« ノウハウの貯め方 | トップページ | 沖縄物産展 »

見積もりに苦しむ

 考えてみれば怒られたり、恥かいたり、出費を伴わなければノウハウが蓄積されないようでは中堅とはいえず、素人の域を出ないのかもしれない。

 見積もりの作成に苦しんだ。いつもだけど、特に今回は何度もやり直した。数値の拾い方一つでがらりと変わってしまうだけに、慎重を期した。だけど何度やっても対象に対して金額が大きくなった。一つ一つの数値は小さくても塵も積もれば何とやら、かなりの金額になってしまった。無理に安く見積もりして赤字をこいてもしょうがないし、かといって金額が多いと仕事が来なかったりするから厄介だ。その線引きが大変難しい。

 更に過去の仕事との整合性がなければいけないから、“厄介度”が高くなる。プレッシャーも大きい。
 
 受け取る方としては意外と金額しか見てない事が多いように思う。そんな事までやってられないのかもしれないけど、項目までは検討しない事が多いように思う。受け取る方が期待する金額になっていれば万々歳だけど、その差が多過ぎると…。ましてや今の時代、安ければ安いほどいいという空気がプンプン。善意事業ではないのだから、赤字をこいてまでは出来ない。かといって仕事は欲しい。見積書の作成とともに、高いと言われた場合の反論まで考えておかなければならない。

 さてさてこの仕事、どうなるか。見積もりといえども勝負。相手のある事だけに斬首台にかけられているような感じ。

|

« ノウハウの貯め方 | トップページ | 沖縄物産展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515758/48158912

この記事へのトラックバック一覧です: 見積もりに苦しむ:

« ノウハウの貯め方 | トップページ | 沖縄物産展 »