がありません。軽トラであればハイゼットでもエブリィでもフルキャブオーバーはあるので、足元は広いと思います。

それに4気筒エンジンのスムーズさ。3気筒のエブリィも十分にスムーズなのですが、4気筒のそれには敵いません。シフト操作をサボって4速20km/hからでもスムーズに加速し、また、シフトをサボって低いギアのままエンジンを回しても高回転までシュィ~ンとスムーズに回ります。しかも運転席から遠い位置に搭載しているので、エンジン音も静か。同じ距離を走るにしてもサンバーの方が疲労が少ないような気がするのは気のせいでしょうか?距離を走る時はサンバーの独断場になっております。赤帽がサンバーを使う理由がわかるような気がします。

しかもこのエンジン、音がいいんですよ。今の寒い時期、高めの回転数でアイドリングしますが、オイルが温まってきてスムーズさを増してきた時の音がなんとも言えないいい音を奏でるのです。MVアグスタに通じるような音を奏でると、自分の耳には聞こえます。4気筒エンジンの良さが出ているので、4気筒エンジンを搭載したバイクはますます選びにくくなってしまいました。

積載も優れています。去年の震災以降、しばらくは仕事で使う資材の入手が非常に困難になってしまいました。開店休業状態を避けるために、あっちこっちと駆けずり回ったものです。ある時、入手困難な資材を大量に見つけました。でも、車はサンバー。これを逃したら開店休業になってしまう。堂々と書ける事ではないのですが、そこはアクセスの少ないブログの利点?ナントカ法違反ですが、非常事態であると判断して積み込んでしまいました。でもそんな状態にもかかわらず、らしく見えないのはさすがに鍛えられている車だと思いました。よい子の皆さんは真似してはいけません。

気になるのは燃料の減りが早いように感じる事がまず第1点。燃料計の動きが正確なのか、過敏なのか、燃費がイマイチなのか。自分の車では無いから燃費計算なんぞやった事も…ありません。それと足元が広いのはいいのですが、シートを目一杯前にしてもハンドルが遠い。あと3センチ前に出るだけでもかなり違うと思います。追突されると、弱いですね。これは実感しました。

Dsc_0358a
追突されたかわいそうなサンバー。

追突されると、衝撃がもろに響きます。トラックの宿命かもしれませんが、衝撃を吸収するところがどこにもありません。軽い追突でももろに響いてしまいます。更にリアにエンジンがあるので、追突されるとエンジンを破損してしまう恐れが十分にあります。先日の事故ではあと2センチでエンジンに達していたとの事。エンジンに破損がないか、入念に点検したとの事でした。ちなみに相手の車は凹みませんでした。軽い事故なのですが、これだけのダメージを受けてしまいます。

この車の最大の欠点?はというと…、運転が楽しい事。こまめにシフトチェンジしてチョコマカ走るのがなぜか楽しのです。理由は、わからないですけどね。凄く楽しく感じるのです。車の運転は楽しいものだと思わずにはいられません。その楽しさゆえに仕事先が遠いのは大歓迎ですし、運転が楽しいので仕事をサボってドライブに行きたくなる衝動にかられます。意志薄弱なるがゆえにどこまでその衝動に耐えられるか、自信がありません。ある意味、罪作りな車です。

この車に乗っていると、いつも思うんですよね、旅がしたいと。助手席に愛する伴侶を乗せて、時間を気にしないで旅してみたいと、そんな夢を見るのです。となると…、サンバーのバン、いや、ワゴンの方がいいな。となると…、ディアスになる。次の車は

2006 スバル レガシィ 3.0R SPEC B 6速マニュアル

と決めてますが、その一方で

スバル ディアス 4WD 5速 スーパーチャージャー

で検索したりもするのです。

レガシィもディアスも愛する伴侶と共に、おいそれとは見つかりません!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »