« 日食 | トップページ | 非情の雨 »

空城の計

今朝、会社に行って驚いた。

何と扉が開けっ放し!

最後に帰った奴が閉めなかったな。

昨日の状況を思い出す。

ケータイでピーチクパーチクお喋りしている奴に

じゃぁ、帰るね

と言って、帰った。

はは~ん、そのまま帰ったな。

中には大事なものとかいろいろある。

言ってみればお宝?がわんさと。

何か盗られたかと思ったけど、

その気配なし。

よかったぁ。

あからさまに開けっ放しだと、

心理として入りにくいのかもしれない。

鍵がかかっているほうが、

入りやすい?

戦国時代の話

信玄に追われた家康が

浜松城に逃げ込んだ。

そこで一計を案じて

あえて城門を開けておいた。

攻める武田方は

それを見て疑心暗鬼に陥って

攻めあぐねてしまった。

と何かの本で読んだことがある。

何か一脈通じるものがある、かな。

|

« 日食 | トップページ | 非情の雨 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515758/45721781

この記事へのトラックバック一覧です: 空城の計:

« 日食 | トップページ | 非情の雨 »