« 渋谷に6時半 | トップページ | 雪がしんしんと »

Japan Camping Car Show 2011

 今日は幕張で開催されていたキャンピングカーショーに行ってきた。

 最近の車は便利なんだけど、便利な道具でしかなくて何だかつまらない。欲しいと思う車は作ってくれないし、あってもベラボーに高い!ハッキリ言ってあまり興味が持てないのです。だから“トヨタのキューブ”とか、“ホンダの四角い車”とか、ヘンな事ばかり言っている始末。メーカーとか車名とか関係なくなちゃって。メーカーの技術者が訊いたら泣いちゃうよね。キューブはトヨタではありません。

 若者の車離れが言われて久しいけれど、今のラインアップ見て興味の持てそうな車なんてあるのか?この車であーしたい、こーしたいと思わせるような夢のある車が随分と少なくなってしまったと思う。これじゃ買う気も起きないし、余程不便を感じない限り乗り換えようだなんて思わない。

 さてさて今日は、夢のあるショーに行ってきたのです。

002a
会場全景。キャンピングカーだなんて、ワクワクしちゃいます!

003a
外車のキャンピングカーは豪勢ですね。溜息が出ます。お値段の方も溜息が出ます。016a
AIR STREAMのキャンピングトレーラー。これはいいなぁ。

019a
内装なんて、こんな感じで。“豊かな生活”を垣間見るようです。こじんまりとギュッと詰め込んでいるのがキャンピングカーの魅力。

013a
気に入ったのがこれ。軽キャンパーです。スバルのサンバーがベースになっているのがミソ。シート下にタイヤがあるから、足元が広いんです。エブリィやハイゼットだとホィールハウスが内側に飛び足していて、足元が窮屈。アクセルとブレーキ一緒に踏んじゃいそう。サンバーのそれを知ると、運転しにくいんですよ。窮屈だから足がムズムズして、長距離は辛い。見た目はキュートでかわいいんだけどね。しかもサンバーはリアエンジン、4気筒。スムーズなエンジンでプリウスもかくや。プリウスなんて、乗ったこと無いんだけど。3気筒エンジンでも十分にスムーズだけど、4気筒のそれには敵わない。しかもリアにエンジンを搭載しているから静かで長距離も楽。赤帽がサンバーを使っている理由がわかるような気がする。

022a
ま、現実的にはこれかな。スバルディーラーで買えるサンバー旅人仕様。日頃の足として違和感無く使えそうだし、キャンピングカーとしては比較的安い。それに軽自動車のサイズなら、チョットした所にも置けるのがいい。デカイんだと、ちゃんと整備されていない限り持て余しちゃって。時間がたっぷりあるのなら、こんな車で旅してみたい。

 高速のP.AやS.Aとか、道の駅だとトイレもあるし、水にも困らない。1日の走行が終わったらそこで車中泊して、翌朝、走りだす。いいねぇ。金曜や月曜が祭日で、当たり前に3連休取れるのなら、欲しいなぁ。それがなかなか出来ないのがネック。キャンピングカーで日帰りドライブだなんて、涙がチョチョ切れちゃうよ。

008a
会場ではバイクガレージも展示してあった。樹脂製のガレージです。

010a
重ね合わせが、もう少し欲しいなぁ。

012a
会場にはこんなものもありまして…。バンジートランポリン。オコチャマ専用だけど、大人もやりたいぞ。

011a
B級グルメなんてものもありました。これは広島・宮島産のカキです。車で来たからアルコールは飲めません。自分としてはノンアルコールビールはニセモノなんですけどね。

 入場料500円、前売り券400円。メッセの駐車料金普通車1000円、バイク200円でした。昔、昔、メッセの駐車場は狭くてね。白線の通りに駐車すると、ドア開かねぇ。リアのハッチ開けて出入りした事があるぞ。今はもう修繕されて久しく、そんなことはありません。

|

« 渋谷に6時半 | トップページ | 雪がしんしんと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515758/50863063

この記事へのトラックバック一覧です: Japan Camping Car Show 2011:

« 渋谷に6時半 | トップページ | 雪がしんしんと »