« ビールでぐっすり | トップページ | 久しぶりに見かけたけど »

てぃだエイサー隊自主上映会 長編ドキュメンタリー映画「ひめゆり」

004a_2_2慰霊の日は過ぎてしまいましたが、 21日は埼玉県は上尾市にある上尾コミュニティーセンターで、「てぃだエイサー隊」主催によるドキュメンタリー映画「ひめゆり」の上映がありましたので、見に行ってきました。                  
                                                       

                                                      163a           映画は14時からと17時からの2回上映されていました。そしてその合間に  ひめゆり学徒隊であった与那覇百子さんの講演、てぃだエイサー隊の演舞がありました。17時からの映画を予約していましたので、講演を聞いて、演舞を見てから映画を見ました。会場での撮影はNG。写真は去年の9月14日、「フェスタまちだ」にて。                                           
                                 

513himeyuri今まで2回「ひめゆり平和祈念資料館」を見学しましたが、いつも慌ただしく、学徒隊であった方のお話を聞いたことはありませんでした。特に2回目の時は閉館ぎりぎりに飛び込んだので、スーッと通り過ぎたようなものでした。ですからこのようなお話が聞けることはまたとない機会、前日に予約したのでした。                                                  
                                           

510dai3gekagouato お話は16時半から始まりました。与那覇百子さんの体験を語るものです。6人で草むらに隠れていたけど、砲撃で1人即死、もう1人は頬に負傷して仲間の身を案じながら死んでいったこと。雨の中、飯盒を借りて雨水をがぶ飲みした事。海軍の兵隊から「死ぬ時は一緒に殺してやる」と言われ、手榴弾を取り上げられた。そしていざ自決という時、「貴様ら出て行け、出て行かんと叩っ切るぞ」と隠れていた所から追い出され、ついに米軍に捕まった。その後その兵隊は自決。死ぬことしか考えてなかったけど、体に温もりが感じてくると生きたいと思うようになった。死にたいとは思わなくなったことをお話しされました。
 お話は30分でしかなく、伝えたいことを伝えきれてないような感じも、ないではありませんでした。できればもう少し時間があればいいように思いました。だけどあれから64年、当時16歳だとしても、今や80歳。高齢である事を思えば、それも致し方ないのかもしれません。

508himeyurinotou映画は生存者の証言が綴られていました。どの方も極限的な状況の中を奇跡的に生き延びた方です。どの方の証言も“重い”ものでした。13年間に渡って記録された映像で、完成を待たずに亡くなられた方もいるということです。更には現在に至っても黙して語らず、沈黙を続けている方もおられるそうです。どの方も語るに辛い体験を、友達の為に、後世の為に残しているのだと思いました。                                              

                                                                           

475kenjinotou498zuisennotou_2 女子学徒隊はひめゆり以外にも、ずゐせん、積徳、梯悟、なごらん、白梅の各学徒隊がありました。ひめゆり学徒隊同様各病院に配属され、犠牲者を出してます。男子学徒隊も各学校から招集され、鉄血勤皇隊として伝令、通信、運搬、補修などの後方業務。更には斬り込み隊として数多くの犠牲者を出しました。               
                                        
                       
                                                 

468umi沖縄に行ってきれいな海、青い空、コチャコチャした街並みやフクギ並木に囲まれると原点に帰ったような感じがします。小さい時に沖縄に住んだ事はもちろん行った事さえないのに、目に映るものは原風景そのもの。だから何度も足を運んでしまう。真夏の青空を見上げて、きれいだなぁっと感じたのは沖縄が初めてなのでした。そんな沖縄でかつてはこのような事があったのは、知らなければならないと思います。写真は摩文仁の海です。一見するだけではきれいな海、青い空ですが、64年前の今は屍山血河、死屍累々した状況だった思うのです。

|

« ビールでぐっすり | トップページ | 久しぶりに見かけたけど »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515758/45417014

この記事へのトラックバック一覧です: てぃだエイサー隊自主上映会 長編ドキュメンタリー映画「ひめゆり」:

« ビールでぐっすり | トップページ | 久しぶりに見かけたけど »