« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

11月23日の旅 その5

海野宿から国道18号線を走って長野市まで行こうとしましたが、3時まで着きそうにありませんでした。本当は国道18号線を走って、“旅”したかったのですけれど…。上信越道上田菅平I.Cから高速道路を使いました。

152a
信号待ちでパチリ。寄ってみたかったんですけれど、時間の都合により通過。

154a
長野までイチャリバーズの「生まり島や」をリピートで聴いてました。二胡の音色がどうしようもない郷愁感を誘いました。

156a
善光寺表参道にある竹風堂にて松田一利さんのライブがありました。残念だけど、3時のスタートには間に合いませんでした。2年振りに聴くライブ。しっかりと沖縄を味わってきました。写真はライブ後。

157a
善光寺表参道。

159a
長野五輪のマークがあります。もう12年以上経ちました。

161a
JR長野駅のイルミネーション。

162a
国道117号線沿いにある長峰温泉。入場料400円。

164a
友達の所に行って、久し振りにUTKちゃんと風船で遊びました。去年はお祭準備があったので、ちょくちょく遊んでました。でも今年はそれも卒業してしまったので、遊ぶ機会がグーンと少なくなってしまったのです。

 1歳の頃は「おいで」と手を差し出しても、この人だれ?という顔して寄ってきませんでした。
 2歳の頃は恥ずかしがってしまい、パパと練習した「こんばんは、UTKです」と言うのが精一杯。
 3歳の頃はずっと活発になって、人見知りも無くなりました。風船を膨らませると大喜び。以来、風船で遊ぶようになりました。
 4歳になった今では腕力も力強くなって、将来UTKちゃんに摺り添ってくる“ヘンな虫”を引っ叩くのに心強くなりました。ママも安心?また名前も書けるようになって、その成長を実感しました。


165a
プリキュアグッズで遊ぶUTKちゃん。プリキュア大好きっ子です。こうしてUTKちゃんと遊べるのもこれが最後かもしれません。そう思うと時の流れで仕方ないといってもさびしくありました。

 その後、東部湯の丸、横川、三芳の各S.A、P.Aで仮眠を取りながら、午前2時39分東京に着きました。走行距離525.8km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月23日の旅 その4

126a
綿菓子は子供たちの人気者。

128a
タニシ汁。つまようじでタニシの身をほじくり出して食べました。シジミのような感じです。中には子タニシがツブツブと出てくる個体もありました。

136a
キノコ汁。

137a
おやき。

135a
これは…、なんでしょう?なんかのキャラクター。

140a
子供相撲。

145a
時代衣装行列。

147a
人力車花嫁道中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月23日の旅 その3

 さてさてさて、懐古園から国道18号線を走ると、「海野宿」が目に付いたので行ってみる事にしました。

088a
海野宿橋からのチョット絵になる風景。

092a
海野宿。北国街道の宿場街です。今回初めて行ってみたのですが、このような風景とは…、驚きです。伊勢のおかげ横丁を髣髴しました。しかもこの日は海野宿ふれあい祭りの日。行ってみてよかった~。

093a
信州の珍味といえば、蜂の子です。まだ食べた事はありません。買ってきました。チョット勇気が…。

094a
いなごです。試食出来ました。手に取ると、生きてるよ~、なんて脅かされました。でも、昔、東京でも(あくまでも住んているところのスーパーで)売ってました。小さい頃、食べた事があります。特に運動会の日には、脚が速くなるとパクパク食べたものでした。だから今でも何のためらいもなく食べる事が出来ます。

098a
海野宿資料館。この日はお祭だったので無料で入れました。かつて盛んだった養蚕について展示してました。

113a
玩具展示館。こちらも無料で入れました。

115a

122a
玩具展示館にて。かつては農閑期の仕事として、あるいは副業として作られていたこれらの玩具も、時代の推移とともに後継者も無くなってしまい、作られなくなってしまったものもあるそうです。

125a
お酒。飲みたい、飲みたい、飲みたい。あぁ、車って不便。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月23日の旅 その2

043a
隣接されている小諸市動物園に行ってみました。大正15年に設立された、長野県では最古の動物園だそうです。上野動物園と比較するのは何ですが、こじんまりとした動物園です。

045a
川上犬。オオカミの血を引くと言われている犬だそうです。飼育頭数が少ないらしいです。

046a
ハクビシン。

049a
インドクジャク。

052a
コダカフラミンゴ。

056a
ライオン。

058a
ニホンツキノワグマ。

068a
遊園地もあります。

071a
レトロな遊具。

076a
水飲み場。

081a
セキセイインコ。この飼育小屋だけではなく、比較的寒さに弱いような動物の檻ではこのようにビニールに覆われていて、冬に備えてました。見えにくいですけど、しょうがないですね。

083a
トビ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月23日の旅 その1

 11月23日は何の日?

 そう、勤労感謝の日です。自分の周りでは勤労に感謝して働く日の人が多いのですが、わたくし、休みました。祭日ぐらい、休みたいもん!祭日に休んだって、神様だけは許してくれる!で、早速お出かけです。

 この日は東京は雨が降っていたので、車で出かけました。えっ、バイクじゃないの?と言わんで下さい。寒いのヤダ、濡れるのヤダ、と軟弱を極めている私。状況によって使い分けるのでございます。

 関越道を練馬I.Cから走って、上信越道小諸I.Cで下りました。

003a
 懐古園に行きました。小諸城三の門です。入場料は懐古園だけなら300円。周囲の資料館との共通券は500円です。

 懐古園には小学校5年生の頃、移動教室で行った事があります。当時の事はあまりいい思い出もないからよく覚えてないのですが、他のクラスの子が木に登って落ちてしまい、救急車で運ばれてしまいました。その子とは小学校2、3年生の頃よく遊んだのですが、4年生になってクラスが変わってしまうとあまり遊ばなくなってしまいました。
 あれから幾年月、しばらく記憶の奥底にあった出来事を思い出しました。

001a
 この蒸気機関車は懐古園の駐車場に展示されているものです。駐車料金は12時間まで車500円、バイク200円でした。

007a
二の丸跡。

014a
北の丸跡。現在は弓道場になってます。


017a
黒門橋から紅葉谷。

038a
藤村記念館。“ふじむら”と読んでしまいましたが、違います。「とうそん」です。島崎藤村に関する事を展示してました。島崎藤村って、本名じゃなかったんですね、初めて知りました。で、本名は…、忘れちゃった。

024a
千曲川旅情の詩碑。

028a
馬場場跡。

030a
天守台。

032a
天守閣跡から。

034a
懐古神社。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ST4s 50000km

今日もツーリングに行ってきた。で、もう戻ってきたけど。

今日はついに

001
上信越道下り線、31.5km地点にて。

ST4sのオドメーターが50000kmを超えました!

購入以来7年5ヶ月、今日まで大した故障もなく、よく走ってくれました。

40000kmを過ぎてからなかなか距離が進まなくなって、特にこ1年は最高に進まなくて。

でも、ようやく50000km。

バイクはほとんどツーリングにしか使わないから、走った分だけ思い出が…。

もちろん、いつまで乗っているかは分からないけど。

実は今日、ネットで見つけたバイクを見に、遠方のショップまで行った。

年式は古いけど、ピカピカで、値段もそれなり…。

これ下さい

なんて言いそうになったけど、グッと我慢。

次期のバイクも考えないでもないけれど、ST4sもなかなかよく出来たバイク。

今日からオドメーターは、“思い出メーター”になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなところで

こんなところで
こんなところで仕事、してました。

今日と昨日は夜間の仕事。昨日は21〜7時、今日は21〜2時。昨日はめちゃくちゃハード。ほとんど休憩無しのぶっ通し。

これまで夜間の仕事でこんなにハードなことは無かった。それに比べると今日は天国。ただ、警備の都合上すぐに帰れないのが残念。2時間ほど待たされる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月21日のツーリング

 この日もツーリングに行きました。

 だけど、出発の時間が先週よりも遅い16時過ぎ。ほとんどが夜間走行になりました。外環道、常磐道、北関東道を走って大洗まで行きました。そして、阿字ヶ浦まで足を延ばして、常陸那珂道路、ひたちなかI.Cから東京に戻りました。走行距離338.9km

003a
大洗港にて、商船三井フェリー「さんふらわあ ふらの」です。また北海道に行ってみたいな。

004a
那珂湊の市場寿司。魚市場は既に終わってましたが、ここでお寿司を食べました。

那珂湊から阿字ヶ浦に向けて、バイクを走らせます。

006a
護岸アート。

007a
月がきれいでした。ついつい引き込まれそうに…、なんて事はありません。

009a
ひたちなか海浜鉄道阿字ヶ浦駅。何年か前にも来てますが、今回もパチリ。

013a
阿字ヶ浦温泉のぞみ。入館料1150円。飲泉は出来ないのですが、しょっぱい。露天風呂からは駐車場越しに茫洋たる太平洋が見えると思います。暗かったので、よく見えななかったのですが。

014a
大洗の地酒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョットした事

 今日、近所のホームセンターの地下食品売り場、鮮魚コーナーに行くとロシア産の毛ガニが売っていた。

 結構活きがよくて、生きが良くて、ペットとして飼えるんじゃないかと思った。

 カニなんか飼えるのかと、思ったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安かろう悪かろう

 思い出してみると、やはり擦った記憶が無い。大した距離を運転してないし、帰宅後は毎晩ビールに日本酒。とてもじゃないが、運転できる状態ではなかった。もちろん全く運転してないわけじゃないから、自分で擦った可能性もないわけじゃない。でもあの程度になると、すぐに気付くはず。車を購入してから11年と4ヶ月。距離にして7万キロ弱。その間、1度もぶつけてないし、擦った事もない。もちろん、道路に飛び出している枝葉に擦った事はあるけれど、部位が違う。

 となると…、やはりスタンドで擦られた可能性が高い。確証もないのに疑うのはよくないけれど、黙ってりゃわからないと知らんぷりを決め込んだのか?確実にスタンドで擦られたのであれば文句を言いに行くところだけど、100%そうだと言いきれないだけに、文句も言えない。

 今日は雨が降ったりやんだり。今日も車を運転したけれど、ワイパーを作動させたら視界ギラギラ。ボディを拭いたウェスでフロントウィンドゥも拭いたのかと思ってしまう。

 今度からスタンドで洗車したりオイル交換するのはやめようかな。アルバイトが車を動かして洗車したり、オイル交換してるなんて、考えてみれば恐ろしいではないか、アルバイトかどうかなんてわからないけど。車の安全点検しますとボンネットを開けて、やれエンジンオイルが汚れてますとか、パワステオイルが、ブレーキオイルが、ミッションオイルが…と言うけれど、本当にわかるのだろうか?販売促進用のマニュアルにそっているだけではないか、あればの話だけど。

 キャンペーンとはサービスを紹介して顧客を獲得するのが目的のはずだけど、これじゃぁなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月14日のツーリング

 この日は午前は仕事でしたので、午後からツーリングに行きました。

コースは…

関越道を前橋I.Cで下りて、国道17、50号線を走り、桐生まで。それから国道122、120号線で日光へ。日光宇都宮有料道路から東北道を走って東京までというコースでした。出発時間が遅かったので全コースの内、半分以上は夜間走行でした。走りに重点を置いたツーリングでした。

001a
上毛電鉄西桐生駅。今回は鉄道の終着駅に4駅寄りましたが、この上毛電鉄西桐生駅のみが新規でした。


 高校2年生の時にハスラー50でツーリングしたのですが、これが高校時代の1番の思い出、高校時代はバイクの免許を取る事は許可制でツーリングなど遠出は禁止だった、その時国道122号線を走りました。ちょうどその時ハスラーのロービームが切れたのでバルブの交換で修理工場に寄りました。「すいませーん」と声を掛けると何やらお母さんが子供を叱っている様子。そのうち半ベソかいた男の子が出てきた。その子に「おうちの人、いる?」と言うと、お母さんが出てきた。やがてお父さんが出てきて、バルブを交換してくれました。今ではその子も二十歳をとうに過ぎて…、と思う事はやめますが、かなり大きくなっているはず。国道122号線を走行中、あの自動車修理工場はどこかなぁっと探したのですが、暗くてわかりませんでした。

004a

008a
わたらせ渓谷鉄道間藤駅。

 国道120号線に出て中禅寺湖へと一瞬思ったものの、もう暗くなってしまいましたのでやめました。それから日光に向けて走りだしました。

009a
神橋。ライトアップされていたので写真をパチリ。ヒョイと止められるのがバイクのよさ。

019a
お酒。ツーリングに行ったなら、やっぱこれでしょう。酒屋の“お姉さん”に「お奨めなのは何ですか?」と尋ねるのでした。購入したのは秋限定の「ひやおろし 晃水 清開」。限定というものに弱いのです。1350円也。今、そのお酒を飲みながらブログを書いてます。

021a
東武日光駅。懐かしいですね。当時と変わらないです。

023a
JR日光駅。こちらは趣のある駅舎です。

025a
日光宇都宮有料道路今市I.C。ここから東北道に出て、東京に戻りました。走行距離359.0km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日もツーリング

 先週に引き続き、今日もツーリングに行ってきた。

 こんな事↓があったからショックのあまり?出発時間が遅かった。よって、先週に引き続き走り主体のツーリングになってしまった。

 本日の走行距離は338.9km。オドメーターは49885kmに達した。何とか50000kmに持っていきたいと思う。

 先週のツーリング記事はまだ書きかけ。そんなに書くような事もないのだけど、最近時間の余裕が無い。もうしばらくしたら今回の分も含めてアップしたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やられた!

 今朝、出かけようと駐車場に行ってみると…

 バンパーに傷が…

 擦った覚えはないし、いつの間に…。

 昨夜スタンドに行って給油する時、洗車キャンペーンをやっていて、100円だった。洗車は面倒だからあまりやらないけど、100円ならばとやってもらう事にした。

 100円だし、あまり期待してないけれど、少しきれいになっていればいいなっと。で、今朝見たら洗車機で洗いきれない汚れはそのままだった。これはしょうがないやねぇ、と思いながらよく見てみると…。

001_2

 その時のものか?あるいは駐車場の隣の車が擦ったものか?“隣の車”を見てみたけど、擦った形跡が無い。

 となると、洗車時のものか?この場合、その時でないと立証が難しい。昨夜、洗車後の確認をしたけれど、実はよく見てない。100円だし、大して期待もしてなかったし、暗いからよく見えなかった。

 その時に付けられた傷かどうか断定できないから、文句の持って行きようがないのがなんとも…。もしかしたら、その前からあったのかもしれない。

 免許があって車の運転が出来ても経験の少ないアルバイトには、見切りの悪い車の運転は無理かもしれない。ましてや、今や極少数となってしまったマニュアル車。洗車時に傷つけられたものと断定できないけど、今後はやはり自分で洗車をと、考えさせられてしまった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月18日の日記

 ここ最近でグッと寒くなったせいか、自分の周りで風邪引きさんが増えている。そういう自分も何だか寒気がしたり、具合が悪くなる前兆みたいなものを感じる。身体を芯から温めようと酒を飲みながら書いてます。

 この日の仕事は都内でも有数の住宅街と思われるところ。立派な家々が立ち並ぶ、きちんと区画整理されたところだった。と・こ・ろ・が…。あっちこっちにお犬様の“落し物”が目に付いて、辟易してしまった。昨今のペットブーム。マナーに満ち満ちている人だと思いたい。

 また今日は、こういういい方はなんだけど、目下の人を連れていた。一緒に仕事をしていたのだけど、やってはならない事、瑕疵、あらぬ所に傷を付けてしまい、報告を受けたけどどうにもならなかった。言っちゃあなんだけど、ごまかしも効かない。黙っていようかと思ったけど、良心の呵責に悩む。やはり何かあると後々大変な事になるかもしれないので、実は…と、責任者に報告した。だけどその人は叱責するどころか、人に怪我させなくてよかった、あとで手直しさせるという事で一件落着となった(たぶん)。
 今はこのご時世という事もあるかもしれないけれど、いろんな方面に余裕が無くなってしまい、些細なことでも目くじらを立てられる事が多くなった。以前ならば人がやる事だからと大目に見て貰ったような事も、今は通用しない。鵜の目鷹の目で見られる事が多くなった。そして、解決困難な事態となる事もある。その点、昔はよかったなぁっと思ってしまう。

 尖閣諸島のビデオ流出事件について、流出させた海上保安官が守秘義務違反で逮捕されない運びとなった。任意での取り調べは行われるらしい。体当たりさせた中国漁船の船長は釈放され、その様子を撮影したビデオを流出させた保安官が逮捕では、多くの国民が納得しない。どのように考えてもどっちの罪が重いか一目了然。もし保安官が逮捕されるとなると、内閣支持率は急降下で不支持率は急上昇。それを避けるために保安官を逮捕しないことにしたのだろう。

 保安官にしてみれば、いずればれるのは時間の問題。守秘義務違反で逮捕されるのも覚悟の上だろう。起訴されて有罪判決が出れば、もちろん懲戒免職。職を賭してではなく、人生を賭してでの行為ではないか。これはもう現代版神風特別攻撃と言っていい。これに対して政府の対応は全くひどいもんだ。本来ならばビデオを公開し、国民および世界に知らせるべきもの。それを隠してこれでもかとばかりに中国に配慮している様子は異様ささえ感じる。
 
 民主党が政権を取って1年余。本来ならば今頃は明るい兆しが見えてもおかしくない。それがそんな兆しは露とも見えてこない。大学生の就職内定率は57%という惨状。大学は出たけれど…と、遥か昔の言葉が今になって生き生きとしている有様。こんなはずじゃなかった、多くが思うところだろう。

 夫婦別姓とか、外国人参政権とか、民主党のやることは理解に苦しむ事が多い。日本という国をどうしようとしているのだろうか?だけど「民主党」と考えず、“中国共産党日本支部”と考えれば「あっそうなのか」と池上彰氏もビックリのわかりやすさ。
 民主党になってから一国の首相がより軽々しくなった。有史始まって以来といっていいのではないか。菅首相をもじって「イラ菅」とか「空き菅」とか「」スッカラ菅」とか軽々しく呼ばれる始末。そのうち、「ア菅」と言われるのも時間の問題だろう。
 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月17日の日記

 天気と自分自身のポカに奔走された。

 午前中の仕事は予定通り、いや思っていたよりもスムーズに終わる事が出来た。

 午後からは別の仕事に取り掛かったのだけど、スケジュール通りに進んでなかったので延期。更に他の仕事に取り掛かったのだけど雨のため中止。会社に戻ろうともうすぐのところで電話が掛かってきて、その“スケジュール通りに進んでなかった”仕事を強引にやる事に。ところが…、自分自身のポカの為、それが出来なくなってしまった。それでしょうがないので出戻してきて、なんとか進ませた。結局、帰宅時間も遅くなってしまい、今、こんな時間に書いている。なんであんな単純なミスを犯したのか?このご時世、確実にこなさないといけないのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページの写真を変更しました

07_341_a
2007年8月17日に撮影したものです。場所は利尻島。夕日がとてもきれいでした。

日本海に落ちる夕日はきれいです。しかも心に響く。そういえばここしばらく最近、「日本海に落ちる夕日」を見てません。

自分の夢の1つに九州から北海道・宗谷岬まで日本海沿いを淡々と走ってみたい、というのがあります。ここしばらく忘れてました。いや、忘れているわけではありませんが、実現への壁が厚い。年々、ロングツーリングがし辛くなってます。GPZ1100に乗っていた頃は毎年のように行っていたのですが、今では2年に1回がやっと。来年はロングツーリングに行ってみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記事数1000達成!

 管理ページを開いたらこの書き込みで記事数が1000!になった。

 我ながらよく書いたもんだ。

 もちろん中には下書きのまま放置状態になって埋もれた物もある。

 あるいは、書いては見たものの、内容的にいささかアレなんで、非公開というのもある。

 それを含めて1000なわけで、アップしたのが1000というわけじゃない。

 それにしても感無量?よく続いたなぁ。

 ついでにアップした写真は3176枚なんだそうな。そんなにアップしたように思えないんだけど、管理ページを見るとそうなっている。

 もちろんこれからも書きまっせ!情報として役立つものでもないし、全くの自己満足に過ぎないけど、いつまで続くかな?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休日労働はやりたくないけれど

 今日は日曜日。だけど仕事…。今日の仕事の話があった時、正直言ってヤダなぁっと思った。休みの日は休みに専念したい。しかも今日は「太鼓エモーション」の日。2年振りに見に行ってみようと思っていた。だけど不景気のご時世、仕事を頂けるだけでもありがたい(もちろん確実な仕事だけね、不確実な仕事はいくらあってもありがたくない)。喜んで引き受ける事にした。順調にいけばそれでも2時間で終わる。何とか間に合うかもしれないと思っていた。だけど現実は順調でない事もあって、終わったのは昼過ぎ。結局、「太鼓エモーション」に間に合う事が出来なかった。

 帰宅してから先週に引き続き、ツーリングに行く事にした。今日のツーリングは走りに徹したので写真は少ない。しかも全行程の半分強は夜間走行。今日の走行距離は359.0km。先週と今日で、この1年間の走行距離500kmを超えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月7日のツーリング

 10年前の今頃ですが、旅好きの集まる会がありまして、その中からバイクに乗るメンバーでツーリングに行った事がありました。今回のツーリングはその時のコースを辿ってみました。その時のメンバーでツーリングに行ったのはその時が最初で最後になってしまいました。その後何回かツーリングは開催されたのですが、都合で行けなかったり、行ったとしても人数が集まらなかったりで2002年5月頃を最後に無くなってしまいました。その後2年半を経ても連絡もなかったので、これ以上は無いものと判断し、またメールアドレスも変更してしまいました。当時のメンバーは今でもバイクに乗っているのだろうか?旅を続けているのだろうかと、フト思う事があります。当時の写真はweb上にあったのですが、久し振りにアクセスしたところ、「2010年10月31日をもちましてサービスを終了しました」。
 また、“旅好きの集まる会”は存続しているのですが、2002年秋の会を欠席したら以降の連絡が来なくなってしまいました。それを期に出席しなくなってしまいました。web上でアップされている写真を見ると、人の入れ替えがありますが、当時のメンバーで今なお出席している人もいます。

001a
JR武蔵五日市駅が集合場所でした。10年振りです。当時は

ゼファー1100
ZXR-9R
XLR250R
バリオス
車名は思い出せませんが他にオフ車が2台
そして私のGPZ1100

合計6名参加しました。

003a
ここは立ち寄ってませんが、走行中看板を見つけたので寄り道しました。酒造元でお酒を買う、ってぇのがツゥというもんよ!ところが…、日曜日が定休日でお店は休みでガッカリ。
ツーリング先で地元のお酒を買うというのもツーリングの楽しみの1つです。チビリチビリ飲みながらブログを書く…。あぁ、し・あ・わ・せ

004a
ここも10年前は寄らないところですが、大岳鍾乳洞があるので行ってみる事にしました。でも…、採石場から先はダート。これはかなり迷うのです。行ってみたい。でも、引き返せなくなったらヤダなぁ。次期バイクとしてオンオフ車も視野に入れているのはこのためです。そこに道があるのに引き返すなんて、悔しいではないですか。何とかなるだろうと、行ってみる事にしました。

005a
ST4sはダートも走ります。トンネルの向こうに大岳鍾乳洞があるのですが、この場面には「えーっ」と叫びそうになりました。でもやはり好奇心が勝ち、先へと向かうのでした。

006a
大岳鍾乳洞の駐車場にて。なんと大型観光バスが駐車してました。にわかに信じられない光景。例えて言うならば路地裏に路線バスが通っているようなもの。対向車が来たら、すれ違いなど出来ません。しかもどうやって方向転換したんだ?運転手さんのその技量に脱帽です。

007a
入場料500円。御年95歳になるおばあちゃんが切り盛りしてます。ヘルメットを貸してくれました。

008a
鍾乳洞入口です。

009a
入ってすぐ二股に分かれます。右から入って左に出るという1周コースです。

010a
内部は狭くて、中腰になって進むところも多く、なかなかハード。腰が痛くなりました。ヘルメットを被ってないと頭をぶつけて痛い思いをします。結構水が滴り落ちていて長靴を履いてた方がいいかもしれません。更に気にするならば、簡単な物でもかまわないから雨合羽もあればいいと思います。

014a
沖縄の玉泉洞とか山口県の秋芳洞、岩手の龍河洞と比べると、全然規模は小さいです。もしかしたら、鍾乳洞は本来このような物かもしれません。鍾乳洞を探索しているよりも、地底探検している感じがしました。

 帰り際、95歳のおばあちゃんと会話。10年位前まではご飯とか味噌汁なども提供していたのだけど、今はやめてしまった。新聞に載ったので来る人が増えて嬉しいと話してました。おばあちゃん、いつまでもお元気で。


032a
払沢の滝です。10年振りでした。ここで一緒に写真を撮ったんですよね。そのあと、ドーム型の食堂で確かうどんを食べました。

035a
ちとせ屋という豆腐屋さんがありました。水のおいしいところは豆腐も美味しいと思い、立ち寄ってみました。

037a
豆乳です。なんとホット。

038a
試食品の豆腐とドーナツです。このドーナツが美味しくて、ついパクパクしてしまいました。もちろん購入。5個入り450円をゲット。

041a
奥多摩周遊道路、浅間尾根パーキングからの眺望。

043a
ST4sが生き生きと走る道です。

045a
月夜見第1駐車場から奥多摩湖。

この後青梅街道に出て、帰りました。途中でバイク屋に寄って、ショック…。走行距離185.4km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月12日の日記

 今日の仕事は専門性が高いので専門業者に依頼した。自分はコバンザメのように付いているだけで、補佐的な事をするのみだった。他業者の仕事ぶりを間近で見るのもいろいろ勉強になる。今日は勉強の日、という事にした。互いに重複する分野もあるのでやや立ち入った話や、ノウハウ的な事を話した。それ以外にも映画の話とか、仕事と離れた話もした。その中で「江戸東京たてもの園」が出た。実はまだ1回も行った事がない。仕事も早く終わったので行ってみる事にした。

 小金井公園の中にあって、駐車場も完備。最初の1時間が300円で、以降30分毎に100円。バイクの駐車場もあって、こちらは無料。ST4sでも大丈夫。ただバイクの駐車場からだと「江戸東京たてもの園」まで、やや歩く。

 写真は「江戸東京たてもの園」で撮ったものです。仕事の合間にチョックラ寄ったのですが、見所満載、ネタの宝庫。チョックラ寄っただけでは時間が無さ過ぎる。後日、時間がたっぷりある時に改めて行ってみようと思いました。
 園内にはボランティアガイドさんがチョコチョコと目に付きました。ガイドさんを捕まえて質問をしてみるのもいいかと思います。歩きやすい靴、履き脱ぎし易い靴が必要だと思いました。入園料400円。

 帰って来た後は細かい仕事。あともう少し、というところで思わぬ破損を生じてしまい、1万数千円するものを一瞬にしてパーにしてしまった。ノウハウを得るには

1番:講習を受ける

2番:怒られる

3番:恥をかく

4番:損をする

のいずれかだと思っているのだけど、今回のノウハウは4番によって得られる物となった。

 帰宅後夕刊を読んでいたら、マサチューセッツ工科大学の准教授が愛猫の水を飲む様子に興味を持ち、それを解析したという記事があった。猫という身近な動物からでさえ、これは何?と興味を持つ。視点のすごさに感嘆してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナデナデ

ナデナデ
今日はネコちゃんをナデナデ。

舌打ちしたら、近寄って来た人懐っこいネコちゃん。目を細めて体をスリスリ。

そんなネコちゃんをナデナデしていると癒されてしまった。

まだどちらかというと仔ネコ段階で、疑う事を知らない無邪気さ。

日向の暖かいところで気持ちよさそうにくつろいでいるネコを見ると、無性にうらやましくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さい夏見つけた

小さい夏見つけた
先程、撮った写真です。

まだ残ってたんですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12回目の沖縄 沖縄三昧 その15

ドライブ編

250a
夕日。明治橋から撮った写真だったと思います。その後レンタカーを返却しました。走行距離157.9km。その日の営業時間中に返却したので515円、返金されました。

251a
仔ヤギ汁。沖縄に行ったのだから、地元ならでらのものを食べたい。そこでヤギ汁です。以前、1月1日に泊まった宿で、正月という事で料理をもてなして頂いた事がありました。その中の1つにヤギ汁がありました。宿の子はパクパク食べていましたが、宿泊者同士、その独特の香りに顔を見合わせるばかり。出された物は全部完食しましたが、正直なところ、ヤギ汁にはかなり抵抗がありました。小さい時から食べていればさほどではないかと思うのですが、さすがにあの香りだけは…。後にその香りはヤギのそれと同一だと知りました。

で今回、大人ヤギよりも子供ヤギの方が“純粋”だろうと思い、仔ヤギ汁を注文。若干は香りがするものの、目論見通り大人のそれと比べると遥かに少なかったです。

254a
スカイマーク526便で東京に戻りました。1泊2日で沖縄に行く事、早4回を数えるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12回目の沖縄 沖縄三昧 その14

ドライブ編

191a
仲村渠樋川(なかんだかりひーじゃー)。共同用水施設で、沖縄の石造井泉(せいせん)を代表するものである…と、案内から。

201a
受水走水(うきんじゅはいんじゅ)。沖縄の稲作発祥の地。この先にも道がありましたので歩いてみると、上の道につながっているだけでした。

210a
新原ビーチ。

211a
栄里之塔

215a
クローディアス・M・イースリー准将追憶碑

218a
シモン・B・バクナー中将慰霊碑。アメリカ軍の最高司令官でさえ戦死するほどの激しい戦闘だった事を物語ってます。

222a

224a
白梅之塔。昨年の夏に行った時は既に暗くなってしまいましたので、今回も行ってみる事にしました。ナビで「シラウメノトウ」で検索しても出てきませんでした。国道331号線糸満市真栄里交差点から辿ってきましたが、チョットわかりづらかった。

226a

227a
白梅学徒看護隊自決之壕。今回は中に入ってみました。

231a

229a
奥はこうなってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いい天気

いい天気
今日はすごくいい天気!

朝は遠くに富士山がくっきり。

仕事サボって遊びに行きたいだなんて、そんな会話も出た。あっ、私じゃないですよ。

写真は昼過ぎに撮ったもので、やや霞んでしまった。

夕暮れ時は綺麗だろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真をアップ

 不具合を指摘されたリアサスペンションとステアリングの写真を撮りました。周囲が暗い状態で撮った写真なので鮮明とはいえません。その点はご容赦ください。

003
ST4sに純正装備されているオーリンズのリアサスペンションです。シャフトの部分に触ってみるとオイルが指に付着しますが、ダラダラと漏れて下に溜まる程ではありません。チョイっと大目に潤滑している感じかな。購入時と比べると確かにオイルが付着するようになりましたが、漏れ方がひどくなったようには思えません。自分なりにはまだ許容範囲。商品として販売する場合は要修理個所かもしれませんが…。ダラダラと漏れて下に溜まるようになれば、これはもう修理に出します。

 33000mile走った前のバイク、GPZ1100はどうだったかというと、記録はありません。記憶はというと、わからない。少しは漏れがあったかもしれない、と思わないでもありません。年月と距離を考えれば、どんなバイクにも起こりえるのではないかと思います。

004
これはステアリングを下から撮った写真です。見た限りでは、見る人が見れば別かもしれませんが、どうなのかわかりません。走行距離を考えれば不具合が発生してしまうのもしょうがないかなぁ。
 前のバイクでは2万km前半でステムベアリングを交換してます。その時の症状としては、交差点での右左折が何となくスムーズにいかない、グラリとして怖いという、言葉として表現するのが難しいものでした。原因として考えられるのは洗車です。春一番が吹き荒れてバイクは埃だらけ。カーシャンプーを用いて洗車すること2回。しかも2回とも洗車が終わった後、そのままシートを被せておしまい。で、走らせた時なんとなくヘンだと感じたのです。それでも運転が下手なせいかもしれないというわけで、指摘されるまでそのままの状態で乗ってました。以降、洗車する時はステアリングに水を掛けないようにしてます。

005
フロントフォークです。チタンコーティングされてます。SHOWAのフロントフォークです。こちらは何も指摘されませんでした。自慢できる事ではありませんが、まだ1度もオイルを交換した事がありません。なぜかというと…。GPZ1100に乗っていた時、3万km台でオイル漏れで修理しました。だからST4sも3万km台でオイル漏れを起こすだろう。その時にやればいいやというわけで、今に至っているのです。チタンコートされたインナーチューブはオイルシールへの攻撃性が弱いのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ST4sの下取り→ショック、でも…

 一昨日は久し振りにツーリング。なんと6ヶ月ぶり。写真と詳細?は後日アップ。ネタに困らないブログです?

 一昨日はその帰り道、例の、日々私を不眠症に陥れているバイクを展示しているショップに立ち寄った。2週間ぶりに行くのだけど店員さんは手際よく?他のバイクをどかしてくれて見やすいようにしてくれた。少し説明してくれたけど、あとは貴方にこれ以上説明する事はありませんとばかりにどっかに行ってしまった。跨って、ポジションをチェック。ハンドルがチト遠い感じだけど、幅、垂れ角、絞り角はちょうどよい感じ。アップライトなポジションのバイクと比べるとやはり前傾になる。きついほどではないけれど、距離を走れば負担に感じるかは微妙なところ。ニーグリップした感じは腿の部分にすき間を感じるけど、慣れの問題、かな?ミラーの後方視界もまぁまぁ。ST4sほどは望めないけれど、合格範囲だろう。あとは実際に走らせてみないとわからない。試乗が出来れば最高なんだけど。過去にバイク選択で失敗しているだけに、慎重に見極めないと。あの失敗だけはもうまっぴら。

 更に一昨日はもう一歩踏み込んで、見積書を貰ってきた。やはりかなりの金額になってしまい、Fuっと溜息。更に更にもう一歩踏み込んで、気になって気になってしょうがないST4sの下取り金額を出してもらった。店員さんがオークション相場とやらを調べてくれたけど、何やら小さい声で店員さん同士コソコソ話している。もうこれだけで大体の事は察するけど、やはり芳しくなかった。2002年式のST4sの相場は両手両足の指で数えて充分に余ってしまうほどの諭吉君でしかなかった。
 それでも状態を見ればアップする可能性もあるという事で、詳細に見て貰う事にした。これにはビックリ!ST4sをテスターにかけて、ブレーキ能力、空走時の状態、出力、アライメントを測定。更に工場に入れて車体各部を懐中電灯で覗き込んで詳細にチェック。今までのバイクでは、ここまで詳細に査定された事は無かった。しかも「タイミングベルトはいつ交換されましたか?」と“試験”もあって、即座に「44000km、細かい数値は覚えてないけど…」と返答。これに答えられないと査定が厳しくなるかもしれない?2年前に交換しましたとは言わなかった。
 査定の結果は…。ステムベアリング交換、リアサスオーバーホールの要アリ、だった。で気になる金額はというと、更にダウン。両手で数えてトントンか、余るくらい…が現実らしい。こちらの希望額とショップの査定額に大きな隔たりが生じてしまった。

 「見た目はきれいなんですけれど…」と店員さんは言うものの「5万km近いんで…」とか、「商品として売る場合、これらの整備が必要になる…」とかで、しきりに「厳しい」、「難しい」を連発。その言葉を“翻訳”するならば「その金額では無理」、ということだろう。オークション相場も2002年式で走行10000kmが基準らしい。ここ1年間の走行距離500kmを棚に上げていうならば、2002年式で走行10000kmなんてにわかに信じられない。何のために買うのか。観賞目的?

 「下取り価格が高ければ購入へのハードルは低いし、安ければハードルが高い」と購入を考えていないでもない人間と、売りたいお店との駈け引きは平行線。お店の人は妥協点を探ろうとするけれど、妥協点が見つかると買う羽目となる。来月になれば相場は下がってしまうし、来年になば更に年式が落ちてしまう。安くなる事はあっても、高くなる事は無いとの事だった。今月いっぱいで決めて下さいということだろう。購入するかはまだ決めかねているので、これ以上の交渉はストップ。見積書を貰ってお店を出た。

 意外に思ったのは、商品として仕入れる目で見た場合でも49000km走っているエンジンに問題無しという判定だった。出力も、完璧ではないんだろうけど、合格範囲らしい。過去にオーバーホールはもちろん、タペットクリアランスの調整さえしてないエンジンだけど(点検の結果、規定内。よって調整の必要無しということで)、それでも問題無いという事は…。意外とというか、想像以上に耐久性の高いエンジンではないかと思った。これがエンジン的に終わってますね、異音がしてます、要オーバーホールですということであれば、ある意味“即決”なんだけど。
 
 それに他の機種、他のメーカーは知らないけど、車体精度が高いバイクという事もわかった。アライメントを測定したところ、「左に0.5mmずれている」で問題なしとのこと。車体を構成する部品の精度がプラスになったり、マイナスになったりで互いに作用し、結果的に「左に0.5ミリ」だと思う。それでもこの車体精度、きわめて高精度に製造されたバイクだなと思った。エンジンに問題ないようだし、下取りは安くてガッカリだし、もう少し乗ってみようかなとさえ思ってしまった。

 車検を通してから1ヶ月半。車検整備時に点検しているはずだけど、この度、ステムベアリング、リアサスの不具合を指摘されてしまった。この差は一体何?好意的に考えるなら、商品として仕入れる場合の視点と、同一オーナーが継続して使用する場合の視点の違いかもしれない。体感的にステアリングに不具合は感じてないし、リアサスの状態もまだ許容できる範囲。ステムベアリングは去年、前後タイヤ、リアホイールベアリングを交換した時に点検してもらった。その時は異常なしという事だった。あれから1年半の時間が経過して、距離的にも2500km。その間に沖縄ツーリング(カテゴリー「2009沖縄ツーリング」見てね)したし、潮風で劣化してしまったのだろうか?いやいや、だとしたら車検時に指摘されるはず…。

 ST4sの下取り価格の安さには愕然としてしまったけど、エンジン的に問題無しという判定には嬉しくなった。あの日あの時、たまたまこのお店に立ち寄ってこのバイク、MOTO GUZZI V11 Le Mans を見なかったら乗り換えを考えるなんて思いもしなかっただろうに。「一寸先は闇」とはよくぞ言ったものだ。

p.s シートの猫による引っかき傷の補修跡は見られてません。荷物を積んでたんで…。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

池田卓ライブ

池田卓ライブ
今日は西表島舟浮出身の池田卓さんのライブに行ってきました。

毎年聴きに行くようになって今回で3回目。年1回聴いてます。

今日のライブは行けるかは微妙だったのですが、仕事が運よく早く終わったので行くことが出来ました。でも、スタート時間には間に合わなかった。

まだ3回しかライブに行ってませんが、定番の歌から初めて聴く歌まで、聴いた分だけで14曲。池田卓さんの歌では「ひとつのうた」が好きです。去年はアンコールで歌ったこの歌を、今年は2部の最初で歌いました。

帰りにCDを買って、サインして頂きました。

東京でのライブは今年はこれで最後のようです。もう1回あればいいですね。

来年からは西表島舟浮に活動の拠点を移すそうです。

p.s帰りにたまに行く沖縄料理店に行ったら、臨時休業だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページの写真を変更しました

07_18a
2007年8月14日、苫小牧にて。ブルーハイウェイライン「さんふらわあ さっぽろ」車両甲板です。7年振りの北海道ツーリングが始まろうとしている高揚感に包まれてました。この時は宗谷岬、納沙布岬、襟裳岬と定番?を回りつつ、念願だった利尻島、礼文島に渡りました。バイクは稚内に預けて、身一つで渡りました。両島とも天気快晴でよかったです。

 1996年の焼尻島、天売島。2000年の奥尻島。そしてこの時の利尻島、礼文島で、北海道の「島巡り」(有人島で定期航路のある島)を“完島”しました。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一般公開

 例の漁船と巡視船の衝突事故。思わぬところで“一般公開”されてしまいました。

 今日のニュースはそれに持ちきり。

 ネット上では見てないんですけど、ニュースでバンバン流れてます。

 情報管理、守秘義務云々というよりも、このような事実はきちんと公開して欲しい。

 そして、厳正に対処して貰いたい。

 あまりにも“配慮”ばかりで、異様ささえ感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010入間航空祭 その5

 せっかく来たのですから、ぐるりと回りました。

092a
格納庫特設ステージにて。

096a
RF-4E。ファントムの偵察機型。原型機初飛行から50年以上経っている飛行機です。

099a
展示されいる飛行機。

101a
T-4の向こうがYS-11。来年には海上自衛隊の機体も退役してしまいます。F-4と共にいつまでも飛んでいて貰いたい飛行機です。入間基地周辺に行くとYS-11が離着陸訓練をしています。与那国島までYS-11に乗って往復した事がある自分には、訓練中のYS-11を見ると与那国島をいつも思い浮かべます。

102a
非常食。今年は試食は無かったのかな?

104a
C-1のエンジン。

103a
機体各部を展示中のT-4。

109a
脚収納実演中のT-4。

106a
格納庫の天井部分。トラスト構造です。ST4sのフレームと同じですね。

113a
帰りの電車も混んでました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010入間航空祭 その4

073a


074a


075a


078a
キューバンエイト。

082a


084a
スタークロス。

085a


086a


087a
ローリングコンバットピッチ。F86時代からの伝統演技。

089a
コークスクリュー。

090a


 去年は出来るだけ前の方で見ていたのですが、今年は格納庫側、スピーカーの近くで見てました。アナウンスが明瞭に聞こえ、去年のように出来る限り前方で見るのと一味違いました。ここで見るのもいいなぁっと思うのでした。

 去年の演技と若干趣が変わっていて、今年の演技は優雅な印象を受けました。ブルーインパルスの演技も年々進化している、その思いを抱きました。演技と演技の間が少な過ぎてもいけない、空き過ぎてもいけない。演技と演技の間はどんな航跡を描いているのか、興味を持ちました。写真には撮れませんでしたが、等間隔に着陸する様子はパイロットの高い技量を示していると思います。着陸シーンも見どころの1つだなぁっと思いました。

 大空を自由自在に飛び回る。ブルーインパルスの演技を見上げているといつの間にか少年の日に戻り、大空に憧れを抱きます。少年の目は、大空を気持ちよさそうに飛び回っている飛行機に釘付け。パイロットになりたい、そう思ってしまうのです。大人目線から見れば急上昇、急降下、横転の連続で、身体的負担は相当なもの。腰が痛くなってしまいそうです。だけど、少年の目にはそんな事は見えません。その昔、たった1回だけ見たF86セイバー時代のアクロバットを思い浮かべるのでした。

 世のお父さん、お母さん。お子さんが小さいうち、小学校を卒業するまでにあっちこっち連れてってやってください。いろんなものを見せてやってください。そのような機会が多ければ多いほど、お子さんが将来を考えなければならない時に“迷い”が少ないのではないかと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010入間航空祭 その3

058a


061a


064a


065a


066a


068a


069a


070a

071a


072a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010入間航空祭 その2

 ブルーインパルスの演技をアップ!

028a
観客がたくさんいて、身動きが思うように取れませんでした。

031a
ピンボケなのが残念!

032a


035a


039a


042a
低高度から3000mまで垂直上昇中!

043a


044a


048a


052a


055a
キューピット。大き過ぎてカメラアングルに入りきれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010入間航空祭 その1

023a


今年もやってきました11月3日。入間航空祭の日です。今年は朝から行かないで、ブルーインパルスを重点に見る事にしました。

というのも…

朝から行くとなると、長時間立ちっぱなしになってしまう。これは腰的にかなり辛い。痛みがぶり返してしまう恐れがありました。そこでブルーインパルスに的を絞って見に行く事にしたのです。バイクの整備が終わった後に見に行きました。

022a
会場の案内。

024a
おやっ?これは?自衛隊、悪ノリしてます。

026a
離陸して、チョットあとの写真です。


※もう眠いんで、今日はここまで 追加、もちろん有。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8年目の発見

 今日はこの間乗った時に気付いた事をいじくってみる事にしました。

 何に気付いたかというと…

001
ハンドルを右にいっぱい切ります。

004
ハンドルを左にいっぱい切ります。

…とすると、何となく変なのに気付いたのです。写真を見て頂ければわかるかなぁっと思いますが、フレームとのすき間をよく見ると、右と左のハンドル切れ角が違うのです!ST4s購入8年目にして気付いた新事実!いやはや、何ともお粗末な持ち主ですね。こんな人間が匿名をいい事に、面の皮ブ厚くブログなんぞ書いているのです。

002
右にハンドルを切るとタンクとセルボタンのクリアランスが5ミリ位しかありません。

003
こちらはハンドルを右に切った時の左スイッチです。ファーストアイドルレバーがカウルの内側にほとんど接触してます。

005
この写真はハンドルを左に切った時のものです。タンクとスイッチのクリアランスが十分にあります。

006
これは左に切った時の右側の写真です。こちらも大丈夫です。

で、これを何とかしようとするわけです。


009
わかるでしょうか?ST4sは、他の車種は知りませんが、なんとハンドルの切れ角が調節できるのです。これを調節しようと試みました。

ところが…

手持ちの工具を使って調節しようとしたのですが、うまくいきませんでした。狭いすき間を最大限に使ってチャレンジしてみるものの、ついには断念。カウルを外す必要がありそうです。でも、ST4sのカウルを外すのは、とても面倒臭い、いやいや大変やりがいがある事です。今日はそこまでは出来ません。という事で、この次にしました。

010
気休めですが、厚さ0.3ミリの鉄板の切れ端を用意しました。こんな事、別にやらなくてもいいんですけどね。ま、気休め。走行中落としてもどうってことないし…。

011
接着剤を使ってハンドルストッパーに貼り付けました。効果のほどは…大して無いですね。目測で7ミリ程度に開いたと思います。

 本来ならば製造工場でちゃんと調節すべきですし、新車で納車する際に最終確認するところではないかと思うのです。
 とはいっても、こんなところに調節用のネジがあるとは、なかなか芸の細かいバイクです。

017
それからサイドスタンドを外しました。摺動部が汚れてます。


019
サイドスタンド側の摺動部を確認。線が付いて摩耗しております。この部分はわずかな摩耗でも、サイドスタンドがガタガタになってしまいます。思えば購入時と比べるとガタが増えたようにも思います。汚れをふき取り、グリスアップしてから元通りにサイドスタンドを取り付けました。

11月4日追記

この後エンジンを始動して、ギアを1速に入れました。サイドスタンドを出すとエンジンがストップするのを確認してこの作業を終えました。サイドスタンドが「カタン」と動くのは気持ちいいものです。

ST4sをいじくっていると、前の家の人から話しかけられました。バイクがうるさい!ではなくて、「きれいですね」と。塗装をきれいと言っているのか、造形がきれいと言っているのか、バイクをきれいにしていると言っているのかは不明です。いずれにしても「きれい」と言われるのは嬉しい事です。

021
整備をしている途中で気付きました。クラッチレバー側です。グリスがはみ出してます。クラッチレバーは使用頻度が高いので、このようなグリスアップは欠かせません。おそらく車検の時にグリスアップしたのでしょう。評価がアップするポイントですね。

 その後、ブルーインパルスのアクロバットを見るために、バス&電車で航空自衛隊入間基地に向かうのでした。

114
帰宅後、テスト走行。ハンドルをフルに切ってUターンすることはおそらくありません、出来ません。だから別に“テスト”というほどでもないんです。行き先は例のバイク屋。またもや閉店時間を過ぎてしまった為、中には入らないで、外から見るだけでした。大丈夫、売れてなさそう。そして本日、走行49000kmに達しました。

 MOTO GUZZI V11 Le Mansに乗り換えようかと迷っているんです。でも、ST4sを所有している限りはメンテナンスを出来る範囲でやろうと思うのです。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

空はこんなに青いのに

 今朝、玄関を出るとものすごい青空。

 カメラを持ち出してパチリ。

001


 昨日は例のバイク屋まで行ってみた。いつもHPをチェックしていて一昨日までは「○○○,○○○円~」と表示されていたのに、昨日は“あとわずか”的な表現に変わっていた。これは動きがあったなというわけで、テスト走行&慣熟走行を兼ねて行ってみる事にした。

 既に閉店時間を過ぎていたので店内には入らず、ウィンドウ越しをチラリ。値札もついてるし、「商談中」の貼り紙もなさそうだ。まぁまぁ、一安心。

 MOTO GUZZIなんて、つい最近までそれほど興味もなかった。試乗した事もあったけど、その時の印象はというと、あまりよく思い出せない。確かにBreva750には好印象を持った…。ところがV11 Le Mansを見てしまったらどうしようもなく乗ってみたくなった。スタイルが何ともいえない。カッコイイというわけではないのだけど、きれいなスタイル。存在感あるエンジン。バイクの好みが変わった?空冷OHV2ハバルブなんて興味の対象外だったのに、MOTO GUZZIもいいなぁって。加速云々というわけではないし、最高速ホニャラカというわけでもない。コーナーリングどーのこーのというわけでもない。でも今はすごく魅力的に見える。頭の中で新カテゴリー“V11 Le Mans”が出来ていたりして。

 乗ってみたい、新しい体験をしてみたいという気持ちがある半面、故障続きだったらヤダなぁとか、部品が入ってこなかったり高かったりじゃヤダなぁっと思う。それにST4sに飽きたというわけではない。あれほど乗ってみたかったドカティを簡単に手放していいものか。

 Fuっと ため息

 昨今の不況の影響はしっかりと受けているわけで、それを思うと前向きな気持ちになれないでいる。今朝の青空のように晴れやかにならないものか。気持ちが前向きになれば、よしっ!となるかもしれない。

V11 Le Mansの販売価格-ST4sの下取り価格=手の届く値段

 だったらいいのにな。

 優柔不断

 乗るか、やめるか、決めかねている。他の人が見たらもどかしい思いを抱くかもしれない。「1週間、1週間して何の音沙汰なかったらあきらめたものと思ってください」バイクを替える度に言っているこのセリフ。Le Mansに対して…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日も慣熟走行

 昨日、昨日気付いたんです。

003
 わかりやすい写真を…といきたいんですけど、わかりにくいですね。平日の昼間にバイクをいじれるわけないんで勘弁して下さい。エンジンオイルがチョット漏れているんです。オイルエレメントから漏れていて、イメージとしては…

♪いい湯だな あははん いい湯だな あははん♪

♪湯気が天井から ポタリと落ちれば♪

♪冷てぇな あははん 冷てぇな あははん♪

 ま、こんな感じですかね。ドリフターズの「いい湯だな」は最高傑作だと思います。小さい頃、風呂で大声で歌っていたそうな。それはさておいて、ポタリと落ちるほどではないのですが、オイルの滴がユラユラと漂っているのに気付きました。

そこで・・・

005
 エレメントを増締めしました。オイル交換はショップでやっているのですが、エレメントを交換すると、後日、オイルの滴がユラユラと…、という事があったりすます。前回交換してから500kmしか走ってないんで、本当は交換する必要はないのですが、そこは車検時サービスという事で…。トルクが不足しているのかなぁっというわけで、チョットだけ増締めしました。早速テスト走行&慣熟走行です。

009
47.5km走りました。

 エンジン始動の為セルモーターを回した時、回り方が弱いように感じました。事実、バッテリー上がり寸前のようで、かろうじてエンジンがかかったような感じ。寒さでバッテリーが弱ってきたのでしょうか?チョイ乗りばかりで充分充電されてないのでしょうか?交換してから2年2ヶ月経ってます。

 グリップヒーターを“全開”にすると、ポカポカです。手の温かさが肩や上半身まで伝わってきます。もう、グリップヒーターの無いバイクなど乗れません!全てのバイクに標準装備してもいいアイテムだと思います。でもETCを付ける前はもっと暖かったように思います。電気を喰われてしまうのかな?

006
 帰着後、点検しました。取り敢えずは大丈夫かな?もうちょっと時間が経ってみないとわかりません。エキパイが××なのはご愛敬。

010
 液晶表示です。燃料計の表示が細かい。この頃最近というわけではないんですけど、燃料を満タンにしても燃料計の右端の液晶が点灯せず、表示が「満タン」にならない事があります。写真では点灯してますが、点灯しない事もしばしば。だからといって困る事は無いのですが、購入時はこのような事はありませんでした。細かい事ですが、やや経年変化を感じる部分です。燃料が残り少なくなっていくと、当然液晶が右から左へと消えていきます。そして最後の左端の液晶を残すのみとなると、その左端の液晶が点滅し燃料警告灯が点灯します。その時点で残燃料は約6ℓ。燃料警告灯が点灯したら80km以内に給油する必要があります。1度、燃料警告灯が点灯したのにもかかわらず、どこか安いところないかなぁっと“ガンバッテ”しまった結果、本当にガス欠。延々と押した経験があります。その時の距離が一般道で80kmでした。本来ならば何度か試し、正確を期すべきかもしれませんが2度以上やりたくないので悪しからず。
 経年変化といえば電動ファンの作動音がチョッピリ大きくなったような気がします。それでもGPZ1100の作動音より全然静か。ちなみにこの電動ファン、個体差もあるかもしれませんが、マニュアルでは106℃で作動すると書いてあるのですが、実際には108℃もしくは107℃で作動します。まぁ、2℃位別に…というところですねぇ。

011
 メインスイッチをオンにし全液晶が点灯した後、これが表示されます。持ち主の所有感を満たす心憎い、芸の細かいサービス!初めて見た時、「これ、何ですか?」と訊いちゃいましたけど。

013
 サイドスタンドの付け根です。やや動きが渋くなり、分解・清掃・グリスアップが必要だなと思いました。

 それと今日、信号待ちでST4s購入後7年にして初めて気付いた衝撃の事実!うまくいったらアップしますのでしばしのお待ちを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »