« ザリガニとオタマジャクシ | トップページ | 精神年齢5才? »

Kawasaki GPZ1100 その3

Img347 '03年6月11日 中央道諏訪湖S.Aにて。GPZ1100最後のツーリング。

 ST4sを購入することは、必然的にGPZ1100を手放す事でした。新しいバイクを購入することはうれしい事ですが、それまでのバイクを手放すことはちょっと辛い。特にGPZ1100は今までの中で一番走行距離が多く、所有期間も長かった。できれば手放すことなく所有していたかったのですが、2台も置けるスペースなどあるはずもなく、またST4s購入資金の一部にせざるを得ない事情もありました。この日、平日でしたが仕事を休み、ツーリングに出かけました。関越道、上信越道、長野道、中央道を走るという高速道路の一気走りです。走行距離297.5mile、これが最後のツーリングでした。

 購入動機は妥協の産物?でしたが、乗ってみると案外といいバイクでした。車重の重さにはてこずりましたが、エンジントラブルも無く、北海道から沖縄まで走りぬいてくれたのです。手放す前日には車体をピカピカに磨き、各部の写真をたくさん撮りました。唯一のカスタムポイントであるハンドルアップスペーサーを取り外しました。予備に持っていたクラッチレバー、Fブレーキレバー、そしてこのハンドルアップスペーサーはまたいつの日にか再びGPZに乗る日のために、手元に置いておくことにしました。

'03年6月15日

 この日が最後の日です。久し振りに乗るノーマルポジション。まずは購入店に行き、店内に入りました。展示してあるバイクを一通り見ました。ここら辺にGPZが置いてあったんだよなぁっと、ちょっと感慨にふけってしまいました。それからST4sの購入店に向かい、途中で最後の給油。5ℓだけ入れました。再び走り出し、購入店までの道中はGPZでのツーリングの数々を思い出しました。北海道には4回行って、1周ツーリングもしたし、奥尻島にも渡りました。強行した東北、北陸ツーリング。佐渡島、四国にも行った。そうだ、川崎重工明石工場も見学したっけ。その時は一番遠くから来たということで“遠来賞”なんていうのを貰った。ただただ写真を撮られただけだけど…。小豆島にも渡ったし、淡路島も一周した。鳴門海峡大橋では通行券を吹き飛ばした…。そして何よりも忘れられないのが沖縄ツーリング。「日本1周」の一環としての本島1周、「島巡り」の一環として伊平屋島、伊是名島、伊江島にもフェリーで渡った。「島巡り」の時は夏バテでヘロヘロだったんだよなぁ。あっそうそう、分割で回っていた「日本1周」に、終わりは無いんだけど、'99年10月12日0時35分をもって9年19日間のフィナーレを飾った…。

 そんな事を思いながら走らせてました。刻一刻とST4s購入店に近づいて行きます。この音、この振動、忘れないようにしよう。右にウィンカーを点ける。確認してから車線変更。いつものようにスーッとGPZは車線を変える。左にウィンカーを点ける。同様に車線を変える。とうとうST4s購入店が見えてしまった。購入店すぐ前の赤信号で停止。エンジンを止め、再びエンジン始動。あと10m。青信号になって発進し、お店の敷地にGPZを停め、エンジンを停止しました。オドメーターは「33044.3mile」を示していました。

 購入の諸手続きをし、店員さんから説明を聞いて、ST4sを引き取りました。GPZ1100とST4sを並べて記念撮影をした後、最後にもう一度だけGPZのエンジンをかけました。これでいい、エンジンを止め、ST4sに跨り、お店を後にしました。こうしてGPZ1100を手放したのです。

Img349 Img348 Img346 Img350

|

« ザリガニとオタマジャクシ | トップページ | 精神年齢5才? »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515758/41574000

この記事へのトラックバック一覧です: Kawasaki GPZ1100 その3:

« ザリガニとオタマジャクシ | トップページ | 精神年齢5才? »