« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

思い出は作るもの

 10分前ほどに東京に戻ってきた。

 作業が終わっても慰労会には参加せず、戻ろうと思っていた。だけど誘われて、それではご飯だけでもと思って1時間ぐらいで帰ろうと思っていた。だけどズルズルといてしまい、内藤vs亀田の試合が始っまってしまった。第1ラウンドだけ見て帰ろうとしたけど第2、第3…と見てしまい、ついに最終ラウンド。慰労会の方もお開きなるまでいてしまった。でもさすがに2次会は参加しなかった。で、3時間弱で東京に戻ってきた。

 目の前でビールや日本酒が行き交うのは、見るのも辛いものがあった。運転さえなければ飲むところだけど、そこはガマン。ウーロン茶や水をガブガブ飲んでいた。

 同級生はともかく、1つ下と会うのは、2~3人を除いては中学・高校卒業以来のこと。何だか中学生時分に戻ったような感じがした。現地にいるのではないので、懐かしい面々が集まっている。全員が集まっているわけではないけれど、これも思い出。

 こういった集まりはあと何回持てるのだろうか。現地にいるわけではないから、せいぜい2~3回位かもしれない。お祭りが終わってしまうと再び顔を合わせる事も、もう無くなってしまうだろう。

 思い出は作らなきゃ残らない。残さなきゃ持てない。今回のお祭りで“卒業”してしまう身には、慰労会が終わった事もささやかな“卒業”ということになる。また忘れる事のない思い出が一つ出来た。

 今回は「3歳の子」と遊ぶ時間が持てなかった。いつも遊ぶ事を楽しみにしているだけに残念。慰労会が終わった後に電話したけど、もうおネンネの時間。この年頃の子と遊ぶのは楽しい。また行く事があれば風船や糸電話、タカイタカイでたっぷりと遊びたい。今度は何して遊ぼうか。でもなぁ、お祭りが終わってしまうと、この子と遊ぶことも無くなってしまうんだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の作業

本日の作業
今日の作業はお祭り会場のシート養生です。自分達の会と一つ下の会、20数名での作業でした。

それと苦手な縄縛りの練習です。

この作業も今日で卒業となりました。1の作業が終わると1つ卒業を迎えます。

会としての作業はまだまだあるのですが、自分が参加できる作業は今年は今回で終わりです。

本番に向かって秒読みに入りますが、もうやることはないんだなと思うと、ちょっと寂しくもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晩秋

晩秋
今、お祭り準備作業のため、ある所に来てます。

作業開始まで時間があるので、ノンビリしてます。

山は紅葉を終え、冬を待ち構えてます。

秋と冬の境目、この一瞬の季節が案外と好きだったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイレクトメール

 昨日この事だけど、ダイレクトメールが来た↓

001


 毎年今の時期になるとやって来て、結構楽しみだったりするんですよ。でも、まだ頼んだ事、無いなぁ。

 頼んでみようかなぁっと思うのだけど、年末のあわただしさにバタバタして大晦日を迎えてしまうし、年が明けたら明けたで、ダラリとしてしまう。そして2月になって、3月になって、4月になって…。

 北海道・サロマ湖の畔にある「船長の家」は食事が有名で↓

07_650_a


 とてもカメラに写りきれませんでした。2007年北海道ツーリングの写真です。出された食事はほとんど全部平らげるのですが、さすがにこの時は食べきれず、とうとう毛ガニを残してしまいました。ビールガブガブ飲むんじゃなかったと後悔。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10回目の沖縄 2009年の熱い夏 その39

今回のツーリングを簡単にまとめてみました。

8月13日 自宅→有明埠頭 37.1km

8月14日 フェリーありあけ 0km

8月15日 那覇新港→那覇市 13.9km

8月16日 那覇市→名護市 104.1km

8月17日 名護市→名護市 235.5km

8月18日 名護市→沖縄市 193.3km

8月19日 沖縄市→那覇市 122.3km

8月20日 那覇市→那覇市 95.2km

8月21日 那覇市→那覇港 1.4km

8月22日 鹿児島→志布志 248.6km

8月23~24日 大阪→東京 634.1km

総走行距離 1685.5km

沖縄本島 765.7km

 「沖縄ツーリング」といっても、距離的には沖縄以外の方が走ってますね。過去の「沖縄ツーリング」もそうでした。10年前の「沖縄ツーリング」は、どちらかというと“沖縄まで行ったツーリング”。鹿児島まで行って沖縄に渡り、また鹿児島に戻って長崎鼻、佐多岬を周って日向から川崎までフェリーで帰着。2002年の「沖縄島巡りツーリング」では東京から沖縄までフェリーで。そして沖縄から鹿児島に渡り、宮崎から大阪へ。そして淡路島を半分周って(1998年に半分周ったので、その続き)神戸から東京へ。
 そして今回も、沖縄から鹿児島へ。九州を走って志布志から大阪へ。そして東京へ。これだけで沖縄本島での走行距離を超えてしまいました。

 沖縄といっても、北は伊平屋島、東は北大東島、南は波照間島、西は与那国島と意外と広いのです。で、今回はその中の沖縄本島をグルーっと周った、通り過ぎたにすぎません。でもせっかくバイクで、しかもマイバイクなのですから、あっちフラフラ、こっちフラフラ。北海道ツーリングではないのですから距離的に走ろうだなんて、ある意味もったいない。今、みかんを食べながらブログを書いていますが、沖縄をみかんだとすると、ギューッと搾った搾り汁、その濃さが沖縄の魅力だと思います。カットしたところも多いし、帰着してからこんなところもあったのかと気付いたり…。あぁ、また行ってみたい。

 夏の沖縄はもちろん暑い(熱い?)のですが、バイクで走っていると走行風と相まって意外と快適でした。まぁ、バイクがST4sですから走行風を受ける上半身は快適で、エンジン熱を受ける下半身は熱かった。エンジンやラジエターからの熱対策がきちんとしているバイクであれば夏の沖縄といえども快適に走行できます。でも汗はたっぷりとかき、1日が終わるころには自分自身の汗臭さに鼻がヒン曲がりそうになるのでした。

 ツーリングで注意していることは前後左右の空間的余裕を取る、危ない事、怖い事はやらないというものですが、沖縄とてそれは変わりません。でも僭越ながら沖縄ツーリングでの注意点を申し上げると、アスファルトの滑りやすさ、これにつきます。見た目としてはテカテカ、艶々していますし、感触としてはヌルヌル。信号待ちで片足をついた瞬間、その滑りやすさがよくわかります。路面が濡れているとビビります。レンタルバイクショップのパンフレットに“ゲレンデのように滑る”とありましたが、我が意を得たり?濡れた路面には要注意です。

 さて前回の沖縄行きは出発から帰着まで46時間。それが今回は行くだけでも50時間以上。沖縄まで、何とも贅沢な時間を過ごしました。段々と海の色が鮮やかになっていく様子は、何ともたまらないものでした。フェリーに長時間乗っていると、そのフェリーに愛着を感じるようにさえなりました。ところが今月13日。その「フェリーありあけ」が熊野沖で三角波を受けて積み荷のバランスを崩して傾き、とうとう座礁して横倒しになってしまいました。このニュースを聞いた時、本当に驚きました。「えっ、あの“ありあけ”が…」と。
 今後この航路がどうなるか、全くわかりません。なんとか復活して、再び旅客運送を再開する事を祈りつつ、カテゴリー「2009沖縄ツーリング」を終わりにしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10回目の沖縄 2009年の熱い夏 その38

   高速道路を走って、ひたすら東京を目指します。

054a
大津S.A

056a
土山S.A

059a
長島P.A

063a
刈谷P.A

066a
新城S.A

068a
浜名湖S.A

067a
浜名湖の夕焼け

069a
オド48000km遠州豊田P.Aにて。

070a
牧之原S.A

071a 
富士川S.Aからの夜景

073a
足柄S.Aの金時湯

001a_2
東名・東京料金所

004a
8月24日、午前1時33分、帰着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10回目の沖縄 2009年の熱い夏 その37

001a
一夜あけると船は大阪湾を航行中。

010a
大阪南港にて。みやざきエキスプレス。2002年の「沖縄島巡りツーリング」で宮崎~大阪で乗船しました。

013a
大阪南港に接岸しました。

021a
さんふらわぁきりしまを下船しました。だけどこのまま東京に戻るのはもったいないので、午前中は大阪をブラブラする事にしました。大阪近辺は鉄道の終着駅が多いので周る事にしました。終着駅を巡って、ちゃっかり旅情気分を味わおうという魂胆です。この終着駅巡りも'97年頃から行っていますが、道中かなり意識していないとつい通り過ぎたり、気付かなかったりします。

023a
阪神高速から大阪南港。

024a
阪神電車武庫川団地前駅。

025a
阪神電車武庫川駅。

026a
阪急今津駅。

028a
阪急甲陽園駅。

029a
阪急伊丹駅。

031a
能勢電鉄日生中央駅。

033a
能勢電鉄妙見口駅。

041a
阪急箕面駅。

044a
箕面温泉スパーガーデン。温泉に入って汗を流します。こじんまりとした温泉かなっと思ったのですが、プールあり、宿泊施設ありの一大レジャーランドです。料金も1300円となかなかのものでした。

048a
箕面温泉スパーガーデンからの眺望。

052a
中国道豊中I.C。ここから高速道路を走って、東京に帰ります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10回目の沖縄 2009年の熱い夏 その36

 佐多岬を出発したのが14:46。フェリーの出航時刻が17:55。さて、間に合うか?ここから先は走りに徹する?のでした。

189a
県道74号線佐多町立運動公園付近。

191a
県道74号線佐多町大中尾付近。

194a
県道74号線根占町大竹野付近。

196a
田代町花瀬自然公園にて。

200a
国道448号線内之浦町船間付近から戸崎。

202a
内之浦町浜。14年前のツーリングでも通り過ぎましたが、なぜか幻想的に感じられ、美しさが印象に残っています。今回も通り過ぎるだけでしたが、その美しさは変わっていませんでした。 いつまでも変わらないでいてほしいものです。

204a
内之浦宇宙空間観測所。14年前に寄った所ですが、今回はスルー。時間が…、無いのです。

207a
内之浦湾。

210a
ダイヤモンドフェリー「さんふらわぁきりしま」。志布志港に着いたのが17:18。なんとか時間ぎりぎりに着きました。出港は17:55ですが、フェリーの場合、これでもぎりぎりなのです。

211a
さんふらわぁきりしま車両甲板。

215a
志布志港。

224a
出港の時、なんと「蛍の光」が流れてきました。フェリーが出港する時「蛍の光」が流れる事は多く、不確かな記憶を辿ると、大洗、高知、日向、宮崎で流れていたように思います。でもここ最近は聴く事が無く、暫くぶりに聞く「蛍の光」でした。

225a
遠ざかる志布志港。

234a
フェリーでの食事。バイキング形式とはいえ、量が多すぎるきらいもないではありませんが、食べなきゃ、持ちません。関西を発着するフェリーは食事が充実してます。

238a
都井岬。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10回目の沖縄 2009年の熱い夏 その35

   鹿屋航空資料館を時間をかけて見学していたら午後1時になってしまいました。さてどうするか?今日中に志布志発のフェリーに乗らなければならないし、佐多岬にも行ってみたい。ええ~い!行けるところまで行っちゃえと走りだしたのでした。

131a
国道269号線、鹿屋市浜田町から。

133a
国道269号線、鹿屋市皆倉から開聞岳。

138a
佐多岬ロードパーク入口。かつては有料で、自転車は走れませんでした。サイクリストの恨みを買っていて、署名運動もあったように記憶してます。今は無料になっていて、自転車も走れるようになっています。沖縄とは雰囲気の違った南国風景です。

139a
141a
佐多岬ロードパーク。北緯31°線。

142a
駐車場にバイクを置いて、トンネルを通って歩いて佐多岬に行きます。でも、お金、取られます。300円。

147a
竹島(左)と硫黄島(右)。

148a
海がきれいだなぁ。

149a
佐多岬灯台。

155a
佐多岬から開聞岳。

156a 
もう1度、海のきれいさをアップ!

157a
展望台の中から。ちなみに展望台に入るのにも、お金、取られます。200円。佐多岬には'91年、'95年、'99年、'07年と来ていて今回が5回目なのですが、この展望台、来るたびにボロく、“変化”してます。自然環境が厳しいからしょうがないのかな。

170a
佐多岬。南国はいいなぁ。

173a
今は営業していないレストラン前で、イノシシの子を見かけました。ズームにて撮影。親イノシシが近くにいるはずなので、決して近寄ってはいけません。

184a
佐多岬の公衆電話。北海道・地球岬の公衆電話を思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10回目の沖縄 2009年の熱い夏 その34

 鹿児島港に到着すると桜島フェリー乗り場に向かいました。出来る事なら10年振りに指宿の砂風呂に入ってみたかったし、長崎鼻パーキングガーデンや知覧特攻平和会館にも行ってみたかった。しかしそこまでの時間は無く、本日中に志布志港からのフェリーに乗らなくてはなりませんでした。

011a
第16桜島丸車両甲板にて。

018a
マリックスライン「クィーンコーラル8」

023a
第十六桜島丸から桜島。

025a
鹿児島港~桜島を行き交う桜島フェリー。

027a
桜島烏山展望台にて。
この日は何だかアクセルがシブいのに気付きました。スムーズなアクセル操作が出来なくなると、ST4sは途端に乗りにくくなってしまいます。ましてやここは桜島、火山灰がうっすらと積もっていて滑りやすい。ラフなアクセル操作ではスリップ→転倒をしてしまうかもしれません。
手元にあるオイルはチェーンオイルしかありませんでしたが、アクセルグリップをずらしてオイルをつけました。出発前にメンテナンスの一環としてやっとけば、ここでこのような事をやらずに済んだのですが…。

037a
ところが!
最後の最後でボルトを1本、カウル内に落してしまいました。車体を振っても出てきません!カウルを外してボルトを探さなければなりませんでしたが、カウルを外す・取り付けるとなるとかなりの時間がかかってしまいます。ツーリング中では現実的な事ではありません。仕方なく手元にある針金で結わいつける事にしました。以後、東京までこの状態で走る事になりました。後日、オイル交換の時お店の人に、「合うボルトがあったら付けてほしい」と“お願い”したのでした。

028a
烏山展望台から。

029a
烏山展望台から。

046a
過去の噴火で埋没した鳥居。

112a
鹿屋航空基地資料館。海上自衛隊鹿屋基地の中にあります。10年前は300円位でしたが、今は無料でした。1Fには海上自衛隊航空隊に関する物が展示されていて、2Fには太平洋戦争中、鹿屋基地から出撃した特攻隊員の遺影や遺書が展示されてます。
10年前にも立ち寄った時も遺書を読んだのですが、肉親や故郷を思う気持ちで溢れてました。「明日、敵艦隊ニ突入シマス」、「アト、二時間デコノ世カライナクナルト思ヘヌホド、心安ラカデアリマス」(知覧特攻平和会館にて)と遺書を残した特攻隊員の気持ちはどんなものだったか。

戦争中パイロットであった方の手記の中に、これらの遺書とて上官を経て提出されるので、書きたい事が必ずしも書けるわけではなく、ましてや「死にたくない」とは書けないという記述がありました。言論の自由を謳歌して疑う事さえ思わない現在からすると想像もつかない事です。検閲をすり抜けて内密で手紙を出す人も多かったそうですが、どんな事が書いてあったのか。だけど、永久に公開される事は無いのかもしれません。
特攻隊員も二十歳前後、二十歳前と総じて若く、中には17歳の隊員もいました。現在の高校2年生か3年生です。特攻隊員の心情として別の方の手記では、父母の胸にすがって大声で泣きたかったにちがいない。けれども涙をこらえて笑顔で隠し合った。そして夜1人になった時、これがこの世の最後と声をあげて思い切り泣いた。ただ、それを誰にも見せなかっただけの事である。。だが、夜が明けると何もかも忘れて命令を待った。昨夜の悲しみを忘れ、「我々が死ななければ日本は勝てないのだ」そう堅く誓って、少年たちの胸は特攻精神に燃え立っていた。これほど極限的な状況を説明した言葉は無いように思います。
他の手記では、死ぬために生きていた日々…、と語った特攻隊員もいたとのことでした。また同時に、戦争とは国家間の争いにおいて、若者を殺してしまう事であると書いてありました。まさにその通りだと思いました。

116a
120a
零式艦上戦闘機。

065a
野外に展示されている飛行機。S2F-1。

081a
US-1A

099a
二式大型飛行艇。かつて東京・船の科学館で展示されていたものです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10回目の沖縄 2009年の熱い夏 その33

001
夜が明けると船は既に錦江湾に入ってました。ゆっくりと航行してます。

002
佐多岬。

003
開聞岳。

004
朝食。

005
乗船券。マルエーフェリーと同じく下船時に回収され、手元に残りません。

006
船内ロビー。

007
鹿児島港接岸前。

008a
桜島。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10回目の沖縄 2009年の熱い夏 その32

  本部港を出港してから船は与論島、沖永良部島、徳之島、奄美大島に寄港して鹿児島を目指します。降りる人もいれば乗る人もあり、悲喜こもごも、笑いあり、涙ありの人間ドラマを見るのでした。

068a
与論島に接岸前です。

080a
沖永良部島和泊港。

106a
徳之島亀徳港。

110a
亀徳港での見送り風景。

115a
徳之島。

117a
夕焼け。

120a
段々沖縄が遠ざかっていきます。

123a
奄美大島名瀬港。

127a
名瀬港にて。フェリーきかいじま。

134a
名瀬港での見送り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銭湯

銭湯
久しぶりに銭湯に行った。

何せ、この頃は寒い。いや、冷たいかな。

どんなに着込んでも、冷える。

時には、手足を伸ばして銭湯に入るのもいいやね。

体を蝕む“冷の気”を追い出そう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢で逢いましょう

 夢を見た。10年前、腰痛治療のため3年間ほど接骨院に通っていた。そこで受付・補助的な仕事をする女性が好感のもてる人だった。当然、ほのかな好意を持った。

 治療は針を打ったり、牽引したりするもの。腰痛治療にこれといった特効性のあるものはなく、必要なものは根気のみ。でも、彼女のおかげで通院も楽しいものになった。通っているうちにある程度は親しくなったのだけど、それは互いの立場においてのみ。付き合っている人がいる事も知ってしまったし、ほのかな好意は持っていても、ただそれだけだった。

 今日見た夢に、なんとその彼女が出てきた。髪型がやや変化していてウェーブがかかった感じ。いつものように仕事をしていていた。夢の中で話す事はなかった。だけど車を移動する必要があって、移動しようとするのだけどマニュアル車は運転できないらしく、変わりましょうかと声をかけたところで目が覚めた。

 会う事が無くなってから、かなりの年月が過ぎた。今、どこでどうしているのか、知る由もない。でも、月が出れば同じ月を見ているのかもしれない。寒いければ同じように寒さに震えているのかもしれない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10回目の沖縄 2009年の熱い夏 その31

001a
8月21日、この日は朝から雨。ホテルから那覇港までの1.4kmが沖縄での最後の走行になりました。マリックスライン「クィーンコーラル8」。鹿児島まで乗船します。2等12780円(JAF割引)、自動2輪6930円。

003a
「クィーンコーラル8」車両甲板にて。

012a
船内に入るとそこは鹿児島でした。船員さんの顔つき、言葉が違ってました。
ところどころに雲の切れまが見えます。今回のツーリング、特に後半は雨に降られる事が多かった。写真の建物はフェリーターミナル。

014a
出港のドラが鳴り、定刻通り7時に出港しました。

016a
写真ではわかりにくいのですが虹が2重にかかってました。

033a
最初の寄港地、沖縄本島本部港に入港です。

039a
伊江島行きのフェリーが出港しました。ズームにて撮影。

041a
本部港では船の後半より低い位置でリトルレインボウを見る事が出来ました。

044a
八重瀬岳。

049a
パラセーリングを楽しんでます。

050a
伊江島。

052a
水納島。海水浴で賑わう島です。

055a
伊江島タッチュー。山頂まで登れるんですよ。2002年の「島巡りツーリング」で登りました。

067a
伊平屋島。

066a
辺戸岬。名残惜しくも、これで沖縄ともお別れです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ST4s、後日談

 「昨日のST4s」を書いた翌日、原因を追及する事にしました。

 ST4sのカウルを外さないといけないのだけど、正直、いやだなぁっと思う。面倒臭いんだよなぁ。と言っても、“昼間のヒマな時”が無いので、夜にやらざるを得ない。照明を煌々と照らしてやってみる事にしました。

001
これから、このアッパーカウルを外します。ST4sはカウルをバラす時はアッパーカウルから外します。それからアンダーカウル、ミドルカウルの順番になります。国産車からすると、「えっ!」と思ってしまいますが、雨降り(ようするに水の流れ)、日常のメンテナンスを考えると、むしろ理にかなった手順だと思います。

003
メーター周りのカバーを外します。カバーの爪がカウルに挟まるようになっているのですが、これがなかなかうまく外す事が出来なくて難儀しました。左のカバーの爪は既に折れてしまってます。

004
ミラー取り付けボルトを外します。写真は明瞭に写ってますが、既に暗くなっているので、照明を灯してはいても陰になってしまって見えず、実際はほとんど手探りでした。

005
アッパーカウルのボルトを外します。今回の作業ではカバーのボルト3本、ミラーのボルト4本、アッパーカウルのボルト6本、合計13本のボルトを外しました。

006
アッパーカウルのボルトを外し、カウルをずらします。大変なのはここからなのです。

007
写真ではわかりにくいかと思いますが、ウィンカーソケットを外さないとカウルを外す事が出来ません。でもそれが苦労するのです。
カウルをずらした状態で、落とさないようにカウルを保持しながらソケットを取り外すのですが…。手が入りにくい。ソケットを回して外すにしても、どちらに回していいのかわからない。結構な力がいる。プラスチックなので無理に回したら爪が折れてしまいそう(以前、実際に右ソケットの爪が折れてしまい、今は接着剤で爪を付けている)。というわけで、大変なのです。今回は右ソケットを取り外すのに時間がかかってしまいました。

008
苦労してようやくアッパーカウルを取り外しました。取り外しにしてもステーでカウルの塗装面に傷をつけないように注意します。この状態になると、ドカティのスリムな車体が垣間見れます。

010
メーター側のケーブルを取り外します。隙間が狭いので、ラジオペンチを使って取り外します。

012
取り外したケーブルを見ると、ゴムの部分と金属の部分が抜けちゃってます。原因はこれでした。金属の部分でかしめてあるのですが、それが抜けてしまったことで、ケーブルの差し込みが外れ、それでメーターが作動しなくなったようです。
なぜそうなったのか、その原因を探ると、おそらく先日行ったフェンダーの件によるものではないかと思いました。取り外しはよしとして、取り付けの際に無理にケーブルを押しこくってしまったのかもしれません。その結果、外れてしまったのだろうと思いました。もう少し要因を探ると、ケーブルそのものの劣化があると思います。かしめてあっても経年変化でその強度が弱くなったのかもしれません。再びつなぎ合わせて、メーターケーブルを取り付けました。
今回はメーターケーブルを取り換えませんでしたが、今後、自然発生的にメーターが作動しなくなったら、その時はケーブルを交換しようと思います。

014
アッパーカウルを取り付けます。やはりウィンカーソケットの取り付けに難儀しました。念のため、ウィンカーの作動をチェック。

015
写真ではわかりにくいのですが、メーターカバーの中央のボルトを取り付けているところです。これもなかなか大変で…、このボルト、結構落としやすいのです。カウル内に落してしまっては、元も子もありません。昔の人は「百里の道は九十九里を持って半ばとする」と言いましたが、まさにそれを実感します。

017
テスト走行した結果、メーターの正常作動を確認しました。メデタシ、メデタシ。
今回の作業時間は約2時間。素人整備ですから、あーでもない、こーでもない。しかも写真を撮りながらでしたのでこれだけの時間がかかりました。ショップに頼むといくらするのでしょうか?プロですからこれほどの時間はかからないでしょうが、1時間9000円の時間工賃から考えて6000~9000円(税別)はかかるのではないかと想像しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の作業

本日の作業
本日の作業
今日はお祭り作業。いつものように朝早く出発して現地へと向かう。

今日は御神体削りとハシゴ、さす又の補修。

御神体削りは道具の貸し出しのみで、全体の流れからしてやらなかった。はからずも去年の作業でもって卒業となってしまった。

ハシゴ、さす又の補修をやる。縄で結いてあるのだけど、痛んでいるのは交換、緩んでいるのは巻き直し。

四つ編みをやったけど、やり方がわからず即席で教わって、一級下の人に教える。すぐに忘れそうでヒヤヒヤ。

作業はお昼過ぎまでかかり、その後は同級生と昼食。自分を含めて3人しか来なかったけど…。

この日の作業は今回で卒業となった。来年は、もう、やることもない。

それから仮眠して7時ごろ友達の家に行く。3歳の子がスカートをちょいと広げて、可愛く出迎えてくれた。保育園のお遊戯でやっているのかな?

風船バレー、糸電話、釣りごっこで遊ぶ。この年頃はいいやねぇ〜。どんな事でも無邪気に喜んでくれる。2年前は近寄ってくれなかったし、去年は恥ずかしがってしまった。それが今では懐いてくれて、膝元にちょこんとお座りしてくれるようになった。ばーばとお風呂に入る時なんぞ、「まだ、かえらないでね」とお願いされてしまった。最近では自己主張するようになって、「やーだ、ヤダ」と言って、パパ・ママを困らせる。でも、この子と遊べるのも、あといくばもないかもしれない。お祭りが終わってしまうと、来る事もグーンっと少なくなるのだから…。9時ごろになると、バッテリーが突然切れたかのようにウトウトして、眠ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これからが心配

 「フェリーありあけ」の事故から1日以上が経ち、報道写真やネット画像で横倒しになった痛々しい姿が映し出されている。自分がこの夏に乗ったフェリーが、このような姿を晒し出しているのは見るに堪えない。ただ、人員が無事だったのは、怪我人がいたにしても、何より。船を座礁させた船長やクルーは断腸の思いだろう。

113  東京から沖縄まで50時間。飛行機で行けば2時間半で行けるのに…。でもこの50時間、退屈でうんざりどころか、実に贅沢な時間を過ごす事が出来た。それだけに下船時には一抹の寂しさが…。長時間乗っていただけに愛着さえ感じる程。ざっと数えてみれば長、中、短フェリー(フェリーでなくても高速船・連絡船とかも含めて、グラスボートとかの遊覧船は除いて)に乗る事80回前後。その中でも、1番長時間乗った「フェリーありあけ」が愛着を感じる。豪華設備があるわけでもないし、だからといって別に不便があるわけでもない。これから始まる沖縄ツーリングを思って、夢と希望とロマンに溢れた船。写真は読谷村沖を航行中の時。

008 事故原因の調査はこれから。バイクでさえこれだけガッチリと固定するのだから、コンテナの固定がいい加減とは考えにくい。かなりの荷重に耐えるワイヤーも、瞬間的な衝撃には耐えられなかったのかもしれない。いやいや、素人の勝手な憶測はやめよう。                                  
                                                      
                                                     
                                                      
                                                     

 だけどやはり心配なのはこれからの事。この事故により「フェリーありあけ」は現場解体、東京~沖縄航路は廃止になってほしくない。なんとか復活してもらいたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頑張れ!! 「ありあけ」

6_8

今朝のニュースで、マルエーフェリーの東京~九州~沖縄を結ぶフェリーが熊野沖で船体が40度傾いて沈没しそうだと報じていた。

これって、「フェリーありあけ」の事ではないか。今年の沖縄ツーリングで乗った船。

沈んでもらいたくない。

負けるな「ありあけ」

がんばれ「ありあけ」

写真は2002年8月15日、有明埠頭にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10回目の沖縄 2009年の熱い夏 その30

241a 糸満出身のプロゴルファー。                                  
                                                 
                                                                                           
                                                      
                                                    
                                                 
                                                   

242a 夏ですねぇ。各地でお祭りが開催されてます。                      
                                                    
                                                   
                                                     
                                                     

251a 瀬長島から慶良間列島。                                   
                                                      
                                                    
                                                             
                                                    

254a 265a 瀬長島に渡る橋から那覇空港に着陸する飛行機を見てました。絶好の撮影スポットです。飽きることなく飛行機の着陸シーンは見ていました。                                 
                                             
                                        

 ホテルに戻って、洗濯した後、外出しました。今夜が沖縄最後の夜です。心ゆくまで楽しもう!

280aお刺身です。なんていう魚か説明してもらいましたが、忘れてしまいました。
                                                       
                                                      
                                                      
                                                   

283a ノコギリガザミ。初めて食べました。結構、おいしかったです。              
                                                 
                                                    
                                                 
                                                

286a ドラゴンフルーツ。                                   
                                                    
                                                      
                                                    
                                                    

287a パイナップル。                                        
                                                 
                                                    
                                                     
                                                   

288a アメリカ生まれの沖縄育ち、ブルーシールアイスクリーム 塩ちんすこう。  
                                                    
                                                    
                                                    
                                                     

289a てんぶす前で。路上パフォーマンス。                           
                                                 
                                               
                                                   
                                                

291a国際通り。この日は民謡居酒屋には入りませんでしたが、沖縄の夜をしっかりと目に焼き付けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日のST4s

001  

昨日は帰宅後、久し振りにST4sに乗ったんです。

たまには乗ってやらないとネ!

運転もヘタになっちゃうし、バイクも調子悪くなる。

と・こ・ろ・が・・・

ちょっと、ヘンなんです。画像は↓

007

どこがヘンだか、わかりますか?

わからないと思います。

そりゃ、そうだろうなぁ。

この画像は、キーをONにして、ちょっとした時の画像ですし…。

走行中に写真を撮るなんて、そんな器用な事、出来ません!

「DUC st4」と表示されている、説明されて初めてわかる、芸の細かい演出です。

それは別として…。

異常は走行中に気付きました。

メーターが動かないんです!
 
オドメーターが動かん!
  トリップメーターが動かん!
   スピードメーターが動かん!

タコメーターは正常に作動してますが。

早速、いつもお世話になっているお店に電話。

「スピードメーターが動かないんですけど…」

 お店の人が言うには、メーターケーブルが切れているか、メーターそのもののトラブルのいずれかと。だけどドカティは日本国内では部品在庫を持たなくなり、本国発注となる。その為、ある程度の金額以上の部品でないと、すぐに発注できない。メーターそのものだったらすぐに取り寄せ出来るけど(ということは、メーターって、高いのね)、ケーブルだと今現在ドカティの部品注文が1つもないので、ある程度注文が溜まるまで発注できないのでかなり時間がかかる、ということだった。

 よって、長期保管になってしまうと暗に言ってるのかなぁ。

 このお店はかつてはドカティの新車販売をしていたけど今はやめてしまい、他のメーカーを取り扱っている。ドカティはサービス店としてのみ取り扱っているにすぎない。このお店で購入したユーザーを対象としてサービスだけ残しているのかもしれない。ドカティの新車販売をやめてから結構な年数が経つし、たまにお店の前を通っても、ドカティの保管車は見当たらない事が多くなった。ST4sはこのお店で購入したバイクではないけれど自宅から一番近いので、2004年秋以降、全てのメンテナンスをお願いしている。

 メーカーの部品在庫システムの変更は、ドカティディーラー、もしくは取り扱いの多いお店にはほとんど影響がなくても(入荷に日数がかかるようになったと思う)、サービス店といえども取り扱いの少なくなったお店には影響があると言わざるを得ない。末端のユーザーにとっては部品さえちゃんと入るのなら、在庫システムの変更なんてどうでもいいことなんだけど…。

さてさてさて、それでもお店の人に教わったチェック方法を試してみた。

ケーブルが切れてないか、外してチェック!

002

言われた通り、外してみた。プライヤーで中の芯を引っこ抜こうとしたけれど、抜けてこない。切れてはなさそうだ。

お店に電話してその事を伝えると、メーター側も外してみてチェックして良否を判断するようにとのこと。片方をクルクル回してみてもう片方が回るのならOK。でもその為には…、カウルを外さないと出来ない!あの面倒臭いカウルを外すなんて、暗くなってしまった時刻に懐中電灯頼りに出来るもんじゃない。後日、ヒマな時にやる事にした。

そこで元に戻そうとしたのだけど…。

003

これが意外と難儀で、悪戦苦闘!普段バイクをいじくりまわしているのなら何でもない事かもしれないけど、そうでもないので簡単なような事でも出来なかったりするんだよなぁ(言い訳)。そして、とうとう…↓

004

取れちゃったよ、おぃっ。

005

中のケーブルがブラ~ンとなちゃった。

006

しょうがないからフロントフォークに巻きつけといた。倒立フォークならでらの技!

倒立フォークって、便利だなぁっと思うのでした。

そんな訳、ありません!

続きはまた後日。明るい時に。それとヒマのある時に…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9日の日記

 今日は特に書くような事もない。体は疲れているけど、普通に仕事。ちょっとグロッキー。

 仕事に行く途中、事故を見かけた。新しい、いい車がボッコリ。前輪があさっての方向を向いている。こりゃ、ダメだろうなぁ。直せなくもないんだろうけど、相当かかるよ、多分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お祭り準備

 8日はお祭り準備作業。作業自体は大した事ないんだけど、この日は最悪。腹の調子は悪いわ、頭は痛いわ、気持ち悪いわで、もうボロボロ。

 軽トラの助手席に乗ったら、酔っちまった。

 お昼はジンギスカンパーティーだったのだけど、ご飯を少し食べただけで、肉なんてとても食べられなかった。

 作業は、軽作業でよかった、2時ごろ終わり、それから3時間ばかり寝て、それからちょっとぶらぶらして、それから飯を食べに行って、それから友達の所に行って子供と遊んで、それから東京に帰った。東京に着いたのが今朝の5時半。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同級会

 7日は同級会。ここしばらくは同級生に会う事が多いのだけど、同級会としての参加は2年ぶり。間に合うように東京を出発したのだけど、順法運転?したら、ちょっとばかり遅れてしまった。

 しらふの時は“変化”を感じるものの、酒が進むにつれ、昔の面影が蘇ってきた。ビールがぶがぶ飲んで、2次会ではカラオケを歌って、3次会ではほとんど記憶が無くなって…。どうやって帰ったんだ?

 ここしばらくはお祭りの関係で同級生に会う事は多いけど、それが終わればまた以前のようにパッタリ…、となっちゃうんだろうな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イチャリバーズのライブ

001 6日はイチャリバーズのライブを見に、吉祥寺にある「いちゃいばえん」に行ってきた。                                        
以前、適当に検索していたら「イチャリバーズ」がヒットして、これは楽しそうだと直感で思った。以来、行ってみたかったのだけどなかなかライブが始まる時間帯に帰れず、ようやく昨日になって行く事が出来た。

お店は吉祥寺駅南口。吉祥寺東急インB1で、19:30~のスタートの間に合いそうもなかったので、途中からタクシーで向かう事にした。写真は吉祥寺駅前のイルミネーション。きれいなので、つい撮ってしまった。

002_2                                 
 ライブ中の写真は無いのだけど、豊岡マッシーさんとシーサー玉城さんのライブ。この日はシーサー玉城さんの喉の調子が悪く、声が出なかった。その分、豊岡マッシーさんが頑張った感じ。まぁ、人間だもの、時にはこんな事もあるさ。やるMAN!(文化放送:吉田照美のやる気MANMAN!)で喉を痛めて声が出なかった時の小俣雅子さんを思わせた。「中野チャンプルーフェスタ」でそのハイテッションは知っているので、次回が楽しみ。

 ビールがぶがぶ飲んで(もちろん、オリオンビールね)、久し振りに沖縄料理に舌鼓を打ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水温高騰

001                          
                                                             
昨夜車を運転したところ、水温計の動きがヘン!

いつもは真ん中辺りで安定するものが、グングン上がっていくではないか!

高速に入ろうとしたけれど、こりゃダメだ。

そのままスルー。

一応、写真だけ撮っておいた。

このテのトラブルは、修理に出すと、それだけで直ってしまう可能性もある。

口では説明しにくかったり…。

で、今日、朝一番で修理した車屋へ、再び入院。

先ほど電話があったけど、原因はラジエターキャップらしい。

交換したラジエターと今までのキャップの相性が悪かったのかもしれない。

キャップの劣化でなぜこんな事になるのか、素人にはわからない。

圧力云々と言っていたから、

水温が上がる→冷却水回路の圧力が高まる→サーモスタットが開く→冷却水が循環する→ラジエターが機能する、のかなぁ?

だけど、

水温が上がる→冷却水回路の圧力が高まる→ラジエターキャップから冷却水が噴き出す→サーモスタットが開かない→ラジエターが機能しない→オーバーヒート、なのかもしれない。

何はともあれ、明日退院する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第41回入間航空祭 その4

 ブルーインパルスのアクロバットの後は、展示してある飛行機を見てました。そしてホームベースに帰投する飛行機を見送ったのでした。

390 離陸したC-130H輸送機                                    
                                                   
                                                
                                                        
                                                     

392 UH-60J救難ヘリコプター                                    
                                               
                                                 
                                                     
                                                      

393_2 394 帰投するT-7初等練習機                             
                                           
                                             
                                             
                                           

402 急上昇を披露したT-7                                    
                                                     
                                                    
                                                 
                                                    

400  陸上自衛隊のヘリコプター                                  
                                                    
                                                        
                                                    
                                                 

411 413  ブルーインパルスも帰投します。パイロットが手を振ってます。                                    
                                           
                                          
                                         

418 離陸したブルーインパルス。4機、で離陸しました。    
                                                 
                                                 
                                                   
                                                    

419 編隊最後尾機がバンクして別れを惜しんでます。                                    
                                                       
                                                    
                                                  
                                                    

420422423                             
                             
                              
                             
                                

                                                              424            続いて3機編隊が離陸しました。                                         
                                        
                                             
                                          
                                         

416 離陸準備中のF-4EJ改。整備員が点検して、更にパイロットが点検して、ちょっと動かしてまた整備員が点検して、再びパイロットが点検して、更に更に整備員が点検してと、入念な準備をしてました。                     
                                               
                                                   
                                                        

425 離陸したF-4EJ改                                        
                                                          
                                                     
                                                    
                                                      

432 P-3C対潜哨戒機                                        
                                                     
                                                   
                                                 
                                                    

407 F-2Bは離陸しませんでした。                                
                                                 
                                                    
                                                  
                                                  

 今回は天気に恵まれた航空祭でした、寒かったけど…。ブルーインパルスのアクロバットも十分満喫出来ました。また、見ている観客のマナーが良かったのがよかったです。持ち物検査の効果は絶大で、最前列で脚立を立ててる人も報道関係を除けばいなかったし(小さいステップ、折り畳み椅子、アルミのカメラケースに乗ってる人はチラホラいた)、シートを広げて陣取ってる人もいませんでした。観客のマナーがいいと気持ちのいいものですね。去年は脚立は立ててるわ、シートは広げてるわで嘆かわしく思ったものです。脚立を立てて“空中戦”している姿や、シートを広げて無表情に“占領”している姿を見て、そのエゴイズムに呆れ果てたものでした。全体からして数は少ないのですが、行為が行為なだけに目立ってしまうのです。

 長時間立ちっぱなし、歩きっぱなしでハードでしたけど、見に行ってよかったなぁっと思いながら、基地を後にしたのでした。                                                      
                                  
                                                     
                                                    
                                                                                                        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第41回入間航空祭 その3

 さて、13:15からお待ちかねのブルーインパルスのアクロバットが始まりました。最前列に行こうとするほどギューギュー詰めです。

226 整備員が機体前に並び、パイロットの到着を待ちます。                    
                                                      
                                                     
                                                 
                                                     

229 232 パイロットが到着し整備員と敬礼。耐Gスーツを着ているところ。                                       
                                         
                                           
                                          

240 パイロットが搭乗しました。この機は2名乗ってます。編隊は6機ですが2名パイロットが乗っている機が3機ほどあったように思います。後席のパイロットは見習いかな?                                         
                                                      
                                                       

242 整備員と手で合図して、何かやり取りしています。最終チェックでしょうか?     
                                                     
                                                       
                                                         
                                                      
                                                                      
248 キャノピーが閉じられ、離陸すべく移動します。                          
                                                      
                                                     
                                                       
                                                     

251 パイロットが手を振ってます。                                  
                                                     
                                                    
                                                   
                                                     

249 思わず人様の頭を撮ってしまいました。カメラを高く上げている為、そのの機能上、液晶画面が見ずらいのでほとんど勘で撮ってます。なので、このような写真もあったりすます。小さい頃、自分が初めて写真を撮ったのがこの入間航空祭でした。その“初めての写真”は、なんと人の頭でした。                        
                     
                                                   

255 まず初めに4機編隊で離陸し、その後2機編隊で離陸しました。              
                                                     
                                                        
                                                    
                                                    

257265 266                                 
                                    
                                  
                                         
                                

                                                      272 277 282                                
                                  
                              
                                

                                                       
                          
                                                                 
286 288_2                                              
キューピッドが決まりました。周囲から歓声が漏れ、小さい子が「空に絵を描いている」と叫んでました。
                                                                              
                                       
                                        
                                         

                                                                 
299 291 298                               
                                   
                                        
                                     
                              

303 304 305                             
                                           
                                 
                                 
                              

310 311            312                                              
バーティカル・キューバン・エイト           
                                 
                                
                                 
                              

315                                                  
                                                    
                                                   
                                                     
                                                       

317 スター・クロス。周囲から拍手が起こりました。                             
                                                     
                                                     
                                                    
                                                   

322 ローリング・コンバット・ピッチ                                          
                                                    
                                                   
                                                    
                                                 

323 コーク・スクリュー                                          
                                                            
                                                    
                                                          
                                                    

328  演技を終え、着陸したT-4。                                     
                                                     
                                                    
                                                   
                                                   

332 駐機場に向かいます。                                          
                                                     
                                                     
                                                   
                                                   

336334パイロットが手を振ってます。                              
                                                   
                                                   
                                                 
                                                   

337 ピースしてます。何かの合図かな?                              
                                                   
                                                   
                                                    
                                                   

343 整備員と握手するパイロット。                                       
                                                 
                                                    
                                                  
                                                   

345 観客の前に立つパイロット。この後パイロットはミス航空祭から花束を贈呈されました。                             
                                                    
                                                   
                                                 
                                               

346 手を振る整備員。          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第41回入間航空祭 その2

 展示されているのは飛行機ばかりではありません。テキトーに写真を撮ったのでアップしてみましょう。

222 アトラクション会場では航空中央音楽隊による演奏会が開催されてました。その後は入間基地軽音楽演奏会による演奏があり、その前には、F-15を間近で見るために並んでいた間、よさこいソーラン、エイサー演舞がありました。                                                    
                                                 
                                                     

188 ここからの写真は装備品展示場になります。災害派遣時に使ういろいろな道具です。手前は発電機。                                    
                                                      
                                                    
                                                     

189 災害派遣の隊員が被っているヘルメットです。材質はカーボン製とのこと。結構高いんだろうなぁ。ちなみにモーターショーの時被ったアライのカーボンヘルメットは、来春発売になるらしい、25万円になるようです。                
                                                     
                                                   

191 「安全は全てに優先する」という標語がありました。どんな仕事でもそうですけど、それがわからない奴がいて…、苦労させられるんですよ、全く。言ってもわからないのは、そういう選択をしているんだなと思うようにしております。何かあっても、我関せず…、と、ちょっとグチ。                                   
                                                    
                                                    
                                                     
                                                     
                                                      

193 パイロットが身につけている、シート下に収納されている装備の1部。写真には写ってませんが、海水を真水に変える濾過機にようなものもありました。でも最近は真水パックに切り替えられつつあるという事です。              
                                                      
                                                

200 救命ボート。小さいのは1人乗り用です。                                         
                                                    
                                               
                                                   
                                                 

199 198 救命糧食です。1箱3個入り。万が一不時着しても24時間は何も食べるなとパイロットを教育しているそうです。何か味付けされているのですかと質問したところ、チーズ味とかコーヒー味とか特に味付けはされていないとのことでした。試食出来たので食べてみたところ、決して不味くはなく、むしろ美味しい部類。玄米フレークを甘くしたような感じ、かなぁ。食感としては(ビスケット+ふ菓子)÷2といったところ、かなぁ。これ1個でかなりのカロリーがあるような感じでした。更に浜松の広報館で売っているのですかと質問したところ、それはわからないという返事でした。お土産として売られていてもいいような感じがしました。でも、これとて国防上に秘密かもしれません。                                          

203 飛行機のエンジンも何種類か展示されてました。写真はC-1のエンジン。 
                                                     
                                                        
                                                    
                                                   

210 T4をオープン!                                           
                                                
                                                    
                                                    
                                                    

367 T-4の油圧系統の作動状況。写真はギア(車輪)の作動を展示した所。これ以外にもエルロン、ラダー、エレベーター、エアブレーキを作動しました。1㎠あたり210kgの油圧、小指の爪に大人3人分の重さの油圧で作動させるという説明でした。                                       
                                                     

369 炊事車。                                             
                                                     
                                                    
                                                    
                                                     

379 迎撃システム群。                                           
                                                                
                                                             
                                                   
                                                           

 他にも警備犬訓練展示場がありますが、場所が線路の向こうの反対側。やや離れているのでとても見に行けませんでした。来年は近くでやってくれるといいのにな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第41回入間航空祭

   さて今日11月3日は何の日か?

 休みの日! ピンポ~ン

 文化の日! ピンポ~ン

 遊ぶ日! ピンポ~ン

 だけど今日は特別の日なのです。

 入間航空祭の日なのでした!

 今まで何回か行っているけど、朝一から行くのは、なんと今日が初めて!さっそく写真をアップ!

001 9時ちょっと前に着いたのですが、人、人、人…。混雑が予想されました。   
                                                     
                                                       
                                                          
                                                   

003 で、今回は金属探知機による簡単なボディチェックと持ち物検査を受けました。いつも空港のボディチェックでベルトのバックルが引っかかってしまうのですが、今日は大丈夫。持ち物検査もカメラとセーターしかないのでもちろんO.K!このチェックのおかげで脚立を持ち込めないので、“空中戦”はなさそうだと安心しました。                                  
                                                 
                                                                 
006 ご覧下さい、この人出。混雑ぶりがわかるでしょう。                      
                                                             
                                                       
                                                     
                                                   

009 011

さっそく展示してある飛行機を撮ります。E-2C早期警戒機とYS-11。                                    
                                              
                                         
                                             

014 パレードが通った後は…。                                             
                                                   
                                                    
                                                     
                                                     

017ミス航空祭嬢のお通りです。その数約10名。でも…、プライバシーに配慮してピントがあまい写真でご勘弁を。                                  
                                                       
                                                             
                                                    

042 P-3C対潜哨戒機。                                         
                                                      
                                                      
                                                    
                                                    

038 C-130輸送機。                                              
                                                                
                                                      
                                                    
                                                   

044 F-15の鼻デカ写真。この後、F-15を間近で見ようと列に並んだのです。1時間待ちという事だったのですが、2時間近く並びました。                             
                                                   
                                                     
                                                 

046 F-15のコックピット。                                              
                                                     
                                                   
                                                     
                                                     

050060 並んでいる間にもフライトが続きます。YS-11とU-125。    
                                             
                                           
                                         
                                       

073 093 T-4の編隊飛行。                                 
                                           
                                             
                                             
                                          

109 CH-47J輸送ヘリコプター、UH-60J救難ヘリコプター、V-107A救難ヘリコプター“バートル”。                                                   
                                                                                                
                                                    
                                                    
                                                    

113 バートルから救難隊員が降下してます。                           
                                                    
                                                   
                                                    
                                                    

119_2あとで知ったのですが、今日がバートルのラストフライトでした。1967年から1990年まで52機導入され、残るはこの1機のみ。それも今日で見納めです。新しい機体でも19年なのですからまだ引退は早いように思いますが、部品等手に入りにくくなったのかもしれません。バック飛行を披露してくれました。                                           
                                              

118133 F-15のエンジン。                                          
                                         
                                                
                                          
                                         

143 F-15の尾翼。                                              
                                                    
                                                   
                                                      
                                                    

158 F-15のタイヤ。ブリジストンタイヤです。                                
                                                
                                                 
                                                     
                                              

163 164 機体表面の注意書き。                             
                                          
                                         
                                          
                                       

168 F-15のエアインテーク。                                        
                                                    
                                                      
                                                      
                                                   

170機体後方。                                                
                                                    
                                                    
                                                   
                                                    

169コックピットを撮ったんですけど、キャノピーに写り込んでよくわからなくなってしまいました。                                        
                                                     
                                                    
                                                   

140 147 C-1中型輸送機。                             
                                          
                                          
                                        
                                          

182この後C-1は2000mまで上昇するというアナウンスがありました。太平洋戦争中、海軍戦闘機パイロットであった坂井三郎さんがポートモレスビー敵基地上空で編隊宙返りをするというエピソードがあります。その時の高度が2000mでしたから、あれが2000mなのかと空を見上げながら思いました。                          
                                                   

184 C-1は着陸の時、1機だけだけど、短距離着陸を披露してくれました。接地から300m程で着陸できるそうです。見ていると、着陸した瞬間、向きをすぐに変えたように見えました。                             
                                                    
                                                   

                                                              

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第6回都立家政エイサーまつり

 10月24日都立家政商店街で「都立家政エイサーまつり」が開催されました。去年と引き続き見に行く事にしました。

出演団体は

001_3 パーラン鼓打人上鷺会                                        
                                                     
                                                     
                                                    
                                              

004_2 あらかじエイサー                                       
                                                       
                                                       
                                                     
                                                    

003_2 東京中野真南風エイサー                                        
                                                     
                                                       
                                                          
       

008_2 美ら星エイサー                                         
                                                       
                                                       
                                                      
                                                    

017_2 琉球國祭り太鼓東京支部

                                                    
                                                     
                                                    

 以上、5団体でした。

 今年は開始直後から雨がポツポツと降ってしまい、その後はザーッとまではいかくなても降ったり止んだり…。天気が不安定なせいか、去年と比べるとやや盛り上がり方が…、ちょっと。あっけなく終わちゃったなぁっという感じがしました。

028_2 それでも「あらかじエイサー」vs「東京中野真南風エイサー」のエイサーガーエーを見ていると、沖縄に行っているような気分になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »