« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

島唱ミニライブ

 今日は雨。雨ではツーリングにも行けないし…(雨の場合、日帰りツーリングは中止です)。という事で、昨日の「大鹿児島展」にまた行ってみて、島唱ミニライブを聴いてみる事にした。

004a
喜界島出身、永志保さんのミニライブです。メモしているわけではありませんのでどんな曲名なのかはわかりませんが、奄美大島で歌われる唄を唄ってくれました。始まりの唄と終わりの唄、それと中間に2曲ぐらい。琉球弧の文化圏を感じましたが、沖縄のそれとはちょっと違うように感じました。手の動きもカチャーシーとはちょっと違ってます。

 三線の説明もしてくれました。沖縄の三線とはちょっと違って、弦が細くて高い音が出るということです。独特の裏声もこの三線に合わせているという事です。それにバチも沖縄では水牛の角を加工して使ってますが、奄美大島ではべっ甲やナントカ(失念)、今はプラスチックも使っているという事です。

こういった機会があると、奄美大島に行ってみたくなります。バイクを持ちこんでツーリングしてみたいな。

005a
屋久島のブースだったと思いますが、たんかんのジュースです。果汁100%のぜいたくなジュースです。酸っぱくて飲みにくいと思いきや、そんなことはなく、美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大鹿児島展

大鹿児島展
今日(ていうか、昨日)、池袋の東武デパートに行ってみたら10階で「大鹿児島展」をやっていた。

このテのものは好きなので、早速行ってみた。

鹿児島の特産品や工芸品が展示販売されていた。あっちこっちのブースを回って、いつものようにパンフレットをがっぽり貰ってきた。

更に黒まぐろ丼、鶏販を食べて胃袋を満タンにしてきた。

鹿児島といっても結構広く、南は与論島まである。与論島のブースではなんとドラゴンフルーツのジャムが売られていた。沖縄に行った時もこれは見た事が無い。

今日は11時から、14時から島唱ミニライブがある。行かれては如何?大鹿児島展は2日までです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

020202

今、ブログを書く前に開いてみたら、カウンターが「020202」。

何かいい事ある前兆?と思いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログタイトル変更

の一案が思い浮かんだ。

変更しようかなっと思ったものの、これといった案が思い浮かばなかった。

変更するのはタイトルだけで、中身の変更はナシ、変更したら書けなくなりそう。

で、思い浮かんだ案は…。その他大勢の中に深く埋もれそうだけど、自分らしくていいか?

それでも一応、検索にかけてみた。似たようなものはヒットするけれど、全く同一にはヒットしない。

ちらっと耳にする分には人の名前のように聞こえなくもない。そのものズバリのタイトル。

う~ん、もうちょっと、何かないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都電三ノ輪橋

都電三ノ輪橋
今日は荒川区荒川まで行ったので、都電の終着駅三ノ輪橋に行ってみた。

行ってみると、何とも味のある駅ではないか。まるで鉄道模型みたい。

で、ジョイフル三ノ輪という、アーケードの商店街を歩いてみた。これがまた、何とも絶筆に尽くし難い、顔の見える商店街。東京にもこんな所があるんだなぁっと感動してしまった。行って戻って来ただけだけと、楽しかった。今日は愛機FZ-28を持って行かなかったのが悔やまれる。持って行ったらバシバシ撮りまくっただろうに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暖かく

なると、なんとなく心ウキウキしてきます。特にいい事なんて何もなく、いや、何かいい事ないかなぁっといつもいつも四六時中思ってたりしてますが、それでも不思議とウキウキしてくるんですよね。

 周りを見るとマスクしている人を多く見かけるようになりました。花粉症の時期が始まってきています。幸いにして自分はあまり症状が出ないのですが、それでも始まりの時期は鼻が詰まったり、目がショボショボしたりします。その後症状が治まって何でもなくなるのですが、いつ悪化するか不安です。

 昨日は六義園(りくぎえん)に立ち寄ってみました。只今写真整理中。今日、アップ出来るかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暖かい

ですねぇ。

東京は日中、お日様が当たるところはポカポカです。

となると、つい眠気が…。

先週の寒さがウソのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨夜

は、3時間弱でジグソーパズルを作るというか、製作するというか、組み立てるというか、適当な言葉が見つからないのだけど、とにかくやり終える事が出来た。これが500ピース、1000ピースと増えるにつれて、2次曲線的に時間がかかるようになっていくんだろうな。

001


 パズルはイタリアのアマルフィ海岸で、世界遺産に登録されている物。パズルを買って初めて知った。あえてネット検索もせず、地図も見ないで写真だけで想像すると、南イタリアの地中海に面した風光明美なところ。陽がサンサンと輝いていているところのように思える。こんなところで暮したら毎日が楽しいだろうなと思ってしまった。

 ジグソーパズルで世界旅行、なんていうのもいいかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジグソーパズルをやる前

に、“パズル台”たるものを製作しました。↓

001

手元にあるベニヤ板やら角材を使って台を作りました。見た目はイマイチですが、廃物利用ですから、まぁ、しょうがないですね。大きさとしては75cm×50cmが余裕をもって収まる位のサイズです。

でも、よくよく考えたら、台だけでは不足してます。

そこで、↓

002

“蓋”も作りました。写真は“蓋”を嵌めこんだ状態です。ステーや取っ手はホームセンターで買ってきました。パズルは完成するまで結構なスペースが必要になってしまいます。しかも完成するまで移動も出来ません。そこで“蓋”でもって台の上から押さえつける事が出来れば、途中の移動も出来るようになりますし、立てにしたり、横にしたりと収納も出来ちゃったりします。

今日はちょっと、“台”と“蓋”の製作だけで、明日からやる事にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジグソーパズル

を、購入しました。

明るくてカラフルなパッケージに魅せられて購入してしまいました。

300ピースの、仕上がりサイズが38cm×26cmのものです。

これならパソコンディスクの前を片付ければ、スペース的になんとかなりそうです。

1000ピースをと思いましたが、そんな無謀な事?はやめて、手始めに300ピースのものを選びました。

明日から取りかかろうと思います。

3日坊主になりませんように・・・。

002


| | コメント (0) | トラックバック (0)

09冬の北海道 その18

走行距離

12月30日 東京→新潟西港 308.6km

12月31日 小樽→札幌→新十津川→札幌→増毛 354.0km

1月1日 増毛→豊富 177.8km

1月2日 豊富→浜頓別 232.7km

1月3日 浜頓別→佐呂間 251.0km

1月4日 佐呂間→落石 275.6km

1月5日 落石→納沙布岬→別海→釧路 251.1km

1月6日 釧路→白老→苫小牧港 496.9km

1月7日 八戸→小岩井農場→東京 710.2km

合計 3057.9km

道内 2039.1km  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09冬の北海道 その17

1171a
7:52、八戸港で下船しました。これから前から行ってみたかった小岩井農場に向かいました。

1178a
高速代倹約の為、八戸から一般道オンリーで盛岡まで行こうとしたのですが、八戸近辺でウロウロ。仕方ないので八戸I.Cから高速道路を通って一戸I.Cまで行き、そこから国道4号線で盛岡に向かいました。写真は国道4号線から岩手山。

1184a
小岩井農場に到着したのが13:05。八戸から164.2km。意外と距離がありました。写真は雪まつりの準備中のものですが、雪が少なくて運び込んでいました。

1185a
上九牛舎を見学します。

1188a
二号牛舎。1908年(明治41年)に建てられた分娩用牛舎です。国の登録有形文化財になっています。

1191a
二号牛舎の案内。用途?を終えた牛さんの“その後”は…。

1200a
一号牛舎。これも登録有形文化財になっていて、1934年(昭和9年)に建てられた、搾乳用牛舎です。

1203a
一号牛舎の内部。

1206a
一号牛舎の全体写真。

1194a
展示資料室。小岩井農場や牛さんにまつわる資料を展示しています。

1195a
創業者の写真。「小岩井」というのは地名ではなかったなかったんですね。創業者の名を取ったものでした。

 ザーッと大急ぎで回りました。開拓期の雰囲気をたっぷりと残しています。次回はもっと時間をかけて回りたいと思います。

1214a
東北道盛岡I.Cにて。東京までファイナルラン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09冬の北海道 その16

1127a
国道235号線を北上して様似町に入ります。

1131a
エンルム岬。

1134a
JR様似駅。

1139a
みついし昆布温泉。420円。

1140a
国道向かい側の牧場にて。未来のサラブレッド。

1141a
ピリカヌプリかその周辺の山だと思います。

1143a
新ひだか町港町付近。ここからは淡々と車を走らせました。

1154a
鶴の湯温泉。400円。北海道最後の温泉です。薄暗くてよくわかりませんでしたが、灰茶色といえばイメージがわくと思いますが、そんな色の温泉でした。10年前もこの温泉に入りましたが、やはり北海道最後の温泉でした。

1156a
鶴の湯温泉から苫小牧を過ぎ、国道234号、国道36号線を走ってJR白老駅まで。ここを北海道最終の地としました。ここから苫小牧に戻りました。

1165a
苫小牧港フェリーターミナル入口。とうとうここまで来てしまいました。卒業式の時、階段を1つ1つ上がって壇上に上がる時と同じ気分になります。

1166a
苫小牧港フェリーターミナル。乗船手続きをするのが何とも辛いのです。

1169a
北海道ともお別れです。川崎汽船、シルバーフェリー「ベガ」に乗船して、北海道を後にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09冬の北海道 その15

 この日、1月6日は北海道最後の日でした。

993a
釧路湿原です。北海道は広いなぁ。

1005a
国道38号線、白糠町にある馬主来沼付近です。国道38号線を南下して襟裳岬を目指します。

1015a
国道38号線から国道336号線を走ります。交通量がグッと少なくなりました。

1019a
十勝川。

1026a
国道336号線からそれて道道881号線を走って晩成温泉へ。冬季のためお休み中。1997年の北海道1周ツーリングの時入りました。確かコーヒー色の温泉だったと思います。今回、入れなくて残念!

1032a
ナウマン象発掘現場。

1045a
黄金道路。

1050a

1056a
フンベの滝。10年前に来た時は氷曝でしたが、今回はそうでもありませんでした、コケも生えてたし…。やはりここでも、暖かいなぁっと実感。

1072a
望洋台から黄金道路。

1079a
国道336号線から道道34号線を走って襟裳岬を目指します。左側は百人浜。

1086a
百人浜で。植生してるんですね。年代を追っていくとあの時はあーだった、この時はこーだったと思い浮かべました。展望台もありましたが、こちらはかぎが掛かっていて入れませんでした。


1101a

1098a
襟裳岬に到着です。夏の賑わいがウソのようで、訪れる人も少なく、閑散としてました。お土産屋さんも1軒も開いてませんでした。

1091a
風の館。冬季休館中。10年前は開いていたのですが…。風速40m/s(25m/sだったかもしれません)を体験しました。

1094a
襟裳岬灯台。

1110a
コンブ漁。海が冷たくて、辛いだろうなぁっと思いました。

1122a
襟裳岬西側の海岸。匿名のネットとはいえ書ける事ではありませんが(恥ずかしい?)、10年前、ここから夕日に向かって思いのたけをぶつけたのでした。でもそれは実を結ぶ事はありませんでした。今頃どうしているのかなっと思う事もありますが、ただ思うだけです。で今回は、周りに誰もいない事を確認してから、10年前の想いに決別するのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09冬の北海道 その14

963a

966a


965a
歩道にて。

971a
ここで食事して、釧路の味覚を堪能しよう。

967a
つぶ焼き。

970a
マダカカレイ。

969a
ラーメン。

973a
釧路赤ちょうちん横丁。

975a
外気温と路面温度を記してます。でも、例年よりかは暖かいのでしょうね。

976a
JR釧路駅。

977a
釧路駅前で。

978a
釧路グレース教会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09冬の北海道 その13

888a
JR根室駅。

891a
「道の駅スワンねむろ」から風連湖。

895a
新酪展望台から国道44号線。北海道は広いなぁっと実感。

898a
国道沿いのモニュメント。牧草ロールのオブジェ。

902a
国道243号線から風連川。氷結してますね。

908a
国道243号線の直線。別海町にて。北海道はこれですね、ひたすら突っ走ります。

913a
国道272号線から摩周岳。ズームにて撮りました。

923a
国道272号線。標茶町にて。

927a
キタキツネ。人がいると、近寄ってくるんです。警戒心あるのかな?エンジンをかけると逃げたりしますが。でも、餌はあげません。かわいそうかもしれませんが、人に慣れ過ぎてはいけないと思うので。

937a_2
釧路和商市場にて。和商市場のみならず、市場には割と寄る事が多いです。

940a
う~ん、どれにしようかな?

939a
ジャ、ジャ~ン。勝手丼です。好みで好きなトッピングを選んでいきます。

943a
釧路漁港。

956a
フィッシャーマンズワーフMOO。

962a
本日のお宿、釧路スーパーホテル。夜、街中をブラブラ出かけたい時はビジネスホテルを使います。さっそく、外出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09冬の北海道 その12

799a
カジカの宿から落石漁港。

805a
ボディーに氷結。

806a
カジカの宿。 

10年前は野付から国道272号線で中標津に向かったのですが、今回は10年前に行かなかった納沙布岬に行ってみる事にしました。

815a
道道142号線からユルリ島。

819a
花咲灯台。

829a
根室車石。

836a
北方原生花園。道道35号線を時計回りに回りました。馬が放牧されてました。

841a
トーサムポロ沼。

845a
納沙布岬に到着です。お土産屋さんが1軒だけ営業していました。

847a
水晶島。霧が出たり止んだりで、見えたり見えなかったりでした。

854a
北方館。こちらはまだ年末年始のお休み中。

857a
納沙布岬灯台。

858a
貝殻島の灯台。ズームにして撮りました。

859a
座礁した船。

862a
平和の塔。900円。中には北方領土に関する案内がありました。

876a
エレベーターで展望台まで上がります。平和の塔から納沙布岬。

885a
望郷の岬公園。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと飲み過ぎ

たので、今日はもう寝ます。

「冬の北海道」は、今日はお休み。

落石から納沙布岬行って、根釧原野を駆け巡って釧路に行って、襟裳岬周って、苫小牧からフェリーに乗って、ちょっと東北周って、東京に戻った。それだけなんだけど、写真に撮れないあんなシーンや、こんなシーンが記憶の彼方から蘇っております。

こうやって、何度も楽しめるなんて、幸せなのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の行動

001a
有楽町駅のどこかの連絡路から見た旧芝離宮恩賜庭園です。

004a_2
四季劇場。「秋」でミュージカル「クレイジー・フォー・ユー」を見ました。

005a
ミュージカルの後は竹芝桟橋にある「東京愛ランド」に行ってみました。

006a
神津島のお酒「盛若」を購入。

008a
浜松町から有楽町に移動して「わしたショップ」に行きました。泡盛を買おうと地下1階に行ってみると、CHIHIROさんの水中画の紹介やトーク、しまだあやさんのミニライブをやってました。ついでだから聴いてみる事にしました。声がきれいですね。CDを買ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミュージカル「クレイジー・フォー・ユー」

003a

 今日は劇団四季のミュージカル「クレイジー・フォー・ユー」を見に行った。昨日予約の電話をしたのだけどいい席が取れなくて、一端は別の日にとやめてしまった。でも楽しい事は先にやるべきだと思いなおし、改めて予約を入れ直した。

 行っていみると満員御礼で、見る限りでは空席などなかった。

 ストーリーも楽しかったし、見に行ってよかったなぁっと思う。俳優さんの演技を見て、すごいすごいの連発。去年「アンデルセン」を見て以来だけど、ミュージカルは楽しいな。我ながらいい趣味見つけたなと、改めて思う。今度は4月にやる「SOUND OF MUSIC」が楽しみ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09冬の北海道 その11

737a
網走から国道244号線を走ります。写真は小清水原生花園。

735a
JR釧網本線に列車が走ります。

748a
国道244号線から斜里岳。

750a
国道244号線根北峠。10年前のコースをほぼ辿っているのですが、なるべく峠越えをしないルートを選んでます。この根北峠は唯一の峠越えでした。

760a
野付半島のナラワナ。

762a
野付半島。

767a
10年前と違って雪がありません。時間があれば先端まで歩きたいところでした。

772a
野付半島からの夕日。

780a
野付灯台からの灯。野付から再び国道244号線を走って南下しました。野付を振りかえり振り返り運転していたのでした。

784a
国道244号線、別海町茨散付近。

789a
根室市に入ります。国道243号線。

793a
JR厚床駅。

794a
JR別当賀駅。ここからこの日のお宿「かじかの宿」に向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加治工勇ライブ

002a
 昨夜は下北沢の「ARTIST」で、沖縄は鳩間島からやって来た加治工勇さんのライブがあった。前から行ってみたいなと思っていたライブで、ようやく昨日になって行く事が出来た。

 うちから下北沢までバス&電車で行くとなると意外と時間がかかるので、車で行く事にした。車だと、お酒が飲めない欠点が辛い。

004a
 小さなライブハウスで、お客さんは加治工勇さんのファンばかりという印象を持った。主に鳩間島の唄を歌っていた。メモしているわけではないから曲名を全て覚えているわけではないけれど、「八重山旅情」、「アオバト」、「いだふに」、「鳩間校校歌」、「応援歌」…。西表島の民謡も歌った。1部、2部、休憩を含めて1時間半、もうちょっとだったかなという時間。

 トークの中で鳩間島にもアスファルト道路が出来た事、桟橋に待合室が出来た事を話されていて、鳩間島もちょっとずつ変わってきてるなと印象を持った。カツオ漁が最盛期の頃は700人も人口があったそうだ。1周4キロほどの島に700人、さぞ賑やかだった事だろう。カツオ漁も沖縄一の水揚げを誇ったらしい。でも今では採算が取れなくなって、食べるだけしか取らなくなったと話していた。
 今は人口50人で、小学生が1人だけしかいなく、中学生は0。里親となって子供たちを受け入れて、学校を存続させていたはずだけど、どうなったのだろう。少子化の影響で里子となってやってくる子がいなくなってしまったのか、高齢化で引き受け手がなくなったのか。

 自分が鳩間島に行ったのは2001年の1月。西表島・上原から郵便船に乗って鳩間島に渡り、3泊してまた郵便船で西表島に戻った。鳩間コミュニティセンターに、公民館だったかもしれない、でっかいシャコ貝があった事。ビーチでシャコ貝や三角形の貝を集めた事(持ち帰ることはせず、元の位置に戻した)。島の周囲を、内をブラブラ歩いた事を思い出す。「民宿・まるだい」に泊まって、帰り際「また来てくださいね」と送り出してくれたけど、まだ果しえていない。また行ってみたいな。

 こうした沖縄のライブだとラストはカチャーシなのだけど、このライブは違った。お客さんが手ぬぐいを取り出して何をするのかと思えば踊りながら引っ張ったり、斜めにしたり、ユラユラさせたり、クルクル回したり…、うまく説明できないけど。鳩間島では島から出る人をこうして送り出していたらしい。カツオ漁が最盛期だった頃の名残かもしれない。その内、1つのテーブルを囲んで輪になった。もちろんその中に加わって、見よう見まねで踊った。長野オリンピックの「WAッ!になっておどろう」が思い浮かんだ。この加治工勇ライブではマイ手ぬぐいは必需品みたい。今度行く時は持って行こうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フライング

001
昨日撮った写真です。

うちの近所に1本だけ、異様に早く咲く桜の木があります。

この間のポカポカ陽気で、ちょっと勘違いしてしまったようですね。

また寒くなってしまったので、桜の木も震えているかもしれません。

春はまだ遠い感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09冬の北海道 その10

493a
出発の朝。宿の方は車が見えなくなるまで見送ってくれました。それに答えてブレーキランプを数回点滅させたのでした。

502a
サロマ湖。気温が高いせいか凍結してません。10年前はサロマ湖の上を歩いたのですが…。

505a
白鳥が泳いでました。

507a
道路を縦断中のニャンコちゃん。足、冷たくないのかな?道道442号線にて。

510a
ワッカ原生花園。

519a
国道238号線から能取湖。

525a
網走刑務所に入所します!1050円のところ、何かの割引で940円。

634a
舎房の中。

590a
野上峠越え。行刑資料館にて。

680a
オホーツク流氷館。520円。

685a
流氷も展示していました。流氷も展示していると、痩せてくるそうです。

690a
オホーツク流氷館の展望台から網走湖。

692a
北方民族資料館。450円。10年前も行きましたが、館内がリニューアルした印象を受けました。展示物が充実してました。これで450円は安い!

693a
入口にあるケナガマンモス。これはレプリカですが、牙や臼歯の実物が展示されてました。赤ちゃんマンモスの牙も展示されてました。

700a
腸製服。アザラシの腸から作った服です。他にも魚の皮から作った魚衣服も展示されてました。

714a
イヌイットの竪穴住居。

718a
牙製クマ像(レプリカ)。忽然と現れ、忽然と消えたモヨロ族の貝塚から出土されたものだっと思います。詳しく知るには網走まで。

722a
トーテム・ポール。

728a
雪眼鏡(イヌイト)。試しにかけてみる事が出来ました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

09冬の北海道 その9

448a
日の出岬。

450a
沖縄のビーチと同じように、浜辺で貝殻を拾いました。オホーツク海というと殺伐としたイメージが漠然とありますが、落ちている貝殻を見ると案外と豊かなのかなっと思いました。

451a
オホーツク温泉。500円。無色透明な温泉です。露天風呂もありましたが、寒いのでやめました。

464a
紋別市に入ります。

465a
オムサロ原生花園。

467a
もんべつ温泉。700円。無色透明。

468a
紋別スキー場。

470a
オホーツク流氷科学センター。10年前に行ったのだけど、まだ年末年始の休みで入れませんでした。

472a
カニのハサミ。

475a
海中展望台。ここはまだ行った事がありません。海が荒れてます。

477a
湧別町。

479a
上湧別町。

485a
佐呂間町。

490a
この日のお宿「さろまにあん」。

489a
夕食後、温泉に入りに行きました。ワッカの湯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09冬の北海道 その8


406a
早朝のトシカの宿。

407a_2
トシカの宿のワンコちゃん。

409a
出発を前にして、宿の方と宿泊者たちで記念撮影。各々違う方向からやってきて同じ宿に泊まり、次の日、違う方向に去って行く。今回は「とほ宿」といわれる宿に泊まったのですが、交差点のような感じです。旅行者たちと話に花を咲かせるのは楽しいものです。

410a
クッチャロ湖。

415a
白鳥がたくさんいました。

422a
国道238号線、北オホーツクトンネル手前。

423a
神威岬。かつては神威岬を経由していたのですが、北オホーツクトンネルが出来たので、岬は素通りになりました。岬まで行く道は、冬季間通行止めです。

428a
北緯45°線通過!

430a
枝幸温泉ニュー幸林。500円。薄茶色。少しオレンジ色っぽい。

433a
枝幸スキー場。

440a
「道の駅おうむ」から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09冬の北海道 その7

331a
稚内童夢温泉。最北端の温泉です。入館料600円でした。

334a_2
ノシャップ岬に到達です。雲が無ければ向こうに利尻島が見えるのですが…。海が荒れていて、雲も多く、すそ野が僅かに見えるだけでした。

338a
ノシャップ寒流水族館。10年前に行ったのですが、12月1日から1月31日まで閉館中でした。

345a
稚内ドーム。

350a
フェリー乗り場にて。利尻や礼文に渡るわけではないのですが、フェリー乗り場が移転しておりました。新しい、近代的な建物です。

351a
でも、自然条件は厳しいようで…。

354a
JR稚内駅。

365a
稚内から国道238号線を走って宗谷岬を目指します。写真は間宮林蔵渡樺之地。

367a
宗谷岬に到着です。夏の賑わいがうそのようで、ひっそりしてました。

377a
宗谷岬灯台。

374a
お土産屋さんが1軒だけ開いてました。外気温-7℃。3時半を過ぎると北の大地は薄暗くなってきます。


376a
そのお土産屋さんの流氷館にて。やっぱり寒いや。10年前は流氷館の方が温かいと感じたのですが、この年は気温が高いのか、流氷館の方が寒い。

382a
宗谷岬から国道238号線を浜頓別に向かって走り出します。写真は豊岩遺跡。縄文時代からオホーツク文化、擦文文化(といっても、ナン事だかわかりませんが…)までの遺跡があるそうです。いつもいつも通り過ぎてばかりいたので、今回は写真をパチリ。

386a
泊内橋から宗谷丘陵。

388a
稚内市東浦付近。

393a
さるふつ温泉。入館料500円。薄茶色の温泉。「石油臭い」という声が聞こえてしまい、早々に退散しました。

398a
浜頓別町。今日のお宿「トシカの宿」に向かいます。

401a
はまとんべつ温泉ウィング。夕食後、温泉へ。豊富温泉の“成分”をやむを得ず洗い流しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出すなぁ

去年行った北海道の記事を今になってアップし始めてるけど、その時の事を激しく思い出す。

アップ出来る写真は全体からすれば僅かだけど、あーだった、こーだったと猛烈に思い浮かんでくる。北海道、また行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09冬の北海道 その6

258a
早朝の「あしたの城」。

267a
宿の方と宿泊者の方が出発を見送ってくれました。1つの宿に連泊することは少なくて、いつも移動の連続です。

276a
まずは豊富温泉へ。まだ開いてなくて入館待ち。オープンは10:00~、入館料500円でした。

279a
豊富温泉。石油を試掘した時に出てきた温泉です。石油臭が漂い、実際に油がプカプカ漂ってます。別に自分は温泉フリークではないのですが、かなり珍しい温泉だと思います。皮膚疾患によいらしく、入りに来ている人が多くいます。それでも温泉に入っている地元の方と思しき人に「この温泉は何に効くんですか?」と聞いてみると、「腰痛、神経痛、財布疾患、何でも効くよ、ハハハハ」とのことでした。
豊富温泉には1994年、1998年、1999年、2007年、そして今回2009年と5回入っているのですが、来る度に成分が“濃く”なっているように感じます。石油臭も温泉成分だと思えばいい匂いなのですが、後に入った温泉で「石油臭い!」と言われてしまいました。入った後は、要注意。

285a
ここは豊富の、とある交差点です。10年前の「冬の北海道」ではここで滑ってしまい、一時停止オーバー。車の通行、人の通りが無くて何事も無かったのですが、冷汗三斗。雪道ではスリップの危険が常にあります。前にも書きましたが、決して“冬の北海道ドライブ”を薦めているのではありません。

289a
国道40号線で幌延町へ。

293a
国道40号線、北緯45°地点を通過します。この後、国道232号線を走って、再び国道106号線に行きました。

298a
道道106号線、幌延の風力発電です。何度走っても道道106号線はいいですね。ここでは動画も撮ってたりしていました。

311a
道道106号線の1シーンです。

315a
「こうほねの家」から道道106号線。

320a
抜海岩。

324a
抜海港。

326a
道道106号線(まっすぐ)と道道254号線(左折)の分岐点。ここで道道106号線とお別れです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

09冬の北海道 その5

203a
羽幌港にて。

212a
国道232号線、初山別村栄付近。国道232号線をひたすら走るだけですが、結構好きだったりします。

216a
遠別町にある旭温泉です。国道232号線から道道971号線を走って15km程にあります。10年前にも来ました。「おじさん、どこから来たの?」と地元の小学生から言われたショックは今なお忘れません。赤茶色の温泉で、入浴料500円でした。

224a
北海道の国道を走っていると境にはこのような標識があります。1997年の北海道1周ツーリングから撮るようになりました。いい記念になりますし、後で写真整理する時にも重宝します。ちなみに、写真を撮ると地図上におおよその場所、方向、日付を記入します。後に写真整理する時、はやり重宝します。

228a
鏡沼海浜公園。

230a
郷社厳島神社。

235a
狛犬も寒いのかな?

238a
手塩川河口大橋。道道106号線を走ります。北海道の中で一番好きな道が道道106号線です。

246a

249a
北緯45°のモニュメント。

253a
この日の宿、「あしたの城」に到着しました。10年前には泊ませんでしたが(風邪引いて体調が悪いという事で泊まれなかった)、1998年のツーリングで泊まった事があります。
宿泊者の中には以前からこの宿を利用している人が多く、夕食後、宿にあるアルバムを引っ張り出して、あっ!あなたが写っている、この人は今何々しているなどと、宿の方と宿泊者同士で盛り上がったのでした。また、宿の建設中の写真を興味深く拝見させていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09冬の北海道 その4

109a
ぼちぼちいこか増毛館。確か昭和初期の建物ではなかったかと思います。

115a
午前中は同じ宿泊者同士で増毛の街をブラブラする事にしました。写真は小学校へ上がる坂から撮ったものです。

123a
増毛小学校の校章。増毛は漁業の町なのでしょうか。船の錨とオロロン鳥をモチーフしてます。今や珍しくなった木造の校舎です。

125a
元気の森から増毛市内。

136a
國稀。最北端の酒造所だそうです。

173a
午後から北上する事にしました。写真は国道232号線、留萌市の塩見海水浴場付近です。

178a
小平町にある花田家鰊番屋。年始ですからねぇ、閉まってます。ここでツーリングライダーがいたので、少しお話ししました。宗谷岬で年を越して、朝からここまで走ってきたとのことでした。バイクは好きですが、さすがに冬の北海道をツーリングする気はありません。でもいるんですよねぇ。今回は2台、10年前も2台見かけました。

192a
淡々と国道232号線を北上します。写真は苫前町の風力発電です。

196a
苫前町のおしゃれな街路灯。

198a
天売島と焼尻島。1996年の夏に行きましたが、雨にやられた思い出があります。霧で何にも見えなかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09冬の北海道 その3

061a
札幌では時計台をパチリ。近くの駐車場に車を止めて歩いて行ったのですが、意外と気温が高く、雪が解けてビチャビチャして歩きにくかったです。年末年始は休館なんですね。入れなくてチト残念。

064
言わずと知れたラーメン横丁。でも札幌観光はこの辺で切り上げることにしました。

065
ラーメン横丁ではないのですが、福来軒というお店で味噌ラーメンを食べました。

072a
国道231号線、石狩大橋手前です。この時の北海道は意外と気温が高く、道路はビチャビチャでした。10年前は石狩大橋を渡ると道路が凍結してましたが、この時は凍結してませんでした。

080a
国道231号線を北上します。向こうに雄冬岬が見えます。

082a
白銀の滝。気温が高いせいか、“凍ってる度”が10年前より低かったです。

091a
JR留萌本線終着駅、増毛。この日の宿は「ぼちぼちいこか増毛館」。10年前も宿泊したのですが、移転しておりました。

098a
夕食前に宿の方に岩尾温泉に連れて行っていただき、夕食後は宿の方や同じ宿泊者同士でゲームして過ごしました。それから初詣に行こうという事で、また外出。写真は訪れた中の1つ、増毛厳島神社です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09冬の北海道 その2


030a
12月31日、午前4時45分、小樽港入港中。

033a_2
15時間弱の船旅の後、「らいらっく」下船です。

036a_2
北海道上陸!

038a
早朝の小樽運河です。なかなかいい感じですね。誰もいませんでした。
この後、小樽I.Cから高速道路に上がりました。

043a
岩見沢S.Aで休憩。雪道の高速道路は緊張します。夜明け前は降雪もあって車線がよくわかりません。夜が明けて蛇行した走行ラインを見るにつけ、滑りませんようにと祈るような思いで運転してました。

045a
滝川I.Cで下りました。

058a
JR札沼線終着駅、新十津川。この写真を撮るために、わざわざここまで来たのです。2007年の北海道ツーリングではすぐそばを通りながら終着駅、新十津川に気付かずに通り過ぎてしまいました。残すところ夕張駅のみ。夕張駅の写真を撮れば北海道の終着駅全てを周った事になります。実は2000年の北海道ツーリングで行っているのですが、写真を撮り忘れた!なんてこった!

051a
駅舎内にある時刻表。
この後、再び滝川I.Cから高速道路に上がり、札幌に向かうのでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

09冬の北海道 その1

 本来なら1年前にアップするつもりだったのですが、写真整理をサボって?今になってしまいました。1年の時を経てアップするのも悪くはないのではと自己中で思います。

 1999年に初めて冬の北海道に行ってからちょうど10年。また行ってみたいと思うようになりました。というのも、今の車を購入してから9年以上経つのに、これといった思い出がないのです。2000年冬に奈良・吉野・高野山・京都を駆け巡った。2008年冬に伊勢まで行った程度。確かに2002年以降、遠出はバイクを使うようになりました。が、あまりにも思い出に残る事が無さ過ぎて、寂しい思いが常々あったのです。車にしろバイクにしろ移動のための手段ですが、同時に自分には思い出を作る道具でもあります。その思い出が全くとは言わないまでも、少なすぎる。あれから10年、再び冬の北海道に行く事にしました。しかも今回は10年前のコースをほぼ辿ろうと思いました。

 準備は秋から始まり、エンジンオイル、冷却水、バッテリー、ウィンドウォッシャー液交換。スタッドレスタイヤ新規装着。車体各部点検。前回は見るもの聞くもの、これが最後かなぁっという悲壮感があったのですが、今回はやや気楽。舗装路であっても雪道に見立てて、練習していたのでした。

※冬に北海道に行った記録を書いていますが、決して“冬の北海道ドライブ旅行”を薦めているのではありません。

008a
関越道練馬I.Cから新潟西I.Cまで走り、新潟港まで行きます。12月30日、2008年最後の新潟発小樽行きのフェリーに乗船しました。新日本海フェリー「らいらっく」。10年前は新年明けてからの出発でしたので乗船する車が少なかったのですが、2008年最後のフェリーとなると乗船する人も多くて、冬なのにと意外な感がありました。

010a
「らいらっく」車両甲板にて。車で北海道に向かう人も多かったです。

012a
定刻の10時30分、いよいよ出港です。

016a
2008年最後の出港だからでしょうか。港湾職員が出港を見送ってくれました。沖縄の石垣島空港や宮古島空港などで飛行機に搭乗し、離陸地点に向かうべく飛行機が移動を始めると空港係員が並んで手を振ってくれますが、その光景を思い浮かべました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと終わった

 今までほったらかしというわけではないけれど、ずーっとやっていなかった去年の北海道の写真を整理した。ついでにアップできそうな写真を選び出して、画像変換。道中、ケータイから更新しいた記事もカテゴリー「2009北海道」に変更。また北海道に行ってみたいなぁ。過去の北海道の、いろんな場面を思い出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピンチはチャンス

 トヨタの新型プリウスが、ブレーキの不具合でリコールになった。

 今日のニュースはそれ一色のようだった。

 仕事帰りの車の中、ラジオでニュースを聞いていたのだけど、販売店側が「ピンチはチャンス。これを契機にして顧客との絆を…」とコメントしていた。

 ピンチはチャンス。なるほどなぁっと思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポカポカ

 今日はポカポカ陽気で、運転中つい眠くなってしまうほど。

 何だか春みたいで、嬉しくなってしまった。いい事なんて、全然ないんだけどね。

 また寒くなるそうです。今週は雨が多いみたい。季節の変わり目?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリンピック特集で

 昨夜、日本テレビで冬季オリンピックの名場面の特集をやっていた。

 懐かしい場面がたくさん出てた。けれども、自分としては’92年のアルベールビルオリンピック、複合金メダルの、荻原健二、河野孝典、三ヶ田礼一、3選手の活躍が今なお印象強い。ほとんどが期待していなかったと思う。それがジャンプで首位に立った。でも、距離で逆転されるさ、と誰もが思っていた。それが距離で逃げ切って、ついに金メダル!えっ!、まさか?、ホント?、やったぁ!!とわいたものだ。それからジャンプで稼いで距離で逃げ切るパターンが確立されて、荻原健二選手の世界選での活躍は記憶に鮮やか。あれから18年、18年、18年も経つのかぁ。何だかつい最近のように思う。

 2年後のリレハンメルオリンピックは三ヶ田礼一選手に代わって、阿部雅司選手になって、また金メダル!頬っぺたに日の丸描いて“飛行”していたなぁ。

 長野オリンピックでのラージヒル団体金メダルも印象に強い。原田雅彦、船木和喜、斉藤浩哉、岡部孝信、4選手の活躍はもちろんだけど、テストジャンパー達の活躍も見逃せない。あの時、テストジャンパーが躊躇したり、転倒していたら降雪のため中止になってもおかしくなかった。前も見えない、着地点も見えないなかで飛び出すのは物凄い勇気のいる事。“死ぬ気で飛ぶ”、それを実践したテストジャンパー。テストジャンパーに触発されて4選手の活躍になり、金メダルになったと思っている。

 バンクーバーオリンピックまでもう少し。どんなドラマが展開されるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ST4sのメンテナンス 資料編?

歴代プラグの写真をアップします。

033
CHAPION・RA59GC
2005年11月4日(28202km)から2006年12月17日(34328km)まで使用。
左が前、右が後。

034
NGK・DCR9EIX
2006年12月17日(34328km)から2007年11月29日(42936km)まで使用。
左が前、右が後。

032
NGK・DCR8EIX
2007年11月29日(42936km)から2010年2月7日(48343km)まで使用。
左が前、右が後。

プロではないので何ともいえませんが、焼け方としてはDCR8EIXが一番いい感じ。プラグを交換するとツキがよくなったり、エンジンがパワフルになったように感じます。が、今回は何も感じませんでした。プラグの状態からしても、乗った感じからしても、今回は交換は早すぎたように思います。
となるとエンジン始動に手こずったのはバッテリーの状態に負うところが大なのかもしれません。自分なりの基準、

2年以上経過している

エンジンをかける度に時計がリセットしてしまう

を満たしてないのでバッテリーの交換はしませんでした。ここ1,2年はは乗る機会が少なくなってしまいましたので、比較する術がありません。それでも補充電だけはちょくちょくしてました。寒さで機能が低下しているバッテリーに充電しても、機能が低下した状態でしか充電できないのかもしれません。前回2008年8月10日に交換してから1年6ヶ月。確実にバッテリーが弱くなっているなと実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ST4sのメンテナンス ついで編

027
ついでだからと右のアンダーカウルを外してバッテリーを露出させます。ショップの人の話だと、この状態でバッテリーの交換をも行うとのことですので、チャレンジしてみようと思いました。
が、やはり出来そうにもありません。無理にカウルをこじれば破損しそうで怖い。それに手持ちの工具では狭い隙間に入りません。これは適切は工具と熟練した技が組み合って初めて出来るものだと思いました。やはりバッテリーを交換する時は、カウルをバラした方が無難だと思いました。でもスカイツーリングで飛行機にST4sを乗せる場合は、なんとしてでもマスターしておきたい技です。

028
バッテリーの横にあるのはST4sのコンピューターです。意外と小さいのです。技術の進歩を感じさせる部分ですが、今現在の生産車は更に高機能になっていて、今やST4sのコンピューターは古くなってしまった感があります。

026
車体下部を目視チェック!汚れているのはご愛敬heart02

029
オ、オ、オ、オイルが…。前回交換してから90km(!)しか走ってないのに、オイルが見えなくなるなんてありえません!さては、交換した時に入れ方が少なかったのではないかと思いました。ショップで交換する時でも必ず自分でチェックすべきだと痛感しました。過去の例では

キャップが閉まってない(車)

リザーバータンクが空っぽ(GPZ1100)

リザーバータンクのキャップが閉まってない(GPZ1100)

なんてこともありました。人間のやる事ですからミスはあるのだけど、その結果を思うと…ね。オイルは継ぎ足しちゃいました。

031
調子のよくないグリップヒーターをなんとかしようと、少しいじりました。といっても全ての差し込みを抜いて、CRCを吹き付けてまた差し込んだだけ。そうすればもしかしたら電気の流れがよくなってグリップヒーターが復活するかもしれないと思ったのです。今の状況は、冷たくはないけれど温かくも無い、といったところ。
それとスイッチを旧型の物に交換しました。現行のスイッチは見た目はいいのだけれど、実際の使い勝手は少し悪くなったように思いました。5段階に調節できるのですが、最大を5、最少を1、オフを0だとします。ボタンを押す事によって0→5→4→3→2→1→0となっていくのですが、3から4にしたい場合は何度も押さなければなりません。まずそれが面倒臭い。更にエンジンを止めると設定がリセットされてしまいます。しかもアイドリングではヒーターが効かなくなるのでエンジンを空ぶかししながら再設定しなければなりません。これも面倒臭い。ホンダのバイクに取り付ける事が前提の部品ですから何をいわんやですが、旧型のスイッチであれば上げるも下げるも自由自在。再設定の必要も無いので楽なのです。その後テスト走行すると、見事、グリップヒーター復活!手の暖かさが腕や肩まで伝わり、冬の辛さを軽減してくれます。このグリップヒーター、年間を通して使う頻度が高いです。夏でも雨が降るとスイッチオン!高速走行中もスイッチオン!そうすると手のしびれ方が少し軽減されるので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ST4sのメンテナンス フロント編

018
まずはアンダーカウルの下のボルト、フロントタイヤ側のボルト2本と、その後ろの左右どちらかのボルト1本を外します。

019
次はサイドカウルのこのボルトを左右とも外します。

020
次にヘッドライト下の、“空気取り入れ口”の下のボルトを左右2本外します。ここまで外すとぶらんぶらんになって、カウルが“割れる”のです。

021
カウルが“割れた”ところでラジエター廻りのカウル、なんていうのかな?、を外します。ただし、慎重に慎重を重ねてボルトを外さないといけません!なぜかというと・・・、↓

022
023
折れちゃうんです!1つ位折れたって別に支障は…ですが、これって悲しいです。

024
プラグキャップが見えたところでリアバンクと同様にプラグを交換します。国産車の水冷90°V型エンジンはどうだか知りませんが、ST4sはラジエターが邪魔でプラグキャップが外せないという事はありません。

この交換方法は自分で見出したものではなくて、ショップでやっていたやり方をそっくりそのまま真似したものです。これならばカウルをバラさなくてもプラグ交換が出来るので楽ですね。フルカウル車はメンテナンス性となると××ですが、ST4sはオーナーが出来そうなメンテナンスは、バッテリーの交換を除いて、意外と楽に出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ST4sのメンテナンス リア編

今日はST4sのメンテナンスとしてプラグの交換をやる事にした。天気は良いのだけれど風が強くて、決してメンテナンス日和ではなかった。それでもなんとかやる事にした。

003
これはST4sの車載工具です。中古車で購入したのですから、もしかしたら欠品している物があるかも知れません。それでもちょっと少ないような感じがあります。

001
今日の作業はプラグの交換です。先日来、どうもエンジンの始動に手こずるのでプラグが怪しいのではないかと想定しました。まずはリアバンクから。シートを外します。ABS仕様ではないST4sには小物入れがあります。その小物入れとリアカウルの隙間にはもう少し工具を追加し、更にパンク修理セット、スペアレバーを納めています。

004
燃料タンクをリフトアップさせるため、上のカバーを外します。

006
次にゴムバンド(!)の留め具を外します。初めてこれを見た時は「えっ!」と驚いてしまいました。せめて金属製の留め具かボルトで固定するかにしてもらいたかったところ。

002
燃料タンクの注意書き。実際には3分の2程の燃料が入ってました。なかなかそういうわけにもいかないので…。とはいっても注意書きは守るべきだと思います。

008
燃料タンクをリフトアップさせました。こうするとエアクリーナーやプラグの交換が出来るようになります。タンクを外さないとプラグの交換が出来なかったGPZ1100に比べ、楽に交換が出来ます。

011
車載工具を使ってプラグを外します。GPZもそうでしたが、プラグの交換は車載工具を使った方が楽ですね。純正プラグ・チャンピョンRA59GCは値段が高いので、今回もNGK・DCR8EIXに交換しました。このDCR8EIXは空冷2バルブモデルに適合するプラグで、ST4sではDCR9EIXが適合になっております。けれど自分の使い方では一般道では高回転を使う事はほとんどなく、高速道路で使う事があるかなという程度。それも意図しない限り使う事はほとんどありません。だとしたらDCR8EIXの方がよいのではないかと思うので、このプラグを使っているのです。

012
取り外したプラグ。まだ使えそうな感じ?

010
ついでにエアクリーナーも点検します。風が強く吹いているので開けるのはどうかなと思ったのですが、好奇心とネタ作りのため点検する事にしました。10000kmごとに交換するように指示されてます。

014
取り外したエアクリーナー。まだまだ十分きれいですね。交換後、5000kmしか走ってません。10000kmごとに交換しているのですが、まだ使えそうな感じでも交換しています。この点、自分は教条的です。

013
アングル的にはイマイチですが、エアクリーナーボックスの中です。

その後、順番通り元に戻して、リアバンクのプラグ交換が終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒い!

寒い!
今日は寒かった。風がピュルピュルピュル〜と吹くと、その冷たさに震え上がった。

帰宅後、体を芯から温めようとチビリチビリとやったけど、効果の程はイマイチ。

先日降った雪は、大方融けたのですが、日の当たらない所ではまだ残ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お祭の余韻

 今日もまたこんな時間に更新。

 昨日は来るはずだった車屋さんが来なかった。待っている間、ケータイカメラで撮ったお祭の写真を見ていた。改めてその時の大変さが蘇ってきた。もう2度と体験できないだけに、“懐かしい体験”に昇華してきている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋に夢見る乙女

 昨夜はパラパラ降っていた雪も今は止んでいて、お月さんが見えている。家々の屋根には雪が薄らと積もっているけど、これも日が出ると融けてしまうだろう。

 この頃最近は夜9時ごろになると猛烈に眠くなるようになってしまった。で今、こんな時間にブログの更新なんぞやっている。

 昨日は車屋さんが来て保険の話になった。ついでだからバイクを複数台所有する時、任意保険はどうなるかを聞いてみた。僅かな掛け金で複数台分の保険が賄えるかと淡い期待を抱いたのだけど、無理なようだ。保険は車両に掛けるもので、1台につき1つの保険が原則。ただ3台以上になると大口契約といって1つの保険にまとめる事が出来、それぞれ3%割り引かれるという事だった。まぁ、この点は保険会社によってバラつきがある事だと思う。

 126cc以上のバイクを複数台所有するとなると、保険の面でもハードルが高い。2台同時に乗れないのだから、僅か何掛け金で保険に入れるようになればいいなと思う。こうなると偶数月はST4s、奇数月はもう1台のバイクというふうに保険を月単位で入れ替えるセコイ?やり方をしなければならないかもしれない。
 ネット画像だけで、まだ車両の状態をこの目で確認していないし、こんな朴訥なバイクで時間に追われる事も無く、のんびりとツーリング出来たらいいなぁという願望だけ。取扱店の少ないメーカーだし、ましてや20年以上前の古いバイク。エアクリーナーなどの消耗品は今でも供給されているのか、日頃のメンテナンスはというと、さっぱりわからない。まるで恋に夢見る乙女状態。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪
東京に久しぶりに雪が降りました。

今は晴れているから日中に溶けると思います。

新聞配達のバイクが慎重に走ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぁ~んだ、ガッカリ

 今日は午後から雨だった。雪に変わるという事で(今現在、雪が降っている)あさっての仕事の段取りを付けようと、全身ずぶ濡れになってガンバって、なんとか段取りを付ける事が出来た。

 さて帰ってみると、あさっての仕事のFAXが来ていない。電話してFAXを送るようにお願いすると…。

「あっ、その事なんだけどね。他の業者さんが…、仕事が1ケ月…。で、泣き付かれちゃって…。それじゃあという事で…。ごめんなさいね」

 と、まぁ、こんな調子で仕事が流れてしまった。寒い今の時期の冷たい雨に打たれて頑張ったのに、水泡に帰してしまった。

 不景気といわれて久しい今。僅かな仕事でも奪い合いになってしまっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »