« マニュアル | トップページ | 10回目の沖縄 2009年の熱い夏 その19 »

“正しいやり方”

 今日はといっても昨日の事だけど、朝、例の“間違ったやり方”を“正しいやり方”に是正するように周知した。その中で、そんなのやってらんねぇよぉなんて声が上がるかと思っていたけど、素直に受け取ってくれて一安心。正直なところ「おやっ」とさえ思ってしまった。

 この“間違い”を指摘した業者は、同じ職種の仕事もやるので油断もスキもない。実際に何回か仕事を盗られた事もある。それでもなおうちに仕事を回してくれるから奇跡とさえ思えるのだ。ここには書けないけど“過去の因縁”もあったりする。それで回してくれるのかなと思ってしまう。完全に盗られてしまうと“進退極まる”だけに、不安が大きい。

 実際に“正しいやり方”でやってみた。うまくいかねぇじゃねぇか。イマイチ効きが弱くて、こりゃダメだ。しょうがないからごまかしてしまった。ま、見た目としては“正しい”んだし、透けて見えるわけじゃないから気付かれないだろう。それに全体から見ても、きれいじゃないなと感じてしまった。“慣れ親しんだやり方”と決別したからそう思うのかもしれないけど。

 仕事先でいろんな話をするけど、暗い話のオンパレード。昨日は「生まれ変わったらこんな仕事なんかやらないよ」なんて声を間接的に聞いてしまい、暗い気分に包まれてしまった。別の道があったんじゃないかなぁっと思わないだけに、頷くところがあった。自分の子供に仕事を継がせたいと思う人は、もう、ほとんどいないのではないか。やりたいと言われても、やめさせるのが親の“愛”。えらい時代になってしまった。

|

« マニュアル | トップページ | 10回目の沖縄 2009年の熱い夏 その19 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515758/46313716

この記事へのトラックバック一覧です: “正しいやり方”:

« マニュアル | トップページ | 10回目の沖縄 2009年の熱い夏 その19 »