« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

今日は乗れなかった

 今日は帰宅してから暫くぶりにST4sに乗るつもりだった。だけど探し物をしていたらこれがなかなか見つからず、かなりの時間がかかってしまった。その為、帰宅が遅くなってしまって、とうとう乗るのはやめにしてしまった。雪が降ってから、何だかグッと冷え込む日が続く。早く暖かくならないものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聯合艦隊司令長官山本五十六

 今日は映画「聯合艦隊司令長官山本五十六」を見に行った。映画を見るのは久し振りで、過去記事を振り返っても最後に見てから2年以上は経っていると思う。映画に関しては「映画・テレビ」、「文化・芸術」、「日記・コラム・つぶやき」とカテゴリーがごちゃごちゃになってしまった。

 この様な時代物の映画を見る時は時代確証がきちんと行われているかどうかが1つのポイント。走っている車、建物、風俗、衣装などなど。これがデタラメだと醒めてしまう。見ていて気付いたのは小隊長の牧野少尉と部下が一緒に食事をしていたシーン。将校と下士官では食堂が異なるから少尉と下士官、もしくは兵の部下が一緒に食事をすることはないのでは。それにその頃の少尉といえば下士官から昇進した人だろうから年齢的にもっと上のはず。長年の下積みがあったはずなのでそれなりの顔つき、貫禄があるはずだと思いました。となると牧野少尉は若過ぎる。海軍兵学校出身だとしたらパイロットとして第1線に着く頃は階級的に中尉のはず。
 あと牧野少尉が格納庫でゼロ戦に乗っている人(山本長官)を見つけて、「誰だ。オレの飛行機に乗っているのは」のシーン。そこのシーンでの服装が飛行服姿、今でいうフライトジャケット姿であった事。飛行機に乗らないの時は脱いでいるのが普通ではないかと。択捉島単冠湾に集結中で艦内が寒かったというのであれば、何となくわかるけど。
 でもこの点を除けばしっかりと時代確証が出来ているなと思いました。年輩の方が見ればまだまだあるかもしれません。

 日独伊三国同盟に反対しても、日米の国力差ゆえに開戦に反対しても、命令が下れば従わなければならない当時の事。山本大将の苦悩が描かれると共に当時の日本人の、現在にも通じる姿が描かれていると思いました。国民は知りたがっていると称して世論を導こうとし、ガダルカナル島からの撤退を“転進”と表現する新聞社。独ソ不可侵条約に驚き、更にドイツが独ソ不可侵条約を破棄してソビエトに攻め込んだ事に驚くところ。将来の見通しが甘いところ。敗戦になって「アメリカ民主主義・・・」の変わり身の早さ。これらは現在にも通じるものだと思いました。映画で描かれていた新聞社は、多分アレだろうと想像しました。 

 ミッドウェイ海戦のシーンで牧野少尉の部下のゼロ戦が機銃の故障で戦えなくなり、泣いたような顔で牧野少尉に別れを告げて敵航空母艦に突入、自爆するシーンは胸に迫りました。鹿屋航空基地資料館、知覧特攻平和会館で読んだ「明日、敵艦隊ニ突入シマス」、「アトニ時間デコノ世カライナクナルト思ヘヌ程、心安ラカデアリマス」の特攻隊員の遺書を思い出しました。

 山本長官が前線視察の途中で襲撃されて戦死してから敗戦までがあっという間で、ばっさりカットされたように感じました。映画のタイトルから外れてしまうのかもしれませんが、描かれていればもっと厚みが出たのではないかと思います。

 ひめゆり平和祈念館で証言者の方が「私たちの頃は教えられた事をそのままに、疑う事を知らなかった。だから勉強しなさい、勉強しなさい」と言ってましたが、それは今でも通じる事だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン

ラーメン
 
 最近でもないですが、この様なラーメンにはまってます。ラーメンというより中華そばといった感じでしょうか。

 出前もするお店のラーメンですが、お店によって味が違うのを発見しました。当然といえば当然ですが、この様なシンプルなラーメンも奥が深いなぁっと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たい焼き

たい焼き
昨日の夕方、たい焼きを食べた。

作っているのを見ていると、なかなか面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一期一会

 「一期一会」という言葉があります。手元にある辞書を引くと、一生に1度限りの事。生涯に1度会う事。茶道で、どの茶の会でも一生にただ1度だと考えて、常に誠を尽くすべきだとする考えによる。と、書いてありました。

 この様に玉とも石ともつかないブログ、どちらかというと石でしょうか、を書いていますが、手元に辞書は欠かせません。普段何気に使っている言葉でも、いざ書いてみると、何ていう意味だったんかな?これでよかったっけ?と思う事が少なくありません。そこで辞書の出番となるのです。

 先日のライブ、終了後に飲み会があるとも思わず、ましてやオール(朝までの意)とは想像もしなかった。この様な機会は普段はなかなか持てず、かつては全く考えられなかった。1人を除いて初対面の方ばかりで、何をどうしたら…?普段でも口数が少ないし、ペラペラしゃべるのも、そんなに得意ではない。

 本当に極々たまにしかこの様な機会が持てないのに、いざその場になると普段の自分が出てしまう。そして終わった後に、なんて話題がないのかなぁとか、もっとしゃべればよかったなぁっと後悔してしまう。その度に「一期一会」の言葉を思い浮かべるのに、今回も…。その場になると、そんな言葉、忘れてしまう。

 昔からこの様な機会を当たり前のように持てたのならよかったのにと、つい愚痴ってしまう。「渋谷に6時半なんだけど、来れる?」、無理だった。その頃は普段の休日さえ思うようにならなかった。そんな事したら少ない休日が更に少なくなってしまう。そんな意識が常にあった。2週間に1度休めれば御の字だった。あなたの1週間分の休みがオレの1ヶ月分の休みなんだよ、と口に出さないまでも毒づいていた。だから腰痛を引き起こして、治療に3年以上…。休日を返上しても能率としてはあまりよくないと気付いたのは、かなりあとになってから。
 休日法違反で逮捕、身柄拘束、留置、取調、起訴、有罪判決、服役、だなんて聞いた事がない。カクカクシカシカに杓子定規で取り締まってたなら、前科何十犯、あまりにも多過ぎて死刑になっている、かもしれない?休日法に違反したからといって誰も損害を被るわけでもなく、本人が損するだけ、職業病とか。逮捕してくれ~と思った事もあったっけ、休めるから。

 だからなんていうのかなぁ、ついついひがんでしまうのかもしれない。屈折した感情が現れるのかもしれない。次回、また同様な機会があるのなら、もっと気楽に楽しみたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッテリー充電

 たまにはバイクネタ。

 今日はというより昨日なんですけど、ST4sのバッテリーを充電しました。

021
 今の時期は大体10日に1度の割合で充電しているのですが、今回はチョット間が空いてしまいました。乗りたい時に乗れないと、悲しいです。

 ソケットがあるので充電は便利です。ただ、ソケット自体はヨーロッパの規格です。考えてみれば、日本向けの車両なんだから、日本の規格のソケットを装着してくれたらありがたいのですけど。ヨーロッパの規格に対応できる充電器を使用してますので、大きな不便はないのですが。スマートフォンに代えてから、そのバッテリー消費の大さにアタフタ。走行中の充電も考えなければならなくなりました。

 先日の雪はほとんどは融けたのですが、1日中日陰になる場所はまだ融けてません。カチンカチンに凍結したままです。家の周りはそういうところがアチコチにあります。当分、乗れなさそうです。

 今日じゃなくて昨日は帰宅が遅く、夕食後寝てしまいました。今起きて、仕事の報告メールを何通が送信してからブログを更新。エンジンはかけませんでした。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雪かき

002
自宅前ではありませんが、積もった雪がこんな状態に。

003
これはなんていう商品名だったかな?ラッセルパイプと思ってますが、どうだったか。雪国ではポピュラーに売っている物です。が、東京ではあまり見かけません。あまり、と書いたのは1度だけ売っているのを見たからです。凍てつく前の雪を片付けるのに便利なものです。ブルドーザーになった気分です。東京ではシーズンに何回も使いませんが、あると便利です。

 昨日は気温が高くなってある程度雪が融けるまで、車の運転は控えました。ノーマルタイヤで雪道は怖いです。オレは北海道帰りだ、雪道は慣れているんだとテングになるとボカンとやりそうです。救急車をよく見かけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よなは徹ライブ「新春の歌会~新年のご挨拶申し上げます~」

 一昨日は東京は二子玉川にあるKIWAでよなは徹さんのライブがあった。これは去年の内に誘われていたのだけど、返事をしたのが前日の夜。ギリギリになってしまった。というのも、どうしても仕事の段取りが必要になってしまうから。行くためには良くいえば早退、普通にいえば早終い、悪くいえばサボり、このいずれかでなければならない。それが可能かどうか、間際にならないとわからなかった。ほぼ毎日仕事先が違うので、少しだけ残してサボり、もしくは早終いというのは難しい結構サボっているけど。終わらすためには時間をオーバーしても終わらせなければならない事も少なくないからです。この日は追加が発生してしまったり、雨の為、想像以上に時間がかかってしまった。

 それでもいつもよりは早く帰る事が出来た。車だからどうしても一端は帰宅しなければならない。それから風呂に入って、汗臭い(今の時期はそうでもないけれど)、埃っぽい、爪黒いを取り除いて家を出たのでした。

 かつて「渋谷に6時半なんだけど、来れる?」と誘われた事があった。当時は帰宅が遅いのが当たり前。帰宅してからでないと出られなかった。そうなると渋谷に着くのが9時過ぎになってしまう。ついにこの誘いには1度も出る事がなく、更には呼ばれる事もなくなってしまい、その後それぞれの“人生の選択”によって自然解散のようになってしまった。今回はスタートに間に合わないと覚悟したけど地下鉄が整備された今、当時からすれば渋谷へのアクセスは格段に速く、隔世の感。渋谷で乗り換えて二子玉川に向かったのだけど、スタートから僅かに遅れただけだった。

001


 会場に入ると当然の事ながら暗くて、さて、どこにいるのやら。手招きされたので、おそらくあの人だなっと行ってみるとそうだった。仲間内で来ているようで紹介される。もちろんライブは既に始まっていた。

 どんな曲を歌ったか、メモしていないのなんとも書きようがないのですが、持っているCDの中から聴いた事のある歌もありました。ギターの前濱YOSHIROさんとのコラボレーションライブ。去年の琉球フェスティバル、古謝美佐子さんが三線を弾いてよなは徹さんが歌っていたシーンを連想しました。沖縄のライブは最後はカチャーシーで盛り上がるのが楽しい。今回も、もちろん例外では無かった。カチャーシーがなかなかできなくて“ワイパー”になってしまう私。立ち上がると後ろの人の視界を完全に塞いでしまう事もあり、席に座って手を叩いていました。

 ライブの後は場所を変えて飲む事に。外は雪でボタ雪。こりゃ積もるなぁ。飲み会では大勢来ていて、こんなに仲間内がいるのかと驚いた。1人を除いては初対面の方ばかり。普段も無口な方だし、何を話してよいのやら。聞き役に。昔からこの様な機会があったのならよいのだけど、ほとんど持てなかった。この飲み会、どうやら朝までのようで驚いた。翌日は仕事が休みだったり、有給使ったりで時間を作っているようでした。できるだけ付きあって限度だと思えた午前2時。それではみなさんまたお会いしましょうと帰宅したのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜を少し歩く その4

今度は方角に関係なく、展望台から見える風景をアップ。こうすることでグルーっと周った気になるのです。京都タワーでも同じ事をやってました。

041a
海の見える丘公園。

043a
外国人墓地。

045a
南本牧埠頭。

047a
みなとみらい。

049a
赤レンガ倉庫。

051a
大桟橋客船ターミナル。

059a
山下公園。

060a
横浜ベイブリッジ。

064a
横浜火力発電所。

068a
高所恐怖症の方、目を背けて下さい。展望台は2層になっていまして、これは下の層での写真です。地上91m。また展望台からは東京タワーはもとより、スカイツリーも見えるそうですが、この日は霞んでいて見る事が出来ませんでした。

072a
日本丸。帰りに通ったので撮りました。

073a
日本丸からコスモワールド。川を挟んだ対岸の施設と別だと今まで思っていたんですが、同じ施設みたいですね。浅草の花屋敷ほどではありませんが、比較的こじんまりとした遊園地です。おチビちゃんを連れていくと楽しそうです。

かつてはコスモワールドに隣接していた中古車屋があったのですが、今回行ってみると、ナント更地になっていました。ここで今の車を購入したので、現在の姿に目が・。購入してから干支が1巡してしまいましたので、一昔前以上の事になってしまいました。当時は規模が大きくて、しかも深夜まで営業していました。平日で24時まで、金土は26時までの営業でした。現在時刻21時45分、行っちゃえ~とばかりに横浜まで行ったものです。半分寝惚け眼で店員さんの説明を聞いていたのも、今となっては思い出。あれだけ規模が大きかったのに無くなってしまったとは…。ま、お店自体は名前を変えて変えて変えて、別のところで営業中のようですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜を少し歩く その3

029a
さてさて、元町商店街を歩いた後はマリンタワーに行ってみました。マリンタワーは一時、営業を中止していたと記憶してますが(間違っているかもしれない)、営業してました。マリンタワーに行くのは初めてで、そこの展望台から横浜を一望して、グルーっと周った気になろうと目論んだのです。大人750円。

031a
恋人の聖地、なんだそうです。まぁ、いいや。仕事○○゛って来ている身には、関係ありません。

032a
展望台から説明文にしたがって東西南北の方向の写真をアップします。

南方向。八景島が見えるのですが、写真じゃよくわからないと思います。

034a
西方向。横浜スタジアムが見えるそうですが、展望台の説明文を読まないとわかりませんでした。

037a
北方向。氷川丸が見えます。

039a
東方向。大黒埠頭。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜を少し歩く その2

020a
元町商店街を歩きます。

021a
これは路地をチョット入ったところです。

025a
革専科ヒロキにクラシックカーを発見。

022a
この車をじーっと見ていると、やはり元町商店街を歩いている人から話しかけられました。

「いつの車ですかねぇ?」
「戦前の車、じゃないですか?」
と話していると、お店の方らしき人が話してくれました。

イギリス製の車で、「MG TD」というのだそうです。50年前の車で、10年前は動いていたそうです。今は電気系統が不安らしく、いつ止まるかわからないそうで、動かしていないそうです。

023a
ついでに運転席も。

024a
お店には古い自販機や、1940年代のアメリカ製の洗濯機もありました。

027a
代官橋。

028a
代官橋から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜を少し歩く その1

 昨日は画像変換を終わったところで体力の限界に達し、寝てしまった。昨日の仕事先はチョット遠く、横浜だった。仕事先が遠いと朝早く出発しないといけない。でもそういう時に限って夜眠れないとか、夜中に何度も起きてしまう。今回も例外でなかった。

 でも普段と違った風景が見られるかもしれないという楽しみも、無い訳では無い。だから負担は大きいのですが、仕事先が遠隔地だったりすると、率先して行くようにしているのです。3年前の今頃は茅ヶ崎に通ってました。

 横浜というとベイブリッジや、氷川丸や、中華街を思い浮かべるのですが、地図で見ると意外と広いのです。今回はそんな横浜からチョット先。帰りに寄り道が出来るのでついニコニコしてしまった。だけど悟られないように仏頂面を演出するのは苦労した。でもそこは横浜。土地柄のなせる業か、春は曙、といった感じでどことなく明るい雰囲気がありました。

 仕事中に何やってんだ!とお叱りを受ける行為ですが、そこはスチャラカ人間のなせる業。また、こうでもしないとなかなか時間が取れないという、切ない事情もあるのです。

 夜の函館を歩いた時、何となく横浜に雰囲気が似ているなぁっと感じました。それは何か?何となく感じただけですから言葉としては表現出来ないのですが、港街である事。船が係留されている事。赤レンガ倉庫がある事。元町という地名がある事。幕末から明治にかけての歴史に共通するものがあるように思える事が、何となくそう感じたのかもしれません。

002a
これは横浜まで行く途中のJR磯子駅です。高校2年の時、来た事があります、ハスラー50に乗って。本当はいけない行為だったのですが、「あの向こうの世界」への憧れがどうしても強くて(バイクでの遠出は禁止されていた)。この駅で、お母さんに叱られてわんわん泣いている男の子を見かけたのです。その子も今は社会人のはず。今尚、誰にも話せない高校時代の思い出の1シーン。

003a
JR磯子駅前。当時からすれば新しくなっているのですが、辺りを見回します。あの建物は当時もあったはず。あの建物は新しいから当時は無かっただろう。過去に訪れたところに再び行く時はこのようにして思いを巡らせるのです。

006a
日本郵船氷川丸。戦前は外国航路の船で、戦中は病院船。戦後は外国航路に復活して、現在は横浜港に係留されています。函館では青函連絡船・摩周丸が係留されてました。

007a
只今お色直し中。今回はただ歩くだけで内部の見学はしませんでした。

009a
山下公園から。

010a
中華街入口。東門。

012a
中華街をブラブラ歩きます。店先でブタまんや甘栗を売っているお店があり、香ばしくて甘い香りが漂っていました。

013a
ちょっとした路地を見つけました。

014a
このお店でブタまんを買いました。

015a
結構大きくて、食べ応えがありました。500円也。

016a
関帝廟。今回は通り過ぎるだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミュージカル「The Spirit」

004


 今月15日で千秋楽を迎えてしまいましたが、先月の22日、四季劇場「海」(だったと思う)まで行って、ミュージカル「The Spirit」を見てきました。この日は夜間の仕事明けだったので時間が出来たのです。ましてや余裕のない慌ただしい日々を過ごしていたので、チョット?一服する感じで休みにしてしまったのです。

 きっかけは四季のHPを見て、面白そうだから。パッと見たところ「55 Steps」をイメージしました。ただそういうのがやっているんだなというだけで、詳しくは見ませんでした。

 ミュージカルだからやはりいい席で見たい。で、奮発してS席の中央の席にしました。季節がらか、修学旅行生がいなかったので、満席御礼ではありませんでした。

 いい趣味見つけたなぁっと喜んでいるのですが、ミュージカルは決して安くはありません。だから、しょっちゅう見に行けるわけでもありませんし、見に行くようになってからの“歴史”も全然浅い。よって、観賞眼があるわけ無いのですが、チョット趣の違うミュージカルだなぁっと思いました。それは何かというと、語る言葉が無いのが辛いところ。でも決して面白くないとか、そういう事はありません。バックに生バンドもあって、しかも客席サービスもあって、眠気もふっ飛んで楽しい気分になりました。四季からのクリスマスプレゼントだなぁっと感じました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日は

昨日は
昨日は
「ふるさと祭り東京2012」に行った。

琉球國祭り太鼓東京支部結成15周年記念公演「ゆがふ」を見に行った。

アップは当分…先。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れられてないという事

 今日のこの日は、去年も書いた、一昨年も書いたけど、とあるお祭の準備の日だった。今年も去年の内に準備作業応援の依頼があって、今年も都合が付か無い為、参加はしなかった。今のこの時間は雪の降る中、黙々と準備している。

 北海道にいた時も電話があって、今日もメールが来て、要するに来るのかな?という事だった。残念だけど、都合がつかなくて行かれない。のだけど、連絡が来るだけでも嬉しいやねぇ。忘れられていないだけでも、ありがたい。準備の段階から参加していたけど、結局はその多くは日帰りで、2日間にわたる準備でも、その内の1日だけしか参加できなかった。よって、自分が参加したのは2分の1に過ぎない。だから地元にいる人におんぶで抱っこで、全くのお世話になりっぱなしだった。

 ノスタルジーな思い出に浸る為なら既に次世代にバトンタッチしている事なので参加はしないけど、人出が足りないから手伝って欲しいというのなら参加したかった。今この時間は黙々と、ただ黙々と雪の降る中、寒さ、冷たさ、眠気と闘いながら準備している。自分が参加する事によってチョットは軽減されるのならば、参加したかった。

 ま、参加しないまでも向こうに行けばかつての同級生らと飲めるわけで、お祭の勢いで持って飲めただろうなぁ。なかなかそのような機会が持てないのは何とかならないものか。

005a
この写真、去年も使ったけど、またアップ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京の、とある風景

東京の、とある風景
東京の、とある風景
ここは東京の、とある所。
60階建てのビルも見えますね。

混チャ混チャーッとした街並みですが、案外と好きだったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月4日の風景

 目覚ましをセットした4時半に一応は起きたものの、うるさい、だまれ!とばかりにもうちょっと寝る事にして、改めて5時に目が覚めた。

 この日は仕事先がチョイっと遠くて、ナント平塚。仕事の後が楽しみで、心ここにあらずで仕事をしていたのです、日曜日だし…。仕事自体は大した事でもなく、スンナリと終了しました。このまま寄り道もせずに帰るのはもったいない!湘南海岸に行ってみる事にしました。もちろん、カメラも持参していたんですよ。

001a
湘南までの道のりで、富士山が見えました。

002
富士山をアップ!

003a
湘南海岸から伊豆大島が見えました。

005a
熱海の方角です。この後西湘バイパスを走行したのですけど、その海のきれいな事!沖縄の海みたいで、その色はコーラルブルー!すっかり感動してしまいました。こりゃバイクで出直しだ、と思い小田原から引き返しました。のだけど…、東名高速海老名S.Aでラーメンを食べると、どうしようもないほどの眠気が…。ついつい眠りコケてしまい、帰宅したらすっかり暗くなってしまいました。

009a
帰宅後、ST4sを引っ張り出して慣熟走行。もちろん、湘南海岸までは行けませんでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011秩父夜祭り その2

154a
本町屋台。粋な姿の姉ちゃん、兄ちゃんが屋台を引っ張ってます。今回はこの本町屋台の曳き廻しを、最後の方だけを見たのでした。

169a
これは屋台の方向転換の写真です。このシーンも見どころの1つだと思います。

184a
団子坂を上がる本町屋台。

188a
駆け上がった瞬間です。

196a
御旅所での各屋台。


 今回はピークを過ぎてしまった感がありましたが、ちょうど土曜日だったので、いつもよりは遅い時間にフィナーレを迎えたように思いました。このお祭り、結構遠くからも人が見に来ています。新潟ナンバーの観光バスを見た時はビックリしてしまいました。

 その後、帰宅したのが午前1時半。1日で2日分遊んだような気になりました。目覚ましを4時半にセットして就寝しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011秩父夜祭り その1

 12月3日のこの日は東京モーターショーの開幕日であると共に、秩父夜祭りの大祭の日でもありました。3年連続して見に行ったのだから、今回も見に行ってみたいと。だけど翌日は仕事。それも朝早くに出発しないといけない。今回はやめようかなぁっという気持ちがありました。だけど、現実に負けてしまって行かないとなると、もう行けなくなってしまうような気がします。それじゃつまらない。つまらい人間になってしまう。そこで行ってみる事にしました。でもその前に、翌日の準備をしておきました。

 出発したのが夜の7時半ごろで、秩父に着いたのが9時過ぎ。今回は秩父警察署近くの駐車場にスンナリと車を止める事が出来ました。急いで市内に向かいました。

140a
花火です。秩父に着いた頃にはピークを過ぎてしまった感がありました。

143a
露店がズラーッと並んでいる様子は壮観でした。

149a
これは、何だったけなぁ?


147a_2
秩父神社での太鼓。

155a
おそらく、JAちちぶ近くから。花火が上がりましたのでパチリ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011東京モーターショー その5

114a
ROTUSのブース。こんな車に乗ってみたい。

118a
AUDI R8 GT

115a
VW Scirocco R

120a
PORSHE Boxster

125a
KTM X-BOW R。これで街中を走れば注目度抜群ですね。

 最近の国産車、というよりここ10年かそこらの国産車は単なる道具になってしまった感があります。大勢乗れて、いっぱい積めて、といった具合に。車を運転する事、移動する事、本来楽しいもののはずですが、それを楽しめる車が極端に少なくなってしまいました。これじゃ車なんかに興味が湧くはずが無いと思うのです。道具に過ぎないのですから便利さを求めない限りは欲しいとは思わない。購入したとしても、余程の不便を感じない限り乗り換えようとも思わない。これじゃ、売れなくなるのもさもありなんと思うのです。ま、別に車の販売や生産に携わっているわけじゃないからどうでもいいのですけど。パッと見て、コレ欲しいと思える車は国産車よりも外国車に多い、。文化の差?車が好きな人が作っている車か、売れればいいやという人が作っている車か。欲しいと思えば一生懸命働いて、ガンバッテ貯金して購入しようとする意欲になるのです。

 高度経済成長時の熱気を知る世代では無いのですが「プラス100ccの余裕」、「となりの車が小さく見えます」だった頃の熱気を感じてみたいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日常が始まる

 さてと、昨日から普通に仕事です。昨日の仕事は、予定だったものが1日順延になってしまいました。で、代わりの仕事というと…。これが無いわけで、結局1日中手持無沙汰になってしまいました。旅の疲れを取るにはいいのですけど。

 というのも、年末にかけてバタバタと、目を三角にして、金切り声をあげて。それこそ、バタバタと年を越させるなとばかりにこなしてしまうので、年始は結構ヒマなのです。回りも動いていかないので、仕事の電話も、そんなにかかって来ません。特に今回は曜日の関係もあり、1日か2日出てもしょうがないやとばかりに休みにしたのです。

 今日は帰りに近くのホームセンターに行った。必ずといっていいほど立ち寄るコーナー、ペットのコーナーに行ってみました。ちょうど餌の時間だったのでワンちゃん、ニャンちゃん大騒ぎ。賑やかな事。犬よりもどちらかというとネコの方が好きな私。「トンキニーズ」と戯れてしまった。

 その後、自動車用品屋に行った。今回、北海道に行ったにあたって、事前の準備なんて何もしなかった。思い付いたら吉日的な行動で、北海道に行ってしまった。当日になってオイルとバッテリーを交換した程度。いや、交換したからこそ、行ってみようかなと思い付いたのかもしれない。クーラントはそのままだし、ウィンドオッシャー液もガソリンスタンドでサービスで入れてくれたのをそのまんま。これは道内で凍ってしまいました。北海道で運転していた時に、2日目位にして、エアコンの臭いが気になるようになった。そこで今日、エアコンの消臭をしてもらいにカー用品ショップまでいたのです。

 ピットで作業終了を待っていたのですけど、こんな時はスマホをいじったりはしません。せっかくだからとピット作業を見ています。見ているところで、何か見習うところがあるかと思うので、見る事にしているのです。ピットに車を入れる時、または出す時に、2人1組になっているのを発見。それまで別の作業をしていた者が、その時にだけペアになっていたのですが、そのスムーズな事。感心してしまいました。

 天気予報によれば、明日は寒いそうです。最高気温、6℃。風が吹けば、北海道よりも、体感的には寒いかもしれません
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰着

帰着
0:26に帰着。

総走行距離1871.5km
道内1094.2km

順を追ってアップしますので、少々(かなり?)お待ち下さい。

メモ帳代わりに書いてみましたが、いかがでしたか?

読んで頂きありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓮田S.A

蓮田S.A
ここで時間調整します。

浦和料金所を日付が変わった時刻に通過します。

この先は帰着するまで更新はしません。

次回の更新がこの旅での最後になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓮田S.A

ここで時間調整します。

浦和料金所を日付が変わった時刻に通過します。

この先はきちゃく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐野S.A

佐野S.A
残り100kmを切りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(つづき)寒かった。

明日は大丈夫か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上河内S.A

ブログを3年以上書いていると、内容はともかく一の歴史。

カテゴリー「2009北海道 現地から」と照らし合わせている。大体、1時間の遅れ。

あと150kmくらい。

さっきのS.Aで外に出ると、もの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

那須高原S.A

那須高原S.A
ここで休憩と給油。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安達太良S.A

安達太良S.A
雪がチラチラ降ってます。

車内はもちろんヒーターが入っていて、むしろ暑いくらいなのですが。
外に出ると物凄く寒い。この寒暖の差、風邪引きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国見S.A

国見S.A
レストランのイルミネーション。

S.Aから福島市内の夜景が眺められます。

さすがにここまで来ると関東ナンバーの車が多くなります。

「冬の北海道」としては函館、小樽、札幌を除けばマイナーな所ばかりだったせいか、関東ナンバーの車は、仕事目的を除けば2台しか見ませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菅生S.A

菅生S.A
着。

車外に出て、車の回りを見る。

雪が無くなっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長者原S.A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前沢S.A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋田道横手I.C

東北道横手I.C
これにて帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六郷湧水群

六郷湧水群
六郷湧水群
秋田県美郷町にある六郷湧水群の1つ、御台所清水です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仏田柵跡

仏田柵跡
奈良から平安の役所跡だそうです。

向かい側の秋田県埋蔵文化財センターは休館日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

角館樺細工伝承館にて

角館樺細工伝承館にて
磨き工程だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

角館のシダレザクラ

角館のシダレザクラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石黒家

石黒家

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青柳家

青柳家

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青柳家

青柳家
青柳家

| | コメント (0) | トラックバック (0)

角館

角館
角館
角館の武家屋敷。

写真は岩橋家。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪あがき

悪あがき
秋田港で下船。

これから東北を周ります。

ローソン秋田ベイパラダイス店から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出港

出港
苫小牧東港を出港しました。

2009年と今回で「冬の北海道」1周に達しました。羅臼やウトロには足を延ばしてないのですが、ま、いいかな。

このフェリー、2等寝台に100V電源がありません。明日は更新が出来ないかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着

ゴール
ゴール
無事、苫小牧東港に到着。

只今、乗船手続き中。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウトナイ湖

ウトナイ湖
わかるでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少しずつ

少しずつ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌も通り過ぎます

札幌も通り過ぎます
もっと滞在したいんですけど、走らねばなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪像製作中

雪像製作中
雪像製作中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤レンガ庁舎

赤レンガ庁舎
赤レンガ庁舎
18年振り!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時計台

時計台
時計台

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時計台

時計台
来たのは3年振り。

中に入るのは13年振り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌駅

札幌駅
新しくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石狩大橋

石狩大橋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こういう所にも寄ります

こういう所にも寄ります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石狩川河口と石狩灯台

石狩川河口と石狩灯台
石狩川河口と石狩灯台
道道225号線を行ける所まで行って、その後は歩き。これ以上は危ないと思う所まで進みました。

白銀の世界でした。頬に当たる空気が痛い。

石狩川を渡って宗谷岬を目指したいのですが、帰らねばなりません。これにて引き返します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広いなぁ

広いなぁ
国道231号線、中央バス「6線」バス停から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早朝

早朝
通り過ぎるのがもったいないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽FT

小樽FT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早朝

早朝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南小樽駅まで歩きました

南小樽駅まで歩きました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の小樽、素敵過ぎ

冬の小樽、素敵過ぎ
写真じゃ

紹介し切れません!

小樽オルゴール堂前にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽ブラブラ

小樽ブラブラ
天狗山スキー場が見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽ビール

小樽ビール
ヒムベーアビール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽ビール

小樽ビール
小樽ビール
工場見学の後のビールは最高!

| | コメント (0) | トラックバック (0)


小樽運河

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽運河

小樽運河

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早速

早速
早速

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外出

外出
お宿に着いて、早速外出。

写真は小樽駅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽水族館

小樽水族館
最終入場ギリギリで入る。

今日は朝から乾パンとミカンだけ。
展示の魚が美味そうに見えた。

写真をビシバシ撮る。
高校時代の先生にいい土産が出来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

余市ニッカウィスキー工場

余市ニッカウィスキー工場
余市ニッカウィスキー工場
工場見学は明日からですが、守衛さんの好意で少しだけ中に入れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神威岬から

神威岬から
神威岬から
神威岬から
神威岬から
神威岬から
灯台までは行けませんでしたが、行ける所まで行ってみました。

夏の賑わいがウソのように、ひっそりとしてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

窓岩橋から

窓岩橋から

| | コメント (0) | トラックバック (0)

準備中

準備中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道の駅「オスコイ!かもえない」から

道の駅「オスコイ!かもえない」から

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪
ホィールの雪。時々掻き落とします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

振り返れば地平線

振り返れば地平線
寿都町種前付近から。

ニュアンスは違うけど、走って来たコースを振り返れると何とも言えない満足感に包まれます。

これだからツーリングはやめられません。今回は車だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にしん御殿

にしん御殿
ニセコバス「にしん御殿」バス停から。
「にしん」と入力しても変換出来ませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寿都湾

寿都湾

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弁慶岬

弁慶岬
積丹半島が見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狩場トンネルを過ぎてすぐ

狩場トンネルを過ぎてすぐ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瀬棚町から

瀬棚町から

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪道

雪道
下り坂はエンジンブレーキを効かせて慎重に、丁寧に運転します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親子熊岩

親子熊岩
荒々しい海岸が続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開陽丸

開陽丸
この時期は…

14:52の送信

| | コメント (0) | トラックバック (0)

舘の岬

舘の岬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道の駅「もんじゅ」から

鴎島が見えます。

吹雪いたり、晴れ間が見えたり、天気が目まぐるしく変わります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上ノ国町小安在にて

上ノ国町小安在にて
風が強ぇーし
冷てぇー

横風、強いです。
車体、煽られます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本海

日本海
荒れてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここも

ここも
ここも
松前城は中には入れませんでした。

松前城とその街並み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最南端

最南端
最南端
白神岬

「冬の北海道」

宗谷岬

納沙布岬

襟裳岬

白神岬

全て制覇!

津軽半島は見えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残念

残念

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青函トンネル北の玄関口

青函トンネル北の玄関口

| | コメント (0) | トラックバック (0)

函館湾

函館湾

| | コメント (0) | トラックバック (0)

函館

函館
昨夜プラプラ歩いていて、雰囲気が横浜に似ていると思いました。

通り過ぎるのが、もったいない。
いずれ、連泊して歩き回りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の味覚

北の味覚
北の味覚
北の味覚
夕べから、満喫しています。

普段では考えられないくらい、ゴーユーしています。

「ふるさと祭り東京2012」明日からです。私?もちろん行きますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青函連絡船

青函連絡船
摩周丸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国道278号線、函館市古川町から

国道278号線、函館市古川町から
函館山が見えます。

17:33の送信でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷地頭温泉

谷地頭温泉
やちがしら と読みます。

たにじとう と読まないそうです。

タクシーの運転手さんに教えて貰いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二十間坂

二十間坂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜景

夜景
夜景
函館山から

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御崎海浜温泉

御崎海浜温泉
1997年の北海道1周ツーリング以来です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行き止まり

行き止まり
道道635号線

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恵山国道から東方向

恵山国道から東方向

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さむ〜い

さむ〜い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しかべ間歇泉公園

しかべ間歇泉公園
1994年に来た時は無料でした。

2000年に来た時は整備されて有料でした。

2012年の今日は…、本日まで冬休みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「道の駅YOU・遊・もり」から

「道の駅YOU・遊・もり」から
駒ヶ岳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「道の駅YOU・遊・もり」にて

「道の駅YOU・遊・もり」にて
いかめし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国道5号線函館バス「ロコツ」バス停から

国道5号線函館バス「ロコツ」バス停から

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長万部

長万部

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洞爺湖

洞爺湖
洞爺湖
遊覧船、営業中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「道の駅あぷた」から

虻田漁港

駐車場で急ブレーキテストをします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白老で

白老で
15:00に送れなかったみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

室蘭にて

室蘭にて
測量山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありゃ

ありゃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ

いよいよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入港

入港
苫小牧港入港。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう少し

もう少し
苫小牧までもう少し。
左手に樽前山が見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道

北海道
恵山が見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北上中

北上中
下北半島沖

速力20.6ノット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初フェリー

初フェリー
乗船待ち

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »