« たまには | トップページ | 眺望 »

時の流れ

 今日は帰宅してから悲しい知らせを聞かされた。

 以前付き合いのあった会社の社長さんが亡くなられたというものだった。葬儀は既に近親者のみで行ったとの事だった。

 この会社とは付き合いが古く、かなり長い年月を付き合っていた。だけど社長さんが病気になり、手術してカムバックしたものの、体力的にきつく感じられるようになったのだろう。今まで苦労を共にした奥様と余生を過ごしたいということで、10年ほど前に引退された。
 引退はしたけれど、それでも年に1回か2回ぐらいは電話があり、仕事をする事があった。最後にお声を聞いたのは3年ぐらい前か。元気そうに感じられたけど、その後再び病床に着いたのかもしれない。

 先日友達の子供を抱っこしたり、絵本を読み聞かせたりした。生まれ出でる命があれば、その一方で消えゆく命がある。当たり前のことでどうしようもないことだけど、時の流れを感じてしまう。今はただただ、ご冥福を祈るのです。

Img402 写真は1992年6月7日、某所にて。この会社のレクレーションでトイレットペーパーを巻かれているところ。

|

« たまには | トップページ | 眺望 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515758/43361321

この記事へのトラックバック一覧です: 時の流れ:

« たまには | トップページ | 眺望 »