« 懐かしの風景 その5 | トップページ | 高校時代の先生宅を訪れる その6 »

懐かしの風景 その6

 25日、朝はまったりとして、ゆっくりと過ごす。

 今度は近くの友達の家に行く。お酒は飲めないけどお祭で苦労した仲、遠方からの参加という事で甘えてしまったので自分は大して苦労してませんが、話は尽きない。全てが終わってしまった今となってはポカ~ンとした感じも、無くはない。

 お昼前に引き上げて、午後から出身校へ。学校の敷地に車を停めて、ロビーにいってみる。鍵が開いていて、中に入る。生徒の声が聞こえるので、「先生はおられますか?」と声をかける。「どこそこにいます」と言われるが、どこだか思い出せない。仕方なく、配置図を見て、“どこそこ”を確認する。在校の先生に挨拶して、校内を見学。

 文化祭でなく、普段の校内を卒業以来初めて見ました。老朽化が進んでいる校舎で、取り壊しになるのも時間の問題.。いつ取り壊しになっても悔いのないように見学し、写真もいっぱい撮りました。

063a

062a

059a

 時計、ストーブの煙突、黒板、机、椅子、落書きに当時を偲びました。今にして思えば、全くの子供だった高校時代。反省と後悔が大きく占める高校時代。もしかしたらこれが見納めかもしれません。ガラ~ンとした校内を、一つ一つ目に焼き付けながら歩くのでした。

 帰り際、せっかくだからと在校の先生に卒業アルバムを見てもらいました。若い先生なのでアルバムに写っている先生方に見覚えのある人はいないだろうなぁっと思っていたのですが、親類の方が写ってたりしましたね。当時から変わらないもの、変わってしまったもの。剣道部、柔道部、卓球部は無くなってしまったけど、男子ソフトボール部がかなり力をつけ、誰誰先生が全国大会に連れて行った、野球部は50名ほど部員がいるなど。
 今は1学年160名ほどで、3学年合わせて少し欠けて450名ほど。男女比はほぼ半々で、理数科においては女子生徒の比率がやや高い事を話していました。そんなに生徒数がいるのなら別に…とも思うのですが、将来の生徒数減少を見込んでいるんだろうな。

 まだ学校の敷地に車を停めさせてもらい、今度は第2グランドへ。ここはどうなるんだろうなぁ?在校中はほとんど縁のない場所でしたが、やはり写真を撮り、思い出として残しました。今回は在校中には入った事のない弓道場に入ってみました。こうなっていたのかぁ、当時の思い出は全く無いのですが、ここもやはり写真に撮り、思い出として残しておきました。

 最後にやはり学校前の売店に行きました。「こんにちは」と中に入って、「今回は、卒業アルバムを持って来ました」とオバチャンに見てもらいました。「この間も来なすって」と7月に来た事を覚えていてくれました。眼鏡をかけて1枚1枚ページをめくり、「ほら、ここに自分がいます」と指さして見ていきます。

 オバチャン、「この子は…」てな具合に卒業生をよく覚えておられました。もちろん全員ではありませんし、少ない人数なのですが、覚えている人は結構詳しく覚えており、ビックリしました。在校中の交友範囲が広くて、それを維持していたのならオバチャンを同窓会に招待出来たかもしれません。が、事実はその逆で、オバチャンを同窓会に招待してみてはと提案してみたけど、全く反応が無かったらしい。自分の気が済んだだけで終わってしまった。念のために聞いてみると、同窓会に招待された事はあったとの事。60代位の同窓会で、「オバチャンも来なよ」と招待され、「オバチャン、写真撮られるの恥ずかしいから…」で躊躇したけど、行ったんだって。もう40年以上も見続けているんだなぁ。

 帰り際、オバチャン、商品であるパンをレジ袋にあれもこれもと詰め込んでくれて、恐縮しつつもありがたく頂戴しました。学校の敷地から車を出すと、オバチャン、店先に立って見送ってくれて、何だかこみ上げるものがあって目頭が熱くなりました。右折するところを左折して、「それじゃあ、お元気で。ありがとうございました」とオバチャンに叫んで走り去りました。ミラーにオバチャンの姿を見つつ、アクセルを踏む右足は重かった。

134
オバチャンから頂いたパンの数々…。

|

« 懐かしの風景 その5 | トップページ | 高校時代の先生宅を訪れる その6 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515758/52856097

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしの風景 その6:

« 懐かしの風景 その5 | トップページ | 高校時代の先生宅を訪れる その6 »