« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

試された?

 勘繰り過ぎかもしれないけど、、今日は“今日の今日にやってほしい”という仕事が舞い込んだ。でも、茅ケ崎に向かって出発してしまったので、出来ない。明日という事にしてもらった。そうしたらしばらくたって、仕様が正式に決まってからやるということになった。これはこれで当然なんだけど、即応できるか試されたように感じたのは勘繰り過ぎだろうか。

 前日に言って貰えたのなら何とか対応出来たのだけど、もう茅ケ崎に向かってかなりのところに来てしまったのではムリ。段取り悪いなぁっとボヤいてしまった。仕事が回ってくればいいのだけど。只今考え中なんだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとしたことでも

 ちょっとしたミスをしてしまった。発注ミス。すっかりある部分を忘れてしまった。追加で注文したのだけど、入荷するのは明後日、じゃなくて明日。これはこれで対処できたなのだけど、そうでない時もあったりする。ミス自体ちょっとした事でも、結果は重大になったりするから気を付けなければならないことだ。間違えましたでは済まない事もあったりする。以前の事だがミス自体ちょっとした事だけど、結果が重大になってしまい、えらい目にあった。具体的に書けないけど、散々怒鳴られて、チョンとなった。この事は今でも教訓として忘れる事はない。忘れることは無いんだけど、ついうっかり…。気を付けないといけないなぁっと思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湘南海岸をぶらぶら

 一昨日の事なんですけど、仕事先が何と茅ヶ崎でした。それも海の近く!仕事先としてはかなり遠いのですが、たまには気分転換になっていいかなっと。土地柄でしょうか、なんとなく明るい雰囲気に包まれていて、別にいい事も無いんだけど気分が明るくなります。仕事自体も昨日に限れば比較的早く終わりました。せっかくここまで来たのだから、まっすぐ帰るのはもったいない。行っちゃえ!行っちゃえ!海に行っちゃえ!で、海に行くことに…。たまには?こんなのもいいやね。

002a まずはサザンビーチに。何と交差点の表示に「サザンビーチ」とあるんですね。携帯カメラで撮ったのでわかりにくいと思いますが。                   
                                                  
                                                   
                                                    

003a サザンビーチから江ノ島。季節がら、閑散としてました。釣りをしている方が1名。夏の賑わいがウソのようです。                            
                                                  
                                                  
                                                   

004a 茅ヶ崎漁港。湘南といえば海、サーフィン、サザンというイメージがあるのですが、漁港もあります。この季節はどんな魚が水揚げされているのでしょうか。                                                
                                                  
                                                  

 さて、これからどうしようか。天気がスコーンとしていれば“夕日に向かって走る”ところですが、西の方向は雲が多くてきれいな夕日は期待できそうにありません。江の島に行ってみることにしました。江の島に行くのは、考えてみれば5年ぶりです。駐車場に車を止めてブラブラすることに。すっかり暗くなってしまいましたが、とにかく歩いてみよう。

027a

江ノ島弁財天仲見世通り。時間が時間なので、ほとんどの店が閉店してしまい、閑散としてました。平日だし、人影もまばら。それでも行きかう人、ほとんどカップルなのはどういうこと?                                     
                                                   
                                                  

011a

江島神社(辺津宮)にお参り。何かいい事ありますように。勝手なお願いをされて、神様もご苦労様です。こんなの後回し!なんてことになりませんように。                     
                                                    
                                                  
                                                   

022a 亀石。模様が亀甲型。暗くてよくわからなかったのですが、後で見たら、こんな模様でした。                                      
                                                 
                                                 
                                                

025a 江の島展望灯台。ライトアップされていて、きれいです。日本で一番見た目ユニークな灯台かもしれません。今度来た時は登ってみたいな。             
                                               
                                                
                                               

017a 岩屋の入口付近まで歩きました。時間が時間なので、入れませんが。ここまで来ると、何だか肝試しコースといった感じです。暗いし、誰もいないし、海に落ちてしまいそうな感じ。                                      
                                                
                                                   

028a 江の島アイランドスパ。江の島に温泉施設があるとは、想像もしませんでした。これも次回の行ってみることにしましょう。                                              
                                                 
                                                
                                                   

029aせっかくここに来たのだから、海の幸を満喫したい!てなわけで、夕食を食べることにしました。 「とびっちょ」というお店に入りました。お店の勧めもあって「桜エビと釜揚げしらすの二色丼」を注文。メニュー表にないものです。季節によるのかもしれませんボリュームたっぷり。初めて桜エビを生で食べました。真ん中にあるビンはビールです。でもアルコールは入ってません。車なので、アルコールが飲めないのが残念。        
                                                 
                                                

031a こちらはアンコウの刺身です。こちらも季節によるものなのでしょうか、メニュー表にないものでした。食べてみると、淡白な味。アンコウといえば鍋ですが、刺身は初めてです。見た目のグロさと違って、身はきれいです。肝もありますが、さすがに生という訳にはいかないのでしょう、茹でてありました。その加減が絶妙で型崩れしてないし、お味の方もなかなか。鍋にすると煮込み過ぎてしまって案外とおいしくなかったりするのですが、おいしく食べる事が出来ました。                                                   

032a 「とびっちょ」です。今度来た時も食べてみようかな。                         
                                                
                                                 
                                                   
                                                

仕事の帰りに寄っただけですが、ちょっとした旅行気分を味あうことができました。プチ小旅行といった感じです。あっちこっちいろんな所に行ってみたいなぁっと強く思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東名港北P.Aにて

東名港北P.Aにて
さて、お味の方は如何に?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜
先ほどコンビニへ行ったら売ってました。

そろそろシーズンなのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭痛、修理工場から電話がきて… その2

Img403 今日、車の修理が完了になったと修理工場から電話がきた。工賃的には妥当かなっと思うけど、部品代が結構高くてビックリ。年式、走行距離を考えれば致仕方ないのかも知れないトラブルかもしれないけど。希少車で云々ホニャラカと言っていたけど、そんなに珍しい車なのか???画像をプリントアウトしれくれたので、アップ!左右ともショックアブソーバーとコントロールアームが交換となりました。                                              
                                                           001
でも、悪い箇所は更に発見されたわけで…。ブレーキホースに亀裂!キャー。右後輪にガタ有り!キャー。今すぐという訳ではないらしいのだけど、不調箇所が見つかってしまっては、イマイチ気分がよろしくない。ついでに車検見積りをくれたんだけど、この修理代を含めて、これまた結構な金額になってしまった。頭イテェ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉もりうどん

肉もりうどん
久しぶりにいつものうどん屋に行った。

このお店は平日のデイタイムしかやってない。

それでも昼間は店内が盛況になる。

いつものように肉もりを注文。しかも今日は大盛。

全部平らげたけど、お腹パンパン。ちょっと苦しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お祭り

 縁があって、お祭りに参加しました。もう少し具体的に書きたいところですが、ちょっと大雑把に。まぁ、自分にだけわかればいいやと手前勝手に書くことにします。

 ブログにも少しアップしてますが、春から秋にかけて少しずつ準備作業は進められていました。作業日も毎週あるわけではなく、月に1回か2回ぐらいの土日でしょうか。もちろん平日の作業もありましたし、会議等も平日に行われてました。自分は平日には参加せず、土日の作業日のうちの日曜日だけの参加でした。時には予定していた土日のうち、土曜だけで終わってしまい、日曜の作業が無くなってしまった事もありました。全作業のうち半分以下、もしかしたら3分の1も参加していないのかもしれません。着々と準備は進められ、そして今年1月、いよいよお祭りウィークを迎えたのでした。

 実質的な準備作業は既に始まってます。秋に山から切り倒してきて養生してある御神木を雪の中から掘り出します。御神木は5本あって、その内3本はすでに会場に運ばれてます。自分は13日からの参加でしたが、12日の夕方に現地入りしました。会場の前を暗くなってから通ってみると、煌々と照明を点けて会場の準備作業が行われていました。まだやっているんだなぁっと思いつつもこの日は作業に参加せず、自分自身の準備。必要なものを用意して、着用する衣服に防水スプレーを吹きかけ、明日に備えました。

 翌13日の集合時間は7時40分。大体その時間に会場に行ってみるとビックリ!もう始まっているではありませんか!事前の取り決めで集合時間の20分前に集合となっていたので遅刻では無いはずなのですが…、もっと早く来い的な事を上の人からチクリと言われてしまいました。

089a 係によってまちまちなのですが、自分はすぐに山に向かいました。まずは御神木の養生シートをはがし、厄年の人に振る舞う御神酒の準備です。縄を適当な長さに切り、一升瓶に徳利結び(といったかな?)で結びつけます。初めてやる作業なので見よう見真似。それから山を下って不必要になったものを倉庫に入れ、再び山に上がり時間が来るのを待ちました。だけどただ待っているだけでは寒いので、近くの食堂のご厚意でお酒、ビール、おつまみを頂きました。

 時間がくると厄年の人たちが御神木を引くために集まって来ます’(「里曳き」といいます)。自分はその人達にお神酒を振る舞うのが役目でした。御神木が引っ張られると御神酒を振る舞います。どのくらいの量が適当なのか判断できません。テキトーにコップに注いで飲ませてました。沿道の方々から御神酒、または金一封を頂くのでその方にも御神酒を振る舞います。さらに余裕があると観光客にも御神酒を振る舞いました。所々で立ち止まっては「○○様より、御神酒○本頂きました」と発表します。1つ1つ記録し、頂いた御神酒は軽トラックへ。人手が足りないので、御神酒を注ぐ傍らその手伝いもしていました。

 御神木が会場に到着すると厄年の25歳の人はそこで解散。それ以外の人は御神木の根元を保存会さんの指示、作業のもと、差し込みしやすいような形状にしてから解散となりました。その後は同年代で飲食してその日は終了。それから閉店間際のお店に飛び込んで防寒グッズを買い揃えました。やはり寒くて足は冷たい手は冷たいで、風邪ひきそう。翌日の作業に支障が出ると思ったからです。雪国グッズは雪国で買うのが一番だと思いました。

090a 14日は6時30分に集合、社殿の組立て。穴を掘って御神木を立てます。係りの仕事があるのでその傍ら見ていました。係りの仕事としては縄を32mの長さに切り、それを4本一組にして結います。さらにそれを3本一組にして結って、胴締縄を作ります。胴締縄は3本作りました。大声を出しながらの作業で、声ガラガラ。この日から東京に戻るまで声がガラガラのままでした。係りの仕事が終わると社殿の組立て作業に参加しました。

 寒い上に作業内容はハード。昼食も夕食もお代わりして“満タン”にしておかないとバテテしまいそうです。

 社殿の組み立ては保存会さんの指示の下で行われます。桁、隅木、垂木を「よいっやさぁのさぁ」の掛け声のもと引っ張りあげ、見た目よさそうに位置を割り振り、縄で縛ります。大体2人1組になって縛っていきました。縄の縛り方、繋ぎ方も事前に練習しているのですが、なかなかどうしてうまくいきません。大勢で悪戦苦闘しながらようやく形が出来上がったところでこの日の作業は終了となりました。時計を見ると午前2時過ぎ。寝たのは3時頃になりました。

093a 15日も6時30分に集合。この時間に間に合うようにするには1時間前には起きていなければならず、睡眠時間は3時間もありません。この日は眠気との戦いになりました。15日は本番なのですが、まだまだ作業は続きます。この日の作業は“飾り付け”といったところでしょうか。写真はその作業風景です。係りの仕事としては松明を会場に運び込んだり、滑らないように足に巻き付ける縄を用意しました。更に手が空いている時は他の係りの仕事を手伝います。

 地元の小学生、幼稚園児等のおチビちゃんも先生に引率されて見学しに来ます。「○○君じゃない?」と声を掛けられ、思わぬところで同級生と再会しました。更には組立作業を見学している観光客にも質問されました。わかる範囲で答えましたが、アレでよかったのかな?                                  

094a社殿が完成し、お祓いを済ませ、攻防戦の準備が終わったところです。同年代で役割分担を確認します。人数的に不足なので1人何役もやらなければなりませんでした。あれもこれもとあるのですが、初めての参加です。うまく出来るか不安を持たざるを得ません。無線の指示で照明を消す。照明器具を片付ける。火元送りの人にビールを配る。簡単なようでもその場になると意外と手間取ってしまうものです。                             

095a 25歳の厄年の人が社殿の下に集まり、本厄の人が社殿に上ります。写真はその前々段階。社殿に上がっているのは本厄の1つ上の方です。「あんちゃんしょ」として準備段階から何かとフォローしていただきました。次に見習いが社殿に上がりました。そして本厄が上がり、お祭りが始まります。                                                                                          

099a 火元から火がやって来て、火元社殿が燃やされます。そこで松明に火を点けて、社殿を燃やすべく攻防戦が始まりました。攻防戦に参加できる人は地元の人のみです。まずは子供達から、それから大人たちです。中には興奮のあまり火の中に入り込んでしまう人もいました(中心部ではないけれど)。ごく短時間だけなら燃える事はないのですが…、かなり熱いだろうと思います。でも本人は何も感じてないのかもしれません。

 この火元社殿も火送り人によって少しずつ社殿に近づいていきます。かなりの熱さです。ビールを手にかけてくれと頼まれたりしました。これが社殿に移動するまで攻防戦は続きます。写真は役目をしつつその合間に撮ったものですので、わかりにくいと思いますが…。

100a 押し込まれた火元社殿によって社殿が燃やされました。時には攻防戦の最中に社殿い火が点いてしまう事があると聞いたような覚えがあります。そして灯籠も燃やされました。                                 
                                               
                                                

 お祭りはここでクライマックスを迎え、終焉を迎えます。だけどまだまだ作業は続きます。炎の勢いを鎮めなければなりません。濡らした古畳を会場に運び上げ、所々積み上げておきます。それから大勢でスコップで周囲の雪を掘り、炎の中に運び入れます。雪といってもサクサクとした雪ではなく、踏み固められてしまってカチンカチンです。掘るというより突っつくといった感じで、僅かしか掘れません。早く早くと急き立てられるので、足を突っつかないように注意してました。
 炎の勢いが弱くなった所に先ほどの古畳を敷き、通り道にして雪を中心部へ運びます。更に更に中心部へと進み炎を鎮めます。社殿はすでに燃え崩れていますが、御神木はまだ立ちそびえたまま。その御神木を切り倒して作業は一段落。見習いはこの辺りで解散になったと思いますが、火の番は一晩中続くそうです。

101a 16日の朝の風景です。地元の人達が餅を焼きに来ています。小学生も授業の一環として来ていました。この日は9時40分に集合。前日とは打って変わり、のんびりしてます。この日の作業は片付けでした。各係ごと、役目を分担して片付けます。単管パイプを外したり、各道具・資材を倉庫にしまったり、燃やせるものは燃やしたり…。会場は公道を雪で埋めて使用しているので、そこだけは除雪車が登場して除雪しました。個人の所有地もありますので重機、及び手作業で除雪します。

102a 作業が終わり、解散となってから撮った写真です。なんだか“強者どもが夢の跡”みたいな感じです。火はまだ燃えています。実際のところはまだ片付け作業が残っているのですが、それは暖かくなって雪が融けた時に行います。その後は同年代で慰労会をやり、そして二次会へ。
 翌日は寝て起きて、起きて寝ての繰り返し。本を読みながら繰り返していました。読んでいた本は「脱獄王」。網走監獄の売店で買った本です。夕方からは全体の慰労会。そして二次会。翌日の17日に東京に戻りました。

 期間中、特に注意していた事は体調管理でした。僅かでも体調に違和感を感じると、すぐに対策。喉薬を塗ったりしていたものです。風邪ひいて寝込んでしまったのでは、悲惨でしかありません。寒くもなく熱くもなく、コンディションのいい状態でいるのは難しいものでした。

 参加するに当たってはやはり仕事を休まなければなりません。本人の意欲も大事ですが、勤め先の理解も必要になりますし、業務形態も重要です。昨今の暗いニュースのオンパレードでは休暇を取るのも容易ではありません。重要無形文化財ということで若干は理解を得やすくなった思うのですが、オレだけじゃないんだなぁっと休みの取りにくさを感じさせられました。                 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭痛、修理工場から電話がきて…

 今日は修理工場から電話があった。右前輪のギシギシ音はショックアブソーバーがヘタってしまった為に発生しているとの事だった。音を消すだけだったらそこのショックアブソーバーを交換すればいいのだけど、バランスを考えると左右交換した方がよいとの事だった。でもそうなると費用は倍。1本だけでも結構な値段がするのに2本とは…、悩んでしまった。でも車は前後のバランスも大事なはず。後輪は大丈夫なのだろうか?でも後輪も交換となると更に倍になってしまう。一応点検を頼んだけど。

 乗り始めてから9年半。新車登録から14年と10ヶ月。距離にして86000km。仕方ないのかなぁ。今にして思えば道央道でもフラフラしていたし、この間高速道路を走った時もフラフラしていた。意図的に蛇行させるとフラフラが収まらず、胸元がヒンヤリしたっけ。スタッドレスタイヤを履いたせいかなぁっと思ったけど、そうではないのかもしれない。思わぬ出費に頭痛が…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車が入院

 異音が発生してから500kmほど走ったけど、異音が消えない。今朝時間があったので修理工場に持って行き、とうとう入院させた。すぐに直ればいいんだけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

融雪剤の影響?

先程車を運転していたら、下回りからギ~コ、ギ~コ。

長年この車に乗っているけど、こんなの初めて。エンジンに連動しているわけでもなく、サスペンションかなっと思うけど、よくわからん。点検してみたけど、素人目には異常なし。これから距離走るのに、大丈夫かな?

この間、車屋さんと話していたら、車は下回りが傷んでくるとガタがくるそうな。だから雪道を走った後は下回りを洗浄した方がいいらしい。車齢もそろそろ15歳。でも、まだまだ頑張ってもらわなければいけない。走っているうちに消えればいいんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年の初ドジ

昨日溜まった洗濯物を洗濯していたのですが、終わって洗濯機のフタを開けてビッリ!

やっちゃったよ〜。
チリ紙だらけ。
ちゃんと確認したんだけどなぁ。

ため息100連発…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれっレレレ

今朝は朝目覚めたら雪化粧、のはずなのに雨。

ちょっとは期待してたんだけどなぁ。それでも霙が降って、東京で初雪が観測されたそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰着

0:31ついに帰着

最後の最後でETCカード復活!

これから“残務整理”が大変です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここでも

蓮田S.Aにて

ここでも仮眠

時間待ち

ETCカードよ、復活してくれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮眠

佐野S.Aで仮眠

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だんだんと

終わりが近づいてきました

上河内S.Aにて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休憩

那須高原S.Aにて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腹ごしらえ

腹ごしらえ
安達太良S.Aにて

山菜そば

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一休み

一休み
菅生S.Aに到着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラストラン

ラストラン
東北道盛岡I.C

東京まで突っ走ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牧場

牧場
小岩井牧場です

岩手山の麓の、ステキな牧場です

周辺の温泉巡りをといきたいところですが、これにて戻ります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山
国道4号線から岩手山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪あがき

八戸に上陸!

午前中、東北を周ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なごり雪

なごり雪
とうとう苫小牧に着いてしまいました。手続きも済ませ、乗船待ちです。

雪が降ってます。北海道との別れを惜しむかのようです。なごり雪とはこういうのをいうのかもしれません。

北海道との別れ、切なさを感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の

最後の
北海道、最後の給油

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここまで

ここまで
JR白老駅

気温マイナス5℃

ここから苫小牧に戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶴の湯温泉

鶴の湯温泉
これがラストです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

淡々と

淡々と
淡々と走りに徹します

国道336号線、様似町にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先端

先端
襟裳岬に到着しました。

寒いです。

風が強いです。

誰もいないかと思いきや…

昆布漁をしていました。

とても大変だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷瀑?

氷瀑?
フンベの滝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷結

氷結
十勝川

寒いです。ようやく北海道らしくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝の風景

朝の風景
釧路湿原

広いなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10年前の今この時間

10年前の今この時間
釧路市内をぶらぶらしてました。寒いなぁ。今年は暖かいといっても日が暮れると寒いです。気温マイナス6.3℃ 氷がパリパリしてます。

10年前の今この時間、北海道に上陸して小樽にいたんです。市内をぶらぶら歩いてました。天狗山スキー場を遠くに見て、小樽運河の写真を撮ってました。

そして今、場所は違えど北海道にいるのだから、チト感慨深い深いものがあります。

10年後はどこにいるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突っ走る

突っ走る
国道243号線別海町にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到達

到達
納沙布岬にて

水晶島が見えてましたが、もう見えなくなりました。天気が変わりやすいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日

朝日
今日は天気がよさそうです

落石にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅行のススメ

今、ある宿に泊まっていて、アルバムを見ていた。この宿は'97年夏・北海道1周ツーリングと'07年の北海道ツーリングの時にお世話になった所。'97年の時の写真があって、自分が写っているのがあった。

うぁぁぁ、懐かしいなぁ。あの時は寒くて、震えながらツーリングしてたっけ。直前に腰を傷めちゃって、引き起こすのが大変だった。宿の子も、まだ生まれてない頃だもんなぁ。その子も今は小学校3年生。まだまだ甘えん坊で…ってお母さんが言ってるけど、たっぷり甘えたらいいよ。

でも最近の写真はないんだよなぁ、ここの宿に限ったことじゃないんだけど。デジカメの普及とともに無くなったのかなぁ。ホームページやブログで個人が情報発信できるようになって、プライバシー云々もあるのかもしれない。個人情報保護、そんなに神経質にならなくてもと思わなくてもないけれど。最近は旅行する人も少なくなったみたい。お客さんが来ないからもう閉めようか…と話されると、寂しい気持ちになってしまう。百聞はナントやら、実際に出掛けた方が全然楽しいぞ。

情勢が情勢だけど、こんなご時世だからこそ出掛けようではありませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕日

夕日
野付からです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風景

風景
小清水原生花園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

網走監獄

網走監獄
入所します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪道

雪道
道道442号線

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢を見る

夢を見た。何と仕事している夢。今年の初夢?ほら夢って余程印象に残らない限り、すぐ忘れちゃうじゃん。でもなんで北海道まで来て仕事の夢を見るのだろう。相変わらずあわただしい。

夕べは夕食後、温泉に行き、戻って来てお酒を飲んだらパタンQで寝てしまった。宿泊者同士あまり話すことが出来なくて残念。

今日から帰ることを考えなければいけない。今日はあっちこっち寄ってる時間あるかなぁ?せめてもう1日余裕が欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こっちのほうがわかりやすいですね

こっちのほうがわかりやすいですね
雄武町・日の出岬にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海
オホーツク海です

荒れてます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪景色

雪景色
枝幸温泉ニュー幸林から枝幸市内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頂点到達!

頂点到達!
宗谷岬に到達!

寒いです。薄暗くなってきました。“あの歌”も聞きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの日あの時あの時間

あの日あの時あの時間
豊富温泉で入館待ち

このタイトル、じつはパクリです。ドラえもんの話の中にあったと思うんですけど。

小さいのび太が転んで泣いてたら、病気で寝ているおばあちゃんが起きてダルマさんをポーンと。

ダルマさんも起き上がるんだから、のびちゃんも起きなきゃダメだよと。

読んだ時は小学生。当時は何とも思わなかったけど、今になって読めばじぃぃぃぃぃんと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの日あの時あの時間

あの日あの時あの時間
宿を外からパチリ

夕べは宿にある古いアルバムを引っ張り出して、宿泊者と宿の方とで大いに盛り上がる。

この人は誰々、あの人は誰々、その人は今何々している。

オレここにいるよ、ここにあなたが写っている、うぁ、若いなぁ。

過去30年位前から20年前、10年前、8年前のアルバムを順次見ていった。もちろん、その中に自分は写ってない。でも日付を見ていると、あの日あの時何どうしてたかを思い出さずはいられなかった。

北海道に行きたい!と思い至った時、時間が全く取れず悶々とくすぶっていた時、時間をやりくりして走り回っていた時(今もだけど)。

あの日あの時出来ていればなぁっと、悔しい思いもないではないけれど、今こうして回れるのは至福の時?かな。いつまでもそんなことやってられねぇぞと言われるけど、いつまでも“そんなこと”をやっていたい。
過去のアルバムは宝物であり、継続は財産だなっと思った。

話は更に大きくなっていき、日本の現状からこれからまで進み、夜は更けていったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通過点

通過点
北緯45゜到達

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北上中

北上中
小平町・旧花田家ニシン番屋

ツーリングライダーと話す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

増毛にて

増毛にて
「げんきの森」から

町内をぶらぶら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

新年、明けましておめでとうございます。

 昨年5月25日に開設してから半年間、テキトーな事を書き綴ってきました。初めはバイクやツーリングの事を書いてみたいなと思っていたのですが、昨年はあまりバイクに乗ることが無く、ツーリングの事はさっぱり。バイクの事はちょこちょこと書いておりますが、100%自分の主観によるものです。決して“正しい”という訳ではありません。

 日常的な事でも指の動くまま、テキトーに書いているので、はたから見ればどうでもいい事ばかり。気晴らしに、鬱憤を発散させるために書いているようなものかもしれません。毎日楽しい事ばかりではないので、時には読み難い文章、意味不明な文章もあるかと思います。

 しかしながら、こんなあまり役に立ちそうにもないブログでも、貴重な時間を割いて読んで下さる方がいるのはうれしい限り。更にはブックマークをして下さる方も僅かながらにもおられるようで、ありがたいことだと思わずにはいられません。

今年も当ブログ

  「日々の出来事とツーリング」を

    よろしくお願い申し上げます。

 さて今年の目標として、やはり今までと同様に“想い出貯金”を増やしていこうと思っています。残念な事ですが、なかなか思うように増やすことが出来ていません。それどころか日に日に難しくなっているのが現状です。それでも現状に妥協することなく、僅かながらでも増やしていこうと考えています。またブログ自体もマイペースで書いていこうと思っています。

皆様にとっても、自分自身にとっても
今年はよい年であることを祈っております。

p.s この文章は「公開日時を指定」して書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »