2009沖縄ツーリング Part4

10回目の沖縄 2009年の熱い夏 その39

今回のツーリングを簡単にまとめてみました。

8月13日 自宅→有明埠頭 37.1km

8月14日 フェリーありあけ 0km

8月15日 那覇新港→那覇市 13.9km

8月16日 那覇市→名護市 104.1km

8月17日 名護市→名護市 235.5km

8月18日 名護市→沖縄市 193.3km

8月19日 沖縄市→那覇市 122.3km

8月20日 那覇市→那覇市 95.2km

8月21日 那覇市→那覇港 1.4km

8月22日 鹿児島→志布志 248.6km

8月23~24日 大阪→東京 634.1km

総走行距離 1685.5km

沖縄本島 765.7km

 「沖縄ツーリング」といっても、距離的には沖縄以外の方が走ってますね。過去の「沖縄ツーリング」もそうでした。10年前の「沖縄ツーリング」は、どちらかというと“沖縄まで行ったツーリング”。鹿児島まで行って沖縄に渡り、また鹿児島に戻って長崎鼻、佐多岬を周って日向から川崎までフェリーで帰着。2002年の「沖縄島巡りツーリング」では東京から沖縄までフェリーで。そして沖縄から鹿児島に渡り、宮崎から大阪へ。そして淡路島を半分周って(1998年に半分周ったので、その続き)神戸から東京へ。
 そして今回も、沖縄から鹿児島へ。九州を走って志布志から大阪へ。そして東京へ。これだけで沖縄本島での走行距離を超えてしまいました。

 沖縄といっても、北は伊平屋島、東は北大東島、南は波照間島、西は与那国島と意外と広いのです。で、今回はその中の沖縄本島をグルーっと周った、通り過ぎたにすぎません。でもせっかくバイクで、しかもマイバイクなのですから、あっちフラフラ、こっちフラフラ。北海道ツーリングではないのですから距離的に走ろうだなんて、ある意味もったいない。今、みかんを食べながらブログを書いていますが、沖縄をみかんだとすると、ギューッと搾った搾り汁、その濃さが沖縄の魅力だと思います。カットしたところも多いし、帰着してからこんなところもあったのかと気付いたり…。あぁ、また行ってみたい。

 夏の沖縄はもちろん暑い(熱い?)のですが、バイクで走っていると走行風と相まって意外と快適でした。まぁ、バイクがST4sですから走行風を受ける上半身は快適で、エンジン熱を受ける下半身は熱かった。エンジンやラジエターからの熱対策がきちんとしているバイクであれば夏の沖縄といえども快適に走行できます。でも汗はたっぷりとかき、1日が終わるころには自分自身の汗臭さに鼻がヒン曲がりそうになるのでした。

 ツーリングで注意していることは前後左右の空間的余裕を取る、危ない事、怖い事はやらないというものですが、沖縄とてそれは変わりません。でも僭越ながら沖縄ツーリングでの注意点を申し上げると、アスファルトの滑りやすさ、これにつきます。見た目としてはテカテカ、艶々していますし、感触としてはヌルヌル。信号待ちで片足をついた瞬間、その滑りやすさがよくわかります。路面が濡れているとビビります。レンタルバイクショップのパンフレットに“ゲレンデのように滑る”とありましたが、我が意を得たり?濡れた路面には要注意です。

 さて前回の沖縄行きは出発から帰着まで46時間。それが今回は行くだけでも50時間以上。沖縄まで、何とも贅沢な時間を過ごしました。段々と海の色が鮮やかになっていく様子は、何ともたまらないものでした。フェリーに長時間乗っていると、そのフェリーに愛着を感じるようにさえなりました。ところが今月13日。その「フェリーありあけ」が熊野沖で三角波を受けて積み荷のバランスを崩して傾き、とうとう座礁して横倒しになってしまいました。このニュースを聞いた時、本当に驚きました。「えっ、あの“ありあけ”が…」と。
 今後この航路がどうなるか、全くわかりません。なんとか復活して、再び旅客運送を再開する事を祈りつつ、カテゴリー「2009沖縄ツーリング」を終わりにしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10回目の沖縄 2009年の熱い夏 その38

   高速道路を走って、ひたすら東京を目指します。

054a
大津S.A

056a
土山S.A

059a
長島P.A

063a
刈谷P.A

066a
新城S.A

068a
浜名湖S.A

067a
浜名湖の夕焼け

069a
オド48000km遠州豊田P.Aにて。

070a
牧之原S.A

071a 
富士川S.Aからの夜景

073a
足柄S.Aの金時湯

001a_2
東名・東京料金所

004a
8月24日、午前1時33分、帰着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10回目の沖縄 2009年の熱い夏 その37

001a
一夜あけると船は大阪湾を航行中。

010a
大阪南港にて。みやざきエキスプレス。2002年の「沖縄島巡りツーリング」で宮崎~大阪で乗船しました。

013a
大阪南港に接岸しました。

021a
さんふらわぁきりしまを下船しました。だけどこのまま東京に戻るのはもったいないので、午前中は大阪をブラブラする事にしました。大阪近辺は鉄道の終着駅が多いので周る事にしました。終着駅を巡って、ちゃっかり旅情気分を味わおうという魂胆です。この終着駅巡りも'97年頃から行っていますが、道中かなり意識していないとつい通り過ぎたり、気付かなかったりします。

023a
阪神高速から大阪南港。

024a
阪神電車武庫川団地前駅。

025a
阪神電車武庫川駅。

026a
阪急今津駅。

028a
阪急甲陽園駅。

029a
阪急伊丹駅。

031a
能勢電鉄日生中央駅。

033a
能勢電鉄妙見口駅。

041a
阪急箕面駅。

044a
箕面温泉スパーガーデン。温泉に入って汗を流します。こじんまりとした温泉かなっと思ったのですが、プールあり、宿泊施設ありの一大レジャーランドです。料金も1300円となかなかのものでした。

048a
箕面温泉スパーガーデンからの眺望。

052a
中国道豊中I.C。ここから高速道路を走って、東京に帰ります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10回目の沖縄 2009年の熱い夏 その36

 佐多岬を出発したのが14:46。フェリーの出航時刻が17:55。さて、間に合うか?ここから先は走りに徹する?のでした。

189a
県道74号線佐多町立運動公園付近。

191a
県道74号線佐多町大中尾付近。

194a
県道74号線根占町大竹野付近。

196a
田代町花瀬自然公園にて。

200a
国道448号線内之浦町船間付近から戸崎。

202a
内之浦町浜。14年前のツーリングでも通り過ぎましたが、なぜか幻想的に感じられ、美しさが印象に残っています。今回も通り過ぎるだけでしたが、その美しさは変わっていませんでした。 いつまでも変わらないでいてほしいものです。

204a
内之浦宇宙空間観測所。14年前に寄った所ですが、今回はスルー。時間が…、無いのです。

207a
内之浦湾。

210a
ダイヤモンドフェリー「さんふらわぁきりしま」。志布志港に着いたのが17:18。なんとか時間ぎりぎりに着きました。出港は17:55ですが、フェリーの場合、これでもぎりぎりなのです。

211a
さんふらわぁきりしま車両甲板。

215a
志布志港。

224a
出港の時、なんと「蛍の光」が流れてきました。フェリーが出港する時「蛍の光」が流れる事は多く、不確かな記憶を辿ると、大洗、高知、日向、宮崎で流れていたように思います。でもここ最近は聴く事が無く、暫くぶりに聞く「蛍の光」でした。

225a
遠ざかる志布志港。

234a
フェリーでの食事。バイキング形式とはいえ、量が多すぎるきらいもないではありませんが、食べなきゃ、持ちません。関西を発着するフェリーは食事が充実してます。

238a
都井岬。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10回目の沖縄 2009年の熱い夏 その35

   鹿屋航空資料館を時間をかけて見学していたら午後1時になってしまいました。さてどうするか?今日中に志布志発のフェリーに乗らなければならないし、佐多岬にも行ってみたい。ええ~い!行けるところまで行っちゃえと走りだしたのでした。

131a
国道269号線、鹿屋市浜田町から。

133a
国道269号線、鹿屋市皆倉から開聞岳。

138a
佐多岬ロードパーク入口。かつては有料で、自転車は走れませんでした。サイクリストの恨みを買っていて、署名運動もあったように記憶してます。今は無料になっていて、自転車も走れるようになっています。沖縄とは雰囲気の違った南国風景です。

139a
141a
佐多岬ロードパーク。北緯31°線。

142a
駐車場にバイクを置いて、トンネルを通って歩いて佐多岬に行きます。でも、お金、取られます。300円。

147a
竹島(左)と硫黄島(右)。

148a
海がきれいだなぁ。

149a
佐多岬灯台。

155a
佐多岬から開聞岳。

156a 
もう1度、海のきれいさをアップ!

157a
展望台の中から。ちなみに展望台に入るのにも、お金、取られます。200円。佐多岬には'91年、'95年、'99年、'07年と来ていて今回が5回目なのですが、この展望台、来るたびにボロく、“変化”してます。自然環境が厳しいからしょうがないのかな。

170a
佐多岬。南国はいいなぁ。

173a
今は営業していないレストラン前で、イノシシの子を見かけました。ズームにて撮影。親イノシシが近くにいるはずなので、決して近寄ってはいけません。

184a
佐多岬の公衆電話。北海道・地球岬の公衆電話を思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10回目の沖縄 2009年の熱い夏 その34

 鹿児島港に到着すると桜島フェリー乗り場に向かいました。出来る事なら10年振りに指宿の砂風呂に入ってみたかったし、長崎鼻パーキングガーデンや知覧特攻平和会館にも行ってみたかった。しかしそこまでの時間は無く、本日中に志布志港からのフェリーに乗らなくてはなりませんでした。

011a
第16桜島丸車両甲板にて。

018a
マリックスライン「クィーンコーラル8」

023a
第十六桜島丸から桜島。

025a
鹿児島港~桜島を行き交う桜島フェリー。

027a
桜島烏山展望台にて。
この日は何だかアクセルがシブいのに気付きました。スムーズなアクセル操作が出来なくなると、ST4sは途端に乗りにくくなってしまいます。ましてやここは桜島、火山灰がうっすらと積もっていて滑りやすい。ラフなアクセル操作ではスリップ→転倒をしてしまうかもしれません。
手元にあるオイルはチェーンオイルしかありませんでしたが、アクセルグリップをずらしてオイルをつけました。出発前にメンテナンスの一環としてやっとけば、ここでこのような事をやらずに済んだのですが…。

037a
ところが!
最後の最後でボルトを1本、カウル内に落してしまいました。車体を振っても出てきません!カウルを外してボルトを探さなければなりませんでしたが、カウルを外す・取り付けるとなるとかなりの時間がかかってしまいます。ツーリング中では現実的な事ではありません。仕方なく手元にある針金で結わいつける事にしました。以後、東京までこの状態で走る事になりました。後日、オイル交換の時お店の人に、「合うボルトがあったら付けてほしい」と“お願い”したのでした。

028a
烏山展望台から。

029a
烏山展望台から。

046a
過去の噴火で埋没した鳥居。

112a
鹿屋航空基地資料館。海上自衛隊鹿屋基地の中にあります。10年前は300円位でしたが、今は無料でした。1Fには海上自衛隊航空隊に関する物が展示されていて、2Fには太平洋戦争中、鹿屋基地から出撃した特攻隊員の遺影や遺書が展示されてます。
10年前にも立ち寄った時も遺書を読んだのですが、肉親や故郷を思う気持ちで溢れてました。「明日、敵艦隊ニ突入シマス」、「アト、二時間デコノ世カライナクナルト思ヘヌホド、心安ラカデアリマス」(知覧特攻平和会館にて)と遺書を残した特攻隊員の気持ちはどんなものだったか。

戦争中パイロットであった方の手記の中に、これらの遺書とて上官を経て提出されるので、書きたい事が必ずしも書けるわけではなく、ましてや「死にたくない」とは書けないという記述がありました。言論の自由を謳歌して疑う事さえ思わない現在からすると想像もつかない事です。検閲をすり抜けて内密で手紙を出す人も多かったそうですが、どんな事が書いてあったのか。だけど、永久に公開される事は無いのかもしれません。
特攻隊員も二十歳前後、二十歳前と総じて若く、中には17歳の隊員もいました。現在の高校2年生か3年生です。特攻隊員の心情として別の方の手記では、父母の胸にすがって大声で泣きたかったにちがいない。けれども涙をこらえて笑顔で隠し合った。そして夜1人になった時、これがこの世の最後と声をあげて思い切り泣いた。ただ、それを誰にも見せなかっただけの事である。。だが、夜が明けると何もかも忘れて命令を待った。昨夜の悲しみを忘れ、「我々が死ななければ日本は勝てないのだ」そう堅く誓って、少年たちの胸は特攻精神に燃え立っていた。これほど極限的な状況を説明した言葉は無いように思います。
他の手記では、死ぬために生きていた日々…、と語った特攻隊員もいたとのことでした。また同時に、戦争とは国家間の争いにおいて、若者を殺してしまう事であると書いてありました。まさにその通りだと思いました。

116a
120a
零式艦上戦闘機。

065a
野外に展示されている飛行機。S2F-1。

081a
US-1A

099a
二式大型飛行艇。かつて東京・船の科学館で展示されていたものです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10回目の沖縄 2009年の熱い夏 その33

001
夜が明けると船は既に錦江湾に入ってました。ゆっくりと航行してます。

002
佐多岬。

003
開聞岳。

004
朝食。

005
乗船券。マルエーフェリーと同じく下船時に回収され、手元に残りません。

006
船内ロビー。

007
鹿児島港接岸前。

008a
桜島。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10回目の沖縄 2009年の熱い夏 その32

  本部港を出港してから船は与論島、沖永良部島、徳之島、奄美大島に寄港して鹿児島を目指します。降りる人もいれば乗る人もあり、悲喜こもごも、笑いあり、涙ありの人間ドラマを見るのでした。

068a
与論島に接岸前です。

080a
沖永良部島和泊港。

106a
徳之島亀徳港。

110a
亀徳港での見送り風景。

115a
徳之島。

117a
夕焼け。

120a
段々沖縄が遠ざかっていきます。

123a
奄美大島名瀬港。

127a
名瀬港にて。フェリーきかいじま。

134a
名瀬港での見送り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10回目の沖縄 2009年の熱い夏 その31

001a
8月21日、この日は朝から雨。ホテルから那覇港までの1.4kmが沖縄での最後の走行になりました。マリックスライン「クィーンコーラル8」。鹿児島まで乗船します。2等12780円(JAF割引)、自動2輪6930円。

003a
「クィーンコーラル8」車両甲板にて。

012a
船内に入るとそこは鹿児島でした。船員さんの顔つき、言葉が違ってました。
ところどころに雲の切れまが見えます。今回のツーリング、特に後半は雨に降られる事が多かった。写真の建物はフェリーターミナル。

014a
出港のドラが鳴り、定刻通り7時に出港しました。

016a
写真ではわかりにくいのですが虹が2重にかかってました。

033a
最初の寄港地、沖縄本島本部港に入港です。

039a
伊江島行きのフェリーが出港しました。ズームにて撮影。

041a
本部港では船の後半より低い位置でリトルレインボウを見る事が出来ました。

044a
八重瀬岳。

049a
パラセーリングを楽しんでます。

050a
伊江島。

052a
水納島。海水浴で賑わう島です。

055a
伊江島タッチュー。山頂まで登れるんですよ。2002年の「島巡りツーリング」で登りました。

067a
伊平屋島。

066a
辺戸岬。名残惜しくも、これで沖縄ともお別れです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

1995沖縄 Part1 | 1995沖縄 Part2 | 1995沖縄 Part3 | 2002沖縄 Part1 | 2002沖縄 Part2 | 2002沖縄 Part3 | 2008沖縄 | 2009入間航空祭 | 2009北海道 Part1 | 2009北海道 Part2 | 2009北海道 現地から | 2009四国 Part1 | 2009四国 Part2 | 2009東京モーターショー | 2009沖縄 | 2009沖縄ツーリング Part1 | 2009沖縄ツーリング Part2 | 2009沖縄ツーリング Part3 | 2009沖縄ツーリング Part4 | 2009沖縄ツーリング 現地から | 2010入間航空祭 | 2010夏・沖縄 Part1 | 2010夏・沖縄 Part2 | 2010沖縄 Part1 | 2010沖縄 Part2 | 2011入間航空祭 | 2011夏・沖縄 Part1 | 2011夏・沖縄 Part2 | 2011東京モーターショー | 2011秋・沖縄 Part1 | 2011秋・沖縄 Part2 | 2011秋・沖縄 現地からpart1 | 2011秋・沖縄 現地からpart2 | 2011秋・関西急行記 | 2011秋・関西急行記 現地からpart1 | 2011秋・関西急行記 現地からpart2 | 2012G・W紀伊半島 Part1 | 2012G・W紀伊半島 Part2 | 2012G・W紀伊半島 Part3 | 2012G・W紀伊半島 現地からpart1 | 2012G・W紀伊半島 現地からpart2 | 2012 10月沖縄 Part1 | 2012 10月沖縄 Part2 | 2012 9月沖縄 Part1 | 2012 9月沖縄 Part2 | 2012 9月沖縄 Part3 | 2012入間航空祭 | 2012冬・北海道part1 | 2012冬・北海道part2 | 2012冬・北海道part3 | 2012冬・北海道part4 | 2012冬・北海道 現地からpart1 | 2012冬・北海道 現地からpart10 | 2012冬・北海道 現地からpart2 | 2012冬・北海道 現地からpart3 | 2012冬・北海道 現地からpart4 | 2012冬・北海道 現地からpart5 | 2012冬・北海道 現地からpart6 | 2012冬・北海道 現地からpart7 | 2012冬・北海道 現地からpart8 | 2012冬・北海道 現地からpart9 | 2012百里航空祭 | 2012関西急行記 | 2013入間航空祭 | 2013冬・北海道 Part1 | 2013冬・北海道 Part2 | 2013冬・北海道 Part3 | 2013冬・北海道 Part4 | 2013冬祭り・北海道 Part1 | 2013冬祭り・北海道 Part2 | 2013冬祭り・北海道 Part3 | 2013年・10月の沖縄 Part1 | 2013年・10月の沖縄 Part2 | 2013年・8月の沖縄 Par2 | 2013年・8月の沖縄 Part1 | 2013年・9月の沖縄 Part1 | 2013年・9月の沖縄 Part2 | 2013年夏・北海道Part1 | 2013年夏・北海道Part2 | 2013東京モーターショー | 2013GW Part3 | 2013GW Part1 | 2013GW Part2 | 2014入間航空祭 | DUCATI ST4s | MOTO GUZZI STELVIO | イベント | タミヤ・ハイラックス その1 | タミヤ・ハイラックス その2 | トップページの写真 Part1 | トップページの写真 Part2 | バイク | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ