« こんなのあり? | トップページ | 通りすがりに »

下っ端は辛い

 昨日の朝、念のため電話してみた。相手はもう休みで、気が進まなかったのだけど。

 だけど、出なかった。そこでやむなく、その人の上司にあたる人に

 「本当にこの予定でやるんですか?」と電話してみたところ…、

 「僕の担当じゃないし、テキトーに書いたんじゃないかな」のお言葉。

 それでも話を続けようとしたのだけど、一方的に切られてしまった。

 こうなると、もう、いいや、という気持ちになり、どうでもなれと覚悟を決めた。

 それでも、準備だけはあれもこれもとしておいた。人の手配も必要になるので、大変なのです。

 この後、1時間ぐらいしてから担当者から電話があり、

 上司にあたる人の言葉からして「日にちは、決まってないですよね?」と聞くと、決まってないとの事。

 予定表にある「1」、「2」、「3」という数字は日付では無く、手順を示すものだというのがわかった。

 紛らわしいなぁ。


 今にして、

 「僕の担当じゃないし、テキトーに書いたんじゃないかな」、一方的に電話を切る。この言葉、この行為、何かの折にそっくりそのままその人に返してやりたいと思った。いつもネチネチと言われるし。昔ならハイハイと言っていたのだけど、最近は“許容範囲”も狭くなってしまった。

 でも実際に、それはあなたが私にやった行為ですとばかりに実行したら、えらく怒るだろうなぁ。もう2度と、仕事が来ないかもしれない。“力学”ではいつも下僕の私。下っ端は辛いと思うのでした。

 

|

« こんなのあり? | トップページ | 通りすがりに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515758/53603523

この記事へのトラックバック一覧です: 下っ端は辛い:

« こんなのあり? | トップページ | 通りすがりに »