2010沖縄 Part2

11回目の沖縄 その15

324a
久米島のメインストリート。これが東京だと、駐車監視員が大活躍しそうです。

325a
10年前に泊まった宿。今回は日帰り・・・なのが悲しい。

326a
レンタカーの料金を払います。車は空港で返却です。

327a
久米島野球場。

338a
シンリ浜。10年前はちょうど夕暮れ時に訪れました。幻想的に美しかった事を覚えてます。

340a
シンリ浜での花。

343a
空港までの道。いや、向き的には空港からの道です。てくてく歩いた10年前を思い出してパチリ。

345a
空港でレンタカーを返却しました。走行距離104.9km

347a
18時55分、那覇行き最終便に搭乗します。

349a
搭乗待合室にて、琉神マブヤー。子供向けの戦隊ヒーロ-物ですね。このような独特のものがあるのも沖縄の楽しさです。

355a
遠ざかる久米島。

360a
座間味島。

364a
那覇空港に到着したものの、次に搭乗する飛行機まであまり時間がありませんでした。空港内のお土産屋さんをブラブラしているのでした。セルフレストランでのアグー豚のカツ丼。沖縄のブランド豚「アグー豚」の看板も、随分と見かけるようになりました。

367a
ブルーシールアイスクリーム「ウベ」。15年前、初めて沖縄に行った時に食べたブルーシールアイスクリームが「ウベ」でした。

368a
ヤギミルクのサトウキビヨーグルト。2年前はヤギミルクだけでしたが、今はバラエティーが増えてます。

371a
日本航空、羽田行き最終便で東京に戻りました。帰宅後、いつも持ち歩いている歩数計がウエストバックの中から出てきました。それには29日が21711歩、30日が21067歩、歩いた事が記録されてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11回目の沖縄 その14

280a
さてと、アーラ浜から宇江城岳に行こうとナビの示す通り車を進めました。ところが…。

281a
なんと自衛隊基地の前に来てしまいました。ナビの通り車を進めるならば、基地の中を走らなければなりません。もちろん「宇江城岳に行きたいんですけど…」と言ったところで通らしてくれるはずがありません。“門番のお兄ちゃん”から宇江城岳の行き方を教えて貰うのでした。

283a
県道242号線、比屋定バンタの付近に宇江城岳へ通じる道がありました。

284a
道無き道?を走ります。

285a
宇江城(うえぐすく)城跡。10年前には行ってないところです。久米島の最高峰です。

300a
眺望です。兼城港方向かな?もちろん360°見渡せます。

305a
また県道242号線に戻って、県道89号線を走っていた時に見つけました。南謝門。

309a
兼城港。10年前は渡名喜島からフェリーで久米島に渡ったのでした。

312a
久米島ホタル館です。到着した時はすでに4時半を過ぎてしまいました。ダメかな~と思ったのですが、見学する事が出来ました。入館料100円。
クメジマボタルをはじめとする久米島に棲む生物を展示、紹介する施設です。案内してくれたのは「ホタレンジャー」とよばれる中学生ぐらいの子でした。

313a
ハブも展示しています。他にも川の中に棲む、久米島にいるキクザトサワヘビも展示はしてませんでしたが紹介されてました。

317a
陸生のホタル。優雅に舞う成虫と比べると、ホタルの幼虫は想像もできない姿。

318a
しかも相当に貪欲。


315a
これは圧巻でした。生態系を模写したものです。展示物は手作り感100%。全てを「ホタレンジャー」の子供たちに任せている感じがしました。これがこちら方面なら“大人”が出しゃばって、子供は形式的に参加しているに過ぎないものになりがちです。子供を大切にしているなと、改めて感じました。

320a
道路建設などで自然を壊してしまうとこうなりますよと、わかりやすく説明してます。

323a
久米島の自然観察や保護など、これだけの活動をしているのですから、いろいろ表彰されるのもさもありなん、です。時間に制約があり過ぎて、パーっと見るだけでしたが、じっくりと時間をかけて見学してみるのを奨めたいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

11回目の沖縄 その13

228a
奥武島に行く海中道路。

232a
奥武島の畳石。10年前にももちろん行ったのですが、記憶よりもちょっと規模が小さい感じでした。潮の満ち引きでそう感じたのかもしれません。溶岩が冷え固まる時に出来る現象らしいです。日南の「鬼の洗濯岩」と相通じるものがあるように、何となく思いました。雨で濡れていて、滑りやすかったです。

245a
ウミガメ館。10年前は無かった施設です。入館料300円。アカウミガメ、アオウミガメ、タイマイを飼育、展示していました。

255a
ウミガメ。

260a
ウミガメの孵化。

261a
オーハ島。かなり昔の事ですが、かつてテレビ番組で「なるほど・ザ・ワールド」が放映されていた頃、番組の中で見たような景色のように思いました。時間があれば島に渡って探索したいのですが、何せ急ぎ旅。残念ですが、どうしても時間が取れないのでした。

265a
イーフビーチ。天気さえよかればきれいなビーチです。

272a
アーラ浜。ここは久米島の南東にあるビーチです。貝殻を拾い歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11回目の沖縄 その12

167a
ウティダ石。今から500年前に日の出を観測した遺跡だそうです。

171a

172a
比屋定バンタからの眺望です。天気がよろしくないのできれいな海は望めません。展望台から粟国島、渡名喜島、慶良間諸島、が望めました。

183a
展望台です。10年前にもあったかなぁ?

184a
阿嘉のひげ水。10年前は滝が落ちていて、あれがそうかとわかったのですが、今回はそれが見当たらず、わかりませんでした。

189a

193a
ユイマール館。10年前は寄らなかったところです。入館料200円。久米島紬の資料館です。展示、販売もしていて、更に機織り見学や体験も出来る施設です。

200a
仲里間切蔵元跡。昔の役所跡。

208a
天后宮。1759年の創建。

220a
仲里村真謝のチュラフクギ。記録によると1756年に植えられたそうです。道路拡張に伴って一部が保存される事になったそうです。

225a
宇根の大ソテツ。樹齢230年とも250年とも300年ともわれているそうです。ただ個人宅のお庭にあるので一声かけて見学しました。拝観料150円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11回目の沖縄 その11

116a
ヤジャーガマ。10年前にも行きました。当時は駐車場に小屋があって700円だか800円だか徴収されたのですが、今は無くなっていました。もちろん自分以外誰もいませんでした。

125a
入口です。10年前は内部に薄暗くとも照明があったのですが、今は柵があるようになっていて、照明は灯されていません。当時は鍾乳洞というだけで何の先入観も無く奇岩奇石を期待して、すたこらさっさと中に入って行ったのです。行けるところまで行って折り返してきたのですが、その時“白い器”が目にはりました。特に気にしてなかったのですが、なんでこんなところに“器”があるのかとよくよく見てみると、そのものずばりのそれで、それが何かとはとても書けませんが、かなりギョッとしたのでした。復路、何気に壺がたくさんあったので見てみると、その中の割れた壺から“それ”が見えてたりと、腰を抜かさんばかりに驚いたのでした。。昔の風習がかなり色濃く残っている所でした。
126a_2
今回は柵もあるし、照明は無いし、手元にあるものといえばケータイライトだけ。とても中に入る勇気なんぞありませんでした。ここまで来るだけでも、昔の風習がしっかりと残っているのです。

131a
おばけ坂です。車の進行方向が視覚的には下り坂に見えるのですけど、実際は上り坂。試しに車を止めてニュートラルにするとバックするのです。なぜこのような錯覚を起こすのか、説明は出来ません。10年前はなぜここがおばけ坂なのかイマイチ理解できなかったのですが、今回わかりました。

134a
飲みかけのペットボトルのラベルをはがして、簡易水平器にしたてました。飲口方向が視覚的に下り坂に見える方向です。で測定?してみると、僅かながらに飲口方向が上り坂である事が確認できます。


135a
具志川城跡。

142a
舎殿跡。

151a
ミーフガー。

150a
でもゴミが…、いっぱい。

156a
タチジャミ公園の天宮城(アンマーグスク)。“グスク”といっても、実際は岩なのです。説明文をそのまま書くと、石を積んだような独特な形をした奇岩だそうです。

161a
タチジャミ。柔らかい部分が浸食され、堅い部分が残った事によって形成されているそうです(説明文より)。沖縄ではここら辺しかないそうです。ここまで来るのに階段を下って、かなり歩きます。ここでもゴミがすごかったんです。後で「久米島ほたる館」で聞いた話では、海から漂着したものだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

1995沖縄 Part1 | 1995沖縄 Part2 | 1995沖縄 Part3 | 2002沖縄 Part1 | 2002沖縄 Part2 | 2002沖縄 Part3 | 2008沖縄 | 2009入間航空祭 | 2009北海道 Part1 | 2009北海道 Part2 | 2009北海道 現地から | 2009四国 Part1 | 2009四国 Part2 | 2009東京モーターショー | 2009沖縄 | 2009沖縄ツーリング Part1 | 2009沖縄ツーリング Part2 | 2009沖縄ツーリング Part3 | 2009沖縄ツーリング Part4 | 2009沖縄ツーリング 現地から | 2010入間航空祭 | 2010夏・沖縄 Part1 | 2010夏・沖縄 Part2 | 2010沖縄 Part1 | 2010沖縄 Part2 | 2011入間航空祭 | 2011夏・沖縄 Part1 | 2011夏・沖縄 Part2 | 2011東京モーターショー | 2011秋・沖縄 Part1 | 2011秋・沖縄 Part2 | 2011秋・沖縄 現地からpart1 | 2011秋・沖縄 現地からpart2 | 2011秋・関西急行記 | 2011秋・関西急行記 現地からpart1 | 2011秋・関西急行記 現地からpart2 | 2012G・W紀伊半島 Part1 | 2012G・W紀伊半島 Part2 | 2012G・W紀伊半島 Part3 | 2012G・W紀伊半島 現地からpart1 | 2012G・W紀伊半島 現地からpart2 | 2012 10月沖縄 Part1 | 2012 10月沖縄 Part2 | 2012 9月沖縄 Part1 | 2012 9月沖縄 Part2 | 2012 9月沖縄 Part3 | 2012入間航空祭 | 2012冬・北海道part1 | 2012冬・北海道part2 | 2012冬・北海道part3 | 2012冬・北海道part4 | 2012冬・北海道 現地からpart1 | 2012冬・北海道 現地からpart10 | 2012冬・北海道 現地からpart2 | 2012冬・北海道 現地からpart3 | 2012冬・北海道 現地からpart4 | 2012冬・北海道 現地からpart5 | 2012冬・北海道 現地からpart6 | 2012冬・北海道 現地からpart7 | 2012冬・北海道 現地からpart8 | 2012冬・北海道 現地からpart9 | 2012百里航空祭 | 2012関西急行記 | 2013入間航空祭 | 2013冬・北海道 Part1 | 2013冬・北海道 Part2 | 2013冬・北海道 Part3 | 2013冬・北海道 Part4 | 2013冬祭り・北海道 Part1 | 2013冬祭り・北海道 Part2 | 2013冬祭り・北海道 Part3 | 2013年・10月の沖縄 Part1 | 2013年・10月の沖縄 Part2 | 2013年・8月の沖縄 Par2 | 2013年・8月の沖縄 Part1 | 2013年・9月の沖縄 Part1 | 2013年・9月の沖縄 Part2 | 2013年夏・北海道Part1 | 2013年夏・北海道Part2 | 2013東京モーターショー | 2013GW Part3 | 2013GW Part1 | 2013GW Part2 | 2014入間航空祭 | DUCATI ST4s | MOTO GUZZI STELVIO | イベント | タミヤ・ハイラックス その1 | タミヤ・ハイラックス その2 | トップページの写真 Part1 | トップページの写真 Part2 | バイク | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ