2013冬・北海道 Part1

2013冬・北海道 その10

Dsc00225a
羽幌町の案内。時間のある時にゆっくり見て回りたいです。

Dsc00223a
朝の写真。意外と雪が積もりません。この時期の雪は軽いので風が吹くと吹っ飛んでしまうのです。出発の際には写真を撮ったのでいつの日にか再び訪れて、その写真を見るのが楽しみです。自分のカメラでも撮ったのですが、アップはその日までおあずけです。

Dsc00233a
沿岸バス「第二栄」バス停にて。

Dsc00243a

Dsc00244a
上2枚、沿岸バス「第2旭」バス停にて。雪で視界が悪いのでフォグランプを点灯してました。ハイビームも点灯すればヘッドライトだけでも4ツ目になるので、ST205セリカは被視認性がグーンとアップします。でも降雪時にハイビームを点灯させるとかえって前が見えません。

Dsc00246a
道道971号線にて、旭温泉に行こうとしましたが、悪天候で前方が見えず、断念しました。写真は引き返す前です。

Dsc00247a
行けないのが悔しいので、看板だけ写しました。

Dsc00252a
道の駅「富士見」にて。駐車場はガラガラでアイスバーン。そこで雪道ではやってはいけないという「急」の付く操作、急発進、急ハンドル、急ブレーキを一通りやってみました。この様な操作をわざとやってみて、ここまでだったら大丈夫、これ以上は危ないと体に覚え込ませるのです。また走行中であっても見通しがよくて歩行者、先行車、後続車、対向車が無いのを確認してから急ブレーキテストを時々行ってました。

Dsc00255a
沿岸バス「第2北里」バス停にて。

Dsc00264a
道の駅「てしお」にて。この日は吹雪の合間にも晴れ間がありました。吹雪いている時は走行はやめて、晴れ間が見えている時に行動したのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013冬・北海道 その9

Dsc00206a
沿岸バス、「舎熊駅」バス停から。今回もバス停で写真を撮る事が多かったです。走行中に“いい風景センサー”がピピーッと反応しても、どこでも車を止める事は出来ません。無闇に車を止めてしまうと後続車に車線変更を強いることになり、事故の誘引になる恐れがあるからです。事故の恐れが無くて車を止める事が出来るのは、なんといってもバス停。バス停なら現在位置もわかるのもメリット。書きにくいことですが、バスは滅多に来ないので…。

Dsc00209a
留萌、黄金岬からの夕日。雲の切れ間にチラッと見えたのです。時刻は15時40分!さすが緯度が高いので日が暮れるのも早いです。

Dsc00213a
留萌を過ぎてから日が暮れるとともに、吹雪くようになりました。基本的に夜間走行はしないようにしているのですが、そうもいかなかったのです。写真では明るく写ってますが、実際にはもっと暗く、先行車のテールランプがようやく見える程度でした。幸いになことに、「我ニ続ケ」とばかりにハザードランプを点滅してくれたので、必死の思いで後ろをついて行ったのです。

過去3回の「冬の北海道」ではハザードランプを点滅させながら走行する場面はありませんでした。「交通教本」には書いてない“生活の知恵”だと思いました。

Dsc00214a
旧花田家鰊番屋。冬は休業しています。写真だけ撮って素通りしました。

Dsc00217a
羽幌にある「cafe in 吉里吉里」。この日のお宿。宿のオーナーさんは来訪者の写真を撮り続けて20年以上。4万人を超えるとか。「継続は力なり」を実感しますね。今回、この宿に来た目的はかつての写真を見る事でした。

Zibun
宿のアルバムから、1996年夏の写真。

Gpz1100
1997年、北海道1周ツーリングにて。この時は寒かったなぁ。15年以上の歳月を経て、ようやくこの写真を見ることが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013冬・北海道 その8

さて、新札幌から旧札幌?に向かいました。今回は札幌は通り過ぎただけでした。本日の目的地は羽幌。まだまだ先なのです。

Dsc00184a
時計台です。通りすがりにパチリ。

Dsc00185a
テレビ塔です。信号待ちでパチリ。

Dsc00189a
国道231号線、石狩河口大橋。石狩川を越えるとアイスバーンの連続となりました。

Dsc00193a
国道231号線、石狩市安瀬付近。時々車から下りて路面を確かめます。

Dsc00198a
白銀の滝。

Dsc00199a
雄冬岬。

Dsc00201a
JR増毛駅。

Dsc00202a
列車が入線していました。列車も雪まみれです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013冬・北海道 その7

Dsc00165a
ゴマアザラシ。

Dsc00176a
コツメカワウソ。遊んでいる様子をパチリ。

Dsc00169a
サンピアザ水族館の歴史。つい読んでしまいます。

Dsc00180a
魚偏の漢字。

Dsc00181a
魚偏の漢字。難易度がアップ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013冬・北海道 その6

Dsc00148a
エゾサンショウウオ。

Dsc00150a
イバラトミヨ。

Dsc00153a
オショロコマ。

Dsc00158a
ホタテウミヘビ。

Dsc00161a
ゼブラウツボ。

Dsc00163a
クモウツボ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013冬・北海道 その5

Dsc00112a
前回の「2012冬・北海道」では時間切れで寄る事の出来なかったサンピアザ水族館に寄りました。場所は新札幌駅の近くです。

Dsc00113a
ウミヘビ明神。

Dsc00116a
開館して30年経つとは…。ここ何年かの内に新しく出来た水族館だと思ってました。

Dsc00125a
わかりますか?クリオネです。北海道の水族館ならではかな?

Dsc00128a
ガラ・ルファ。ドクターフィッシュという方がわかりやすいですね。

Dsc00142a
ラクダハコフグ。

Dsc00144a
サケの稚魚。

Dsc00146a
イトウ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013冬・北海道 その4

Dsc00086a
写真は国道337号線、南幌町にて。

小樽に上陸した後は国道5号線、国道337号線、道道3号線を走って夕張に向かいます。

夕張に向かう理由はただ1つ。JR夕張駅の写真を撮る為。2000年夏のツーリングで夕張を訪れたのです。既に「終着駅巡り」をやっていたので当然、夕張駅を訪れたのでした。ところが!写真を撮り忘れました。そこで今回、12年以上の時を経て、JR夕張駅を訪れることにしたのです。

Dsc00089a
JR夕張駅。ただこれだけの為に、この写真を撮る為だけに訪れたのでした。

Dsc00092a
JR夕張駅のホーム。

Dsc00096a
ただ通り過ぎるだけでなく、じっくりと見て回りたいものです。

Dsc00098a
夕張駅近くのホテルですが、映画のポスターを看板にして掲げてます。

Dsc00104a
夕張市内も同様です。今、夕張国際映画祭をやってますね。

Dsc00105a
その後、道道3号線、国道234号線、274号線を走って札幌を目指すのでした。
写真は国道234号線。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013冬・北海道 その3

Dsc00069a
小樽港入港中。

Dsc00071a
車両甲板。

Dsc00075a
12月31日午前4時41分、フェリーゆうかり下船。北海道上陸。

Dsc00078a
小樽運河。誰もいません。

Dsc00083a
JR小樽駅。

前回に小樽市内を歩いているので、今回は小樽運河とJR小樽駅のみにしました。小樽駅はズームで撮ったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013冬・北海道 その2

Dsc00018a
新潟西港にて、フェリーゆうかり。2012年、最後のフェリーです。

Dsc00017a
以前と違って乗船システムが変更になっていました。予約の際に車長を訊かれたので変だなぁっと思ったのですけど。分かってしまえがなぁ~んだと思えてえも、戸惑ってしまいました。

Dsc00021a
車両甲板にて。

Dsc00032a
2012年最後のフェリーだからでしょうか、見送られました。

Dsc00034a
新潟西港を後にします。

Dsc00052a
やはり気になるのは北海道の天気。

Dsc00056a
午後10時頃に撮った写真ですが、もう北海道は奥尻島付近にいるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013冬・北海道 その1

2009年と2012年の冬に北海道を訪れて大体1周しました。東京に戻ってきた直後は北海道を1周した満足感があったのですが、北海道の地図を見るとそれが薄くなってしまうのです。

なぜか?

やはり、知床半島、斜里~ウトロ、標津~羅臼を走ってないことがどうしても心残りなのでした。あの時だって、行こうとすれば行けたではないか。それなのに、なぜカットしてしまったのか。斜里~ウトロ、標津~羅臼を走ってこそ1周と言うべきだろう。それにウトロ、羅臼は1997年の北海道1周ツーリング以来ご無沙汰となっている。

とは言っても季節は冬。条件が厳しい。去年、礼文華峠付近で目の前が白一色となった恐怖は忘れていない。取り返しがつかないことになったら…という不安も大きいのでした。

かと言ってやらないでいるのも心残り。冬の北海道とはいえ前人未到の地ではありません。同じ雪道でも本州のそれよりは走りやすい感もある。こんな事も年々やりにくくなっている現在、来年に出来る保証は無い。現にGPZ1100に乗っていた頃は毎年のようにロングツーリングしていたのに、ST4sに乗っている現在では思うようにそれが出来ていません。過去3回の経験があるではないか、よし行こう。

※冬の北海道ドライブ旅行を勧めているのではありません。

Dsc00004a
2012年12月30日5時、出発です。

Dsc00009a
北陸道新潟西I.C。

Dsc00010a
JR新潟駅。

Dsc00011a
万代橋。ところが道に迷ってしまいました。

Dsc00012a
偶然見つけた旧新潟税関庁舎。新潟西港までの道がわからないので、とうとうスマホのナビゲーションで新潟西港まで向かうのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

1995沖縄 Part1 | 1995沖縄 Part2 | 1995沖縄 Part3 | 2002沖縄 Part1 | 2002沖縄 Part2 | 2002沖縄 Part3 | 2008沖縄 | 2009入間航空祭 | 2009北海道 Part1 | 2009北海道 Part2 | 2009北海道 現地から | 2009四国 Part1 | 2009四国 Part2 | 2009東京モーターショー | 2009沖縄 | 2009沖縄ツーリング Part1 | 2009沖縄ツーリング Part2 | 2009沖縄ツーリング Part3 | 2009沖縄ツーリング Part4 | 2009沖縄ツーリング 現地から | 2010入間航空祭 | 2010夏・沖縄 Part1 | 2010夏・沖縄 Part2 | 2010沖縄 Part1 | 2010沖縄 Part2 | 2011入間航空祭 | 2011夏・沖縄 Part1 | 2011夏・沖縄 Part2 | 2011東京モーターショー | 2011秋・沖縄 Part1 | 2011秋・沖縄 Part2 | 2011秋・沖縄 現地からpart1 | 2011秋・沖縄 現地からpart2 | 2011秋・関西急行記 | 2011秋・関西急行記 現地からpart1 | 2011秋・関西急行記 現地からpart2 | 2012G・W紀伊半島 Part1 | 2012G・W紀伊半島 Part2 | 2012G・W紀伊半島 Part3 | 2012G・W紀伊半島 現地からpart1 | 2012G・W紀伊半島 現地からpart2 | 2012 10月沖縄 Part1 | 2012 10月沖縄 Part2 | 2012 9月沖縄 Part1 | 2012 9月沖縄 Part2 | 2012 9月沖縄 Part3 | 2012入間航空祭 | 2012冬・北海道part1 | 2012冬・北海道part2 | 2012冬・北海道part3 | 2012冬・北海道part4 | 2012冬・北海道 現地からpart1 | 2012冬・北海道 現地からpart10 | 2012冬・北海道 現地からpart2 | 2012冬・北海道 現地からpart3 | 2012冬・北海道 現地からpart4 | 2012冬・北海道 現地からpart5 | 2012冬・北海道 現地からpart6 | 2012冬・北海道 現地からpart7 | 2012冬・北海道 現地からpart8 | 2012冬・北海道 現地からpart9 | 2012百里航空祭 | 2012関西急行記 | 2013入間航空祭 | 2013冬・北海道 Part1 | 2013冬・北海道 Part2 | 2013冬・北海道 Part3 | 2013冬・北海道 Part4 | 2013冬祭り・北海道 Part1 | 2013冬祭り・北海道 Part2 | 2013冬祭り・北海道 Part3 | 2013年・10月の沖縄 Part1 | 2013年・10月の沖縄 Part2 | 2013年・8月の沖縄 Par2 | 2013年・8月の沖縄 Part1 | 2013年・9月の沖縄 Part1 | 2013年・9月の沖縄 Part2 | 2013年夏・北海道Part1 | 2013年夏・北海道Part2 | 2013東京モーターショー | 2013GW Part3 | 2013GW Part1 | 2013GW Part2 | 2014入間航空祭 | DUCATI ST4s | MOTO GUZZI STELVIO | イベント | タミヤ・ハイラックス その1 | タミヤ・ハイラックス その2 | トップページの写真 Part1 | トップページの写真 Part2 | バイク | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ