« 疲れた | トップページ | 遅い帰宅 »

10年前

 10年前の今日は、それまで3年余通っていた接骨院での腰痛治療を打ち切った日だった。もう大丈夫かなぁっと思えた事と、通う事がなかなか難しくなったから。だけど先生からは、もう来なくていいよとは言われなかっただけに、今でもちょっと心に引っ掛かっている。

 当時はまだ“お医者様”の時代だったから、その尊大な態度にカチンと来る事もあったけど、年数を重ねるにつれいろいろと便宜を図ってくれるようになった。

 自分の経験のみでいえば腰痛治療は根気との闘いで、根気が続くかどうかで回復の具合が左右されると思う。もちろん原因によって違うだろうけど。これといった特効薬はないし、チョコチョコと治療しただけで治るようでは腰痛とはいえない。2歩前進1歩後退をチョッピリずつ繰り返しながら、ホンの少しずつ回復に向かう。日頃の生活にも細心の注意が必要で、重い物を持つ時はもちろん、くしゃみする時もかなり気を使う。遠慮なしに派手にやると腰にバシッと響いたりする。くしゃみのエネルギーはバカにできない。

 治療期間中ついにバイクに乗ってます、ツーリングが好きですとは言えなかった。北海道行ったり、沖縄に行ったり、奈良・吉野方面に行ったり、川崎重工明石工場を見学しに行ったりとはしゃべったけど。さすがにバイクだけはちょっとねぇ。腰痛でも日常生活に支障が無い範囲であれば、バイクに乗る事は可だと思う(原因によりけりだという事は言うまでもありません。専門家に相談する事を薦めます)。ただし乗れるバイクには制限があり、ポジションに無理のないバイクのみ。しかもなるべく車重が軽くて、尚且つ高性能サスペンションを装着したバイク。ST4sを選んだもう1つの大きな理由はフロントはチタンコート、リアはオーリンズと豪華なサスペンションを標準装備しているからでもあります。このサスペンションで不満があるのならそれはどうしようもない事だと思うのです。事実、前のバイクと比べるとサスペンションの良さを実感します。

 自宅からその接骨院まで歩いて10分とかからない。遠くないどころか近いのですが、通うのをやめてからまだ1度として先生に会った事が無い。やはり、当然のことながらちゃんとお礼を述べてから辞めるべきだったと思う。

 

|

« 疲れた | トップページ | 遅い帰宅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515758/51266415

この記事へのトラックバック一覧です: 10年前:

« 疲れた | トップページ | 遅い帰宅 »