« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

11回目の沖縄 その9

001a
早朝の国際通りをブラブラと散歩しました。

003a

002a
居酒屋「金城」。2007年1月、「島巡りファイナル」の時、初めて入りました。出演者は上間綾乃さん。しっかりとCDにサインを頂きました。最近、東京は吉祥寺でライブがありましたね。ちょうど“同級生との伊勢参拝”にぶつかってしまいましたけど。その後那覇に来る度に寄ってまして、「りずん」、「おおまり&山城香苗」、「カラビサ」のライブを見ています。

004a
歩道を歩いていてパチリ。

007a
こちらはチャクラですね。言わずと知れた「喜納昌吉&チャンプルーズ」のお店です。1999年5月、「2回目の沖縄」で初めて入ったお店です。初めて入ったライブハウスがここです。ライブハウスというと若い人向けで、年配者は遠慮してしまうようなイメージがありますが、沖縄は違った。年輩の人からおチビちゃんまで、もちろん親御さんも同伴です、年齢に関係なく楽しめるところでした。80過ぎと思われる人が楽しそうに味のあるカチャーシーをしていたのを忘れられません。ビールをガブガブ飲んで、ベロンベロンになって、喜納昌吉さんと一緒に撮った写真がアルバムにあります。それも11年前の事になりました。

012a
ここも2007年の「島巡りファイナル」で入った所です。ちょっと年配の方が歌ってました。あっちこっちとライブハウスというか、民謡居酒屋を“はしご”していたのです。

015a
早朝のてんぶす館で、昨夜の余韻に浸りました。最後の最後だったけど、「coi-na」を知る事が出来てよかった、と思います。少なくても1年前に知っていればもっとよかった、とも思ってしまいます。まるで流れ星のようでした。スーッと現れて、スッと通り過ぎてしまいました。初めてライブを見てから解散まで1ヶ月も無かったのですから。僅かな期間でしたがその光芒は明るく輝いています。でもね、解散は残念。円熟味が出て、さぁこれからと思える。もっと歌い続けて、もっともっと感動を与えた欲しかったなぁ。ライブでも言っていたけど、喧嘩したわけではない、何度も話し合って解散という結論になった、と。仕方なかったのかもしれません。「coi-na」で得たものを糧にしてこれからの道を歩んでいかれるのであれば、大勢のファンにとっても嬉しいはず。「coi-na」は解散になっても、ファンに“解散”は無いのですから…。

021a
島唱ライブ鳩間島。ここも「島巡りファイナル」の時寄った所です。「双葉」さんがライブをしてました。

022a
むつみ橋通りです。朝が早いのでまだシャッターが下りてます。迷路みたいで歩いているだけでも楽しいです。東京と沖縄とでは日の出、日の入いずれも1時間ぐらいの差があるように思いました。

024a
花笠食堂です。4回目の時と7回目の時に立ち寄って、沖縄料理を食べました。

028a
近くにある公園のガジュマル。なんという公園なのか、書いてないのでわかりませんでした。ネコちゃんが散歩していました。沖縄はネコが多い。

030a
「市場」というイメージからすると朝が遅いのだけど、開店準備中のお店がありました。

032a
初めて沖縄に行った時に訪れた波照間島。実はまだ飲んだ事が無いのです。異様に高い値段がついてたりします。

033a
市場中央通りでの写真ですが、何やら工事してますね。おそらくは夜を徹して工事をしていたのだと思います。昼間は人通りが多くて無理のはず。このような面をもっとクローズアップすべきだと思うのです。

034a
この日の朝食、の予定。実際はコバルト荘に戻る前にサンドイッチをコンビニで買って食べました。旅行中は食事が少なくなります。

038a
この辺りに以前は映画館があったと思います。国際通りも少しずつ変わっています。

043a
沖縄ツーリスト。那覇で航空券を買う時はいつもここ。航空券は依然と比べて安くなりましたが、あくまでも事前に購入すればの話。なかなか予定の立てられない身には、その恩恵が少ない。事前に購入してもキャンセル、になると悔しいではありませんか。“リザーブキャンセラー”と異名をとりたくありません。もっと早い段階で予定が立てられればなぁっと、いつも嘆いてます。

047a
面白いので撮った、わけじゃなくて、腰の痛い身には目に入ってしまう看板です。「2回目の沖縄」の時なんぞ、腰痛真っ盛りの最中で、当時治療を始めたから1年余。2歩前進1歩後退という感じでした。沖縄に行ってのんびりすれば腰痛が治る、治らなくても治るきっかけになると考えていました。でも沖縄に行ったら梅雨のはしりで天気がイマイチ。のんびりしてもつまらんという事で、結構急がしく、歩きまわっていました。自分の経験からして腰痛治療は根気との闘い。これといった治療方法も無いから、とにかく根気が必要。そのモチベーションを維持できるかが、腰痛克服に必要だと思います。1番いいのは腰痛にならない事である事は言うまでもありません。

049a
これを見る度に感心します。以前は普通車が停まっていたと記憶してます。

052a
コバルト荘のゆんたく室。いわばおしゃべりルームです。いつもいつも宿に入ってもすぐ外出。夜は夜で遅いし、それでいて朝は早い。なかなかゆっくり出来ないのが悩み。

050a
ゆんたく室にあるアルバムです。北海道の宿でもそうですが、こうした写真を見るのは楽しみ。写真は歴史、写真は宝。2~3、パラパラと拝見しました。

053a
コバルト荘を出発します。まだ宿の方は見えられてません。ちょっと夜逃げ?みたいで気が引けるのですが、宿泊料金は前払いです、1階の部屋からテレビの音が聞こえました。ピンポ~ンして、お世話になりましたと挨拶することができました。     

054a
道端に落ちていたもの。沖縄だなぁ。

056a
「パレットくもじRYUBO」前からタクシーに乗りました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

11回目の沖縄 その8

 あれから1ヶ月。マイペース、マイペース。

coi-na LIVE ~final~ 「心くみてぃ」

ライブ中、ずーっとこんな事をイメージしていました。

266a
歌という飛行機を駆って、青く澄んだ大空を自由自在に飛び回る…

270a
急上昇したり…

299a
宙返りしたり…

272a
急降下したり…

288a
こんな事や…

317a
こんな事や…

323aa
こんな事も…

297aa
だけどこの日のライブに“着陸”はありませんでした。
大きな航跡を残して、大空の遥か彼方に飛び去ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11回目の沖縄 その7 coi-na LIVE ~final~ 「心くみてぃ」

 ライブは楽しみであっても、ファイナルは楽しみではない複雑な心境のファイナルライブ。
 時の流れとはある意味残酷なもので、とうとう“その時”が来てしまいました。

coi-na LIVE ~final~ 「心くみてぃ」 

 ラストの最後、夜の部が間もなく始まろうとしています。

278a
 那覇市てんぶす館。4階にあるてんぶすホールまで一歩、一歩階段を上って行きました。

317a

 開場は18:30でしたが、すでに客席にはたくさんのお客さんがいました。最前列でズラ-ッと並んでいるのは熱心なファンのように見受けました。中央やや後方寄りに空席を見つけて座ります。

279a

280a

 後から後からお客さんが来て、空席が埋まっていきました。客席がほぼ埋まった定刻の19:00、ゆっくりと照明が落とされました。そしてステージに照明が灯され、coi-naの3人が登場しました。とうとう最後のライブの始まりです。3人とも瞳がキラリ、キラリと輝いていて、涙を溜めているように感じました。


 1曲目「世願ぇ」。アメイジング グレイスを新たに沖縄の言葉に替えて唄うこの曲。言葉はどうであれ、厳かな気分になります。松戸の関東ラストコンサートでも唄ったようですが、開演時間に間に合わなかった。だから生歌で「世願ぇ」を聴くのはこの日が初めてになり、そして最後となりました。

 2曲目の前にメンバーの自己紹介です。左の方が「△△町出身の□□○○と申します」と言うと、「○○ッ、○○ッ、○○ッ…」と最前列のファンが叫びます。右の方も同様で、中央の方だけは苗字で叫ばれてました。関東地区でライブをやる時の儀式との事でした。もちろん初めて聞くもので、同時に最後となりました。また雨の中、来場したお客さんに、「皆様、お足もとは大丈夫ですか」と気遣ってくれるのでした。

 2曲目は「汗水節」です。松戸でのラストコンサートの時、ホールに入ると同時に耳に突き刺さったのがこの歌ではないかと思うのです。耳に突き刺さって、鳥肌立って、これはすごいと感動して。1部が終わると同時に会場で売っていたCD・DVD全部買ってしまった(ちょっと悩んだけど…、所持金8000円だったんで)。

 3曲目「天の白鳥」。coi-naの歌は心の中にグングン入り込んでいきます。声、曲、詩がすごくよくて。それがどんなものか、拙い文章力では表現出来ま…、せん。

 4曲目「想い空」。作詞coi-naのオリジナル曲。女性の視点から書かれている歌詞ですが、男からみてもじぃ~んとなる曲です。歌っている途中で、持ち直しましたが、左の方がこみ上げるものに耐えられなくなったのか泣き顔になってしまい、声が出なくなってしまいました。それを見た時、今日が最後なんだなと実感しました。

 5曲目「谷茶前」。演奏は無しで歌うこの曲。1人ずつ、少しずらして歌うこの曲は螺旋的に聞こえ、不思議な感覚になります。

 6曲目「Air」。作詞coi-naのオリジナル曲です。例えば北海道に行って、あっちこっち駆けずり回って。出会いあり、感動あり、笑いありと思い出を蓄積して、とうとう迎えた最後の日。フェリーターミナルのある最終目的地の苫小牧まであと130km、120km、110km…と残り少なくなっていく時、リピートで繰り返し聴きたくなる曲です。この時の心境は文字では表せられないけれど、曲の雰囲気とその時の心境がシンクロするのです。

 ここで1部が終わり、休憩になりました。
281a

 会場では解散する3人への色紙が回っています。自分のところにはその内の1つが来ました。松戸でのライブが初めてという事と、今日のファイナルライブが2度目という事を書いて…いる途中で照明が落とされ、2部が始まりました。2部では衣装を替えての登場です。

 1曲目「天咲ぬ花」。沖縄出身のアーティストのライブではよく聴く事のある歌です。教訓歌ということですが、その意味するところ、かなり耳が痛いのです。

 2曲目「遠い夏」。coi-naの前身、「天咲」としてのデビュー曲。沖縄での地上戦を歌ったこの歌を、この日はウチナーグチバージョンで歌いました。もちろんこれも最初にして最後でした。矢野憲治さんがギターを、杉内信介さんがキーボードを、島幸子さんが三線を演奏しました。天咲からcoi-naに至り、デビュー前からこの日まで育ててきた方々と見受けました。時には優しく、時には厳しく、這えば立て、立てば歩めで育ててきたことだろうと。今日のファイナルライブはその“子供たち”の旅立ちの日。“お兄ちゃん”の笑顔、“お父さん”の優しい眼差し、“お母さん”の寂しげな表情が印象に残りました。

 3曲目「島立ちの歌」。沖縄のある島では進学や就職で島を離れなければならないとトークで言っていましたが、その“ある島”とは鳩間島の事を言っているのかなっと思いました。「加治工勇ライブ」でも同様の事を言っていたからです。進学や就職の為に島を離れなければならない事は実際に聞いた事があります。

 4曲目「ふくらしゃ」。男女の恋愛を歌った歌。何だかほのぼのとした感じになりますね。

 5曲目「五穀豊穣」。ここからは沖縄らしくノリノリに盛り上がってきました。
 
 6曲目「豊年音頭」。

 7曲目「唐船どーい」。このあたりは沖縄ライブでの定番です。盛り上がりのピークです。客席から立ちあがってカチャーシー、カチャーシー。でもこれが難しく、うまく出来ません、いや全然できない。どうしても“ワイパー”になってしまいます。それでも面の皮ブ厚く“カチャーシー”するのでした。

 アンコール

 「沖縄へ行こう」。これを聴くと沖縄へ行きたくなります。実際に来てるけど。関東ラストコンサートのように太鼓関係者が演舞!というのはありませんでした。もう1度見たかったなぁ。歌詞の中にある「大好きな君と沖縄へ行こう」を、「大好きな○○と沖縄へ行こう」とメンバーの名前に言い換えて大勢のファンが合唱するのでした。

 「来訪神」。あと、もう僅か! 一言一言、丁寧に丁寧に歌ってます。そしてそれを忘れないように聴いているのです。

 「心くみてぃ」。この歌が最後でした。いけない事なんだろうけど、アップなんてとんでもない事なんだろうけど、写真、撮ってしまいました。
290a
 最後の曲「心くみてぃ」、万感の想いを込めて熱唱中。曲の合間に「皆様、本日はコイナライブ ファイナルにお越し下さいまし、ありがとうございました」と言われると、もう本当にこれが最後なんだなっと改めて実感。悲しみは唄って忘れましょう、喜びは皆さんに知らせましょう。“coi-na sound”を聴けるのも、「心くみてぃ」が最後なのでした。入場時に渡された“光棒”を取り出して、左右に振ります。本当に、本当にこれが最後なのでした。

 歌い終わると、客席に背を向けて寄り添ってましたね。胸中、如何ばかりだったのでしょうか。

303a
 今までの想いを述べてました。声が詰まって出なくなると、他のメンバーが「がんばれ~」と励ましながら…。

305a

306a
ファンからたくさんの花束、プレゼントが渡されました。

307a
ステージでの最後の姿。

308a
そして…。

309a
マイクを置いて、去って行くのでした。


11回目の沖縄 その8」に続く

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

11回目の沖縄 その6

タクシーに乗って向かった先は…

262a
りっかりっか湯でございます。首里城→りっかりっか湯860円でした。タクシーの中では眠りこけていたので運転手さんとのお話は出来ませんでした。
汗&雨で全身ベットベト、不快指数200%。ここでさっぱりさせます。ライブ会場で汗臭い匂いをぷぁんぷぁんさせるわけにはいきません。とはいっても着替えなんぞ持ち歩いていないので、衣類は濡れたままです。料金はタオル持参で950円(月~土)。料金がアップになりますが、岩盤浴がオープンしていました。さてここの温泉。前回は行った時は薄いコーヒー色と思ったのですが、今回入ってみるとそうではなく、限りなく透明で、そうだと思えばかすかに色がついているかなという感じ。温泉は加温・循環濾過式。温泉以外にもお風呂が充実していて、いろんなものがありました。ジェットバスは東北の鉛温泉みたいに立ち湯になっていました。ユニークなのがヘルツバス。お風呂の中に電極が対番になっていて、入るとピリピリします。両手を広げて電極に近づけるとピリピリ感が増します。ちょっと病みつきになりそうでした。10年近く前になりますが、岐阜県は郡上八幡に行った時、そこで入った銭湯に「電気風呂」と称して同様な物がありました。

263a
りっかりっか湯でさっぱりした後は市場本通りを歩いて、牧志公設市場へと向かいました。

265a
牧志公設市場。

269a
色とりどりの魚。

268a
夜光貝。

270a
ヤシガニ。

267a
1階のお店であれこれと物色します。3品まで500円で調理してもらえます。さてと、どれにしようかなぁ。

271a
オリオンビール。
風呂上がりのビールは最高です。

272a
島ラッキョウ。
ビールと島ラッキョウは私の定番です。

273a
ミミガーゴマあえ。
コリコリした食感が好きです。

274a
クルマエビのバター焼き。
実はこの日は飛行機に搭乗する前におにぎりを1つ食べただけでした。だからお腹ペコペコ。この日の朝食兼昼食兼夕食という事になりました。旅行中はあっちこっちと見て回るため、意外と食事時間が取れないでいます。ましてやツーリングに眠気は大敵なので、居眠り防止の為食事を抜いてしまう事がよくあるのです。バイクで居眠り?しかもドカティで?と不思議に思うかもしれませんが、やらない事は無いのです。

275a
シャコ貝の刺身。
大きさの割に、食べるところが意外と少ないなと思いました。今回初めて食べるものです。

276a
ノコギリガザミの味噌汁。
意外といっては何ですが、美味しいカニです。特にハサミの部分が美味しいですね。1位花咲ガニ、2位毛ガニ、3位ズワイガニ、これが自分なりの美味しいカニ上位3位ですが、ズワイガニと同順位に美味しいカニです。

278a
お腹を満腹にした後はいよいよてんぶす館に向かいました。ついに“この時”が来てしまいました。

ps. 次回、「11回目の沖縄 その7」はカテゴリーを「文化・芸術」に変更します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11回目の沖縄 その5

225a
木曳門。ここから中に入りました。建物の建設工事や修繕工事の際に資材搬入の為に使われた門だそうです。

231a
京の内から首里城。

235a

237a
首里城の龍。

238a
奉神門。残念だけど、もう時間が無いので首里城の中には入りませんでした。

239a_2
首里森御嶽。

244a
日影台。1879年の廃藩置県まで使われたそうです。

248a
万国津梁の鐘(レプリカ)。県立博物館にあるのが本物だと思います。移転する前の博物館では断れば写真撮影が出来たのですが、移転後は出来なくなってしまいました。

249a
漏刻門。

251a
瑞泉門。

253a
歓会門。

257a
園比屋武御嶽石門。

260a
守礼門。

首里城見学はこれで切り上げて、タクシーに乗り込みました。雨が激しく降ってきましたので全身ずぶ濡れになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11回目の沖縄 その4

187a
瑞泉酒造。泡盛の工場です。

193a
掲示板にあったポスター。時間があれば寄るのですが…。

194a
末衛増嶽(シーマタキ)。崎山地区にある御嶽の1つ。

197a
那覇市立城南小学校。たくさんの人が集まるのかな。

198a
自動販売機。オアシスです!何せ蒸し暑いので、喉カラカラ。

199a
民家のシーサー。迫力のあるシーサーですね。厄除けに最適!

200a
御茶屋御殿跡。1677年に作られた王府の別邸で、国王が遊覧し、冊封使を歓待したところ。(案内より)

208a
御茶屋御殿石造獅子。御茶屋御殿にあった物が、がけ崩れの恐れが生じたので移設されたもの。(案内より)

210a
雨乞嶽。

215a
崎山ギャラリー。まだまだ他にも像があります。この辺りは見所が多く、もっともっと時間をかけて見て回りたい所でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11回目の沖縄 その3

 さて、識名園から今度は首里城に向かいました。とてもありがたい事に、ガイドさんが帰宅するついでに首里城まで車に乗せて頂くことになりました。

123a
写真は首里城に行く途中の金城ダムです。ガイドさんによるとこのダムは飲料水を取るためとか、農業用水の為ではなくて、防災用のダムという事です。沖縄で防災用のダム?ちょっとピンときませんでしたが、熱帯地域特有の集中豪雨で下流地域が水浸しということが、かつてはあったのかもしれません。

 さて首里城まで送っていただいて首里城を見学すると思いきや、それは後回しにしてちょっと下ってブラブラ歩く事にしました。

128a
金城町の石畳道。ここで、しまった!何せ路面が濡れているので、滑る!滑る!滑る!こんなところでコケたら…、とても痛い!コケないようにヨチヨチ歩くのでした。夏のツーリングで濡れた路面にビビりまくったのに、その教訓が全く生かされて無かった。沖縄に行ったら歩きやすい服装、靴は必需品ですが、と同時に濡れても滑りにくい靴であることも必要だと痛感しました。アスファルトでさえ濡れるとよく滑るのですから…。日頃の研究?が必要なところです。靴屋さんに行って、「路面が濡れても滑らない靴、ありますか?」と尋ねて、適切な靴を示してくれるかどうか…?

137a
首里金城の大アカギ。推定樹齢200年以上だそうです。

152a
首里殿内。今回は寄りませんでしたが、ここに泡盛資料館があります。2007年に「島巡りファイナル」が完遂した記念にMy泡盛が長期熟成中なのです。

161a
金城町の石畳道から金城ダムの脇の道を歩いてヒジ川(ガ-)ビラを歩きます。石畳道で結構な勾配がありました。ここもやはり濡れていて滑りやすく、コケないようにヨチヨチ歩きです。ここを歩いて崎山地区に行ってみる事にしました。このあたりは「島巡りファイナル」の時、タクシーの運転手さんに教えて頂いたところです。

169a
先々でこのような案内があるので、案内を見ながら歩いてました。

166a
歩いている途中で見つけた看板。一瞬「えっ!?」と思いましたが、文字通り「え」、絵画教室の看板でした。

172a
沖縄に行くと土地柄でしょうか、親切を受ける事が多い感じがします。今回のガイドさんの件もそうだし、過去にも親切を受けて感激した事がります。こういう事が重なると沖縄が好きになっていきます。

175a
崎山公園から首里城。

178a
崎山遺跡。

184a
ニャンコちゃんをなでなで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11回目の沖縄 その2

047a
三越前からタクシーに乗って、移動しました。行き先は識名園。そう、去年の夏、行ってはみたものの休園日にぶつかってしまい、見れなかったところです。

沖縄でタクシーに乗ると目的地までの道すがらあれは何、これはホニャラカ、ガイドブックに書いてないようなスポットや目的地にまつわるエピソードなど、いろいろ教えてくれる事が多く、タクシーでの移動は結構重宝しています。
今回乗ったタクシーの運転手さんはかなり年配の方で、率直に言って年配者特有の“何を言っているのかわからない”面がありました。識名園に関しては「世界遺産に登録されて…」という位にしか話が聞けませんでした。話題の普天間基地に関しては、我関せずといったご様子であまり関心が無い感じ。「普天間なんて、昔は何もなかったんですけどねぇ、それが家が出来て、学校が出来て…」とか、「なぜF-22戦闘機を配備しないんでしょうかねぇ。あれ1機でF-15、5、6機分の能力があるのに」とか、「F-22に使われているボルトがチタン合金で出来ていて、1本25万円」とか、なかなかコアな話をされるのでした。

052a
識名園に到着。三越から980円でした。入園料は400円。蒸し暑いので入園前に売店でペットボトル飲料を買うと、園内で休憩所以外での飲食はしないで下さいと注意されました。また入園する際、ボランティアガイドさんに園内を案内して頂く事になりました。ただあくまでもボランティアなので、突っ込んだ質問をされると困ってしまうそうです。

055a
正門。屋門(ヤージョウ)と言われ、国王一家や冊封使が出入りしていたところです。また識名園は1994年に尚家から那覇市に無償譲渡されたとの説明でした。

056a
正門前にて。“デンデンムシのでかいバージョン”。これは何ですかとガイドさんに訊けばよかった。

060a
育徳泉。池の水源の1つです。2~3日前の雨で水量が多いとの事でした。雪解け水のように青みがかかっているような感じでした。中を覗くとうにょうにょ、うにょうにょ、うごめくものがいました。ガイドさんによるとイモリだそうです。イモリがいるぐらいですから、それだけ水がきれいなんですね。

063a
「育徳泉」の碑。右から読みます。碑の欠けてる部分や凹んでいる部分は沖縄戦で損傷した部分という説明でした。

067a
庭園の池。

068a
石積みに注目。中央左側の粗い部分がかつてもの、右側の緻密な部分が戦後復旧したところなんだそうです。

069a

071a
御殿。室内の写真が冊封使を迎えた一番座です。戦後復旧するに当たり沖縄では材料が無い、作り手が無いという事で、本土から材料と作り手を呼び寄せたという事でした。

086a
石橋。

088a
御殿と六角堂。

092a
ソテツ。ソテツにはオスとメスがあり、写真のソテツはオスという説明でした。

093a
黒檀。三線の材料になるという説明でした。

094a
月桃。

096a
池の配置。「心」という文字をくずした配置になっているそうです。写っている手はボランティアガイドさんの手です。

100a
園内の注意書き。1999年夏に訪れた際はそこかしこに見かけたものでしたが、今回は見た限りでは1ヵ所だけでした。園内には業者によって罠が仕掛けられ、年に2~3匹は捕まるそうです。

101a
船揚場。かつては2艘の船があって、1艘は遊覧用、もう1艘は池のメンテナンス用という事でした。

104a
濠の跡。

109a

106a
歓耕台とその眺望。

111a
バナナ園にて。

114a
キンシチク。

117a
シークァーサー。

120a
かつてはずーっと向こうまであって、ここで馬の練習等をしていたそうです。いうなれば馬場というところかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11回目の沖縄  その1

今回の沖縄旅行の目的は…

coi-na LIVE ∼FINAL∼ 「心くみてぃ」 

を聴きに行く、でした。

001

 4月30日に松戸「森のホール21」で開催された「coi-na 関東ラストコンサート with 炎舞太鼓」に行って、初めて聞くそのきれいな歌声が琴線に触れまくり、とても感動しました。更に会場で購入したCDの歌詞を読んでじぃ~んとなり、改めてCD・DVDを聴くと更に更に感動してしまいました。中学生、高校生時分ならいざ知らず、この年になっても(あえて秘す)こんなに感動する心があったのかと、驚くほどです。でもこの時点では“最初で最後”と思っていたのです。

 が…。その「森のホール21」での感動が日を経るに従って鎮まっていく、どころかますます増幅していきました。このような事は生まれてこのかた1度もありません。このまま解散になって埋もれてしまうのはあまりにも惜しい、惜し過ぎる。もう1度、もう1度でいいから聴いてみたい。そして記憶に刻み込んでおきたい。でも、もう東京ではライブは全て終了してしまいました。で、どうしたかというと…

006a
2010年5月29日、羽田発6:35沖縄行、スカイマーク511便に搭乗するのでした。

011a
飛行中、いつもは雲を見て見飽きる事はありません。だけどこの時は睡眠時間があまり取れなかった上、朝まだ暗いうちに出発しましたので、寝て起きて、寝て起きてを繰り返して睡眠を取るのでした。

014a_2
沖縄到着!

019a
空港での注意書き。

025a
空港を出ると外は雨。しかも湿度100%と思えるほどの湿気に包まれました。沖縄は梅雨の真っただ中なのでした。夏のカラッとした暑さとは全く違っています。いつも旅行するとパンフレットをごっそりと貰ってくるのですが、そのパンフレットがしけっているのでした。

036a
県庁前駅で、「かりゆしフェスタ2010」の写真。面白そうなイベントですね。

039a
県庁前駅。空港から230円。モノレールが駅に近づくと車内アナウンスがあるのですが、その前に沖縄の歌のメロディが流れます。壺川駅が「唐船どーい」で、県庁前駅が「天咲ぬ花」でした。

041a
国際通りを横切ります。

042a
お宿はいつものコバルト荘。身一つで那覇にいる時はいつもここです。10年前、初めて泊まった時の“温かみ”は今なお忘れてません。

宿に入って、「先ほど予約した○○ですけれど…」と言うと、「今日解散する“女の子グループ”を見に来たのですか?」と訊かれビックリ。というのも自分と入れ違いにチェックインした方がやはりcoi-naのライブを見にやって来たそうです。その方はファン歴も長く、いろいろ詳しいらしい。
「有名ではないけれど凄い、と話していました。そこで今来る人も(自分の事)それが目当てで来るのかなぁっと話していたところでした」と宿の方。
「1ヶ月前に初めて聞いたのですが、それがものすごくよくて。でも今日で解散になるので、それで沖縄にやって来ました」と沖縄に来た理由を告げるのでした。でも、宿の方はcoi-naを知らなかった!メンバー3人とも那覇近辺の出身だし(ちょっと大雑把か)、地元那覇で知られてないのは意外な感がありました。そこで外出する際、持参したCDを聴いて頂く事にしました。ただ、翌朝出発が早かったので感想は聞けませんでした。

044a
てんぶす館です。場所は知ってはいましたが、念のため会場を確認。チケットを予約する際、初めはてんぶす館に電話をかけたのですが、てんぶす館では直接買いに来る人だけにしか販売してませんでした。

045a
そこで紹介されたのが高良レコード店。東京までチケットを送ってもらうとプラス500円かかってしまうので、チケットを取り置きしてもらいました。

046a
チケット入手!夜の部までは時間があるので、その間、観光する事にしました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同級生との伊勢参拝 個人行動編 その2

 よく23日は朝はゆっくりとして、ホテルを10:00に出ました。熱田神宮に行って、徳川美術館に行って、豪華なランチバイキング、グルクンの唐揚げまであった!そして名古屋駅で地元に帰る同級生と別れたのです。塩尻まで行こうかなと思わないでもなかったのですが、普段なかなか思うように時間が取れません。せっかくの機会だし、名古屋近辺を回ってみたいと思っていたのでした。

 早速レンタカーを借りてドライブです。

006
昨夜行った名古屋城を見学する事にしました。実に15年振り!でした。

012a
内堀のシカ君です。

014a
東南隅櫓が公開されていたので見学しました。櫓は防御の拠点でもあります。

040a
本丸御殿復元工事。ヘルメットを被っての見学です。

075a
天守閣まで階段を上りました。地階から7階まで183段位ありました。もちろんエレベーターもあります。見かけは年代を感じさせますが、中は近代的です。

081a
天守閣からの眺望。

083a
6階から下、全部の階ではないけれど、展示資料室になってます。

087a
戦災で炎上する天守閣。

090a
火縄銃。下の長いものは2m40cm以上あります。

105a
西之丸。15年前に着た時はここで火縄銃の実演がありました。もちろん実弾射撃ではありませんが。

111a
毎度いつものように終着駅巡りです。地下鉄名古屋港駅。

117a
おおあみ線、金城ふ頭駅。

119a
木曽岬温泉。再びやって来ました。熱めの湯で、岩盤浴と寝湯を足して2で割った砂利風呂が気持ちいい。ここから名鉄玉の井線終着駅である玉の井駅に行こうと走り出したのですが、、レンタカーの返却時間に間に合いそうにありませんでした。そのまま名古屋駅に行き、レンタカーを返却しました。

124a
名古屋驛麺通り。全国のラーメン屋さんが揃っていました。

127a
矢場とんの味噌カツ。

134a
のぞみ64号で東京に帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同級生との伊勢参拝 個人行動編 その1

 さて写真整理もようやく終わったので、遅ればせながら5月21日から23日までの行動を書いてみたいと思います。といってもそんなに詳しく書けるわけではなく、個人的な行動のみです。

 5月21日は半日だけ仕事で、午後は切り上げました。荷物を確認して、私用を済ませて、新宿から20時発「あずさ」に乗って塩尻まで。塩尻で友達に拾ってもらって、時間が来るまで友達の家で過ごしました。子供とジグソーパズルなんかしちゃったり。

 時間になって今度がバスに拾われて同級生らと合流しました。バスの中でビール飲んで、チューハイ飲んで、ハイ○ール飲んで(これがいけなかった)、寝たのは2時か3時ごろ。そして伊勢に着いたのは翌23日の6時頃だったでしょうか。風呂に入ってさっぱりして、ご飯を食べたのですけれど、このあたりから体調最悪。朝ごはんの匂いにさえムカムカする始末。挙句の果てにとうとう…、となった次第でございます。日頃からウィスキーを飲むと、それが僅かな量であっても両肩が異様に重く押さえつけられているかのようになり、何とも表現出来ないいやな感じになるのですが、やっぱりウィスキーは自分には合わないんだなと認識しました。

 おかげで伊勢参拝は悲惨の極致!ムカムカ、ムカムカ。早く終われ~っと心の中で何回叫んだ事か!それほどまで「もう、ダメ」という状態でした。参拝後、速やかにトイレに駆け込んだのでした。

 でもその後は急速に体調回復。冷たいものとアルコールはやめましたが、あとは全然平気。お昼に松坂牛なんぞ食べて、胃もたれるかなっと思いましたが、そんなことはなく、美味しく頂きました。

 その後は名古屋に移動して、夜は宴会です。その後は自由行動で、私は沖縄のライブを楽しみにしていたのですが、電話してみたところ空席がなく、残念な結果になってしまいました。そして一端、ホテルに戻りました。

 でも、じーっとしているのもつまらないので外出する事にしたのです。

003
タクシーで名古屋城まで行きました。23:00までライトアップされてます。

006
鯱も輝いてます。

011
ニャンコちゃんと戯れ。

018
名古屋城からテレビ塔まで歩いていたら、見つけました。ホタルの生息地なんだそうです。都会の真ん中にこのような空間があり、ホタルが生息しているだなんて、驚きです。歩きならでらですね。バイクや車では気付く事も無く、通り過ぎてしまいます。

024
ツーリング気分で標識をパチリ。

025
テレビ塔。時間が時間なだけに、中には入れませんでした。

003_2
浄信寺。

004
柳橋中央市場。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グッタリ…

 ここ3日間のハードワークがたたって、今日はグッタリ…。寝て起きて、寝て起きての繰り返し。どこかに出かけたくても、疲れ果てて、どこも行く気になれなかった。文字通り、休日。年寄りみたい…、なんて言われてしまったが、何て心ない言葉だろう。朝早い、夜遅い、時間に追われてやっとの思いで完了までこぎつけたのに…。

 昨日の事を思うと、やはりそれなりの対策をすべきだったと反省した。時間の余裕も無く、人手も足りない。ましてや昨今のデフレ現象で単価が下がり、余計なことはやりたくないという意識が働いてしまった。明日あたり改めて何らかのお咎めがあるかもしれない。自分だけの事を考えていればよい立場ではないのを忘れていたわけではないのだけど…、いや、いろいろ書いても全てが言い訳。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長嘆せしむ

 今日も仕事。天気のいい土曜日は休みたい。世間の皆様のように休日をエンジョイしたい。

 今日も昨日と同じ仕事先。だけどここは隣同士、奥方連中の仲が悪く、とばっちりを受けてしまう。やれ車が邪魔だの、埃がすごいだの、なんだかんだとテンパッて言いたい放題。反面、旦那連中はおとなしく、「言いたくはないんだけど…」と前置きして、やんわりと言うだけだった。

 なるべく迷惑をかけないようにして入るのだけど、やはりどうしても防ぎきれない面がある。養生のしようもなく、なるべく出ないように、出ないようにとやってはいたのだけど、どうしようもなかった。となると早く仕上げるのみ。早く終わらせる事が迷惑をかけない一番の方法。

 確かにね、あーすればよかった、こーすればよかったと、今にして思う。この程度の事は許容範囲という甘えがあったのかもしれない。今後の為にいい教訓になったけど、こんな隣同士仲が悪いところは勘弁願いたい。互いに何のメリットも無いだろう。

あ~疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結果的にはホッ

 昨日は仕事先に行くのに気が重かった。前日の雨が物凄く不安をもたらした。もしもの事を思うと不安でならなかった。周りは大丈夫だと言うけれど、何かあると責任を取らなければならない身には不安が大きい。あーすればよかった、こーすればよかったと後悔した。

 結果的にはセーフのようで、何も言われなかった。もしかしたら今日、言われるかもしれない。やはり面倒に思えたも、きちんと養生すべきだと反省した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒンヤリ

 天気に影響される仕事なので、普段から天気予報がすごく気になる。様々なデータ、スーパーコンピュータによる予報でも100%的中するわけではない。だから100%信用することは無いけれど、かなりの割合で参考にしている。

 今日は天気が良いという予報なので、ある仕事に取りかかった。だけど今日の内に終わる事はなく、翌日、更に翌々日に繰り越しになった。今の状態は“か弱い”状態で、雨が降ると心もとない。昼間、暑い中にもひんやりとしたものを感じたので、もしかしたら雨が降るかもしれないと思わないでもなかった。ところが夕方になって、かなりザーッと降られてしまった。自然のなす事にはなすすべもなく、経過を見守るのみ。だけど“か弱い”状態なのでかなり不安がある。もしもの事を思うと胸が“ヒンヤリ”とならざるを得ない。幸いにして長時間降る事は無かったけど、それでも雨量としてはかなりのもの。不安が払しょくしたわけではない。何だか明日が怖くなった。

 同業者のやり方を聞く機会があったので聞いてみると、なるほどなというところが大。しかも万が一の為に備えている事。「おたくも入っているでしょ?」と事なげに言われてしまった。

 そこで何かあったら大変だから万が一に備えようと提案したのだけど、やれ高いだの、やれいくら以下はでないなど、てんで聞く耳を持たず。何かあったらそれだけじゃ済まないよといっても、理解できないらしい。どうしてそんなにおめでたいのだろう?摩訶不思議。今のところ責任があるわけじゃないからそーゆー選択をしているんだなと思うだけ。自分だったら絶対に入るんだけど、ね。

 とにかく今日はヒンヤリとさせられてしまった。明日が…、怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真整理進まず

 最近は急に仕事が立て込んでしまった。おかげで朝早い、夜遅いという日々。ヒマな時は無聊に苦しむけど。これが平均してくれるといいんだけどな。

 写真整理が思うように出来ない。昨夜も横になったら寝てしまった。こうして時期を逃していくのか?まぁ、義務じゃないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

資料紛失!

 この間、同級生らと伊勢参りに行った時の予定表とか、回った先でのパンフレットとか、ファイルにまとめていた資料がどこかに雲隠れ。全然見つからない。ハテ?どこにしまったっけ。失くしちゃいけないと思ってしまったはずなのだけど、見つからない。ハテハテハテ?順番を入れ替えようかなぁ。「

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親の愛

親の愛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戻りたい

 日常の会話の中で「時間が経つのが早い」とよく言われます。自分自身もそう思う時があるのですが、思っても口にしない事にしています。
 でも…。この1週間はあっという間に過ぎてしまいました。もう1度、1度だけでいいから1週間と4時間前に戻りたい。1週間と4時間前。ある所にいて、ある建物の前にいた。いや、もう入っていた。これから始まる事を心に留めようとしていた。これが最後。琴線に触れる、美しい感動。2010年5月29日 OPEN 18:30 START 19:00。

 遅々として進まない写真整理。アップできそうな写真、アップしたい写真。あー書こうか、こー書こうか、文案も考えて。大して文章力は無いけれど、精一杯書いてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は細かい仕事

 今日行った仕事先は、いうなれば高級住宅街。家の人もかなり恰幅が良く、時には会社から運転手つきで迎えが来るぐらいだから、かなり地位の高い人と見受けられた。

 だけどこういう場合、見下されたような感じを受ける事が少なくない。でも今日の人は違った。細かい仕事で悪戦苦闘していると一言、「大変だね」。

 たった一言だけど嬉しくなって、気合を入れて仕事をさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の出来事

 昨日の打ち合わせでは日時的な事は何も決めていないのに今日になって、「明日だよねぇ」。 

 「はぁ?」

 「いや、明日じゃないと困る」

 で、明日になってしまった。

 何だか最近こんなのばっか!

 怒濤の写真整理といいたいけれど、実のところ、なかなか進まない。あれは何、これは何、というわけだけど、PC画面を見ると眠くなる。遊び呆けていた罰なのか、最近は自分自身の時間が取れない。朝早く家を出て、帰宅が遅い。もっと時間が欲しいね。1日24時間あっても、その中で自分の使える時間なんてブログを書いている僅かな時間だけ。やっぱりもう寝る事にしよう。明日もまた早いし…。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

闘魂

 今日は時間的にかなり無理がある仕事を押し付けられ、文句の1つでも言ってやろうと電話をかけようとした。だが、やめた。やってみせる!こんな無茶苦茶な事を言う奴には頭にくる。命令とは何なのか、それがわかってない。偉くなると、自然とああなるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怒濤の写真整理

 写真整理をやっております。これは何?これはどこ?

 夢のように過ぎ去った2日間。感動は今も続いていて、よかったなぁ。でも、終わっちゃったんだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »