« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

ST4s 51327km

 今年最後の走り納めとしてST4sを引っ張り出しました。昨夜も乗りましたが、エンジン始動に手こずりましたのは、昨日書いた通りです。昨日乗ったばっかだし、今日はスンナリとエンジンがかかるだろうと思っていたのですが、期待外れ。手こずりました。どうも、いざ乗ろうとすると、高い確率でエンジン始動に手こずります。エンジンをかけてみるだけの時は、セル一発、スンナリとかかるのですが…。

 それでも、なんとかエンジン始動が出来て、関越道を練馬I.Cから川越I.Cまで走らせました。

 久々の高速走行です。気持ちいい。

 高速道路を走行中、何してますか?バイクを運転しています、というのはもちろんですけど、よく歌を歌ってます。人前で歌うのはヘタだし、恥ずかしいし、だからイヤなんですけど、ヘルメットを被って歌っていると、不思議と上手に聞こえてきます。東名を走行中に美声?に酔って、白と黒の車から“メロディ”流されて、散々パッシングされても気付かなかった事すらありましたね。

 よく歌うのが「翼をください」。なんだかんだといっても、これが多いです。高速走行中、目的地目指して淡々と走っている中「翼をください」を歌っているなんて、チョット想像もできないかもしれません。
 その次が「君を乗せて」でしょうか。アニメ映画「天空の城ラピュタ」の主題歌です。初めてこの映画を見た時は、ワクワクしたものでした。この映画を見て、宮崎アニメが好きになりました。小学生のころ「ルパン三世・カリオストロの城」を見たのですが、この映画の監督が宮崎駿さんだったと知ったのは、「天空の城ラピュタ」を見た少しあとの事です。

 でも今日はネーネーズの「平和の琉歌」がこだましてました。歌詞はまだよく覚えていないのですが、哀調のあるメロディがズーッと頭の中で流れてました。今年の夏の「夏祭り in 那覇」でこの歌が流れた時、去年も聞いたなと思い出しました。翌日、タクシーに乗って空港に行く前に、CDショップ(高良レコード店)に寄って、ネーネーズのCDを買いました。

 関越道の川越I.Cで下りて、川越市内を通りました。

005a
ただ通り過ぎただけで探索もしませんでしたが、蔵づくりの街並みがご覧いただけるかと思います。

 帰路はまた関越道で戻りました。

007
関越道上り線、11.3km地点でST4sのオドメーターが51327kmに達しました。何でこんな半端な数値を記録するかというと、ちょうどST4sを乗り始めて5万キロに達したからです。正確に言うとメーターケーブルが切れてしまって計測されない距離がありましたから既に5万キロを超えているのですけど、計測できない区間は距離に入れません。今年は目標走行距離までは達しませんでしたが、なんとか区切りのいい走行距離まで達する事が出来ました。
 
 購入時の走行距離が1327kmでした。前のオーナーさんが6ヶ月所有して手放した車両を購入したのです。今にして思えば'03のABS付き新車でもよかったのではと思ったりもしますが、ST4s購入までの経緯がいろいろありましたので、新車に近く、そして新車より安い値段の物をという思いが強くありまして、お買い得感のあったこの車両にしたのです。2003年6月に購入して8年と6ヶ月。ようやく5万キロ。これが早いんだか遅いんだか。前のGPZ1100は6年で5万キロを超えましたから、遅いかな。極端に距離が進まなくなったここ2年余りを思うと、もっと乗りたいと思います。

008a
ついでに夕焼けもパチリと撮りました。2011年、最後の夕焼けです。写真ではよくわからないのですが、富士山が見えたました。冬の空気が澄んでいる今の時期は朝夕に西に目を転ずると富士山が見え、東に目を転ずると筑波山が見えます。この風景を見ると関東平野の広さを実感します。と共に、北海道・弟子屈辺りの風景も思い浮かべます。開陽台、多和平。夢中になって走り回った時を無性に思い出すのです。


 さて、今年も残すところ3時間を切りました。まだやり残している事もありますので、この辺で。とりとめのないブログでありますが、来年も「シン's風景」をよろしく。本日の走行距離62.4km

| | コメント (5) | トラックバック (0)

終了

終了
ようやく今年の仕事が終わりました。厳密にいえば、ソフト面の仕事がまだ少し残っているのですが、まぁ、いいかな。通りすがりのアイスクリーム屋さんでソフトクリームを。寒い時期のアイスは、意外と美味しいのです。夏の暑い時期のように、すぐに融けないのがGOOD。ヒーターの効いた車の中で食べました、えっ?

ここのソフトクリーム、クリーミーで美味しかったです。大当たり!

終了
お店はここ。

 
 帰りに、とある全国規模のバイクショップを覗いてきました。次期のバイクを選定するにあたって、実車を見て考えるのが、よかろうと。消費税が上がる前に、決断しないといけません。

 帰路は渋滞もなくスムーズに帰宅できました。

 今夜は乗りました。
001
乗る時に限って、エンジン始動に手こずります。散々セルモーターを回して、ようやくエンジン始動。エンジンさえかかってしまえば、調子いいです。いつもよりメータ読み100回転ほど、アイドリングが高い。太鼓のリズムが感じられます。いつもの慣熟走行ですが、20kmちょい走行。不思議と、走っている時は寒さを感じません。もちろん、フル装備ですが。

 ST4sに乗ると、このバイク、いいなと思います。やはり、ドカティが自分の為に作ってくれたバイクと思えるだけに、次のバイクの選定は難儀します。

 バイクに乗っていて、不思議な光景に出合いました。交番勤務jのおまわりさん。なぜ、戸を開けて勤務しておられるのか?寒かろうに。戸を閉めて、中でストーブを焚いても、納税者は文句を言わないと思いますが。服装を見ても、あれじゃ寒いだろうと思いました。

 慣熟走行を終えると、急に寒さに襲われました。近所のコンビニに行って、燗酒を買いに行きました。プシュッと押すと、熱燗が出来るアレですね。ところが…、無かった。原酒の、度数の高い物を買って、「お茶を濁す」ことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通りすがりに

通りすがりに
材木屋さんの前を通ったら、子ども達の書いた絵がありました。

これから年内最後の仕事で千葉県まで行きます。

帰りは物凄く混みそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下っ端は辛い

 昨日の朝、念のため電話してみた。相手はもう休みで、気が進まなかったのだけど。

 だけど、出なかった。そこでやむなく、その人の上司にあたる人に

 「本当にこの予定でやるんですか?」と電話してみたところ…、

 「僕の担当じゃないし、テキトーに書いたんじゃないかな」のお言葉。

 それでも話を続けようとしたのだけど、一方的に切られてしまった。

 こうなると、もう、いいや、という気持ちになり、どうでもなれと覚悟を決めた。

 それでも、準備だけはあれもこれもとしておいた。人の手配も必要になるので、大変なのです。

 この後、1時間ぐらいしてから担当者から電話があり、

 上司にあたる人の言葉からして「日にちは、決まってないですよね?」と聞くと、決まってないとの事。

 予定表にある「1」、「2」、「3」という数字は日付では無く、手順を示すものだというのがわかった。

 紛らわしいなぁ。


 今にして、

 「僕の担当じゃないし、テキトーに書いたんじゃないかな」、一方的に電話を切る。この言葉、この行為、何かの折にそっくりそのままその人に返してやりたいと思った。いつもネチネチと言われるし。昔ならハイハイと言っていたのだけど、最近は“許容範囲”も狭くなってしまった。

 でも実際に、それはあなたが私にやった行為ですとばかりに実行したら、えらく怒るだろうなぁ。もう2度と、仕事が来ないかもしれない。“力学”ではいつも下僕の私。下っ端は辛いと思うのでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなのあり?

 今日の仕事は手こずる。ハッキリいって、労働生産性が低い。低すぎる。気ばかり焦って、簡単な事に気が付かない。

 それでも今日は僅かだけど、自分の時間が持てた。帰宅後、近所迷惑にならない時間帯でST4sのエンジンをかける事が出来た。本当は乗りまわしたいのだけど、暗いし、寒いし、疲れているでやめた。

001

 普段通りの始動手順。スイッチをオンにして、セルボタンを押して、ファーストアイドルレバーを引いて、かかったところで止める。今日もセル一発、エンジン始動!とってもいい子ちゃんです。

 セルボタンを押して、ファーストアイドルレバーを引くタイミング、スピード、スムーズさ、これが始動性を左右するポイントか。ここ2年少々、走行距離が極端に少なくなってしまった。以前ならエンジン始動に手こずるなんて、ほとんど無かったのに。体得していたと思っていたコツを忘れてしまったのだろうか。


 

 話は変わって、今日の夕方、ファックスで送られてきた予定表を見て驚いた。ナント、新年は1月1日からとなっているではないか!1日から7日まではよその業者さんで、8日から11日までがうちらの仕事。8日といえば日曜日だし、9日というと成人の日。ハッキリ言おう、動けません。お国が決めた事ですし。段取りの都合、協力業者の都合もあるので、せめて10日からにして貰わないと。それによその業者さんだって、本当に1日から始めるのだろうか?でも、そう書いてある以上、その予定であると判断せざるを得ない。

 こーゆーのは、困るんだよなぁ。正月でなければいいんだけどさ、正月でしょ。本当にこの予定でやるのかと思えば、そんなわけないでしょ、なんてなったり。こんな予定でやるわけねぇよなぁっと思えば、ちゃんと書いてあるでしょ、なんてなったり。こー言えばあー言う。あー言えば、こー言うで、試されているンかな?どちらでも対応できるようにするには手間が倍。その時になってみないとわからなくなってしまう訳で、振り回されるだけになってしまう。1日から始めるのはよその業者さんだから、自分はいいんだけど。もっとましな予定を立てろ、と思ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰りはノロノロ

 今日の仕事先は千葉県のとあるところ。地図で見ると、そんなに遠くない。

 ところが…。

 帰りは渋滞で、ノロノロ運転。3時間以上もかかってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

餅つき

餅つき
今日はある会社の餅つきの日。仕事納めでは無いけれど、曜日の関係から今日になった。でも行く前に、ST4sのエンジンをかけてみる。セル1発で始動!今日はいつもの始動手順で、セルモーターを回しながらファーストアイドルレバーをゆっくりとスムーズに引く。エンジンがかかった所でとめる、というもの。ファーストアイドルレバーをスムーズに引くのがエンジン始動のコツかもしれない。でも、乗ろうとする時は始動に手こずって、そうでない時はスンナリとかかる。乗車拒否?

 今回は1回だけ餅をついた。これ、結構ハードなんです。腰に負担をかけないように、へっぴり腰になってしまいました。その後はビールをガボンガボン飲んで、更に日本酒も飲んで、いい気分になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー その4

 モーターショーですからバイクの展示もあるのですが、やはり出展が少ない。国内4メーカーと、外国車ではKIMCO、Adiva、KTMのみの出展。ドカティもなかったし、トライアンフもハーレーも出展がありませんでした。せめてBMWは出展しているかなと思っていたのですが、期待は裏切られました。バイクの場合、モーターサイクルショーがあるからそちらで、という事なのかもしれません。でも、売る気あるのかな?と思ってしまいました。

096a
さて写真はKawasaki Versys。旅仕様ですね。次期のバイクはジャンルの違うこのようなモデルがいいかなとも考えています。でも足付き性は…、実際に跨ってみない事には何とも言えません。カタログ上のシート高が800mm以下であればいいのですけど、このテのモデルは軒並み840mm前後はあります。跨ってみてサスペンションの沈み、シートの凹み具合で大きく足付き性が変わってしまいます。それを確認するためには実際に跨ってみないとわからない事です。

098a
Kawasaki Ninja ZX-14。ZZR1400の北米での呼び方です。少ない時間を有効に使う為には、排気量があってハイパワーエンジンが必要。これもいいなと思いました。左右2本出しマフラーで見た目のバランスもいい。だけど、サイレンサーが凄く大きいのです。

100a
Kawasaki KR250。昔のレーサーです。2ストローク、タンデムツインエンジンを搭載しているのかな。

102a
HONDA NC700。

108a
SUZUKI V-STROM650。

109a
SUZUKI BANDIT1250F。思いっきり、上から目線で撮ってます。跨ってみたのですが、リラックスできるいいポジション。腰も痛くならなさそうです。バイクの醍醐味を味わうには案外とこのテのポジションのバイクがいいかも。このバイクも結構気に入っているバイクなのです。でも、右側1本だしマフラーが気に食わない。ド太いサイレンサーがデ~ンとあるのは、見た目のバランスがよろしくありません。リアタイヤと同様か、それ以上に太いサイレンサーが片側のみにあると、迫力を通り越してみっともなく思えます。左右2本出しにすれば、見た目のバランスもいいし…。

でも、4気筒のバイクは選択肢に入りにくい。CBR400Fから、GPZ900R、チョットだけK100RS、GPZ1100と4気筒エンジンを搭載したバイクに乗って来ましたから、なかなか選択肢には入らないのです。しかも、車も4気筒。バイクのエンジンと車のエンジンを同列には語れないと思いますが、バイクならでらのエンジン型式を搭載したモデルに乗りたいと思うのです。

次のバイクも考えていないでもありませんが、ST4sに取って代わるバイクはなかなかありません。

122a
KTM 1190 RC8 R。KTMのフラグシップモデルですね。こんなバイクにも乗ってみたいなぁ。バイクと供に諸元表が表示されてました。

124
最高出力175ps。だけど…、日本仕様は101ps…。その差、実に74ps。こんなに差があるんじゃなぁ、ガンバッテ働いて、一生懸命お金を貯めて購入しようなんて気が起きません。出力だけが魅力では無い事は頭ではわかっていても、本国仕様がうらやましい。スペック表をよく見ると、本国仕様は175psを10250回転で発生している。それに対して日本仕様は101psを6500回転で発生している。本国仕様のエンジンが6500回転の時、どのくらいの出力を発生しているのかは、わからない。だから考えようによっては6500回転で101psを発生しているのだから、決して性能が低いという訳ではない、と思う。

日本というお国は“日本では”と称した独自基準を設けるのが好きで好きで好きで大好きで、その為国内で治療を受けられず、莫大な費用をかけて海外で治療を受けるニュースを聞くとかわいそうになります。バイクとて例外ではありません。日本の排ガス規制、騒音規制の結果、この様になってしまったのだと思います。排出ガスにしても1国だけではなく世界レベルで考えなければならない。1国だけ突出した規制を設けても、意味が無い。世界の排出ガスのうち、日本のそれは4%に過ぎないと、“ハトポッポ”が90年比25%削減と発表した時に新聞記事で読んだ事があります。だから日本の基準が世界のスタンダードにならない限り、地球規模では大した意味を持たない。本国仕様のRC8はヨーロッパの規制を通っているはず。それに輪をかけて日本の基準を設けても意味があるようには思えないのです。騒音規制にしてもそんなにうるさいものか、実際に聞いてみないとわからない事です。車とバイクを合わせて数十万キロ走行してますが、その間、騒音の取り締まりをしているのを見た事がありません。1部の不届き者をのさばらしておいて、そうでない人へ負担を押し付ける。

もちろん日本独自の基準が質の高い製品を生み出し、ハイレベルな生活を可能としているとも思えるのですが、バイクに関してはむしろマイナス。175psもあってもその性能を発揮できるところは公道ではありません。ですが、そのようなモデルを所有している満足感、そのようなモデルを操っている醍醐味。そんな夢の部分も大事だと思うのです。

日本の基準が世界のスタンダードのなるのならいいのですが、今の政治的惨状を見ると目を覆わんばかり。幼稚園レベルとしか言いようがありません。世界のスタンダードになるなんて、夢で見る夢。温暖化防止のための取り組みも、その一方では自国の繁栄を築き、他国を陥れようとする修羅場でもある。政権政党が変わって2年余。本来なら今頃は明るい兆しがあって上向いている実感がなければいけない頃。だけどそんな実感はまるで無く、円高に対しても何ら手も打たず、国内の空洞化に拍車をかけるだけ。失業者がじわじわと増えているのを見守るのみ。このモーターショーとて規模を縮小したものだし、この先どうなっていくのだろうと不安が大きいのです。


131a
YAMAHA Y125もえぎ。

139a
YAMAHA XTW250。参考出品車です。よく見るとリアサスはリンク式だし、リアブレーキはディスク。スタンドも左右にあって、100V電源もある。これはなかなかよさそう。オフロードバイクを買うなら、選択肢に入るバイクです。時間がたくさんあるのならこんなバイクに乗って道の果て、行けるところまで行って旅してみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある日の出来事

 21日夜は夜間の仕事。その為、昼間の仕事を少しセーブした。

 この夜間の仕事は準備が大変で、不足の無いように用意しておかなければならない。

 一応、大まかな指示はされるのだけど、いつもいつも見通しが甘くて、仕方が無いとわかっていても、あれもこれも、更にプラスαと用意した。

 今年最後となる夜間の仕事。実際に行ってみると、今回は楽でいいやと思ったのもつかの間、やはり苦労する羽目になった。それでも2系統用意しておいたので、いくらかは楽が出来た。それでも終了したのが午前2時を過ぎてしまった。

 その後、帰宅すべく車を走らせたのだけど、帰りはさすがに辛い。ある自動車メーカーがスポンサーしている「走れ、○○○」を聞いていた。のだけど、ナレーターの語り口が…。早起きしてこれから向かうというのであればいいかと思う。だけど、目的を果たし、やれやれと帰還中となると、どうも…。いつの間にか“自動運転”のようになってしまってイカン。どうも、この番組とは相性が悪い。ガム噛んで、コーラ飲んでも体力の限界に突き当たる。

 それでもようやく着いて、閉店間際の深夜営業のラーメン屋に行った。これが楽しみ。帰宅したら4時になってしまって、そのままバタンQ。風呂にも入らず、歯も磨かずに寝てしまった。

 翌朝は7時半過ぎに起床。とても眠れたもんじゃない。仮に昼過ぎまで寝てしまうと、今度は夜になっても寝られなくなってしまって昼夜逆転してしまう。しかも、それが何日も続いてしまうのだ。そうなってしまうのは経験的に知っているので、寝ない事にした。風呂に入ってサッパリした所で出かける事にした。

 浜松町にある四季劇場「秋」でミュージカル「The Spirit」を見る。

001a

 見終わった後、竹芝桟橋へ。

005a
レインボーブリッジ。

006a
日の出桟橋方向。

009a
竹芝桟橋から上流方向。

 船から排出される排ガスの臭いが鼻につく。今年はまだ船に乗ってない。

 竹芝桟橋から「ゆりかもめ」に乗って、新橋まで行く。

011a
ゆりかもめ。初めて乗りました。

 新橋から山手線に乗って有楽町へ。

 宝塚劇場の前でズラーッと人が並んだ光景に出くわした。ほとんどが女性で、男性は少ない。おそらく宝塚の俳優さんが出てくるのを待っているのだろう。宝塚はまだ見た事が無いけれど、こうも女性が多いと、なんか男は入りずらい雰囲気が無きにしも非ず。性別、年齢は関係ないのだけど。

 シアタークリエで新妻聖子さんが出演するミュージカルがやっているのを知った。席も空いているようだし、見てみたいと思った。けど、ミュージカルのハシゴは金銭的に辛い。いい趣味見つけたと喜んでいるのだけど、今回はパス。

 銀座わしたショップ(沖縄)に行ってサーターアンダギー、魚の天ぷら、モズクの天ぷらを食べてシークァーサービアを飲む。朝に?ラーメンを食べて以来、何も食べてないからお腹ペコペコ。地下の売り場で新良幸人のCDを買う。

 お次はどさんこプラザ(北海道)でカニクリームコロッケを食べる。中がドロドロして、チョット食べにくい。珍しくホモジナイズ加工されてない牛乳があったので購入。ついでにとうきびチョコも購入。北海道の味として楽しみにする。最北の酒造所、国稀のお酒もあった。酒なんかいくらあっても困らねぇと口にしているけど、この頃は“所有する喜び”になってしまっている。購入はやめておいた。

 駅近くの飯屋で「チゲ鍋定食」と食べる。胃袋的にはきついのだけど、なんとか完食した。それから有楽町線に乗って帰る。電車の中で、汗が異様に噴き出し、気持ち悪くなってしまった。限界になる前に、途中で下りて、緊急冷却。ジャケットを着なくても身体が熱い。冷やしたところでまた電車に乗る。下りる駅まで長く感じる。まだかまだかと思っているうちに、ついウトウト。寝過してしまった。再び戻るのも億劫なので、タクシーで帰宅した。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ST4sに乗る

 今日は帰宅後、ST4sに乗った。約10km。ガソリンも入れた。

001

 だけど今日も、エンジン始動に手こずる。いつもの始動手順では無くて、ファーストアイドルレバーも引かず、エンジンがかかるまでセルモーターを回し続けるというもの。同じST4sに乗る方の様々なブログ、HPを拝見して、同様の方法で始動を試みた。セルモーターを回すと、ドドッ、ドドッと爆発はするんだけど、続かない。偶然に爆発が続いた時だけ、ようやくエンジンがかかる。

 液晶が暗くなってしまい、バッテリーが上がるかと思った。エンジンが温まってしまえば、再始動性には全く問題ない。アイドリングも安定している。季節がらか、心なしかエンジンの調子もいい。

 で思ったのだけど、ST4sのセルモーター、案外とエンジン始動に必要な回転数を得られてないんじゃないかと。だからいくらセルモーターを回しても、エンジンは一向にかからないわけ。セルモーターが作動している時の音としてキュルキュルキュルと表現するのが多いけど、ST4sはクシュクシュクシュとしか表現できない。お世辞にもパワフルとは言えないし、ハッキリいって情けない。もっとパワフルにならないものだろうか。まぁ、自分の主観に過ぎないから、本当の事はわからない。

 先週は慌ただしかった。で今週は一転して、そうでもなくなった。これが平均してくれると助かるんだけど、うまくいかないもんだ。

 ST4sに乗っている時が日常を離れ、ホッとする時。でも、ST4sはホットなバイク。落ち着いたバイクをと思ってこのバイクを選ぶと失敗します。僅かでもいいから攻めの姿勢で乗る事、これがこのバイクに乗るコツでしょうか。5万キロを超えましたから新車と比べると摩耗が、カーボンがというのはあると思いますが、各部がこなれ、今が旬という感じもします、始動性を除けば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷静になって考えると

 今日は冷静に過日の失敗を考えてみた。そして、ある事に気が付いた。

 あの時の力関係を例えると、Aさんが課長、Bさんが係長、Cが平社員である私。

 あの時はBさんの指示を受けたCがAさんと会う事になった。Bさんは不在。

 そこでAさんの指示を受けたCが、指示通りにしてしまった。

 当然、BさんよりAさんの方が偉いのだから、Aさんの指示を受けたCが何の疑問も抱かずに指示通りの行動をとってしまった。

 そこに間違いがあった。

 AさんがCに指示するにはBさんを通さなければならない。ところが、Bさんは不在。そこで直接Cに指示した。指示を受けたCはBさんよりAさんの方が偉いという思いが無意識に働き、その通りにしてしまった。本来Cの取るべき事は、Bさんにその事を報告して指示を仰ぐ事だった。

 平社員が課長と係長から指示を受けた場合、どちらの指示を優先してしまうか?おそらくほとんどの場合は課長の指示を優先してしまうだろう。そこに罠が潜んでいる、かもしれない。当然、係長は怒るわけで、怒られた平社員はなぜ怒られているのか理解できない。本来ならば課長が指示すべきは係長で、平社員には指示しないのが本当の姿だろう。

 わかってしまえば、なぁ~んだと思えるのだけど、その場の空気、言葉のやり取り、3人とも所属会社が違うという身分。しかもBさんは不在。更に、初対面同士。個人的な事を書けば、その時はてんてこ舞いで精神的余裕が無かった。で、かくの如き有様になってしまった。Bさんの存在を無にしてしまったCはBさんの信用を失う羽目になってしまった。

 日頃の業務はハード面に偏向していて、この様なソフト面はその機会が極端に少ない。でたまにこのような機会があると、初歩的な事でさえ戸惑ってしまう。金銭が絡んで無ければしょーがねーなーで済む事でも、金銭が絡んでくるとそうもいかない。以前からもかなり気をつけてはいるんだけど、身に着くまでには至ってないようだ。今回の件は今更どうにもなる事では無くなってしまった。今度から気を付ける、としか言えない。繰り返しになるけれど、失敗をしなければノウハウを得られないのは何とも辛い。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水戸黄門、終わる

 テレビの長寿番組「水戸黄門」が昨日の放送をもって終了となってしまいました。ナント42年!

 私の祖父は、もういないのですけど、時代劇が好きで、水戸黄門も見てました。一緒に住んでいた頃、水戸黄門のみならず、大岡越前、銭形平次、桃太郎侍、遠山の金さんなどを見てまして、 一緒に見ていました。だからという訳か、学校でテレビの話をすると時代劇が出るので、ジジくさいと言われた事もありました。自分としてはそんなようには思えませんでしたけど。

 2代目黄門様の頃が祖父とよく見たピークだったかな。夕方4時台から再放送していたと思うのですが、よく見ておりました。その頃の水戸黄門は終わり方にバラエティーがあったように思います。それ以降はワンパターンになってしまったかな。

 何かを長く続けるという事は大変で、継続は力なりという言葉さえあります。何かの本で、継続の力というものは能力や才能をも上回るとさえ書いてありました。時代の流れ、テレビ番組の宿命で視聴率の低迷により…で無くなってしまうのは仕方ないのかなと思いますが、実際に無くなってしまうのは寂しいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時間を、戻したい

 時間が戻せるなら、戻したい。

 昨日はその人と顔を合わせる事があったので、「昨日は、済みませんでした」と、謝罪。

 その人にとって、その仕事は無いという結果になってしまった。

 今のご時世、仕事を得るのは大変な事。判断の拙さゆえに、このような結果になってしまい、慙愧に堪えない。

 話の仕方ではどのようにもとらえる事が出来てしまう。話に食い違いが生じてしまったりする事も、実際にはあったりする。ま、自分の判断が拙いだけの事なのだけど。

 今後、このような場合がある時は、立場を再確認しなければならない。経験を積む事によってまた1つのノウハウを得たのだけど、失敗を通して得たノウハウだけに、何とも苦い思い。

 でもなぁ、言わせてもらえば、どんなに忙しくても立ち合って貰いたい。信用してくれるのはありがたいけど(この件で信用を失ったと思う)、実際に現地でどんな話が出るのかわからないじゃないか。専門外の事を聞かれても、わかりません、対応できませんとしか言えない。それは即、あなたの評価に結び付いてしまいますよ。初めての事なら尚の事。それに突け入るすきを与えてしまう事になる。それを防ぐには実際に立ち合わないと。こっちも言われるままに、はい、はいとしか言えない。否定的な言葉を口にできない。となるから、誘導尋問みたいなものに簡単に引っ掛かってしまう。

 まぁネ。こんな事、口に出して言えないから、ここに書いているだけ。

 私的な事を書けば、最近は余裕が無い。年末になって慌ただしさ倍増。例年になく、慌ただしく過ごしている。今月になってからの記事を読むと、慌ただしくなっただの、イラついているだの、眠いだのと、余裕の無くなっている有様が見て取れてしまう。しかも、投稿間隔が伸びている。

 チョット前の事、11月の半ばごろから仕事に出て来なくなった人がいる。電話しても留守電。自宅を訪れても、室内に蛍光灯が点いているのに、出てこない。かくのような状態で、その人の分も仕事をこなさなければならなくなった。しかも仕事は天候に左右される面があって、雨が降り続いた事もあって、その分遅れてしまった。催促はされるし、天候は絶対的なもので何ともならないし、焦るばかりで、だからといってどうにもならない。すっかり心に余裕が無くなってしまった。

 その最中の事だけに、思いが廻らなくなってしまった。こんな事書いても、言い訳にもならないなぁ。失敗を通してでないとノウハウを得られないのは、何とも辛い。どうにかならないものか。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試された

 昨日の記事に「これからよい付き合いが出来ますように」と書いた。だけど今日になって、これは失敗だと判断する事になった。

 昨日の打ち合わせで○○を出して欲しいと依頼を受けた。だけど自分としてはどちらに出したらいいのか迷った。直接出すのか、指示された方に出すのか?そこで、どちらに出すのか聞いてみた。直接出すようにと指示を受けた。で、その通りにした。

 今日になって指示された方に出すようにと指示された。えっ、出してありますよ、と言うと、こっちに出すのが当然じゃないと言われてしまった。自分としては言われたようにしたまでの事。

 瞬間、試されたと思った。そもそも昨日の打ち合わせでは立ち合いもしないで、おまかせ状態。ハッキリいって、こんな事やるのは他にない。読んでいる方にとっては何が何だかわからないと思いますが、職業上の事、詳しくは書けないのでご容赦のほどを。

 このような場合は些細なことでも立ち合うとか、事前に打ち合わせを済ました上で指示するとかしてもらいたいところ。それをしないでいきなり直接打ち合わせとなっても、場合によっては指示系統が2つある事になってしまう。出来ません、わかりません、なんて言えようか。

 試しやがって、と腹が立った。いとも簡単にトラップに引っ掛かってしまった。引っ掛かった自分に腹が立つ、引っかけた相手に腹が立つ、おまかせ状態で立ち合わない方にも腹が立つ。

 これでまた1つのノウハウを得たわけだけど、こうでもしはきゃノウハウを得ない事はどうにかならんか。ノウハウを得るには怒られる、恥をかく、金銭的に損をする、もしくは金額が発生する、のいずれか。これがなんともならないのはどういうわけ?普通であれば先輩に教わるとかもするんだろうけど、自分の場合、そんなものが乏しくて…、特にソフト面。

 講習、研修がある会社は凄くうらやましい。それがあるのは大変だとも思うけれど、そうだからこそ恥をかいたり、怒られたり、金銭的に損をしないでノウハウを得られるわけだから。なんともうらやましい。

 なんとかするんだよ、これだけだもんな。相手が望む事は何かを推察して、当たれば万々歳。外れれば…。よいところは真似をするとかして、努めてるようにしても、自己教育だけでは自ずと限界がある。

 チクショウ、チクショウ。今日は口の中がパサパサして、思わずこんな事が場出てくる日だった。ここの仕事はこの1件のみで終わりにしたい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眠くなった

 今日はネタを思いついていたのだけど、この時間に書こうとすると、眠気が…。

 今日は打ち合わせがあって、初めて顔を合わせた。これからよい付き合いができますように。

 もっと書きたい所だけど、もう眠くてたまらないので、この辺で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やり残した事

 今年も残りが少なくなってきました。やり残している事、いっぱいありますねぇ。

 本を読みたい。映画を見たい。ブログ更新も滞っている。ツーリングも行きたい。

 だけどやってみたい事のNo.1は、高校時代の先生宅を再び訪ねてみたい。

 先生、お体の具合どうですか。雪が降って、大変ではありませんか。

 うちのクラスは先生の教師生活で最後の学級担任だから、体調の芳しくない先生を励ます義務があるように思える。この間訪ねた際の写真を送った時、ちょくちょくと訪問してほしいと注文しておいたけど、訪問してくれただろうか。

 再び訪問して、励ましてやりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー その3

079a
MAZDA RX-8。ロータリーエンジンを搭載した唯一の車。来年6月で廃番です。さびしい!10月に沖縄に行った時、8を借りるぞと意気込んでいたんですけどねえ、日帰りになちゃって、レンタカーどころでは無くなってしまいました。その昔はファミリアとかルーチェとか、珍しいところではロードスペーサーだったかな、マイクロバスにも、輸出仕様のトラックにもロータリーが搭載されていた機種があったのに、今やRX-8のみ。それも来年6月で…。ロータリーエンジン、1度は乗ってみたい車です。近所の中古屋にRX-7カブリオレがあるので、通る度にチラチラ見てちゃいます。

081a
NISSAN GTR。初日という事もあるかと思いますが、人人人。ベストアングルで写真なんか撮れたもんじゃありません。憧れの車は人だかりです。

088a
SUBARU BRZ。TOYOTA 86のスバル版ですね。トヨタとの共同開発の車両です。発売されたらスバルブランドで買いたいな。水平対気筒エンジンを搭載してますから、スバルの車と認識しちゃいます。スバルの事だからその内4WDシステムを搭載して…、ターボも付けて…、レガシーの3ℓエンジンを搭載して…と、夢が膨らんでいきます。最近、トヨタとBMWが提携するニュースを見ました。でもねぇ、BMWを買ったらエンジンはトヨタだった、なんて事になったら、何だかだまされた気がしません?

089a
スバルの水平対気筒エンジン。他にも水平対気筒ディーゼルエンジンも展示されてました。

091a
Mercsdes-Benz G-Class。

093a
RENAUT MEGANE SPORT。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー その2

040a
部品メーカー、TPRのブースです。ピストンリングを作っているメーカーで、現在のピストンリングと昔のピストンリングのフリクションの差を体験できました。

042a
トミカのブースだったかな。ミニカーの展示もありましたし、プラレールの展示もありました。「自動車ショー」というからにはチョットあれな感じですけど、お堅い事は抜き。子供たちに人気です。小学生のころ、プラレールをたくさん持っている子がいて、よく遊んだものでした。童心に帰って、また遊んでみたい気がします。

046a
昔のナンバープレート。

047a
琉球政府時代のナンバープレート。まだ「アメリカ世」の頃ですね。2009年の沖縄ツーリングの時、止まったビジネスホテルにショーケースがありまして、そこに琉球政府時代のナンバープレートが展示されてました。

049a
これは珍しい。与那国島のナンバープレート。しかも、貨物用です。こんなのがあったんですね。

057a
VOLVOのブースにて。

061a
ISUZU スミダM型バス。動態保存されているそうです。現存する日本最古のバス。

065a
スミダM型バスのナックルアーム。

075a
日野の大型ダンプカー。大きすぎて、ご覧の通り。

067a
日野レンジャー。ラジコンカーとして、模型化されないかしらん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

意の如くならず

 今日は早く帰宅できた。今日は行ってみたかったライブがあるのだけど、念のため電話してみた。…かなっと思ったけど、やはりダメだった。「3日前に締め切りました」だって。

 普段の休みの時もなかなか時間が思うようにならない。平日だとなおさら。「池田卓ライブ」のようにはいかなかった。お店の方針でかなり違ってくるんだろうな。空きがあれば当日でもO.Kだったり、当日予約はダメだったり。

 映画でも見に行こうかなと思い、どんなのがやっているのかと見てみても、今は面白そうなものが無いし。となるとブログの更新でもしませう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー その1

 12月3日から東京はビッグサイトで「東京モーターショー」が始まりました。運よく、開催初日の3日に見に行く事が出来ました。

001a
 3日から開催されるのは知ってはいたのですけど、前売り券は買ってなかったんです。前売り券を買っておいても結果的に見に行けなかったりすると損してしまいますし、みじめです。仕事、その他の都合で見に行けるかわからなかったので、前売り券は買えませんでした。この日は、運よく時間が出来たので行ってみたのです。

 でも、並びましたねぇ。当日券を買う為に延々と。今にして思えば、当日券であればpasmoやsuicaが使えればいいのになと思います。こんなに並んでいるのを見ると、よく言われる車離れなんて、嘘ではないかと思ってしまいます。会場も人人人で、写真撮影がままなりませんでした。

008a
トヨタのブースで人混みが出来ているので何だかというと…。

010a
「86」なんですよ。新型のスポーツカーに熱い視線が注がれてます。スバルとの共同開発で水平対気筒エンジンが搭載されてます。試乗してみたいですね。こういう車に乗ってみたい。今は人数が乗れるとか、荷物がたくさん積めるとか、何だかバスやトラックのような車ばかりで面白くありません。車離れと言われてますが、メーカーが欲しい車を作ってくれない。これじゃあ離れちゃいますよ。実用性ばかりではなく、夢が欲しいのです。プラモデルになるような車が、車選びの1つのポイントです。この車、市販されたらプラモデルとしても販売されると思うのです。

017a
ハイブリッド車のエンジン。動力源といった表現が正しいかもしれません。

021a
LEXUS LFA。カッコイイ。

029a
CITROEN DS3 RACING。これも、乗ってみたいなぁ。

036
BMW ALPINA B6 BiTurbo Coupe。いつかは、こんな車に、乗れる日が、やって来るのさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近は

最近は、更新、出来ないでいます。

3日は東京モーターショーに行った。秩父夜祭に行った。

4日は仕事帰りに湘南海岸を少しドライブした。

昨日はくたびれて、早々に寝てしまった。

年の瀬になりました。気が付くと物凄くイラついている自分がいます。

フトした時に、気付くんですよね。

ST4sにも、ちょこっとだけ乗ってます。距離にして15km。慣熟走行していますが、間が空いてしまうとギクシャクします。相変わらず冷間時の始動性がよくありません。爆発はするんだけど、続かない。

スンナリとエンジンがかかる時もありますが、手こずる時の方が多い。エンジンが温まってしまえば、再始動性には全く問題なし。アイドリングも安定している。

季節がらでしょうか、心なしか調子よく感じます。やはり、冷間時の始動性が…。昨日はバッテリーが上がるんじゃないかと思いました。もしかしたら、セルモーターのヘタり?素人の憶測の域を出てません。お店に持って行って、冷間時の始動性がよくないんですけど…といっても、見づらいです。既に温まってますから。

最近、出身校の同窓会HPを見たら、掲示板に名指しで、楽しみに見てました、とあった。まだ続きがあるのだけど、日々にかまけて先送りしてしてしまった。このように書かれると、がぜんやる気が出ます。あと3回投稿したら、こちらの方は終わり、取り敢えず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年の瀬の慌ただしさUP!

 昨日のうライブは、「それではよいお年を」で終わった。年の瀬を感じさせた。

 で今日になって、年末ギリギリの仕事が入った。入るのは嬉しいのだけど、ギリギリで、何でいつもこうなのかなぁ。さすがに31日までというのは、今年は今のところ無さそう。

 更に今日は、夜間の仕事も入った。夜間の仕事というものは準備が大変。不足するものが生じると、フォローできない。あれもこれもと、考えられるものは用意しておかないといけない。

 更に今度の日曜日!仕事が入る。しかも、仕事先は平塚!片道3時間はかかるぞ。東京から長野に行くよりも、距離的に近く、時間的に遠い。ST4sに乗れなくなってしまった。今度の日曜日は天気もよさそうで、気温も高そう。もったいないな、と思う。しかも、秩父夜祭の次の日ではないか。今日から始まっているのだけど、今日は宵宮。明日が大祭。明日は混むんだろうなぁ。

 今年はまだまだやり残したことがいっぱいある。那覇大綱挽きまつりの、京都・奈良・高野山・大阪と駆けずり回った時の、入間航空祭の写真整理さえまだやってない有様。溜まるネタ、滞る更新、という奴に陥ってしまった。こんなこと書くヒマあったら早くやれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

池田卓ライブ

 昨日は東京・青山MANDARAで「池田卓ライブ」があったので行ってきた。

 毎年、年1回は聴くライブ。今年で4回目。

 実際のところ、行けるかどうか、その時にならなければわからなかった。のだけど、運よく早く帰宅できた。

 だけど…、降りる駅を間違えてしまい、スタートの時間には間に合わなかった。電車ってあんまり乗らないから、よくわからないわけさと言い訳。

001a

 ライブハウスに入るとすぐに「島の人よ」を歌われましたね。この歌は池田卓さんのデビュー曲です。島への想いを込めたものです。「島」を“街”や“村”に言い替えると、多くの人にグッと響くと思います。

 1部のラストは「ばあちゃんの唄」。去年だったかな、一昨年だったかな。トークで、あっちこっちに“ばあちゃん”がいると話してました。というのも、西表島の舟浮という集落は船でしか行けない陸の孤島。人口50人ほどの集落で子供は少なく、子供は大切にされている。だから、あっちこっちの家庭に呼ばれるので、“ばあちゃん”がたくさんいるような事を話していました。

 2部の始まりは「ひとつのうた」。これは池田卓さんの歌では1番好きな歌。ラブソングともいえるし、情愛の歌ともいえます。目の前に情景が浮かぶようで、このような歌は好きなんです。

 今年のトークで印象に残ったのは…。子供のころ、サンタクロースの電話番号を知っているから欲しいものがあったら教えてねというわけで、ローラースケートが贈られてきた。だけど、砂利道。そこで港で滑っていたら、海に落ちたらどうするねっ!と怒られて没収されてしまった、というもの。

 毎年行くようになると、今年はどんなお話が聞けるのか楽しみになりました。

 アンコールは4曲。ライブが終わったのは10時ごろになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »